小柳 義夫

最終更新日時: 2019/06/25 19:32:13

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小柳 義夫/コヤナギ ヨシオ/Koyanagi, Yoshio
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/生命システム研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学専攻 感染病態学 教授
医学研究科 医科学専攻 感染病態学 教授
薬学研究科 薬科学専攻 分子ウイルス学 教授
電子メールアドレス
メールアドレス
ykoyanag @ infront.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本ウイルス学会 The Japanese Society for Virology
日本エイズ学会 The Japanese Society for AIDS Research
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
熊本大学 医学部医学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1986/04/01〜1989/03/31 カリフォルニア大学ロサンジェルス分校 University of California, Los Angeles ポストドクトラルフェロー Post doctoral fellow
1989/04/01〜1990/09/30 山口大学医学部 Yamaguchi University School of Medicine 助手 Assistant Professor
1990/10/01〜1992/10/31 東京医科歯科大学医学部 Tokyo Medical and Dental University School of Medicine 助手 Assistant Professor
1992/11/01〜1994/09/30 東京医科歯科大学医学部 Tokyo Medical and Dental University School of Medicine 講師 Lecturer
1994/10/01〜1999/03/31 東京医科歯科大学医学部 Tokyo Medical and Dental University School of Medicine 助教授 Associate Professor
1999/04/01〜2004/01/31 東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University School of Medicine 教授 Professor
2004/02/01〜 京都大学ウイルス研究所 Institute for Virus Research, Kyoto University 教授 Professor
2014/04/01〜2016/09/30 京都大学ウイルス研究所 Institute for Virus Research, Kyoto University 所長 Director
2016/10/01〜2018/03/31 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 Institute for Frontier Life and Medical Sciences Kyoto University 副所長 Deputy Director
2017/04/01〜2018/03/31 京都大学研究連携基盤 Kyoto University Research Coordination Alliance 基盤長 Director
2018/04/01〜 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 Institute for Frontier Life and Medical Sciences Kyoto University 所長 Director

  • <<
  • >>
  • 表示
プロフィール
(日本語)
大学院学生時代より、白血病やエイズウイルスなどのヒトの病原性ウイルスの研究を行っている。教育に関しては、研究室の大学院生との共同研究の中で、社会生活にも役立つ能力を身につけさせることを目指している。国内ならびに海外の研究者との連携を行い、学術研究の成果を社会に活かせるよう努力している。各種委員会にも参加し、学会ならびに当研究所の運営に参画している。
(英語)
I am conducting research on human pathogenic virus causing leukemia and AIDS since I was a graduate student. As for education, one of my goals is to help graduate students acquire the practical skills needed to conduct joint research. I strive continuously to contribute to development in human society by working with domestic and outside researches. Furthermore, I take part in many committees and work diligently toward the management of the academic society and the institute.
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語
個人ホームページ
URL
http://www2.infront.kyoto-u.ac.jp/Koyanagi_HP/
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0007892
研究テーマ
(日本語)
ヒト病原性ウイルスの解析と治療法の開発
(英語)
Molecular biology of human pathogenic virus and development of its treatment
研究概要
(日本語)
エイズウイルスであるHIV、そして、脳炎やがんの原因となるヘルペスウイルスの分子生物学と治療法の開発を行っている。とくに、われわれ宿主にもともと存在するウイルス抑制因子の作用メカニズムの解明をめざしている。そのためにヒトの血液幹細胞を移植したヒト化マウスをつかっている。
(英語)
I aim to reveal the molecular mechanism on pathogenesis of AIDS virus (HIV) and encephalitis- or cancer-associated herpes virus and to develop the treatment for the disease. Especially, I am concentrating how viral restriction factor acts against virus. To know the mechanism, we developed humanized mice (human hematopoetic stem-cell-transplanted mice) as an in vivo model for human pathogen.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
エイズウイルス、分子ウイルス学、ヒト化マウス、ヘルペスウイルス、ウイルス抑制因子 AIDS, Virus, molecular virology, humanized mouse, herpes virus, restriction factor
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Konno Y, Nagaoka S, Kimura I, Yamamoto K, Kagawa Y, Kumata R, Aso H, Ueda MT, Nakagawa S, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K Konno Y, Nagaoka S, Kimura I, Yamamoto K, Kagawa Y, Kumata R, Aso H, Ueda MT, Nakagawa S, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K Konno Y, Nagaoka S, Kimura I, Yamamoto K, Kagawa Y, Kumata R, Aso H, Ueda MT, Nakagawa S, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K New World feline APOBEC3 potently controls inter-genus lentiviral transmission. New World feline APOBEC3 potently controls inter-genus lentiviral transmission. New World feline APOBEC3 potently controls inter-genus lentiviral transmission. Retrovirology, 15, 1, 31 Retrovirology, 15, 1, 31 Retrovirology, 15, 1, 31 2018/04 公開
Kurosaki Y, Ueda MT, Nakano Y, Yasuda J, Koyanagi Y, Sato K, Nakagawa S Kurosaki Y, Ueda MT, Nakano Y, Yasuda J, Koyanagi Y, Sato K, Nakagawa S Kurosaki Y, Ueda MT, Nakano Y, Yasuda J, Koyanagi Y, Sato K, Nakagawa S Different effects of two mutations on the infectivity of Ebola virus glycoprotein in nine mammalian species. Different effects of two mutations on the infectivity of Ebola virus glycoprotein in nine mammalian species. Different effects of two mutations on the infectivity of Ebola virus glycoprotein in nine mammalian species. The Journal of general virology, 99, 2, 181-186 The Journal of general virology, 99, 2, 181-186 The Journal of general virology, 99, 2, 181-186 2018/02 公開
Sato K, Misawa N, Takeuchi JS, Kobayashi T, Izumi T, Aso H, Nagaoka S, Yamamoto K, Kimura I, Konno Y, Nakano Y, Koyanagi Y Sato K, Misawa N, Takeuchi JS, Kobayashi T, Izumi T, Aso H, Nagaoka S, Yamamoto K, Kimura I, Konno Y, Nakano Y, Koyanagi Y Sato K, Misawa N, Takeuchi JS, Kobayashi T, Izumi T, Aso H, Nagaoka S, Yamamoto K, Kimura I, Konno Y, Nakano Y, Koyanagi Y Experimental Adaptive Evolution of Simian Immunodeficiency Virus SIVcpz to Pandemic Human Immunodeficiency Virus Type 1 by Using a Humanized Mouse Model. Experimental Adaptive Evolution of Simian Immunodeficiency Virus SIVcpz to Pandemic Human Immunodeficiency Virus Type 1 by Using a Humanized Mouse Model. Experimental Adaptive Evolution of Simian Immunodeficiency Virus SIVcpz to Pandemic Human Immunodeficiency Virus Type 1 by Using a Humanized Mouse Model. Journal of virology, 92, 4 Journal of virology, 92, 4 Journal of virology, 92, 4 2018/02 公開
Yamada E, Nakaoka S, Klein L, Reith E, Langer S, Hopfensperger K, Iwami S, Schreiber G, Kirchhoff F, Koyanagi Y, Sauter D, Sato K Yamada E, Nakaoka S, Klein L, Reith E, Langer S, Hopfensperger K, Iwami S, Schreiber G, Kirchhoff F, Koyanagi Y, Sauter D, Sato K Yamada E, Nakaoka S, Klein L, Reith E, Langer S, Hopfensperger K, Iwami S, Schreiber G, Kirchhoff F, Koyanagi Y, Sauter D, Sato K Human-Specific Adaptations in Vpu Conferring Anti-tetherin Activity Are Critical for Efficient Early HIV-1 Replication In Vivo. Human-Specific Adaptations in Vpu Conferring Anti-tetherin Activity Are Critical for Efficient Early HIV-1 Replication In Vivo. Human-Specific Adaptations in Vpu Conferring Anti-tetherin Activity Are Critical for Efficient Early HIV-1 Replication In Vivo. Cell host & microbe, 23, 1, 110-120.e7 Cell host & microbe, 23, 1, 110-120.e7 Cell host & microbe, 23, 1, 110-120.e7 2018/01 公開
Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Scientific reports, 7, 1, 15931 Scientific reports, 7, 1, 15931 Scientific reports, 7, 1, 15931 2017/11 公開
Satou Y, Katsuya H, Fukuda A, Misawa N, Ito J, Uchiyama Y, Miyazato P, Islam S, Fassati A, Melamed A, Bangham CRM, Koyanagi Y, Sato K Satou Y, Katsuya H, Fukuda A, Misawa N, Ito J, Uchiyama Y, Miyazato P, Islam S, Fassati A, Melamed A, Bangham CRM, Koyanagi Y, Sato K Satou Y, Katsuya H, Fukuda A, Misawa N, Ito J, Uchiyama Y, Miyazato P, Islam S, Fassati A, Melamed A, Bangham CRM, Koyanagi Y, Sato K Dynamics and mechanisms of clonal expansion of HIV-1-infected cells in a humanized mouse model. Dynamics and mechanisms of clonal expansion of HIV-1-infected cells in a humanized mouse model. Dynamics and mechanisms of clonal expansion of HIV-1-infected cells in a humanized mouse model. Scientific reports, 7, 1, 6913 Scientific reports, 7, 1, 6913 Scientific reports, 7, 1, 6913 2017/07 公開
Yoshikawa R, Takeuchi JS, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Kimura Y, Ren F, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Takeuchi JS, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Kimura Y, Ren F, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Takeuchi JS, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Kimura Y, Ren F, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Feline Immunodeficiency Virus Evolutionarily Acquires Two Proteins, Vif and Protease, Capable of Antagonizing Feline APOBEC3. Feline Immunodeficiency Virus Evolutionarily Acquires Two Proteins, Vif and Protease, Capable of Antagonizing Feline APOBEC3. Feline Immunodeficiency Virus Evolutionarily Acquires Two Proteins, Vif and Protease, Capable of Antagonizing Feline APOBEC3. Journal of virology, 91, 11 Journal of virology, 91, 11 Journal of virology, 91, 11 2017/06 公開
