塩川 雅広

最終更新日時: 2019/06/27 01:09:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
塩川 雅広/シオカワ マサヒロ/Shiokawa, Masahiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(消化器内科)/特定病院助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) Ph.D., Medicine 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院医学研究科博士課程医学専攻 Graduate School of Medicine Gastoroenterology and Hepatology 研究指導認定退学
京都大学 Kyoto University 大学院医学研究科博士課程医学専攻 Graduate School of Medicine Gastoroenterology and Hepatology 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 Kyoto University 医学部医学科 School of Medicine 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
高田高等学校 たかだこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2003/05/06〜2004/05/31 京都大学医学部附属病院 初期研修医
2004/06/01〜2007/03/31 公立高島総合病院 医師
2007/04/01〜2010/03/31 大津日赤病院消化器内科 医師
2014/04/01〜2017/03/31 京都大学医学部附属病院 消化器内科 医員
2017/04/01〜2019/03/31 神戸大学大学院 医学研究科 消化器内科学 特別研究員
2019/04/01〜 京都大学医学部附属病院 消化器内科 特定病院助教
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000010374
研究テーマ
(日本語)
「IgG4関連疾患の自己抗体の同定とこれを用いた新規診断キットの開発よる新しい診療体系の確立」
(英語)
Identifying autoantigens of IgG4-RD and application these antigens for dignosis
研究概要
(日本語)
自己免疫性膵炎は自己免疫機序の関与が示唆されてきたが、病態形成に寄与する自己抗体が存在するのか、自己抗原は何であるのか同定されていなかった。 我々の研究は、自己免疫性膵炎患者のIgGがどのような役割を担っているのかという疑問に対して、「マウスに患者のIgGを投与し、病変の発症の有無を見ればよいのではないか」と考えたのが独創的な点である。更に、このマウス膵のヒトIgGの免疫染色の結果から自己抗原候補を細胞外マトリックスに絞ることが可能であった点も大きな利点であった。 本研究により自己免疫性膵炎の病態解明に加え、新たな診療体系が発信されることが期待され、国際的なインパクトも大きいものと想定される。
(英語)
The pathophysiology in patients with Immunoglobulin G4 (IgG4)-related disease (IgG4-RD) remain unknown. To reveal the pathogenicity of Immunoglobulin G (IgG) in patients with IgG4-RD, we injected their IgGs into neonatal Balb/c mice. In addition, we also examined the pathogenic activity of IgG1, IgG2, IgG3, and IgG4 in patients with IgG4-RD by injecting their IgGs into neonatal Balb/c mice. In result, subcutaneous injection of patients’ IgG, but not control IgG, induced pancreatic and salivary gland injuries. Interestingly, pancreatic injury was also induced by injecting patients’ IgG1 or IgG4, with more destructive change induced by IgG1 than by IgG4. In addition, binding of patients’ IgG to pancreatic extracellular matrix was confirmed in both the mouse model and AIP tissue samples. To reveal whether these antibodies in patients with IgG4-RD have also pathological effects to human, what is the antigen, and whether the pathophysiology in IgG4-RD is antigen-antibody disease, more studies are needed.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
自己免疫性膵炎 autoimmune pancreatitis
自己抗原 autoantigen
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Nakamura T, Shiokawa M, Nakai Y. Successful Hemostasis of Bleeding from Biliary Varices. Successful Hemostasis of Bleeding from Biliary Varices. Successful Hemostasis of Bleeding from Biliary Varices. Clin Gastroenterol Hepatol. Clin Gastroenterol Hepatol. Clin Gastroenterol Hepatol. 2018/08 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Notohara K, Kamisawa T, Uchida K, Zen Y, Kawano M, Kasashima S, Sato Y, Shiokawa M, Uehara T, Yoshifuji H, Hayashi H, Inoue K, Iwasaki K, Kawano H, Matsubayashi H, Moritani Y, Murakawa K, Oka Y, Tateno M, Okazaki K, Chiba T. Gastrointestinal manifestation of immunoglobulin G4-related disease: clarification through a multicenter survey. Gastrointestinal manifestation of immunoglobulin G4-related disease: clarification through a multicenter survey. Gastrointestinal manifestation of immunoglobulin G4-related disease: clarification through a multicenter survey. J Gastroenterol. J Gastroenterol. J Gastroenterol. 