矢野 修一

最終更新日時:2017/07/17 11:24:15

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
矢野 修一/ヤノ シュウイチ/Shuichi Yano
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/地域環境科学専攻生産生態科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町京都大学大学院農学研究科生態情報開発学分野 Lab. of Ecological Information, Grad. School of Agriculture, Kyoto University, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8502 Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
個体群生態学会 The Society of Population Ecology
日本応用動物昆虫学会 The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology
日本ダニ学会 The Acarological Society of Japan
日本生態学会 The Ecological Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
証拠(データ)と論理に基づいて真実を解き明かす科学研究の明快さに憧れてこの世界に入りました。あのとき感じた心躍る感覚は今も変わりません。損得のために真実に目をつぶり、科学者としての信念を曲げることがどうしても出来ません。おかげで馬鹿を見てばかりですが、自分に正直に生きることを理解してくれる家族に感謝する毎日です。
研究テーマ
(日本語)
農業ダニ類と捕食者の相互作用に関する実験生態学的研究
研究概要
(日本語)
重要害虫であるハダニ類の実験生物としての可能性を開拓することで、ハダニの集団行動が「歩行跡をたどる」という個体単位の行動規則の増幅で創発される仕組みや、ハダニが吐糸で作る網で天敵の攻撃を避ける仕組み等の、野外で検証できない諸問題を操作実験的に解明している。一方で、ハダニの天敵を利用して自力で身を守る野生植物の防御システムを手本にし、ハダニの天敵を利用して栽培植物を守る生物的防除の指針を探っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生態学
ハダニ
生物的防除
集団行動
捕食回避
ギルド内捕食
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用昆虫学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Otsuki H, Yano S Within-patch oviposition site shifts by spider mites in response to prior predation risks decrease predator patch exploitation Ethology,123,453-459 2017 英語
Adachi M, Yano S Ant-mediated indirect negative effects of aphids on spider mites living on the same plant Experimantal and Applied Acarology,72,15-21 2017 英語
Murase A, Fujita K, Yano S Behavioural flexibility in spider mites: oviposition site shifts based on past and present stimuli from conspecifics and predators Royal Society Open Science 2017 英語
Ghazy NA, Otsuki H, Sekido T, Yano S, Amano H Dispersal of diapausing Tetranychus urticae and T. kanzawai (Acari: Tetranychidae) Entomologia Experimentalis et Applicata,160,126-132 2016 英語
H. Otsuki; S. Yano Potential lethal and non-lethal effects of predators on dispersal of spider mites Experimental and Applied Acarology,64,3,265-275 2014 英語
T. Yoshioka; S. Yano Do Tetranychus urticae males avoid mating with familiar females? Journal of Experimental Biology,217,13,2297-2300 2014
G. Clotuche; S. Yano; T. Akino; H. Amano Chemical investigation of aggregation behaviour in the two-spotted spider mite Tetranychus urticae Experimental and Applied Acarology,63,3,377-387 2014 英語
T. Gotoh; M. Hanawa; S. Shimazaki; N. Yokoyama; C-Q. Fu; R. Sugasawa; S. Yano Factors determining species displacement of related predatory mite species (Acari: Phytoseiidae) Experimental and Applied Acarology,63,2,205-215 2014 英語
H. Otsuki; S. Yano Functionally different predators break down antipredator defenses of spider mites Entomologia Experimentalis et Applicata,151,1,27-33 2014 英語
H. Otsuki; S. Yano Predation risk increases dispersal distance in prey Naturwissenschaften,101,6,513-515 2014 英語
城塚可奈子;矢野修一 カブリダニの共食いを防ぐ累代飼育システム 日本応用動物昆虫学会誌,55,1,25-27 (J-STAGE) 2011 日本語
矢野修一, 小澤真由子, 刑部正博, 川崎倫久 カブリダニ類の定着促進技術の生態学的背景―生物的防除の新しい方向性を目指して― 植物防疫 63: 635-640. 2009 日本語
A. Kasai; S. Yano; T. Nishida; F. Kadono; A. Takafuji Spatial distribution pattern of domatia and seasonal occurrence of the eriophyid mite in relation to the foliation phenology of Cinnamomum camphora Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology,46,3,159-162 2002 日本語