Nakano Y, Aso H, Soper A, Yamada E, Moriwaki M, Juarez-Fernandez G, Koyanagi Y, Sato K Nakano Y, Aso H, Soper A, Yamada E, Moriwaki M, Juarez-Fernandez G, Koyanagi Y, Sato K Nakano Y, Aso H, Soper A, Yamada E, Moriwaki M, Juarez-Fernandez G, Koyanagi Y, Sato K A conflict of interest: the evolutionary arms race between mammalian APOBEC3 and lentiviral Vif. A conflict of interest: the evolutionary arms race between mammalian APOBEC3 and lentiviral Vif. A conflict of interest: the evolutionary arms race between mammalian APOBEC3 and lentiviral Vif. Retrovirology, 14, 1, 31 Retrovirology, 14, 1, 31 Retrovirology, 14, 1, 31 2017/05 公開
Nakano Y, Misawa N, Juarez-Fernandez G, Moriwaki M, Nakaoka S, Funo T, Yamada E, Soper A, Yoshikawa R, Ebrahimi D, Tachiki Y, Iwami S, Harris RS, Koyanagi Y, Sato K Nakano Y, Misawa N, Juarez-Fernandez G, Moriwaki M, Nakaoka S, Funo T, Yamada E, Soper A, Yoshikawa R, Ebrahimi D, Tachiki Y, Iwami S, Harris RS, Koyanagi Y, Sato K Nakano Y, Misawa N, Juarez-Fernandez G, Moriwaki M, Nakaoka S, Funo T, Yamada E, Soper A, Yoshikawa R, Ebrahimi D, Tachiki Y, Iwami S, Harris RS, Koyanagi Y, Sato K HIV-1 competition experiments in humanized mice show that APOBEC3H imposes selective pressure and promotes virus adaptation. HIV-1 competition experiments in humanized mice show that APOBEC3H imposes selective pressure and promotes virus adaptation. HIV-1 competition experiments in humanized mice show that APOBEC3H imposes selective pressure and promotes virus adaptation. PLoS pathogens, 13, 5, e1006348 PLoS pathogens, 13, 5, e1006348 PLoS pathogens, 13, 5, e1006348 2017/05 公開
Soper A, Juarez-Fernandez G, Aso H, Moriwaki M, Yamada E, Nakano Y, Koyanagi Y, Sato K Soper A, Juarez-Fernandez G, Aso H, Moriwaki M, Yamada E, Nakano Y, Koyanagi Y, Sato K Soper A, Juarez-Fernandez G, Aso H, Moriwaki M, Yamada E, Nakano Y, Koyanagi Y, Sato K Various plus unique: Viral protein U as a plurifunctional protein for HIV-1 replication. Various plus unique: Viral protein U as a plurifunctional protein for HIV-1 replication. Various plus unique: Viral protein U as a plurifunctional protein for HIV-1 replication. Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.), 242, 8, 850-858 Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.), 242, 8, 850-858 Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.), 242, 8, 850-858 2017/04 公開
Soper A, Kimura I, Nagaoka S, Konno Y, Yamamoto K, Koyanagi Y, Sato K Soper A, Kimura I, Nagaoka S, Konno Y, Yamamoto K, Koyanagi Y, Sato K Soper A, Kimura I, Nagaoka S, Konno Y, Yamamoto K, Koyanagi Y, Sato K Type I Interferon Responses by HIV-1 Infection: Association with Disease Progression and Control. Type I Interferon Responses by HIV-1 Infection: Association with Disease Progression and Control. Type I Interferon Responses by HIV-1 Infection: Association with Disease Progression and Control. Frontiers in immunology, 8, 1823 Frontiers in immunology, 8, 1823 Frontiers in immunology, 8, 1823 2017 公開
Yamada E, Yoshikawa R, Nakano Y, Misawa N, Kobayashi T, Ren F, Izumi T, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yamada E, Yoshikawa R, Nakano Y, Misawa N, Kobayashi T, Ren F, Izumi T, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yamada E, Yoshikawa R, Nakano Y, Misawa N, Kobayashi T, Ren F, Izumi T, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K A naturally occurring bovine APOBEC3 confers resistance to bovine lentiviruses: implication for the co-evolution of bovids and their lentiviruses. A naturally occurring bovine APOBEC3 confers resistance to bovine lentiviruses: implication for the co-evolution of bovids and their lentiviruses. A naturally occurring bovine APOBEC3 confers resistance to bovine lentiviruses: implication for the co-evolution of bovids and their lentiviruses. Scientific reports, 6, 33988 Scientific reports, 6, 33988 Scientific reports, 6, 33988 2016/09 公開
Desimmie BA, Burdick RC, Izumi T, Doi H, Shao W, Alvord WG, Sato K, Koyanagi Y, Jones S, Wilson E, Hill S, Maldarelli F, Hu WS, Pathak VK Desimmie BA, Burdick RC, Izumi T, Doi H, Shao W, Alvord WG, Sato K, Koyanagi Y, Jones S, Wilson E, Hill S, Maldarelli F, Hu WS, Pathak VK Desimmie BA, Burdick RC, Izumi T, Doi H, Shao W, Alvord WG, Sato K, Koyanagi Y, Jones S, Wilson E, Hill S, Maldarelli F, Hu WS, Pathak VK APOBEC3 proteins can copackage and comutate HIV-1 genomes. APOBEC3 proteins can copackage and comutate HIV-1 genomes. APOBEC3 proteins can copackage and comutate HIV-1 genomes. Nucleic acids research, 44, 16, 7848-7865 Nucleic acids research, 44, 16, 7848-7865 Nucleic acids research, 44, 16, 7848-7865 2016/09 公開
Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Scientific reports, 6, 30153 Scientific reports, 6, 30153 Scientific reports, 6, 30153 2016/07 公開
Ueda S, Ebina H, Kanemura Y, Misawa N, Koyanagi Y Ueda S, Ebina H, Kanemura Y, Misawa N, Koyanagi Y Ueda S, Ebina H, Kanemura Y, Misawa N, Koyanagi Y Anti-HIV-1 potency of the CRISPR/Cas9 system insufficient to fully inhibit viral replication. Anti-HIV-1 potency of the CRISPR/Cas9 system insufficient to fully inhibit viral replication. Anti-HIV-1 potency of the CRISPR/Cas9 system insufficient to fully inhibit viral replication. Microbiology and immunology, 60, 7, 483-496 Microbiology and immunology, 60, 7, 483-496 Microbiology and immunology, 60, 7, 483-496 2016/07 公開
Yoshikawa R, Izumi T, Nakano Y, Yamada E, Moriwaki M, Misawa N, Ren F, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Izumi T, Nakano Y, Yamada E, Moriwaki M, Misawa N, Ren F, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Izumi T, Nakano Y, Yamada E, Moriwaki M, Misawa N, Ren F, Kobayashi T, Koyanagi Y, Sato K Small ruminant lentiviral Vif proteins commonly utilize cyclophilin A, an evolutionarily and structurally conserved protein, to degrade ovine and caprine APOBEC3 proteins. Small ruminant lentiviral Vif proteins commonly utilize cyclophilin A, an evolutionarily and structurally conserved protein, to degrade ovine and caprine APOBEC3 proteins. Small ruminant lentiviral Vif proteins commonly utilize cyclophilin A, an evolutionarily and structurally conserved protein, to degrade ovine and caprine APOBEC3 proteins. Microbiology and immunology, 60, 6, 427-436 Microbiology and immunology, 60, 6, 427-436 Microbiology and immunology, 60, 6, 427-436 2016/06 公開
Ikeda H, Nakaoka S, de Boer RJ, Morita S, Misawa N, Koyanagi Y, Aihara K, Sato K, Iwami S Ikeda H, Nakaoka S, de Boer RJ, Morita S, Misawa N, Koyanagi Y, Aihara K, Sato K, Iwami S Ikeda H, Nakaoka S, de Boer RJ, Morita S, Misawa N, Koyanagi Y, Aihara K, Sato K, Iwami S Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model. Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model. Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model. Retrovirology, 13, 23 Retrovirology, 13, 23 Retrovirology, 13, 23 2016/04 公開
Yoshikawa R, Nakano Y, Yamada E, Izumi T, Misawa N, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Nakano Y, Yamada E, Izumi T, Misawa N, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Nakano Y, Yamada E, Izumi T, Misawa N, Koyanagi Y, Sato K Species-specific differences in the ability of feline lentiviral Vif to degrade feline APOBEC3 proteins. Species-specific differences in the ability of feline lentiviral Vif to degrade feline APOBEC3 proteins. Species-specific differences in the ability of feline lentiviral Vif to degrade feline APOBEC3 proteins. Microbiology and immunology, 60, 4, 272-279 Microbiology and immunology, 60, 4, 272-279 Microbiology and immunology, 60, 4, 272-279 2016/04 公開
Suzuki Y, Chin WX, Han Q, Ichiyama K, Lee CH, Eyo ZW, Ebina H, Takahashi H, Takahashi C, Tan BH, Hishiki T, Ohba K, Matsuyama T, Koyanagi Y, Tan YJ, Sawasaki T, Chu JJ, Vasudevan SG, Sano K, Yamamoto N Suzuki Y, Chin WX, Han Q, Ichiyama K, Lee CH, Eyo ZW, Ebina H, Takahashi H, Takahashi C, Tan BH, Hishiki T, Ohba K, Matsuyama T, Koyanagi Y, Tan YJ, Sawasaki T, Chu JJ, Vasudevan SG, Sano K, Yamamoto N Suzuki Y, Chin WX, Han Q, Ichiyama K, Lee CH, Eyo ZW, Ebina H, Takahashi H, Takahashi C, Tan BH, Hishiki T, Ohba K, Matsuyama T, Koyanagi Y, Tan YJ, Sawasaki T, Chu JJ, Vasudevan SG, Sano K, Yamamoto N Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication. Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication. Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication. PLoS pathogens, 12, 1, e1005357 PLoS pathogens, 12, 1, e1005357 PLoS pathogens, 12, 1, e1005357 2016/01 公開
Yoshikawa R, Izumi T, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Ren F, Carpenter MA, Ikeda T, Münk C, Harris RS, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Izumi T, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Ren F, Carpenter MA, Ikeda T, Münk C, Harris RS, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K Yoshikawa R, Izumi T, Yamada E, Nakano Y, Misawa N, Ren F, Carpenter MA, Ikeda T, Münk C, Harris RS, Miyazawa T, Koyanagi Y, Sato K A Naturally Occurring Domestic Cat APOBEC3 Variant Confers Resistance to Feline Immunodeficiency Virus Infection. A Naturally Occurring Domestic Cat APOBEC3 Variant Confers Resistance to Feline Immunodeficiency Virus Infection. A Naturally Occurring Domestic Cat APOBEC3 Variant Confers Resistance to Feline Immunodeficiency Virus Infection. Journal of virology, 90, 1, 474-485 Journal of virology, 90, 1, 474-485 Journal of virology, 90, 1, 474-485 2016/01 公開
