藤井 聡

最終更新日時:2015/06/25 17:59:17

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
藤井 聡/フジイ サトシ/Satoshi Fujii
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
工学研究科/都市社会工学専攻交通マネジメント工学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
京都大学 理事補
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒615-8540 京都市西京区京都大学桂4京都大学 大学院 都市社会工学専攻
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
土木学会 Japanese Society of Civil Engineering
日本心理学会 The Japanese Psychological Association
日本社会心理学会 The Japanese Society of Social Psychology
日本グループダイナミクス学会 The Japanese Group Dynamics Association
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程土木工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部土木工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪教育大学教育学部附属高等学校平野校舎
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2000/05/01〜2002/03/31 京都大学大学院工学研究科 Kyoto Univerisity 助教授 associate professor
1993/04/01〜2000/04/31 京都大学大学院工学研究科 Kyoto University 助手 research associate
2002/04/01〜2006/04/30 東京工業大学 Tokyo Institute of Technology 助教授 associate professor
2006/05/01〜2009/03/31 東京工業大学 Tokyo Institute of Technology 教授 professor
2009/04/01〜 京都大学大学院工学研究科 Kyoto University 教授 professor
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
A. Taniguchi; S. Fujii; T. Azami; H. Ishida Persuasive communication aimed at public transportation-oriented residential choice and the promotion of public transport Transportation,41,1,75-89 2014 英語
L.E. Olsson; T. Gärling; D. Ettema; M. Friman; S. Fujii Happiness and Satisfaction with Work Commute Social Indicators Research,111,1,255-263 2013/03 英語
藤井 聡 Interview 藤井聡 内閣官房参与 京都大学大学院教授 公共投資に200兆円は必要 日本の災害対策意識は低過ぎる (特集 公共工事バブルで踊るゼネコン) -- (政権交代で公共工事バブル到来) 週刊ダイヤモンド,101,6 2013/02/09 日本語
J. Kim; J.-D. Schmöcker; S. Fujii; R.B. Noland Attitudes towards road pricing and environmental taxation among US and UK students Transportation Research Part A: Policy and Practice,48,50-62 2013/02 英語
M. Friman; S. Fujii; D. Ettema; T. Gärling; L.E. Olsson Psychometric analysis of the satisfaction with travel scale Transportation Research Part A: Policy and Practice,48,132-145 2013/02 英語
藤井 聡 トンネル、橋…… 危ないインフラを放置するな 文芸春秋,91,2,376-382 2013/02 日本語
藤井 聡 「国土強靭化」批判こそ日本を滅ぼす : 公共事業はいま、日本人にとって"一石二鳥"となる (特集 アベノミクスは成功するか) Voice,422,96-101 2013/02 日本語
藤井 聡 インフラ老朽化で「笹子大惨事」再び (総力大特集 2013年、日本はどうなる?) Will : マンスリーウイル,98,90-93 2013/02 日本語
藤井 聡; 古知 愛一郎; 高原 義之 対談 これからの公共交通機関としてのタクシーのあるべき姿 交通界21. 新年特別号,70-79 2013 日本語
H. Ohta; S. Fujii; Y. Nishimura; M. Kozuka Analysis of the Acceptance of Carsharing and Eco-Cars in Japan International Journal of Sustainable Transportation,7,6,449-467 2013 英語
H. Suzuki; S. Fujii; T. Gärling; D. Ettema; L.E. Olsson; M. Friman Rules for aggregated satisfaction with work commutes Transportation,1-12 2013 英語
M. Abou-Zeid; J.-D. Schmöcker; P.F. Belgiawan; S. Fujii Mass effects and mobility decisions Transportation Letters,5,3,115-130 2013 英語
A. Taniguchi; S. Fujii; N. Osanai; H. Ito Individualised risk communication of sediment-disaster evaluated using a psychological process model WIT Transactions on the Built Environment,133,267-278 2013 英語
S. Fujii; A. Taniguchi Promoting pro-environment inventions. Theoretical background and practical applications of travel feedback programs for car use reduction Psychological Approaches to Sustainability: Current Trends in Theory, Research and Applications,141-159 2013 英語
谷口綾子,林真一郎,矢守克也,伊藤英之,菊池輝,西真佐人,小山内信智,藤井聡 小学校における土砂災害避難行動誘発のための授業プログラム構築とその効果分析 災害情報,11,43-54 2013 日本語
藤井 聡 記念講演 救国のレジリエンス : 強くしなやかな国・日本を目指して (日事連創立50周年記念・第36回建築士事務所全国大会 明日を拓く、豊かな社会に向かって) 日事連 : 建築士事務所の全国ネットワーク : JAAF monthly magazine,50,12,14-17 2012/12 日本語
藤井 聡 デマゴギーとしての : 社会資本整備の財源不足論 土木學會誌,97,11,14-16 2012/11/15 日本語
藤井 聡 デマゴギーとしての「社会資本整備の財源不足論」 (特集 社会資本整備を考える : 財源やスキームの創意工夫) 土木学会誌,97,11,14-16 2012/11 日本語
藤井 聡 橋下「維新八策」徹底批判 (総力特集 選ぶ責任、選ばれる資格) Will : マンスリーウイル,95,244-255 2012/11 日本語
佐藤 信秋; 藤井 聡 土木のカテゴリアを考える : 土木は何を対象領域として国民に役立つ学問となるのか 土木學會誌,97,9,66-70 2012/09/15 日本語
藤井 聡 「新成長戦略」を反証する 土木學會誌,97,9,50-51 2012/09/15 日本語
D. Ettema; M. Friman; T. Gärling; L.E. Olsson; S. Fujii How in-vehicle activities affect work commuters\\' satisfaction with public transport Journal of Transport Geography,24,215-222 2012/09 英語
藤井 聡; 柴山 桂太; 西部 邁 特集座談会 グローバリズムの毒花 : ユーロ幻想の崩壊 (特集 EUの没落 : その致命的欠陥) 表現者,44,22-51 2012/09 日本語
藤井 聡 インフラの強靭化で命を守り経済を活性化する (政局から政策への政治) 第三文明,633,28-30 2012/09 日本語
佐藤 信秋; 藤井 聡 社会安全研究会企画対談 佐藤信秋 参議院議員×藤井聡 京都大学大学院教授 土木のカテゴリアを考える : 土木は何を対象領域として国民に役立つ学問となるのか 土木学会誌,97,9,66-70 2012/09 日本語
藤井 聡 「土木技術者のアウトリーチ」に寄せて 土木學會誌,97,8,22-23 2012/08/15 日本語
藤井 聡 「災害とみちづくり」と大衆世論 道路建設,733,9-12 2012/07 日本語
藤井 聡 「強靭化」の基本法の策定を急ぐべし (特集 転機に立つ社会資本整備) 運輸と経済,72,7,30-37 2012/07 日本語
藤井 聡 とことん考える消費税(17)増税反対 名目GDPを拡大して税収を増やせ エコノミスト,90,27,78-80 2012/06/26 日本語
藤井 聡 本来、「交通基本法」が具備すべき要件 (特集 交通基本法の意義と課題) IATSS review,37,1,71-78 2012/06 日本語
藤井 聡 誌上特別講演 社会への「裏切り」を行なわず、天に恥じない商売をしているか : 「プラグマティズムの作法」から考える「末長き繁栄」への道 理念と経営 : 中小企業を活性化し、成功を探求する経営誌,78,0,52-57 2012/06 日本語
藤井 聡 財政出動 巨大地震に備え「国土強靭化」投資を (総力特集 日本経済の大復活が始まる) Voice,414,64-67 2012/06 日本語
藤井 聡; 平野 勝也; 金谷 守; 林 良嗣 座談会 : 日本再生に向けて何が大事なのか? 土木學會誌,97,4,68-72 2012/04/15 日本語
小磯 修二; 藤井 聡; 田中 邦裕 鼎談 バックアップ拠点としての北海道の役割 (行政情報 フォーラム 強靭な国づくりと北海道の貢献 : 北海道バックアップ拠点構想の実現に向けて) 開発こうほう,0,585,10-12 2012/04 日本語
藤井 聡 基調講演 真性のバックアップは「北方大交流圏の形成」である : 列島強靭化における北海道の役割 (行政情報 フォーラム 強靭な国づくりと北海道の貢献 : 北海道バックアップ拠点構想の実現に向けて) 開発こうほう,0,585,7-9 2012/04 日本語
牧 紀男; 隈 研吾; 佐土原 聡; 中島 正愛; 藤井 聡; 布野 修司 リジリエント・ソサエティ : 東日本大震災を踏まえて(座談会,第1部 リジリエント・ソサエティとは,<特集>東日本大震災1周年 リジリエント・ソサエティ) 建築雑誌,127,1629,12-17 2012/03/20 日本語
藤井 聡 今年こそ「コンクリートから人へ」の方針を終焉させるべし セメントコンクリート,781,3-5 2012/03/10 日本語
藤井 聡 インタビュー 強靭(きょうじん)な国土づくり、地域づくりを考える (震災復興と地域) 開発こうほう,0,584,1-10 2012/03 日本語
藤井 聡 「社会規範」と「まちづくり」 : よき「まちづくり」は、品位ある人々を生み出すものである (特集 規範意識をいかに育むか) 教育と医学,60,3,261-269 2012/03 日本語
A.K.M. Tarigan; S. Fujii; R. Kitamura Intrapersonal variability in leisure activitytravel patterns: The case of one-worker and two-worker households Transportation Letters,4,1,1-13 2012/01 英語
