沖田 圭介

最終更新日時: 2015/09/24 15:01:18

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
沖田 圭介/オキタ ケイスケ/Keisuke Okita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/未来生命科学開拓部門/講師
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区聖護院川原町53 53 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto 606-8507, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-366-7044
電子メールアドレス
メールアドレス
okita-g @ cira.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本炎症・再生医療学会
日本再生医療学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
International Society for Stem Cell Research (ISSCR)
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 熊本大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2004/04/01〜2006/03/31 独立行政法人科学技術振興機構 研究員
2006/04/01〜2008/02/29 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
2008/03/01〜2009/11/15 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター 特定拠点助教
2009/11/16〜2010/03/31 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター 特定拠点講師
2010/04/01〜 京都大学iPS細胞研究所 講師
個人ホームページ
URL
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/okita/
研究テーマ
(日本語)
iPS細胞を使った新しい医療の開発
(英語)
Development of new medical treatment with iPS cells
研究概要
(日本語)
iPS細胞の応用方法のひとつに細胞移植治療があります。これは、健常人より作製したiPS細胞から神経細胞や筋肉細胞といった分化細胞を作り出し、細胞製剤として患者に移植する方法です。私たちは、この細胞移植に適する高品質のiPS細胞を作製するために、これまで研究室で培ってきた一つひとつの培養操作を確認しながら、再現性の高いプロトコールの作成を進めています。また、iPS細胞の作製を担う作業員に対して、培養技術の指導や衛生管理、機器管理などについてトレーニングを実施しています。作製したiPS細胞の品質を確認するための検査方法についても検討を行い、プロトコールとしてまとめています。2014年11月には「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が施行され、この法律を含めた種々の規制への対応も進めています。こうした医療応用への取り組みと並行して、細胞の初期化機構の解明や新たな初期化因子の探索といった基礎研究も進め、得られた結果を随時反映させています。今後もこれらの取り組みを通じ、より安全なiPS細胞の樹立技術の確立を目標として研究を進めていきます。
(英語)
Current goal of our laboratory is to make sophisticated system to generate safer iPS cells for clinical use. One application of iPS cells is cell transplantation therapy. This approach includes iPS cell generation from healthy donors and the induction of differentiated cells, such as neuronal and muscular cells, from them. These differentiated cells are finally transplanted into patients. To facilitate this approach, we have been transferring the technique of iPS cell generation from laboratory to cell processing facility. In addition, training procedure have been built for people who worked in the facility to teach how to culture the cells, manage the sterile environment, maintain experimental equipment, and record each operations. In addition we are trying to establish the protocol to examine the quality of these iPS cells. The whole process needs to meet several regulations including a new law about the safeness of experimental regenerative medicine which became effective in November, 2014. On the other hand, we are also interested in the fundamental research fields especially in the reprogramming mechanism. New reprogramming factors have been already discovered through the screening of human cDNA library. These genes can be a clue to uncover cellular reprogramming, and improve the clinical application of iPS cells.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
体細胞初期化 Somatic cell reprogramming
再生医療 Regenerative medicine
細胞分子生物学 Molecular cell biology
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Koyanagi-Aoi M, Ohnuki M, Takahashi K, Okita K, Noma H, Sawamura Y, Teramoto I, Narita M, Sato Y, Ichisaka T, Amano N, Watanabe A, Morizane A, Yamada Y, Sato T, Takahashi J, Yamanaka S. Differentiation-defective phenotypes revealed by large-scale analyses of human pluripotent stem cells. Proc Natl Acad Sci U S A. (51):20569-74.,110,51,20569-20574 2013/12 英語
Kajiwara M, Aoi T, Okita K, Takahashi R, Inoue H, Takayama N, Endo H, Eto K, Toguchida J, Uemoto S, Yamanaka S. Donor-dependent variations in hepatic differentiation from human-induced pluripotent stem cells. Proc Natl Acad Sci U S A.,109,36,14716 2012/07 英語
H. Hong; K. Takahashi; T. Ichisaka; T. Aoi; O. Kanagawa; M. Nakagawa; K. Okita; S. Yamanaka Suppression of induced pluripotent stem cell generation by the p53-p21 pathway Nature,460,7259,1132-U95 2009/08/27 日本語
Hashizume O, Ohnishi S, Mito T, Shimizu A, Iashikawa K, Nakada K, Soda M, Mano H, Togayachi S, Miyoshi H, Okita K, Hayashi J Epigenetic regulation of the nuclear-coded GCAT and SHMT2 genes confers human age-associated mitochondrial respiration defects. Scientific reports,5,10434 2015/05 英語
Kim SI, Oceguera-Yanez F, Hirohata R, Linker S, Okita K, Yamada Y, Yamamoto T, Yamanaka S, Woltjen K KLF4 N-Terminal Variance Modulates Induced Reprogramming to Pluripotency. Stem cell reports,4,4,727-743 2015/04 英語
