野田 和男

最終更新日時: 2019/07/01 09:08:02

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
野田 和男/ノダ カズオ/Noda, Kazuo
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/形成外科/助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本形成外科学会 Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery
日本頭蓋顎顔面外科学会 Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery
日本口蓋裂学会 Japanese Cleft Palate Association
日本炎症・再生医学会 The Japanese Society of Inflammation and Regeneration
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程外科系専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
プロフィール
(日本語)
形成外科学の発展に寄与する研究をしている。教育に関しては、研究室の大学院生との共同研究の中で、実践的に研究能力を身につけさせることを目指している。企業との連携を行い、学術研究の成果を医療の発展に活かせるよう日々邁進している。忙しい中ではあるが、各種委員会にも参加し、大学の環境改善に勤しんでいる。
(英語)
I am conducting researches for solving clinical problems in plastic surgery. As for education, one of my goals is to help graduate students acquire the practical skills needed to conduct joint research. I strive continuously to contribute to medical treatments by working with companies. Furthermore, I take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university.
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000013570
研究テーマ
(日本語)
1、弾性線維の形成と再生のメカニズム解析 2、顔面頭部の発生メカニズム解析
(英語)
1, Molecular mechanisms of elastic fiber assembly and regeneration 2, Molecular mechanisms of craniofacial development
研究概要
(日本語)
1、弾性線維の形成に必須の分子を同定しその機能解明を行う。さらに弾性線維の再生を可能とする方法を探索し医療への応用を目指す。 2、顔面頭部の発生に必須の分子を同定しその機能解明を行う。さらに頭部顔面の先天異常に対する新規治療法の開発を目指す。
(英語)
1, We identified several molecules that are essential for elastic fiber assembly, and elucidated the function of the molecules. We will develop the new methods to regenerate the elastic fibers, leading to the clinical application for the age-related diseases. 2, We identified several molecules that are essential for craniofacial development, and elucidated the function of the molecules. We will exploit the new methods to compensate the developmental defects, leading to the clinical application for congenital anomalies.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
弾性線維 elastic fiber
顔面頭部の発生 craniofacial development
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Matsuura Y, Noda K, Suzuki S, Kawai K Matsuura Y, Noda K, Suzuki S, Kawai K Matsuura Y, Noda K, Suzuki S, Kawai K Glucocorticoids suppress fibroblast apoptosis in an in vitro thermal injury model Glucocorticoids suppress fibroblast apoptosis in an in vitro thermal injury model Glucocorticoids suppress fibroblast apoptosis in an in vitro thermal injury model Burns, 45, 173-179 Burns, 45, 173-179 Burns, 45, 173-179 2019 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kawabata S, Kanda N, Hirasawa Y, Noda K, Matsuura Y, Suzuki S, Kawai K Kawabata S, Kanda N, Hirasawa Y, Noda K, Matsuura Y, Suzuki S, Kawai K Kawabata S, Kanda N, Hirasawa Y, Noda K, Matsuura Y, Suzuki S, Kawai K The utility of silk-elastin hydrogel as a new material for wound healing The utility of silk-elastin hydrogel as a new material for wound healing The utility of silk-elastin hydrogel as a new material for wound healing Plastic and Reconstructive Surgery, Global Open, 6, e1778 Plastic and