有馬 祐介

最終更新日時:2017/07/21 18:14:49

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
有馬 祐介/アリマ ユウスケ/Yusuke Arima
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/生命システム研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
工学研究科 高分子化学専攻 組織修復材料学 助教
医学研究科 医学専攻 生体分子設計学 助教
医学研究科 医科学専攻 生体分子設計学 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区聖護院川原町53 53 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto 606-8507
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4115
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
高分子学会 The Society of Polymer Science, Japan
日本バイオマテリアル学会 Japanese Society for Biomaterials
日本再生医療学会 The Japanese Society for Regenerative Medicine
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 神戸大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科博士後期課程高分子化学専攻 単位修得退学
神戸大学 大学院自然科学研究科応用化学専攻博士前期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
神戸大学 工学部応用化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2004/07/01〜2007/03/31 京都大学 再生医科学研究所 Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 教務補佐員 Assistant Research Staff
2007/04/01〜2010/03/31 京都大学 再生医科学研究所 Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 科学技術振興助教 Program-Specific Assistant Professor
2010/04/01〜2011/06/31 京都大学 再生医科学研究所 Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 特定研究員 Program-Specific Researcher
2011/07/01〜2016/09/30 京都大学 再生医科学研究所 Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 助教 Assistant Professor
2012/07/01〜2013/06/30 ノースウェスタン大学 生体医療工学部 Biomedical Engineering Department, Northwestern Univ. 研究員 Visiting Research Scholar
2016/10/01〜 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所(名称変更) Institute for Life and Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 助教 Assistant Professor
研究テーマ
(日本語)
人工材料とタンパク質・細胞との相互作用解析 バイオマーカーの高感度検出装置の開発
(英語)
Interactions of proteins and cells with artificial materials Development of highly sensitive biosensing for biomarkers
研究概要
(日本語)
体内に人工材料を埋込むと異物を排除しようと様々な生体反応が起こります。人工血管や人工心臓などを体内で長期間機能させるには,これらの生体反応を深く理解しコントロールする必要があります。そのために,様々な分析手法を用いて人工材料表面で生体反応が起こる仕組みを調べています。また,病気の判定基準となる血液中のバイオマーカーを高感度で検出できる装置を開発し,患者のそばですぐに結果を出せる検査システムの確立を目指しています。
(英語)
Protein adsorption, complement activation, cell adhesion are involved in the initial reactions against man-made materials with living bodies. It is necessary to elucidate these mechanisms in relation to the surface properties so as to rationally design biocompatible surfaces of synthetic implants. Most of information on the biological reactions against artificial polymeric materials has been accumulated from studies with polymeric materials. However, polymer surfaces could not be assumed rigid and immobile at equilibrium. The polymer molecules in the vicinity of the surface or interface would exhibit motion and relaxation in response to the different