Samata B, Kikuchi T, Miyawaki Y, Morizane A, Mashimo T, Nakagawa M, Okita K, Takahashi J X-linked severe combined immunodeficiency (X-SCID) rats for xeno-transplantation and behavioral evaluation. Journal of neuroscience methods,243,68-77 2015/03 英語
Nakamura S, Takayama N, Hirata S, Seo H, Endo H, Ochi K, Fujita K, Koike T, Harimoto K, Dohda T, Watanabe A, Okita K, Takahashi N, Sawaguchi A, Yamanaka S, Nakauchi H, Nishimura S, Eto K Expandable megakaryocyte cell lines enable clinically applicable generation of platelets from human induced pluripotent stem cells. Cell stem cell,14,4,535-548 2014/04 英語
Ohnishi K, Semi K, Yamamoto T, Shimizu M, Tanaka A, Mitsunaga K, Okita K, Osafune K, Arioka Y, Maeda T, Soejima H, Moriwaki H, Yamanaka S, Woltjen K, Yamada Y Premature termination of reprogramming in vivo leads to cancer development through altered epigenetic regulation. Cell,156,4,663-677 2014/02 英語
Shimamoto R, Amano N, Ichisaka T, Watanabe A, Yamanaka S, Okita K Generation and characterization of induced pluripotent stem cells from Aid-deficient mice. PloS one,9,4,e94735 2014 英語
T. Kondo; M. Asai; K. Tsukita; Y. Kutoku; Y. Ohsawa; Y. Sunada; K. Imamura; N. Egawa; N. Yahata; K. Okita; K. Takahashi; I. Asaka; T. Aoi; A. Watanabe; K. Watanabe; C. Kadoya; R. Nakano; D. Watanabe; K. Maruyama; O. Hori; S. Hibino; T. Choshi; T. Nakahata; H. Hioki; T. Kaneko; M. Naitoh; K. Yoshikawa; S. Yamawaki; S. Suzuki; R. Hata; S.-I. Ueno; T. Seki; K. Kobayashi; T. Toda; K. Murakami; K. Irie; W.L. Klein; H. Mori; T. Asada; R. Takahashi; N. Iwata; S. Yamanaka; H. Inoue Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness Cell Stem Cell,12,4,487-496 2013/04 英語
K. Okita; T. Yamakawa; Y. Matsumura; Y. Sato; N. Amano; A. Watanabe; N. Goshima; S. Yamanaka An efficient nonviral method to generate integration-free human-induced pluripotent stem cells from cord blood and peripheral blood cells Stem Cells,31,3,458-466 2013/03 英語
N. Egawa; S. Kitaoka; K. Tsukita; M. Naitoh; K. Takahashi; T. Yamamoto; F. Adachi; T. Kondo; K. Okita; I. Asaka; T. Aoi; A. Watanabe; Y. Yamada; A. Morizane; J. Takahashi; T. Ayaki; H. Ito; K. Yoshikawa; S. Yamawaki; S. Suzuki; D. Watanabe; H. Hioki; T. Kaneko; K. Makioka; K. Okamoto; H. Takuma; A. Tamaoka; K. Hasegawa; T. Nonaka; M. Hasegawa; A. Kawata; M. Yoshida; T. Nakahata; R. Takahashi; M.C.N. Marchetto; F.H. Gage; S. Yamanaka; H. Inoue Response to comment on "drug screening for ALS using patient-specific induced pluripotent stem cells" Science Translational Medicine,5,188 2013 英語
A. Morizane; D. Doi; T. Kikuchi; K. Okita; A. Hotta; T. Kawasaki; T. Hayashi; H. Onoe; T. Shiina; S. Yamanaka; J. Takahashi Direct comparison of autologous and allogeneic transplantation of IPSC-derived neural cells in the brain of a nonhuman primate Stem Cell Reports,1,4,283-292 2013 英語
N. Egawa; S. Kitaoka; K. Tsukita; M. Naitoh; K. Takahashi; T. Yamamoto; F. Adachi; T. Kondo; K. Okita; I. Asaka; T. Aoi; A. Watanabe; Y. Yamada; A. Morizane; J. Takahashi; T. Ayaki; H. Ito; K. Yoshikawa; S. Yamawaki; S. Suzuki; D. Watanabe; H. Hioki; T. Kaneko; K. Makioka; K. Okamoto; H. Takuma; A. Tamaoka; K. Hasegawa; T. Nonaka; M. Hasegawa; A. Kawata; M. Yoshida; T. Nakahata; R. Takahashi; M.C.N. Marchetto; F.H. Gage; S. Yamanaka; H. Inoue Drug screening for ALS using patient-specific induced pluripotent stem cells Science Translational Medicine,4,145 2012/08/01 英語
K. Hirano; S. Nagata; S. Yamaguchi; M. Nakagawa; K. Okita; H. Kotera; J. Ainscough; T. Tada Human and mouse induced pluripotent stem cells are differentially reprogrammed in response to kinase inhibitors Stem Cells and Development,21,8,1287-1298 2012/05 英語
K.A. Iwabuchi; T. Yamakawa; Y. Sato; T. Ichisaka; K. Takahashi; K. Okita; S. Yamanaka Ecat11/l1td1 is enriched in escs and rapidly activated during ipscgeneration, but it is dispensable for the maintenance and induction of pluripotency PLoS ONE,6,5 2011/05/26 英語
K. Okita; Y. Matsumura; Y. Sato; A. Okada; A. Morizane; S. Okamoto; H. Hong; M. Nakagawa; K. Tanabe; K.-I. Tezuka; T. Shibata; T. Kunisada; M. Takahashi; J. Takahashi; H. Saji; S. Yamanaka A more efficient method to generate integration-free human iPS cells Nature Methods,8,5,409-U52 2011/05 英語
