篠原 隆司

最終更新日時: 2019/06/15 16:30:11

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
篠原 隆司/シノハラ タカシ/Shinohara, Takashi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻遺伝医学講座分子遺伝学/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
物質-細胞統合システム拠点 連携教授
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
society for the study of reproduction 米国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程生理系専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科医学進学課程 修了
京都大学 医学部医学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008413
研究テーマ
(日本語)
①精子幹細胞の遺伝子改変、②精子幹細胞の培養、③精子幹細胞からの試験管内精子分化
(英語)
Genetic modification of the germline cells, Culture of germline cells, In vitro spermatogenesis
研究概要
(日本語)
生殖細胞は体細胞と異なり個体の遺伝を司る細胞です。遺伝現象は生命の根源であり生物学の中心的なテーマですが、生殖細胞を扱う適当な実験技術がなかったために研究が遅れていました。我々は精子の源になる精子幹細胞を中心に研究を行っています。これはこの細胞が成体内で唯一子孫に遺伝情報を伝えることのできる幹細胞であることに注目したからです。これまでに我々は生後の精巣から採取した精子幹細胞を試験管内で増やす長期培養系(Germline Stem, GS細胞)を確立し、従来の卵子・胚に依存しない新しい個体遺伝子改変法の開発を行ってきました。最近我々は精子幹細胞にはES細胞と同様な多分化能があることも明らかにしました (mGS細胞)。このGS細胞はES細胞と異なり生後の個体から樹立できる点、また極めて安定して子孫を作成できる点などを鑑みると、この細胞は個体遺伝子改変と生殖細胞研究に新しい可能性をもたらすものです。現在はマウスで開発されたこれらの技術を他の動物種に展開し、疾患モデルの作成や遺伝子再生医療に応用すると共に、これまで非常に研究が困難であった精子幹細胞の未分化能維持機構・自己複製能・放射線抵抗性のメカニズムを明らかにしつつあります。
(英語)
Our long-term goal is to use spermatogonial stem cells for genetic modification. We have recently succeeded in long-term culture of mouse spermatogonial stem cells. Due to their unique morphology, we named them germline stem (GS) cells. GS cells have several advantages over ES cells. First, although ES cells are only available during the embryonic period, GS cells can be derived from postnatal animals. Second, they are not tumorigenic and committed to the germline lineage. Given that ES cells with germline potential have been obtained only from mice, our GS cell technology may resolve current challenges with ES cells and greatly contribute to the development of new transgenic technologies. We are now trying 1) to modify the genome of GS cells and 2) to derive GS cells from other animal species.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
精子形成、幹細胞、移植、発生工学、不妊 spermatogenesis, stem cells, transplantation, reproductive technology, infertility
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
細川美穂子,刀谷在美,林瑛理,望月綾子,末盛博文,沼田興治,阿部訓也,田中敬,篠原美都,篠原隆司, 中辻憲夫,中馬新一郎 細川美穂子,刀谷在美,林瑛理,望月綾子,末盛博文,沼田興治,阿部訓也,田中敬,篠原美都,篠原隆司, 中辻憲夫,中馬新一郎 マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析 マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡) 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡) 2012 日本語 公開
細川美穂子,田中敬,林瑛理,篠原美都,篠原隆司,中辻憲夫,中馬新一郎 細川美穂子,田中敬,林瑛理,篠原美都,篠原隆司,中辻憲夫,中馬新一郎 マウス生殖幹細胞の体細胞型増殖から第一減数分裂前期への移行 マウス生殖幹細胞の体細胞型増殖から第一減数分裂前期への移行 特定領域研究生殖サイクル第4 回公開シンポジウム(11.17-18, 2011, 大阪) 特定領域研究生殖サイクル第4 回公開シンポジウム(11.17-18, 2011, 大阪) 2011 日本語 公開
M. Kanatsu-Shinohara; S. Takashima; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; S. Takashima; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; S. Takashima; T. Shinohara Transmission distortion by loss of p21 or p27 cyclin-dependent kinase inhibitors following competitive spermatogonial transplantation Transmission distortion by loss of p21 or p27 cyclin-dependent kinase inhibitors following competitive spermatogonial transplantation Transmission distortion by loss of p21 or p27 cyclin-dependent kinase inhibitors following competitive spermatogonial transplantation Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 107, 14, 6210-6215 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 107, 14, 6210-6215 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 107, 14, 6210-6215 2010/04/06 英語 公開
細川美穂子,田中敬,林瑛理,篠原美都,篠原隆司,中辻憲夫,中馬新一郎 細川美穂子,田中敬,林瑛理,篠原美都,篠原隆司,中辻憲夫,中馬新一郎 マウス生殖幹細胞の減数分裂移行実験系作出の試み マウス生殖幹細胞の減数分裂移行実験系作出の試み 特定領域研究「生殖サイクル若手勉強会2010」(2010. 7. 21-23. Tsukuba) 特定領域研究「生殖サイクル若手勉強会2010」(2010. 7. 21-23. Tsukuba) 2010 日本語 公開