J.-D. Schmöcker; P. Pettersson; S. Fujii Comparative analysis of proximal and distal determinants for the acceptance of coercive charging policies in the UK and Japan International Journal of Sustainable Transportation,6,3,156-173 2012 英語
藤井 聡 TPPが日本の建設産業を崩壊させる (特集 TPPが中小業者と日本経済を破壊する) 中小商工業研究,0,111,99-110 2012 日本語
H. Ohta; H. Matsumoto; D. Fukuda; S. Fujii A comparative analysis of subjective quality of the mobility between a new portable electric transportation mode and walking International Journal of Vehicular Technology,2012 2012 英語
藤井聡;中野剛志 マクロ経済への影響を踏まえた公共事業関係費の水準と調達方法の裁量的調整についての基礎的考察 土木学会論文集 F4(建設マネジメント)特集号(CD-ROM),67,4,ROMBUNNO.20 2011/12/15 日本語
藤井 聡 復興費用は47兆円 大復興・防災計画が経済成長を導く (蠢(うごめ)くゼネコン : 復興バブルの足音) -- (バブルは一時限り。国内市場が縮む先 ゼネコンはどうしのぐ) 週刊東洋経済,6363,70-72 2011/12/03 日本語
藤井 聡 2012年をTPP否決による「平成の独立」の年にすべし! (1冊まるごと大特集 世界の悪意の中で2012日本をどうする!) Japanism,5,98-103 2011/12 日本語
藤井 聡 土木への「わるいイメージ」は払拭できる! : 一般・子ども向け"土木パンフレット・シリーズ"を、ぜひ、ご活用ください 土木學會誌,96,11,100-101 2011/11/15 日本語
藤井 聡 復旧・復興予算 二十三兆円の"不道徳" (総力大特集 野田の難題12) Will,83,58-67 2011/11 日本語
藤井 聡 原発は、議論以前に安全強化すべし (特集 「地域」をいかに復興するか) 表現者,0,39,103-108 2011/11 日本語
藤井 聡 「強靱な国土」の形成のために,幹線公共交通整備を (特集 東日本大震災からみえた新たな交通のあり方) -- (震災と国土交通ネットワーク) 運輸と経済,71,8,81-83 2011/08 日本語
藤井 聡 誌上講演 建設コンサルタンツ協会東北支部 東日本大震災特別講演会 10年間で200兆円の投資を行うべき 東北ジャ-ナル,29,8,56-61 2011/08 日本語
藤井 聡; 馬渡 真吾 巻頭インタビュー 復旧・復興に向け公共事業に何を期待するのか 道路,4-9 2011/06 日本語
大石 久和; 藤井 聡; 三橋 貴明 特別座談会 日本経済・社会の再生に向けて--強靱な社会資本整備とその管理 道路建設,726,37-53 2011/06 日本語
矢野 晋哉; 井尻 憲司; 永田 盛士; 鈴木 春菜; 藤井 聡 自動車からレンタサイクルを含めた公共交通への転換 : 京都市桂坂地域の事例 廃棄物資源循環学会誌 = Material cycles and waste management research,22,3,228-235 2011/05/31 日本語
D. Ettema; T. Gärling; L. Eriksson; M. Friman; L.E. Olsson; S. Fujii Satisfaction with travel and subjective well-being: Development and test of a measurement tool Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour,14,3,167-175 2011/05 英語
大石 久和; 藤井 聡 特別対談 新たな国づくりのために 国土強靭化に向けて社会資本を再整備せよ--震災を乗り越え、次代のために果たすべき役割とは 時評,53,5,54-71,図巻頭1p 2011/05 日本語
藤井 聡 改めて「交通行動調査」を考え直す--良質な交通計画のために,豊かな交通行動調査を (特集 交通行動調査) 交通工学,46,2,4-7 2011/03 日本語
S. Bamberg; S. Fujii; M. Friman; T. Gärling Behaviour theory and soft transport policy measures Transport Policy,18,1,228-235 2011/01 英語
羽鳥 剛史; 竹村 和久; 藤井 聡; 井出野 尚 カテゴリー判断における焦点化仮説の検討──心の箱モデルによる説明── 心理学研究,82,2,132-140 2011 日本語
T. Hatori; K. Takemura; S. Fujii; T. Ideno A test of the focusing hypothesis for category judgment: An explanation using the mental-box model Shinrigaku Kenkyu,82,2,132-140 2011 英語
A.S. Nur Sabahiah; S. Fujii Motorcyclists I - Helmet usage and speeding behavior from a psychological perspective Australian Journal of Basic and Applied Sciences,5,8,1115-1120 2011 英語
佐藤慎祐,菊池輝,谷口綾子,林真一郎,西真佐人,小山内信智,伊藤英之,矢守克也,藤井聡 災害情報のメタ・メッセージによる副作用に関する研究 災害情報,9,172-179 2011 日本語
伊地知 恭右; 羽鳥 剛史; 藤井 聡 内村鑑三「代表的日本人」通読による大衆性低減の持続的効果に関する実験研究 人間環境学研究,8,2,169-180 2010/12 日本語
羽鳥 剛史; 中野 剛志; 藤井 聡 ナショナリズムと市民社会の調和的関係についての実証的研究 人間環境学研究,8,2,163-168 2010/12 日本語
天野 真衣; 谷口 綾子; 藤井 聡 社会実験を通じた自発的街路景観変容に関する研究--自由が丘しらかば通りを事例として 景観・デザイン研究論文集,9,73-82 2010/12 日本語
藤井 聡 「選好形成」について--ハイデガーの現象学的存在論に基づく考察 (特集 意思決定) 感性工学,9,4,217-225 2010/09 日本語
S. Fujii Editorial: Introduction to the special issue on behavior modification for sustainable transportation International Journal of Sustainable Transportation,4,5,249-252 2010 英語
S. Fujii Can state regulation of car use activate a moral obligation to use sustainable modes of transport? International Journal of Sustainable Transportation,4,5,313-320 2010 英語
R.-C. Jou; D.A. Hensher; P.-H. Wu; S. Fujii Road pricing acceptance: Analysis of survey results for Kyoto and Taichung International Journal of Sustainable Transportation,4,3,172-187 2010 英語
L. Eriksson; M. Friman; D. Ettema; S. Fujii; T. Garling Experimental simulation of car users\\' switching to public transport Transportation Letters,2,3,145-155 2010 英語
S. Fujii; T. Yamamoto Tribute to Kitamura Sensei: A great teacher Transportation,36,6,647-648 2009/11 英語
S. Fujii; R. Kitamura Analysis of personal action space using a model system with multiple choice structures Transportation,36,6,763-778 2009/11 英語
S. Fujii; R. Kitamura; M. Nagao; Y. Doi An experimental analysis of intelligibility and efficiency of in-vehicle route guidance system displays Transportation,36,6,779-786 2009/11 英語
村尾 俊道; 藤井 聡; 中川 大; 松中 亮治; 大庭 哲治 京都都市圏における職場モビリティ・マネジメント実行過程の知恵と工夫 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning,44,3,103-108 2009/10/25 日本語
羽鳥剛史;藤井聡;水野絵夢 政府の公共事業を巡る賛否世論の政治心理学的分析 交通工学,44,5,55-65 2009/09 日本語
香川 太郎; 谷口 綾子; 藤井 聡 街路景観についての簡易評価モデルを用いた景観改善施策の定量的評価 景観・デザイン研究論文集,6,31-40 2009/06 日本語
小松 佳弘; 羽鳥 剛史; 藤井 聡 大衆による風景破壊--オルテガ「大衆の反逆」の景観問題への示唆 景観・デザイン研究論文集,6,23-30 2009/06 日本語
Fujii, Satoshi/Van, Hong Tan Psychological Determinants of the Intention to Use the Bus in Ho Chi Minh City Journal of Public Transportation,12,1,97-110 2009 英語
S. Fujii; S. Bamberg; M. Friman; T. Gärling Are effects of travel feedback programs correctly assessed? Transportmetrica,5,1,43-57 2009 英語
S. Piriyawat; H.T. Van; S. Fujii The roles of perceived effectiveness and problem awareness in the acceptability of road pricing in Bangkok Songklanakarin Journal of Science and Technology,31,2,181-188 2009 英語
K. Choocharukul; H.T. Van; S. Fujii Psychological effects of travel behavior on preference of residential location choice Transportation Research Part A: Policy and Practice,42,1,116-124 2008 英語
T. Hatori; Y. Komatsu; S. Fujii Development of a vulgarity scale based on Ortega\\'s "The revolt of the masses" Shinrigaku Kenkyu,79,5,423-431 2008 英語
T. Hatori; S. Fujii An evolutionary study of pro-social behavior in a local community: A theoretical analysis of the emergence of altruistic behavior based upon multilevel selection Research in Social Psychology,24,2,87-97 2008 英語
T. Gärling; C. Jakobsson; P. Loukopoulos; S. Fujii Acceptability of road pricing Pricing in Road Transport: A Multi-Disciplinary Perspective,193-208 2008 英語