Sato K, Koyanagi Y Sato K, Koyanagi Y Sato K, Koyanagi Y [Interplay between HIV-1 and APOBEC]. [Interplay between HIV-1 and APOBEC]. [Interplay between HIV-1 and APOBEC]. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 88, 5, 569-575 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 88, 5, 569-575 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 88, 5, 569-575 2016 公開
Ebina H, Gee P, Koyanagi Y Ebina H, Gee P, Koyanagi Y Ebina H, Gee P, Koyanagi Y Perspectives of Genome-Editing Technologies for HIV Therapy. Perspectives of Genome-Editing Technologies for HIV Therapy. Perspectives of Genome-Editing Technologies for HIV Therapy. Current HIV research, 14, 1, 2-8 Current HIV research, 14, 1, 2-8 Current HIV research, 14, 1, 2-8 2016 公開
Takeuchi JS, Ren F, Yoshikawa R, Yamada E, Nakano Y, Kobayashi T, Matsuda K, Izumi T, Misawa N, Shintaku Y, Wetzel KS, Collman RG, Tanaka H, Hirsch VM, Koyanagi Y, Sato K Takeuchi JS, Ren F, Yoshikawa R, Yamada E, Nakano Y, Kobayashi T, Matsuda K, Izumi T, Misawa N, Shintaku Y, Wetzel KS, Collman RG, Tanaka H, Hirsch VM, Koyanagi Y, Sato K Takeuchi JS, Ren F, Yoshikawa R, Yamada E, Nakano Y, Kobayashi T, Matsuda K, Izumi T, Misawa N, Shintaku Y, Wetzel KS, Collman RG, Tanaka H, Hirsch VM, Koyanagi Y, Sato K Coevolutionary dynamics between tribe Cercopithecini tetherins and their lentiviruses. Coevolutionary dynamics between tribe Cercopithecini tetherins and their lentiviruses. Coevolutionary dynamics between tribe Cercopithecini tetherins and their lentiviruses. Scientific reports, 5, 16021 Scientific reports, 5, 16021 Scientific reports, 5, 16021 2015/11 公開
Iwami S, Takeuchi JS, Nakaoka S, Mammano F, Clavel F, Inaba H, Kobayashi T, Misawa N, Aihara K, Koyanagi Y, Sato K Iwami S, Takeuchi JS, Nakaoka S, Mammano F, Clavel F, Inaba H, Kobayashi T, Misawa N, Aihara K, Koyanagi Y, Sato K Iwami S, Takeuchi JS, Nakaoka S, Mammano F, Clavel F, Inaba H, Kobayashi T, Misawa N, Aihara K, Koyanagi Y, Sato K Cell-to-cell infection by HIV contributes over half of virus infection. Cell-to-cell infection by HIV contributes over half of virus infection. Cell-to-cell infection by HIV contributes over half of virus infection. eLife, 4 eLife, 4 eLife, 4 2015/10 公開
Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Scientific reports, 5, 14040 Scientific reports, 5, 14040 Scientific reports, 5, 14040 2015/09 公開
Iwami S, Sato K, Morita S, Inaba H, Kobayashi T, Takeuchi JS, Kimura Y, Misawa N, Ren F, Iwasa Y, Aihara K, Koyanagi Y Iwami S, Sato K, Morita S, Inaba H, Kobayashi T, Takeuchi JS, Kimura Y, Misawa N, Ren F, Iwasa Y, Aihara K, Koyanagi Y Iwami S, Sato K, Morita S, Inaba H, Kobayashi T, Takeuchi JS, Kimura Y, Misawa N, Ren F, Iwasa Y, Aihara K, Koyanagi Y Pandemic HIV-1 Vpu overcomes intrinsic herd immunity mediated by tetherin. Pandemic HIV-1 Vpu overcomes intrinsic herd immunity mediated by tetherin. Pandemic HIV-1 Vpu overcomes intrinsic herd immunity mediated by tetherin. Scientific reports, 5, 12256 Scientific reports, 5, 12256 Scientific reports, 5, 12256 2015/07 公開
岩見真吾;岩見真吾;佐藤佳;小柳義夫 岩見真吾;岩見真吾;佐藤佳;小柳義夫 岩見真吾;岩見真吾;佐藤佳;小柳義夫 "Mathematical Model of Disease" Innovation of Human Specific Disease Research Using Humanized Mouse: Complemented Research Between Applied Mathematics and Experimental Medicine "Mathematical Model of Disease" Innovation of Human Specific Disease Research Using Humanized Mouse: Complemented Research Between Applied Mathematics and Experimental Medicine "Mathematical Model of Disease" Innovation of Human Specific Disease Research Using Humanized Mouse: Complemented Research Between Applied Mathematics and Experimental Medicine 応用数理, 22, 2, 85-94 応用数理, 22, 2, 85-94 応用数理, 22, 2, 85-94 2012/06 日本語 公開
佐藤 佳;小柳 義夫 佐藤 佳;小柳 義夫 佐藤 佳;小柳 義夫 ヒト化マウスの利用 : EBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症動物モデル (特集 血球貪食症候群の病態と治療update) ヒト化マウスの利用 : EBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症動物モデル (特集 血球貪食症候群の病態と治療update) ヒト化マウスの利用 : EBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症動物モデル (特集 血球貪食症候群の病態と治療update) 血液内科, 63, 6, 627-633 血液内科, 63, 6, 627-633 血液内科, 63, 6, 627-633 2011/12 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 HTLV研究30年 HTLV研究30年 HTLV研究30年 ウイルス, 61, 2, 175-182 ウイルス, 61, 2, 175-182 ウイルス, 61, 2, 175-182 2011/12 日本語 公開
小柳 義夫;渡部 匡史 小柳 義夫;渡部 匡史 小柳 義夫;渡部 匡史 図説 HIV増殖機構と抗HIV薬の作用機序 (特集 HIV/AIDS--最新の治療研究の進歩) 図説 HIV増殖機構と抗HIV薬の作用機序 (特集 HIV/AIDS--最新の治療研究の進歩) 図説 HIV増殖機構と抗HIV薬の作用機序 (特集 HIV/AIDS--最新の治療研究の進歩) 日本臨床, 68, 3, 378-381 日本臨床, 68, 3, 378-381 日本臨床, 68, 3, 378-381 2010/03 日本語 公開
佐藤佳, 小柳義夫 佐藤佳, 小柳義夫 佐藤佳, 小柳義夫 HIV-1 のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 HIV-1 のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 HIV-1 のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 実験医学, 28, 18, 2961-2968 実験医学, 28, 18, 2961-2968 実験医学, 28, 18, 2961-2968 2010 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 神経毒HIV Vpr蛋白 神経毒HIV Vpr蛋白 神経毒HIV Vpr蛋白 医学のあゆみ, 226, 11, 1010-1012 医学のあゆみ, 226, 11, 1010-1012 医学のあゆみ, 226, 11, 1010-1012 2008/09 日本語 公開
鈴木陽一, 小柳義夫 鈴木陽一, 小柳義夫 鈴木陽一, 小柳義夫 エイズウイルス細胞とウイルスのせめぎあい エイズウイルス細胞とウイルスのせめぎあい エイズウイルス細胞とウイルスのせめぎあい 細胞工学, 27, 12, 1261-1268 細胞工学, 27, 12, 1261-1268 細胞工学, 27, 12, 1261-1268 2008 日本語 公開
佐藤佳, 小柳義夫. Sputnik Sweetheart 佐藤佳, 小柳義夫. Sputnik Sweetheart 佐藤佳, 小柳義夫. Sputnik Sweetheart ウイルスに感染するウイルス ウイルスに感染するウイルス ウイルスに感染するウイルス ウイルス( 日本ウ イルス学会 ), 58, 2, 219-220 ウイルス( 日本ウ イルス学会 ), 58, 2, 219-220 ウイルス( 日本ウ イルス学会 ), 58, 2, 219-220 2008 日本語 公開
小柳義夫, 森川裕子, 塩田 ,高折晃史, 増田 夫, Paul Spearman 小柳義夫, 森川裕子, 塩田 ,高折晃史, 増田 夫, Paul Spearman 小柳義夫, 森川裕子, 塩田 ,高折晃史, 増田 夫, Paul Spearman J. AIDS Res. J. AIDS Res. J. AIDS Res. 日本 エイズ学会誌, 10, 2, 79-84 日本 エイズ学会誌, 10, 2, 79-84 日本 エイズ学会誌, 10, 2, 79-84 2008 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 2008 年ノーベル医学・生理学 ② エイズウイルス発見のおもてうら 2008 年ノーベル医学・生理学 ② エイズウイルス発見のおもてうら 2008 年ノーベル医学・生理学 ② エイズウイルス発見のおもてうら 細胞工 学, 27, 12, 1285-1287 細胞工 学, 27, 12, 1285-1287 細胞工 学, 27, 12, 1285-1287 2008 日本語 公開
鈴木陽一, 小柳義夫 鈴木陽一, 小柳義夫 鈴木陽一, 小柳義夫 インテグレーション阻害剤 インテグレーション阻害剤 インテグレーション阻害剤 KEYWORD 感染症, 2, 172-174 KEYWORD 感染症, 2, 172-174 KEYWORD 感染症, 2, 172-174 2008 日本語 公開
小柳 義夫 小柳 義夫 小柳 義夫 HIV の細胞特異性 HIV の細胞特異性 HIV の細胞特異性 細胞, 40, 11, 454-457 細胞, 40, 11, 454-457 細胞, 40, 11, 454-457 2008 日本語 公開
鈴木陽一;小柳義夫 鈴木陽一;小柳義夫 鈴木陽一;小柳義夫 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  HIV増殖を制御する宿主因子 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  HIV増殖を制御する宿主因子 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  HIV増殖を制御する宿主因子 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1207-1213 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1207-1213 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1207-1213 2007/08 日本語 公開
小柳義夫;芳田剛 小柳義夫;芳田剛 小柳義夫;芳田剛 HIV感染を抑制する宿主因子の探索 HIV感染を抑制する宿主因子の探索 HIV感染を抑制する宿主因子の探索 化学療法の領域, 22, 7, 1141-1147 化学療法の領域, 22, 7, 1141-1147 化学療法の領域, 22, 7, 1141-1147 2006/06 日本語 公開
佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 HiV 感染症とAIDS 発症病理 HiV 感染症とAIDS 発症病理 HiV 感染症とAIDS 発症病理 Virus Report, 3, 24-31 Virus Report, 3, 24-31 Virus Report, 3, 24-31 2006 日本語 公開
Y. Koyanagi Y. Koyanagi Viruses HIV感染増殖とその宿主細胞性因子の概略:細胞への侵入者の軌跡 HIV感染増殖とその宿主細胞性因子の概略:細胞への侵入者の軌跡 Outline of HIV replication and its cellular factors: the track of an invader in the cell ウイルス, 55, 2, 251-257 ウイルス, 55, 2, 251-257 , 55, 2, 251-257 2005/12/22 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 ウイルスの感染と疾患発症機構  2.HIV感染を制御する細胞性因子 ウイルスの感染と疾患発症機構  2.HIV感染を制御する細胞性因子 ウイルスの感染と疾患発症機構  2.HIV感染を制御する細胞性因子 実験医学, 23, 17, 2566-2573 実験医学, 23, 17, 2566-2573 実験医学, 23, 17, 2566-2573 2005/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
河野祐治、小柳義夫 河野祐治、小柳義夫 Y. Kawano; Y. Koyanagi HIV-1増殖機構の分子生物学的解析 HIV-1増殖機構の分子生物学的解析 Molecular mechanism of HIV-1 replication 日本臨床, 60, 4, 662-668 日本臨床, 60, 4, 662-668 Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60, 4, 662-668 2002 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 【ウイルスの増殖・病態発現機構に関する最新の知見】 AIDSウイルスとヒトの進化的軍拡競争 ウイルス蛋白質とヒト蛋白質の相互作用からみえてくる進化的せめぎあい 【ウイルスの増殖・病態発現機構に関する最新の知見】 AIDSウイルスとヒトの進化的軍拡競争 ウイルス蛋白質とヒト蛋白質の相互作用からみえてくる進化的せめぎあい 【ウイルスの増殖・病態発現機構に関する最新の知見】 AIDSウイルスとヒトの進化的軍拡競争 ウイルス蛋白質とヒト蛋白質の相互作用からみえてくる進化的せめぎあい 医学のあゆみ, 260, 6, 513-517 医学のあゆみ, 260, 6, 513-517 医学のあゆみ, 260, 6, 513-517 2017/02 日本語 公開
佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 【DNA/RNA編集研究の新たな眺望】 HIV-1とAPOBECのせめぎ合い 【DNA/RNA編集研究の新たな眺望】 HIV-1とAPOBECのせめぎ合い 【DNA/RNA編集研究の新たな眺望】 HIV-1とAPOBECのせめぎ合い 生化学, 88, 5, 569-575 生化学, 88, 5, 569-575 生化学, 88, 5, 569-575 2016/10 日本語 公開
上田 修平, 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 上田 修平, 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 上田 修平, 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 RGN発現レンチウイルスベクターによるHIV-1複製抑制 RGN発現レンチウイルスベクターによるHIV-1複製抑制 RGN発現レンチウイルスベクターによるHIV-1複製抑制 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [4T12L-07(3P0831)] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [4T12L-07(3P0831)] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [4T12L-07(3P0831)] 2015/12 日本語 公開
