谷 史人

最終更新日時:2017/07/19 19:22:28

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
谷 史人/タニ フミト/Fumito Tani
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品生命科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部 教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 農学研究科
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3742
電子メールアドレス
メールアドレス
tanifumi @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 Japan Siciety for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本食品科学工学会 The Japanese Society for Food Science and Technology
日本免疫学会 Japanese Society for Immunology
日本食品工学会 Japan Society for Food Engineering
日本食品免疫学会 Japanese Association for Food Immunology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程食品工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部食品工学科 卒業
プロフィール
(日本語)
生体防御にかかわる食品化学の研究領域に携わっている。教育に関しては、新しい領域にチャレンジできるように自ら考える研究能力を身につけさせることを目指している。基礎だけに留まらず、学術研究の成果を応用させることに繋げたい。
(英語)
I am conducting research on food chemistry in biological defense system. As for education, one of my goals is to help graduate students acquire the abilities needed to develop innovative research by themselves. I strive continuously to contribute to not only basic science, but also applied science of food chemistry
研究テーマ
(日本語)
(1)粘膜免疫と粘膜作用性化合物の構造と物性:腸管内の恒常性をコントロールする高分子の構造を活かした新たな食品物性を創る。 (2)食品タンパク質や天然多糖類の加工特性に関する研究、食品加工における成分間相互作用の解析:食品の受諾性を決めるタンパク質や多糖類などの高分子化合物の構造や物性を明らかにする。
(英語)
(1) Food Chemistry of mucosa-interacting components: Development of a novel food component that controls intestinal homeostasis. (2) Food chemistry of components with high acceptability: Structure-function analysis of food proteins and polysaccharides, Structural and physicochemical properties of food components and their molecular interactions in food processing.
研究概要
(日本語)
(1)免疫恒常性を維持するために制御性機能をもつ免疫細胞がある。消化管には、食物が定期的に取り込まれ、また、莫大な数の腸内細菌と相利共生しているため、このような制御機能をもつ免疫細胞は重要な存在である。我々は、アレルギーや糖尿病などの予防につなげる食のあり方を探るために、食品や腸内細菌の生物素材には必ず存在するストレスタンパク質というものに着目し、タンパク質の構造とそれに対する免疫細胞の応答機構について解析している。
(英語)
(1) Regulatory immune cells exist to maintain intestinal homeostasis. They physiologically control GI functions in response to periodical stimuli by food ingestion, as well as to a large number of indigenous commensal microflora. Focusing on biological components, stress proteins (HSPs), that exist in all organisms and foodstuffs, we have been analyzing the structural characteristics of HSPs to control intestinal homeostasis and to elucidate the responses of regulatory cells in mucosal immunity for exogenous HSPs, in an effort to improve prophylactic interventions in allergies and diabetes mellitus.   
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
食品化学 Food Chemistry
免疫生物学 Immunobiology
タンパク質化学 Protein Chemistry
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Murakami, N. Kitabatake, F. Tani Dispersion in the presence of acetic acid or ammonia confers gliadin-like characteristics to the glutenin in wheat gluten J. Food Sci.,80,C269-C278 2015 英語
T. Masuda, B. Mikami, F. Tani Atomic structure of recombinant thaumatin II reveals flexible conformations in two residues critical for sweetness and three consecutive glycine residue Biochemie,106,33-38 2014 英語
谷史人 ストレスタンパク質による免疫恒常性の制御 化学と生物,49,10,689-696 2011/10/01 日本語
古川祐一,橋本恵以,中元昌広,大植隆司,谷史人,北畠直文 腸管膜リンパ節のT細胞増殖に及ぼすストレスタンパク質の影響 2010年3月 2010 日本語
谷史人 食肉由来の免疫調節ペプチドの生理機能に関する研究 食肉に関する助成研究調査成果報告書,27,34-40 2009/12 日本語