B. Zheng; A. Takafuji; S. Yano Seasonal performance affecting population dynamics of citrus red mite, Panonychus citri (McGregor)(Acari: Tetranychidae), on pear Entomologia Sinica,9,1,11-15 2002 英語
T. Maeda; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Factors affecting the resident time of the predatory mite Phytoseiulus persimilis (Acari: Phytoseiidae) in a prey patch Applied Entomology and Zoology,33,4,573-576 1998 英語
M. Horikoshi; J. Takabayashi; S. Yano; R. Yamaoka; N. Ohsaki; Y. Sato Cotesia glomerata female wasps use fatty acids from plant-herbivore complex in host searching Journal of Chemical Ecology,23,6,1505-1515 1997 英語
G. Clotuche; A.-C. Mailleux; S. Yano; C. Detrain; J.-L. Deneubourg; T. Hance Settlement decisions by the two-spotted spider mite Tetranychus urticae Comptes Rendus - Biologies,336,2,93-101 2013/02 英語
D.E. Bowler; S. Yano; H. Amano The non-consumptive effects of a predator on spider mites depend on predator density Journal of Zoology,289,1,52-59 2013/01 英語
S. Yano; K. Shirotsuka Lying down with protective setae as an alternative antipredator defence in a non-webbing spider mite SpringerPlus,2,1,1-7 2013 英語
S. Yano Cooperative web sharing against predators promotes group living in spider mites Behavioral Ecology and Sociobiology,66,6,845-853 2012/06 英語
K. Shirotsuka; S. Yano Coincidental intraguild predation by caterpillars on spider mites Experimental and Applied Acarology,56,4,355-364 2012/04 英語
Y. Ohzora; S. Yano Voluntary Falling in Spider Mites in Response to Different Ecological Conditions at Landing Points Journal of Insect Behavior,24,4,274-281 2011/07 英語
H. Suzuki; K. Yasuda; K. Ohashi; H. Takahashi; M. Fukaya; S. Yano; M. Osakabe Kanzawa spider mites acquire enemy-free space on a detrimental host plant, oleander Entomologia Experimentalis et Applicata,138,3,212-222 2011/03 英語
T. Shinmen; S. Yano; M. Osakabe The predatory mite Neoseiulus womersleyi (Acari: Phytoseiidae) follows extracts of trails left by the two-spotted spider mite Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,52,2,111-118 2010/10 英語
S. Yano; M. Osakabe Do spider mite-infested plants and spider mite trails attract predatory mites? Ecological Research,24,6,1173-1178 2009/11 英語
M. Ozawa; S. Yano Pearl bodies of Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep. (Vitaceae) as alternative food for a predatory mite Euseius sojaensis (Ehara) (Acari: Phytoseiidae) Ecological Research,24,2,257-262 2009/03 英語
T. Kawasaki; S. Yano; Mh. Osakabe Effects of wall structure and light intensity on the settlement of a predatory mite, Euseius sojaensis (Ehara) (Acari: Phytoseiidae) Applied Entomology and Zoology,44,1,81-84 2009/02 英語
K. Oku; S. Yano Effects of predation risk on mating behavior of the Kanzawa spider mite Journal of Ethology,26,2,261-266 2008/05 英語
S. Yano Collective and solitary behaviors of twospotted spider mite (Acari: Tetranychidae) are induced by trail following Annals of the Entomological Society of America,101,1,247-252 2008 英語
Ohzora Y, Yano S Fertilization of two-spotted spider mite mothers changes sons. J Acarol Soc Jpn 17: 87-92 2008 英語
K. Oku; S. Yano Spider mites (Acari: Tetranychidae) deform their host plant leaves: An investigation from the viewpoint of predator avoidance Annals of the Entomological Society of America,100,1,69-72 2007 英語
K. Morimoto; H. Furuichi; S. Yano; Mh. Osakabe Web-mediated interspecific competition among spider mites Journal of Economic Entomology,99,3,678-684 2006/06 英語