Reconstructive Surgery, Global Open, 6, e1778 Plastic and Reconstructive Surgery, Global Open, 6, e1778 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kawabata S, Kawai K, Somamoto S, Noda K, Matsuura Y, Nakamura Y, Suzuki S Kawabata S, Kawai K, Somamoto S, Noda K, Matsuura Y, Nakamura Y, Suzuki S Kawabata S, Kawai K, Somamoto S, Noda K, Matsuura Y, Nakamura Y, Suzuki S The development of a novel wound healing material, silk-elastin sponge The development of a novel wound healing material, silk-elastin sponge The development of a novel wound healing material, silk-elastin sponge Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition, 18, 2143-2153 Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition, 18, 2143-2153 Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition, 18, 2143-2153 2017/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Enoshiri T, Naitoh M, Yamawaki S, Kawaguchi A, Aya R, Noda K, Katayama Y, Doi T, Kawaji T, Suzuki S Enoshiri T, Naitoh M, Yamawaki S, Kawaguchi A, Aya R, Noda K, Katayama Y, Doi T, Kawaji T, Suzuki S Enoshiri T, Naitoh M, Yamawaki S, Kawaguchi A, Aya R, Noda K, Katayama Y, Doi T, Kawaji T, Suzuki S Beta adrenergic receptor blockers reduce the occurrence of keloids and hypertrophic scars after cardiac device implantation: a single-institution case-control study Beta adrenergic receptor blockers reduce the occurrence of keloids and hypertrophic scars after cardiac device implantation: a single-institution case-control study Beta adrenergic receptor blockers reduce the occurrence of keloids and hypertrophic scars after cardiac device implantation: a single-institution case-control study Plastic and Reconstructive Surgery, 139, 1248-1256 Plastic and Reconstructive Surgery, 139, 1248-1256 Plastic and Reconstructive Surgery, 139, 1248-1256 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Fujikawa Y, Yoshida H, Inoue T, Ohbayashi T, Noda K, von Melchner H, Iwasaka T, Shiojima I, Akama TO, Nakamura T Fujikawa Y, Yoshida H, Inoue T, Ohbayashi T, Noda K, von Melchner H, Iwasaka T, Shiojima I, Akama TO, Nakamura T Fujikawa Y, Yoshida H, Inoue T, Ohbayashi T, Noda K, von Melchner H, Iwasaka T, Shiojima I, Akama TO, Nakamura T Latent TGF-β binding protein 2 and 4 have essential overlapping functions in microfibril development Latent TGF-β binding protein 2 and 4 have essential overlapping functions in microfibril development Latent TGF-β binding protein 2 and 4 have essential overlapping functions in microfibril development Scientific Reports, 7, 43714 Scientific Reports, 7, 43714 Scientific Reports, 7, 43714 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Noda K, Mishina Y, Komatsu Y Noda K, Mishina Y, Komatsu Y Noda K, Mishina Y, Komatsu Y Constitutively active mutation of ACVR1 in oral epithelium causes submucous cleft palate in mice Constitutively active mutation of ACVR1 in oral epithelium causes submucous cleft palate in mice Constitutively active mutation of ACVR1 in oral epithelium causes submucous cleft palate in mice Developmental Biology, 415, 2, 306-313 Developmental Biology, 415, 2, 306-313 Developmental Biology, 415, 2, 306-313 