伊勢田 哲治

最終更新日時:2015/12/01 16:32:58

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
伊勢田 哲治/イセダ テツジ/Tetuji Iseda
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/現代文化学専攻現代文化学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
生存圏研究所 附属生存圏萌芽研究センター 学内研究担当教員
電子メールアドレス
メールアドレス
iseda213 @ gmail.com
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本哲学会 The Philosophical Association of Japan
日本科学哲学会 Philosophy of Science Society, Japan
科学基礎論学会 Japan Association for Philosophy of Science
日本倫理学会 The Japanese Society for Ethics
科学技術社会論学会 Japanese Society for Science and Technology Studies
日本イギリス哲学会 Japanese Society for British Philosophy
関西倫理学会 The Kansai Ethical Society
京都哲学会 The Kyoto Philosophical Society
応用哲学会 Japan Association for the Contemporary and Applied Philosophy
社会情報学会 Society of Socio-Informatics
日本リスク研究学会 Society for Risk Analysis Japan
科学史学会 History of Science Society of Japan
ヒトと動物の関係学会

  • <<
  • >>
  • 表示
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Philosophy of Science Association United States
Society for Social Studies of Science United States
Association for Practical and Professional Ethics United States
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
Ph.D(哲学博士) メリーランド大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻 研究指導認定退学
メリーランド大学カレッジパーク校 修了
京都大学 大学院文学研究科修士課程哲学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部哲学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/10/〜2002/07/ 名古屋大学情報文化学部 School of Informatics and Sciences, Nagoya University 講師 Lecturer
2002/07/〜2003/03/ 名古屋大学情報文化学部 School of Informatics and Sciences, Nagoya University 助教授 Associate Professor
2003/04/〜2007/03/ 名古屋大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nagoya University 助教授 Associate Professor
2007/04/〜2008/03/ 名古屋大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nagoya University 准教授 Associate Prefessor
2008/04/〜 京都大学文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 准教授 Associate Professor
個人ホームページ
URL
http://tiseda.sakura.ne.jp/index_japanese.html
研究テーマ
(日本語)
科学哲学、倫理学
(英語)
Philosophy of Science, ethics
研究概要
(日本語)
科学哲学、倫理学、認識論などを中心にさまざまなテーマを研究している。 科学哲学関係では境界設定問題、科学的実在論論争、ベイズ主義、社会認識論などが主な研究テーマである。倫理学では、メタ倫理学的内在主義、功利主義などの理論的なテーマと共に、工学倫理、動物倫理などの応用倫理の研究も行なっている。 認識論においては認識論的内在主義や文脈主義が関心の対象である。
(英語)
I conduct research on wide variety of issues in philosophy of science, ethics, and epistemology. In philosophy of science, my research interests are: demarcation problem, scientific realism, Bayesianism, social epistemology. In ethics, my research interests are: metaethical internalism, utilitarianism, engineering ethics, animal ethics In epistemology I am interested in epistemological internalism and contextualism.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
科学哲学 philosophy of science
倫理学 ethics
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
科学社会学・科学技術史
哲学・倫理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
ISEDA Tetsuji Bayesianism as a Set of Meta-criteria and Its Social Application Korean Journal for the Philosophy of Science,18,2,35-64 2015/07 英語
伊勢田 哲治 十九世紀科学哲学を現代の目で振り返る 哲学研究,599,1-29 2015/04 日本語
伊勢田 哲治 ウィッグ史観は許容不可能か Nagoya Journal of Philosophy,10,4-24 2013/11 日本語
伊勢田 哲治 認識論の社会化と非認識的価値 哲學,64,9-24 2013/04 日本語
Tetsuji Iseda How to teach research integrity without the notion: attempts in Japan T. Mayer and N.Steneck eds. Promoting Research Integrity in a Global Environment. World Scientific Pub. Co, pp. 251-243 2012/01 英語
伊勢田, 哲治 科学技術社会論とクリテイカルシンキング教育の実り多い融合は可能か Nagoya journal of philosophy,9,59-82 2011/04/30 日本語
