小林 志保

最終更新日時:2017/06/28 10:14:55

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小林 志保/コバヤシ シホ/Shiho Kobayashi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
フィールド科学教育研究センター/海洋生態系部門/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生物科学専攻 海洋生物資源学講座 協力教員(助教)
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
海洋学会
水産学会
水環境学会
水産海洋学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2006/02/01〜 京都大学 Kyoto University 助教
プロフィール
(日本語)
1998年京都大学農学部資源生物科学科,2002年同学科卒業,2002年京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻修士課程入学,2004年同修士課程修了.2004年同博士課程進学,2004年より英国University of Wales, Bangor校に留学,2006年博士課程退学,同研究科助手.2008年より助教,現在に至る.専門は沿岸海洋学.
研究テーマ
(日本語)
沿岸海洋における物理環境と生物圏の相互作用
(英語)
Physica-biological interaction in coastal seas
研究概要
(日本語)
沿岸海洋の物理環境および陸域からの淡水や物質の流入が、沿岸生態系に及ぼす影響について研究しています.現在は、地下水の海底湧出が藻場生態系に及ぼす影響、温暖化と陸域水循環の変化が浅海部の二枚貝に及ぼす影響、沿岸海域における溶存有機物の動態と食物連鎖について、現地観測と数値シミュレーションを用いて解析しています.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
沿岸生態系 coastal ecosystem
溶存有機物 dissolved organic matter
地下水湧出 submarine ground water discharge
栄養塩管理
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
水産学一般
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Shiho KOBAYASHI, Satoshi NAKADA, Shuzo TAKAGI, Naoki HIROSE Parameter optimization of a 3D coastal model using Green's functions for modelling river plume dynamics Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering,3,2,153-164 2017/04 英語
Shiho Kobayashi, Ryo Sugimoto, Hisami Honda, Yoji Miyata, Daisuke Tahara, Osamu Tominaga , Jun Shoji , Makoto Yamada, Satoshi Nakada, Makoto Taniguchi High-resolution mapping and time-series measurements of 222Rn concentrations and biogeochemical properties related to submarine groundwater discharge along the coast of Obama Bay, a semi-enclosed sea in Japan Progress in Earth and Planetary Science,4,6,10.1186/s40645-017-0124-y 2017/03 英語
Ryo Sugimoto, Katsuhiro Kitagawa, Saori Nishi, Hisami Honda,Makoto Yamada, Shiho Kobayashi, Jun Shoji, Shinji Ohsawa,Makoto Taniguchi, Osamu Tominaga Phytoplankton primary productivity around submarine groundwater discharge in nearshore coasts MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES,563,25-33 2017/01 英語
Shiho Kobayashi, Satoshi Nakada, Masaki Nakajima, Keigo Yamamoto, Satoshi Akiyama, Masataka Hayashi, Joji Ishizaka Visualization of the Distribution of Dissolved Organic Matter in Osaka Bay using a Satellite Ocean Color Sensor (COMS/GOCI) Journal of Water and Environment Technology,15,2,55-64 2017 英語
小林志保, 松村圭高, 河村耕史,中嶋昌紀, 山本圭吾,秋山諭,上田幸男 大阪湾における溶存有機物の起源推定および栄養塩の形態変化 水環境学会誌,40,2,97-105 2017
Sugimoto R, Honda H, Kobayashi S, Takao Y, Tahara D, Tominaga O, Taniguchi M Seasonal changes in fresh groundwater discharge and associated nutrient transport into the tideless semi-enclosed embayment (Obama Bay, Japan) Estuaries and Coasts,39,1,13-26 2016/01 英語
本田尚美,杉本 亮,小林志保,田原大輔,富永 修 小浜湾における一次生産過程の時空間変化 水産海洋学会,80,4,269-282 2016 日本語
高木 秀蔵, 近藤 正美, 小林 志保, 阿保 勝之 河川水の栄養塩濃度と窒素安定同位体比の変動が陸域負荷の評価に与える影響 海岸工学論文集,72,2,1255-1260 2016 日本語