中野 雄介, 山田 英里, 吉川 禄助, 泉 泰輔, 小林 朋子, 三沢 尚子, 任 鳳蓉, 佐藤 佳, 小柳 義夫 中野 雄介, 山田 英里, 吉川 禄助, 泉 泰輔, 小林 朋子, 三沢 尚子, 任 鳳蓉, 佐藤 佳, 小柳 義夫 中野 雄介, 山田 英里, 吉川 禄助, 泉 泰輔, 小林 朋子, 三沢 尚子, 任 鳳蓉, 佐藤 佳, 小柳 義夫 ウシ族の進化過程におけるAPOBEC3Z2蛋白質の発現レベル多様性の出現 ウシ族の進化過程におけるAPOBEC3Z2蛋白質の発現レベル多様性の出現 ウシ族の進化過程におけるAPOBEC3Z2蛋白質の発現レベル多様性の出現 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3P0805]-[3P0805] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3P0805]-[3P0805] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3P0805]-[3P0805] 2015/12 日本語 公開
蝦名 博貴, 上田 修平, 金村 優香, 三沢 尚子, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 上田 修平, 金村 優香, 三沢 尚子, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 上田 修平, 金村 優香, 三沢 尚子, 小柳 義夫 ゲノム編集で細胞・生物をカスタマイズする HIVの研究におけるゲノム編集技術(Genome-editing technologies in HIV research) ゲノム編集で細胞・生物をカスタマイズする HIVの研究におけるゲノム編集技術(Genome-editing technologies in HIV research) ゲノム編集で細胞・生物をカスタマイズする HIVの研究におけるゲノム編集技術(Genome-editing technologies in HIV research) 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3S14-3] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3S14-3] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [3S14-3] 2015/12 英語 公開
吉川 禄助, 竹内 潤子[柴田], 山田 英里, 中野 雄介, 木村 雄一, 橋本 暁, 宮沢 孝幸, 佐藤 佳, 小柳 義夫 吉川 禄助, 竹内 潤子[柴田], 山田 英里, 中野 雄介, 木村 雄一, 橋本 暁, 宮沢 孝幸, 佐藤 佳, 小柳 義夫 吉川 禄助, 竹内 潤子[柴田], 山田 英里, 中野 雄介, 木村 雄一, 橋本 暁, 宮沢 孝幸, 佐藤 佳, 小柳 義夫 自然発生Vif変異によるレンチウイルスの弱毒化 自然発生Vif変異によるレンチウイルスの弱毒化 自然発生Vif変異によるレンチウイルスの弱毒化 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 158回, 336-336 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 158回, 336-336 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 158回, 336-336 2015/08 日本語 公開
金村 優香, 小柳 義夫 金村 優香, 小柳 義夫 金村 優香, 小柳 義夫 【HIV制御のための宿主防御因子研究の展開】 HIV感染における宿主因子SAMHD1の役割 【HIV制御のための宿主防御因子研究の展開】 HIV感染における宿主因子SAMHD1の役割 【HIV制御のための宿主防御因子研究の展開】 HIV感染における宿主因子SAMHD1の役割 日本エイズ学会誌, 17, 1, 1-6 日本エイズ学会誌, 17, 1, 1-6 日本エイズ学会誌, 17, 1, 1-6 2015/02 日本語 公開
蝦名 博貴, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 小柳 義夫 【ゲノム編集-基礎から応用へ】 ゲノム編集とAIDS治療 【ゲノム編集-基礎から応用へ】 ゲノム編集とAIDS治療 【ゲノム編集-基礎から応用へ】 ゲノム編集とAIDS治療 医学のあゆみ, 252, 2, 189-193 医学のあゆみ, 252, 2, 189-193 医学のあゆみ, 252, 2, 189-193 2015/01 日本語 公開
中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 團塚 愛, 三浦 智行, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 團塚 愛, 三浦 智行, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 團塚 愛, 三浦 智行, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574-574 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574-574 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574-574 2014/11 日本語 公開
中野 雄介, 吉川 禄助, 山田 英里, 小林 朋子, 竹内 潤子[柴田], 三沢 尚子, 小柳 義夫 中野 雄介, 吉川 禄助, 山田 英里, 小林 朋子, 竹内 潤子[柴田], 三沢 尚子, 小柳 義夫 中野 雄介, 吉川 禄助, 山田 英里, 小林 朋子, 竹内 潤子[柴田], 三沢 尚子, 小柳 義夫 霊長類レンチウイルスのNefタンパク質の機能的進化とその意義 霊長類レンチウイルスのNefタンパク質の機能的進化とその意義 霊長類レンチウイルスのNefタンパク質の機能的進化とその意義 日本エイズ学会誌, 16, 4, 535-535 日本エイズ学会誌, 16, 4, 535-535 日本エイズ学会誌, 16, 4, 535-535 2014/11 日本語 公開
蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 HIV感染の予防とウイルスの除去を目指した戦略を考える ゲノム編集法を用いたエイズ治療戦略の展望 HIV感染の予防とウイルスの除去を目指した戦略を考える ゲノム編集法を用いたエイズ治療戦略の展望 HIV感染の予防とウイルスの除去を目指した戦略を考える ゲノム編集法を用いたエイズ治療戦略の展望 日本エイズ学会誌, 16, 4, 339-339 日本エイズ学会誌, 16, 4, 339-339 日本エイズ学会誌, 16, 4, 339-339 2014/11 日本語 公開
小柳 義夫 小柳 義夫 小柳 義夫 【ウイルス感染と免疫】 単純ヘルペスウイルスの感染防御にかかわる細胞性因子APOBEC1とSAMHD1 【ウイルス感染と免疫】 単純ヘルペスウイルスの感染防御にかかわる細胞性因子APOBEC1とSAMHD1 【ウイルス感染と免疫】 単純ヘルペスウイルスの感染防御にかかわる細胞性因子APOBEC1とSAMHD1 臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 268-274 臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 268-274 臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 268-274 2014/09 日本語 公開
竹内 潤子[柴田], 佐藤 佳, 三沢 尚子, 泉 泰輔, 小林 朋子, 木村 雄一, 岩見 真吾, 高折 晃史, Hu Wei-Shau, 合原 一幸, 伊藤 守, An Dong Sung, Pathak Vinay K., 小柳 義夫 竹内 潤子[柴田], 佐藤 佳, 三沢 尚子, 泉 泰輔, 小林 朋子, 木村 雄一, 岩見 真吾, 高折 晃史, Hu Wei-Shau, 合原 一幸, 伊藤 守, An Dong Sung, Pathak Vinay K., 小柳 義夫 竹内 潤子[柴田], 佐藤 佳, 三沢 尚子, 泉 泰輔, 小林 朋子, 木村 雄一, 岩見 真吾, 高折 晃史, Hu Wei-Shau, 合原 一幸, 伊藤 守, An Dong Sung, Pathak Vinay K., 小柳 義夫 HIV-1感染ヒト化マウスモデルを用いたAPOBEC3G/Fの機能解析 HIV-1感染ヒト化マウスモデルを用いたAPOBEC3G/Fの機能解析 HIV-1感染ヒト化マウスモデルを用いたAPOBEC3G/Fの機能解析 日本エイズ学会誌, 15, 4, 463-463 日本エイズ学会誌, 15, 4, 463-463 日本エイズ学会誌, 15, 4, 463-463 2013/11 日本語 公開
蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 蝦名 博貴, 三沢 尚子, 金村 優香, 小柳 義夫 基礎 感染機構、複製 ゲノム編集技術による潜伏HIVプロウイルスの制御と除去 基礎 感染機構、複製 ゲノム編集技術による潜伏HIVプロウイルスの制御と除去 基礎 感染機構、複製 ゲノム編集技術による潜伏HIVプロウイルスの制御と除去 日本エイズ学会誌, 15, 4, 382-382 日本エイズ学会誌, 15, 4, 382-382 日本エイズ学会誌, 15, 4, 382-382 2013/11 日本語 公開
小林 朋子, 小柳 義夫 小林 朋子, 小柳 義夫 小林 朋子, 小柳 義夫 【HIV感染症2013〜現状と展望〜】 抗HIV-1宿主因子研究の最前線 Tetherin & SAMHD1 【HIV感染症2013〜現状と展望〜】 抗HIV-1宿主因子研究の最前線 Tetherin & SAMHD1 【HIV感染症2013〜現状と展望〜】 抗HIV-1宿主因子研究の最前線 Tetherin & SAMHD1 血液フロンティア, 23, 6, 759-765 血液フロンティア, 23, 6, 759-765 血液フロンティア, 23, 6, 759-765 2013/05 日本語 公開
中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 阪脇 廣美, 三浦 智行, 五十嵐 樹彦, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 阪脇 廣美, 三浦 智行, 五十嵐 樹彦, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 中村 碧, 高原 悠佑, 松岡 佐織, 阪脇 廣美, 三浦 智行, 五十嵐 樹彦, 小柳 義夫, 成瀬 妙子, 木村 彰方, 俣野 哲朗 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384-384 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384-384 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384-384 2012/11 日本語 公開
佐藤佳,三沢尚子,福原充子,岩見真吾,Dong Sung An ,伊藤守,小柳義夫 佐藤佳,三沢尚子,福原充子,岩見真吾,Dong Sung An ,伊藤守,小柳義夫 佐藤 佳, 三沢 尚子, 福原 充子, 岩見 真吾, An Dong Sung, 伊藤 守, 小柳 義夫 生体内HIV-1複製におけるVpu の機能解析 生体内HIV-1複製におけるVpu の機能解析 生体内HIV-1複製におけるVpuの機能解析 第26 回日本エイズ学会学術集会、日吉. 2012 年11 月24 日, 14, 4, 333-333 第26 回日本エイズ学会学術集会、日吉. 2012 年11 月24 日, 14, 4, 333-333 日本エイズ学会誌, 14, 4, 333-333 2012/11 日本語 公開
小柳 義夫 小柳 義夫 小柳 義夫 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第3章)ウイルス、免疫とナノバイオ創薬 細胞性HIV抑制因子とその創薬展開 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第3章)ウイルス、免疫とナノバイオ創薬 細胞性HIV抑制因子とその創薬展開 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第3章)ウイルス、免疫とナノバイオ創薬 細胞性HIV抑制因子とその創薬展開 遺伝子医学MOOK, 20, 89-94 遺伝子医学MOOK, 20, 89-94 遺伝子医学MOOK, 20, 89-94 2012/01 日本語 公開
蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 HIV cDNA の可視化とライブイメージングの確立 HIV cDNA の可視化とライブイメージングの確立 HIV cDNA の可視化とライブイメージングの確立 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012年11 月13 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012年11 月13 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012年11 月13 日 2012 日本語 公開
佐藤挂,三沢尚子,佐藤賢文,松岡雅雄,伊藤守,小柳義夫 佐藤挂,三沢尚子,佐藤賢文,松岡雅雄,伊藤守,小柳義夫 佐藤挂,三沢尚子,佐藤賢文,松岡雅雄,伊藤守,小柳義夫 細胞特異的な耗促進作用による生体内HIV-1増殖亢進 細胞特異的な耗促進作用による生体内HIV-1増殖亢進 細胞特異的な耗促進作用による生体内HIV-1増殖亢進 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月14 日 \n 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月14 日 \n 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月14 日 \n 2012 日本語 公開
福原充子,佐藤佳,吉川禄助,宮沢孝幸,小柳義夫 福原充子,佐藤佳,吉川禄助,宮沢孝幸,小柳義夫 福原充子,佐藤佳,吉川禄助,宮沢孝幸,小柳義夫 ベータレトロウイルスの新規抗BST2活性 ベータレトロウイルスの新規抗BST2活性 ベータレトロウイルスの新規抗BST2活性 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月15 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月15 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月15 日 2012 日本語 公開
蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 蝦名博貴,金村優香,小柳義夫 生細胞におけるHIV cDNA の可視化とイメージング 生細胞におけるHIV cDNA の可視化とイメージング 生細胞におけるHIV cDNA の可視化とイメージング 第35回日本分子生物学会年会、福岡.2012 年12 月11 日 第35回日本分子生物学会年会、福岡.2012 年12 月11 日 第35回日本分子生物学会年会、福岡.2012 年12 月11 日 2012 日本語 公開
佐藤佳,三沢尚子,福原充子,岩見真吾,伊藤守,小柳義夫 佐藤佳,三沢尚子,福原充子,岩見真吾,伊藤守,小柳義夫 佐藤佳,三沢尚子,福原充子,岩見真吾,伊藤守,小柳義夫 ウイルス性膜タンパク質Vpu による生体内HIV-1 増殖促進作用 ウイルス性膜タンパク質Vpu による生体内HIV-1 増殖促進作用 ウイルス性膜タンパク質Vpu による生体内HIV-1 増殖促進作用 第35 回日本分子生物学会、福岡. 2012 年12 月 12 日 第35 回日本分子生物学会、福岡. 2012 年12 月 12 日 第35 回日本分子生物学会、福岡. 2012 年12 月 12 日 2012 日本語 公開
福原充子,岩見真吾,佐藤佳,小柳義夫 福原充子,岩見真吾,佐藤佳,小柳義夫 福原充子,岩見真吾,佐藤佳,小柳義夫 数理モデルを用いたエンテロウイルス71複製ダイナミクスの解析 数理モデルを用いたエンテロウイルス71複製ダイナミクスの解析 数理モデルを用いたエンテロウイルス71複製ダイナミクスの解析 第35 回日本分子生物学会、福岡.2012年12月11 日 第35 回日本分子生物学会、福岡.2012年12月11 日 第35 回日本分子生物学会、福岡.2012年12月11 日 2012 日本語 公開
岩見真吾, 佐藤佳, 小柳義夫 岩見真吾, 佐藤佳, 小柳義夫 岩見 真吾, 佐藤 佳, 小柳 義夫 培養細胞実験の数理モデリングを用いたウイルスダイナミクスにおけるVpr 機能の解明 培養細胞実験の数理モデリングを用いたウイルスダイナミクスにおけるVpr 機能の解明 培養細胞実験の数理モデリングを用いたウイルスダイナミクスにおけるVpr機能の解明 第25 回日本エイズ学会, 東京,2011 年12 月2 日, 13, 4, 471-471 第25 回日本エイズ学会, 東京,2011 年12 月2 日, 13, 4, 471-471 日本エイズ学会誌, 13, 4, 471-471 2011/11 日本語 公開
佐藤 佳, 三沢 尚子, 佐藤 賢文, 松岡 雅雄, 伊藤 守, 小柳 義夫 佐藤 佳, 三沢 尚子, 佐藤 賢文, 松岡 雅雄, 伊藤 守, 小柳 義夫 佐藤 佳, 三沢 尚子, 佐藤 賢文, 松岡 雅雄, 伊藤 守, 小柳 義夫 感染機構とその制御 急性感染期のHIV-1増殖における制御性T細胞とVprの寄与 感染機構とその制御 急性感染期のHIV-1増殖における制御性T細胞とVprの寄与 感染機構とその制御 急性感染期のHIV-1増殖における制御性T細胞とVprの寄与 日本エイズ学会誌, 13, 4, 331-331 日本エイズ学会誌, 13, 4, 331-331 日本エイズ学会誌, 13, 4, 331-331 2011/11 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 細胞性HIV 抑制因子 細胞性HIV 抑制因子 細胞性HIV 抑制因子 第2 回ナノバイオ創薬研究シンポジウム, 京都, 2011 年3 月5 日 第2 回ナノバイオ創薬研究シンポジウム, 京都, 2011 年3 月5 日 第2 回ナノバイオ創薬研究シンポジウム, 京都, 2011 年3 月5 日 2011 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 小さなウイルスがなぜ病気を起こすのか 小さなウイルスがなぜ病気を起こすのか 小さなウイルスがなぜ病気を起こすのか 第10回みちのくウイルス塾, 仙台 2011 年7 月16 日 第10回みちのくウイルス塾, 仙台 2011 年7 月16 日 第10回みちのくウイルス塾, 仙台 2011 年7 月16 日 2011 日本語 公開
小柳義夫, Peter Gee, 川口寧, 北山裕子, 安藤良徳 小柳義夫, Peter Gee, 川口寧, 北山裕子, 安藤良徳 小柳義夫, Peter Gee, 川口寧, 北山裕子, 安藤良徳 APOBEC1 によるHSV-1 DNA のediting と抗ウイルス効果 APOBEC1 によるHSV-1 DNA のediting と抗ウイルス効果 APOBEC1 によるHSV-1 DNA のediting と抗ウイルス効果 第18 回ヘルペス感染症フォーラム(JHIF) 札幌 2011 年8 月19 日 第18 回ヘルペス感染症フォーラム(JHIF) 札幌 2011 年8 月19 日 第18 回ヘルペス感染症フォーラム(JHIF) 札幌 2011 年8 月19 日 2011 日本語 公開