Tetsuji Iseda When is diversity within a field desirable? --a social-epistemological analysis of current American sociology-- 『哲學研究』 591号 pp.1-18 (アラビア数字ページ) 2011/04 英語
When is diversity within a field desirable?: a social-epistemological analysis of current American sociology The Journal of philosophical studies,591,1-18 2011/04 英語
伊勢田 哲治 シンポジウム提題者報告要旨 動物の権利はなぜ説得力を持つのか--倫理的帰属者文脈主義の試み (二〇一〇年度[関西倫理学会]大会シンポジウム 動物--倫理への問い) 倫理学研究,41,3-12 2011 日本語
伊勢田哲治 疑似科学をめぐる科学者の倫理 社会と倫理,25,101-119 2011 日本語
伊勢田 哲治 科学コミュニケーションとしてのクリティカルシンキング教育(Session 6:教育の改革に向けて,京都大学基礎物理学研究所研究会「科学としての科学教育」,研究会報告) 物性研究,93,4,450-457 2010/01/05 日本語
伊勢田 哲治 認識論的問題としてのモード2科学と科学コミュニケーション (特集 科学コミュニケーション) 科学哲学,43,2,1-17 2010 日本語
伊勢田 哲治 ダーウィンの残した思考ツール--近年の生物学哲学の話題から (第33回[日本イギリス哲学会]研究大会) -- (シンポジウム ダーウィンと現代) イギリス哲学研究,33,167-169 2010 日本語
伊勢田哲治 科学コミュニケーションとしてのクリティカルシンキング教育 素粒子論研究,117,4,D86-D93 2009/10/20 日本語
伊勢田 哲治 分析哲学者としての鶴見俊輔 (『思想の科学』の原点をめぐって) 思想,1021,67-84 2009/05 日本語
伊勢田 哲治 「歴史科学における因果性と法則性」、飯田隆ほか編『岩波講座哲学11 歴史/物語の哲学』 岩波書店、2009年1月、pp. 95-119 2009 日本語
伊勢田哲治,戸田山和久 伊勢田哲治vs. 戸田山和久「[往復メールによる科学哲学]実在論論争―科学に何ができるの か―最終回・ 科学にとって「存在」とは何か」(メール対談) 『別冊「本」RATIO(ラチオ)』 第6号、2009年1月、pp. 292-335 2009 日本語
伊勢田 哲治 「動物解放は新しい道徳直観になるか」 歴史文献研究をベースとした日本的動物倫理学 の構築研究』 平成19年度-20年度科学研究費補助金(基盤研究C)報告書(研究代表者伊勢田 哲治)、2009年3月、pp. 55-65 2009 日本語
T. Iseda How should we foster the professional integrity of engineers in Japan? A pride-based approach Science and Engineering Ethics,14,2,165-176 2008/06 英語
Tetsuji Iseda "Unsettled-Domain Utilitarianism: A Revision of Hare's Two-Level Theory for Application" 『哲学』 59号, 25-38ページ 2008/04 英語
Unsettled-domain utilitarianism: a revision of hare's two-level theory for application Philosophy,59,25-38 2008/04 英語
伊勢田哲治 工学的知識の独自性はどこにあるのか : ヴィンセンティの検討を通して 科学基礎論研究,35,2,65-76 2008/03/30 日本語
伊勢田 哲治 「技術者倫理における「自律」と「自立」」 『技術倫理と社会』第3号、2008年4月、pp. 4-7 2008 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学からみた「知的設計」説 (特集:宗教と現代科学) 日本の科学者,41,11,580-585 2006/11 日本語
伊勢田 哲治 哲学系一般教育のモデルとしてのクリティカルシンキング (ワークショップ:哲学教育) 中部哲学会年報,39,54-65 2006 日本語
伊勢田 哲治 広い反照的均衡と多元主義的基礎づけ主義 Nagoya Journal of Philosophy v.5, 2006, p.29-53,5,29-53 2006 日本語
伊勢田 哲治 明治期動物愛護運動の動機づけはいかなるものであったか--関係者の背景分析を通して 社会と倫理,20,139-153 2006 日本語
T. Iseda What should be considered for animal welfare? Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science,52,4,73-75 2003 英語
伊勢田 哲治 外的世界に頼らない信頼性主義 科学哲学,36,1,1-15 2003 日本語
伊勢田 哲治 KKテーゼと懐疑主義--知識の人間的可能性からの分析 情報文化研究,16,27-44 2002/10 日本語
伊勢田 哲治 生殖医療と社会的圧力 (シンポジウム 生殖医療と倫理) 中部哲学会年報,35,95-111 2002 日本語
伊勢田 哲治 倫理学理論は環境科学に貢献できるか? (特集 科学技術の倫理) Nagoya journal of philosophy,1,55-70 2002 日本語
伊勢田 哲治 科学的合理性と二つの「社会」概念 情報文化研究,14,27-42 2001/10 日本語
伊勢田 哲治 社会学理論の進化的視点からの拡充をめぐって (特集 進化論から見た心と社会) 科学哲学,34,2,45-57 2001 日本語
Iseda Tetsuji 科学哲学における線引き問題の現代的展開 名古屋大学哲学論集,5,31-42 2001
伊勢田 哲治 外在主義メタ倫理学は相対主義を逃れうるか? 情報文化研究,12,29-38 2000/10 日本語
T. Iseda Use-novelty, severity, and a systematic neglect of relevant alternatives Philosophy of Science,66,3 SUPPL. 1,S403-S413 1999 英語
T. Iseda Scientific rationality and the \\'even stronger programme\\' AI and Society,13,1-2,156-163 1999 英語
Changes in the Concept of"Fitness"in Evolutionary Biology Studien zur praktischen Philosophie,67-98 1996/11 英語
伊勢田 哲治 形而上学的実在論は論駁されたか? 科学哲学,61-78 1995 日本語
伊勢田 哲治 内部実在論と認識における価値 実践哲学研究,35-52 1993/11 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
伊勢田 哲治 リスクの倫理学的考察(主題別討議報告) 倫理学年報,64,77-87 2015/03 日本語
伊勢田 哲治 技術者の自立と自律---専門職研究の観点から--- 電気学会研究会資料 教育フロンティア研究会 FIE-14-025~044,21-26 2014/12 日本語
伊勢田 哲治 リスクとそのコミュニケーションについて哲学者が言えること 日本安全学教育研究会誌,7,45-48 2014/08 日本語