interfacial environments. Thus, it is difficult to prepare model surfaces using polymeric materials for studies of protein adsorption and cell adhesion. Self-assembled monolayers of alkanethiols formed on a gold thin film provide well-defined model surfaces suitable for studies on interfacial phenomena and intermolecular interactions. The surface plasmon resonance technique can be applied to analyze the interfacial phenomena under water. We have been studying protein adsorption, complement activation, and cell adhesion on well-defined surfaces made of self-assembled monolayers using the surface plasmon resonance technique as well other analysis techniques highly sensitive for interfacial molecular events.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
バイオマテリアル Biomaterials
表面科学 Surface science
バイオセンシング Biosensing
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
医用生体工学・生体材料学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
I. T. Hoffecker, N. Takemoto, Y. Arima, H. Iwata Sequence-specific nuclease-mediated release of cells tethered by oligonucleotide phospholipids Biomaterials,53,318-329 2015/03 英語
T. Matsui, Y. Arima, N. Takemoto, H. Iwata Cell patterning on polylactic acid through surface-tethered oligonucleotides Acta Biomaterialia,13,32-41 2014/11 英語
M. Toda, Y. Arima, H. Takiguchi, H. Iwata Surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy apparatus with a convergent optical system for point-of-care testing Analytical Biochemistry,467,47-53 2014/09 英語
岩田博夫,有馬祐介,西垣達矢 アレイ法による幹細胞培養基材のスクリーニング 再生医療,8, 78-83(2009) 2009 日本語
T. Itagaki, Y. Arima, R. Kuwabara, N. Kitamura, H. Iwata Interaction between Cells and Poly(Ethylene Glycol)-Lipid Conjugates Colloids and Surfaces B: Biointerfaces,135,765-773 2015/08 英語
Y. Arima, H. Iwata Preferential adsorption of cell adhesive proteins from complex media on self-assembled monolayers and its effect on subsequent cell adhesion Acta Biomaterialia,26,72-81 2015/08 英語
E. Y. Egawa, N. Kitamura, R. Nakai, Y. Arima, H. Iwata A DNA hybridization system for labeling of neural stem cells with SPIO nanoparticles for MRI monitoring post-transplantation Biomaterials,54,158-167 2015/04 英語
T. Murakami; Y. Arima; M. Toda; H. Takiguchi; H. Iwata Effect of dielectric spacer thickness on signal intensity of surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy Analytical Biochemistry,421,2,632-639 2012/02/15 英語
Y. Ueda; S. Fujita; T. Nishigaki; Y. Arima; H. Iwata Substrates for human pluripotent stem cell cultures in conditioned medium of mesenchymal stem cells Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition,23,1-4,153-165 2012 英語
Y. Arima; K. Kato; Y. Teramura; H. Iwata Design of biointerfaces for regenerative medicine Advances in Polymer Science,247,167-200 2012 英語