佐藤佳, 三沢尚子, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, 小柳義夫 ヒト化マウスモデルを用いたHIV-1 感染病態の解析 ヒト化マウスモデルを用いたHIV-1 感染病態の解析 ヒト化マウスモデルを用いたHIV-1 感染病態の解析 第25 回近畿エイズ研究会, 京都,2011 年6 月18 日 第25 回近畿エイズ研究会, 京都,2011 年6 月18 日 第25 回近畿エイズ研究会, 京都,2011 年6 月18 日 2011 日本語 公開
佐藤佳, 三沢尚子, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 伊藤守, 小柳義夫 急性感染期のHIV-1 増殖における制御性T 細胞とVpr の寄与 急性感染期のHIV-1 増殖における制御性T 細胞とVpr の寄与 急性感染期のHIV-1 増殖における制御性T 細胞とVpr の寄与 第25 回日本エイズ学会, WS1-006, 東京, 2011 年12 月2 日 第25 回日本エイズ学会, WS1-006, 東京, 2011 年12 月2 日 第25 回日本エイズ学会, WS1-006, 東京, 2011 年12 月2 日 2011 日本語 公開
蝦名博貴, 鈴木康嗣, 金村優香, 津村斐子, 小柳義夫 蝦名博貴, 鈴木康嗣, 金村優香, 津村斐子, 小柳義夫 蝦名 博貴, 鈴木 康嗣, 金村 優香, 津村 斐子, 小柳 義夫 細胞内DNA 修復システムによるレトロウイルスcDNA 組込み機能の代償 細胞内DNA 修復システムによるレトロウイルスcDNA 組込み機能の代償 細胞内DNA修復システムによるレトロウイルスcDNA組込み機能の代償 第33 回日本分子生物学会年会, 神戸,2010 年 12 月7 日- 10日, 83回・33回, 1P-0634 第33 回日本分子生物学会年会, 神戸,2010 年 12 月7 日- 10日, 83回・33回, 1P-0634 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 1P-0634 2010/12 日本語 公開
小林 朋子, 芳田 剛, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 小柳 義夫 小林 朋子, 芳田 剛, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 小柳 義夫 小林 朋子, 芳田 剛, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 小柳 義夫 HIV-1 Vpu相互作用および感受性に関与するヒトtetherin膜貫通領域のアミノ酸の同定(Identification of amino acids in the human tetherin transmembrane domain responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) HIV-1 Vpu相互作用および感受性に関与するヒトtetherin膜貫通領域のアミノ酸の同定(Identification of amino acids in the human tetherin transmembrane domain responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) HIV-1 Vpu相互作用および感受性に関与するヒトtetherin膜貫通領域のアミノ酸の同定(Identification of amino acids in the human tetherin transmembrane domain responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 2T11-1 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 2T11-1 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 2T11-1 2010/12 英語 公開
小林 朋子, 大出 裕高, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 佐藤 裕徳, 小柳 義夫 小林 朋子, 大出 裕高, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 佐藤 裕徳, 小柳 義夫 小林 朋子, 大出 裕高, 佐藤 佳, Gee Peter, 山元 誠司, 蝦名 博貴, 佐藤 裕徳, 小柳 義夫 ヒトtetherin膜貫通ドメインはHIV-1 Vpu相互作用と感受性の責任部位である(Human tetherin transmembrane domain is responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) ヒトtetherin膜貫通ドメインはHIV-1 Vpu相互作用と感受性の責任部位である(Human tetherin transmembrane domain is responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) ヒトtetherin膜貫通ドメインはHIV-1 Vpu相互作用と感受性の責任部位である(Human tetherin transmembrane domain is responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility) 日本エイズ学会誌, 12, 4, 380-380 日本エイズ学会誌, 12, 4, 380-380 日本エイズ学会誌, 12, 4, 380-380 2010/11 英語 公開
佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 佐藤 佳, 小柳 義夫 【ウイルス病原性の実態-その時、宿主で何が起きているのか】 HIV-1のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 【ウイルス病原性の実態-その時、宿主で何が起きているのか】 HIV-1のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 【ウイルス病原性の実態-その時、宿主で何が起きているのか】 HIV-1のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発 実験医学, 28, 18, 2961-2968 実験医学, 28, 18, 2961-2968 実験医学, 28, 18, 2961-2968 2010/11 日本語 公開
Kobayashi T, Ode H, Sato H, Koyanagi Y Kobayashi T, Ode H, Sato H, Koyanagi Y HIV Vpuの抗テザリン活性 HIV Vpuの抗テザリン活性 HIV-1 Vpu counteracts the antiviral factor tetherin/BST-2 by binding it in lipid bilayer. The 16th East Asia Joint Conference on Biomedical Research, Taipei, Taiwan, 2010 年7 月1 日-2 日 The 16th East Asia Joint Conference on Biomedical Research, Taipei, Taiwan, 2010 年7 月1 日-2 日 2010/10 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 HIV 増殖制御宿主因子:BST-2 の機能と構造 HIV 増殖制御宿主因子:BST-2 の機能と構造 HIV 増殖制御宿主因子:BST-2 の機能と構造 第12 回白馬シンポジウム, 徳島, 2010 年5 月14 日- 15 日 第12 回白馬シンポジウム, 徳島, 2010 年5 月14 日- 15 日 第12 回白馬シンポジウム, 徳島, 2010 年5 月14 日- 15 日 2010 日本語 公開
小柳義夫, 小林朋子 小柳義夫, 小林朋子 小柳義夫, 小林朋子 HIV のアクセサリー蛋白質Vpu とその阻害蛋白テザリン HIV のアクセサリー蛋白質Vpu とその阻害蛋白テザリン HIV のアクセサリー蛋白質Vpu とその阻害蛋白テザリン 第58 回 日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回 日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回 日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
蝦名博貴, 鈴木康嗣, 金村優香, 津村斐子, 小柳義夫 蝦名博貴, 鈴木康嗣, 金村優香, 津村斐子, 小柳義夫 蝦名博貴, 鈴木康嗣, 金村優香, 津村斐子, 小柳義夫 HIV cDNA のインテグラーゼ非依存性組込みとウイルス複製 HIV cDNA のインテグラーゼ非依存性組込みとウイルス複製 HIV cDNA のインテグラーゼ非依存性組込みとウイルス複製 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
佐藤佳, 岩見真吾, 三沢尚子, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 岩見真吾, 三沢尚子, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 岩見真吾, 三沢尚子, 伊藤守, 小柳義夫 ヒト化マウス末梢血によるDNA ラペリング系の確立-動物実験- ヒト化マウス末梢血によるDNA ラペリング系の確立-動物実験- ヒト化マウス末梢血によるDNA ラペリング系の確立-動物実験- 第20 回日本数理生物学会大会, 札幌, 2010 年9 月13 日-16 日 第20 回日本数理生物学会大会, 札幌, 2010 年9 月13 日-16 日 第20 回日本数理生物学会大会, 札幌, 2010 年9 月13 日-16 日 2010 日本語 公開
佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 高橋玲, 伊藤守, 高田賢蔵, 小柳 義夫 佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 高橋玲, 伊藤守, 高田賢蔵, 小柳 義夫 佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 佐藤賢文, 松岡雅雄, 高橋玲, 伊藤守, 高田賢蔵, 小柳 義夫 ヒト化マウスを用いたEBV 関連血球貪食性リンパ組織球症モデルマウスの確立 ヒト化マウスを用いたEBV 関連血球貪食性リンパ組織球症モデルマウスの確立 ヒト化マウスを用いたEBV 関連血球貪食性リンパ組織球症モデルマウスの確立 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島, 2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島, 2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島, 2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
小林朋子, 芳田剛, 佐藤佳, Peter Gee ,山元誠司, 蝦名博貴, 小柳義夫 小林朋子, 芳田剛, 佐藤佳, Peter Gee ,山元誠司, 蝦名博貴, 小柳義夫 小林朋子, 芳田剛, 佐藤佳, Peter Gee ,山元誠司, 蝦名博貴, 小柳義夫 HIV-1 Vpu 相互作用に必須なtetherin/Bst-2 膜貫通領域アミノ酸の同定 HIV-1 Vpu 相互作用に必須なtetherin/Bst-2 膜貫通領域アミノ酸の同定 HIV-1 Vpu 相互作用に必須なtetherin/Bst-2 膜貫通領域アミノ酸の同定 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
小柳 義夫, 佐藤 佳 小柳 義夫, 佐藤 佳 小柳 義夫, 佐藤 佳 テトラスパニンの生化学 その機能と疾患との関わりにおける新展開 HIV感染におけるテトラスパニンの意義 テトラスパニンの生化学 その機能と疾患との関わりにおける新展開 HIV感染におけるテトラスパニンの意義 テトラスパニンの生化学 その機能と疾患との関わりにおける新展開 HIV感染におけるテトラスパニンの意義 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 1S9p-3 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 1S9p-3 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 1S9p-3 2009/09 日本語 公開
小柳義夫, 佐藤佳 小柳義夫, 佐藤佳 小柳義夫, 佐藤佳 HIV 感染におけるテトラスパニンの意義 HIV 感染におけるテトラスパニンの意義 HIV 感染におけるテトラスパニンの意義 第82 回日本生化学会大会, シンポジウム, 神戸,2009 年10 月21-24 日 第82 回日本生化学会大会, シンポジウム, 神戸,2009 年10 月21-24 日 第82 回日本生化学会大会, シンポジウム, 神戸,2009 年10 月21-24 日 2009 日本語 公開
小柳 義夫 小柳 義夫 小柳 義夫 HIV-1 放出抑制分子BST-2 の解明 HIV-1 放出抑制分子BST-2 の解明 HIV-1 放出抑制分子BST-2 の解明 第50 回日本熱帯医学会大会、シンポジウム、 沖縄、2009 年10 月23-24 日 第50 回日本熱帯医学会大会、シンポジウム、 沖縄、2009 年10 月23-24 日 第50 回日本熱帯医学会大会、シンポジウム、 沖縄、2009 年10 月23-24 日 2009 日本語 公開
佐藤佳,三沢尚子,Chuanyi Nie ,高橋玲,伊藤守,葛島清隆,高田賢藏,小柳義夫 佐藤佳,三沢尚子,Chuanyi Nie ,高橋玲,伊藤守,葛島清隆,高田賢藏,小柳義夫 佐藤佳,三沢尚子,Chuanyi Nie ,高橋玲,伊藤守,葛島清隆,高田賢藏,小柳義夫 致死性EBV 感染症モデルマウスの作製と病態解析 致死性EBV 感染症モデルマウスの作製と病態解析 致死性EBV 感染症モデルマウスの作製と病態解析 第57 回日本ウイルス学会学術集会、 3WSA5 、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、 3WSA5 、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、 3WSA5 、東京、2009 年10 月25-27 日 2009 日本語 公開
山元誠司,大川克也,増田貴夫,森川裕子,小柳義夫,鈴木陽一 山元誠司,大川克也,増田貴夫,森川裕子,小柳義夫,鈴木陽一 山元誠司,大川克也,増田貴夫,森川裕子,小柳義夫,鈴木陽一 レトロウイルスインテグラーゼ結合腫因子Huwe1の同定とHIV-1感染における役割 レトロウイルスインテグラーゼ結合腫因子Huwe1の同定とHIV-1感染における役割 レトロウイルスインテグラーゼ結合腫因子Huwe1の同定とHIV-1感染における役割 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 2009 日本語 公開
小林朋子,芳田剛,佐藤佳,Peter Gee ,蝦名博貴,小柳義夫 小林朋子,芳田剛,佐藤佳,Peter Gee ,蝦名博貴,小柳義夫 小林朋子,芳田剛,佐藤佳,Peter Gee ,蝦名博貴,小柳義夫 Bst-2 とHIV-1 Vpu の相互作用メカニズムの解析 Bst-2 とHIV-1 Vpu の相互作用メカニズムの解析 Bst-2 とHIV-1 Vpu の相互作用メカニズムの解析 第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25 -27 日 第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25 -27 日 第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25 -27 日 2009 日本語 公開
蝦名博貴,小柳義夫 蝦名博貴,小柳義夫 蝦名博貴,小柳義夫 DNA 損傷部位へのインテグラーゼ非依存レトロウイルスDNA の遺伝子組込み機構 DNA 損傷部位へのインテグラーゼ非依存レトロウイルスDNA の遺伝子組込み機構 DNA 損傷部位へのインテグラーゼ非依存レトロウイルスDNA の遺伝子組込み機構 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年25-27 日 2009 日本語 公開
佐藤佳,山元誠司,三沢尚子,小柳義夫 佐藤佳,山元誠司,三沢尚子,小柳義夫 佐藤佳,山元誠司,三沢尚子,小柳義夫 異種動物細胞株を用いたヒトBST-2/Tetherin の 機能比較研究 異種動物細胞株を用いたヒトBST-2/Tetherin の 機能比較研究 異種動物細胞株を用いたヒトBST-2/Tetherin の 機能比較研究 第23 回日本エイズ学会学術集会、062-335 、名古屋、2009 年11 月26 -28 日 第23 回日本エイズ学会学術集会、062-335 、名古屋、2009 年11 月26 -28 日 第23 回日本エイズ学会学術集会、062-335 、名古屋、2009 年11 月26 -28 日 2009 日本語 公開
小柳義夫,佐藤佳 小柳義夫,佐藤佳 小柳義夫,佐藤佳 テトラスパニンによるレトロウイルス感染制御 テトラスパニンによるレトロウイルス感染制御 テトラスパニンによるレトロウイルス感染制御 第32 回日本分子生物学会年会、シンポジウム、横浜、2009 年12 月9-12 日 第32 回日本分子生物学会年会、シンポジウム、横浜、2009 年12 月9-12 日 第32 回日本分子生物学会年会、シンポジウム、横浜、2009 年12 月9-12 日 2009 日本語 公開
渡部匡史,鈴木陽一,宮澤正顯,小柳義夫 渡部匡史,鈴木陽一,宮澤正顯,小柳義夫 渡部匡史,鈴木陽一,宮澤正顯,小柳義夫 Rho GTPase family によるHIV-1 複製抑制 Rho GTPase family によるHIV-1 複製抑制 Rho GTPase family によるHIV-1 複製抑制 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日 2009 日本語 公開
鈴木康嗣,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽一 鈴木康嗣,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽一 鈴木康嗣,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽一 レトロウイルスゲノムの組み込み機能を阻害する細胞性キナーゼの同定とその作用機序の解析 レトロウイルスゲノムの組み込み機能を阻害する細胞性キナーゼの同定とその作用機序の解析 レトロウイルスゲノムの組み込み機能を阻害する細胞性キナーゼの同定とその作用機序の解析 第57 回日本ウイルス学会学術 集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術 集会、東京、2009 年10 月25-27 日 第57 回日本ウイルス学会学術 集会、東京、2009 年10 月25-27 日 2009 日本語 公開