K. Oku; S. Yano; A. Takafuji Host plant acceptance by the phytophagous mite Tetranychus kanzawai Kishida is affected by the availability of a refuge on the leaf surface Ecological Research,21,3,446-452 2006 英語
H. Furuichi; K. Oku; S. Yano; A. Takafuji; M. Osakabe Why does the predatory mite Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae) prefer spider mite eggs to adults? Applied Entomology and Zoology,40,4,675-678 2005/11 英語
K. Oku; S. Yano; M. Osakabe; A. Takafuji Mating strategies of Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) in relation to mating status of females Annals of the Entomological Society of America,98,4,625-628 2005/07 英語
H. Furuichi; S. Yano; A. Takafuji; M. Osakabe Prey preference of the predatory mite Neoseiulus womersleyi Schicha is determined by spider mite webs Journal of Applied Entomology,129,6,336-339 2005/07 英語
A. Kasai; S. Yano; A. Takafuji Prey-predator mutualism in a tritrophic system on a camphor tree Ecological Research,20,2,163-166 2005 英語
K. Ohashi; Y. Sakuratani; N. Osawa; S. Yano; A. Takafuji Thermal microhabitat use by the ladybird beetle, Coccinella septempunctata (Coleoptera: Coccinellidae), and its life cycle consequences Environmental Entomology,34,2,432-439 2005 英語
K. Oku; S. Yano; A. Takafuji Nonlethal indirect effects of a native predatory mite, Amblyseius womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae), on the phytophagous mite Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) Journal of Ethology,22,1,109-112 2004 英語
S. Yano Does Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) use flying insects as vectors for phoretic dispersal? Experimental and Applied Acarology,32,4,243-248 2004 英語
K. Oku; S. Yano; M. Osakabe; A. Takafuji Spider mites assess predation risk by using the odor of injured conspecifics Journal of Chemical Ecology,29,11,2609-2613 2003/11 英語
S. Yano; M. Kanaya; A. Takafuji Genetic basis of color variation in leaf scars induced by the Kanzawa spider mite Entomologia Experimentalis et Applicata,106,1,37-44 2003 英語
S. Yano; M. Kanaya; A. Takafuji A method for manipulating dispersal cost in microcosms Entomologia Experimentalis et Applicata,106,1,67-70 2003 英語
K. Shiojiri; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Oviposition preferences of herbivores are affected by tritrophic interaction webs Ecology Letters,5,2,186-192 2002 英語
S. Yano; A. Takafuji Variation in the life history pattern of Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) after selection for dispersal Experimental and Applied Acarology,27,1-2,1-10 2002 英語
K. Oku; S. Yano; A. Takafuji Phase variation in the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) Applied Entomology and Zoology,37,3,431-436 2002 英語
K. Oku; S. Yano; A. Takafuji Different maternal effects on offspring performance in tetranychid mites, Tetranychus kanzawai and T. urticae (Acari: Tetranychidae) Applied Entomology and Zoology,37,3,425-429 2002 英語
A. Kasai; S. Yano; A. Takafuji Density of the eriophyid mites inhabiting the domatia of Cinnamomum camphora Linn. affects the density of the predatory mite, Amblyseius sojaensis Ehara (Acari: Phytoseiidae), not inhabiting the domatia Applied Entomology and Zoology,37,4,617-619 2002 英語
K. Shiojiri; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Infochemically mediated tritrophic interaction webs on cabbage plants Population Ecology,43,1,23-29 2001/04 英語