谷 史人 光と温度制御を駆使した生鮮食材料の保存と機能性向上に関する基礎的研究 2008年度東和食品研究振興会奨励研究報告書,pp.32-40 2009 日本語
谷 史人 貪食細胞によるアポトーシスとネクローシスの見きわめ 化学と生物,39,7,464-466 2001/07/25 日本語
谷 史人 自然免疫に対して危険信号を発するHsp70の解析 京都大学食糧科学研究所報告,64巻,pp.28-29 2001 日本語
谷 史人 ファージディスプレイ法を用いた一本鎖T細胞レセプターの分子育種 京都大学食糧科学研究所報告,63巻,pp.51-52 2000 日本語
谷 史人 卵白アルブミンの熱変性構造の分子論的解析 京都大学食糧科学研究所報告,61巻,pp.41-43 1998 日本語
谷 史人,安本教傳 食品タンパク質の熱変性構造の解析とその応用 京都大学食糧科学研究所報告,59巻,pp.15-16 1995 日本語
吉川正明;塩田明;谷史人;千葉英雄 食品素材としての家畜血液の三次機能に関する研究 ウシ血清アルブミン由来の平滑筋作動性ペプチドの単離と諸性質の解明 食肉に関する助成研究調査成果報告書,9(1990),309-313 1991/12 日本語
吉川正明,塩田 明,谷 史人 食品素材としての家畜血液の三次機能に関する研究-ウシ血清アルブミン由来のオピオイドペプチドの単離- 食肉に関する助成研究調査成果報告書,8巻,pp.401-406 1990 日本語
T. Masuda; W. Taguchi; A. Sano; K. Ohta; N. Kitabatake; F. Tani Five amino acid residues in cysteine-rich domain of human T1R3 were involved in the response for sweet-tasting protein, thaumatin Biochimie,95,7,1502-1505 2013/07 英語
S. Lin; S. Hirai; Y. Yamaguchi; T. Goto; N. Takahashi; F. Tani; C. Mutoh; T. Sakurai; S. Murakami; R. Yu; T. Kawada Taurine improves obesity-induced inflammatory responses and modulates the unbalanced phenotype of adipose tissue macrophages Molecular Nutrition and Food Research,57,12,2155-2165 2013 英語
K.-I. Sugiyama; R. Yamazaki; M. Kinoshita; Y. Kamata; F. Tani; Y. Minai; Y. Sugita-Konishi Inhibitory effect of citrinin on lipopolisaccharide-induced nitric oxide production by mouse macrophage cells Mycotoxin Research,29,4,229-234 2013 英語
K. Roosita; R.S. Martopuro; I. Djuwita; M.R. Damanik; C.M. Kusharto; F. Tani Biological response of epithelial cells line (CMT-93) induced by β-carotene Pakistan Journal of Nutrition,12,7,615-619 2013 英語
T. Masuda; K. Ohta; B. Mikami; N. Kitabatake; F. Tani Atomic structure of the sweet-tasting protein thaumatin I at pH 8.0 reveals the large disulfide-rich region in domain II to be sensitive to a pH change Biochemical and Biophysical Research Communications,419,1,72-76 2012/03/02 英語
R. Ohue; M. Nakamoto; N. Kitabatake; F. Tani Changes in lamina propria dendritic cells on the oral administration of exogenous protein antigens during weaning Cytotechnology,64,3,221-230 2012 英語
K.-I. Sugiyama; M. Kinoshita; Y. Kamata; Y. Minai; F. Tani; Y. Sugita-Konishi Thioredoxin-1 contributes to protection against DON-induced oxidative damage in HepG2 cells Mycotoxin Research,28,3,163-168 2012 英語
K. Ohta; T. Masuda; F. Tani; N. Kitabatake Introduction of a negative charge at Arg82 in thaumatin abolished responses to human T1R2-T1R3 sweet receptors Biochemical and Biophysical Research Communications,413,1,41-45 2011/09/16 英語
T. Masuda; K. Ohta; F. Tani; B. Mikami; N. Kitabatake Crystal structure of the sweet-tasting protein thaumatin II at 1.27Å Biochemical and Biophysical Research Communications,410,3,457-460 2011/07/08 英語
F. Tani; I. Nishitani; K. Yasumoto; N. Kitabatake Preservative effect of polyols on the stability of biocatalysts during short-term dehydration stress Food Science and Technology Research,17,4,385-392 2011/07 英語
K. Ohta; T. Masuda; F. Tani; N. Kitabatake The cysteine-rich domain of human T1R3 is necessary for the interaction between human T1R2-T1R3 sweet receptors and a sweet-tasting protein, thaumatin Biochemical and Biophysical Research Communications,406,3,435-438 2011/03/18 英語
M. Katagiri; T. Masuda; F. Tani; N. Kitabatake Expression and development of wheat proteins during maturation of wheat kernel and the rheological properties of dough prepared from the flour of mature and immature wheat Food Science and Technology Research,17,2,111-120 2011/03 英語