山元誠司,大川克也,増田貴夫,森山裕子,小柳義夫,鈴木陽一 山元誠司,大川克也,増田貴夫,森山裕子,小柳義夫,鈴木陽一 山元誠司,大川克也,増田貴夫,森山裕子,小柳義夫,鈴木陽一 HIV-1 インテグレース 相互作用因子Huwe1によるHIV-1 の感染抑制 HIV-1 インテグレース 相互作用因子Huwe1によるHIV-1 の感染抑制 HIV-1 インテグレース 相互作用因子Huwe1によるHIV-1 の感染抑制 第23 回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2009 年11 月26-28 日 第23 回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2009 年11 月26-28 日 第23 回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2009 年11 月26-28 日 2009 日本語 公開
小柳義夫, 佐藤佳, 伊藤守 小柳義夫, 佐藤佳, 伊藤守 小柳義夫, 佐藤佳, 伊藤守 シンポジウム「ヒト血液幹細胞移植マウスのウイルス病原性解析への利用」 シンポジウム「ヒト血液幹細胞移植マウスのウイルス病原性解析への利用」 シンポジウム「ヒト血液幹細胞移植マウスのウイルス病原性解析への利用」 第56 回日本実験動物学会, 大宮,2009 年5 月14- 16 日 第56 回日本実験動物学会, 大宮,2009 年5 月14- 16 日 第56 回日本実験動物学会, 大宮,2009 年5 月14- 16 日 2009 日本語 公開
渡部匡史, 鈴木陽一, 宮澤正顯, 小柳義夫 渡部匡史, 鈴木陽一, 宮澤正顯, 小柳義夫 渡部匡史, 鈴木陽一, 宮澤正顯, 小柳義夫 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 産生抑制 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 産生抑制 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 産生抑制 第22 回日本エイズ学会学術集会総会、大阪、11月26-28 日,2008 第22 回日本エイズ学会学術集会総会、大阪、11月26-28 日,2008 第22 回日本エイズ学会学術集会総会、大阪、11月26-28 日,2008 2008/11/26 日本語 公開
Koyanagi Y. Koyanagi Y. HIV病原性 HIV病原性 HIV-1 pathogenesis: productive infection in CD4+ effecter memory T lymphocytes and CD4+ depletion in humanized mice 第11 回京都大学国際シンポジウム, 上海, 2008. 第11 回京都大学国際シンポジウム, 上海, 2008. 2008/09 英語 公開
Koyanagi, Y Koyanagi, Y Koyanagi, Y HIV and AIDS HIV and AIDS HIV and AIDS 日中数理生物学コロキュームシンポジウム, 岡山, 2008 日中数理生物学コロキュームシンポジウム, 岡山, 2008 日中数理生物学コロキュームシンポジウム, 岡山, 2008 2008/08 英語 公開
渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 増殖制御 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 増殖制御 Small GTPase Rac2 によるHIV-1 増殖制御 第56回日本ウイルス学会, 岡山, 2008 第56回日本ウイルス学会, 岡山, 2008 第56回日本ウイルス学会, 岡山, 2008 2008 日本語 公開
木康嗣, 小川加 子, 小柳義夫, 木 一 木康嗣, 小川加 子, 小柳義夫, 木 一 木康嗣, 小川加 子, 小柳義夫, 木 一 細胞性キナーゼVRK1 によるレトロウイ ルスインテグレーション機能の害とその分子メカニズム 細胞性キナーゼVRK1 によるレトロウイ ルスインテグレーション機能の害とその分子メカニズム 細胞性キナーゼVRK1 によるレトロウイ ルスインテグレーション機能の害とその分子メカニズム 第56 回日本ウイルス学会、岡山、2008 第56 回日本ウイルス学会、岡山、2008 第56 回日本ウイルス学会、岡山、2008 2008 日本語 公開
篠田康彦, 木 一, 田中勇悦, 小柳義夫 篠田康彦, 木 一, 田中勇悦, 小柳義夫 篠田康彦, 木 一, 田中勇悦, 小柳義夫 インターフェロンオメガ1によるHIV-1感染抑制機構の析 インターフェロンオメガ1によるHIV-1感染抑制機構の析 インターフェロンオメガ1によるHIV-1感染抑制機構の析 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
安藤良徳, 北山裕子, 小柳義夫 安藤良徳, 北山裕子, 小柳義夫 安藤良徳, 北山裕子, 小柳義夫 ウイルスに対する海組織の脆弱性にする研究 ウイルスに対する海組織の脆弱性にする研究 ウイルスに対する海組織の脆弱性にする研究 第 22 回日本エイズ学会、2008 第 22 回日本エイズ学会、2008 第 22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
小林朋子, 芳田剛, 淳, 小柳義夫 小林朋子, 芳田剛, 淳, 小柳義夫 小林朋子, 芳田剛, 淳, 小柳義夫 レンチウイルスベクターを用いた抗HIV 因 子のスクリーニングとその析 レンチウイルスベクターを用いた抗HIV 因 子のスクリーニングとその析 レンチウイルスベクターを用いた抗HIV 因 子のスクリーニングとその析 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
佐藤佳, Chuanyi Nie, 三沢尚子, 田中勇悦, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, Chuanyi Nie, 三沢尚子, 田中勇悦, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, Chuanyi Nie, 三沢尚子, 田中勇悦, 伊藤守, 小柳義夫 ヒト化マウスにおける HIV-1 感染指向性と持続感染細胞の同定 ヒト化マウスにおける HIV-1 感染指向性と持続感染細胞の同定 ヒト化マウスにおける HIV-1 感染指向性と持続感染細胞の同定 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 渡 匡史, 木 一, 宮澤正 , 小柳義夫 HIV-1 複製制御におけるSmall GTPase Rac2 の機能析 HIV-1 複製制御におけるSmall GTPase Rac2 の機能析 HIV-1 複製制御におけるSmall GTPase Rac2 の機能析 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
山元 司, 大川克也, 小川加 子, 増田 夫, 森川裕子, 小柳義夫, 木 一 山元 司, 大川克也, 小川加 子, 増田 夫, 森川裕子, 小柳義夫, 木 一 山元 司, 大川克也, 小川加 子, 増田 夫, 森川裕子, 小柳義夫, 木 一 TAP-MS 法によるインチグレース結合因子Huwel の同定とその析 TAP-MS 法によるインチグレース結合因子Huwel の同定とその析 TAP-MS 法によるインチグレース結合因子Huwel の同定とその析 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 第22 回日本エイズ学会、2008 2008 日本語 公開
佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 橋玲, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 橋玲, 伊藤守, 小柳義夫 佐藤佳, 三沢尚子, Chuanyi Nie, 橋玲, 伊藤守, 小柳義夫 EBV 感染モデルマウスの確 立と活性化CD8 +細胞の導 EBV 感染モデルマウスの確 立と活性化CD8 +細胞の導 EBV 感染モデルマウスの確 立と活性化CD8 +細胞の導 第38 回日本免疫学会総会、2008 第38 回日本免疫学会総会、2008 第38 回日本免疫学会総会、2008 2008 日本語 公開
Koyanagi Y. Koyanagi Y. VPRによる軸索形成阻害 VPRによる軸索形成阻害 HIV-1 viral protein R inhibits axon formation that leads to impaired repairment of synaptodendritic connections through induction of mitochondrial dysfunction. A lentiviral \ncDNA library employing lambda recombination used to clone an inhibitor of HIV-1- 14th East Asia symposium, Tokyo, 2007. 14th East Asia symposium, Tokyo, 2007. 2007 英語 公開
芳田剛,安藤良徳,小柳義夫 芳田剛,安藤良徳,小柳義夫 芳田剛,安藤良徳,小柳義夫 CXCR4 トラフィキング過程の可視化と遺伝子導入による HIV-1 感染阻害 CXCR4 トラフィキング過程の可視化と遺伝子導入による HIV-1 感染阻害 CXCR4 トラフィキング過程の可視化と遺伝子導入による HIV-1 感染阻害 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 2007 日本語 公開
北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 HIV-1 Vpr 誘導性ミトコンドリア機能障害による神経細胞軸索伸長の阻害 HIV-1 Vpr 誘導性ミトコンドリア機能障害による神経細胞軸索伸長の阻害 HIV-1 Vpr 誘導性ミトコンドリア機能障害による神経細胞軸索伸長の阻害 第55 回日本ウイルス学会、札幌、 2007. 第55 回日本ウイルス学会、札幌、 2007. 第55 回日本ウイルス学会、札幌、 2007. 2007 日本語 公開
小柳義夫,三沢尚子,北山裕子,佐藤佳,渡部匡史,Johnny Chuanyi Nie ,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,北山裕子,佐藤佳,渡部匡史,Johnny Chuanyi Nie ,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,北山裕子,佐藤佳,渡部匡史,Johnny Chuanyi Nie ,伊藤守 HIV-1 感染ヒト造血細胞移植マウス内に維持される長期高ウイルス血症 HIV-1 感染ヒト造血細胞移植マウス内に維持される長期高ウイルス血症 HIV-1 感染ヒト造血細胞移植マウス内に維持される長期高ウイルス血症 第55 回日本ウイル ス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイル ス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイル ス学会、札幌、2007 2007 日本語 公開
安藤良徳,北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 安藤良徳,北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 安藤良徳,北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 HSV-1 感染による中枢神経組織障害 の経時的解析 HSV-1 感染による中枢神経組織障害 の経時的解析 HSV-1 感染による中枢神経組織障害 の経時的解析 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007 2007 日本語 公開
北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 北山裕子,安藤良徳,三浦義治,星野重樹,石坂幸入,小柳義夫 HIV 感染による認知障 害機構:Vpr によるミトコンドリア機能障害による神経前駆細胞分化抑制 HIV 感染による認知障 害機構:Vpr によるミトコンドリア機能障害による神経前駆細胞分化抑制 HIV 感染による認知障 害機構:Vpr によるミトコンドリア機能障害による神経前駆細胞分化抑制 第21 回日 本エイズ学会、広島、2007. 第21 回日 本エイズ学会、広島、2007. 第21 回日 本エイズ学会、広島、2007. 2007 日本語 公開
芳田剛, 河野祐治, 安藤良徳,佐藤佳, 駒野淳,三浦義治, 田中勇悦, 小柳 義夫 芳田剛, 河野祐治, 安藤良徳,佐藤佳, 駒野淳,三浦義治, 田中勇悦, 小柳 義夫 芳田剛, 河野祐治, 安藤良徳,佐藤佳, 駒野淳,三浦義治, 田中勇悦, 小柳 義夫 受容体分子の表面発現を輸送小胞レベルで調節する機構;HIV のコレセプター分子の細胞質膜発現を調節する 受容体分子の表面発現を輸送小胞レベルで調節する機構;HIV のコレセプター分子の細胞質膜発現を調節する 受容体分子の表面発現を輸送小胞レベルで調節する機構;HIV のコレセプター分子の細胞質膜発現を調節する 第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 2007 日本語 公開
佐藤佳,山元誠司,小柳義夫 佐藤佳,山元誠司,小柳義夫 佐藤佳,山元誠司,小柳義夫 HIV-1 の粒子産生過程におけるRal GTPase の機能解析 HIV-1 の粒子産生過程におけるRal GTPase の機能解析 HIV-1 の粒子産生過程におけるRal GTPase の機能解析 第 30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 第 30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 第 30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007 2007 日本語 公開
篠田康彦, 田中勇悦, 鈴木陽一, 三浦義治, 小柳義夫 篠田康彦, 田中勇悦, 鈴木陽一, 三浦義治, 小柳義夫 篠田康彦, 田中勇悦, 鈴木陽一, 三浦義治, 小柳義夫 インターフェロンオメガ1による HIV-1感染抑制 インターフェロンオメガ1による HIV-1感染抑制 インターフェロンオメガ1による HIV-1感染抑制 第55 回日本ウイルス学会, 札幌, 2007 年10月21-23 日 第55 回日本ウイルス学会, 札幌, 2007 年10月21-23 日 第55 回日本ウイルス学会, 札幌, 2007 年10月21-23 日 2007 日本語 公開
鈴木陽一, 武内寛明, 小柳義夫 鈴木陽一, 武内寛明, 小柳義夫 鈴木陽一, 武内寛明, 小柳義夫 Non-stimulated PBMC において増殖するHIV-1の分離と その性状の解析 Non-stimulated PBMC において増殖するHIV-1の分離と その性状の解析 Non-stimulated PBMC において増殖するHIV-1の分離と その性状の解析 第21回日本エイズ学会学術集会・総会, 広島, 2007 年11 月28-30 日 第21回日本エイズ学会学術集会・総会, 広島, 2007 年11 月28-30 日 第21回日本エイズ学会学術集会・総会, 広島, 2007 年11 月28-30 日 2007 日本語 公開
佐藤佳, 青木淳, 大黒恵理子, 佐野浩一, 田中勇悦, 小柳義夫. 佐藤佳, 青木淳, 大黒恵理子, 佐野浩一, 田中勇悦, 小柳義夫. 佐藤佳, 青木淳, 大黒恵理子, 佐野浩一, 田中勇悦, 小柳義夫. 宿主因子の過剰発現によるHIV-1 Env タンパク質のビリオンヘの取り込み抑制 宿主因子の過剰発現によるHIV-1 Env タンパク質のビリオンヘの取り込み抑制 宿主因子の過剰発現によるHIV-1 Env タンパク質のビリオンヘの取り込み抑制 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 2006 日本語 公開
北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 星野重樹, 石坂幸入, 小柳義夫 北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 星野重樹, 石坂幸入, 小柳義夫 北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 星野重樹, 石坂幸入, 小柳義夫 エイズ脳症における神経細 胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 エイズ脳症における神経細 胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 エイズ脳症における神経細 胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 近畿エイズ研究会, 大阪, 2006. 2006 日本語 公開
Kitayama H, Miura Y, Ando Y, Hoshino S, Ishizaka Y, Koyanagi Y. Kitayama H, Miura Y, Ando Y, Hoshino S, Ishizaka Y, Koyanagi Y. HIV感染による神経細胞軸索形成障害 HIV感染による神経細胞軸索形成障害 The axon outgrowth of neuron was inhibited by HIV-1 infected macrophage. 13th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Seoul, 2006. 13th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Seoul, 2006. 2006 英語 公開
北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 川口寧, 小柳義夫 北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 川口寧, 小柳義夫 北山裕子, 三浦義治, 安藤良徳, 川口寧, 小柳義夫 抗HSV 作用を有する脳内宿主因子の解 析一潜伏感染への関与 抗HSV 作用を有する脳内宿主因子の解 析一潜伏感染への関与 抗HSV 作用を有する脳内宿主因子の解 析一潜伏感染への関与 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷, 2006 年 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷, 2006 年 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷, 2006 年 2006 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 HIV と宿主の相制: 感染モデルからの解析 HIV と宿主の相制: 感染モデルからの解析 HIV と宿主の相制: 感染モデルからの解析 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 2006 日本語 公開
