大石 和男

最終更新日時:2011/10/04 15:23:17

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大石 和男/オオイシ カズオ/Kazuo Oishi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/生物資源経済学専攻比較農史農学論講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
地域農林経済学会
日本農業経済学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農林経済学専攻 修了
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1998-2001 日本学術振興会特別研究員(PD) 1998-2001 JSPS Research Fellow
プロフィール
(日本語)
京都大学大学院農学研究科修士課程修了(1995)、同博士課程研究指導認定(1998)、日本学術振興会特別研究員(PD)を経て2000年10月より京都大学農学研究科助手、現在助教。
(英語)
研究テーマ
(日本語)
近現代日本の農本思想にみるサブシステンス的性格の検討
(英語)
研究概要
(日本語)
近現代日本における農本思想群について、アメリカのアグラリアニズムなどと比較を行いつつ、それぞれの思想にみられる特徴を明らかにし、同時にそれらとサブシステンス的性格との関係について解明するための研究を行う。
(英語)
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
農本思想
サブシステンス
アグラリアニズム
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
農業経済学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大石 和男 Self-identification as the Farmer ; by the Life Course Approach Based on Collaboration Concept JOURNAL OF RURAL PROBLEM,35/3,129-140 1999 英語
大石 和男 「農業者」としての自己同一化-コラボレーション概念を用いたライフコース分析- 農林業問題研究,35/3,129-140 1999 日本語
大石和男 「新京野菜」という新たな伝統づくり 『農業と経済』(臨時増刊号:期待される大学の地域貢献)、29-34頁、2011 2010 無し 日本語
大石和男 日米の農的思想にみるサブシステンス的性格の検討 増田和也『親密圏と公共圏をつなぐサブシステンスの再構築に関する研究』(京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究40)27-37頁、2010 2010 有り 日本語
大石和男 日本の農村女性活動にみるサブシステンス的性格 増田和也ほか『公共圏との相互関係にみるサブシステンスの表象と実践』(京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究6)、32-41頁、2010 2009 有り 日本語
大石和男 農的起業にみる地元重視の思想 —全国農村女性ネットワーク会員のめざす世界— 『農業と経済』第75巻第13号、27-36頁、2009 2009 無し 日本語
大石和男 若者の受け入れと地域コミュニティ —媒介者としてのNPOおよび農業法人に着目して— 金沢夏樹、小田滋晃、増渕隆一(編著)『農業におけるキャリア・アプローチ —その展開と論理』(農業経営年報No.7)、301-312頁、2009 2009 無し 日本語
大石和男 異文化の最前線としての都市農業 『農業と経済』第75巻第5号、66-70頁、2009 2009 無し 日本語
大石和男 無農薬純米酢と地域との信頼関係作り 『農業と経済』第75巻第1号、88-91頁、2009 2008 無し 日本語
大石和男 明治地租改正期の上賀茂における社家と農家(その2) 『賀茂文化』第5号、73-83頁、2008 2008 無し 日本語
大石和男 アグラリアニズムと農本思想にみるサブシステンス的性格の検討 日本農業経済学会2011年大会 2010 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
大石和男 アグラリアニズムと農本思想の比較にみるサブシステンス的性格の検討 —現代農本思想論への手がかりとして— 『農本思想の現代的意義に関する研究』(平成20〜22年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書 研究代表:岩崎正弥)、120-135頁, 2011 2010 日本語
大石和男 サブシステンスと公共圏 増田和也ほか『公共圏との相互関係にみるサブシステンスの表象と実践』(京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究6)、1-7頁、2010 2009 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
地域農林経済学会学会誌賞 2000
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 戦後農村女性のサブシステンス活動にみる農本的思想の特質とその構造 2012〜2014
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
農業の担い手問題 The Problem of Preservation the Young Farmer Generation
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
環境科学基礎ゼミナール Proseminar on environmental science 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
農学原論演習III 後期 農学部 2011/04〜2012/03
農学原論演習II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
農学原論演習I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
農学原論専攻演習Ⅰ 農学研究科 2011/04〜2012/03
環境科学基礎ゼミナール Proseminar on environmental science 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
農学原論演習III Seminar in Agricultural Science III 後期 農学部 2012/04〜2013/03
農学原論演習II Seminar in Agricultural Science II 前期 農学部 2012/04〜2013/03
農学原論演習I Seminar in Agricultural Science I 後期 農学部 2012/04〜2013/03
農学原論演習I Seminar in Agricultural Science I 後期 農学部 2014/04〜2015/03
農学原論演習II Seminar in Agricultural Science II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
農学原論演習III Seminar in Agricultural Science III 後期 農学部 2014/04〜2015/03
農学原論専攻演習 I Advanced Seminar on Philosophy of Agricultural Science I 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
農学原論専攻演習 II Advanced Seminar on Philosophy of Agricultural Science II 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
専門外国書講義I(英語I) Foreign Food and Environmental EconomicsI 前期 農学部 2015/04〜2016/03
農学原論専攻演習1 Advanced Seminar on Philosophy of Agricultural Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
農学原論専攻演習 I Advanced Seminar on Philosophy of Agricultural Science I 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
農学原論専攻演習 II Advanced Seminar on Philosophy of Agricultural Science II 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
農学原論演習III Seminar in Agricultural Science III 後期 農学部 2015/04〜2016/03
農学原論演習II Seminar in Agricultural Science II 前期 農学部 2015/04〜2016/03
農学原論演習I Seminar in Agricultural Science I 後期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示