2018/07 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Sakuma Y, Kodama Y, Eguchi T, Uza N, Tsuji Y, Shiokawa M, Maruno T, Kuriyama K, Nishikawa Y, Yamauchi Y, Tsuda M, Ueda T, Matsumori T, Morita T, Tomono T, Kakiuchi N, Mima A, Sogabe Y, Marui S, Kuwada T, Okada A, Watanabe T, Nakase H, Chiba T, Seno H. Chemokine CXCL16 mediates acinar cell necrosis in cerulein induced acute pancreatitis in mice. Chemokine CXCL16 mediates acinar cell necrosis in cerulein induced acute pancreatitis in mice. Chemokine CXCL16 mediates acinar cell necrosis in cerulein induced acute pancreatitis in mice. Sci Rep. Sci Rep. Sci Rep. 2018/06 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Matsumori T, Shiokawa M, Kodama Y. Pancreatic Mass with Elevated Serum IgG4 Level. Pancreatic Mass with Elevated Serum IgG4 Level. Pancreatic Mass with Elevated Serum IgG4 Level. Gastroenterology. Gastroenterology. Gastroenterology. 2018 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Shiokawa M, Kodama Y, Sekiguchi K, Kuwada T, Tomono T, Kuriyama K, Yamazaki H, Morita T, Marui S, Sogabe Y, Kakiuchi N, Matsumori T, Mima A, Nishikawa Y, Ueda T, Tsuda M, Yamauchi Y, Sakuma Y, Maruno T, Uza N, Tsuruyama T, Mimori T, Seno H, Chiba T. Laminin 511 is a Target Antigen in Autoimmune Pancreatitis. Laminin 511 is a Target Antigen in Autoimmune Pancreatitis. Laminin 511 is a Target Antigen in Autoimmune Pancreatitis. Sci Transl Med Sci Transl Med Sci Transl Med 2018 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Tsuji Y, Takahashi N, Isoda H, Koizumi K, Koyasu S, Sekimoto M, Imanaka Y, Yazumi S, Asada M, Nishikawa Y, Yamamoto H, Kikuchi O, Yoshida T, Inokuma T, Katsushima S, Esaka N, Okano A, Kawanami C, Kakiuchi N, Shiokawa M, Kodama Y, Moriyama I, Kajitani T, Kinoshita Y, Chiba T. Early diagnosis of pancreatic necrosis based on perfusion CT to predict the severity of acute pancreatitis. Early diagnosis of pancreatic necrosis based on perfusion CT to predict the severity of acute pancreatitis. Early diagnosis of pancreatic necrosis based on perfusion CT to predict the severity of acute pancreatitis. J Gastroenterol., 52, 10, 1147-1148 J Gastroenterol., 52, 10, 1147-1148 J Gastroenterol., 52, 10, 1147-1148 2017 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Tsuji D, Ikeda M, Yamamoto K, Nakamori H, Kim YI, Kawasaki Y, Otake A, Yokoi M, Inoue K, Hirai K, Nakamichi H, Tokou U, Shiokawa M, Itoh K. Drug-related genetic polymorphisms affecting severe chemotherapy-induced neutropenia in breast cancer patients: A hospital-based observational study. Drug-related genetic polymorphisms affecting severe chemotherapy-induced neutropenia in breast cancer patients: A hospital-based observational study. Drug-related genetic polymorphisms affecting severe chemotherapy-induced neutropenia in breast cancer patients: A hospital-based observational study. Medicine, 95, 44, 51 Medicine, 95, 44, 51 Medicine, 95, 44, 51 2016/11 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 8. Shiokawa M, Kodama Y, Kuriyama K, Yoshimura K, Tomono T, Morita T, Kakiuchi