A. Taniguchi; S. Fujii Promoting public transport using marketing techniques in mobility management and verifying their quantitative effects Transportation,34,1,37-49 2007 英語
S. Fujii Communication with non-drivers for promoting long-term pro-environmental travel behaviour Transportation Research Part D: Transport and Environment,12,2,99-102 2007 英語
O. Horeni; T. Gärling; P. Loukopoulos; S. Fujii An experimental simulation of adaptations to increased car-use costs Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour,10,4,300-320 2007 英語
A. Taniguchi; S. Fujii Process model of voluntary travel behavior modification and effects of travel feedback programs Transportation Research Record,2010,45-52 2007 英語
A. Taniguchi; H. Suzuki; S. Fujii Mobility management in Japan: Its development and meta-analysis of travel feedback programs Transportation Research Record,2021,100-109 2007 英語
S. Fujii An analysis of "silence" in public opinion about public works Shinrigaku Kenkyu,78,2,157-164 2007 英語
P. Loukopoulos; C. Jakobsson; T. Gärling; S. Meland; S. Fujii Understanding the process of adaptation to car-use reduction goals Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour,9,2,115-127 2006 英語
P. Loukopoulos; T. Gärung; D. Eek; S. Fujii Palatable punishment in real-world social dilemmas? Punishing others to increase cooperation among the unpunished Journal of Applied Social Psychology,36,5,1274-1290 2006 英語
S. Fujii; A. Taniguchi Determinants of the effectiveness of travel feedback programs-a review of communicative mobility management measures for changing travel behaviour in Japan Transport Policy,13,5,339-348 2006 英語
S. Fujii Environmental concern, attitude toward frugality, and ease of behavior as determinants of pro-environmental behavior intentions Journal of Environmental Psychology,26,4,262-268 2006 英語
P. Loukopoulos; C. Jakobsson; T. Gärling; C.M. Schneider; S. Fujii Public attitudes towards policy measures for reducing private car use: Evidence from a study in Sweden Environmental Science and Policy,8,1,57-66 2005 英語
S. Fujii; A. Taniguchi Reducing family car-use by providing travel advice or requesting behavioral plans: An experimental analysis of travel feedback programs Transportation Research Part D: Transport and Environment,10,5,385-393 2005 英語
M.B. Sundo; S. Fujii The effects of a compressed working week on commuters\\' daily activity patterns Transportation Research Part A: Policy and Practice,39,10,835-848 2005 英語
S. Fujii Reducing inappropriate bicycle parking through persuasive communication Journal of Applied Social Psychology,35,6,1171-1196 2005 英語
S. Fujii; T. Kikkawa; K. Takemura Trust and Acceptance of Risks Systems and Human Science - For Safety, Security and Dependability,113-122 2005 英語
S. Fujii; M. Yanagida The effects of information of the other\\'s cooperative behavior on moral obligation Shinrigaku Kenkyu,76,1,35-42 2005 英語
R.M. Pendyala; R. Kitamura; A. Kikuchi; T. Yamamoto; S. Fujii Florida activity mobility simulator overview and preliminary validation results Transportation Research Record,1921,123-130 2005 英語
R. Kitamura; A. Kikuchi; S. Fujii An overview of PCATS/DEBNETS micro-simulation system: Its development, extension, and application to demand forecasting Operations Research/ Computer Science Interfaces Series,31,371-399 2005 英語
S. Fujii; R. Kitamura; H. Suda Contingent valuation method can increase procedural justice Journal of Economic Psychology,25,6,877-889 2004 英語
P. Loukopoulos; C. Jakobsson; T. Gärling; C.M. Schneider; S. Fujii Car-user responses to travel demand management measures: Goal setting and choice of adaptation alternatives Transportation Research Part D: Transport and Environment,9,4,263-280 2004 英語
S. Fujii; T. Gärling; C. Jakobsson; R.-C. Jou A cross-country study of fairness and infringement on freedom as determinants of car owner\\'s acceptance of road pricing Transportation,31,3,285-295 2004 英語
T. Gärling; C. Jakobsson; P. Loukopoulos; S. Fujii Adaptation of private car use in response to travel demand management measures potential roles of intelligent transportation systems Journal of Intelligent Transportation Systems: Technology, Planning, and Operations,8,4,189-194 2004 英語
R. Kitamura; T. Yamamoto; S. Fujii The effectiveness of panels in detecting changes in discrete travel behavior Transportation Research Part B: Methodological,37,2,191-206 2003/02 英語
S. Fujii; R. Kitamura What does a one-month free bus ticket do to habitual drivers? An experimental analysis of habit and attitude change Transportation,30,1,81-95 2003 英語
T. Gärling; S. Fujii; A. Gärling; C. Jakobsson Moderating effects of social value orientation on determinants of proenvironmental behavior intention Journal of Environmental Psychology,23,1,1-9 2003 英語
S. Fujii; T. Gärling Applications of attitude theory for improved predictive accuracy of stated preference methods in the travel demand analysis Transportation Research Part A: Policy and Practice,37,4,389-402 2003 英語
S. Fujii; T. Gärling Development of script-based travel mode choice after forced change Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour,6,2,117-124 2003 英語
C. Jakobsson; S. Fujii; T. Gärling Effects of economic disincentives on private car use Transportation,29,4,349-370 2002 英語
T. Gärling; D. Eek; P. Loukopoulos; S. Fujii; O. Johansson-Stenman; R. Kitamura; R. Pendyala; B. Vilhelmson A conceptual analysis of the impact of travel demand management on private car use Transport Policy,9,1,59-70 2002 英語
D. Eek; P. Loukopoulos; S. Fujii; T. Gärling Spill-over effects of intermittent costs for defection in social dilemmas European Journal of Social Psychology,32,6,801-813 2002 英語
T. Gärling; S. Fujii Structural equation modeling of determinants of planning Scandinavian Journal of Psychology,43,1,1-8 2002 英語
