森 直樹

最終更新日時:2011/11/28 12:01:55

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
森 直樹/モリ ナオキ/Naoki Mori
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻応用生化学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawaoiwakecho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8502 Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会
日本応用動物昆虫学会
日本ダニ学会
日本環境動物昆虫学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻 修了
      修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
筑波大学 第二学群農林学類生物応用化学専攻 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1998-2000 米国農務省研究所博士研究員 1998-2000 USDA, ARS, CMAUE, Post-doctral associate
プロフィール
(日本語)
1986年筑波大学第二学群農林学類(生物応用化学)卒業、1988年京都大学農学研究科(農芸化学専攻)修士課程修了、同年呉羽化学工業(株)入社後、1991年同社退社、同年トゥレーヌ甲南学園(仏国)教員を経て、1993年京都大学大学院農学研究科博士課程(農芸化学専攻)編入学、1996年同修了、1997年助手、2004年助教授を経て現在に至る。1998年~2000年にかけて、博士研究員として米国農務省研究所(USDA ARS, Center for Medical, Agricultural, and Veterinary Entomology)に勤務。
(英語)
研究テーマ
(日本語)
昆虫-植物の相互作用、植物の誘導抵抗性、植物の抵抗性を誘導する昆虫由来エリシター、昆虫の対抗適応機構
(英語)
研究概要
(日本語)
昆虫の食害によって誘導される植物の抵抗反応を化学物質レベルで捉える。また、自らの生存にとっては不利に働く昆虫由来エリシターの昆虫に置ける生理的意味を理解する。さらに、植物の抵抗性に対する昆虫サイドの対抗適応機構を明らかにする。これら昆虫-植物で働く相互作用を分子レベルで解析する研究から、生態学的にリーズナブルな害虫制御・植物保護法の開発につながる基礎的知見を得る。
(英語)
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
昆虫-植物の相互作用
昆虫由来エリシター
誘導抵抗性
窒素代謝
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
生物生産化学・生物有機化学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
森 直樹 Identification of Benzaldehyde, Phenol and Mandelonitrile from Epanerchodus japonicus Carl(Polydesmida : Polydesmidal)as Possible Defense Substances(共著) Applied Entomology and Zoology,29/4,517-522 1994 英語
森 直樹 Chencical Ecology of Astigmatid Mites XLI. n-Undecane : the sex pheromone of the acarid mite Caloglyphus rodriguezi Sam(]E87CB[)i(]E87C6[)ak(共著) Applied Entomology and Zoology,30/3,415-423 1995 英語
森 直樹 Mojor Defensive Cyanogen from Parafontaria laminata armigera Verhoeff(Xystodesmidal : Polydesmida)(共著) Applied Entomology and Zoology,30/1,197-202 1995 英語
森 直樹 Synthesis of(2R, 3R)-Epoxyneral, a Sex Pheromone of the Acarid Mite, Caloglyphus sp. (Acarina : Acaridal)(共著) Thtrahedron Letters,36/9,1477-1478 1995 英語
森 直樹 Chemical Ecology of Astigmatid Mites XLV. (2R, 3R)-Epoxyheral : Sex Pheromone of the Acarid Mite Caloglyphus sp. (Acarina : Acaridal)(共著) Bioorganic and Medicinal Chemistry,4/3,289-295 1996 英語
森 直樹 Self-Germination Inhibitors from Colletotrichum fragariae(共著) Journal of Chewical Ecology,22/11,2111-2122 1996 英語
森 直樹 Chencical Ecology of Astigmatid Mites XLVI. Neryl Formate, the Alarm Pheromone of Rhizoglyphus setosus Manoson(Acarima : Acaridal)and the Common Pheromone Component among Four Rhizoglyphus Mites. (共著) Applied Entomology and Zoology,32/1,75-79 1997 英語
森 直樹 Facile synthesis of 2-hydroxy-6-methylbenzaldehye, an alarm and sex pheromone component of astigmatid mites. (共著) Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,61/9,1546-1547 1997 英語
森 直樹 Mating behavior of the astigmatid mite, Caloglyphus rodriguezi Samsinak(Acarina : Acaridae) Appl. Encomol. Zool.,33/3,385-390 1998 英語
森 直樹 Pheromone studies on astigmatid mites : Recent progress-A Comparison of molecular Phylogeny, distribution and function of female sex pheromone in Caloglyphus spp. (Acarina : Acaridae)(共著) Journal of Asia-Pacific Entomology,1/1,9-15 1998 英語
森 直樹 Rosefuran : a sex pheromone of the acarid mite Caloglyphus sp. (共著) Journal of Chemical Ecology,24/11,1771-1779 1998 英語
森 直樹 Identification of the new hydrocarbon(Z, Z)-1,6,9-hepta, decatriene as the secretory component of Caloglyphus polyphyllae(Astigmata : Acaridae)(共著) Biosci. Biotech. Biochem,63/8,1478-1480 1999 英語
森 直樹 Comparative studies of the ability of males to discriminate both sexes in Caloglyphus spp. (共著) Journal of Chemical Ecology,26/5,1299-1309 2000 英語
森 直樹 Enzymatic decomposition of elicitors of plant volatiles in ┣DBHeliothis virescens and Helicoverpa zea(/)-┫DB Journal of Insect Physiology,47/7,749-757 2001 英語