N, Matsumori T, Mima A, Nishikawa Y, Ueda T, Tsuda M, Yamauchi Y, Minami R, Sakuma Y, Ota Y, Maruno T, Kurita A, Sawai Y, Tsuji Y, Uza N, Matsumura K, Watanabe T, Notohara K, Tsuruyama T, Seno H, Chiba T. Pathogenicity of Immunoglobulin G in Patients with IgG4-related Disease. Pathogenicity of Immunoglobulin G in Patients with IgG4-related Disease. Pathogenicity of Immunoglobulin G in Patients with IgG4-related Disease. Gut, 65, 8, 1322-1332 Gut, 65, 8, 1322-1332 Gut, 65, 8, 1322-1332 2016 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Sawai Y, Kodama Y, Shimizu T, Ota Y, Maruno T, Eso Y, Kurita A, Shiokawa M, Tsuji Y, Uza N, Matsumoto Y, Masui T, Uemoto S, Marusawa H, Chiba T. Activation-Induced Cytidine Deaminase Contributes to Pancreatic Tumorigenesis by Inducing Tumor-Related Gene Mutations. Activation-Induced Cytidine Deaminase Contributes to Pancreatic Tumorigenesis by Inducing Tumor-Related Gene Mutations. Activation-Induced Cytidine Deaminase Contributes to Pancreatic Tumorigenesis by Inducing Tumor-Related Gene Mutations. Cancer Res., 75, 16, 3292-3301 Cancer Res., 75, 16, 3292-3301 Cancer Res., 75, 16, 3292-3301 2015 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Arai Y, Yamashita K, Kuriyama K, Shiokawa M, Kodama Y, Sakurai T, Mizugishi K, Uchida K, Kadowaki N, Takaori A, Kudo M, Okazaki K, Strober W, Chiba T, Watanabe T. Plasmacytoid Dendritic Cell Activation and IFN-α Production Are Prominent Features of Murine Autoimmune Pancreatitis and Human IgG4-Related Autoimmune Pancreatitis. Plasmacytoid Dendritic Cell Activation and IFN-α Production Are Prominent Features of Murine Autoimmune Pancreatitis and Human IgG4-Related Autoimmune Pancreatitis. Plasmacytoid Dendritic Cell Activation and IFN-α Production Are Prominent Features of Murine Autoimmune Pancreatitis and Human IgG4-Related Autoimmune Pancreatitis. J Immunol., 195, 7, 3033-3044 J Immunol., 195, 7, 3033-3044 J Immunol., 195, 7, 3033-3044 2015 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Honzawa Y, Nakase H, Shiokawa M, Yoshino T, Imaeda H, Matsuura M, Kodama Y, Ikeuchi H, Andoh A, Sakai Y, Nagata K, Chiba T. Involvement of interleukin-17A-induced expression of heat shock protein 47 in intestinal fibrosis in Crohn's disease. Involvement of interleukin-17A-induced expression of heat shock protein 47 in intestinal fibrosis in Crohn's disease. Involvement of interleukin-17A-induced expression of heat shock protein 47 in intestinal fibrosis in Crohn's disease. Gut., 63, 12, 1902-1912 Gut., 63, 12, 1902-1912 Gut., 63, 12, 1902-1912 2014 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Shiokawa M, Kodama Y, Yoshimura K, Kawanami C, Mimura J, Yamashita Y, Asada M, Kikuyama M, Okabe Y, Inokuma T, Ohana M, Kokuryu H, Takeda K, Tsuji Y, Minami R, Sakuma Y, Kuriyama K, Ota Y, Tanabe W, Maruno T, Kurita A, Sawai Y, Uza N, Watanabe T, Haga H, Chiba T. Risk of cancer in patients with autoimmune pancreatitis. Risk of cancer in patients with autoimmune pancreatitis. Risk of cancer in patients with autoimmune pancreatitis. Am J Gastroenterol., 108, 4, 610-617 Am J Gastroenterol., 108, 4, 610-617 Am J Gastroenterol., 108, 4, 610-617 2013 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Watanabe T, Yamashita K, Sakurai T, Kudo M, Shiokawa M, Uza N, Kodama Y, Uchida K, Okazaki K, Chiba T. Toll-like receptor