Arima, Y., Ishii, R., Hirata, I., Iwata, H. High-Throughput Study of Protein–Surface Interactions Using a Surface Plasmon Resonance Imaging Apparatus Proteins at Interfaces III, 695-708 2012 英語
Y. Arima; M. Toda; H. Iwata Surface plasmon resonance in monitoring of complement activation on biomaterials Advanced Drug Delivery Reviews,63,12,988-999 2011/09/16 英語
S. Konagaya; K. Kato; T. Nakaji-Hirabayashi; Y. Arima; H. Iwata Array-based functional screening of growth factors toward optimizing neural stem cell microenvironments Biomaterials,32,22,5015-5022 2011/08 英語
Y. Arima; Y. Teramura; H. Iwata Surface modification to control biological responses Kobunshi,60,10,733-735 2011 英語
Toda M., Arima, Y., Iwata H. Quantitative Measurement of Alpha-Fetoprotein and Prostate Specific Antigen using \nSurface Plasmon Field Enhanced Fluorescence Spectroscopy 3rd Asian Biomaterials Congress(2011. 9.15- 17, Korea) 2011 英語
Arima Y., Iwata H. Cell adhesion to well-defined surfaces competitively adsorbed with fibronectin and albumin. Core-to-Core 2010 World Network Seminar on Advanced Particle Science and Technology(2010.11.23-26, Kyoto) 2010/11/23 英語
Y. Arima; M. Kawagoe; M. Furuta; M. Toda; H. Iwata Effect of swelling of poly(vinyl alcohol) layers on complement activation Biomaterials,31,27,6926-6933 2010/09 英語
M. Toda; Y. Arima; H. Iwata Complement activation on degraded polyethylene glycol-covered surface Acta Biomaterialia,6,7,2642-2649 2010/07 英語
Y. Arima; M. Kawagoe; M. Toda; H. Iwata Complement activation by polymers carrying hydroxyl groups ACS Applied Materials and Interfaces,1,10,2400-2407 2009/10 英語
Y. Arima; Y. Teramura; H. Takiguchi; K. Kawano; H. Kotera; H. Iwata Surface plasmon resonance and surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy for sensitive detection of tumor markers. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),503,3-20 2009 英語
T. Urisu; T. Asano; Z. Zhang; H. Uno; R. Tero; H. Junkyu; I. Hiroko; Y. Arima; H. Iwata; K. Shibasaki; M. Tominaga Incubation type Si-based planar ion channel biosensor Analytical and Bioanalytical Chemistry,391,8,2703-2709 2008/08 英語
Y. Arima; M. Toda; H. Iwata Complement activation on surfaces modified with ethylene glycol units Biomaterials,29,5,551-560 2008/02 英語
T. Nakaji-Hirabayashi; K. Kato; Y. Arima; H. Iwata Multifunctional chimeric proteins for the sequential regulation of neural stem cell differentiation Bioconjugate Chemistry,19,2,516-524 2008/02 英語
T. Nakaji-Hirabayshi; K. Kato; Y. Arima; H. Iwata Epidermal growth factor signaling at cell-substrate interfaces 8th World Biomaterials Congress 2008,4,2125- 2008 英語
Y. Arima; H. Iwata Effect of adsorbed fibronectin and albumin on cell adhesion to well-defined surface 8th World Biomaterials Congress 2008,1,424- 2008 英語
K. Kato; T. Ishimuro; Y. Arima; I. Hirata; H. Iwata High-throughput immunophenotyping by surface plasmon resonance imaging Analytical Chemistry,79,22,8616-8623 2007/11/15 英語