R. Ohue; M. Nakamoto; N. Kitabatake; F. Tani Changes in lamina propria dendritic cells on the oral administration of exogenous protein antigens during weaning Cytotechnology,1-10 2011 英語
R. Ohue; K. Hashimoto; M. Nakamoto; Y. Furukawa; T. Masuda; N. Kitabatake; F. Tani Bacterial heat shock protein 60, GroEL, can induce the conversion of Naïve T cells into a CD4 <sup>+</sup> CD25 <sup>+</sup> Foxp3-expressing phenotype Journal of Innate Immunity,3,6,605-613 2011 英語
M. Katagiri; T. Masuda; F. Tani; N. Kitabatake Changes in Textural Properties of Japanese Tenobe Somen Noodles during Storage Journal of Food Science,76,9,S500-S507-S507 2011 英語
F. Tani; S. Nishikawa; I. Yokoyama; K. Hashimoto; M. Nakamoto; M. Nomura; Y. Tao; N. Kitabatake Lymphoid neoplastic P388D1 cells express membrane protein candidates that discriminate among the C-terminal phylogenetic diversity in heat shock protein 70 sequences Molecular Immunology,48,1-3,191-202 2010/11 英語
F. Tani; M. Ohno; Y. Furukawa; M. Sakamoto; S. Masuda; N. Kitabatake Surface expression of a C-terminal α-helix region in heat shock protein 72 on murine LL/2 lung carcinoma can be recognized by innate immune sentinels Molecular Immunology,46,7,1326-1339 2009/04 英語
M. Ohno; N. Kitabatake; F. Tani Functional region of mouse heat shock protein 72 for its binding to lymphoid neoplastic P388D1 cells Molecular Immunology,44,9,2344-2354 2007/03 英語
Y. Tao; M. Nomura; N. Kitabatake; F. Tani Mouse CD40-transfected cell lines cannot exhibit the binding and RANTES-stimulating activity of exogenous heat shock protein 70 Molecular Immunology,44,6,1262-1273 2007/02 英語
Y. Tao; S. Nishikawa; M. Nomura; N. Kitabatake; F. Tani Biotinylation of heat shock protein 70 induces RANTES production in HEK293 cells in a CD40-independent pathway Biochemical and Biophysical Research Communications,338,2,700-709 2005/12/16 英語
F. Tani; N. Shirai; Y. Nakanishi; K. Yasumoto; N. Kitabatake Role of the carbohydrate chain and two phosphate moieties in the heat-induced aggregation of hen ovalbumin Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,68,12,2466-2476 2004/12 英語
M. Ohno; N. Kitabatake; F. Tani Role of the C-terminal region of mouse inducible Hsp72 in the recognition of peptide substrate for chaperone activity FEBS Letters,576,3,381-386 2004/10/22 英語
F. Tani; N. Shirai; Y. Nakanishi; N. Kitabatake Analysis of molecular interactions in heat-induced aggregation of a non-inhibitory serpin ovalbumin using a molecular chaperone Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,5,1030-1038 2003/05 英語
R. Yamauchi; H. Usui; J. Yunden; Y. Takenaka; F. Tani; M. Yoshikawa Characterization of β-lactotensin, a bioactive peptide derived from bovine β-lactoglobulin, as a neurotensin agonist Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,4,940-943 2003/04 英語
D. H. Margulies, D. H. Chung, F. Tani, K. Natarajan Cytotoxic Cells: Basic Mechanisms and Medical Applications MHC class I interaction in T cell and natural killer immunity, pp.15-23 (ed. by M. V. Sitkovsky and P. A. Henkart), Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia (2000) 2000 英語
M. Takahashi; S. Moriguchi; T. Minami; H. Suganuma; A. Shiota; Y. Takenaka; F. Tani; R. Sasaki; M. Yoshikawa Albutensin A, an ileum-contracting peptide derived from serum albumin, acts through both receptors for complements C3a and C5a Letters in Peptide Science,5,1,29-35 1998/01 英語