M. Fujiwara; P. Yan; T.G. Otsuji; G. Narazaki; H. Uosaki; H. Fukushima; K. Kuwahara; M. Harada; H. Matsuda; S. Matsuoka; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; T. Ikeda; R. Sakata; C.L. Mummery; N. Nakatsuji; S. Yamanaka; K. Nakao; J.K. Yamashita Induction and enhancement of cardiac cell differentiation from mouse and human induced pluripotent stem cells with cyclosporin-A PLoS ONE,6,2 2011 英語
H. Egusa; K. Okita; H. Kayashima; G. Yu; S. Fukuyasu; M. Saeki; T. Matsumoto; S. Yamanaka; H. Yatani Gingival fibroblasts as a promising source of induced pluripotent stem cells PLoS ONE,5,9 2010/09/14 英語
S. Sato; S. Yagi; Y. Arai; K. Hirabayashi; N. Hattori; M. Iwatani; K. Okita; J. Ohgane; S. Tanaka; T. Wakayama; S. Yamanaka; K. Shiota Genome-wide DNA methylation profile of tissue-dependent and differentially methylated regions (T-DMRs) residing in mouse pluripotent stem cells Genes to Cells,15,6,607-618 2010/06 英語
S. Espejel; G.R. Roll; K.J. McLaughlin; A.Y. Lee; J.Y. Zhang; D.J. Laird; K. Okita; S. Yamanaka; H. Willenbring Induced pluripotent stem cell - derived hepatocytes have the functional and proliferative capabi lities needed for liver regeneration in mice Journal of Clinical Investigation,120,9,3120-3126 2010 英語
K. Okita; H. Hong; K. Takahashi; S. Yamanaka Generation of mouse-induced pluripotent stem cells with plasmid vectors Nature Protocols,5,3,418-428 2010 英語
L.R. Saunders; A.D. Sharma; J. Tawney; M. Nakagawa; K. Okita; S. Yamanaka; H. Willenbring; E. Verdin miRNAs regulate SIRT1 expression during mouse embryonic stem cell differentiation and in adult mouse tissues Aging,2,7,415-431 2010 英語
Y. Yoshida; K. Takahashi; K. Okita; T. Ichisaka; S. Yamanaka Hypoxia Enhances the Generation of Induced Pluripotent Stem Cells Cell Stem Cell,5,3,237-241 2009/09/04 英語
K. Miura; Y. Okada; T. Aoi; A. Okada; K. Takahashi; K. Okita; M. Nakagawa; M. Koyanagi; K. Tanabe; M. Ohnuki; D. Ogawa; E. Ikeda; H. Okano; S. Yamanaka Variation in the safety of induced pluripotent stem cell lines Nature Biotechnology,27,8,743-745 2009/08 英語
Y. Hirami; F. Osakada; K. Takahashi; K. Okita; S. Yamanaka; H. Ikeda; N. Yoshimura; M. Takahashi Generation of retinal cells from mouse and human induced pluripotent stem cells Neuroscience Letters,458,3,126-131 2009/07/24 英語
N. Tsubooka; T. Ichisaka; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; S. Yamanaka Roles of Sall4 in the generation of pluripotent stem cells from blastocysts and fibroblasts Genes to Cells,14,6,683-694 2009/06 英語
S. Senju; M. Haruta; Y. Matsunaga; S. Fukushima; T. Ikeda; K. Takahashi; K. Okita; S. Yamanaka; Y. Nishimura Characterization of dendritic cells and macrophages generated by directed differentiation from mouse induced pluripotent stem cells Stem Cells,27,5,1021-1031 2009 英語
A. Niwa; K. Umeda; H. Chang; M. Saito; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; S. Yamanaka; T. Nakahata; T. Heike Orderly hematopoietic development of induced pluripotent stem cells via Flk-1<sup>+</sup> hemoangiogenic progenitors Journal of Cellular Physiology,221,2,367-377 2009 英語
K. Nishimura; T. Nakagawa; K. Ono; H. Ogita; T. Sakamoto; N. Yamamoto; K. Okita; S. Yamanaka; J. Ito Transplantation of mouse induced pluripotent stem cells into the cochlea NeuroReport,20,14,1250-1254 2009 英語
K. Okita; M. Nakagawa; H. Hyenjong; T. Ichisaka; S. Yamanaka Generation of mouse induced pluripotent stem cells without viral vectors Science,322,5903,949-953 2008/11/07 英語
T. Aoi; K. Yae; M. Nakagawa; T. Ichisaka; K. Okita; K. Takahashi; T. Chiba; S. Yamanaka Generation of pluripotent stem cells from adult mouse liver and stomach cells Science,321,5889,699-702 2008/08/01 英語
M. Nakagawa; M. Koyanagi; K. Tanabe; K. Takahashi; T. Ichisaka; T. Aoi; K. Okita; Y. Mochiduki; N. Takizawa; S. Yamanaka Generation of induced pluripotent stem cells without Myc from mouse and human fibroblasts Nature Biotechnology,26,1,101-106 2008/01 英語
G. Narazaki; H. Uosaki; M. Teranishi; K. Okita; B. Kim; S. Matsuoka; S. Yamanaka; J.K. Yamashita Directed and systematic differentiation of cardiovascular cells from mouse induced pluripotent stem cells Circulation,118,5,498-506 2008 英語
K. Okita; T. Ichisaka; S. Yamanaka Generation of germline-competent induced pluripotent stem cells Nature,448,7151,313-U1 2007/07/19 英語
K. Takahashi; K. Okita; M. Nakagawa; S. Yamanaka Induction of pluripotent stem cells from fibroblast cultures. Nature protocols,2,12,3081-3089 2007 英語
K. Okita; S. Yamanaka Intracellular signaling pathways regulating pluripotency of embryonic stem cells. Current stem cell research & therapy,1,1,103-111 2006 英語