2016/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Noda K, Kitami M, Kitami K, Kaku M, Komatsu Y Noda K, Kitami M, Kitami K, Kaku M, Komatsu Y Noda K, Kitami M, Kitami K, Kaku M, Komatsu Y Canonical and noncanonical intraflagellar transport regulates craniofacial skeletal development Canonical and noncanonical intraflagellar transport regulates craniofacial skeletal development Canonical and noncanonical intraflagellar transport regulates craniofacial skeletal development Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 113, E2589-E2597 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 113, E2589-E2597 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 113, E2589-E2597 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
江野尻 竜樹,野田 和男,山脇 聖子,鈴木 茂彦 江野尻 竜樹,野田 和男,山脇 聖子,鈴木 茂彦 トータルな整容的結果を重視した肥厚性瘢痕の外科的治療 トータルな整容的結果を重視した肥厚性瘢痕の外科的治療 PAPERS, 117, 57-65 PAPERS, 117, 57-65 , 117, 57-65 2016 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Aya R, Ishiko T, Noda K, Yamawaki S, Sakamoto Y, Tomihata K, Katayama Y, Yoshikawa K, Kubota H, Nakamura T, Naitoh M, Suzuki S Aya R, Ishiko T, Noda K, Yamawaki S, Sakamoto Y, Tomihata K, Katayama Y, Yoshikawa K, Kubota H, Nakamura T, Naitoh M, Suzuki S Aya R, Ishiko T, Noda K, Yamawaki S, Sakamoto Y, Tomihata K, Katayama Y, Yoshikawa K, Kubota H, Nakamura T, Naitoh M, Suzuki S Regeneration of elastic fibers by three dimensional culture on collagen scaffold and the addition of latent TGF-beta binding protein 4 to improve elastic matrix deposition Regeneration of elastic fibers by three dimensional culture on collagen scaffold and the addition of latent TGF-beta binding protein 4 to improve elastic matrix deposition Regeneration of elastic fibers by three dimensional culture on collagen scaffold and the addition of latent TGF-beta binding protein 4 to improve elastic matrix deposition Biomaterials, 72, 29-37 Biomaterials, 72, 29-37 Biomaterials, 72, 29-37 2015/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kamiya N, Shen J, Noda K, Kitami M, Feng GS, Chen D, Komatsu Y Kamiya N, Shen J, Noda K, Kitami M, Feng GS, Chen D, Komatsu Y Kamiya N, Shen J, Noda K, Kitami M, Feng GS, Chen D, Komatsu Y SHP2-deficiency in chondrocytes deforms orofacial cartilage and ciliogenesis SHP2-deficiency in chondrocytes deforms orofacial cartilage and ciliogenesis SHP2-deficiency in chondrocytes deforms orofacial cartilage and ciliogenesis Journal of Bone and Mineral Research, 30, 11, 2028-2032 Journal of Bone and Mineral Research, 30, 11, 2028-2032 Journal of Bone and Mineral Research, 30, 11, 2028-2032 2015/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Noda K, Nakamura T, Komatsu Y Noda K, Nakamura T, Komatsu Y Noda K, Nakamura T, Komatsu Y Fibulin-5 deficiency causes developmental defects of premaxillary bone in mice Fibulin-5 deficiency causes developmental defects of premaxillary bone in mice Fibulin-5 deficiency causes developmental defects of premaxillary bone in mice Biochemical and Biophysical Research Communications, 466, 3, 585-591 Biochemical and Biophysical Research Communications, 466, 3, 585-591 Biochemical and Biophysical Research Communications, 466, 3, 585-591 