F. Tani; N. Shirai; T. Onishi; F. Venelle; K. Yasumoto; E. Doi Temperature control for kinetic refolding of heat-denatured ovalbumin Protein Science,6,7,1491-1502 1997/07 英語
KONGKACHUICHAI R;TANI F;YASUMOTO K Effects of Sugars and Aspartame on the Uptake and Transport of Iron by Caco-2 Cells Cultured in Serum-Free Medium. Food Sci Technol Int Tokyo,3,2,127-129 1997/05 英語
N. Shirai; F. Tani; T. Higasa; K. Yasumoto Linear polymerization caused by the defective folding of a non-inhibitory serpin ovalbumin Journal of Biochemistry,121,4,787-797 1997/04 英語
M. Takahashi; S. Moriguchi; H. Suganuma; A. Shiota; F. Tani; H. Usui; K. Kurahashi; R. Sasaki; M. Yoshikawa Identification of Casoxin C, an ileum-contracting peptide derived from bovine κ-casein, as an agonist for C3a receptors Peptides,18,3,329-336 1997 英語
F. Tani; M. Murata; T. Higasa; M. Goto; N. Kitabatake; E. Doi Molten globule state of protein molecules in heat-induced transparent food gels Journal of Agricultural and Food Chemistry,43,9,2325-2331 1995/09 英語
KOHYAMA, K; MURATA, M; TANI, F; SANO, Y; DOI, E EFFECTS OF PROTEIN-COMPOSITION ON GELATION OF MIXTURES CONTAINING SOYBEAN 7S AND 11S GLOBULINS BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY,59,2,240-245 1995/02 英語
TANI, F; MURATA, M; HIGASA, T; GOTO, M; KITABATAKE, N; DOI, E HEAT-INDUCED TRANSPARENT GEL FROM HEN EGG LYSOZYME BY A 2-STEP HEATING METHOD BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY,57,2,209-214 1993/02 英語
MURATA, M; TANI, F; HIGASA, T; KITABATAKE, N; DOI, E HEAT-INDUCED TRANSPARENT GEL FORMATION OF BOVINE SERUM-ALBUMIN BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY,57,1,43-46 1993/01 英語
SUGANUMA H;FUJIU E;SHIOTA A;TANI F;KURAHASHI K;USUI H;CHIBA H;YOSHIKAWA M Ileum and vasoactive peptides derived from serum albumin. Pept Chem,1992,612-614 1993 英語
M. Yoshikawa, H. Suganuma, A. Shiota, F. Tani, H. Usui, K. Kurahashi, and H. Chiba Casoxin D, a bradykinin agonist peptide derived from human casein. Peptide Chemistry 1992: 572-575 1993 英語
F. Tani; K. Iio; H. Chiba; M. Yoshikawa Isolation and characterization of opioid antagonist peptides derived from human lactoferrin. Agricultural and Biological Chemistry,54,7,1803-1810 1990/07 英語
H. Chiba; F. Tani; M. Yoshikawa Opioid antagonist peptides derived from kappa-casein. Journal of Dairy Research,56,3,363-366 1989 英語
M. Yoshikawa, F. Tani, and H. Chiba Structure-activity relationship of opioid antagonist peptides derived from milk proteins. Peptide Chemistry 1987: 473-476 1988 英語
M. Yoshikawa; F. Tani; T. Ashikaga Purification and characterization of an opioid antagonist from a peptic digest of bovine κ-casein Agricultural and Biological Chemistry,50,11,2951-2954 1986/11 英語
M. Yoshikawa; F. Tani; T. Yoshimura; H. Chiba Opioid peptides from milk proteins Agricultural and Biological Chemistry,50,9,2419-2421 1986/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷史人,太野路子,北畠直文 「マウス腫瘍細胞LL/2の表面に提示された熱ショックタンパク質72の特徴」 日本農芸化学会2008年度大会,大会講演要旨集p.52(2008/3). 2008 日本語
太田有美子,谷史人,下村健一,高橋武博,杵川洋一,北畠直文 「杉樹葉部抽出液の花粉症軽減効果」 日本農芸化学会2007年度大会,大会講演要旨集p.11(2007/3 2007 日本語
西川慧,北畠直文,谷史人 「ストレスタンパク質70の配列多様性を識別するマウス免疫細胞の探索」 日本農芸化学会2007年度大会,大会講演要旨集p.86(2007/3). 2007 日本語
R. Ohue; F. Tani; N. Kitabatake Effects of CpG-oligodeoxynucleotides on dendritic cell development. Nucleic acids symposium series (2004),52,647-648 2008 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