伊勢田哲治 「講演「技術者のための動物倫理・倫理学入門」」 『技術倫理と社会』第4号、2009年4月、 pp. 112-121 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
伊勢田 哲治 ベイズ主義の社会化はいかになされるべきか---リーバイのモデルの検討を通して--- 科学哲学科学史研究,1,23-36 2006 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
伊勢田 哲治 「小林傅司『トランス・サイエンスの時代 科学技術と社会をつなぐ』」(書評) 『科学 哲学』42-2、2009年12月、pp. 88-91 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
黒田 光太郎, 戸田山 和久, 伊勢田 哲治 6-103 新入社員教育における工学倫理教育(口頭発表論文,(27)企業倫理・技術者倫理教育) 工学・工業教育研究講演会講演論文集,平成21年度,106-107 2009/08 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (27) 実証主義の多様な発展 (5) ミネルヴァ通信「究」,57,24-27 2015/12 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (26) 実証主義の多様な発展 (4) ミネルヴァ通信「究」,56,24-27 2015/11 日本語
ISEDA Tetsuji Review of In Search of Mechanisms: Discoveries across the Life Sciences Taiwanese Journal for Studies of Science, Technologyand Medicine,21,265-272 2015/10 英語
伊勢田 哲治 哲学的クリティカルシンキング 適切に「疑う」技術 Think!,55,92-99 2015/10 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (25) 実証主義の多様な発展 (3) ミネルヴァ通信「究」,55,24-27 2015/10 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (24) 実証主義の多様な発展 (2) ミネルヴァ通信「究」,54,24-27 2015/09 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (23) 実証主義の多様な発展 (1) ミネルヴァ通信「究」,53,24-27 2015/08 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (22) 十九世紀のクリティカルシンキング (6) ミネルヴァ通信「究」,52,24-27 2015/07 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (21) 十九世紀のクリティカルシンキング (5) ミネルヴァ通信「究」,51,24-27 2015/06 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (20) 十九世紀のクリティカルシンキング (4) ミネルヴァ通信「究」,50,20-23 2015/05 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (19) 十九世紀のクリティカルシンキング (3) ミネルヴァ通信「究」,49,20-23 2015/04 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (18) 十九世紀のクリティカルシンキング (2) ミネルヴァ通信「究」,48,24-27 2015/03 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (17) 十九世紀のクリティカルシンキング (1) ミネルヴァ通信「究」,47,24-27 2015/02 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (16) 実証主義はどこからきたか (4) ミネルヴァ通信「究」,46,24-27 2015/01 日本語
伊勢田 哲治 西脇与作編『入門 科学哲学: 論文とディスカッション』(書評) 科学哲学,47,2,113-116 2014/12 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (15) 実証主義はどこからきたか (3) ミネルヴァ通信「究」,45,24-27 2014/12 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (14) 実証主義はどこからきたか (2) ミネルヴァ通信「究」,44,24-27 2014/11 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (13) 実証主義はどこからきたか (1) ミネルヴァ通信「究」,43,24-27 2014/10 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (12) 帰納をめぐる論争 (8) ミネルヴァ通信「究」,42,24-27 2014/09 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (11) 帰納をめぐる論争 (7) ミネルヴァ通信「究」,41,24-27 2014/08 日本語
伊勢田 哲治 クリティカルシンキングの系譜 アリストテレス全集月報,5,5-8 2014/07 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (10) 帰納をめぐる論争 (6) ミネルヴァ通信「究」,40,24-27 2014/07 日本語
伊勢田 哲治 研究倫理について:科学哲学の視点から 全大教新聞,300,4-4 2014/06 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (9) 帰納をめぐる論争 (5) ミネルヴァ通信「究」,39,24-27 2014/06 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (8) 帰納をめぐる論争 (4) ミネルヴァ通信「究」,38,24-27 2014/05 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (7) 帰納をめぐる論争 (3) ミネルヴァ通信「究」,37,24-27 2014/04 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (6) 帰納をめぐる論争 (2) ミネルヴァ通信「究」,36,24-27 2014/03 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (5) 帰納をめぐる論争 (1) ミネルヴァ通信「究」,35,24-27 2014/02 日本語
伊勢田 哲治 馬肉スキャンダル 月刊 みんぱく,1月,1-1 2014/01 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (4) サイエンティストの起源 (4) ミネルヴァ通信「究」,34,24-27 2014/01 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (3) サイエンティストの起源 (3) ミネルヴァ通信「究」,33,24-27 2013/12 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (2) サイエンティストの起源 (2) ミネルヴァ通信「究」,32,24-27 2013/11 日本語