H. Inoue; I. Nobuhisa; K. Okita; M. Takizawa; M.-J. Pébusque; T. Taga Negative regulation of hematopoiesis by the fused in myeloproliferative disorders gene product Biochemical and Biophysical Research Communications,313,1,125-128 2004 英語
I. Nobuhisa; R. Kato; H. Inoue; M. Takizawa; K. Okita; A. Yoshimura; T. Taga Spred-2 Suppresses Aorta-Gonad-Mesonephros Hematopoiesis by Inhibiting MAP Kinase Activation Journal of Experimental Medicine,199,5,737-742 2004 英語
K. Okita; H. Kiyonari; I. Nobuhisa; N. Kimura; S. Aizawa; T. Taga Targeted disruption of the mouse ELYS gene results in embryonic death at peri-implantation development Genes to Cells,9,11,1083-1091 2004 英語
K. Okita; I. Nobuhisa; M. Takizawa; M. Ueno; N. Kimura; T. Taga Genomic organization and characterization of the mouse ELYS gene Biochemical and Biophysical Research Communications,305,2,327-332 2003 英語
I. Nobuhisa; M. Takizawa; S. Takaki; H. Inoue; K. Okita; M. Ueno; K. Takatsu; T. Taga Regulation of Hematopoietic Development in the Aorta-Gonad-Mesonephros Region Mediated by Lnk Adaptor Protein Molecular and Cellular Biology,23,23,8486-8494 2003 英語
N. Kimura; M. Takizawa; K. Okita; O. Natori; K. Igarashi; M. Ueno; K.-I. Nakashima; I. Nobuhisa; T. Taga Identification of a novel transcription factor, ELYS, expressed predominantly in mouse foetal haematopoietic tissues Genes to Cells,7,4,435-446 2002 英語
M. Ueno; K. Igarashi; N. Kimura; K. Okita; M. Takizawa; I. Nobuhisa; T. Kojima; T. Kitamura; U. Samulowitz; D. Vestweber; T. Shimomura; T. Suda; K. Nakashima; T. Taga Endomucin is expressed in embryonic dorsal aorta and is able to inhibit cell adhesion Biochemical and Biophysical Research Communications,287,2,501-506 2001 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
松井 敏、笠原 朋子、安田 勝太郎、小高 真希、近本 裕子、沖田 圭介、浅香 勲、才津 浩智、服部 元史、長船 健二 肝嚢胞モデル開発に向けたヒトiPS細胞から胆管上皮細胞の分化誘導 第23回嚢胞性腎疾患研究会 2015/09 日本語
Morizane A, Doi D, Kikuchi T, Okita K, Mizuma H, Takara, S, Onoe H, Hayashi T, Shiina T, Ogasawara K, Yamanaka S, Takahashi J Autologous or HLA-matched cell transplantation for Parkinson’s disease with induced pluripotent stem cells ISSCR Annual Meeting 2015 2015/06 英語
Fukusumi H, Shofuda T, Bamba Y, Yamamoto A, Kanematsu D, Handa Y, Takahashi K, Okita K, Nakamura M, Yamanaka S, Okano H, Kanemura Y Simple, efficient and robust method for generation of human neural progenitor cells from human induced pluripotent stem cells. ISSCR Annual Meeting 2015 2015/06 英語
Keisuke OkitaKikuchi T, Morizane A, Doi D, Okita K, Nakagawa M, Inoue H, Takahashi R, Takahashi J Induced pluripotent stem cells derived from idiopathic parkinson’s disease patients differentiate into midbrain dopaminergic neurons and improve motor function of parkinson’s disease model rats ISSCR Annual Meeting 2015 2015/06 英語
那須 誠,天久 朝廷,横路 三有紀,沖田 圭介,赤井 靖宏,櫻庭 均,上田 誠二, 深水 圭,奥田 誠也,長船 健二 Fabry病患者由来iPS細胞を用いた新規疾患モデルの作製 第58回日本腎臓学会学術総会 2015/06 日本語
菊地 哲広、森実 飛鳥、土井 大輔、井上 治久、高橋 良輔、沖田 圭介、中川 誠人、高橋 淳 パーキンソン病患者由来iPSCからのドパミン神経誘導 第14回日本再生医療学会総会 2015/03 日本語
森実飛鳥、土井大輔、菊地哲広、沖田圭介、高良沙幸、水間広、尾上浩隆、林 拓也、椎名 隆、石垣宏二、小笠原一誠、山中伸弥、高橋 淳 カニクイザルiPS細胞由来ドパミン神経を用いた同種MHC適合移植 第14回日本再生医療学会総会 2015/03 日本語
Chonabayashi K, Kawahara M, Watanabe A, Amano N, Okita K, Nishizawa M, Kadowaki N, Takaori-Kondo A, Yamanaka S, Yoshida Y iPS technology revealed the genetic and functional diversity present in a single MDS patient 臨床血液,55,9,1259 2014/09 英語
Masumoto H, Ikuno T, Okita K, Marui A, Minakata K, Ikeda T, Sakata R, Yamashita J Cell sheet transplantation to rat infarct heart using genomic integration-free human ips cells generated with episomal plasmid vectors: A strategy for tumor-free cardiac cell therapy ISSCR 12th Annual Meeting 2014/06 英語
舩戸 道徳、豊田 太郎、近藤 恭士、細川 吉弥、須藤 智美、沖田 圭介、浅香勲、上杉 志成、加藤 善一郎、太田 章、山中 伸弥、近藤 直実、長船 健二 病態モデル作製に向けたヒト iPS/ES 細胞から膵外分泌細胞への高効率分化誘導法の開発 第13回日本再生医療学会総会 2014/03 日本語
菊地 哲広、森実 飛鳥、土井 大輔、井上 治久、沖田 圭介、中川 誠人、高橋 淳 パーキンソン病患者由来iPSCからのドパミン神経誘導 第13回日本再生医療学会総会 2014/03 日本語
Chonabayashi K, Kawahara M, Watanabe A, Okita K, Nishizawa M, Kadowaki N, Takaori-Kondo A, Yamanaka S, Yoshida Y Search for pathogenesis of acquired myelodysplastic syndromes using reprogramming technology 第75回日本血液学会学術集会,54,9,1102 2013/10 英語
黒澤 修,オケヨ ケネディ オモンディ,小穴英廣,沖田圭介,小寺秀俊,鷲津正夫 オンチップエレクトロポレーションを用いた接着細胞核への遺伝子直接送達法の開発 第37回静電気学会全国大会 2013/09 日本語
Chonabayashi, K., Kawahara, M., Watanabe, A., Okita, K., Nishizawa, M., Takaori-Kondo, A., Yamanaka, S., and Yoshida, Y. Search for Pathogenesis of Acquired Myelodysplastic Syndromes using Reprogramming Technology. ISSCR 11th Annual Meeting 2013/06 英語