T. Maeda; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Variation in the olfactory response of 13 populations of the predatory mite Amblyseius womersleyi to Tetranychus urticae-infested plant volatiles (Acari: Phytoseiidae, Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,25,1,55-64 2001 英語
S. Yano; J. Takabayashi; A. Takafuji Trade-offs in performance on different plants may not restrict the host plant range of the phytophagous mite, Tetranychus urticae Experimental and Applied Acarology,25,5,371-381 2001 英語
H. Takahashi; A. Takafuji; J. Takabayashi; S. Yano; T. Shimoda Seasonal occurrence of specialist and generalist insect predators of spider mites and their response to volatiles from spider-mite-infested plants in Japanese pear orchards Experimental and Applied Acarology,25,5,393-402 2001 英語
Y. Satoh; S. Yano; A. Takafuji Mating strategy of spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) males: Postcopulatory guarding to assure paternity Applied Entomology and Zoology,36,1,41-45 2001 英語
C. Fujiwara; J. Takabayashi; S. Yano Oviposition experience on a host-infested plant affects flight and antennal searching behavior of Cotesia kariyai toward the host-plant complex Entomologia Experimentalis et Applicata,97,3,251-256 2000/12 英語
K. Shiojiri; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Herbivore-species-specific interactions between crucifer plants and parasitic wasps (Hymenoptera: Braconidae) that are mediated by infochemicals present in areas damaged by herbivores Applied Entomology and Zoology,35,4,519-524 2000/11 英語
T. Maeda; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji The effects of rearing conditions on the olfactory response of predatory mites, Phytoseiulus persimilis and Amblyseius womersleyi (Acari: Phytoseiidae) Applied Entomology and Zoology,35,3,345-351 2000/08 英語
K. Shiojiri; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Flight response of parasitoids toward plant-herbivore complexes: A comparative study of two parasitoid-herbivore systems on cabbage plants Applied Entomology and Zoology,35,1,87-92 2000/02 英語
J. Takabayashi; Y. Sato; S. Yano; N. Ohsaki Presence of oily droplets from the dorsal setae of Pieris rapae larvae (Lepidoptera: Pieridae) Applied Entomology and Zoology,35,1,115-118 2000/02 英語
C. Fujiwara; J. Takabayashi; S. Yano Effects of host-food plant species on parasitization rates of Mythimna separata (Lepidoptera: Noctuidae) by a parasitoid, Cotesia kariyai (Hymenoptera: Braconidae) Applied Entomology and Zoology,35,1,131-136 2000/02 英語
Y. Ikegami; S. Yano; J. Takabayashi; A. Takafuji Function of quiescence of Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae), as a defense mechanism against rain Applied Entomology and Zoology,35,3,339-343 2000 英語
T. Maeda; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Effects of light on the tritrophic interaction between kidney bean plants, two-spotted spider mites and predatory mites, Amblyseius womersleyi (Acari: Phytoseiidae) Experimental and Applied Acarology,24,5-6,415-425 2000 英語
T. Maeda; J. Takabayashi; S. Yano; A. Takafuji Response of the predatory mite, Amblyseius womersleyi (Acari: Phytoseiidae), toward herbivore-induced plant volatiles: Variation in response between two local populations Applied Entomology and Zoology,34,4,449-454 1999/11 英語
Y. Sato; J. Takabayashi; S. Yano; N. Ohsaki Effect of herbivore species on host searching of a parasitoid, Cotesia glomerata (Hymenoptera: Braconidae) Applied Entomology and Zoology,34,4,459-461 1999/11 英語