activation in basophils contributes to the development of IgG4-related disease. Toll-like receptor activation in basophils contributes to the development of IgG4-related disease. Toll-like receptor activation in basophils contributes to the development of IgG4-related disease. J Gastroenterol, 48, 2, 247-253 J Gastroenterol, 48, 2, 247-253 J Gastroenterol, 48, 2, 247-253 2013 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Kurita A, Kodama Y, Minami R, Sakuma Y, Kuriyama K, Tanabe W, Ota Y, Maruno T, Shiokawa M, Sawai Y, Uza N, Yazumi S, Yoshizawa A, Uemoto S, Chiba T. Endoscopic stent placement above the intact sphincter of Oddi for biliary strictures after living donor liver transplantation. Endoscopic stent placement above the intact sphincter of Oddi for biliary strictures after living donor liver transplantation. Endoscopic stent placement above the intact sphincter of Oddi for biliary strictures after living donor liver transplantation. J Gastroenterol., 48, 9, 1097-1104 J Gastroenterol., 48, 9, 1097-1104 J Gastroenterol., 48, 9, 1097-1104 2013 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 18. Hiramatsu Y, Watanabe T, Shiokawa M, Kurita A, Matsuura M, Uza N, Kodama Y, Chiba T. Hemobilia: another complication associated with anti-thrombotic therapy. Hemobilia: another complication associated with anti-thrombotic therapy. Hemobilia: another complication associated with anti-thrombotic therapy. Clin J Gastroenterol., 4, 1, 49-51 Clin J Gastroenterol., 4, 1, 49-51 Clin J Gastroenterol., 4, 1, 49-51 2011 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 Shio S, Kodama Y, Ida H, Shiokawa M, Kitamura K, Hatano E, Uemoto S, Chiba T. Loss of RUNX3 expression by histone deacetylation is associated with biliary tract carcinogenesis. Loss of RUNX3 expression by histone deacetylation is associated with biliary tract carcinogenesis. Loss of RUNX3 expression by histone deacetylation is associated with biliary tract carcinogenesis. Cancer Science, 102, 4, 776-783 Cancer Science, 102, 4, 776-783 Cancer Science, 102, 4, 776-783 2011 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 17. Shiokawa M, Kodama Y, Hiramatsu Y, Kurita A, Sawai Y, Uza N, Watanabe T, Chiba T. Autoimmune pancreatitis exhibiting multiple mass lesions. Autoimmune pancreatitis exhibiting multiple mass lesions. Autoimmune pancreatitis exhibiting multiple mass lesions. Case Rep Gastroenterol., 5, 3, 528-533 Case Rep Gastroenterol., 5, 3, 528-533 Case Rep Gastroenterol., 5, 3, 528-533 2011 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
塩川雅広,児玉裕三,妹尾浩. 塩川雅広,児玉裕三,妹尾浩. IgG4関連疾患におけるIgGの病原性と自己抗体 IgG4関連疾患におけるIgGの病原性と自己抗体 膵臓, 33, 4, 743-751 膵臓, 33, 4, 743-751 , 33, 4, 743-751 2018 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 悪性腫瘍発生との関連、膵癌についても 悪性腫瘍発生との関連、膵癌についても 膵臓, 30, 1, 101-106 膵臓, 30, 1, 101-106 , 30, 1, 101-106 2015 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
傍腫瘍症候群としての自己免疫性膵炎発症メカニズムの検討 傍腫瘍症候群としての自己免疫性膵炎発症メカニズムの検討 JDDW2018 JDDW2018 2018/11 日本語 公開
自己免疫性膵炎の自己抗原同定に関する研究[招待あり] 自己免疫性膵炎の自己抗原同定に関する研究 [招待あり] 第27回日本シェーグレン症候群学会学術集会 第27回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2018/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
自己免疫性膵炎の自己抗原同定に関する研究 自己免疫性膵炎の自己抗原同定に関する研究 第104回日本消化器病学会総会 第104回日本消化器病学会総会 2018/04 日本語 公開