Morizane, A., Doi, D., Kikuchi, T,. Okita, K., Hotta, A., Kawasaki, T., Onoe, H., Shiina, T., Takahashi, J. Autologous Transplantation of Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Neurons Causes Minimum Immune Reaction in the Brain of Non-Human Primate ISSCR 11th Annual Meeting 2013/06 英語
Funato, M., Toyoda, T., Kondo, Y., Hosokawa, Y., Sudo, T., Okita, K., Asaka,I., Uesugi, M., Kato, Z.I., Ohta, A., Yamanaka, S., Kondo, N., Osafune, K Development of an efficient differentiation method from iPSCs/ESCs into pancreatic exocrine lineages towards novel pancreatic disease models ISSCR 11th Annual Meeting 2013/06 英語
Shimamoto, R., Amano, N., Ichisaka, T., Watanabe, A., Okita, K., and Yamanaka, S. Characterization of Aid-Deficient iPS cells. ISSCR 11th Annual Meeting 2013/06 英語
Keisuke OkitaOkita, K., Yamakawa, T., Matsumura, Y., Sato, Y., Amano, N., Watanabe, A., and Yamanaka, S. An Efficient Non-viral Method to Generate Integration-Free Human iPS Cells from Cord Blood and Peripheral Blood Cells. ISSCR 11th Annual Meeting 2013/06 英語
笠原 朋子、前 伸一、近本 裕子、沖田 圭介、浅香 勲、才津 浩智、柳田 素子、服部 元史、長船 健二 ARPKD 特異的 iPS 細胞の分化系を用いた腎嚢胞および肝線維症に対する新規疾患モデルの作製 第56回日本腎臓学会学術総会 2013/05 日本語
森実飛鳥、土井大輔、菊地哲広、沖田圭介、川崎俊之、尾上浩隆、田中景子、椎名 隆、高橋 淳 iPS細胞を用いた自家移植の有効性 ~カニクイザル脳内神経細胞移植の系を用いて~ 第12回日本再生医療学会総会 2013/03 日本語
Yoshida, Y., Oishi, A., Nishikawa, M., Takei, I., Okita, K., and Yamanaka, S Analysis of differentiation capacity toward cardiomyocytes from pluripotent stem cells. ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
菊地哲広,森実飛鳥,土井大輔,井上治久,沖田圭介,高橋淳 パーキンソン病患者由来iPSC からのドーパミ ン神経誘導 第11 回日本再生医療学会総会(2012.06.13.横浜) 2012/06 日本語
Okita, K., Matsumura, Y., Sato, Y., and Yamanaka, S Immunogenic potential of mouse pluripotent stem cells. ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
Aoi, T., Okita, K., Ichisaka, T., Nakagawa, M., Koyanagi, M., Tanabe, K., Takahashi, K., Yamanaka, S. Comprehensive Analyses of Chimeras and Progeny Mice from Induced Pluripotent Stem Cells ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
Kasahara T, Chikamoto H, Okita K, Asaka I, Hattori M, Osafune K. Modeling for autosomal recessive polycystic kidney disease using patient-specific iPSCs. ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
Morizane A, Okita K, Doi D, Kikuchi T, Takahashi J. Differentiation from primate induced pluripotent stem cells designed for an auto-grafting model system. ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
Kikuchi T, Morizane A, Doi D, Okita K, Inoue H, Takahashi J. Induced pluripotent stem cells derived from idiopathic parkinson’s disease patients differentiate into midbrain dopaminergic neurons ISSCR 10th annual Meeting 2012/06 英語
笠原朋子、近本裕子、沖田圭介、浅香勲、服部元史、長船健二 「常染色体劣性多発性嚢胞腎(ARPKD)」特異的iPS細胞を用いた病態解析研究 第55回日本腎臓学会総会 2012/06 日本語
福田誠,早川和男,玉置さくら,沖田圭介,池谷真,Knut Woltjen,大塚隆信,戸口田淳也 PS 細胞を用いた肉腫研究:滑膜肉腫の起源細胞の解明をめざして 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26. 名古屋) 2012 日本語
Kikuchi T, Morizane A, Okita K, Inoue H, Takahashi J. Induced pluripotent stem cells derived from Parkinson's disease patient differentiated into midbrain dopaminergic neurons. ISSCR 9th annual meeting 2011/06 英語
沖田圭介、松村泰子、佐藤美子、山中伸弥 非ウイルスベクターによる血液細胞からのヒトiPS細胞の樹立 第10回日本再生医療学会総会 2011/03 日本語
OTUKA AKIKO, AOI TAKAYUKI, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, MATSUBARA AIKO, KAWAMATA SHIN, OGAWA SEIJI, YAMANAKA NOBUYA SNPアレイを用いたヒトiPS細胞の染色体不安定性についての検討 再生医療,10,203 2011/02/01 英語
HIRANO KUNIO, NAGATA SHOGO, YAMAGUCHI SHINPEI, NAKAGAWA MASATO, OKITA KEISUKE, KOTERA HIDETOSHI, AINSCOUGH JUSTIN, TADA TAKASHI Human and Mouse Induced Pluripotent Stem Cells Are Differentially Reprogrammed in Response to Kinase Inhibitors 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),34th,1P-0193 (WEB ONLY) 2011 英語
平野邦生,長田翔伍,山口新平,中川 誠,沖田圭介,小寺秀俊,Justin Ainscough,多田 高 リン酸化阻害剤 によるヒトとマウスiPS 細胞での異なるリプログラミング運命 「第83 回日本遺伝学会総会」(2011.9.20-22, 京都) 2011 日本語
SHIMAMOTO REN, ICHISAKA TOMOKO, OKITA KEISUKE, YAMAKANA SHINYA Function of AID in DNA demethylation during the iPS cell generation 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),34th,1P-0188 (WEB ONLY) 2011 英語
OKITA KEISUKE, MATSUMURA YASUKO, SATO YOSHIKO, OKADA AKI, HONG HYENJONG, NAKAGAWA MASATO, TANABE KOJI, YAMANAKA SHINYA Human iPS induction from adult fibroblasts in virus free condition 生化学,ROMBUNNO.4T5-7 2010/12 英語
Koyanagi, M., Ichisaka, T., Okada, A., Narita, M., Aoi, T., Okita, K., Takahashi, K., Nakagawa, M., and Yamanaka, S. ES-specific microRNAs are actively involved in induction of pluripotent stem cells from mouse and human fibroblasts. ISSCR 8th Annual Meeting 2010/06 英語