中田聡史,小林志保,石坂丞二,山本圭吾、中嶋昌紀,林美鶴, 静止海色衛星を用いた大阪湾奥における赤潮動態の解明に向けて 瀬戸内海,72,66-68 2016
Higher species richness and abundance of fish and benthicinvertebrates around submarine groundwater discharge inObama Bay, Japan Journal of Hydrology 2015
S. Takagi; Y. Shimizu; K. Kusaka; S. Kobayashi; T. Fujiwara Evaluation of riverine DIN in the nori Pyropia cultivated in coastal sea areas using nitrogen stable isotopes Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition),79,6,1002-1008 2013 日本語
小林志保;藤原建紀;阿保勝之;堀豊;藤沢節茂 播磨灘における全窒素濃度の季節変動と窒素の形態変化 沿岸海洋研究,47,1,61-69 2009/08/31 日本語
小林志保;藤原建紀;原島省 瀬戸内海における溶存無機態リン・ケイ素の季節・経年変動 沿岸海洋研究,47,1,77-83 2009/08/31 日本語
小林志保;藤原建紀;堀豊;藤原宗弘;高木秀蔵 東部瀬戸内海における養殖ノリの炭素・窒素安定同位体比分布 瀬戸内海,57,44-48 2009/03 日本語
小林 志保 瀬戸内海における溶存態無機窒素の季節・経年変動とその要因 沿岸海洋研究,44,2,165-176 2007/02 日本語
小林志保・藤原建紀 瀬戸内海における海峡部混合水の灘部への進入深度の季節変化 海と空,82,1,1-11 2006 日本語
小林志保・藤原建紀・多田光男・塚本秀史・豊田利彦 成層期の瀬戸内海における各態窒素・リンおよびケイ素と栄養塩元素比の分布 海の研究,15,283-197 2006 日本語
小林 志保 :陸岸に囲まれた潮汐フロント域における物質輸送機構 海岸工学論文集,53,921-925 2006 日本語
S. Kobayashi; H. Zenitani; K. Nagamoto; A. Futamura; T. Fujiwara Gravitational circulation and its response to the variation in river discharge in the Seto Inland Sea, Japan Journal of Geophysical Research C: Oceans,115 2010/03/06 英語
S. Kobayashi; E. Hashimoto; M. Nagao; Y. Takasugi Variations in turbulent energy dissipation and water column stratification at the entrance of a tidally energetic strait Journal of Oceanography,65,5,657-664 2009/10 英語
S. Kobayashi; T. Fujiwara Modeling the long-term variability of shelf water intrusion into the Seto Inland Sea, Japan Journal of Marine Systems,77,3,341-349 2009/05 英語
H. Zenitani; Y. Onishi; S. Kobayashi; T. Fujiwara Spawning season, spawning grounds, and egg production of red sea bream in Hiuchi-nada, Seto Inland Sea Fisheries Science,75,1,55-62 2009/02 英語
S. Kobayashi; T. Fujiwara Long-term variability of shelf water intrusion and its influence on hydrographic and biogeochemical properties of the Seto Inland Sea, Japan Journal of Oceanography,64,4,595-603 2008/08 英語
S. Kobayashi; J.H. Simpson; T. Fujiwara; K.J. Horsburgh Tidal stirring and its impact on water column stability and property distributions in a semi-enclosed shelf sea (Seto Inland Sea, Japan) Continental Shelf Research,26,11,1295-1306 2006 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Sugimoto R, Honda H, Kobayashi S, Takao Y, Tahara D, Tominaga O, Taniguchi M Temporal variation in submarine groundwater discharge and associated nutrient transport into Obama Bay, Japan Proceedings of the 15th International Symposium on the Efficient Application and Preservation of Marine Biological Resources,97-101 2014 英語
Honda H, Sugimoto R, Kobayashi S, Takao Y, Tahara D, Tominaga O, Taniguchi M Submarine groundwater discharge in Obama Bay, Japan Proceedings of the Global Congress on ICM: Lessons Learned to Address New Challenges, EMECS 10 -MEDCOAST 2013 Joint Conference,1169-1176 2013 英語