2015/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Inoue T, Ohbayashi T, Fujikawa Y, Yoshida H, Akama TO, Noda K, Horiguchi M, Kameyama K, Hata Y, Takahashi K, Kusumoto K, Nakamura T Inoue T, Ohbayashi T, Fujikawa Y, Yoshida H, Akama TO, Noda K, Horiguchi M, Kameyama K, Hata Y, Takahashi K, Kusumoto K, Nakamura T Inoue T, Ohbayashi T, Fujikawa Y, Yoshida H, Akama TO, Noda K, Horiguchi M, Kameyama K, Hata Y, Takahashi K, Kusumoto K, Nakamura T Latent TGF-beta binding protein-2 is essential for the development of ciliary zonule microfibrils Latent TGF-beta binding protein-2 is essential for the development of ciliary zonule microfibrils Latent TGF-beta binding protein-2 is essential for the development of ciliary zonule microfibrils Human Molecular Genetics, 23, 21, 5672-5682 Human Molecular Genetics, 23, 21, 5672-5682 Human Molecular Genetics, 23, 21, 5672-5682 2014/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Noda K, Dabovic B, Takagi K, Inoue T, Horiguchi M, Hirai M, Fujikawa Y, Akama TO, Kusumoto K, Zilberberg L, Sakai LY, Koli K, Naitoh M, von Melchner H, Suzuki S, Rifkin DB, Nakamura T Noda K, Dabovic B, Takagi K, Inoue T, Horiguchi M, Hirai M, Fujikawa Y, Akama TO, Kusumoto K, Zilberberg L, Sakai LY, Koli K, Naitoh M, von Melchner H, Suzuki S, Rifkin DB, Nakamura T Noda K, Dabovic B, Takagi K, Inoue T, Horiguchi M, Hirai M, Fujikawa Y, Akama TO, Kusumoto K, Zilberberg L, Sakai LY, Koli K, Naitoh M, von Melchner H, Suzuki S, Rifkin DB, Nakamura T Latent TGF-beta binding protein 4 promotes elastic fiber assembly by interacting with fibulin-5 Latent TGF-beta binding protein 4 promotes elastic fiber assembly by interacting with fibulin-5 Latent TGF-beta binding protein 4 promotes elastic fiber assembly by interacting with fibulin-5 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 110, 8, 2852-2857 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 110, 8, 2852-2857 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 110, 8, 2852-2857 2013/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Horiguchi M, Inoue T, Ohbayashi T, Hirai M, Noda K, Marmorstein LY, Yabe D, Takagi K, Akama TO, Kita T, Kimura T, Nakamura T Horiguchi M, Inoue T, Ohbayashi T, Hirai M, Noda K, Marmorstein LY, Yabe D, Takagi K, Akama TO, Kita T, Kimura T, Nakamura T Horiguchi M, Inoue T, Ohbayashi T, Hirai M, Noda K, Marmorstein LY, Yabe D, Takagi K, Akama TO, Kita T, Kimura T, Nakamura T Fibulin-4 conducts proper elastogenesis via interaction with cross-linking enzyme lysyl oxidase Fibulin-4 conducts proper elastogenesis via interaction with cross-linking enzyme lysyl oxidase Fibulin-4 conducts proper elastogenesis via interaction with cross-linking enzyme lysyl oxidase Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, 45, 19029-19034 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, 45, 19029-19034 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, 45, 19029-19034 2009/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、井上 邦雄、橋本 うらら、田浦 夏希 野田 和男、井上 邦雄、橋本 うらら、田浦 夏希 軟部組織原発の筋上皮腫の1例 軟部組織原発の筋上皮腫の1例 日本形成外科学会会誌, 27, 8, 583-587 日本形成外科学会会誌, 27, 8, 583-587 , 27, 8, 583-587 2007/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、井上 邦雄、橋本 うらら、田浦 夏希 野田 和男、井上 邦雄、橋本 うらら、田浦 夏希 外鼻皮膚悪性腫瘍の3例 外鼻皮膚悪性腫瘍の3例 しょうけん: 浜松労災病院学術年報, 2006年, 14-16 しょうけん: 浜松労災病院学術年報, 2006年, 14-16 , 2006年, 14-16 2007/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