Shimamoto, R., Takahashi, K., Ichisaka, T., Okita, K., and Yamanaka, S. Explore novel factors to improve the quality of ips cells. ISSCR 8th Annual Meeting 2010/06 英語
Okita, K., Matsumura, Y., Okada, A., Sato, Y., Hong, H., Nakagawa, M., Tanabe, K., and Yamanaka, S. Human iPS induction from adult fibroblasts in virus free condition. ISSCR 8th Annual Meeting 2010/06 英語
小柳三千代,一阪朋子,成田恵,田邊剛士,三浦恭子,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 microRNA 発現プロファイリングiPS 細胞評価系への応用 第9 回日本再生医療医学会総会(2010.3.18 広島) ※ポスター発表 2010 日本語
IWABUCHI KUMIKO A., ICHISAKA TOMOKO, YAMAMOTO TAKUYA, OKITA KEISUKE, YAMANAKA SHINYA The Dissection of Reprogramming Process in Murine Induced Pluripotent Stem Cells via Expression Patterns of Single-cells 生化学,ROMBUNNO.4P-0902 2010 英語
OTSUKA AKIKO, AOI TAKASHI, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, MTSUBARA AIKO, KAWAMATA SHIN, OGAWA SEISHI, YAMANAKA SHINYA Chromosomal instability of various human iPS cell clones using high-resolution DNA analysis. 生化学,ROMBUNNO.4P-0899 2010 英語
洪炫禎,沖田圭介,高橋和利,山中伸弥 iPS 細胞樹立を制御するp53 経路 実験医学.28(3): 378-382(2010) 2010 日本語
SENJU SATORU, MATSUNAGA YUSUKE, FUKUSHIMA SATOSHI, IKEDA TOKUNORI, TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKITA KEISUKE, YAMANAKA SHINYA, NISHIMURA YASUHARU Anti-cancer cellular vaccination with dendritic cells derived from genetically engineered mouse iPS cells 日本癌学会学術総会記事,68th,240 2009/08/31 英語
沖田圭介,山中伸弥 沖田圭介,山中伸弥 幹細胞の分化誘導と応用(2009) 2009 日本語
青井貴之,沖田圭介,一阪朋子,中川誠人,小柳三千代,八戸宏二郎,田邊剛士,高橋和利,山中伸弥 Comprehensive analyses of chimeras and progeny mice from induced pluripotent stem cells 第32 回日本分子生物学会 年会(2009.12.10 横浜)※ポスター発表 2009 日本語
AOI TAKASHI, OKITA KEISUKE, ICHISAKA TOMOKO, NAKAGAWA MASATO, KOYANAGI MICHIYO, YAE KOJIRO, TANABE KOJI, TAKAHASHI KAZUTOSHI, YAMANAKA SHINYA Comprehensive Analyses of Chimeras and Progeny Mice from Induced Pluripotent Stem Cells 日本分子生物学会年会講演要旨集,32nd,Vol.2,190 2009 英語
KOYANAGI MICHIYO, ICHISAKA TOMOKO, OKADA AKI, NARITA MEGUMI, TANABE KOJI, AOI TAKASHI, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, NAKAGAWA MASATO, YAMANAKA SHINYA microRNAs are actively involved in induction of pluripotent stem cells from mouse and human fibroblasts 日本分子生物学会年会講演要旨集,32nd,Vol.2,190 2009 英語
SENJU SATORU, HARUTA MIWA, MATSUNAGA YUSUKE, FUKUSHIMA SATOSHI, HIRATA SHINYA, IKEDA TOKUNORI, TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKITA KEISUKE, YAMANAKA SHINYA, NISHIMURA YASUHARU Generation of dendritic cells from mouse iPS cells 日本免疫学会総会・学術集会記録,38,201 2008/11/05 英語
沖田圭介 人工多能性幹細胞(iPS 細胞)の展望と課題 「日本医師会生涯教育講座(第1回)」(2008.7.19.愛媛) 2008 日本語
沖田圭介,一阪朋子,山中伸弥 ウイルスを用いないマウス人工多能性幹(iPS) 細胞の樹立 第31回日本分子生 物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※口頭およびポスター発 表 2008 日本語
青井貴之,沖田圭介,一阪朋子,田邊剛士,小柳三千代,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 iPS 細胞に由来するマ Annual Report 2008 ウスの長期経過観察 独立行政法人科学技術振興機構「免役難病・感染症等の先進医療技術」第5回公開シン ポジウム(2008.12.15.東京)※ポスター発表 2008 日本語
小柳三千代,岡田亜紀,一阪朋子,熊崎恵,田邊剛士,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 マウス・ヒト体細胞のiPS 細胞化に関わるmicroRNA の探索とその機能解析 第31回日本分子生物学会年 会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 日本語
三浦恭子,岡田洋平,西野誠,富里周太,小川大輔,幸田和久,池田栄二,沖田圭介,高橋和利,松崎有未,柚 崎通介,山中伸弥,岡野栄之 人工多能性幹(iPS)細胞を用いた神経系細胞の誘導. 第31回日本神経科学大会 (2008.7.9.東京) 2008 日本語
沖田圭介 体細胞からの人工多能性幹細胞(iPS 細胞)の樹立と展望 「第28回表面科学学術講演会」(2008.11.13. 東京) 2008 日本語
楢崎元太,寺西瑞恵,沖田圭介,山中伸弥,山下潤 誘導多能性幹(iPS) 細胞からの心血管系細胞の誘導 (oral) 第7回日本再生医療学会総会(2008.3.13-14.名古屋) 2008 日本語
三浦恭子,辻収彦,岡田洋平,西野誠,富里周太,池田栄二,幸田和久,高橋和利,沖田圭介,一阪朋子,小 柳三千代,田邊剛士,大貫茉里,柚崎通介,戸山芳昭,中村雅也,山中伸弥,岡野栄之 iPS (induced pluripotent stem) 細胞を用いた神経系細胞の誘導 独立行政法人科学技術振興機構「免役難病・感染症等の 先進医療技術」第5回公開シンポジウム(2008.12.15.東京)※ポスター発表 2008 日本語
沖田圭介 体細胞からの人工万能幹(iPS) 細胞の樹立 「愛知医科大学医学部先端医学・医療研究拠点研究セミ ナー」(2008.3.11.愛知) 2008 日本語
沖田圭介 iPS 細胞研究に関する最新情報の紹介 「幹細胞・iPS 細胞・再生医療のビジネスへの糸口―専門家との 直接意見交換シンポジウムin KRP―意見交換会」(2008.10.23.京都) 2008 日本語
NAKAGAWA MASATO, MOCHIDUKI YUJI, TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKITA KEISUKE, TAKIZAWA NANAKO, ICHISAKA TOMOKO, YAMANAKA SHINYA Generation of induced pluripotent stem cells by family genes 生化学,1P-1101 2008 英語
MIURA KYOKO, TSUJI OSAHIKO, OKADA YOHEI, NISHINO MAKOTO, TOMISATO SHUTA, KOHDA KAZUHISA, IKEDA EIJI, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, KOYANAGI MICHIYO, TANABE KOJI, YUZAKI MICHISUKE, TOYAMA YOSHIAKI, NAKAMURA MASAYA, YAMANAKA SHINYA, OKANO HIDEYUKI Neural differentiation and therapeutic effects of induced pluripotentstem cell 生化学,1T25-10 2008 英語