S. Fujii; T. Gärling; R. Kitamura Changes in drivers\\' perceptions and use of public transport during a freeway closure: Effects of temporary structural change on cooperation in a real-life social dilemma Environment and Behavior,33,6,796-808 2001/11 英語
S. Nakayama; R. Kitamura; S. Fujii Drivers\\' route choice rules and network behavior: Do drivers become rational and homogeneous through learning? Transportation Research Record,1752,62-68 2001 英語
T. Gärling; S. Fujii; O. Boe Empirical tests of a model of determinants of script-based driving choice Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour,4,2,89-102 2001 英語
S. Fujii; R. Kitamura Evaluation of trip-inducing effects of new freeways using a structural equations model system of commuters\\' time use and travel Transportation Research Part B: Methodological,34,5,339-354 2000/06 英語
S. Fujii; R. Kitamura Anticipated travel time, information acquisition, and actual experience: Hanshin Expressway Route closure, Osaka-Sakai, Japan Transportation Research Record,1725,79-85 2000 英語
T. Yamamoto; S. Fujii; R. Kitamura; H. Yoshida Analysis of time allocation, departure time, and route choice behavior under congestion pricing Transportation Research Record,1725,95-101 2000 英語
C. Jakobsson; S. Fujii; T. Gärling Determinants of private car users\\' acceptance of road pricing Transport Policy,7,2,153-158 2000 英語
S. Nakayama; R. Kitamura; S. Fujii Drivers\\' learning and network behavior dynamic analysis of the driver-network system as a complex system Transportation Research Record,1676,30-36 1999 英語
R. Kitamura; S. Fujii; E.I. Pas Time-use data, analysis and modeling: Toward the next generation of transportation planning methodologies Transport Policy,4,4,225-235 1997 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
藤井 聡 「災害資本主義」を全力で回避せよ (総力大特集 日本、これからの10年!) Will : マンスリーウイル,86,104-107 2012/02 日本語
藤井 聡 A163 5年移動データから見た台風の経年活動と気候変動(気候システムII,一般口頭発表) 大会講演予講集,100 2011/10/31 日本語
藤井 聡 C314 気象防災の知識普及への取り組みと課題(スペシャル・セッション「気象情報・知識の伝達・普及(III)」,一般口頭発表) 大会講演予講集,100 2011/10/31 日本語
藤井 聡 意思決定における物語の役割(特別セッション 人間行動と物語) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,39,133-136 2011/09/11 日本語
藤井 聡 あなたが気づかない「心の負けパターン」に陥るメカニズムとは 解明!「運がない人」は、なぜ運がないのか (運をつかむ習慣) プレジデント,49,27,50-53 2011/08/15 日本語
藤井 聡 東北人よ、怒れ!--東日本復活5カ年計画 Will,80,28-41 2011/08 日本語
藤井 聡 全国建設業者は「列島強靱化」に迅速対応せよ! (特集 ゼネコン「震災特需」の真贋) Zaiten,55,9,24-27 2011/08 日本語
藤井 聡 鉄道が都市を活性化する (特集 鉄道駅に注目する) 建築と社会,92,8-11 2011/08 日本語
藤井 聡; 東谷 暁; 中島 岳志 特集座談会 技術文明の自爆--危機は技術体系に内在する (特集 原発、文明、復興--近代の危機にどう向き合うか) 表現者,37,66-95 2011/07 日本語
藤井 聡 「コンクリートから人へ」で国亡ぶ Will,78,260-275 2011/06 日本語
藤井 聡 平成ニューディール--日本を救う公共投資プランの策定を急ぐべし 土木施工,52,4,7-10 2011/04 日本語
M. Takenaka; S. Fujii; S. Nishitsuji; N. Yagi; Y. Suzuki; A. Takeuchi Ultra small angle X-ray scattering studies on density heterogeneity of linear low density polyethylene Journal of Physics: Conference Series,272,1 2011 英語
藤井 聡 人のためにこそコンクリートを 日本よ、なぜ「裏切り者の国」になるのか 表現者,33,96-98 2010/11 日本語
丹野 貴行; 竹村 和久; 藤井 聡; 羽鳥 剛司; 井出野 尚; 大久保 重孝; 坂上 貴之 PII-39 選択の自由さが選好に及ぼす影響(ポスター発表II) 日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集,28 2010/09/22 日本語
竹村 和久; 藤井 聡 状況依存的焦点モデルの基礎(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,38,134-137 2010/09/22 日本語
菊池 輝; 山本 貴之; 竹村 和久; 藤井 聡 交通情報提供に対する焦点化についての実験研究(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,38,138-141 2010/09/22 日本語
谷口 綾子; 藤井 聡; 竹村 和久 バス利便性への焦点化による居住地選択誘導のためのコミュニケーション(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,38,142-145 2010/09/22 日本語
羽鳥 剛史; 竹村 和久; 藤井 聡; 井出野 尚 カテゴリー判断における焦点化効果 : 心の箱モデルによる説明(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,38,146-147 2010/09/22 日本語
羽鳥 剛史; 長谷川 大貴; 澤崎 貴則; 藤井 聡 質的インタビュー調査による行動計量データの補完について(ノン・レスポンス(無回答)層へのアプローチ方法,日本行動計量学会 第38大会 抄録集) 日本行動計量学会大会発表論文抄録集,38,280-281 2010/09/22 日本語
藤井 聡 「法政策jを通じた「まちづくり」 (シンポジウム) 神戸法學雜誌,60,2,454-474 2010/09 日本語
藤井 聡 高齢者のために"交通基本法"がなし得ること--「移動権の保障」についての国民の努力義務の明文化と,法律名称の再検討を (特集 交通基本法の今後の展望--ナショナルミニマムと交通) 運輸と経済,70,8,51-59 2010/08 日本語
藤井 聡 小中学校における「土木学習」 土木學會誌,95,7,16-18 2010/07/15 日本語
藤井 聡; 石田 直美; 太皷地 敏夫 座談会 日本の元気を考える CE建設業界,59,7,32-43 2010/07 日本語
栢原 英郎; 藤井 聡; 木村 亮; 駒崎 文男 国家と土木のヴィジョン 土木學會誌,95,6,60-63 2010/06/15 日本語
藤井 聡 道路整備の"ヴィジョン"を徹底的に議論すべし 道路建設,719,9-12 2010/05 日本語
藤井 聡 インフラ軽視は敗北招く 藤井聡氏(京都大学大学院工学研究科教授) (追跡 民主党政権下の土木 2010年ビジョン 建設産業の打開策、地域再生の道筋--市場や時代のニーズに合わせて変われるか) -- (これからの国土のグランドデザイン 地方が自立的に発展する仕組みを) 日経コンストラクション,487 2010/01/08 日本語
藤井 聡 交通政策における民主主義についての考察--「死者」を巡る政治学と民俗学 (小特集 交通政策と住民参加) 交通科学,41,1,32-38 2010 日本語
藤井 聡 エコカー, モーダルシフト, そしてエコドライブ : クルマをめぐる省エネ・エコ行動 環境情報科学 = Environmental information science,38,4,19-24 2009/12/21 日本語
藤井 聡 土木学会『「河川のしごと」について』のパンフレット、是非、ご活用ください。 土木學會誌,94,12,60-63 2009/12/15 日本語
藤井聡 モビリティ・マネジメント入門  第6回「望ましいMM推進」に向けて 交通工学,44,6,56-63 2009/11 日本語
藤井 聡 地域公共交通の活性化のために"モビリティ・マネジメント"の活用を (特集 地域公共交通を考える) 都市問題,100,10,92-99 2009/10 日本語
藤井 聡 「無駄な道路」という議論の構造--くにづくりに向けた「意志」と「知力」の欠如 高速道路と自動車,52,8,7-10 2009/08 日本語
藤井 聡 土木の「原罪」を考える 土木學會誌,94,3 2009/03/15 日本語
藤井 聡; 矢守 克也; 小山 真人 座談会 災害情報がエンドユーザーに活用されるために (特集 災害情報リテラシー) 災害情報,7,40-52 2009/03 日本語
藤井 聡 安全と安心の心理学(第2部 各論,都市・建築に関わる安全・安心のフロンティア) 総合論文誌,7,29-32 2009/01/20 日本語
藤井 聡 モビリティ・マネジメント入門(第1回)今日の交通政策におけるMMの意義と概要 交通工学,44,1,91-94 2009 日本語
藤井 聡 特集 「低炭素社会」をめぐる議論の本質的意義 Traffic & business,92,1-5 2009 日本語
藤井 聡; 寺本 潔; 原 文宏 パネルディスカッション 土木を題材とした授業づくりを推進するための課題 (特集 学校教育と向き合う土木) 国づくりと研修,126,8-15 2009 日本語
桑子敏雄、合田良實、藤井聡 土木と信仰からみた社会の幸福とは 土木学会誌,93,6,18-25 2008
羽鳥剛史、水野絵夢、藤井聡 土木の趣旨についての簡易メッセージが土木事業の賛否意識に及ぼす効果の分析 土木学会論文集,64,2,279-284 2008
藤井聡 萩原 剛, 村尾 俊道, 島田 和幸, 義浦 慶子, 藤井 聡;大規模職場MMの集計的効果検証とMM施策効果の比較分析 ,64,1,86-97 2008
須永 大介, 中村 俊之, 北村 清州, 牧村 和彦, 小椎尾 優, 藤井 聡 家庭訪問形式によるモビリティ・マネジメント 土木学会論文集D,64,1,98-110 2008
藤井聡 龍ケ崎市におけるコミュニティ•バス利用促進モビリティ•マネジメントの効果分析” 土木学会論文集D,64,1,65-76 2008
藤井聡 鉄道の利用促進を目的としたモビリティ・マネジメントの取組と課題 土木学会論文集D, 64,64,1,111-121 2008
鈴木 春菜, 藤井 聡 「消費行動」が「地域愛着」に及ぼす影響に関する研究 土木学会論文集D,64,2,190-200 2008
藤井 聡 “モビリティ・マネジメント研究の展開”特集にあたって ,64,1,43-44 2008
Satoshi Fujii 藤井 聡 ,20,4-5 2007
谷口綾子, 染谷祐輔, 藤井聡 特定駅の駅勢圏における全世帯を対象とした鉄道 利用促進のためのTFPの実証分析 運輸政策研究,10,3,22-29 2007