Mori N, Yoshinaga N Function and evolutionary diversity of fatty acid amino acid conjugates in insects J Plant Interactions 6:103-107 2011 有り 英語
Aboshi T, Yoshinaga N, Nishida R, Mori N Phospholipid biosynthesis in the gut of Spodoptera litura larvae and effects of tannic acid ingestion. Insect Biochem Mol Biol 40:325-330 2010 有り 英語
Yoshinaga N, Alborn HT, Nakanishi T, Suckling DM, Nishida R, Tumlinson JH, Mori N Fatty acid-amino acid conjugates diversification in lepidopteran caterpillars J Chem Ecol 36:319-325 2010 有り 英語
森直樹、吉永直子、桑原保正 生体防御反応を活性化する節足動物由来物質とその応用 バイオインダストリー 27:28-34 2010 無し 日本語
森直樹、網干貴子、吉永直子、桑原保正 昆虫と化学「喰う」と「喰われる」の狭間で 環境管理技術 28:20-30 2010 無し 日本語
Sasai H, Ishida M, Murakami K, Tadokoro N, Ishihara A, Nishida R, Mori N Species specific glucosylation of DIMBOA in larvae of the rice armyworm Biosci Biotechnol Biochem 73:1333-1338 2009 有り 英語
Ishikawa C, Yoshinaga N, Aboshi T, Nishida R, Mori N Efficient incorporation of free oxygen into volicitin in common cutworm Spodoptera litura larvae. Biosci Biotechnol Biochem 73:1883-1885 2009 有り 英語
Shimizu N, Miwa K, Noge K, Yakumaru R, Mori N, Kuwahara Y Stereochemistry of female-specific normonoterpenes, sex pheromone candidates from the acarid mite, Tyreophagus sp. (Astigmata: Acaridae) Biosci Biotechnol Biochem 73:2332-2334 2009 有り 英語
Yoshinaga, N., Aboshi, T., Abe, H., Nishida, R., Alborn, H. T., Tumlinson, J. H. and Mori, N. Active role of fatty acid amino acid conjugates in nitrogen metabolism in Spodoptera litura larvae Proc Natl Acad Sci USA 105:18058-18063 2008 有り 英語
Noge K, Kato M, Mori N, Kataoka M, Tanaka C, Yamasue Y, Nishida R, Kuwahara Y Geraniol dehydrogenase, the key enzyme in biosynthesis of the alarm pheromone, from the astigmatid mite Carpoglyphus lactis (Acari: Carpoglyphidae). FEBS J 275:2807-2817 2008 有り 英語
Sasai T, Hirano Y, Maeda S, Matsunaga I, Otsuka A, Morita D, Nishida R, Nakayama H, Kuwahara Y, Sugita M, Mori N Induction of allergic contact dermatitis by astigmatid mite-derived monoterpene, α-acaridial Biochem Biophys Res Commun 375:336-340 2008 有り 日本語
Matsunaga I, Komori T, Ochi A, Mori N, Suigita M Identification of antibody responses to the serotype-nonspecific molecular species of glycopeptidolipids in Mycobacterium avium infection Biochem Biophys Res Commun 377:165-169 2008 有り 英語
森直樹 鱗翅目昆虫幼虫腸内からハイドロキシ脂肪酸の同定 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 カブラヤガにおける脂肪酸-アミノ酸縮合物の同定 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 Gryllus属コオロギにおける脂肪酸-アミノ酸縮合物の生合成および縮合酵素の基質特異性 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 キイロショウジョウバエにおける脂肪酸-アミノ酸縮合物生合成経路の解明 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 ヒトスジシマカの孵化時におけるアミノ酸代謝 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 ミバエランBulbophyllum macranthumの花に含まれるミバエ雄誘引物質の地域変異 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 ショウジョウバエの前胸腺における時期特異的なエクジステロイド不活性化法の確立 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 ショウジョウバエのステロイドホルモン生合成未知経路の解明 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
森直樹 カイコ幼虫のリン脂質組成の解析 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
森直樹 キイロショウジョウバエにおける脂肪酸-アミノ酸縮合物の同定 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
森直樹 カイコ幼虫各組織のリン脂質組成の解析 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
森直樹 Gryllus属コオロギにおける脂肪酸-アミノ酸縮合物の同定 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
森直樹 鱗翅目幼虫唾液成分volicitinの生理機能及び多様性 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
森 直樹 Elicitor of plant volatiles in Helicoverpazea and Heliothis virescens larval regurgitant(共著) Entomological Society of America 1999 Annual Meeting Program Book,/,67 1999 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
招待講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
バイオミメティクスと植物保護 日本化学会第91春季年会 ATP 招待講演 2011 日本語
昆虫と化学 -「喰う」と「喰われる」の狭間で-」  日本昆虫科学連合設立記念シンポジウム 2010 日本語
生体防御反応を活性化する節足動物由来物質とその応用 バイオミメティクス研究会 2010 日本語
昆虫由来エリシターvolicitinを巡る防御と適応の化学生態学 日本農芸化学会2010年度大会シンポジウム 昆虫科学の最前線 -生態と化学- 2010 日本語