Shiho Kobayashi, Satoshi Nakada, Kei Senbokuya , Kotaro Harada and Noriyuki Okei ESTIMATION OF THE IMPACT OF TERRESTIAL WATER DYNAMICS ON THE COASTAL ECOSYSTEM: A CASE STUDY IN NOTO PENINSULA, JAPAN Proceedings of 2013 International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and -ceans (CoHHO),107-108 2013 英語
Shiho Kobayashi, Tateki Fujiwara Estimation of the effect of shelf water intrusion on hydrographic condition of inner sea by using long-term modeling proceedings of 14th Pacific Marginal Sea/Japan and East China Sea (PAMS/JECSS) Workshop,242-243 2007 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
OKUNO Jun-ichi1, SENBOKUYA Kei1, OOKEI Noriyuki1, NAKADA Satoshi2, KOBAYASHI Shiho3 Observation of Generation and Disappearance of Hypoxia in the Western Part of Nanao Bay JpGU2017 2017/05
田中佑一,生田健吾,中田聡史,山本圭吾・秋山諭,原田慈雄・御所豊穂,湯浅明彦,小林 志保 海色衛星を用いた大阪湾~紀伊水道シラス漁場の海況の可視化の試み 水産学会 2017/03
Shiho Kobayashi a, Satoshi Nakada b, Masaki Nakajima c, Keigo Yamamoto c, Satoshi Akiyama c, Masataka Hayashi d, Joji Ishizaka e Visualization of the Distribution of Dissolved Organic Matter in Osaka Bay using a Satellite Ocean Color Sensor (COMS/GOCI) WET2016 2016/08
生田健吾・小林志保,山田誠・本田尚美・谷口真人,杉本亮・富永修,小路淳 山形県鳥海山沿岸における海底湧水の 海洋理工学会 2016/05
Shiho Kobayashi, Satoshi Nakada, Shuzo Takagi, Naoki Hirose Parameter optimization of 3D coastal model using Green’s functions and simulation of river plumes JSST2015 2015/10
Shiho Kobayashi, Ryo Sugimoto, Youji Miyata, Hisami Honda, Makoto Yamada, Osamu Tominaga, Daisuke Tahara, Jun Shoji, Makoto Taniguchi The influence of groundwater discharge on primary production in a shallow coastal sea: A case study in small water catchment areas on the eastern coast of Obama bay JpGU2015 2015/05 英語
小林 志保 七尾湾の栄養塩環境と基礎生産 水産学会中部支部大会 2014/11 日本語
近藤和歌子・小林志保・吉田光方子・相子伸之・矢吹芳教・中嶋昌紀・安佛かおり・鈴木裕識・田中周平 大阪湾における有機物の生成と分解 水産海洋学会2014年度秋季発表大会 2014/11 日本語
小林 志保 沿岸海域における生物生産の変動と環境要因 システム農学会 2014/10 日本語
Hisami Honda, Ryo Sugimoto, Masahiko Ono, Shiho Kobayashi, Miyata Youji, Osamu Tominaga, Shinji Ohsawa Local scale assessment of submarine groundwater discharge in coastal seas (Beppu, Obama and Otuchi Bay) JpGU 2014 2014/05 英語
Shiho Kobayashi, Ryo Sugimoto, Hisami Honda, Miyata Youji, Osamu Tominaga, Daisuke Tahara, Makoto Taniguchi Influences of submarine ground water discharge (SGD) on biogeochemical properties in coastal sea JpGU 2014 2014/04 英語
高木秀蔵・草加耕司・清水泰子・小林志保・藤原建紀 窒素安定同位体比を用いた河川からノリ漁場への栄養塩供給の評価 日本水産学会2014年度春季大会 2014/03 日本語
小林志保・杉本亮・本田尚美・富永修・田原大輔・谷口真人 浅海域の生物生産への海底湧水の寄与 水産海洋地域研究集会第3回日本海研究集会 2013/11 日本語
仙北屋圭,大慶則之,小林志保 七尾湾の温暖化が アカガイのへい死に及ぼす影響 2013年度水産海洋学会研究発表大会 2013/11 日本語
原田浩太朗,小林志保,仙北屋圭,大慶則之 七尾湾におけるクロロフィル分布の季節変化―陸域影響に着目して― 2013年度水産海洋学会研究発表大会 2013/11 日本語
宮田洋実・小林志保・杉本亮・本田尚美・富永修・田原大輔・谷口真人 小浜湾浅海域における海底地下水の湧出と生物化学環境の季節変化 2013年度水産海洋学会研究発表大会 2013/11 日本語
杉本亮,本田尚美,小野昌彦,宮田洋実,小林志保,谷口真人 222Rn を用いた大槌湾の海底湧水環境評価 2013年度水産海洋学会研究発表大会 2013/11 日本語
Hisami Honda, Ryo Sugimoto, Shiho Kobayashi, Yoshitake TakaoDaisuke Tahara, Osamu Tominaga and Makoto Taniguchi Submarine Groundwater Discharge in Obama Bay EMECS10-MEDCOAST2013 Joint Conference 2013/10 英語