藤井聡 総合的交通政策としてのモビリティ・マネジメント:ソフト施策とハード施策の融合による持続的展開 運輸政策研究,10,1,2-10 2007
鈴木 春菜・藤井 聡 利用店舗への愛着が地域愛着へ及ぼす影響とその規定因に関する研究 都市計画論文集,42,3,13-18 2007
藤井 聡 公共事業をめぐる世論における“沈黙”の分析 心理学研究,78,2,157-164 2007
藤井聡 モビリティ・マネジメント-クルマと「かしこく」つきあう社会を目指した社会的試み- 自動車技術,61,3,37-43 2007
藤井聡 小岩井農場と井上勝 土木学会誌,92,3,17 2007
萩原 剛・藤井 聡・池田 匡隆 心理的方略による放置駐輪削減施策の実証的研究:東京メトロ千川駅周辺における実務事例 交通工学,42,4,89-98 2007
髙木 史朗・藤井 聡 インターネット利用と生活圏域の拡がりに関する研究 交通工学,42,6,62-68 2007
宮川 愛由・藤井 聡・竹村 和久・吉川 肇子 公共事業における国民の行政に対する信頼形成プロセスに関する研究 土木計画学研究・論文集,24,1,121-130 2007
藤井聡 「魅力ある学会誌」のための誌面づくり 土木学会誌,92,1,2-3 2007
藤井 聡 土木技術者のための哲学・教養誌に向けて-歴代の『土木学会誌』編集委員長を訪ねて- 土木学会誌,92,5,12-14 2007
藤井 聡 海外で働く,ということ~東南アジアの日本人土木技術者を訪ねて~ 土木学会誌,92,10,60-63 2007
藤井聡 無文化社会への没落 塾生通信,19,1-3 2007
藤井聡 「硫黄島からの手紙」に寄せて 塾生通信,20,4-5 2007
藤井 聡 公共事業逆風世論の真実 全測連,39,2,3-7 2007
谷口綾子・鈴木春菜・浅見知秀・藤井聡 郊外型大学キャンパスにおけるバスを主体としたモビリティ・マネジメントの展望と課題 都市計画論文集,42,3,943-948 2007
太田 裕之・藤井 聡 環境配慮行動における客観的CO2排出削減量―事実情報提供の効果に関する実験研究― 土木学会論文集G,63,2,159-167 2007
藤井 聡 「環境に優しい行動」をするなら,「かしこくクルマを使うこと」が一番です. 京都府地球温暖化防止活動推進センター通信「うぉーみんぐ」,平成19年春号~第12号~,2-4 2007
藤井聡 藤井 聡:「モビリティ・マネジメント」特集にあたって IATSS Review,31,4,276-277 2007
萩原 剛, 藤井 聡 “事業所における組織的なモビリティ・マネジメントに関する分析”. 土木学会論文集D,63,2,169-181 2007
谷口綾子 藤井聡 「交通事業者」によるモビリティ・マネジメント―顧客主義とエモーショナルキャンペーン― 交通工学,42,2,58-65 2007
藤井 聡・染谷祐輔 藤井 聡・染谷祐輔:交通行動と居住地選択行動の相互依存関係に関する行動的分析 土木計画学研究・論文集,24,3,481-488 2007
藤井聡 高須豊 自動車免許非保有者に対する自動車に関する情報提供効果に関する研究 土木計画学研究・論文集,23,2,473-478 2006
藤井聡 「土木パンフレット」の試み -小さなことから1つずつ- 土木学会誌,91,11,44-46 2006
谷口綾子 藤井聡 英国における個人対象モビリティ・マネジメントの現状と我が国への政策的含意 計画学研究・論文集,23,4,981-988 2006
藤井聡 正統なる市場、邪道なる市場~道路関係四公団民営化を巡る社会哲学的考察~ 土木学会誌,91,5,56-59 2006
谷口綾子 藤井聡 モビリティ・マネジメントにおける情報技術の活用可能性, IATSS Review,31,4,330-338 2006
鈴木春菜 谷口綾子 藤井聡 国内TFP事例の態度・行動変容効果についてのメタ分析 土木学会論文集D,62,4,574-585 2006
遠藤弘太郎 近藤真哉 新倉淳史 土居厚司 藤井聡 兵藤哲朗 行動意図法(BI法)による鉄道新線需要予測への適用事例 計画学研究・論文集,23,2,447-454 2006
藤井聡 風景の近代化とニヒリズム-宗教性無きデザインの破壊的帰結について- 景観デザイン論文集,1,67-78 2006
依田照彦 藤井聡 地道に、そして毅然と一般社会に土木の風を送り続けたい 国づくりと研修,113,16-20 2006
藤井聡 「技術者倫理」をいま一度考える -「心理学」からみた倫理の問題- 土木学会誌,91,11,38-40 2006
藤井聡 日本における「モビリティ・マネジメント」の展開について IATSS Review,31,4,278-285 2006
藤井聡 ロードプライシングの公共受容におけるフレーミング効果-公衆の「倫理性」を前提とした広報活動に関する基礎研究- 土木学会論文集D,62,2,239-249 2006
藤井聡 モビリティ・マネジメントによる渋滞対策-渋滞対策のための道路行政マネジメント施策- 道路,783,22-24 2006
谷口綾子 平石浩之 藤井聡 学校教育モビリティ・マネジメントにおける簡易プログラム構築に向けた実証的研究 -秦野市TDM推進計画における取り組み- 計画学研究・論文集,23,1,163-170 2006
藤井聡 行政マネジメントの虚実 北の発言,18,74-75 2006
藤井聡 「行政マネジメント」の虚と実 土木学会誌,91,1,30-34 2006
藤井聡 「学会員のコスト・ベネフィット」を考える 土木学会誌,91,9,40-41 2006
田昇 中村文彦 高橋勝美 藤井聡 武政功 交通まちづくり 交通工学,41 (1), pp. 38-50, .,1 2006
谷口綾子 藤井聡 商店街の自動車流入規制に対する商店主の態度変容分析-自由が丘商店街における歩行者調査データ提供による心理効果- 都市計画論文集,41,3,115-120 2006
藤井聡 絶望と希望/信仰と躓きの弁証法 塾生通信,17,1-3 2006
藤井聡 大衆の弄舌と庶民の沈黙 北海道PAC,06/12,4-6 2006
藤井聡 日本の農と社会基盤整備 北の発言,20,68-69 2006
Choocharukul, K. Van, H. T. Fujii, S. Psychological determinants of car use reduction and acceptance of car use restriction in Japan and Thailand, IATSS Research,30,2,70-76 2006
水野絵夢 古池弘隆 森本章倫 藤井聡 LRTの導入が高齢者の交通行動に及ぼす影響に関する意向データ分析 計画学研究・論文集,23,2,687-692 2006
藤井聡 政府に対する国民の信頼-大義ある公共事業による信頼の醸成- 土木学会論文集,807/IV-70,29-41 2006
谷口綾子 藤井聡 公共交通利用促進のためのモビリティ・マネジメントの効果分析 土木学会論文集D,62,1,87-95 2006
藤井聡 実践的風土論にむけた和辻風土論の超克-近代保守思想に基づく和辻「風土:人間学的考察」の土木工学的批評- 土木学会論文集D,62,3,334-350 2006
萩原 剛, 太田 裕之, 藤井 聡 アンケート調査回収率に関する実験研究:MM参加率の効果的向上方策の検討 土木計画学研究・論文集,23,1,117-123 2006
藤井聡 幹線交通整備の社会的なメリットとデメリット 運輸政策研究,8,4,19-24 2006
藤井聡 政府の大小を決すは,国民の声ならず,モラリティなり 時評,2006.2,43-47 2006
藤井聡 モビリティ・マネジメント-クルマと公共交通のかしこい使い方を考える交通政策- 運輸政策研究,9,2,71-74. 2006
藤井聡 土木計画学の新しいかたち: 社会科学・社会哲学と土木の関わり 計画学研究・論文集,22,1,I1-I18 2005
藤井聡 染谷祐輔 土井勉 本田豊 被験者分類に基づくTFP効率化に関する研究,2003年度川西市・猪名川町におけるモビリティ・マネジメント 計画学研究・論文集,22,3,467-476 2005
藤井聡 他者の協力行動に関するフィードバック情報が道徳意識に及ぼす影響 心理学研究,76,1,35-42 2005
藤井聡 モビリティ・マネジメント:大規模かつ個別的なコミュニケーション型交通需要マネジメント施策 道路,771,13-16 2005
藤井聡 意思決定研究と公共政策 知能と情報,17,6,679-684 2005
Satoshi Fujii Public Attitudes towards Policy Measures for Reducing Private Car Use Environmental Science & Policy,8,57-66 2005
Fujii, S. Arai, K. Forced commitment promotes attitudinal commitment and trust in an organization Journal of Human Environmental Studies,3,2,1-6. 2005
藤井聡 囚人のジレンマゲームにおける意思決定と焦点化 理論心理学研究,7,1,32-35 2005
藤井聡 行政に対する信頼の醸成条件 実験社会心理学研究,45,1,27-41 2005
藤井聡 自転車を巡る都市交通計画論 交通工学,40,5,5-9 2005
藤井聡 モビリティ・マネジメント:道路/運輸/都市/地方行政問題のためのソフト的交通施策 運輸と経済,65,3 2005
藤井聡 プリスクリプティブ・アプローチ(処方的研究)について 行動計量学会報,107,2-3 2005
藤井聡 スロー・モビリティ IATSS,IATSS Review,30,3,279 2005
藤井聡 合意形成問題における“修正可能性”と“謝罪”の決定的役割 運輸政策研究,7,3,2-9 2004
藤井聡 土木技術者の気概の起源 土木学会誌,89,9,88-91 2004
藤井聡 TDMの受容問題における意思決定フレーム 土木計画学研究・論文集,21,4,961-966 2004
藤井聡 不確実性の分類とリスク評価-理論枠組の提案- 社会技術研究論文集,2,12-20 2004
藤井聡 『一時的構造変化方策』の有効性の検証:自動車運転者への無料バス定期券配布実験 交通工学,39,2,59-65 2004
藤井聡 学校教育型TFPの効果に関する心理過程分析 土木計画学研究・論文集,21,4,507-514, 2004
藤井聡 :土木逆風世論の真実-「沈黙の螺旋理論」による大衆心理分析- 土木学会誌,89,4,72-75 2004
藤井聡 藤井 聡:行動意図法(BI法)による交通需要予測の検証と精緻化 土木学会論文集,765/IV-64,65-78 2004
藤井聡 免許取得による自動車利用に関する信念の変化分析 土木計画学研究・論文集,21,2,515-522 2004
藤井聡 ハリウッド映画の陰鬱 発言者,125,74-77 2004
藤井聡 公共事業と大衆世論 ほっとほくりく,37,4 2004
藤井聡 東電シュラウド問題にみる原子力管理への信頼の変化 社会技術研究論文集,2,399-405 2004
藤井聡 行動プラン法を用いたTFPの開発:小学校教育プログラムへの適用事例 土木計画学研究・論文集,21,4,1011-1018 2004
藤井聡 モビリティ・マネジメント-「豊かな社会」のための総合的な交通計画- 新都市,16,2,17-24 2004
Fujii, S. Kitamura, R. Drivers' mental representation of travel time and departure time choice in uncertain traffic network conditions Networks and Spatial Economics,3,243-256 2004
藤井聡 :「社会的ジレンマ」における意思決定 三色旗,680,9-15 2004
藤井聡 TDMと社会的信頼 都市問題,94,3,29-43 2003
藤井聡 需要の創造/決意の計画, 土木学会誌,88,7,31-32 2003
藤井聡 技術的安全と社会的安心 社会技術研究論文,1,1-8 2003
藤井聡 個人のOD所要時間動的算定のための交通流シミュレータの開発 土木学会論文集,730,39-42 2003
藤井聡 TDMの心理的方略としてのTFP (トラベル・フィードバック・プログラム) -実務的課題と展望- 土木学会論文集,737,27-38 2003
藤井聡 リスク管理者に対する信頼と監視-炉心シュラウド問題が住民意識に及ぼした影響分析- 社会技術研究論文,1,123-132 2003
藤井聡 公共的問題を題材とした学校教育プログラムについての基礎的考察 土木計画学研究・論文集,20,1,105-110 2003
藤井聡 防災行政と自主的防災行動に対する京都市民の重要性認知分析 土木計画学研究・論文集,20,2,337-345 2003
藤井聡 自動車利用抑制コミュニケーションに対する心理的リアクタンスについての理論実証研究 土木計画学研究・論文集,20,3,571-580 2003
Satoshi Fujii Psychological and Behavioral Effects of Travel Feedback Program for Travel Behavioral Modification Transportation Research Record,1839,182-190 2003