原田 雅子、松浦 明子、太田 孝行、北原 亮、伊藤 達雄、野田 和男、桑原 千賀子、片倉 裕子、岡本 貴美子、南橋 薫、長谷川 淳子、冨岡 謙二、戸渡 敏之、野本 惠司、鈴木 基弘、遠藤 実、井上 邦雄 原田 雅子、松浦 明子、太田 孝行、北原 亮、伊藤 達雄、野田 和男、桑原 千賀子、片倉 裕子、岡本 貴美子、南橋 薫、長谷川 淳子、冨岡 謙二、戸渡 敏之、野本 惠司、鈴木 基弘、遠藤 実、井上 邦雄 NST介入により経口摂取可能になった症例 NST介入により経口摂取可能になった症例 しょうけん: 浜松労災病院学術年報, 2006年, 79-80 しょうけん: 浜松労災病院学術年報, 2006年, 79-80 , 2006年, 79-80 2007/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
服部 亮、黒川 正人、金城 紅子、玉井 求宣、野田 和男 服部 亮、黒川 正人、金城 紅子、玉井 求宣、野田 和男 顔面熊咬傷の治療経験 顔面熊咬傷の治療経験 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22, 1, 37-42 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 22, 1, 37-42 , 22, 1, 37-42 2006/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
田浦 夏希、井上 邦雄、野田 和男、神田 則和 田浦 夏希、井上 邦雄、野田 和男、神田 則和 足底に生じた巨大な神経鞘腫の1例 足底に生じた巨大な神経鞘腫の1例 日本形成外科学会会誌, 25, 11, 768-771 日本形成外科学会会誌, 25, 11, 768-771 , 25, 11, 768-771 2005/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、黒川 正人、服部 亮、武田 孝輔 野田 和男、黒川 正人、服部 亮、武田 孝輔 再接着指における術後5日目以降の血行障害例の検討 再接着指における術後5日目以降の血行障害例の検討 日本マイクロサージャリー学会会誌, 18, 3, 284-288 日本マイクロサージャリー学会会誌, 18, 3, 284-288 , 18, 3, 284-288 2005/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 黒川 正人、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 Nuss法術後早期に金属プレートを抜去した症例の長期経過 金属プレート抜去後に再発したにもかかわらず長期経過で自然軽快した症例 Nuss法術後早期に金属プレートを抜去した症例の長期経過 金属プレート抜去後に再発したにもかかわらず長期経過で自然軽快した症例 日本形成外科学会会誌, 25, 4, 271-274 日本形成外科学会会誌, 25, 4, 271-274 , 25, 4, 271-274 2005/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、黒川 正人、野々村 秀明、服部 亮、武田 孝輔 野田 和男、黒川 正人、野々村 秀明、服部 亮、武田 孝輔 眼窩脂肪腫の1例 眼窩脂肪腫の1例 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 21, 1, 35-38 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 21, 1, 35-38 , 21, 1, 35-38 2005/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
武田 孝輔、黒川 正人、野田 和男、服部 亮、浅田 佳邦 武田 孝輔、黒川 正人、野田 和男、服部 亮、浅田 佳邦 Swyer-James症候群を合併した漏斗胸の1例 Swyer-James症候群を合併した漏斗胸の1例 日本外科系連合学会誌, 30, 1, 25-29 日本外科系連合学会誌, 30, 1, 25-29 , 30, 1, 25-29 2005/02 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
羽森 由佳、黒川 正人、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 羽森 由佳、黒川 正人、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 単純性血管腫に対するパルス色素レーザーの前処置としての直線偏光近赤外線治療の試み 単純性血管腫に対するパルス色素レーザーの前処置としての直線偏光近赤外線治療の試み 日本形成外科学会会誌, 24, 12, 753-760 日本形成外科学会会誌, 24, 12, 753-760 , 24, 12, 753-760 2004/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
服部 亮、黒川 正人、野田 和男、武田 孝輔 服部 亮、黒川 正人、野田 和男、武田 孝輔 切断指再接着・手指の皮弁形成術後における直線偏光近赤外線星状神経節近傍照射の経験 切断指再接着・手指の皮弁形成術後における直線偏光近赤外線星状神経節近傍照射の経験 日本手の外科学会雑誌, 21, 5, 608-611 日本手の外科学会雑誌, 21, 5, 608-611 , 21, 5, 608-611 2004/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、河合 勝也、高見 昌司、冨士森 英之、辻 依子 野田 和男、河合 勝也、高見 昌司、冨士森 英之、辻 依子 Rudimentary Meningoceleの1例 Rudimentary Meningoceleの1例 日本形成外科学会会誌, 24, 10, 641-645 日本形成外科学会会誌, 24, 10, 641-645 , 24, 10, 641-645 2004/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、服部 亮、野田 和男、武田 孝輔、藤田 冬子 黒川 正人、服部 亮、野田 和男、武田 孝輔、藤田 冬子 0.01%ピオクタニン・亜鉛華軟膏を用いたMRSA感染褥瘡の治療 0.01%ピオクタニン・亜鉛華軟膏を用いたMRSA感染褥瘡の治療 日本褥瘡学会会誌, 6, 4, 577-581 日本褥瘡学会会誌, 6, 4, 577-581 , 6, 4, 577-581 2004/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