伊勢田 哲治 科学哲学の温故知新 (1) サイエンティストの起源 (1) ミネルヴァ通信「究」,31,24-27 2013/10 日本語
伊勢田 哲治 佐藤岳詩『R.M.ヘアの道徳哲学』(書評) 倫理学研究,43,172-175 2013/06 日本語
伊勢田 哲治 クリストフ・マラテール著 佐藤直樹訳『生命起源論の科学哲学』 創発という概念を使って、生命とその起源の理解についての問題に取り組む (書評) 図書新聞,3113,5-5 2013/06 日本語
伊勢田 哲治 技術者倫理教育はどちらに進むべきか:比屋根均『技術の知と倫理』大石敏広著『技術者倫理の現在』書評(書評) 技術倫理研究,9,159-165 2012/11 日本語
伊勢田 哲治 「ロイ・バスカー『科学と実在論』 奇妙な遍歴をたどってきた「ちょっと気になる」本」 『図書新聞』2010年3月20日号、p. 5 2010 日本語
鶴見 俊輔, 藤野 寛, 伊勢田 哲治 インタヴュー 『思想の科学』の原点をめぐって--鶴見俊輔氏に聞く (『思想の科学』の原点をめぐって) 思想,1021,7-41 2009/05 日本語
茂木 健一郎, 伊勢田 哲治 茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア(33)科学と疑似科学のあいだ--ゲスト 伊勢田哲治(京都大学) 日経サイエンス,39,2,108-113 2009/02 日本語
伊勢田 哲治 書評 小林傳司著『トランス・サイエンスの時代--科学技術と社会をつなぐ』 科学哲学,42,2,88-91 2009 日本語
伊勢田 哲治 「ハーディング『科学と社会的不平等 フェミニズム、ポストコロニアリズムからの科学批 判』 現在の科学とその哲学は「未発達」であるのか」(書評) 『図書新聞』2009年8月8 日号、p. 5 2009 日本語
伊勢田 哲治 学界展望 21世紀の生物学の哲学--文化的進化への関心の高まり イギリス哲学研究,31,95-102 2008 日本語
伊勢田 哲治 功利主義系理論と道徳的直観 (特集 功利主義の再検討) 創文,494,24-27 2007/01 日本語
伊勢田 哲治 書評 三中信宏著『系統樹思考の世界』(講談社現代新書) Nagoya journal of philosophy,6,99-105 2007 日本語
伊勢田 哲治 学会参加報告 実践・専門職倫理学会2005年年次大会 Nagoya journal of philosophy,5,75-92 2006 日本語
伊勢田 哲治 学会参加報告 「物理学の基礎における新しい方向性」第三回国際会議報告 Nagoya journal of philosophy,4,65-72 2005 日本語
伊勢田 哲治 書評 岡本裕一朗『異議あり!生命・環境倫理学』 Nagoya journal of philosophy,3,53-59 2004 日本語
伊勢田 哲治 書評 西脇与作著『科学の哲学』 科学哲学,37,2,168-171 2004 日本語
伊勢田 哲治 松本三和夫『知の失敗と社会--科学技術はなぜ社会にとって問題か』 (書評 松本三和夫『知の失敗と社会--科学技術はなぜ社会にとって問題か』) 科学技術社会論研究,2,159-163 2003/10 日本語
白水 士郎, 伊勢田 哲治, 板井 孝一郎 研究報告:共同体主義とは何か 実践哲学研究,41-88 1995/11 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
What kind of measures does Kyoto University need to take in terms of research integrity? [Invited] International Workshop on Research Integrity and Clinical Ethics 2015/03/19 英語
Epistemic diversity: mutual checking, evidential basis and a division of labor [招待あり] 國立中正大學哲學系中正哲學跨領域講座系列第二十五場 2012/12/10 日本語
Epistemic Diversity as a Means for Mutual Checking Tokyo Forum for Analytic Philosophy 2011/11/20 英語
Meta-Bayesian approach to the demarcation problem [Invited] Taiwan-Japan Workshop on Analytic Philosophy 2011/06/19 英語
Applied Philosophy: a new philosophical movement in Japan? [Invited] Korean Society for Philosophy of Science annual meeting 2010/07/02 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
倫理的クリティカル・シンキングの対象としての宇宙探査・宇宙開発 科学技術社会論学会第14回年次研究大会 2015/11/22 日本語
無制限なクリティカルシンキングの不合理性 日本科学哲学会第47回大会ワークショップ「クリティカルシンキングと合理性」提題 2014/11/16 日本語
専門家は価値についても専門家か?エンドポイントの倫理学に向けて [招待あり] 日本倫理学会第65回大会主題別討議「リスクの倫理学的考察」 2014/10/04 日本語
気候シミュレーションの認識論 応用哲学会第六回大会ワークショップ「気候シミュレーションの人文学」提題 2014/05/10 日本語
シミュレーションの認識論に何ができるか [招待あり] 科学基礎論学会大会シンポジウム「シミュレーション科学の哲学」提題 2013/06/15 日本語
[Invited] 2012/04/21 英語
曖昧述語に関する統計的モデルと主観的確率 科学哲学会大会サテライトイベント論理学と数学の哲学に関する研究会 2011/11/21 日本語
動物の権利はなぜ説得力を持つのか [招待あり] 関西倫理学会シンポジウム「動物――倫理への問い」 2010/11/07 日本語
疑似科学を利用した科学哲学入門教育 科学基礎論学会ワークショップ『科学基礎論教育:教養科目」 2010/06/13 日本語
クリティカルシンキング教育における哲学と心理学 応用哲学会第二回大会ワークショップ「クリティカルシンキング教育における哲学と心理学」 2010/04/25 日本語
認識論的問題としての科学コミュニケーション [招待あり] 科学哲学会大会シンポジウム 「知と科学知:科学コミュニケーションの文脈から」 2009/11/22 日本語
STS融合型クリティカルシンキング ---学際的探求の必要性と可能性--- 科学技術コミュニケーションとクリティカルシンキング 2009/11/14 日本語
異文化コミュニケーションとしての応用哲学 [招待あり] 応用哲学会第一回年次研究大会シンポジウム「これが応用哲学だ!」 2009/04/26 日本語
ダーウィンの残した思考ツール 近年の生物学哲学の話題から [招待あり] 日本イギリス哲学会 第33回総会・研究大会シンポジウム「ダーウィンと現在」 2009/03/28 日本語
倫理学の視点から見た技術者の自立 科学技術社会論学会第7回年次研究大会ワークショップ「技術者階層の社会的自立への課題」 2008/11/09 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
研究不正は本当に悪いことなのか 第1回「研究公正の理念の学際的検討と日本的な研究倫理の構築」研究会 2015/10/17 日本語
Research Integrity から研究公正へ [招待あり] 人文・社会科学のための研究倫理シンポジウム 研究公正と研究倫理を問い直す-理念・制度・教育- 2015/10/10 日本語