Pathogenesis of autoimmune pancreatitis Pathogenesis of autoimmune pancreatitis Pathogenesis of autoimmune pancreatitis IPRF 2017 IPRF 2017 IPRF 2017 2017/10 英語 公開
Malignancy and autoimmune pancreatitis Malignancy and autoimmune pancreatitis Malignancy and autoimmune pancreatitis IPRF 2017 IPRF 2017 IPRF 2017 2017/10 英語 公開
自己免疫性膵炎の抗原同定 自己免疫性膵炎の抗原同定 第48回日本膵臓学会大会 第48回日本膵臓学会大会 2017/07 日本語 公開
Is serum IgG in patients with AIP pathogenic ? Is serum IgG in patients with AIP pathogenic ? Is serum IgG in patients with AIP pathogenic ? Third International Symposium on IgG4-RD and Fibrosis Third International Symposium on IgG4-RD and Fibrosis Third International Symposium on IgG4-RD and Fibrosis 2017/02 英語 公開
IgG4関連疾患におけるIgGの病原性と標的抗原の解明 IgG4関連疾患におけるIgGの病原性と標的抗原の解明 第102回日本消化器病学会総会 第102回日本消化器病学会総会 2016/04 日本語 公開
自己免疫性膵炎患者のIgGの病原性 自己免疫性膵炎患者のIgGの病原性 第51回消化器免疫病学会総会 第51回消化器免疫病学会総会 2014/07 日本語 公開
自己免疫性膵炎確診例を用いたIgG4関連疾患包括診断基準の検討 自己免疫性膵炎確診例を用いたIgG4関連疾患包括診断基準の検討 第99回消化器病学会総会 第99回消化器病学会総会 2013/04 日本語 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
塩川雅広,児玉裕三. 塩川雅広,児玉裕三. 希少・難治性疾患の診断と治療の最前線 IgG4関連疾患の診断と治療 希少・難治性疾患の診断と治療の最前線 IgG4関連疾患の診断と治療 Progress in Medicine Progress in Medicine 2018 共著 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 IgG1 IgG1 消化器病学サイエンス 消化器病学サイエンス 2018 公開
塩川雅広,妹尾 浩,千葉勉. 塩川雅広,妹尾 浩,千葉勉. IgG4関連疾患のIgGの病原性と標的抗原の同定 IgG4関連疾患のIgGの病原性と標的抗原の同定 アレルギーの臨床 アレルギーの臨床 2018 共著 公開
塩川雅広,児玉裕三,妹尾 浩,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,妹尾 浩,千葉勉. 自己免疫性膵炎の発症機序 自己免疫性膵炎の発症機序 臨床消化器内科 臨床消化器内科 2018 共著 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 【胆膵疾患診療の進歩】 炎症性疾患 自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患における病因・病態の進歩 新規標的抗原を中心に 【胆膵疾患診療の進歩】 炎症性疾患 自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患における病因・病態の進歩 新規標的抗原を中心に 医学のあゆみ 医学のあゆみ 2017 共著 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 【IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る】 病因・病態 IgG4抗体に病原性はあるのか? 【IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る】 病因・病態 IgG4抗体に病原性はあるのか? 肝・胆・膵 肝・胆・膵 2016 共著 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. IgG4関連硬化性胆管炎における胆道癌のリスク IgG4関連硬化性胆管炎における胆道癌のリスク 『肝胆膵』,アークメディア出版 『肝胆膵』,アークメディア出版 2014 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 自己免疫性膵炎と悪性腫瘍 自己免疫性膵炎と悪性腫瘍 『胆と膵』, 医学図書出版 『胆と膵』, 医学図書出版 2013 共著 公開
塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. 塩川雅広,児玉裕三,千葉勉. IgG4関連疾患と悪性腫瘍 病因的相互関係 IgG4関連疾患と悪性腫瘍 病因的相互関係 『肝胆膵』,アークメディア出版 『肝胆膵』,アークメディア出版 2013 共著 公開
塩川 雅広 塩川 雅広 自己免疫性膵炎と悪性腫瘍の関係 自己免疫性膵炎と悪性腫瘍の関係 『胆膵の病態生理』 『胆膵の病態生理』 2013 単著 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
塩川雅広、桒田威、妹尾浩、千葉勉、児玉裕三 塩川雅広、桒田威、妹尾浩、千葉勉、児玉裕三 潰瘍性大腸炎と原発性硬化性胆管炎患者における抗原の同定と同抗原に対する自己抗体の測定 潰瘍性大腸炎と原発性硬化性胆管炎患者における抗原の同定と同抗原に対する自己抗体の測定 特許登録 特許2019-000060 2019/01/04 公開
塩川 雅広、児玉裕三 塩川 雅広、児玉裕三 IgG4関連疾患患者における抗原の同定と同抗原に対する自己抗体の測定 IgG4関連疾患患者における抗原の同定と同抗原に対する自己抗体の測定 特許登録 特許2016-142701 2016/07/20 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本内科学会奨励賞 内科学会 2013/04/11
2016 年度 医学系研究奨励賞 武田科学振興財団 2016/04/01
膵臓病研究奨励賞 日本膵臓病財団 2016/04/01
持田記念学術賞 持田記念医学薬学振興財団 2018/10/29
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 IgG4関連疾患の抗原同定 2018/04/01〜2020/03/31
基盤研究B 分担 指定難病「IgG4関連疾患」の自己抗原同定による病態解明と新しい診療体系の確立 2019/04/01〜2022/03/31
研究活動スタート支援 代表 2014/08/01〜2016/03/31
若手研究B 代表 2016/04/01〜2018/03/31
特別研究員 代表 2017/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
厚生労働科学研究費補助金 岡崎 和一 IgG4関連疾患の診断基準並びに診療指針の確立を目指す研究   2017/06/06〜2020/03/31