Y. Sato; S. Yano; J. Takabayashi; N. Ohsaki Pieris rapae (Lepidoptera: Pieridae) females avoid oviposition on Rorippa indica plants infested by conspecific larvae Applied Entomology and Zoology,34,3,333-337 1999/08 英語
J. Takabayashi; Y. Sato; M. Horikoshi; R. Yamaoka; S. Yano; N. Ohsaki; M. Dicke Plant effects on parasitoid foraging: Differences between two tritrophic systems Biological Control,11,2,97-103 1998/02 英語
S. Yano; M. Wakabayashi; J. Takabayashi; A. Takafuji Factors determining the host plant range of the phytophagous mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae): A method for quantifying host plant acceptance Experimental and Applied Acarology,22,10,595-601 1998 英語
S. Yano Silique burst of Cardamine scutata (Cruciferae) as a physical inducible defense against seed predatory caterpillars Researches on Population Ecology,39,1,95-100 1997 英語
S. Yano Flower nectar of an autogamous perennial Rorippa indica as an indirect defense mechanism against herbivorous insects Researches on Population Ecology,36,1,63-71 1994 英語
S. Yano Ecological and evolutionary interactions between wild crucifers and their herbivorous insects Plant Species Biology,9,3,137-143 1994 英語
S. Yano; N. Ohsaki The phenology and intrinsic quality of wild crucifers that determine the community structure of their herbivorous insects Researches on Population Ecology,35,2,151-170 1993/12 英語
S. Yano The plastic reproductive allocation of the cruciferous perennial Rorippa indica in response to different degrees of feeding damage Researches on Population Ecology,35,2,349-359 1993 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
矢野 修一 ハダニ類と天敵カブリダニ類の攻防の生態学 生物的防除部会ニュース,57,1-5 2016/01 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
矢野修一 群れるべきか、群れざるべきか?―ハダニの損得勘定を検証する― 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
關戸知恵・矢野修一 ナミハダニの休眠と、配偶戦略の関係 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
堀智博・矢野修一 コウズケカブリダニの葉吸汁の意義 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
足立真陽・矢野修一 寄主植物を介したハダニ種間の間接相互作用 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
矢野修一 ナミハダニとカンザワハダニの比較生態学 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 日本語
城塚可奈子・矢野修一 ミカンハダニ卵の糸の変異 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 日本語
吉岡翼・矢野修一 ナミハダニの雄は顔見知りの雌を見分けるか 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 日本語
大槻初音・矢野修一 ハダニの分散に捕食者が及ぼす影響 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 日本語
堀智博・矢野修一 コウズケカブリダニによる葉吸汁の意義 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 日本語
矢野修一・城塚可奈子 「動かざること」がミカンハダニの最大の防御になる 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
關戸智恵・矢野修一 ハダニの休眠は捕食回避に直接・間接的に役立つ 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
大槻初音・矢野修一 異なる攻撃方法をとる捕食者がハダニの防御戦略を破綻させる 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
大槻初音・矢野修一 ハダニの分散に捕食者が及ぼす致死的・非致死的効果 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
矢野修一・城塚可奈子 ミカンハダニは何故アゲハチョウ幼虫にむざむざ喰われるのか 第20回日本ダニ学会高知大会 2011/09 日本語
城塚可奈子・矢野修一 イモムシに喰われるハダニ 第20回日本ダニ学会高知大会 2011/09 日本語
關戸智恵・矢野修一 ハダニの休眠は捕食回避の役に立つ ~今一度ハダニ休眠生態学を洗濯致し候~ 第20回日本ダニ学会高知大会 2011/09 日本語
大槻初音・矢野修一 ハダニをめぐるカブリダニとアリの取り合い共生 第20回日本ダニ学会高知大会 2011/09 日本語
矢野修一;城塚可奈子 ミカンハダニは何故アゲハチョウの幼虫にむざむざ食われるのか 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,55th,81 2011/03/12 日本語
三宅謙;秋野順治;山岡亮平;矢野修一 ハダニはなぜアリから襲われにくいのか?―ハダニの化学戦術― 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,55th,68 2011/03/12 日本語
城塚可奈子;矢野修一 植食者間のギルド内捕食 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,55th,81 2011/03/12 日本語
大槻初音;矢野修一 ハダニをめぐるカブリダニとアリの取り合い共生 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集,27th,53 2011 日本語