Function, activity, and evolutionary diversity of fatty acid amino acid conjugates in insects 57th Annual Meeting of Entomological Society of America 2009 英語
Function and activity of fatty acid amino acid conjugates in insects Fifth Asia Pacific Conference on Chemical Ecology 2009 英語
著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
森直樹、吉永直子、網干貴子 昆虫・植物間の攻防と植物免疫システムの“界面” 昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 165-189、京都大学学術出版会 2009 日本語
森直樹、桑原保正 ダニのアルカロイドとヤドクガエル 昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 248-251、京都大学学術出版会 2009 日本語
森直樹、桑原保正 ダニアレルギー最前線 昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 468-471、京都大学学術出版会 2009 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
Fifth Asia Pacific Conference on Chemical Ecology, Poster Award 2009
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 植物の誘導抵抗反応に対する昆虫の対抗適応の分子基盤 2010〜2014
基盤研究(C) 植物の防衛反応を活性化する昆虫の唾液成分−その生合成と機能解析− 2007〜2009
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 生物規範環境応答・制御システム 2012〜2016
基盤研究(B) 代表 植物の誘導抵抗反応に対する昆虫の対抗適応の分子基盤 2010〜2014
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
コナダニ類の化学生態学的研究 Chemical Ecology of Astigmatid Mites
日本産ヤスデの防御物質 Defensive substances of Japanese Millipede
昆虫及び植物病原菌の生産するエリシター Plant volatile eliciter from insects and micro-organisms
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
有機反応機構論I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
有機化学実験 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物有機化学III 後期 農学部 2011/04〜2012/03
農学の新戦略-増収と環境の調和をめざして- Strategy of Modern Agriculture Sciences for the harmony of 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
化学生態学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
化学生態学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
化学生態学特論 農学研究科 2011/04〜2012/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
有機反応機構論I Organic Reaction Mechanism I 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生物有機化学III Bioorganic Chemistry III 後期 農学部 2012/04〜2013/03
農学の新戦略-増収と環境の調和をめざして- Strategy of Modern Agriculture Sciences for the harmony of crop production with environment 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
農学概論II Outline of Agricultural Science II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
有機反応機構論I Organic Reaction Mechanism I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生物有機化学III Bioorganic Chemistry III 後期 農学部 2014/04〜2015/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
化学生態学講義 Chemical Ecology 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻演習 Chemical Ecology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻実験 Experimental Course of Chemical Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
農学の新戦略 Strategy of Modern Agriculture Sciences for the harmony of crop production with environment 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
化学生態学ゼミナール Chemical Ecology Seminar 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻実験1 Experimental Course of Chemical Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻実験 Experimental Course of Chemical Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻演習1 Chemical Ecology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻演習 Chemical Ecology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学講義 Chemical Ecology 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用生命科学 II Applied Life Sciences II 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03
有機反応機構論I Organic Reaction Mechanism I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
有機構造解析学 Spectroscopic Analyses of Organic Compounds 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生物有機化学III Bioorganic Chemistry III 後期 農学部 2015/04〜2016/03
農学の新戦略 Strategy of Modern Agriculture Sciences for the harmony of crop production with environment 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
農学概論II Outline of Agricultural Science II 後期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示