T. Nakaji-Hirabayashi; K. Kato; Y. Arima; H. Iwata Oriented immobilization of epidermal growth factor onto culture substrates for the selective expansion of neural stem cells Biomaterials,28,24,3517-3529 2007/08 英語
Y. Arima; H. Iwata Effect of wettability and surface functional groups on protein adsorption and cell adhesion using well-defined mixed self-assembled monolayers Biomaterials,28,20,3074-3082 2007/07 英語
M. Nakajima; T. Ishimuro; K. Kato; I.-K. Ko; I. Hirata; Y. Arima; H. Iwata Combinatorial protein display for the cell-based screening of biomaterials that direct neural stem cell differentiation Biomaterials,28,6,1048-1060 2007/02 英語
Y. Arima; H. Iwata Effects of surface functional groups on protein adsorption and subsequent cell adhesion using self-assembled monolayers Journal of Materials Chemistry,17,38,4079-4087 2007 英語
Arima Y., Toda M., Iwata H. Complement activation on poly(ethylene glycol)-modified surfaces 1st Asian Biomaterials Congress(2007.12.6-8.Tsukuba) 2007 英語
Y. Teramura; Y. Arima; H. Iwata Surface plasmon resonance-based highly sensitive immunosensing for brain natriuretic peptide using nanobeads for signal amplification Analytical Biochemistry,357,2,208-215 2006/10/15 英語
Y. Arima; R. Ishii; I. Hirata; H. Iwata Development of surface plasmon resonance imaging apparatus for high-throughput study of protein-surface interactions e-Journal of Surface Science and Nanotechnology,4,201-207 2006 英語
Y. Arima; S. Fujimoto; H. Iwata Cell adhesion to mixed self-assembled monolayers carrying different terminal functional groups Polymer Preprints, Japan,55,1,1969- 2006 英語
Y. Arima; T. Horikawa; H. Iwata Cell adhesion on the surface preadsorbed with fibronectin and albumin Polymer Preprints, Japan,54,1,2244- 2005 英語
M.H. Naka; Y. Arima; H. Iwata; M. Hasuo; Y. Fuwa; Y. Morita; K. Ikeuchi A novel technique for evaluation of articular cartilage lubrication based on the surface plasmon resonance Tribology and Interface Engineering Series,48,389-397 2005 英語
Arima Y., Iwata H. Time-lapse observation of cell adhesion by evanescent field imaging technique. Surface and Interface in Nano-bioelectronics(Biotronics2005)(2005.3.3-7 岡崎) 2005 英語
Y. Arima; K. Kato; H. Iwata Time-lapse observation of cell adhesion by evanescent field imaging technique Transactions - 7th World Biomaterials Congress,1638- 2004 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
有馬 祐介,岩田 博夫 単鎖DNA−ポリエチレングリコール−脂質を用いた細胞接着制御とその細胞膜上での挙動 第64回高分子討論会 2015/09 日本語
平居 佑亮,有馬 祐介,岩田 博夫 ポリエチレングリコール―脂質複合体を用いた細胞膜表面へのヒスチジンタグタンパクの固定化 日本バイオマテリアル学会 第10回関西若手研究発表会 2015/08 日本語
平居 佑亮,有馬 祐介,岩田 博夫 スターチ表面への細胞接着の特異的制御 第60回高分子研究発表会(神戸) 2014/07
松井利樹,有馬祐介,竹本直紘,岩田博夫 オリゴヌクレオチドを介したポリ乳酸上の細胞パターニング 第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014