河合 勝也、冨士森 英之、野田 和男、北山 稔大、美原 寿之 河合 勝也、冨士森 英之、野田 和男、北山 稔大、美原 寿之 壊死性筋膜炎後の皮膚欠損創に対するカデックス軟膏の使用経験 壊死性筋膜炎後の皮膚欠損創に対するカデックス軟膏の使用経験 医薬の門, 44, 5, 510-513 医薬の門, 44, 5, 510-513 , 44, 5, 510-513 2004/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、宗内 巌、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 黒川 正人、宗内 巌、野田 和男、服部 亮、武田 孝輔 手指末節切断に対するBrent法の治療成績と術後合併症 手指末節切断に対するBrent法の治療成績と術後合併症 日本手の外科学会雑誌, 21, 3, 244-247 日本手の外科学会雑誌, 21, 3, 244-247 , 21, 3, 244-247 2004/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
野田 和男、黒川 正人、夫 一龍、羽森 由佳、服部 亮 野田 和男、黒川 正人、夫 一龍、羽森 由佳、服部 亮 顔面外傷から敗血症性ショックにいたった1例 顔面外傷から敗血症性ショックにいたった1例 日本形成外科学会会誌, 24, 9, 558-562 日本形成外科学会会誌, 24, 9, 558-562 , 24, 9, 558-562 2004/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、野田 和男、服部 亮、羽森 由佳、桑原 秀行 黒川 正人、野田 和男、服部 亮、羽森 由佳、桑原 秀行 チタン合金(Ti-6 Al-4 V)製金属プレートを使用した漏斗胸に対するNuss法の経験 チタン合金(Ti-6 Al-4 V)製金属プレートを使用した漏斗胸に対するNuss法の経験 小児外科, 35, 8, 1089-1094 小児外科, 35, 8, 1089-1094 , 35, 8, 1089-1094 2004/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、服部 亮、野田 和男、羽森 由佳 黒川 正人、服部 亮、野田 和男、羽森 由佳 両側乳房欠損に対して遊離横軸腹直筋皮弁を用いて再建を行った1例 両側乳房欠損に対して遊離横軸腹直筋皮弁を用いて再建を行った1例 日本外科系連合学会誌, 29, 4, 717-720 日本外科系連合学会誌, 29, 4, 717-720 , 29, 4, 717-720 2004/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、野田 和男、羽森 由佳、服部 亮、白石 享 黒川 正人、野田 和男、羽森 由佳、服部 亮、白石 享 皮膚潰瘍に対するヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)スプレーと共有結合架橋アルギン酸ゲル創傷被覆材の併用治療 皮膚潰瘍に対するヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)スプレーと共有結合架橋アルギン酸ゲル創傷被覆材の併用治療 日本褥瘡学会会誌, 6, 2, 147-153 日本褥瘡学会会誌, 6, 2, 147-153 , 6, 2, 147-153 2004/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、野田 和男、羽森 由佳、服部 亮 黒川 正人、野田 和男、羽森 由佳、服部 亮 採皮創に対する短期間のステロイド含有軟膏外用の影響に関する研究 採皮創に対する短期間のステロイド含有軟膏外用の影響に関する研究 熱傷, 30, 1, 9-15 熱傷, 30, 1, 9-15 , 30, 1, 9-15 2004/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒川 正人、山田 信幸、行岡 直哉、羽森 由佳、野田 和男、山岡 千尋 黒川 正人、山田 信幸、行岡 直哉、羽森 由佳、野田 和男、山岡 千尋 巨大先天性色素性母斑上に発生した大きな結節型基底細胞癌の1例 巨大先天性色素性母斑上に発生した大きな結節型基底細胞癌の1例 Skin Cancer, 19, 1, 120-123 Skin Cancer, 19, 1, 120-123 , 19, 1, 120-123 2004/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shintaku M, Tsuta K, Yoshida H, Tsubura A, Nakashima Y, Noda K Shintaku M, Tsuta K, Yoshida H, Tsubura A, Nakashima Y, Noda K Shintaku M, Tsuta K, Yoshida H, Tsubura A, Nakashima Y, Noda K Apocrine adenocarcinoma of the eyelid with aggressive biological behavior: report of a case Apocrine adenocarcinoma of the eyelid with aggressive biological behavior: report of a case Apocrine adenocarcinoma of the eyelid with aggressive biological behavior: report of a case Pathlogy International, 52, 169-173 Pathlogy International, 52, 169-173 Pathlogy International, 52, 169-173 2002 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
挑戦的萌芽研究 代表 bFGFとの結合を介するLTBP-2の創傷治癒における機能的役割の解明 2016/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 リジルオキシダーゼの酵素活性化分子を標的とした線維化抑制治療の開発 2018/04/01〜
挑戦的萌芽研究 代表 bFGFとの結合を介するLTBP-2の創傷治癒における機能的役割の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 リジルオキシダーゼの酵素活性化分子を標的とした線維化抑制治療の開発 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31