M. Takehashi; M. Kanatsu-Shinohara; K. Inoue; N. Ogonuki; H. Miki; S. Toyokuni; A. Ogura; T. Shinohara M. Takehashi; M. Kanatsu-Shinohara; K. Inoue; N. Ogonuki; H. Miki; S. Toyokuni; A. Ogura; T. Shinohara M. Takehashi; M. Kanatsu-Shinohara; K. Inoue; N. Ogonuki; H. Miki; S. Toyokuni; A. Ogura; T. Shinohara Adenovirus-mediated gene delivery into mouse spermatoginal stem cells Adenovirus-mediated gene delivery into mouse spermatoginal stem cells Adenovirus-mediated gene delivery into mouse spermatoginal stem cells Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 8, 2596-2601 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 8, 2596-2601 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 8, 2596-2601 2007/02/20 英語 公開
A. Honda; M. Hirose; K. Hara; S. Matoba; K. Inoue; H. Miki; H. Hiura; M. Kanatsu-Shinohara; Y. Kanai; T. Kono; T. Shinohara; A. Ogura A. Honda; M. Hirose; K. Hara; S. Matoba; K. Inoue; H. Miki; H. Hiura; M. Kanatsu-Shinohara; Y. Kanai; T. Kono; T. Shinohara; A. Ogura A. Honda; M. Hirose; K. Hara; S. Matoba; K. Inoue; H. Miki; H. Hiura; M. Kanatsu-Shinohara; Y. Kanai; T. Kono; T. Shinohara; A. Ogura Isolation, characterization, and in vitro and in vivo differentiation of putative thecal stem cells Isolation, characterization, and in vitro and in vivo differentiation of putative thecal stem cells Isolation, characterization, and in vitro and in vivo differentiation of putative thecal stem cells Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 30, 12389-12394 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 30, 12389-12394 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 30, 12389-12394 2007 英語 公開
T. Shinohara; M. Kato; M. Takehashi; J. Lee; S. Chuma; N. Nakatsuji; M. Kanatsu-Shinohara; M. Hirabayashi T. Shinohara; M. Kato; M. Takehashi; J. Lee; S. Chuma; N. Nakatsuji; M. Kanatsu-Shinohara; M. Hirabayashi T. Shinohara; M. Kato; M. Takehashi; J. Lee; S. Chuma; N. Nakatsuji; M. Kanatsu-Shinohara; M. Hirabayashi Rats produced by interspecies spermatogonial transplantation in mice and in vitro microinsemination Rats produced by interspecies spermatogonial transplantation in mice and in vitro microinsemination Rats produced by interspecies spermatogonial transplantation in mice and in vitro microinsemination Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 37, 13624-13628 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 37, 13624-13628 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 37, 13624-13628 2006/09/12 英語 公開
M. Kanatsu-Shinohara; M. Ikawa; M. Takehashi; N. Ogonuki; H. Miki; K. Inoue; Y. Kazuki; J. Lee; S. Toyokuni; M. Oshimura; A. Ogura; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; M. Ikawa; M. Takehashi; N. Ogonuki; H. Miki; K. Inoue; Y. Kazuki; J. Lee; S. Toyokuni; M. Oshimura; A. Ogura; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; M. Ikawa; M. Takehashi; N. Ogonuki; H. Miki; K. Inoue; Y. Kazuki; J. Lee; S. Toyokuni; M. Oshimura; A. Ogura; T. Shinohara Production of knockout mice by random or targeted mutagenesis in spermatogonial stem cells Production of knockout mice by random or targeted mutagenesis in spermatogonial stem cells Production of knockout mice by random or targeted mutagenesis in spermatogonial stem cells Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 21, 8018-8023 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 21, 8018-8023 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 21, 8018-8023 2006 英語 公開
今村公紀,篠原隆司,中川誠人,山中伸弥 今村公紀,篠原隆司,中川誠人,山中伸弥 未分化ES細胞特異的に発現する遺伝子群ECATにおけるDNA メチル化状態のプロファイリング 未分化ES細胞特異的に発現する遺伝子群ECATにおけるDNA メチル化状態のプロファイリング 第28回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 第28回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語 公開