有馬 祐介,岩田 博夫 支持脂質二分子膜へ導入された単鎖DNA−ポリエチレングリコール−脂質による細胞接着とその局在状態 第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014
松井利樹,有馬祐介,竹本直紘,岩田博夫 オリゴヌクレオチド修飾によるポリ乳酸上への細胞パターニング 日本バイオマテリアル学会 第9回関西若手研究発表会 2014 日本語
有馬 祐介,岩田 博夫 人工材料表面への細胞接着に影響を与える種々の因子 143回ポバール会 2013
板垣亮,有馬祐介,岩田博夫 ポリエチレングリコール-脂質複合体を導入した平面脂質膜上での補体活性化挙動 第58 回高分子研究発表会(2012.7.13.神戸) 2012 日本語
有馬祐介,岩田博夫 自己組織化単分子膜への細胞接着性タンパク質吸着および細胞接着 第60 回 高分子学会年次大会(2011.5.25-27 大阪) 2011 日本語
有馬祐介,岩田博夫 表面官能基の異なる自己組織化単分子膜へのフィブロネクチン/ ビトロネクチンの吸着および細胞接着 第33 回日本バイオマテリアル学会大会(2011.11.21-22 京都) 2011 日本語
戸田満秋,有馬祐介,岩田博夫 表面プラズモン場励起蛍光法を用いたバイオマーカーの高感度検出の試み 第21 回バイオ・高分子シンポジウム(2011. 7.25-26 大阪) 2011 日本語
古田雅典,有馬祐介,岩田博夫 カルボキシメチル化ポリビニルアルコールを用いたイムノアッセイ 第33 回日本バイオマテリアル学会大会(2011.11.21-22 京都) 2011 日本語
古田雅典,有馬祐介,岩田博夫 表面プラズモン共鳴を用いたイムノアッセイの高感度化 日本バイオマテリアル 学会北陸若手研究発表会準備会(2011.12.22 福井) 2011 日本語
有馬 祐介,村上 隆史,戸田 満秋,岩田 博夫 表面プラズモン場励起蛍光分光法を用いた腫瘍マーカーの高感度計測 京都大学再生医科学研究所 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 平成23 年度 学術講演会 2011 年12 月26 日(月)ポスター6 2011 日本語
有馬祐介,岩田博夫 表面官能基の異なる自己組織化単分子膜におけるフィブロネクチン/アルブミン競争吸着と細胞接着の関係 第32 回日本バイオマテリアル学会大会(2010.11.29-30 広島) 2010 日本語
戸田満秋,有馬祐介,岩田博夫 表面プラズモン励起蛍光をもちいたバイオマーカーの高感度計測 第22 回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(2010.11.17-18 名古屋) 2010 日本語
村上隆史,有馬祐介,戸田満秋,岩田博夫 高分子薄膜による表面プラズモン励起蛍光分光法におけるエネルギー移動の抑制 第59 回高分子学会年次大会(2010.5.26-28 横浜) 2010 日本語
古田雅典,有馬祐介,戸田満秋,岩田博夫 ポリビニルアルコール固定化表面のがん巣状態と補体活性化 第56 回高分子研究発表会(2010. 7.16 神戸) 2010 日本語
村上順一,有馬祐介,戸田満秋,岩田博夫,熊田陽一,岸本通雅 単鎖抗体の高感度蛍光イムノアッセイへの応用 第56 回高分子研究発表会(2010. 7.16 神戸) 2010 日本語
有馬祐介 粉体工学会,性状が明確なモデル表面と細胞との相互作用 第46 回夏期シンポジウム「ナノ粒子・人工材料と相互作用する生物-細胞を中心に生体関連物質から生体まで-」(依頼講演)(2010.8.9-10 京都) 2010 日本語
岩田博夫,有馬祐介,西垣達矢 神経幹細胞の分化制御に向けた細胞アレイ分析 特定領域バイオ操作.第7 回公開シンポジウム(2009.3. 6 仙台) 2009 日本語
村上隆史,岩田博夫,有馬祐介,戸田満秋 高分子薄膜による表面プラズモン場励起蛍光法におけるエネルギー移動の抑制 第55回高分子研究発表会(2009.7. 17 神戸) 2009 日本語
有馬祐介,岩田博夫 各種官能基を有するモデル表面へのアルブミン/フィブロネクチン競争吸着および細胞接着 第38回医用高分子シンポジウム(2009.7.27-28 東京) 2009 日本語
有馬祐介,川越雅子,戸田満秋,岩田博夫 ポリビニルアルコールによる補体活性化 第31 回日本バイオマテリ アル学会大会(2009.11.16-17 京都) 2009 日本語
有馬祐介,岩田博夫 表面官能基の異なる自己組織化単分子膜へのフィブロネクチン/アルブミン競争吸着および細胞接着 第58 回高分子討論会(2009.9.16-18 熊本) 2009 日本語
有馬祐介,岩田博夫 フィブロネクチン/アルブミン競争吸着表面での細胞接着 第57回高分子討論会 (2008.9.24-26.大阪) 2008 日本語
有馬祐介,岩田博夫 材料極表層の官能基が細胞接着に及ぼす影響 第4回日本接着学会関西支部若手研究者の会 (2008.12.3.大阪) 2008 日本語
戸田満秋,有馬祐介,岩田博夫 末端メトキシ化PEG 担持表面の劣化による血清補体の活性化 第57回高分子討 論会(2008.9.24-26.大阪) 2008 日本語
川越雅子,有馬祐介,戸田満秋,岩田博夫 デキストランによる補体活性化 第3回関西若手発表会(バイオマテ リアル学会)(2008.8.7.大阪) 2008 日本語
川越雅子,有馬祐介,戸田満秋,岩田博夫 水酸基をもつ高分子による補体活性化 第57回高分子討論会(2008. 9.24-26.大阪) 2008 日本語
加藤功一,中路正,佐藤秀樹,有馬祐介,岩田博夫 上皮細胞増殖因子を配向固定した神経幹細胞増幅基材の開 発 第130 回ポバール会(2007.7.7.京都) 2007 日本語
外波弘之,有馬祐介,加藤功一,川真田伸,岩田博夫 京都大学ナノメディシン融合教育ユニット研究と人材育 成の試み-バイオナノマテリアルコースの場合- 第51 回日本学術会議材料工学連合講演会(2007.11.28. 京都) 2007 日本語
有馬祐介,岩田博夫 混合自己組織化単分子膜を用いた細胞接着に及ぼす濡れ性および表面官能基の影響 第56 回高分子学会年次大会(2007.5.29-31.京都) 2007 日本語
有馬祐介,岩田博夫 高分子材料と生体との相互作用-Ⅱ.各種官能基を有するモデル表面への細胞接着- 第36 回医用高分子シンポジウム(2007. 7.30-31.東京) 2007 日本語