芳田剛, 小柳義夫 芳田剛, 小柳義夫 芳田剛, 小柳義夫 HIV-1 感染抑制因子の単離. HIV-1 感染抑制因子の単離. HIV-1 感染抑制因子の単離. 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都 2006 日本語 公開
星野重樹, 孫賓蓮, 古西満, 小柳義夫, 石坂幸入 星野重樹, 孫賓蓮, 古西満, 小柳義夫, 石坂幸入 星野重樹, 孫賓蓮, 古西満, 小柳義夫, 石坂幸入 HIV-1 Vpr のウイルス再活性における役割 HIV-1 Vpr のウイルス再活性における役割 HIV-1 Vpr のウイルス再活性における役割 第 54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006 第 54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006 第 54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006 2006 日本語 公開
篠田康彦, 田中勇悦, 三浦義治, 鈴木陽一, 小柳義夫. 篠田康彦, 田中勇悦, 三浦義治, 鈴木陽一, 小柳義夫. 篠田康彦, 田中勇悦, 三浦義治, 鈴木陽一, 小柳義夫. CCR5 指向性HIV-1 感染防御因子(CD4 因子) 産生細胞株に特異的な発現遺伝子の探索 CCR5 指向性HIV-1 感染防御因子(CD4 因子) 産生細胞株に特異的な発現遺伝子の探索 CCR5 指向性HIV-1 感染防御因子(CD4 因子) 産生細胞株に特異的な発現遺伝子の探索 第54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006. 第54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006. 第54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006. 2006 日本語 公開
北山裕子,三浦義治,安藤良徳,星野重樹,石坂幸人,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,安藤良徳,星野重樹,石坂幸人,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,安藤良徳,星野重樹,石坂幸人,小柳義夫 fflV-1 感染マクロファージに よる神経細胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 fflV-1 感染マクロファージに よる神経細胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 fflV-1 感染マクロファージに よる神経細胞の軸索伸張障害メカニズムの解析 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 2006 日本語 公開
安藤良徳,三浦義治,北山裕子,岡田広司,川口寧,小柳義夫 安藤良徳,三浦義治,北山裕子,岡田広司,川口寧,小柳義夫 安藤良徳,三浦義治,北山裕子,岡田広司,川口寧,小柳義夫 HSV-1 に感染したラット脳海馬 スライス培養系における神経系細胞の解析 HSV-1 に感染したラット脳海馬 スライス培養系における神経系細胞の解析 HSV-1 に感染したラット脳海馬 スライス培養系における神経系細胞の解析 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 2006 日本語 公開
小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 HIV 感染モデル動物としてのヒト造血細胞移植SCID マ ウスの開発 HIV 感染モデル動物としてのヒト造血細胞移植SCID マ ウスの開発 HIV 感染モデル動物としてのヒト造血細胞移植SCID マ ウスの開発 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006 2006 日本語 公開
佐藤佳,青木淳,大黒恵理子,佐野浩二田中勇悦,小柳義夫 佐藤佳,青木淳,大黒恵理子,佐野浩二田中勇悦,小柳義夫 佐藤佳,青木淳,大黒恵理子,佐野浩二田中勇悦,小柳義夫 テトラスパニン分子の過剰発現 によるHIV-1 の感染価抑制. テトラスパニン分子の過剰発現 によるHIV-1 の感染価抑制. テトラスパニン分子の過剰発現 によるHIV-1 の感染価抑制. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006. 2006 日本語 公開
小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 小柳義夫,三沢尚子,佐藤佳,伊藤守 新規HIV 感染小動物モデルの開発: ヒト造血細胞移植 SCID マウス 新規HIV 感染小動物モデルの開発: ヒト造血細胞移植 SCID マウス 新規HIV 感染小動物モデルの開発: ヒト造血細胞移植 SCID マウス 第20 回日本エイズ学会、東京、2006 第20 回日本エイズ学会、東京、2006 第20 回日本エイズ学会、東京、2006 2006 日本語 公開
芳田剛,河野祐治,佐藤佳,安藤良徳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,佐藤佳,安藤良徳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,佐藤佳,安藤良徳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 CXCR4 の細胞質膜移 行を制御する分子 CXCR4 の細胞質膜移 行を制御する分子 CXCR4 の細胞質膜移 行を制御する分子 分子生物学フォーラム、名古屋. 2006. 分子生物学フォーラム、名古屋. 2006. 分子生物学フォーラム、名古屋. 2006. 2006 日本語 公開
安藤良徳,芳田剛,小柳義夫 安藤良徳,芳田剛,小柳義夫 安藤良徳,芳田剛,小柳義夫 融合蛋白質標識法を用いた細胞膜受容体分子CXCR4 の細胞内ト ラフィッキング解析 融合蛋白質標識法を用いた細胞膜受容体分子CXCR4 の細胞内ト ラフィッキング解析 融合蛋白質標識法を用いた細胞膜受容体分子CXCR4 の細胞内ト ラフィッキング解析 分子生物学フォーラム、名古屋、2006 分子生物学フォーラム、名古屋、2006 分子生物学フォーラム、名古屋、2006 2006 日本語 公開
山元誠司,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽二 山元誠司,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽二 山元誠司,小川加那子,小柳義夫,鈴木陽二 Tandem affinity purification 法によるレトロウイル スキャプシド結合腫因子の探索 Tandem affinity purification 法によるレトロウイル スキャプシド結合腫因子の探索 Tandem affinity purification 法によるレトロウイル スキャプシド結合腫因子の探索 分子生物学フォーラム. 名古屋. 2006. 分子生物学フォーラム. 名古屋. 2006. 分子生物学フォーラム. 名古屋. 2006. 2006 日本語 公開
三浦義治,小柳義夫 三浦義治,小柳義夫 三浦義治,小柳義夫 HIV encephalopathy HIV encephalopathy HIV encephalopathy 第46回日本神経学会総会、鹿児島、2005 第46回日本神経学会総会、鹿児島、2005 第46回日本神経学会総会、鹿児島、2005 2005 日本語 公開
三浦義治,北山裕子,三沢尚子,岡田広司,青木淳,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,三沢尚子,岡田広司,青木淳,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,三沢尚子,岡田広司,青木淳,小柳義夫 実験小動物を用いたエイ ズ脳症の研究 実験小動物を用いたエイ ズ脳症の研究 実験小動物を用いたエイ ズ脳症の研究 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都 2005 日本語 公開
三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 神経幹細胞における単純ヘ ルペスウイルス感染動態の解析 神経幹細胞における単純ヘ ルペスウイルス感染動態の解析 神経幹細胞における単純ヘ ルペスウイルス感染動態の解析 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 2005 日本語 公開
三浦義治,北山裕子,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,小柳義夫 HIV 感染マクロファージによる中枢神経系未分化細胞群の障害 HIV 感染マクロファージによる中枢神経系未分化細胞群の障害 HIV 感染マクロファージによる中枢神経系未分化細胞群の障害 第10回日本感染症学会、東京、2005 第10回日本感染症学会、東京、2005 第10回日本感染症学会、東京、2005 2005 日本語 公開
北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 中枢神経系組織内において抗HSV 効果を発揮 する宿主因子の網羅的解析 中枢神経系組織内において抗HSV 効果を発揮 する宿主因子の網羅的解析 中枢神経系組織内において抗HSV 効果を発揮 する宿主因子の網羅的解析 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005 2005 日本語 公開
北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,川口寧,小柳義夫 中枢神経組織内における抗HSV 因子の探索 中枢神経組織内における抗HSV 因子の探索 中枢神経組織内における抗HSV 因子の探索 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
青木淳,小柳義夫 青木淳,小柳義夫 青木淳,小柳義夫 CXCR4 を標的としたsiRNA 発現レンチウイルスベクターを用いた悪 性腫瘍の遺伝子治療 CXCR4 を標的としたsiRNA 発現レンチウイルスベクターを用いた悪 性腫瘍の遺伝子治療 CXCR4 を標的としたsiRNA 発現レンチウイルスベクターを用いた悪 性腫瘍の遺伝子治療 第64 回日本癌学会、札幌、2005 第64 回日本癌学会、札幌、2005 第64 回日本癌学会、札幌、2005 2005 日本語 公開
青木淳,佐藤佳,佐野浩一,大黒恵理子,小柳義夫 青木淳,佐藤佳,佐野浩一,大黒恵理子,小柳義夫 青木淳,佐藤佳,佐野浩一,大黒恵理子,小柳義夫 CD63 過剰発現によるHIV-1 粒子の感染性抑制 CD63 過剰発現によるHIV-1 粒子の感染性抑制 CD63 過剰発現によるHIV-1 粒子の感染性抑制 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
青木淳,佐藤佳,大黒恵理子,佐野浩一,小柳義夫 青木淳,佐藤佳,大黒恵理子,佐野浩一,小柳義夫 青木淳,佐藤佳,大黒恵理子,佐野浩一,小柳義夫 テトラスパニン分子によるHIV-1 粒 子の感染性抑制 テトラスパニン分子によるHIV-1 粒 子の感染性抑制 テトラスパニン分子によるHIV-1 粒 子の感染性抑制 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 2005 日本語 公開
芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 抗HIV 因子の単離 抗HIV 因子の単離 抗HIV 因子の単離 CXCR4 細胞膜移行阻害分子の同定.第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 CXCR4 細胞膜移行阻害分子の同定.第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 CXCR4 細胞膜移行阻害分子の同定.第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 芳田剛,河野祐治,青木淳,三浦義治,田中勇悦,小柳義夫 特定の細胞膜表面分子に対 する細胞膜移行阻止因子の単離:CXCR4 発現阻止因子 特定の細胞膜表面分子に対 する細胞膜移行阻止因子の単離:CXCR4 発現阻止因子 特定の細胞膜表面分子に対 する細胞膜移行阻止因子の単離:CXCR4 発現阻止因子 第28 回日本分子生物学会、 福岡、2005 第28 回日本分子生物学会、 福岡、2005 第28 回日本分子生物学会、 福岡、2005 2005 日本語 公開
篠田康彦,稗田訓子,小柳義夫 篠田康彦,稗田訓子,小柳義夫 篠田康彦,稗田訓子,小柳義夫 薬剤誘導性発現レンチウイルスベクターの開発 薬剤誘導性発現レンチウイルスベクターの開発 薬剤誘導性発現レンチウイルスベクターの開発 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
安藤良徳. 芳田剛. 小柳義夫 安藤良徳. 芳田剛. 小柳義夫 安藤良徳. 芳田剛. 小柳義夫 生細胞における CXCR4 分子のイメージング解析 生細胞における CXCR4 分子のイメージング解析 生細胞における CXCR4 分子のイメージング解析 第53 回 日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回 日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回 日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
佐藤佳,青木淳,北山裕子,小柳義夫 佐藤佳,青木淳,北山裕子,小柳義夫 佐藤佳,青木淳,北山裕子,小柳義夫 がん細胞転移抑制性レンチウイルスベクターの開 発 がん細胞転移抑制性レンチウイルスベクターの開 発 がん細胞転移抑制性レンチウイルスベクターの開 発 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005 2005 日本語 公開
星野重樹,志村まり,田口崇,小柳義夫,石坂幸人 星野重樹,志村まり,田口崇,小柳義夫,石坂幸人 星野重樹,志村まり,田口崇,小柳義夫,石坂幸人 HIV-1 潜伏感染細胞からのウイルス 再産生におけるVprの機能 HIV-1 潜伏感染細胞からのウイルス 再産生におけるVprの機能 HIV-1 潜伏感染細胞からのウイルス 再産生におけるVprの機能 第28 回日本分子生物学会、福岡、2005 第28 回日本分子生物学会、福岡、2005 第28 回日本分子生物学会、福岡、2005 2005 日本語 公開
Miyazato Paola,安永純一朗,小柳義夫,満屋裕明,松岡雅雄 Miyazato Paola,安永純一朗,小柳義夫,満屋裕明,松岡雅雄 Miyazato Paola,安永純一朗,小柳義夫,満屋裕明,松岡雅雄 免疫不全マウスを用いた HTLV-I 初期感染モデルの確立 免疫不全マウスを用いた HTLV-I 初期感染モデルの確立 免疫不全マウスを用いた HTLV-I 初期感染モデルの確立 第64 回日本癌学会学術総会、札幌、2005 年9 月14-16 日 第64 回日本癌学会学術総会、札幌、2005 年9 月14-16 日 第64 回日本癌学会学術総会、札幌、2005 年9 月14-16 日 2005 日本語 公開
三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 三浦義治,青木淳,北山裕子,佐野浩一,川口寧,小柳義夫 神経幹細胞は単純ヘルペスウイルス1型感染細胞として重要である 神経幹細胞は単純ヘルペスウイルス1型感染細胞として重要である 神経幹細胞は単純ヘルペスウイルス1型感染細胞として重要である 第10回日本感染症学会、東京、2005 第10回日本感染症学会、東京、2005 第10回日本感染症学会、東京、2005 2005 日本語 公開
三浦義治,北山裕子,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,小柳義夫 三浦義治,北山裕子,小柳義夫 HIV 脳症における中枢神経系未分化細胞群関与の検討 HIV 脳症における中枢神経系未分化細胞群関与の検討 HIV 脳症における中枢神経系未分化細胞群関与の検討 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 第19 回日本エイズ学会、熊本、2005 2005 日本語 公開
北山裕子,三浦義治,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,小柳義夫 北山裕子,三浦義治,小柳義夫 ラット脳海馬スライス培養系を用いたエイズ脳症の病態解析 ラット脳海馬スライス培養系を用いたエイズ脳症の病態解析 ラット脳海馬スライス培養系を用いたエイズ脳症の病態解析 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都、2005 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都、2005 第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都、2005 日本語 公開
三浦義治 安藤良徳 北山裕子 佐野浩一 川口寧 小柳義夫 三浦義治 安藤良徳 北山裕子 佐野浩一 川口寧 小柳義夫 三浦義治 安藤良徳 北山裕子 佐野浩一 川口寧 小柳義夫 単純ヘルペスウイルス1 型に感染したneurosphere 形成培養系の解析 単純ヘルペスウイルス1 型に感染したneurosphere 形成培養系の解析 単純ヘルペスウイルス1 型に感染したneurosphere 形成培養系の解析 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷 第21 回ヘルペス研究会, 白川郷 日本語 公開
小柳義夫 小柳義夫 小柳義夫 HIV-1 感染ヒト造血マウス HIV-1 感染ヒト造血マウス HIV-1 感染ヒト造血マウス 第31 回阿蘇シンポジウム、熊本 第31 回阿蘇シンポジウム、熊本 第31 回阿蘇シンポジウム、熊本 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Molecular dissection of HIV infection event[招待あり] Molecular dissection of HIV infection event [招待あり] Molecular dissection of HIV infection event [招待あり] 2 nd JSPS Core to Core International Symposium, subtitled (Infection Immunity) x Evolution, 2 nd JSPS Core to Core International Symposium, subtitled (Infection Immunity) x Evolution, 2 nd JSPS Core to Core International Symposium, subtitled (Infection Immunity) x Evolution, 2019/03/06 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