谷 史人 5章 アミノ酸・ペプチド・タンパク質 化学同人 (マッキー生化学-分子から解き明かす生命-第4版,pp.113-169,市川厚監修) 2010 日本語
谷 史人 第7章 環境と食-生体防御からみた食の環境- 丸善株式会社 (地球環境学へのアプローチ,pp.97-111, 京都大学地球環境学研究会著) 2008 日本語
谷 史人 アミノ酸・タンパク質関連項目 丸善株式会社 (「丸善 食品総合辞典」,五十嵐脩,小林彰夫,田村真八郎編集代表) 1998 日本語
R. Ohue, F. Tani, and N. Kitabatake Effects of CpG-oligodeoxynucleotides on dendritic cell development. Oxford University Press (Nucleic Acids Symposium Series No.52, pp.647-648) 2008 英語
D. H. Margulies, D.-H. Chung, F. Tani, and K. Natarajan MHC class I interaction in T cell and natural killer immunity. Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia (Cytotoxic Cells: Basic Mechanisms and Medical Applications, pp.15-23 (ed. by M. V. Sitkovsky and P. A. Henkart)) 2000 英語
F. Tani, A. Shiota, H. Chiba, and M. Yoshikawa Serorphin, an opioid peptide derived from bovine serum albumin. VCH Verlag, Weinheim (b-Casomorphin and Related Peptides: Recent Development, pp.49-53 (ed. by V. Brantl and H. Teschemacher)) 1994 英語
M. Yoshikawa, F. Tani, A. Shiota, H. Suganuma, H. Usui, K. Kurahashi, and H. Chiba Casoxin D, an opioid antagonist/ileum-contracting/vaso-relaxing peptide derived from human as1-casein. VCH Verlag, Weinheim (b-Casomorphin and Related Peptides: Recent Development, pp.43-48 (ed. by V. Brantl and H. Teschemacher)) 1994 英語
E. Doi, F. Tani, M. Murata, T. Koseki, and N. Kitabatake Heat-induced transparent gels of globular proteins. Plenum Press, New York (Food Hydrocolloids: Structure, Properties, and Functions, pp.317-325 (ed. by K. Nishinari and E. Doi)) 1994 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 生物種特異的分子識別機構に関する研究 2007〜2009
挑戦的萌芽研究 代表 食品コロイド分散系の流動特性が消化管内細胞に与える物理的刺激に関する研究 2013〜2014
基盤研究(B) 代表 相利共生場におけるストレスタンパク質の新機能とその粘膜制御への応用 2013〜2015
挑戦的萌芽研究 代表 食品コロイド分散系の流動特性が消化管内細胞に与える物理的刺激に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 相利共生場におけるストレスタンパク質の新機能とその粘膜制御への応用 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 相利共生場におけるストレスタンパク質の新機能とその粘膜制御への応用 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
伊藤記念財団研究助成 谷 史人 食肉由来の免疫調節ペプチドの生理機能に関する研究 Studies on the physiological functions of immunomodulatory peptides derived from meat foodstuff. 2008〜2009
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
食品基礎生化学Ⅱ、生命科学実験及び実験法、環境農学、地球環境学のすすめ
食環境学特論、食環境学専攻演習、食環境学専攻実験、食糧資源化学論演習
食糧資源化学論演習 後期不定 地球環境学舎 2011/04〜2012/03
食環境管理論 後期集中 地球環境学舎 2011/04〜2012/03
食品基礎生化学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品化学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品安全学I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品安全学 Food Safety 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
化学工学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04〜2012/03
地球環境学のすすめ(A群) Introduction to Global Environmental Studies 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
環境農学論(A群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
環境農学論(B群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
食品基礎生化学I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
環境農学論(B群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
食品化学 Food Chemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品安全学Ⅰ Food Safety 1 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品安全学 Food Safety 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
食品の感性科学を考える Organoleptic Science of Foods 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