HONG HYENJONG, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKADA AKI, ICHISAKA TOMOKO, NAKAGAWA MASATO Increased efficiency of induced pluripotent stem cell induction by suppression of gene X 生化学,1P-1105 2008 英語
TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKITA KEISUKE, NAKAGAWA MASATO, AOI TAKASHI, ICHISAKA TOMOKO, YAMANAKA SHINYA Generation of high quality iPS cells 日本発生生物学会大会発表要旨集,40th,22 2007/05/15 英語
沖田圭介,一阪朋子,山中伸弥 Nanog レポーターを用いた誘導多能性幹細胞の樹立 第28回日本炎症・再生医学会(2007.8.3.東京) 2007 日本語
沖田圭介 第2 世代iPS 細胞の開発 第3 回再生医科学研究所 若手発表会(2007 年3 月29 日)沖田圭介 再生誘導研究分野 第2 世代iPS 細胞の開発 2007 日本語
沖田圭介,一阪朋子,山中伸弥 Nanog レポーターを用いた人工多能性幹細胞の樹立 BMB2007(第30 回日本分 子生物学会年会第80 回日本生化学会大会合同大会)(2007.12.12.神奈川) 2007 日本語
三浦恭子,小川大輔,岡田洋平,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥,岡野英之 iPS(induced pluripotent stem) 細胞を用いた神経細胞の誘導 第28 回日本炎症・再生医学会(2007.8.2.東京) 2007 日本語
小柳三千代,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 マウス体細胞の初期化に関わるmicroRNA の探索とその機能解析 BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会 第80 回日本生化学会大会 合同大会) (2007.12.12.神奈川) 2007 日本語
NAKAGAWA MASATO, TAKAHASHI KAZUTOSHI, OKITA KEISUKE, ICHISAKA TOMOKO, YAMANAKA SHINYA Generation of induced pluripotent stem(iPS) cells by family genes 生化学,2P-1157 2007 英語
MIURA KYOKO, OGAWA DAISUKE, NISHINO MAKOTO, TOMISATO SYUTA, OKADA YOHEI, IKEDA EIJI, OKITA KEISUKE, TAKAHASHI KAZUTOSHI, KOHDA KAZUHISA, YUZAKI MICHISUKE, YAMANAKA SHINYA, OKANO HIDEYUKI Neural derivation from induced pluripotent stem cells 生化学,2P-1171 2007 英語
高橋和利,沖田圭介,山中伸弥 遺伝子導入による万能細胞の作製 再生医療.6 : 52-57,(2007) 2007 日本語
沖田圭介 人工万能幹細胞の樹立法の改善 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 (CREST)「免疫難病・感染症等の先進医療技術」第3 回公開シンポジウム(2006.12.15. 東京) 2006 日本語
沖田圭介 GFP ノックインを用いたNanog 発現細胞の探索と解析 「免疫難病・感染症等の先進医療技術」 \n第2 回 公開シンポジウム(2005.12.16. 東京) 2005 日本語
沖田圭介,一阪朋子,中川誠人,山中伸弥 EGFPレポーターマウスを用いた生体におけるNanog 陽性細胞の機能解析 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語
Hong H., Takahashi K., Ichisaka T., Aoi T., Nakagawa M., Okita K., Yamanaka S. Increased generation efficiency of induced pluripotent stem cell by suppression of p53 in mouse and human. 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.10 Spain)※ポスター発表 2009 英語
Aoi T., Okita K., Ichisaka T., Tanabe K., Koyanagi M., Takahashi K., Nakagawa M., Yamanaka S. Long term observation of iPS cells-derived mice. 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.9 Spain)※ポスター発表 2009 英語
M. Nakagawa, Y. Mochiduki, K. Takahashi, K. Okita, N. Takizawa, T. Ichisaka, S. Yamanaka Generation of \ninduced pluripotent stem cells by family genes 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合 同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 英語
H. Hong, K. Okita, K. Takahashi, A. Okada, T. Ichisaka , M. Nakagawa Increased efficiency of induced pluripotent \nstem cell induction by suppression of p53. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 英語
K. Miura, O. Tsuji, Y. Okada, M. Nishino, S. Tomisato, K. Kohda, E. Ikeda, K. Okita, K. Takahashi, M. Koyanagi, K. Tanabe, M. Yuzaki, Y. Toyama, M. Nakamura, S. Yamanaka ,Okano, H Neural differentiation and \ntherapeutic effects of induced pluripotent stem cell. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※口頭およびポスター発表 2008 英語
G. Narazaki, M. Teranishi, H. Uosaki, K. Okita, BJ. Kim, S. Matsuoka, S. Yamanaka, J.K. Yamashita Cardiovascular cell differentiation system using mouse induced pluripotent stem cells. 6th ISSCR Annual Meeting (2008.6.11-14. Philadelphia, U.S.A.) 2008 英語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T., and Yamanaka S. Generation of induced pluripotent stem(iPS) cells by family genes. BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会第80 回日本生化学会大会合同大会) (2007.12.12.神奈川) 2007 英語
Miura K., Ogawa D., Nishino M., Tomisato S., Okada Y., Ikeda E., Okita K., Takahashi K., Kohda K., Yuzaki M., Yamanaka S., and Okano H. Neural derivation from induced pluripotent stem cells BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会第80 回日本生化学会大会合同大会)(2007.12.12.神奈川) 2007 英語
Takahashi K., Okita K., Nakagawa M., Aoi T., Ichisaka T., and Yamanaka S. Generation of high quality iPS cells Neuro2007(第30 回日本神経科学大会,第50 回日本神経化学会大会,第17 回日本神経回路学会大会合同学会)(2007.9.12.横浜) 2007 英語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T., and Yamanaka S. Regulatory mechanism for production of induced pluripotent stem(iPS)cells 京都大学再生医科学研究所,熊本大学発生医学研究センター,慶應義塾 大学,CDB Joint Forum(2007.9.5-6.神戸) 2007 英語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T and Yamanaka S Regulatory Mechanism for Reprogramming. The American Society for Cell Biology, 46th Annual Meeting(2006.12.13. San Diego, USA) 2006/12/13 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