藤井聡 協力行動依頼コミュニケーションによる経路転換の実証分析 土木学会論文集,737,57-66 2003
藤井聡 自動車免許非保有者に対するコミュニケーション実験 土木計画学研究・論文集,20,4,1003-1008 2003
藤井聡 交通需要予測におけるSPデータの新しい役割 土木学会論文集,723,1-14 2003
藤井聡 行動意図法(BI法)による交通需要予測-新規バス路線の“潜在需要”の予測事例- 土木計画学研究・論文集,20,3,563-570 2003
藤井聡 土木事業に関する賛否世論の心理要因分析 土木計画学研究・論文集,20,1,43-50 2003
藤井聡 合意形成問題に関する一考察:フレーミング効果と社会的最適化の限界 オペレーションズ・リサーチ,48,11,3-8 2003
藤井聡 交通計画のための態度・行動変容研究-基礎的技術と実務的展望- 土木学会論文集,737,13-26 2003
Satoshi Fujii Public decision mamking process and social consensus building: toward a listration of egoistic motivation in social dilemmas 土木学会論文集,No. 709/IV-56,13-26 2002
藤井聡 「決め方」と合意形成-社会的ジレンマにおける利己的動機の抑制にむけて- Journal of infrastructure planning and management,No. 709/IV-56,13-26 2002
Satoshi Fujii Risk attitude and attention: psychometric analysis of framin geffect using contingent focus model 行動計量学,28,1,9-17 2001
Satoshi Fujii TDM and social dilemmas: A role of public spirit in solving transport problems 土木学会論文集,667/IV50 2001
Satoshi Fujii Socially behavioral theory for infrastructure planning: from attitude based planning toward attitude modification planning 土木学会論文集,688/IV-53,19-35 2001
藤井聡 リスク態度と注意-状況依存焦点モデルによるフレーミング効果の計量分析- The Japanese Journal of Behaviormetrics,28,1,9-17 2001
藤井聡 土木計画のための社会的行動理論-態度追従型計画から態度変容型計画へ- Journal of infrastructure planning and management,688/IV-53,19-35 2001
Satoshi Fujii An Analysis of Individuals’ Joint Activity Engagement Using a Model System of Activity-Travel Behavior and Time Use Transportation Research Record,1676,11-19 1999
藤井聡 時間的空間的制約を考慮した生活行動軌跡を再現するための行動シミュレーションの構築 土木計画学研究・論文集,14,643-652 1997

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
The Emergence of Evolutionary Altruistic Behavior in Volunteer’s Dilemmas through Multilevel Selection The 29th International Congress of Psychology 2008
Psychological effects of travel behavior on preference of residential location choice, 2008
The mass man as defector: Implications of Ortega’s “the rebellion of the masses” on social dilemma research The 29th International Congress of Psychology 2008
景観保全に及ぼす大衆性の破壊的影響に関する実証的研究-オルテガ「大衆の反逆」の景観問題への示唆(2)- 2008
The mass man as defector: Implications of Ortega’s “the rebellion of the masses” on social dilemma research The 29th International Congress of Psychology 2008
Psychological effects of travel behavior on preference of residential location choice, 2008
The Emergence of Evolutionary Altruistic Behavior in Volunteer’s Dilemmas through Multilevel Selection The 29th International Congress of Psychology 2008
階層淘汰論に基づく利他的行動に関する実証的検討 2007
Mobility management in Japan: Its development and meta-analysis of travel feedback programs 2007
The vulgarities of masses as predictors of defective behavior:Implications of Ortega’s “the rebellion of the masses” on social dilemma research The 12th International Conference on Social Dilemmas 2007
オルテガ「大衆の反逆」論についての実証的検討 2007
The Emergence of Evolutionary Altruistic Behavior in Volunteer’s Dilemmas through Multilevel Selection The 12th International Conference on Social Dilemmas 2007
Educational method to change the attitudes of transport planners towards environmentally sustainable transportation systems in developing countries 2007
Process model of voluntary behavior modification and effects of travel feedback programs 2007
オルテガに基づく大衆性尺度の構成とその発達的要因と行動的帰結 2007
伝統的な景観保全に及ぼす大衆性の破壊的影響―オルテガ「大衆の反逆」の景観問題への示唆― 2007
道路行政を巡る賛否世論の政治心理学的分析 第27回日本道路会議 2007
総合的交通政策としてのモビリティ・マネジメント:ソフト施策とハード施策の融合による持続的展開 2007
公共事業に関する賛否世論の心理要因分析 2007
Process model of voluntary behavior modification and effects of travel feedback programs 2007
Educational method to change the attitudes of transport planners towards environmentally sustainable transportation systems in developing countries 2007
The Emergence of Evolutionary Altruistic Behavior in Volunteer’s Dilemmas through Multilevel Selection The 12th International Conference on Social Dilemmas 2007
The vulgarities of masses as predictors of defective behavior:Implications of Ortega’s “the rebellion of the masses” on social dilemma research The 12th International Conference on Social Dilemmas 2007
Mobility management in Japan: Its development and meta-analysis of travel feedback programs 2007
Comparative analysis of the determinants of pro-environmental behavioral intentions for travel and non-travel behaviors 2006
The Role and Acquisition of a Car-Use Habit the 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
Communication with non-drivers for promoting long-term pro-environmental travel behavior 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
Hierarchically-norm-activation model on pro-environmental behavior6. 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006
A cross Asian country analysis in attitudes toward car and public transport 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies. 2006
An Analysis of Effects on Workplace Mobility Management Targeting Commuter Transport. CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
Travel Behavior Modification: Theories, Methods, and Programs, Resource paper for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference (CD-ROM), Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
Determinants of car-use change goals and public acceptability: the stockholm road pricing field trial. CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
The effect of attitudes toward car and public transport on behavioral intention of commuting mode choice - a cross six Asian country comparison CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
Psychological determinants of moral obligation of car use reduction and acceptance of car use restriction in Japan and Thailand CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
A study on organizational behavioral modification process. 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies. 2006