Managing the Trading Zone Effectively: How Philosophy Can Help in Developing Interdisciplinary Pidgin EASTS (East Asian Science, Technology and Society) Conference 2015, 2015/10/03 英語
動物福祉と供養の倫理 [招待あり] 第127回関西実験動物研究会 2015/09/12 日本語
A Bayesian look at inconsistencies in science The 5th Asia-Pacific Conference on the Philosophy of Science 2015/08/25 英語
How can Bayesians help communications on climate change? 15th Congress on Logic, Methodology, and Philosophy of Science (CLMPS) 2015/08/04 英語
疑似科学とイノベーションの間 [招待あり] シリーズ:科学技術イノベーション 2015/07/24 日本語
思考を深めるとはどういうことか [招待あり] 2014年度教師力アップ研修『探究力をどう育成するか』 2015/03/28 日本語
学際研究に哲学的視点は有効か:ツールボックスアプローチの紹介と考察 [招待あり] 「学際研究の原理」研究会 2015/03/10 日本語
動物福祉の論理と動物供養の倫理 [招待あり] 共同研究「肉食行為の研究」 研究会 2015/01/17 日本語
科学に分かること、分からないこと [招待あり] 兵庫県立兵庫高校出張講義 2014/12/19 日本語
非帰結主義的倫理学とリスク評価」 日本リスク研究学会第27回年次大会 2014/11/30 日本語
Historical reconsideration of empirical adequacy as the aim of science 4th East Asia &Southeast Asia Conference in Philosophy of Science 2014/11/06 英語
動物供養の倫理 [招待あり] 動物法理論研究会 2014/11/03 日本語
宇宙倫理 [招待あり] 宇宙学サマースクール2014 2014/09/26 日本語
学生の思考力を鍛える [招待あり] 新任教員教育セミナー 2014/09/25 日本語
How philosophy of science answers to the contemporary problems in East Asia Fourth meeting of Japan-China Philosophy Forum 2014/09/21 英語
Am I happier as a teacher if my students understand my lecture?; implications of the role theory for the preference satisfaction view of human welfare The Thirteenth Conference of the International Society for Utilitarian Studies (ISUS XIII Yokohama) 2014/08/19 英語
『文化系統学への招待』 合評会報告 [招待あり] 文化系統学・文化進化研究の現在:『文化系統学への招待』合評会 2014/07/28 日本語
批判的に考えるのは本当によいことか--- 哲学的クリティカル・シンキング教育からの視点 [招待あり] 第20回大学教育研究フォーラム小講演 2014/03/18 日本語
Pseudoscience as a philosophical topic NTHU-KYOTO workshop on Philosophy for Young Scholars 2014/03/13 英語
comment on A Search for Mechanism [招待あり] Japan-Taiwan Philosophy and History of Biology Workshop 2014/03/07 日本語
Contextualizing the aim of science and scientific realism Kyoto Bristol Symposium 2014/01/09 日本語
誇りと契約:技術者倫理の2つの捉え方 [招待あり] グローバルCOEプログラム「認知脳理解に基づく未来工学創成」テーマ別創成塾「ロボット工学と倫理」講演 2013/10/28 日本語
科学でわかること、わからないこと [招待あり] 奈良女子大学付属中等教育学校SSHサイエンス基礎講座2 2013/10/22 日本語
Collective confidence in global warming: a social Bayesian point of view The Third East Asia Conference on the Philosophy of Science, (EACPS) 2013/10/04 英語
動物の権利概論 なぜ動物倫理の話はかみあわないのか [招待あり] KASP合同勉強会講演 2013/08/27 日本語
「宇宙開発についての一つの考察」 [招待あり] 京都大学宇宙総合学研究ユニット・フランス国立宇宙研究センター(CNES)合同講演会『宇宙倫理と宇宙文化』コメント 2013/06/12 日本語
科学哲学教育の他分野大学院教育への貢献? [招待あり] 総研大『科学知の総合化』プログラム研究会「人文社会系研究者は他分野の大学院教育にどのように貢献できるか」 2013/03/29 日本語
宇宙倫理学事始 --宇宙進出と倫理学-- [招待あり] 第6回宇宙総合学研究ユニットシンポジウム 人類はなぜ宇宙へ行くのか4 2013/02/03 日本語
環境科学における科学知とローカル知の協同 [招待あり] 生存圏研究所164回定例オープンセミナー 2013/01/30 日本語
異文化としての哲学的倫理学 [招待あり] 2012年度SPS研究会 2013/01/26 日本語
リンチは何をそんなにおそれているのか [招待あり] マイケル・リンチ『エスノメソドロジーと科学実践の社会学』合評会 2012/12/22 日本語
introduction to the philosophy of science through pseudoscience the First IHPST Asian Regional Conference 2012/10/18 英語
Bayesianism as the foundation for risk communication the first Conference on contemporary philosophy in East Asia 2012/09/08 英語
プレートテクトニクス革命の哲学的解釈 現代地球惑星科学史合宿 2012/08/24 日本語
Teaching meta-critical thinking International Conference on Thinking 2012 2012/07/05 英語
クリティカルシンキングの技法: 科学技術と社会の接点から [招待あり] 院生・ポスドクのためのスキルアップセミナー 2012 2012/05/08 日本語
技術知の社会認識論にむけて」 応用哲学会第四回大会発表 2012/04/22 日本語
進化生物学から倫理問題について何が言える(言えない)のか [招待あり] 医学教育シンポジウム 「医のプロフェッショナリズムの新たな展開」第3弾 ~道徳的行動の脳内メカニズムと,教育への応用における哲学的諸問題~ 2011/12/11 日本語
クリティカルシンキングの技法: 科学技術論の事例を通して学ぶ [招待あり] 大学院生のためのスキルアップセミナー 2011秋 2011/10/11 日本語
道徳的人格を演じること:役割理論の動機内在主義への含意 応用哲学会臨時大会 2011/09/24 日本語
A statistical model of vagueness based on supervaluationism 14th CLMPS (Congress of Logic, Methodology and Philosophy of Science) 2011/07/26 英語
歴史科学は一括りにできるのか:タッカーの歴史科学哲学の適用可能性の検討 日本地球惑星科学連合2011年大会「地球惑星科学の科学論」セッション 2011/05/22 日本語
「科学的」とはなにか考える 『関係性の科学 vol1』 2011/05/09 日本語
応用倫理学の標準化? [招待あり] 第八回応用倫理研究会座談会「応用倫理学に未来はあるか?」 2011/02/25 日本語
social reception of science: pseudoscience as an issue for philosophers and scientists Japan-France Frontiers of Science 2011/01/21 英語
戦争倫理学 [招待あり] 大河講座 ひとの大学 2010/12/15 日本語
境界設定問題はどのように概念化されるべきか」 日本科学哲学会第43回年次大会 2010/11/27 日本語
倫理について哲学的に考える [招待あり] 福岡県公民科研究会講演 2010/11/02 日本語
動物実験の倫理:権利・福祉・供養 シンポジウム「ヒトと動物の関係をめぐる死生学」 2010/09/04 日本語
How to Teach Critical Thinking and STS at Once Annual Meeting of Society for the Social Studies of Science 2010/08/27 英語
How to Teach Research Integrity without Using the Notion: Attempts in Japan 2nd World Conference on Research Integrity 2010/07/22 日本語
科学の拡大と科学哲学の使い道 [招待あり] シノドスセミナー 2010/03/14 日本語
疑似科学をめぐる科学者の倫理 応用倫理研究会 2010/02/18 日本語
Social epistemology of mode 2 knowledge production: the case of a nature restoration project in Japan Sixth International Conference on Technology, Knolwedge and Society 2010/01/16 英語
Intercultural issues toward integration of critical thinking and science communication Asia Pacific Computing and Philosophy Conference 2009/10/02 英語
クリシン入門書としての『戦争論理学 あの原爆投下を考える62問』 三浦俊彦 『戦争倫理学』合評会 2009/09/06 日本語
科学コミュニケーションとしてのクリティカルシンキング教育 京都大学基礎物理学研究所研究会「科学としての科学教育」 2009/08/28 日本語
どのようなクリティカルシンキングを学生に身につけさせるか STSの観点から [招待あり] 名古屋大学高等教育研究センター第81回招聘セミナー 2009/07/17 日本語
STSとクリティカルシンキング教育: 実り多い融合は可能か 第1回 STS Network Japan 関西定例研究会 2009/06/28 日本語
なぜ動物倫理の話はかみあわないのか: 英米倫理学の観点から見る動物福祉と動物解放論 ヒトと動物の関係学会第71回月例会 2009/05/30 日本語
『動物からの倫理学入門』へのコメントへのお返事 京都生命倫理研究会 『動物からの倫理学入門』合評会 2009/03/21 日本語
Why Do Japanese not Take Animal Rights Seriously?: A Historical Analysis Applied Ethics: The Third International Conferece in Sapporo 2008/11/23 英語
When Is Diversity within a Field Desirable?: A Social-Epistemological Analysis of Current American Sociology Joint Annual Meeting of Society for Social Studies of Science and European Association for the Study of Science and Technology 2008/08/22 英語
共同作業としての批判的思考と「思いやりの原理」 『批判的思考の認知的基礎と教育実践』研究会 2008/07/27 日本語
動物解放は新しい道徳直観になるか? 日本イギリス哲学会第38回関西部会例会 2008/07/05 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
伊勢田 哲治、なつたか マンガで学ぶ動物倫理 わたしたちは動物とどうつきあえばよいのか 化学同人 2015/11
直江清隆、盛永審一郎編 理系のための科学技術者倫理 丸善 2015/06
上野吉一、武田庄平編 動物福祉の現在 動物とのよりよい関係を築くために 農林統計出版 2015/04
楠見孝・道田泰司編 批判的思考 21世紀を生き抜くリテラシーの基盤 新曜社 2015/01
須藤 靖, 伊勢田 哲治 科学を語るとはどういうことか ---科学者、哲学者にモノ申す (河出ブックス) 河出書房新社 2013/06/11
中村征樹編 ポスト3・11の科学と政治 ナカニシヤ出版 2013/02 日本語
野矢茂樹編著 子どもの難問 哲学者の先生、教えてください 中央公論新社 2013/01
伊勢田哲治 倫理学的に考える 勁草書房 2012/12 日本語
黒田光太郎、戸田山和久、伊勢田哲治編 誇り高い技術者になろう 第二版 名古屋大学出版会 2012/07 日本語
戸田山和久、美濃正、出口康夫編 これが応用哲学だ! 大隅書店 2012/04/25 日本語
香川知晶・樫則章編 『シリーズ生命倫理学2 生命倫理の基本概念』 丸善 2012/01 日本語
World Conference on Research Integrity, Mayer Tony, Steneck Nicholas H. Promoting research integrity in a global environment World Scientific 2012 英語
楠見孝・子安増生・道田泰司編 批判的思考力を育む 学士力と社会人基礎力の基盤形成 有斐閣 2011/09 日本語
菊池誠ほか もうダマされないための「科学」講義 光文社 2011/09 日本語
戸田山和久・出口康夫編 応用哲学を学ぶ人のために 世界思想社 2011/05 日本語
一ノ瀬正樹・新島典子編 ヒトと動物の死生学 犬や猫との共生、そして動物倫理 東京大学大学院人文社会系研究科グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化 2011/03 日本語
奈良由美子、伊勢田哲治編 『生活知と科学知』 放送大学教育振興会 2009/03 日本語
飯田隆ほか編 岩波講座哲学 11 歴史/物語の哲学 岩波書店 2009/01 日本語
野家 啓一, 三島 憲一, 大塚 和夫, 北川 東子, 伊勢田 哲治, 小田中 直樹, 春日 直樹, 森 明子, 苅部 直, 鹿島 徹, 貫 成人, 宮坂 和男, 横地 徳広 岩波講座 哲学〈11〉歴史/物語の哲学 岩波書店 2009/01 日本語
伊勢田 哲治 動物からの倫理学入門 名古屋大学出版会 2008 日本語
飯田隆編 哲学の歴史 第11巻 中央公論新社 2007 日本語
伊勢田哲治、樫則章編 生命倫理学と功利主義 (倫理学のフロンティア XVII) ナカニシヤ出版 2006/05 日本語
伊勢田 哲治 哲学思考トレーニング 筑摩書房 2005 日本語
加藤尚武編 環境と倫理 人間と自然の共生を求めて 新版 有斐閣 2005 日本語
奈良由美子、石川実編 生活の動態と経営 放送大学出版会 2005 日本語
新田孝彦、蔵田伸雄、石原孝二編 科学技術倫理を学ぶ人のために 世界思想社 2005 日本語
黒田光太郎、戸田山和久、伊勢田哲治編 誇り高い技術者になろう 名古屋大学出版会 2004/04 日本語
伊勢田 哲治 認識論を社会化する 名古屋大学出版会 2004 日本語
A. Feenberg and D. Barney eds. Community in the Digital Age: Philosophy and Practice Rowman and Littlefield 2004 英語
伊勢田 哲治 疑似科学と科学の哲学 名古屋大学出版会 2003 日本語
戸田山和久ほか編 心の科学と哲学----コネクショニズムの可能性 昭和堂 2003 日本語
越智貢ほか編 情報倫理の構築---新しい生活パラダイムに向けて 新世社 2003 日本語
加茂直樹編 社会哲学を学ぶ人のために 世界思想社 2001 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
レイチェル・クーパー著、伊勢田哲治、村井俊哉監訳 精神医学の科学哲学 名古屋大学出版会 2015/06

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
伊勢田哲治、戸田山和久、調麻佐志、村上祐子編 科学技術をよく考える クリティカルシンキング練習帳 名古屋大学出版会 2013/04/15 日本語
黒田 光太郎, 戸田山 和久, 伊勢田 哲治 誇り高い技術者になろう―工学倫理ノススメ 名古屋大学出版会 2004/04 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
科学基礎論学会学会賞 科学基礎論学会 Japan Association for Philosophy of Science 2005/06/
柿内賢信記念優秀賞 科学技術社会論学会、倶進会 2013/11/
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
日韓科学哲学ワークショップ 2011/02/21
第二回東アジア科学哲学ワークショップ 日本科学哲学会サテライトイベント 2012/11/12
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 分担 工学倫理の基礎づけと教育実践のための総合的研究 2001〜2003
基盤研究(B) 分担 インターネット空間における倫理行動の構造に関する国際比較調査による実証研究 2003〜2005
基盤研究(B) 分担 技術者倫理教育における教材および教授法の開発とオンライン教材提供のための基礎研究 2004〜2006
基盤研究(C) 代表 誇りをベースとした技術者倫理教育手法の基礎研究および開発 2005〜2006
基盤研究(B) 分担 科学技術リスク論の倫理学的研究 2006〜2008
基盤研究(C) 代表 歴史文献研究をベースとした日本的動物倫理学の構築研究 2007〜2008
基盤研究(B) 代表 科学技術社会論と融合したクリティカルシンキングの研究および教育手法開発 2009〜2011
基盤研究(B) 分担 専門職倫理の統合的把握と再構築 2009〜2012
基盤研究(B) 分担 地球惑星科学の哲学の基盤構築 2011〜2012
基盤研究 (C) 代表 19世紀イギリス科学哲学の現代科学哲学の視点からの再検討 2015/04/01〜2018/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
科学哲学科学史(特殊講義) 前期 文学研究科 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(特殊講義) 後期 文学研究科 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(演習) 前期 文学研究科 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(演習) 後期 文学研究科 2011/04〜2012/03
基礎現代文化学(講読I) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
日本史学(講読) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
西洋史学(講読) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
科学哲学(講義) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(特殊講義) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(特殊講義) 後期 文学部 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(演習) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(演習) 後期 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文(科学哲学科学史) 通年集中 文学研究科 2011/04〜2012/03
科学哲学科学史(卒論演習) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04〜2013/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 前期集中 文学研究科 2012/04〜2013/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 後期集中 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(卒論演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学研究科 2012/04〜2013/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(卒論演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学研究科 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学研究科 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学研究科 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学研究科 2013/04〜2014/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 前期 文学研究科 2013/04〜2014/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 前期集中 文学研究科 2013/04〜2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04〜2014/03
科学哲学入門 introduction to philosophy of science 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
基礎現代文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(卒論演習I) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(卒論演習II) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学研究科 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04〜2015/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 総合生存学館 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04〜2015/03
研究科横断型教育科目(Aタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Atype) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04〜2016/03
研究科横断型教育科目(Aタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Atype) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(卒論演習II) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(卒論演習I) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(演習) Philosophy and History of Science (Seminars) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 総合生存学館 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
科学哲学(講義) Philosophy of Science (Lectures) 後期 文学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員 2011/09/11〜2013/09/10
ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員 2013/09/11〜2015/09/10
公正研究ワーキンググループ 2014/06/24〜2014/08/22
京都大学研究公正の推進検討委員会 研究公正教育小委員会 委員 2014/10/01〜2015/02/28
部局運営(役職等)
役職名 期間
専修主任 2015/04/01〜2016/03/31
広報委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
名古屋大学哲学会 委員 2000〜2007
中部哲学会 幹事 2001〜2007
日本科学哲学会 Philosophy of Science Society Japan 評議員 2007〜
応用哲学会 Japan Association for Contemporary and Applied Philosophy 理事 2008〜2013/05/31
京都哲学会 委員 2008〜
日本科学哲学会 Philosophy of Science Society, Japan 理事 2009〜
科学基礎論学会 Japan Association for Philosophy of Science 評議員 2009〜
関西倫理学会 委員 2009〜
日本哲学会 Philosophical Society of Japan 企画委員 2009〜2010
ヒトと動物の関係学会 Philosophical Association of Japan 評議員 2010〜
日本哲学会 The Philosophical Association of Japan 評議員 2011〜
科学基礎論学会 Japan Association for Philosophy of Science 理事 2011〜
科学基礎論学会 Japan Association for Philosophy of Science 企画委員 2011〜
応用哲学会 Japan Association for Contemporary and Applied Philosophy 事務局長 2012〜2015/05/31
日本倫理学会 評議員 2012〜
日本哲学会 The Philosophical Association of Japan 理事 2013〜

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本科学哲学会 Philosophy of Science Society, Japan 科学哲学 Philosophy of Science 編集委員 2003〜
応用哲学会 Japan Association for Contemporary and Applied Philosophy Contemporary and Applied Philosophy Contemporary and Applied Philosophy 編集委員 2008〜2012
日本哲学会 Philosophical Association of Japan 哲学 編集委員 2009〜2012
関西倫理学会 倫理学研究 編集委員 2009〜2014
日本倫理学会 Japan Society for Ethics 倫理学年報 編集委員 2009〜2011
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本科学哲学会 第33回年次大会 大会実行委員 2000〜2000
日本科学哲学会 第37回年次大会 大会実行委員 2004〜2004
科学技術社会論学会 第4回年次研究大会・総会 大会実行委員 2005〜2005
応用哲学会 第一回年次研究大会 大会実行委員 2009〜2009
応用哲学会 2011年度臨時研究大会 大会実行委員長 2011〜2011
科学技術社会論学会 第10回年次研究大会・総会 大会実行委員 2011〜2011
International History, Philosophy and Science Teaching (IHPST) 2nd International History, Philosophy and Science Teaching Asian Regional Conference Scientific Committee 2014〜2014
The Division of Logic, Methodology and Philosophy of Science of the International Union for History and Philosophy of Science 15th Congress on Logic, Methodology, and Philosophy of Science (CLMPS). Programme Committee 2014〜2015
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
柿内賢信記念賞優秀賞 科学技術社会論学会 2013/11/
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
日本学術会議 連携会員 2015/07/24〜2015/09/09
その他活動:その他
活動名 内容 期間
カフェシアンティフィーク名古屋 サイエンス・カフェ世話人 2006〜2008
京都大学職員組合中央執行委員長 2010/07/01〜2011/06/30
京都大学吉田事業場過半数代表者 2012/01/01〜2012/12/31
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
メリーランド大学 哲学科 科学哲学 アメリカ 1995/09/〜1999/07/
ピッツバーグ大学 科学哲学センター 認識論の社会化 アメリカ 2003/10/〜2004/07/