Takashi Shinohara Takashi Shinohara Takashi Shinohara Culture of mouse male germline stem cells Culture of mouse male germline stem cells Culture of mouse male germline stem cells International Symposium on “Germ Cells, Epigenetics, Reprogramming and Embryonic Stem Cells” November 15-18, 2005 at Kyoto University International Symposium on “Germ Cells, Epigenetics, Reprogramming and Embryonic Stem Cells” November 15-18, 2005 at Kyoto University International Symposium on “Germ Cells, Epigenetics, Reprogramming and Embryonic Stem Cells” November 15-18, 2005 at Kyoto University 2005 英語 公開
篠原隆司 篠原隆司 マウス精子幹細胞長期培養系の確立:Germline stem(GS)細胞のもたらす新たな可能性 マウス精子幹細胞長期培養系の確立:Germline stem(GS)細胞のもたらす新たな可能性 特定領域研究「生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化とエピジェネティクス」による公開シンポジウム(2004.2.13)(京大医) 特定領域研究「生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化とエピジェネティクス」による公開シンポジウム(2004.2.13)(京大医) 2004 日本語 公開
M. Kanatsu-Shinohara; A. Ogura; M. Ikegawa; K. Inoue; N. Ogonuki; K. Tashiro; S. Toyokuni; T. Honjo; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; A. Ogura; M. Ikegawa; K. Inoue; N. Ogonuki; K. Tashiro; S. Toyokuni; T. Honjo; T. Shinohara M. Kanatsu-Shinohara; A. Ogura; M. Ikegawa; K. Inoue; N. Ogonuki; K. Tashiro; S. Toyokuni; T. Honjo; T. Shinohara Adenovirus-mediated gene delivery and in vitro microinsemination produce offspring from infertile male mice Adenovirus-mediated gene delivery and in vitro microinsemination produce offspring from infertile male mice Adenovirus-mediated gene delivery and in vitro microinsemination produce offspring from infertile male mice Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 99, 3, 1383-1388 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 99, 3, 1383-1388 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 99, 3, 1383-1388 2002/02/05 英語 公開
T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster Remodeling of the postnatal mouse testis is accompanied by dramatic changes in stem cell number and niche accessibility Remodeling of the postnatal mouse testis is accompanied by dramatic changes in stem cell number and niche accessibility Remodeling of the postnatal mouse testis is accompanied by dramatic changes in stem cell number and niche accessibility Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 98, 11, 6186-6191 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 98, 11, 6186-6191 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 98, 11, 6186-6191 2001/05/22 英語 公開
T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; K.E. Orwig; M.R. Avarbock; R.L. Brinster Spermatogonial stem cell enrichment by multiparameter selection of mouse testis cells Spermatogonial stem cell enrichment by multiparameter selection of mouse testis cells Spermatogonial stem cell enrichment by multiparameter selection of mouse testis cells Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 97, 15, 8346-8351 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 97, 15, 8346-8351 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 97, 15, 8346-8351 2000/07/18 英語 公開
T. Shinohara; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; M.R. Avarbock; R.L. Brinster T. Shinohara; M.R. Avarbock; R.L. Brinster β<sub>1</sub>- and α<sub>6</sub>-integrin are surface markers on mouse spermatogonial stem cells β<sub>1</sub>- and α<sub>6</sub>-integrin are surface markers on mouse spermatogonial stem cells β<sub>1</sub>- and α<sub>6</sub>-integrin are surface markers on mouse spermatogonial stem cells Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 96, 10, 5504-5509 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 96, 10, 5504-5509 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 96, 10, 5504-5509 1999 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
萌芽研究 代表 精子形成の試験管内誘導 
1. 文部科学省 特定領域研究、平成20年-24年 代表
2. 文部科学省 基盤研究(A)、平成17-21年 代表 「精子幹細胞を用いたノックアウト動物の作製」
基盤研究(A) 精子幹細胞の遺伝子改変によるノックアウト動物の作成 2007〜2010