Can state regulation of car use activate moral obligation to use sustainable modes of transport? CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
A meta-analysis to evaluate an effectiveness of mobility management in Japan and comparison to the case of EU countries. CD-ROM of proceedings for European Transport Conference 2006, Strasbourg, France. 2006
Effects of Social Values and Consideration of Future Consequences on Pro-environmental Behavioral Intention 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
Determinants of Employee Acceptance of a Compressed Workweek Scheme CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
Comparative analysis of the determinants of pro-environmental behavioral intentions for travel and non-travel behaviors 2006
The Role and Acquisition of a Car-Use Habit the 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
Communication with non-drivers for promoting long-term pro-environmental travel behavior 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
Hierarchically-norm-activation model on pro-environmental behavior6. 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006
A cross Asian country analysis in attitudes toward car and public transport 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies. 2006
An Analysis of Effects on Workplace Mobility Management Targeting Commuter Transport. CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
Determinants of Employee Acceptance of a Compressed Workweek Scheme CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
Effects of Social Values and Consideration of Future Consequences on Pro-environmental Behavioral Intention 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, 2006. 2006
A meta-analysis to evaluate an effectiveness of mobility management in Japan and comparison to the case of EU countries. CD-ROM of proceedings for European Transport Conference 2006, Strasbourg, France. 2006
Can state regulation of car use activate moral obligation to use sustainable modes of transport? CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
A study on organizational behavioral modification process. 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies. 2006
Psychological determinants of moral obligation of car use reduction and acceptance of car use restriction in Japan and Thailand CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
The effect of attitudes toward car and public transport on behavioral intention of commuting mode choice - a cross six Asian country comparison CD-ROM of Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment. 2006
Determinants of car-use change goals and public acceptability: the stockholm road pricing field trial. CD-ROM of Proceedings for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference, Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
Travel Behavior Modification: Theories, Methods, and Programs, Resource paper for the 10th International Association for Travel Behavior Research conference (CD-ROM), Kyoto, Japan, August 16-20, 2006. 2006
Hierarchically-norm-activation model on pro-environmental behavior 2005
Activating moral obligation of cooperation without increasing awareness of consequences of defection 2005
FAMOS: The Florida activity mobility simulator 2005
Promotion of a public transport by mobility management and verification of its quantitative effect: A case study for community bus in Obihiro city 2005
Travel feedback programs: Communicative mobility management measures for changing travel behavior 2005
The psychological effects of car use on place attachment 11th International Student Seminar On transport Research Symposium November 29th - December 1st, 2005, Chiba, Japan. 2005
Attention and Decision Making in Prisoners’ Dilemmas 2005
Influence of positive affect on eye movement patterns in decision making process 20th biennial conference on Subjective Probability, Utility and Decision Making, Stockholm, Sweden. 2005
How defectors get to be cooperative in a real world social dilemma?: An integrated model of behavior change process hypothesizing theory of planned behavior, norm activation theory, habits and implementation intention 2005
Hierarchically-norm-activation model on pro-environmental behavior 2005
Activating moral obligation of cooperation without increasing awareness of consequences of defection 2005
FAMOS: The Florida activity mobility simulator 2005
Promotion of a public transport by mobility management and verification of its quantitative effect: A case study for community bus in Obihiro city 2005
How defectors get to be cooperative in a real world social dilemma?: An integrated model of behavior change process hypothesizing theory of planned behavior, norm activation theory, habits and implementation intention 2005
Influence of positive affect on eye movement patterns in decision making process 20th biennial conference on Subjective Probability, Utility and Decision Making, Stockholm, Sweden. 2005
Attention and Decision Making in Prisoners’ Dilemmas 2005
The psychological effects of car use on place attachment 11th International Student Seminar On transport Research Symposium November 29th - December 1st, 2005, Chiba, Japan. 2005
Travel feedback programs: Communicative mobility management measures for changing travel behavior 2005

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
田中尚人,柴田久,藤井聡,秀島栄三,横松宗太 土木と景観−風景のためのデザインとマネジメント 2007 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
ODデータ推定方法

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) パーソナル・ヴィークルの共同利用システムの社会導入のためのMM研究 2010〜2012
挑戦的萌芽研究 代表 フォークロア・ナラティブ・アプローチに基づく「共同体地域計画」研究 2013〜2014
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
所属:都市社会工学 専攻,委託者:京都市伏見区 区長 水口重忠 久我・久我の杜・羽束師地域におけるモビ リティ・マネジメント
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
人間行動学 前期 工学研究科 2011/04〜2012/03
公共政策のための社会科学入門(A群) Introduction to social science for public choice 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