小林志保 グリーン関数による沿岸域の潮流モデルの最適化と河川プルームの再現 2013年度日本海洋学会春季大会 2013 日本語
小林志保;谷口真人;細野高啓;中島泰弘 海岸湧水による栄養塩供給が沿岸生態系に及ぼす影響の検討 日本地下水学会講演会講演要旨,2011,256-259 2011 日本語
小林志保;藤原建紀;阿保勝之;堀豊;藤沢節茂 播磨灘における窒素の形態変化に関する現地観測 日本海洋学会大会講演要旨集,2009,214 2009/03/23 日本語
小林志保 東部瀬戸内海における溶存無機態窒素(DIN)濃度の長期変動シミュレーション 2008年度日本海洋学会春季大会 2008 日本語
Tateki Fujiwara and Shiho Kobayashi Nutrient dynamics in semi-enclosed seas- Prediction of seasonal changes in nutrient concentrations 4th International symposium on targeted HAB species in the East Asian Waters 2007/12 英語
Shiho Kobayashi, Eisuke Hashimoto, Masayuki Nagao, Tateki Fujiwara and Yoshio Takasugi Tidal energy balance and turbulent energy dissipation in narrow strait 39th International Liège colloquium on ocean dynamics 2007/05 英語
Shiho Kobayashi, Tateki Fujiwara Physical and biochemical responses to decadal variability of shelf water intrusion in the Seto Inland Sea, Japan Workshop on Coastal Observatories - Best practice in the synthesis of long-term observations and models 2006/10 英語
Shiho Kobayashi, Eisuke Hashimoto, Masayuki Nagao, Tateki Fujiwara and Yoshio Takasug Observation of tidal energy loss in narrow strait Coastal and Shelf Seas -Present Understanding and Future Challenges 2006/04 英語
Shiho Kobayashi, Tateki Fujiwara, John H. Simpson Seasonal change of circulation and its impact on nutrient transport in a semi-enclosed shelf sea (Seto Inland Sea, Japan) Challenger Conference for Marine Sciences (Liverpool, UK) 2004/09 英語
Shiho Kobayashi Nitrogen dynamics in response to the load reduction in a coastal embayment ASLO 2013 2012 英語
Shiho Kobayashi The Meteorological Influences on the Long-term Variation in Nutrient Concentration in the Seto Inland Sea, Japan American Geophysical Union Fall Meeting 2008 2008 英語
Shiho Kobayashi Density-driven circulation and the associated fluxes in a semi-enclosed shelf sea (the Seto Inland Sea, Japan) Physics in Estuaries and Coastal Seas (PECS) 2008 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
海洋学を学ぶ魅力 海洋科授業 若狭高校 2013/05/01 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
本田尚美,小林 志保 地下水・湧水を介した陸-海のつながりと人間社会 恒星社厚生閣 2017/03
小林 志保・藤原建紀 安定同位体比を用いたノリ漁場への窒素供給源の推定 生物研究社 2015/06
小林 志保・藤原 建紀 大阪湾における酸素消費有機物(COD)の生成・起源に関する研究:同位体比からのアプローチ 瀬戸内海,67, 62-64 2014
小林 志保・藤原 建紀・堀 豊・藤原 宗弘・高木 秀蔵 東部瀬戸内海における養殖ノリの炭素・窒素安定同位体比分布 瀬戸内海,57,44-48 2009 日本語
Shiho Kobayashi, Hiromu Zenitani, Tateki Fujiwara Density-driven circulation and the associated fluxes in a semi-enclosed shelf sea (the Seto Inland Sea, Japan) PECS 2008 Process studies; the pre-operational era, 259-262 2008 英語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
瀬戸内海研究フォーラム ポスター賞受賞(優秀賞) 瀬戸内海研究会議 2005/09/09
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手B 代表 気候変動と陸域影響をふまえた二枚貝養殖適地選定モデルの開発 2012/04/01〜2014/03/31
若手研究(B) 代表 気候変動と陸域影響をふまえた二枚貝養殖適地選定モデルの開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 内湾からの栄養塩流失の鍵を握る準易分解性溶存有機物の動態の解明 2017/04/01〜2019/03/20