食糧資源化学論演習 Exercise in Global Food Resources 後期不定 地球環境学舎 2012/04〜2013/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品化学 Food Chemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品安全学Ⅰ Food Safety 1 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食環境学特論 Food and Environmental Sciences 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品の感性科学を考える Organoleptic Science of Foods 前期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品化学 Food Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品安全学Ⅰ Food Safety 1 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品分析化学 Analytical Chemistry in Food Science 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食品分析化学 Analytical Chemistry in Food Science 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品化学 Food Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食品安全学Ⅰ Food Safety 1 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学特論 Food and Environmental Sciences 後期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
基礎生化学II Fundamental Biochemistry II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
食品分析化学 Analytical Chemistry in Food Science 後期 農学部 2016/04〜2017/03
食品化学 Food Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
食品安全学Ⅰ Food Safety 1 後期 農学部 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験2 Experimental Course in Food and Environmental Sciences2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習2 Food and Environmental Sciences Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
農産製造学専攻実験1 Experimental Course in Bioengineering1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
農産製造学専攻実験2 Experimental Course in Bioengineering2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
農産製造学専攻演習1 Bioengineering Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
農産製造学専攻演習2 Bioengineering Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食品分析化学 Analytical Chemistry in Food Science 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食品化学 Food Chemistry 前期 農学部 2017/04〜2018/03
食品化学特論 Advanced Course of Food Chemistry 後期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03
食品安全学I Food Safety 1 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食品工学 Food Engineering 前期 農学部 2017/04〜2018/03
食品物理化学II Physical Chemistry in Food Science II 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食品生物工学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Biotechnology 前期 農学部 2017/04〜2018/03
食品生物科学演習 Seminar on Food Science and Biotechnology 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻実験2 Experimental Course in Food and Environmental Sciences2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻演習2 Food and Environmental Sciences Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
放射性同位元素予防小委員会
放射線障害予防小委員会 委員 2008/04/01〜2011/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
動物実験委員会 教育訓練WG 委員 2012/10/10〜2014/09/30
京都大学研究公正推進委員会 研究データ保存のルール制定の作業部会 2015/04/21〜2015/05/13
宇治キャンパス公開2011実行委員会 委員 2011/01/01〜2011/12/31
研究戦略室プログラムオフィサー 委員 2012/10/01〜2014/09/30
研究戦略タスクフォースプログラムディレクター 2010/10/01〜2012/09/30
放射性同位元素等専門委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
北部構内実験排水系管理委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
放射線障害予防小委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会委員長 2012/10/01〜2014/09/30
食品生物科学専攻長 2014/04/01〜2015/03/31
制度・組織等検討委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
評価委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
防火・防災委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
研究科教務委員会 委員 2015/04/01〜2019/03/31
動物実験委員会 委員 2005/04/01〜2019/03/31
放射線障害防止委員会 委員 2006/10/10〜