THUMKEO Dean

最終更新日時: 2019/07/19 16:08:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
THUMKEO Dean/タムケオ デイーン/Thumkeo, Dean
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/先端医療基盤共同研究講座/特定准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(生命科学) 京都大学
博士(医学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008875
研究テーマ
(日本語)
マウス個体発生におけるROCKの機能解明、神経幹細胞におけるRho-mDiaシグナルの役割解明、T細胞形態形成におけるmDia1/3の機能解析
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
1) Thumkeo D, Shimizu Y, Sakamoto S, Yamada S, Narumiya S. 1) Thumkeo D, Shimizu Y, Sakamoto S, Yamada S, Narumiya S. 1) Thumkeo D, Shimizu Y, Sakamoto S, Yamada S, Narumiya S. ROCK-I and ROCK-II cooperatively regulate closure of eyelid and ventral body wall in mouse embryo. ROCK-I and ROCK-II cooperatively regulate closure of eyelid and ventral body wall in mouse embryo. ROCK-I and ROCK-II cooperatively regulate closure of eyelid and ventral body wall in mouse embryo. Genes to Cells (2005), 10(8): 825-34. Genes to Cells (2005), 10(8): 825-34. Genes to Cells (2005), 10(8): 825-34. 2005 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
2) Shimizu Y*, Thumkeo D*, Keel J, Ishizaki T, Oshima H, Oshima M, Noda Y, Matsumura F, Taketo MM, Narumiya S. 2) Shimizu Y*, Thumkeo D*, Keel J, