金本 龍平

最終更新日時:2013/05/01 11:22:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
金本 龍平/カナモト リュウヘイ/Ryuhei Kanamoto
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品健康科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本栄養食糧学会 Japan Society of Nutrition and Food Science
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本アミノ酸学会 Japanese Society for Amino Acid Sciencies
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本調理食品研究会 The Japanese Sciety of Prepared Foods and Technology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士課程農芸化学専攻 研究指導認定退学
京都大学 大学院農学研究科博士課程農芸化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都府立大学 農学部農芸化学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪府 岸和田高等学校 きしわだこうとうがっこう
プロフィール
(日本語)
タンパク質/アミノ酸栄養に関する研究を行っている。教育に関しては科学的真理を探究することの意義、責任および面白さを伝え、実験科学に必要な論理性と洞察力を身につけるよう指導している。
(英語)
My reserch field is protein/amino acid nutrition. As for education,I always try to convey to my students the siginificance and responsibility for scientific reserch and also how exciting to pursue the scientific verities is.Furthermore, I also try to help students to aquire the ability of logics and perceptiveness needed for scientific reserch through the daily discussion about their reserch progress.
研究テーマ
(日本語)
加齢に伴うタンパク質・アミノ酸必要量の変化と代謝応答
(英語)
armAdaptive expression of dispensable amino acid-metabolic enzymes to changes in protein requirement by aging
研究概要
(日本語)
セリンやアスパラギンなどの可欠(非必須)アミノ酸を合成・分解する酵素の発現が、その必要量と食事からの供給量に応答して発現変動することを、週齢の異なるラットを用いて明らかにしました。このことは、組織への可欠アミノ酸の供給が厳密に制御されていることを示しています。しかし、このような制御機構は今まで知られておらず、その分子機構の解明に取り組んでいます。
(英語)
We found that several enzyme for synthesis and degradation of dispensable amino acid (such as serine and asparagine) expresses in response to its requirement and supply from dietary protein. This suggests the physiological importance to regulate the level of dispensable amino acid. We are now focus on to clarify regulatory mechanism of gene expression of these enzymes by dietary protein.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
分子栄養学 Molecular Nutrition
食品生理機能学 Pysiological Function of Food
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Saeki, T. Yui, S. Hirai, T. Fujii, T. Okada, S. Kanamoto, R. Ursodeoxycholic acid protects colon cancer HCT116 cells from deoxycholic acid-induced apoptosis by inhibiting apoptosome formation Nutr. Cancer, 64, 617-626 2012 有り 英語
Imamura, W. Yoshimura, R. Takai, M. Yamamura, J. Kanamoto, R. Kato, H. Adverse effects of excessive leucine intake depend on dietary protein intake: a transcriptomic analysis to identify useful biomarkers J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo), 59, 45-55 2013 有り 英語
Mizushige, T. Kanegawa, N. Yamada, A. Ota, A. Kanamoto, R. Ohinata, K. Aromatic amino acid-leucine dipeptides exhibit anxiolytic-like activity in young mice Neurosci, Lett., inpress, 2013 有り 英語
Mizushige, T. Sawashi, Y. Yamada, A. Kanamoto, R. Ohinata, K. Characterization of Tyr-Leu-Gly, a novel anxiolytic-like peptide released from bovine alphaS-casein FASEB J., in press 2013 有り 英語
Yoshimura, R., Ho,Y.Y., Mizushige, T., Ohinata, K., Kanamoto, R. Vagotomy alleviates anorectic effect of excess amount of dietary leucine on rat fed low protein diet Biosci. Biotechnol. Biochem., in press 2013 有り 英語
著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
栄養機能化学研究会 編 栄養機能化学 朝倉書店 1996 日本語
金本龍平 編 エキスパート管理栄養士養成シリーズ14 分子栄養学 化学同人 2005 日本語
伏木亨 監修、山崎 英恵 編 応用栄養学 アイ・ケイコーポレーション 2113 日本語
訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
細谷憲政 日本語版監修代表 ヒューマンニュートリション 医歯薬出版 2004 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究 (C) 代表 タンパク質必要量と可決アミノ酸の代謝制御に関する研究 Regulatory mechanisms of the dispensable amino acid metabolism in responce to protein requirement 2010/04/01〜2013/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
食品生理機能学 Physiological Function of Food 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品生理機能学 Physiological Function of Food 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品生理機能学専攻演習 Seminar in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食品生理機能学専攻実験 Experimental Course in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
栄養と健康 Nutrition and Health 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
食品生理機能学 Physiological Function of Food 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻実験1 Experimental Course in Physiological Functions of Foods1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻実験 Experimental Course in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻演習1 Seminar in Physiological Functions of Foods1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻演習 Seminar in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学特論 Physiological Functions of Foods (Advanced Course) 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
宇治キャンパス危機管理委員会防火防災WG 2012/11/06〜
食品生物科学科長 2014/04/01〜2015/03/31