中路正,加藤功一,有馬祐介,岩田博夫 神経幹細胞の増殖と分化を段階的に制御できるキメラタンパク質の設 計 第56 回高分子学会年次大会第56 回高分子学会年次大会(2007.5.29-31.京都).29-31.京都) 2007 日本語
滝口裕実,有馬祐介,寺村裕治, 岩田博夫 表面プラズモン励起蛍光法による腫瘍マーカーの高感度・短時間計測, 日本分析化学会第56 年会(2007.9.19-21.徳島) 2007 日本語
有馬祐介,藤本沙織,岩田博夫 官能基密度を制御した生体材料モデル表面への細胞接着 ナノ学会第4 回大会 (2006.5.19-21. 京都) 2006 日本語
有馬祐介,藤本沙織,岩田博夫 表面官能基の異なる混合自己組織化単分子膜への細胞接着 第55 回高分子学会 年次大会(2006.5.24-26. 名古屋) 2006 日本語
戸田満秋,有馬祐介,藤本沙織,岩田博夫 ポリエチレングリコール坦持表面と血清補体との相互作用解析 第34 回医用高分子シンポジウム(2006.8.1-2. 東京) 2006 日本語
有馬祐介 種々の表面特性を有する生体材料モデル表面へのタンパク吸着および細胞接着 有馬祐介組織修復材料学分野,若手研究者発表会(2006.3.15) 2006 日本語
岩田博夫,有馬祐介 Cell based assay のプラットフォーム作り 第66回応用物理学会学術講演会(2005.9.7-11徳島) 2005 日本語
加藤功一,石室俊成,有馬祐介,平田伊佐雄,岩田博夫 表面プラズモン共鳴イメージング装置による細胞表面マーカーの検出 第49回日本学術会議材料研究連合講演会(2005.9.15-16 京都) 2005 日本語
堀川毅,有馬祐介,岩田博夫 全反射蛍光顕微鏡を用いた自己組織化単分子膜へのHeLa 細胞接着挙動の観察 第4回日本再生医療学会総会(2005.3.1-2 大阪) 2005 日本語
有馬祐介, 堀川毅, 岩田博夫 フィブロネクチン/アルブミン混合吸着表面への細胞接着 第54回高分子学会年次大会(2005.5.25-27横浜) 2005 日本語
有馬祐介 エバネッセント場を利用した生体-表面間相互作用の解析 第1回再生研若手研究発表会(2005.3.9) 2005 日本語
有馬祐介,岩田博夫 種々の官能基を有する自己組織化単分子膜へのタンパク質の吸着とその後の細胞接着 第53 回高分子学会年次大会(2004. 5. 25-27. 神戸) 2004 日本語
岩田博夫,有馬祐介 エバネッセント光を利用した細胞接着過程の解析 第62 回日本化学繊維研究所講演会(2004. 11.17. 京都) 2004 日本語
有馬祐介,岩田博夫 エバネッセント場を利用した生体-材料表面間相互作用の解析 第65 回応用物理学会学術講演会(2004.9.2. 仙台) 2004 日本語
有馬祐介 全反射蛍光顕微鏡を用いた細胞接着過程の観察 第18回医工学若手研究発表会(2004.3.17)、所属:組織修復 2004 日本語
Toshiki Matsui, Yusuke Arima, Hiroo Iwata Surface modification of biodegradable polyesters for DNA-mediated cell attachment The 6th Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine 2015/01 英語
Yusuke Arima, Hiroo Iwata Recruitment of DNA tethered to lipid bilayer upon DNA-mediated cell attachment The 6th Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine 2015/01 英語
Yusuke Arima, Hiroo Iwata Cell attachment to supported lipid bilayer mediated by oligonucleotide-phospholipid conjugates European Materials Research Society (E-MRS) 2015 Spring Meeting 2015
Yusuke Arima, Hiroo Iwata Controlled cell attachment using oligonucleotide-poly(ethylene glycol)-lipid conjugates and their recruitment upon cell attachment 8th International Symposium on Nanomedicine 2014
Yusuke Arima, Hiroo Iwata Effect of surface functional group on adsorption of cell adhesive proteins and subsequent cell adhesion using self-assembled monolayers International Symposium on Nanomedicine Molecular Science 2013 (NMMS2013) 2013
Yusuke Arima Interaction of Proteins and Cells with Model Biomaterials Surfaces Symposium on Biorecognition and Bioseparation Engineering 2013
Toda M. , Arima Y. , Iwata H. Surface Plasmon Field Enhanced Fluorescence Spectroscopy for Quantitative \nAnalysis of Infinitesimal Bio-makers. 4th International Symposium on Nanomedicine(ISNM 2010), (2010.11.29-12.1 Okazaki) 2010/11/29 英語
Arima Y. Effect of surface functional groups on protein adsorption and cell adhesion using self-assembled monolayers ISNM2009 & Asian Core Symposium (招待講演) (2009.2.4-6 岡崎) 2009 英語
