成瀬 智恵

最終更新日時: 2015/06/05 09:04:27

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
成瀬 智恵/ナルセ チエ/Naruse, Chie
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学研究科附属動物実験施設/ /准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 東京大学
博士(理学) 東京大学
論文 > 論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Bidirectional signaling through ephrinA2-EphA2 enhances osteoclastogenesis and suppresses osteoblastogenesis. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 2009
A novel beta-myosin heavy chain gene mutation, p.Met531Arg, identified in isolated left ventricular non-compaction in humans, results in left ventricular hypertrophy that progresses to dilation in a mouse model. CLINICAL SCIENCE,114,6,431-440 2008
Wtap is required for differentiation of endoderm and mesoderm in the mouse embryo. DEVELOPMENTAL DYNAMICS,237,3,618-629 2008
EphA2 is an essential mediator of UV radiation-induced apoptosis. CANCER RESEARCH,68,6,1691-6 2008
Development of immunoglobulin A nephropathy-like disease with high serum IgA levels and increased proportion of polymeric IgA inβ-1,4-galactosyltransferase-I deficient mice. ,157, 125-128 2007
Development of immunoglobulin A nephropathy- like disease in beta-1,4-galactosyltransferase-I-deficient mice. AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY,170,2,447-456 2007
NARUSE Chie, FUKUSUMI Yoshiyasu, KAKIUCHI Dai, ASANO Masahide A novel gene trapping for identifying genes expressed under the control of specific transcription factors. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,361,1,109-15 2007
遺伝子トラップ法 生物工学会誌,81,8,351-354 2003
Involvement of EphA2 in the formation of the tail notochord via interaction with ephrinA1. MECHANISMS OF DEVELOPMENT,102,95-105 2001
NAKAE S, NARUSE‐NAKAJIMA C, SUDO K, HORAI R, ASANO M, IWAKURA Y IL-1 alpha, but not IL-1 beta, is required for contact-allergen-specific T cell activation during the sensitization phase in contact hypersensitivity. INTERNATIONAL IMMUNOLOGY,13,12,1471-1478 2001
Bidirectional signaling through ephrinA2-EphA2 enhances osteoclastogenesis and suppresses osteoblastogenesis. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 2009
A novel beta-myosin heavy chain gene mutation, p.Met531Arg, identified in isolated left ventricular non-compaction in humans, results in left ventricular hypertrophy that progresses to dilation in a mouse model. CLINICAL SCIENCE,114,6,431-440 2008
Wtap is required for differentiation of endoderm and mesoderm in the mouse embryo. DEVELOPMENTAL DYNAMICS,237,3,618-629 2008
EphA2 is an essential mediator of UV radiation-induced apoptosis. CANCER RESEARCH,68,6,1691-6 2008
Development of immunoglobulin A nephropathy-like disease with high serum IgA levels and increased proportion of polymeric IgA in beta-1,4-galactosyltransferase-I deficient mice. ,157, 125-128 2007
Development of immunoglobulin A nephropathy- like disease in beta-1,4-galactosyltransferase-I-deficient mice. AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY,170,2,447-456 2007
A novel gene trapping for identifying genes expressed under the control of specific transcription factors. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,361,1,109-15 2007
Involvement of EphA2 in the formation of the tail notochord via interaction with ephrinA1. MECHANISMS OF DEVELOPMENT,102,95-105 2001
IL-1 alpha, but not IL-1 beta, is required for contact-allergen-specific T cell activation during the sensitization phase in contact hypersensitivity. INTERNATIONAL IMMUNOLOGY,13,12,1471-1478 2001

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
ORC4遺伝子変異非ヒト動物

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会 2015/04/01〜2016/09/30
医学図書館図書連絡委員会 2015/04/01〜2017/03/31