挑戦的萌芽研究 精子形成の試験管内誘導 2008〜2010
特定領域研究 精子幹細胞における品質管理機構の解析 2008〜2012
挑戦的萌芽研究 代表 機能的セルトリ細胞の長期培養系の確立 2011〜2013
基盤研究(B) 代表 活性酸素シグナルによる精子幹細胞自己複製制御機構の解明 2013〜2015
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 2013〜2017
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 2013〜2017
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 活性酸素シグナルによる精子幹細胞自己複製制御機構の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 活性酸素シグナルによる精子幹細胞自己複製制御機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」の国際活動支援についての研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 始原生殖細胞を用いた発生工学技術の開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 始原生殖細胞を用いた発生工学技術の開発 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
国際共同研究加速基金(国際活動支援班) 代表 「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」の国際活動支援についての研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
国際共同研究加速基金(国際活動支援班) 代表 「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」の国際活動支援についての研究 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 始原生殖細胞を用いた発生工学技術の開発 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞のエピゲノム安定性と発がんとの関係の解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(S) 代表 精子幹細胞のアンチエイジング機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 性決定に関わる抑制性ヒストン修飾の役割 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」班の領域運営 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
マウス精原幹細胞の濃縮 Enrichment of mouse spermatogonial stem cell
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
発生学 後期不定 医学研究科 2011/04〜2012/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2012/04〜2013/03
A3 発生学 Embryology and Developmental Biology 後期後半 医学部 2013/04〜2014/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2013/04〜2014/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2014/04〜2015/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2014/04〜2015/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2015/04〜2016/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2015/04〜2016/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2016/04〜2017/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2016/04〜2017/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2017/04〜2018/03
B3 発生学 Embryology 後期前半 医学部 2017/04〜2018/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2017/04〜2018/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2018/04〜2019/03
B3 発生学 Embryology 後期前半 医学部 2018/04〜2019/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2018/04〜2019/03
A3 発生学 Embryology 後期後半 医学部 2019/04〜2020/03
B3 発生学 Embryology 後期前半 医学部 2019/04〜2020/03
発生学 Embryology and Developmental Biology 後期不定 医学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
高等教育開発推進センター協議委員
総長室特命補佐 2009/12/15〜2010/09/30
教育制度委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2013/04/01〜2014/09/30
動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
動物実験施設長 2013/04/01〜2015/03/31
教育制度委員会:博士課程教育リーディングプログラム学位検討WG 委員 2011/04/01〜2012/03/31
教育制度委員会WG2 委員 2011/04/01〜2012/03/31
教育制度委員会WG1 委員 2012/04/01〜2013/03/31
動物実験委員会 外部評価導入WG 委員 2013/04/01〜2013/10/10
部局運営(役職等)
役職名 期間
10年後委員会
教育体制委員長
教育センター長
学位審査担当委員
大学院コースオーガナイザー
M.D./Ph.D.コース運営委員会
カリキュラム委員
実験動物委員
医学研究科附属医学教育推進センター長 2010/06/01〜2011/04/30
人事連絡委員会 2014/04/01〜2015/03/31
動物実験施設管理委員会 2013/04/01〜2015/03/31
医学研究科・医学部 将来計画検討委員会 2017/04/01〜2021/03/31
医学研究科・医学部 放射性同位元素等管理委員会
医学研究科寄附講座検討委員会 2012/10/01〜2018/09/30
医学部教育研究支援基金(KMS―FUND)委員会 2012/01/01〜2013/12/31
大学評価部局委員会 2017/10/01〜2019/09/30
寄附講座運営委員会(免疫ゲノム医学) 2010/04/01〜2015/03/31
バイオ・フロンティア・プラットフォーム運営委員会 2012/01/26〜
医学研究科運営委員会 〜2016/09/30
放射性同位元素等管理委員会
寄附講座運営委員会(免疫ゲノム講座) 2016/04/01〜2020/03/31
京都大学分子生物実験研究棟管理運営委員会 2016/12/01〜2020/11/30
入学者選抜方法検討委員会 2017/04/01〜2019/03/31
京都大学ウイルス・再生医科学研究所及びiPS細胞研究所合同医の倫理委員会専門小委員会 2017/05/01〜2021/04/30
管理体制委員会 2018/10/01〜2020/09/30
産学共同講座等検討委員会 2018/10/01〜2020/09/30
放射線障害防止委員会

  • <<
  • >>
  • 表示