Arima Y., Iwata H. Cell adhesion controlled by properties of outermost layers with nanometer in thickness, Transmission and Reception 1st International Symposium on Nanomedicine -from Basic to Applications- and 2nd Molecule-Based Information (2007.4.20-22.Okazaki) 2007 英語
Arima Y., Iwata H. Tracking of cell adhesion process to self-assembled monolayer of alkanethiols with various functional groups 2007 International Conference on Solid State Devices and Materials(2007.9.19-21 Tsukuba) 2007 英語
Kato K., Nakajima M., Ishimuro T., Ko IK., Nakaji T., Hirata I., Arima Y., Iwata H. Development of cell-based array technology for the selection and specification of neural stem cells 2006 International Symposium on Biomedical Engineering(2006.12.14-16. Taiwan) 2006 英語
Arima Y., Iwata H. Cell adhesion on self-assembled alkanethiol monolayers with various functional groups. International Symposium on Surface Science and Nanotechnology (2005. 11.14-17 埼玉) 2005/11/14 英語
Arima Y., Iwata H Studies of cell adhesion behavior on self-assembled alkanethiol monolayers by evanescent wave methods. International Symposium of Center for Integrated Cell and Tissue Regulation-Laser Science for the Validation of Regenerative Medicine(2005.9.8 Tokyo) 2005 英語
Naka M H., Arima Y., Iwata H., Hasuo M., Fuwa Y., Morita Y., Ikeuchi K. A novel technique for evaluation of articular \ncartilage lubrication based on the surface plasmon resonance. 31st Leeds-Lyon Symposium on Tribology (2004.9.7-10. Leeds) 2004 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Cell surface engineering for biomedical applications [Invited] the A3 International Conference on Nanomedicine of Cancer 2016/08/01 英語
鎖DNA-ポリエチレングリコール-脂質複合体を用いた細胞表面工学とその応用 [招待あり] 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会 2015/12/02 日本語
単鎖DNA-ポリエチレングリコール-脂質複合体を用いた細胞表面工学と支持脂質二分子膜によるモデル化 [招待あり] 2015 年真空・表面科学合同講演会 2015/12/01 日本語
Cell attachment to supported lipid bilayer mediated by oligonucleotide-phospholipid conjugates [Invited] E-MRS 2015 Spring Meeting 2015/05/15 英語
モデル表面を用いた細胞-材料間および細胞-細胞間接着の解析 [招待あり] 医工学フォーラム 2014年度特別学術講演会 2015/02 日本語
モデル表面を用いた細胞-材料間および細胞-細胞間接着の解析 [招待あり] 2014 KIPS 若手高分子シンポジウム 2014/12/12 日本語
表面プラズモン共鳴を用いたバイオセンシング-バイオマテリアル研究および臨床検査への応用- 第2回研究会 3大学連携研究会 2011/03/07 日本語
性状が明確なモデル表面と細胞との相互作用 第46回夏期シンポジウム 粉体工学会 2010/08/09 日本語
Interaction of Proteins and Cells with Model Biomaterials Surfaces [Invited] Symposium on Biorecognition and Bioseparation Engineering (Invited lecture) 2013/12/04 英語