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
大阪湾圏域の環境再生・創造に関する研究助成制度 小林志保 大阪湾における酸素消費有機物(COD)の生成・起源に関する研究 2012/04/01〜2013/02/28
大阪湾広域臨海環境整備センター 廃棄物・海域水環境保全に係る調査研究費助成制度 小林志保 大阪湾における酸素消費有機物(COD)の生成・起源に関する研究:同位体比からのアプローチ(その2) 2013/04/01〜2014/02/28
大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度 小林 志保 大阪湾における食物連鎖を支える有機物および微生物群の動態の解明と海域環境の再生・創造に関する研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度 小林 志保 海色衛星観測データを用いた埋立地周辺を含む大阪湾における赤潮動態の解明(その2) (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関わる研究助成制度 小林志保 海色衛星観測データを用いた埋立地周辺を含む大阪湾における赤潮動態の解明(その3) 2017/04/01〜2018/02/28
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
海洋生物資源学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
海洋生物環境学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
海洋生物環境学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
海洋生物環境学演習 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
海洋生物環境学専攻実験 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
海洋生物環境学演習 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
海洋生物環境学専攻実験 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
海洋生物環境学専攻実験1 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
海洋生物環境学専攻実験 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
海洋生物環境学演習1 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
海洋生物環境学演習 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
里海~瀬戸内海であそぶ~ Satoumi ~Enjoy Seto Inland Sea~ 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
海洋生物環境学専攻実験 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学専攻実験1 LaboratoryCourse inFisheries andEnvironmentalOceanography 1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学専攻実験2 LaboratoryCourse inFisheries andEnvironmentalOceanography 2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学演習1 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学演習2 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学演習 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期 農学部 2016/04〜2017/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2016/04〜2017/03
海洋生物環境学専攻実験 Laboratory Course in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物環境学専攻実験1 LaboratoryCourse inFisheries andEnvironmentalOceanography 1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物環境学専攻実験2 LaboratoryCourse inFisheries andEnvironmentalOceanography 2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物環境学演習1 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物環境学演習2 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物環境学演習 Seminar in Biological-Physical Interactions in the Ocean 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
海洋生物科学 Marine Biological Science 後期 農学部 2017/04〜2018/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2017/04〜2018/03
海洋生物資源学演習 Seminar in Marine Bioresources Science 通年 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2014/04/01〜
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
大阪府環境審議会 瀬戸内海環境保全計画部会 委員 2015/07/01〜2016/12/31