山川達也、沖田圭介 プラスミド 再生医療用語ハンドブック,45-46 2015/03 日本語
前 伸一、沖田 圭介、長船 健二 iPS細胞への遺伝子導入時における適切なプロトコール、トラブル回避策 遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発 2014/05 日本語
沖田 圭介 iPS細胞株の作製 実験医学別冊 ES・iPS細胞実験スタンダード,79-93 2014/03 日本語
山川達也、沖田圭介 医療応用に向けたヒトiPS細胞の作製法の発展 整形外科,64,7 2013/07 日本語
杉山 逸未、沖田 圭介 ヒトiPS細胞の臨床応用 Medical Science Digest,38,11,479-482 2012/10 日本語
山川達也、沖田圭介 医療応用へ向けたヒトiPS細胞作製の技術開発 実験医学増刊号 幹細胞のメディカルサイエンス,30,10,1609-1614 2012/06 日本語
青井貴之、大貫茉里、沖田圭介 iPS細胞-樹立培養方法 実験医学別冊 目的別で選べる細胞培養プロトコール,210-228 2012 日本語
島本廉、沖田圭介 iPS細胞からのマウス作製 細胞工学,13,3,308-313 2012 日本語
中村友紀、沖田圭介 ES細胞およびiPS細胞のがん化リスク 血液内科,63,5,574-579 2011/11 日本語
沖田 圭介 安全なiPS細胞の樹立に向けて BIO Clinica,26,9,776-780 2011/08 日本語
沖田 圭介 ヒトiPS細胞の樹立方法 医学のあゆみ,239,14,1303-1308 2011 日本語
沖田 圭介 iPS細胞樹立におけるリプログラミング 細胞,42,12,494-498 2010/11 日本語
K. Okita; S. Yamanaka Induced Pluripotent Stem Cells Handbook of Stem Cells,1,227-235 2013 英語
Y. Mochiduki; K. Okita Methods for iPS cell generation for basic research and clinical applications Biotechnology Journal,7,6,789-797 2012/06 英語
K. Okita IPS cells for transplantation Current Opinion in Organ Transplantation,16,1,96-100 2011 英語
K. Okita; S. Yamanaka Induced pluripotent stem cells: Opportunities and challenges Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences,366,1575,2198-2207 2011 英語
K. Okita; N. Nagata; S. Yamanaka Immunogenicity of induced pluripotent stem cells Circulation Research,109,7,720-721 2011 英語
K. Okita; S. Yamanaka Induced Pluripotent Stem Cells Principles of Regenerative Medicine,241-252 2011 英語
K. Okita; S. Yamanaka Induction of pluripotency by defined factors Experimental Cell Research,316,16,2565-2570 2010 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
iPS細胞を臨床応用へ [招待あり] 第58回日本形成外科学会総会・学術集会 2015/04/10 日本語
iPS細胞と臨床への応用 [招待あり] 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014/10/10 日本語
iPS細胞をどう作るか? [招待あり] 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014/10/10 日本語
臨床応用に向けたiPS細胞の作製 [招待あり] 第58回日本薬学会関東支部大会 2014/10/04 日本語
iPS細胞の臨床応用を目指して [招待あり] 日本薬学会関東支部 第38回学術講演会 2013/12/22 日本語
iPS細胞を、医療へ 未来医療センター10周年・未来医療開発部開設記念シンポジウム 大阪大学付属病院 未来医療センター 2013/01/31 日本語
iPS細胞の臨床応用を目指して 第一回IGM特別セミナー 北海道大学 2012/12/20 日本語
iPS細胞とは iPS細胞研究ワークショップ —iPS細胞実用化の最先端を語る— 福岡大学 2012/03/16 日本語
Generation of iPS cells for therapeutic treatment [Invited] Interdisciplinary approaches for the study of senescence 2012/02/09 英語
iPS細胞の臨床応用を目指して 第21回日本サイトメトリー学会学術集会 2011/06/25 日本語
人工多能性幹(iPS)細胞の課題と展望 [招待あり] 日本放射線影響学会第53回大会 2010/10/21 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Approach of iPS cells to medical application [Invited] 1st Kyoto U-UCSD Joint Symposium 2015/03/11 英語
Approach of iPS cells to medical application [Invited] 熊本大学 Higo Program 2013/09/04 英語
Generation of iPS cells for therapeutic treatment Heidelberg-Kyoto Joint Symposium "Crossing Boundaries: Stem Cells, Materials, and Mesoscopic Sciences" 2011/07 英語
Generation of Human iPS cells for therapeutic treatment [Invited] 熊本大学GCOEセミナー 2011/03/16 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
沖田 圭介, 中川 誠人, 山中 伸弥 効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法 特許登録 特許第5376478号 2013/10/04
山中 伸弥, 沖田 圭介 核初期化方法 特許登録 特許第5346925号 2013/08/23
山中 伸弥, 高橋 和利, 沖田 圭介 効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法 特許登録 特許第5340265号 2013/08/16
山中 伸弥, 沖田 圭介 人工多能性幹細胞の選別方法 特許公開 特表2013-521760 2013/06/13
沖田 圭介, 中川 誠人, 山中 伸弥 効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法 特許公開 特表2013-501505 2013/01/17
山中 伸弥, 沖田 圭介 初期化因子が除去された人工多能性幹細胞の作製方法 特許公開 特開2010-273680 2010/12/09
山中 伸弥, 高橋 和利, 沖田 圭介 効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法 特許公開 特表2011-525793 2011/09/29
山中 伸弥, 沖田 圭介 核初期化方法 特許公開 特表2011-519546 2011/07/14

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本炎症・再生医学会奨励賞 日本炎症・再生医学会 2013/07/02
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ES細胞の分化系を利用した初期化阻害因子の探索 2010〜2011
若手研究(B) 代表 多能性幹細胞における免疫特権の分子基盤の解明 2012〜2013
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
第6回FIRM講演会 iPS細胞基盤技術 2014/01/27
第12回生活習慣病を考える会 iPS細胞とは? 2013/11/14
Cellectis社サイエンスセミナー Generation and culture of iPS cells 2013/05/14
岩国市市民科学講座 iPS細胞研究の最前線から 2013/03/16
第2回 産と学をつなぐ SENRIの会 プラスミドによるヒト人工多能性幹細胞の樹立 2011/12/02
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
第一特定認定再生医療等委員会 委員 大阪大学 2015/03/26〜