Highly Sensitive Detection of Tumor Markers using Surface Plasmon Field-Enhanced Fluorescence Spectroscopy The 2nd Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine 2011/02/24 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Cell adhesion to self-assembled monolayers and supported lipid bilayers for studying cell-substrate and cell-cell interaction [Invited] 7th World Congress on Preventive and Regenerative Medicine (7th WCPRM) 2014/11/06 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Controlled cell attachment using oligonucleotide-poly(ethylene glycol)-lipid conjugates and their recruitment upon cell attachment [Invited] 8th International Symposium on Nanomedicine 2014/12/05 英語
Cell patterning on polylactic acid through surface tethered oligonucleotides [Invited] The 2nd Japan-China Symposium on Nanomedicine 2014/05/16 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
High-throughput study of protein-surface interactions using a surface plasmon resonance imaging apparatus American Chemical Society 2012
Design of biointerfaces for regenerative medicine Springer 2012
Surface plasmon resonance and surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy for sensitive detection of tumor markers Humana Press 2008
有馬祐介,岩田博夫 パターン化自己組織化単分子膜を利用した細胞チップ 「動物実験代替のためのバイオマテ リアル・デバイス」(酒井康行,民谷栄一監修,シーエムシー出版,東京),132-139(2007) 2007 日本語
K. Kato, I-K. Ko, T. Ishimuro, M. Toda, Y. Arima, I. Hirata, H. Iwata High-throughput cytometry using antibody \narrays Biomaterials in Asia (T. Tateishi, ed.,World Scientific Publishing Co Pte Ltd., Singapore) 506-516 (2008) 2008 英語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
岩田博夫,有馬祐介,戸田満秋,片岡麻衣 生体試料中の分析対象物のアッセイ方法及びそれに用いたPOCT装置 特許出願 特願特願2011-104566 2011/05/09
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
Excellent postar award 5th International symposium on nanomedicine (ISNM2011) 2012/03/16
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金 若手(B) 代表 表面プラズモン励起蛍光分光法を用いた吸着タンパク質の配向・形態解析 Orientational/conformational changes of adsorbed proteins probed by surface plasmon-enhanced fluorescence spectroscopy 2011/04/01〜
新学術領域研究 分担 ナノメディシン分子科学 Nanomedicine Molecular Science 2011/10/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
旭硝子財団 研究奨励 有馬 祐介 貝の接着機構を模倣した医療材料コーティング技術の開発 2014/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
高分子化学特論1 Polymer Chemistry, Adv. 1 前期 工学研究科 2012/04〜2013/03
高分子医工学 Biomaterials Science and Engineering 前期 工学研究科 2012/04〜2013/03
高分子医工学 Biomaterials Science and Engineering 前期 工学研究科 2014/04〜2015/03
高分子化学特論1 Polymer Chemistry, Adv. 1 前期 工学研究科 2014/04〜2015/03
生体関連物質化学(創成化学) Biorelated Material Chemistry 前期 工学部 2015/04〜2016/03
生体関連物質化学(創成化学) Biorelated Material Chemistry 前期 工学部 2016/04〜2017/03
生体関連物質化学(創成化学) Biorelated Material Chemistry 前期 工学部 2017/04〜2018/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会 委員
再生医科学動物実験専門委員会 委員 2016/10/01〜
化学物質管理委員会 委員 2016/10/01〜
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Northwestern University Biomedical Engineering Department Mussel-inspired polymer coatings for biomedical application アメリカ 2012/07/01〜2013/06/31