公共政策のための社会科学入門(B群) Introduction to social science for public choice 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
交通マネジメント工学 後期 工学部 2011/04〜2012/03
計画システム分析及び演習 後期 工学部 2011/04〜2012/03
交通マネジメント工学 Transportation Systems Management 後期 工学部 2012/04〜2013/03
人間行動学 Quantitative Methods for Behavioral Analysis 前期 工学研究科 2012/04〜2013/03
公共政策のための社会科学入門 Introduction to social science for public choice 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2012/04〜2013/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2013/04〜2014/03
交通マネジメント工学 Transportation Systems Management 後期 工学部 2013/04〜2014/03
人間行動学 Quantitative Methods for Behavioral Analysis 前期 工学研究科 2013/04〜2014/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2014/04〜2015/03
交通マネジメント工学 Transportation Systems Management 後期 工学部 2014/04〜2015/03
人間行動学 Quantitative Methods for Behavioral Analysis 前期 工学研究科 2014/04〜2015/03
交通マネジメント工学 Transportation Systems Management 後期 工学部 2015/04〜2016/03
人間行動学 Quantitative Methods for Behavioral Analysis 前期 工学研究科 2015/04〜2016/03
特別研究 Graduation Thesis 通年集中 工学部 2015/04〜2016/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
国際教育プログラム委員会 委員 2010/04/01〜2011/03/31
国際教育プログラム委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
基金運営委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
国際教育プログラム委員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
産官学連携本部運営協議会 2012/11/01〜2014/09/30
国際教育プログラム委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
理事補 2012/10/01〜2014/09/30
産官学連携本部運営協議会協議員 委員 2012/11/01〜2014/09/30
部局運営(役職等)
役職名 期間
産官学連携本部運営会議 2012/11/01〜2014/09/30
都市社会工学専攻長 2015/04/01〜2016/03/31
工学研究科教育制度委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
工学研究科点検・評価委員会 委員 2015/04/01〜2016/03/31
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
公益社団法人土木学会 倫理・社会規範委員会/企画運営小委員会 委員兼幹事 2011/06/01〜2013/05/31
公益社団法人土木学会 土木計画学研究委員会小委員長 2011/07/27〜2013/05/31
公益社団法人土木学会 教育企画・人材育成委員会委員長 2011/08/18〜2013/05/31
公益社団法人土木学会 倫理・社会規範委員会 教育小委員会委員長 2011/08/19〜2013/05/31
公益社団法人土木学会 論理・社会規範委員会/論理・社会規範委員会委員 2011/11/10〜2012/05/31
公益社団法人土木学会 社会コミュニケーション委員会委員 2012/06/01〜2014/05/31
公益社団法人土木学会 倫理・社会規模委員会 倫理規定検討部会委員 2012/07/25〜2014/07/24
公益社団法人 土木学会 総務部門/100周年事業実行委員会委員 2012/11/22〜2013/11/21
公益社団法人土木学会 理事会/土木学会将来ビジョン策定特別委員会委員 2013/04/04〜2015/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
埋設施設設置に関する技術専門委員会 委員 独立行政法人日本原子力研究開発機構 2010/08/30〜2012/03/31
科学研究費委員会 専門委員 独立行政法人 日本学術振興会 2010/12/01〜2011/11/30
交通政策審議会 臨時委員 国土交通省政策統括官 2011/03/13〜2013/03/12
京都府TDM アドバイザー 京都府建設交通部 2011/04/11〜2012/03/31
バックアップ拠点構想有識者懇談会 委員 北海道 2011/08/05〜2012/03/31
環境教育等推進専門家会議 委員 環境省総合環境政策局 2011/10/27〜2012/03/31
科学研究費委員会 専門委員 独立行政法人 日本学術振興会 2011/12/01〜2012/11/30
強靭な経済の研究 検討会委員 独立行政法人経済産業研究所 2012/02/17〜2012/03/31
京都首都機能バックアップ方策検討委員会 委員 京都府 2012/04/01〜2013/03/31
埋設施設設置に関する技術専門委員会 委員 独立行政法人日本原子力研究開発機構 2012/04/01〜2013/03/31
フォカルティフェロー 独立行政法人経済産業研究所 2012/09/18〜2013/08/31
奈良国際文化観光都市建設審議会 委員 奈良市 2012/10/01〜2014/09/30
社会資本整備審議会 専門委員 国土交通省 道路局 2012/12/19〜2014/11/25
内閣官房参与 内閣官房内閣総務官室 2012/12/26〜2013/12/25
交通政策審議会 臨時委員 国土交通省総合政策局 2013/03/13〜2015/03/12
ファカルティフェロー 独立行政法人経済産業研究所 2013/09/01〜2014/03/31
第3回国連防災世界会議に係る国内準備会合 委員 内閣府政策統括官 2014/02/04〜2015/03/18
タクシー特定地域協議会(奈良市域交通圏・生駒交通圏・中部交通圏) 構成員 国土交通省近畿運輸局 奈良運輸支局 2014/02/04〜2017/02/03
東九州自動車道開通後の新たな展開研究会 委員 大分県 2014/06/30〜2015/03/31
京都のまちの活力を高める公共交通検討会議 委員 京都市 2014/10/08〜2016/03/31
歩くまち・京都 推進会議 委員 京都市 2014/12/03〜2016/12/02
近畿有識者会議 委員 国土交通省近畿地方整備局 2015/01/22〜2016/03/31
沖縄鉄軌道計画検討委員会 委員 沖縄県 2015/02/13〜2016/02/29
交通政策審議会 臨時委員 国土交通省総合政策局 2015/03/13〜2017/03/12
近畿圏広域地方計画有識者会議 委員 国土交通省近畿地方整備局近畿圏広域地方計 2015/03/16〜2016/03/31
文部科学省研究開発学校運営指導委員会 委員長 日野市立平山小学校 2015/05/20〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
社団法人土木学会 コミュニケーション部門/社会コミュニケーション委員会幹事長 2010/06/25〜2012/05/31
公益財団法人国際交通安全学会 専門部会褒賞助成部会企画委員会委員 2011/04/01〜2013/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境学習にかかわる支援学校選定委員会委員長 2011/04/14〜2012/03/31
財団法人運輸政策研究機構 「地域公共交通アドバイザー制度」アドバイザー 2011/04/21〜2012/03/31
財団法人国土技術研究センター 最近の交通問題と道路サービスに関する意見交換会メンバー 2011/06/17〜2012/03/31
財団法人大阪市都市工学情報センター 「大阪駅南地区活性化検討会」委員 2011/07/06〜2012/03/30
交通エコロジー・モビリティ財団 エコ通勤の促進に関する表彰選考委員会委員長 2011/08/24〜2012/03/31
財団法人国土技術研究センター 道路空間委員会委員 2011/11/01〜2012/03/31
一般財団法人運輸政策研究機構 「地域公共交通アドバイザー制度」アドバイザー 2012/04/12〜2013/03/31
財団法人国土技術研究センター 道路空間委員会委員 2012/05/22〜2013/03/31
財団法人国土技術研究センター 最近の交通問題と道路サービスに関する意見交換会メンバー 2012/06/12〜2013/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境学習普及検討委員会委員長 2012/07/20〜2013/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 エコ通勤の促進に関する表彰選考委員会委員長 2012/08/15〜2013/03/31
一般社団法人システム科学研究所 近畿圏における地域公共交通等の現状把握と今後の方向性に関する検討会の委員 2012/10/11〜2013/03/31
持続可能な開発のための教育の10年推進会議 「持続可能な社会を担う人材育成事業におけるESDプログラム選定委員会」委員 2013/02/01〜2013/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 最近の交通問題と道路サービスに関する意見交換会メンバー 2013/04/22〜2014/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境学習普及検討委員会委員長 2013/07/03〜2014/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 エコ通勤の促進に関する表彰選考委員会委員長 2013/07/22〜2014/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 道路空間委員会委員 2014/02/05〜2014/03/31
公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財 交通環境学習普及検討委員会委員長 2014/04/09〜2015/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 最近の交通問題と道路サービスに関する意見交換会メンバー 2014/05/21〜2015/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 道路空間委員会委員 2014/06/06〜2015/03/31
一般財団法人計量計画研究所 全国都市交通特性調査検討会委員 2014/07/03〜2015/03/31
交通エコロジー・モビリティ財団 エコ通勤の促進に関する表彰選考委員会委員長 2014/07/17〜2015/03/31
関西広域連合 「関西圏域の展望研究会」委員 2014/09/29〜2015/09/28
朝日放送株式会社 朝日放送株式会社制作番組「正義のミカタ」コメンテーター 2015/03/07〜2016/03/06
公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財 モビリティ・マネジメント教育(交通環境学習)普及検討委員会委員長 2015/04/03〜2016/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 最近の交通問題と道路サービスに関する意見交換会メンバー 2015/04/28〜2016/03/31
一般財団法人国土技術研究センター 道路空間委員会委員 2015/05/12〜2016/03/31
関西テレビ放送株式会社 関西テレビ放送株式会社制作番組「ゆうがたLIVEワンダー」コメンテーター 2015/06/05〜2016/05/27

  • <<
  • >>
  • 表示