HIV-1 pathogenesis study using humanized mice[招待あり] HIV-1 pathogenesis study using humanized mice [招待あり] HIV-1 pathogenesis study using humanized mice [招待あり] 30th International Workshop on Retroviral Pathogenesis 30th International Workshop on Retroviral Pathogenesis 30th International Workshop on Retroviral Pathogenesis 2018/10/09 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
エイズウイルス研究の始まりと現在, HIVカンファレンス[招待あり] エイズウイルス研究の始まりと現在, HIVカンファレンス [招待あり] エイズウイルス研究の始まりと現在, HIVカンファレンス [招待あり] HIVカンファレンス HIVカンファレンス HIVカンファレンス 2017/12/08 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Regional prevalence of HIV-1 adjustment to APOBEC3H variants revealed from wet/dry investigations[招待あり] Regional prevalence of HIV-1 adjustment to APOBEC3H variants revealed from wet/dry investigations [招待あり] Regional prevalence of HIV-1 adjustment to APOBEC3H variants revealed from wet/dry investigations [招待あり] 第18回熊本エイズセミナー 第18回熊本エイズセミナー 2017/10/30 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
エイズウイルスの過去と現在 エイズウイルスの過去と現在 エイズウイルスの過去と現在 第12回ウイルス・再生医科学研究所公開講演会 第12回ウイルス・再生医科学研究所公開講演会 第12回ウイルス・再生医科学研究所公開講演会 2017/07/15 日本語 口頭発表(基調) 公開
レトロウイルスと宿主の相克[招待あり] レトロウイルスと宿主の相克 [招待あり] レトロウイルスと宿主の相克 [招待あり] 大阪大学微研アドバンストセミナー 大阪大学微研アドバンストセミナー 大阪大学微研アドバンストセミナー 2017/04/14 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
HIVと宿主制御因子の相互作用解析に基づくウイルス感染拡大様式の解明[招待あり] HIVと宿主制御因子の相互作用解析に基づくウイルス感染拡大様式の解明 [招待あり] HIVと宿主制御因子の相互作用解析に基づくウイルス感染拡大様式の解明 [招待あり] 北海道大学遺伝子病制御研究所「感染、免疫、がん、炎症」研究集会 北海道大学遺伝子病制御研究所「感染、免疫、がん、炎症」研究集会 北海道大学遺伝子病制御研究所「感染、免疫、がん、炎症」研究集会 2017/03/14 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
Humanized Mice for HIV Research Humanized Mice for HIV Research Humanized Mice for HIV Research Springer Springer Springer 2015/02 共編者 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第14回日本エイズ学会学会賞(シミック賞) CMIC prize 日本エイズ学会 The Japanese Society for AIDS Research 2017/11/25
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
第22回日本エイズ学会学術集会 日本エイズ学会 2008/11/26
第66回日本ウイルス学会学術集会 日本ウイルス学会学術集会 2018/10/28
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 ウイルスエンベロープ形成とウイルス伝播を制御する細胞性膜分子の機能解析研究 Envelop formation and regulation in HIV infection by host membrane protein 2009〜2011
特定領域研究 代表 レトロウイルス(HIV、その他)の増殖・生活環および病原性発現機構の研究 Study of replication, life cycle, and pathogenesis of retrovirus (HIV) 2006〜2010
挑戦的萌芽 代表 抗 HIV 新規restriction factorの探索 Investigation of novel anti- HIV restriction factor 2011〜2012
基盤研究(S) 分担 ヒト化NOGマウスを基盤とした個別医療に対応するヒト型実験システムの開発 分担 Humanized mice system based upon NOG mice 2010〜2011
基盤研究(B) 代表 ヒト化マウス解析法によるヒト血液病原性ウイルスの増殖と宿主応答メカニズムの解明  Analysis of viral infection and innate immune responses using humanized mice 2012/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 分担 ウイルス-宿主攻防の数理科学解析 Mathmatical analysis of virus and host interraction 2012〜2015
特別研究員奨励費 代表 コアラレトロウィルスの内在化過程の解明 Analysis of endogenization processes of Koala retrovirus 2013〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 ゲノム編集法の応用によるヒト血液幹細胞遺伝子治療モデルの開発 (平成26年度分) Development of gene therapy system by genome editing technology 2014/04/01〜2015/03/31
特別研究員奨励費 代表 コアラレトロウィルスの内在化過程の解明 (平成26年度分) Analysis of endogenization processes of Koala retrovirus 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 ヒト化マウス解析法によるヒト血液病原性ウイルスの増殖と宿主応答メカニズムの解明 (平成26年度分) Analysis of viral infection and innate immune responses using humanized mice 2014/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ゲノム編集法の応用によるヒト血液幹細胞遺伝子治療モデルの開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
厚生労働省エイズ対策費 横田泰子 HIV感染病態に関わる宿主因子および免疫応答の解明 Host factors and immune responses in HIV infection 2009〜2011
厚生労働省新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業 清水博之 エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 Collaboration research for enterovirus regulation 2010〜2011
創薬基盤推進研究事業 田中勇悦 ヒト免疫機構を構築した新規「ヒト化マウス」を用いたエイズワクチン・治療薬評価系の開発 Development of HIV vaccine and anti-HIV drug evaluation system by humanized mice 2008〜2010
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
微生物学 通年 医学部 2011/04〜2012/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部 2012/04〜2013/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2013/04〜2014/03
微生物学2(ウイルス学) Microbiology 2 (Virology) 後期 薬学部 2013/04〜2014/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2014/04〜2015/03
微生物学2(ウイルス学) Microbiology 2 (Virology) 後期 薬学部 2014/04〜2015/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学特論I Advanced Basic Biological Chemistry I 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2015/04〜2016/03
微生物学2(ウイルス学) Microbiology 2 (Virology) 後期 薬学部 2015/04〜2016/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2016/04〜2017/03
感染防御学1 Infection and Host Defense 1 前期 薬学部 2016/04〜2017/03
感染防御学2 Infection and Host Defense 2 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
創薬生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences for Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2017/04〜2018/03
感染防御学1 Infection and Host Defense 1 前期 薬学部 2017/04〜2018/03
感染防御学2 Infection and Host Defense 2 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
創薬生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences for Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
感染症学I Infectious disease medicine I 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04〜2019/03
感染防御学1 Infection and Host Defense 1 前期 薬学部 2018/04〜2019/03
感染防御学2 Infection and Host Defense 2 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
創薬生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences for Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
感染症学II Infectious disease medicine II 前期前半 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
感染症学I Infectious disease medicine I 後期 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
感染防御学II(免疫学・ウイルス学) Infection and Host Defense II (Immunology and Virology) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
感染防御学1 Infection and Host Defense 1 前期 薬学部 2019/04〜2020/03
感染防御学2 Infection and Host Defense 2 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
感染防御学I(微生物・ウイルス学) Infection and Host Defense I (Microbiology and Virology) 前期 薬学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
大阪医科大学 2019/04/01〜2020/03/31
島根大学 医学部 2019/04/01〜2020/03/31
全学運営(役職等)
役職名 期間
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2008/04/01〜2010/03/31
人事審査委員会 委員 2014/04/01〜2014/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
吉田寮整備委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
大学評価委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
教育研究評議会 評議員 2014/04/01〜2016/03/31
ウイルス研究所 所長 2014/04/01〜2016/09/30
部局長会議 2014/04/01〜2016/03/31
京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員 2014/09/01〜2016/08/31
財務委員会 委員 2014/10/01〜2016/09/30
京都大学研究公正委員会 委員 2015/03/01〜
全学情報セキュリティ委員会 委員 2015/04/01〜
京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員 2014/09/01〜2016/08/31
教育研究評議会 評議員 2014/04/01〜2018/03/31
部局長会議 2014/04/01〜2018/03/31
ウイルス学系長 2016/04/01〜2016/09/30
研究倫理・安全推進委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
研究倫理・安全推進委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
研究公正委員会 委員 2015/03/01〜2016/09/30
研究連携基盤長 2017/04/01〜2018/03/31
教育研究評議会 評議員 2016/04/01〜2016/09/30
研究公正委員会 委員 2018/04/01〜
総合技術部委員会 委員 2018/04/01〜2018/09/30
教育研究評議会 評議員 2014/04/01〜2016/09/30
教育研究評議会 評議員 2018/04/01〜2020/03/31
施設整備委員会 3号委員 2018/04/01〜2018/09/30
部局長会議 2014/04/01〜2016/09/30
部局長会議 2018/04/01〜2020/03/31
人事制度検討会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
ウイルス・再生医科学研究所 所長 2018/04/01〜2020/03/31
ウイルス・再生医科学系長 2018/04/01〜2020/03/31
情報環境整備委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
人事審査委員会 委員 2018/04/01〜2019/03/31
医学研究科先端研究基盤共用促進事業検討WG 2018/04/01〜2020/03/31
病原体等アドバイザー 2017/04/01〜2019/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
研究公正委員会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
研究倫理・安全推進委員会 委員 2019/04/01〜2021/03/31
基金運営委員会 委員 2018/10/01〜2020/09/30
人事審査委員会 委員 2018/04/01〜2019/03/31
総合技術部委員会 委員 2018/04/01〜2020/09/30

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
ウイルス研究所附属エイズ研究施設長 2008/04/01〜2010/03/31
ウイルス研究所附属ヒトレトロウイルス研究施設長 2010/04/01〜2012/03/31
ウイルス研究所附属新興ウイルス感染症研究センター長 2006/04/01〜2010/03/31
ウイルス研究所附属新興ウイルス研究センター長 2010/04/01〜2012/03/31
ウイルス研究所副所長 2011/04/01〜2012/03/31
教育委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
職員等配置検討委員会 委員長 2011/04/01〜2012/03/31
兼業審査委員会 委員 2010/14/01〜2012/03/31
自己点検・評価委員会 委員長 2011/04/01〜2012/03/31
人権委員会 委員 2011/04/01〜2012/03/31
病原体安全管理委員会 委員 2008/04/01〜2012/03/31
放射線障害防止委員会 委員長 2011/04/01〜2012/03/31
ヒトレトロウイルス研究施設業務管理委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
動物実験委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
霊長類小委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
部屋割検討委員会 委員 2011/04/01〜2017/03/31
防火対策委員会 委員
図書委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
共同利用委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
安全衛生委員会 委員 2011/04/01〜2012/23/31
人権委員会 委員長 2013/04/01〜2015/03/31
人権委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティ委員会 委員長 2014/04/01〜2020/03/31
安全衛生委員会 委員 2014/04/01〜
防災対策委員会 委員長 2014/04/01〜
病原体安全管理委員会 委員長 2016/10/01〜
施設整備委員会 委員 2016/10/01〜
安全衛生委員会 委員 2016/10/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
日本学術会議 Science council of Japan 連携会員 2012〜2019/05/30