川口 展子

最終更新日時: 2020/07/14 04:18:08

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
川口 展子/カワグチ ノブコ/Kawaguchi, Nobuko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/腫瘍内科/特定病院助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
乳癌治療、特に薬物療法を担当している。
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語 English eng
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000020624
研究テーマ
(日本語)
化学療法起因性末梢神経障害における予防方法の開発 乳癌発症予測方法の開発及び高リスク群に対する診療体系の構築(家族性乳癌・遺伝性乳癌を含む) IgG糖鎖等を用いた乳癌診断マーカーの開発 乳癌ホルモン治療のメカニズムと耐性についての研究
(英語)
Development of prevention method from chemotherapy-induced peripheral neuropathy Development of breast cancer prediction model and construction of medical treatment system for high risk group (including familial and hereditary breast cancer) Development of breast cancer diagnostic marker using IgG glycosylation etc Research on the mechanism and tolerance of hormonal therapy in breast cancer
研究概要
(日本語)
乳癌の化学療法においてQOLを低下させる原因となる、末梢神経障害の予防方法として有望と思われる圧迫療法の臨床試験を計画している。 また、京都大学及び関連施設や患者さんに協力いただいた検体や臨床情報を用い、乳癌発症予測方法の開発及び高リスク群に対する診療体系の構築(家族性乳癌・遺伝性乳癌を含む)、IgG糖鎖等を用いた乳癌診断マーカーの開発、乳癌ホルモン治療のメカニズムと耐性についての研究を進めている。
(英語)
We are planning a clinical trial of compression therapy to prevent peripheral neuropathy, which causes lower QOL in breast cancer chemotherapy. In addition, using samples and clinical information (thanks to Kyoto University and related facilities and patients), we are conducting 'Development of breast cancer prediction model and construction of medical treatment system for high risk group (including familial and hereditary breast cancer)', 'Development of breast cancer diagnostic marker using IgG glycosylation etc' and 'Research on the mechanism and tolerance of hormonal therapy in breast cancer'.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
乳癌 breast cancer
化学療法 chemotherapy
ホルモン療法 hormonal therapy
診断マーカー diagnostic marker
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第56回癌治療学会学術集会優秀演題賞 The 56th annual meeting of Japan Society of Clinical Oncology Exellent Abstruct Award 第56回癌治療学会学術集会 The 56th annual meeting of Japan Society of Clinical Oncology 2018/10/19
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金若手B 代表
若手研究(B) 代表 IgGFc N型糖鎖を使用した乳癌予測モデルの開発 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
若手研究(B) 代表 IgGFc N型糖鎖を使用した乳癌予測モデルの開発 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31