矢野修一;城塚可奈子 ミカンハダニは何故アゲハチョウの幼虫にむざむざ喰われるのか 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集,27th,44 2011 日本語
城塚可奈子;矢野修一 植食者間のギルド内捕食 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集,26th,40-41 2010/09/09 日本語
矢野修一 対捕食者防衛におけるハダニ種間の協力 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集,26th,40 2010/09/09 日本語
矢野修一 捕食回避からみたハダニの集合効果 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010/03 日本語
三宅謙・秋野順治・山岡亮平・矢野修一 アリはカブリダニを襲うがハダニを襲わないのはなぜか? 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010/03 日本語
矢野修一 「ハダニの休眠生態学」を再考する 第18回日本ダニ学会大会 2009/09 日本語
矢野修一・刑部正博 カブリダニはアリによるギルド内捕食をどのようにして避けるか? 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009/03 日本語
大空鷹介・矢野修一 ナミハダニはなぜ飛び降りるのか? 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009/03 日本語
Clotuche G, Yano S, Amano H Can spider mite individuals recognize their conspecific silk during habitat selection? The case of Tetranychus urticae and Tetranychus kanzawai. 第21回日本ダニ学会松江大会 2012/09 英語
Bowler DE, Yano S, Amano H Density-dependent dispersal in response to the presence of a predator 個体群生態学会第26回年次大会 2010/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
植食性ダニ類と捕食者の攻防の生態学 [招待あり] 京都大学理学研究科生物科学専攻生物多様性コロキアム 2015/12/14 日本語
ハダニ類と天敵カブリダニ類の攻防の生態学 [招待あり] 東京農業大学総合研究所研究会生物的防除部会H27年度第2回講演会 2015/11/19 日本語
ハダニの繁殖と捕食回避のトレードオフ [招待あり] 第45回ハダニ談話会 於第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03/27 日本語
Effects of environmental factors on the distribution of predatory mites on plants. [Invited] XIV International Congress of Acarology 2014/07/17 英語
Lethal and non-lethal effects of predators on spider mite dispersal. [Invited] XIV International Congress of Acarology 2014/07/17 英語
Antipredator behaviors of webbing and non-webbing spider mites. [Invited] XIV International Congress of Acarology 2014/07/16 英語
Direct and indirect advantages of spider mite diapause on predator avoidance. [Invited] XIV International Congress of Acarology 2014/07/15 英語
Indirect effects of aphids on spider mites via ants. [Invited] XIV International Congress of Acarology 2014/06/16 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
つる草はハダニに加害された植物を避けるか? 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03/29 日本語
ハダニへのステルス性をカブリダニ種間で比べてみた 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03/28 日本語
捕食者から分散するハダニの定着先を決める要因 第64回日本生態学会大会 2017/03/15 日本語
ハダニの学習と、経験および現状に合わせた柔軟な産卵行動 第64回日本生態学会大会 2017/03/15 日本語
カブリダニがハダニ卵を好む理由は栄養価の高さだけではない? 第25回日本ダニ学会札幌大会 2016/10/16 日本語
ハダニ加害植物に対する蔓性植物の反応 第25回日本ダニ学会札幌大会 2016/10/15 日本語
農薬散布葉面上でのハダニの分散/定着行動 第25回日本ダニ学会札幌大会 2016/10/15 日本語
Predator-prey interactions among mites in open environment I: Learned oviposition site shift reduces offspring predation XXV International Congress of Entomology 2016/09/28 英語
Predator-prey interactions among mites in open environment II: Further interactions between spider mite and predatory mite offspring XXV International Congress of Entomology 2016/09/28 英語
Predator-prey interactions among mites in an open environment II: further interactions between spider mite and predatory mite offspring 8th Symposium of the European Association of Acarologists 2016/07/15 英語
Predato-prey interactions among mites in an open environment I: learned within-patch oviposition site shift promotes predator patch-leaving 8th Symposium of the European Association of Acarologists 2016/07/15 英語
分散可能な状況下でのハダニとカブリダニの攻防(4) 第60回日本応用動物昆虫学会大会 2016/03/28 日本語
分散可能な状況下でのハダニとカブリダニの攻防(3) 第60回日本応用動物昆虫学会大会 2016/03/28 日本語
捕食者から分散するハダニの定着意思決定 第60回日本応用動物昆虫学会大会 2016/03/27 日本語
分散可能な環境におけるハダニとカブリダニの攻防(2) 第63回日本生態学会大会 2016/03/21 日本語
分散可能な環境におけるハダニとカブリダニの攻防(1) 第63回日本生態学会大会 2016/03/21 日本語
分散できる状況でのハダニとカブリダニの攻防(2) 第24回日本ダニ学会東京大会 2015/09/12 日本語
分散できる状況でのハダニとカブリダニの攻防(1) 第24回日本ダニ学会東京大会 2015/09/12 日本語
分散可能な状況下でのハダニとカブリダニの攻防(1) 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03/27 日本語
分散可能な状況下でのハダニとカブリダニの攻防(2) 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03/27 日本語
アリを介したアブラムシのカブリダニに対する間接効果 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03/27 日本語
葉の表面構造がカブリダニの被食回避に及ぼす影響 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03/27 日本語
カブリダニは開放系でも共食いをするのか? 第23回日本ダニ学会盛岡大会 2014/10/19 日本語
Do T. urticae males avoid mating with familiar females? XIV International Congress of Acarology 2014/07/14 英語
The exploration of methods for rearing Eriophyid mite sp. inhabiting domatia on camphor leaves. XIV International Congress of Acarology 2014/07/14 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
矢野 修一 ダニのはなし─人間との関わり─ 朝倉書店 2016/01
矢野修一, 刑部正博(分担執筆) 葉っぱの上のマイクロコズム 昆虫科学が拓く未来: 253-269 京都大学学術出版会 2009 日本語
矢野修一 カブリダニを用いた生物的防除を野生植物に学ぶ 京都大学農学研究科21世紀COEプログラム成果報告書: 114-117 2009 日本語
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
ハダニ解明、害虫駆除法を研究 産経新聞(京阪奈) 京博士ミニ講座 2012/03/13
ハダニ類は種を超えて天敵からの脅威に対抗するために協力─京大が発見 マイナビニュース テクノロジー 2012/02/23
害虫「カンザワハダニ」は攻撃法の異なる2種類の捕食者で退治可能 - 京大 マイナビニュース テクノロジー 2014/02/12
害虫のハダニ 農薬使わず駆除 日本経済新聞 Science&Tech.フラッシュ 2014/02/18
無抵抗 イモムシに食べられるのはなぜ 「逃げぬ防御」ひとつ覚え? 京都新聞 夕刊8面 2014/01/23
動かずに毛ではじき飛ばす!ミカンハダニの対カブリダニ防衛策 グリーン・パワー 編集部発 2014/03/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 農業ダニ類の食物連鎖にアリが及ぼす影響 2009〜2013
基盤研究(C) 代表 農業ダニ類の食物連鎖にアリが及ぼす影響 2009〜2013
基盤研究(C) 代表 ジェネラリスト捕食者が農業ダニ類に及ぼす影響 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 ジェネラリスト捕食者が農業ダニ類に及ぼす影響 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生態情報開発学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
生態情報開発学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生態情報開発学専攻実験1 Research in Ecological Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学専攻実験1 Laboratory Course in Ecological Information 1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験2 Laboratory Course in Ecological Information 2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習2 Seminar in Ecological Information2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験1 Laboratory Course in Ecological Information 1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学専攻実験2 Laboratory Course in Ecological Information 2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習2 Seminar in Ecological Information2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
大槻初音 第27回個体群生態学会大会ポスター賞優秀賞 個体群生態学会大会 2011/10/
吉岡翼 第57回日本応用動物昆虫学会大会ポスター賞 日本応用動物昆虫学会大会 2013/03/
大槻初音 第8回ヨーロッパダニ学会議最優秀口頭発表賞 ヨーロッパダニ学会議 2016/07/15
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
Individual spider mites cooperate with outsiders to cope with predators 研究論文の紹介 Kyoto University Research Activities 2012 Research Frontiers 2012/06/
ハダニは天敵から身を守るためによそ者同士で協力する 研究論文の紹介 京都大学広報Webページ 研究成果 2012/02/21
Why does the citrus red mite not try to flee when preyed upon by caterpillars? -A tragedy caused by an inflexible predator avoidance measure- 研究論文の紹介 京都大学広報英文Webページ 研究成果 2013/12/3
Individual spider mites cooperate with outsiders to cope with natural enemies 研究論文の紹介 京都大学広報英文Webページ 研究成果 2012/02/21
ミカンハダニは何故逃げずにイモムシに食われるのか? -ひとつ覚えの防災策が招く悲劇- 研究論文の紹介 京都大学広報Webページ 研究成果 2013/12/3
ハダニは攻撃方法の異なる天敵に対する護身術を両立できない 研究論文の紹介 京都大学広報Webページ 研究成果 2014/02/7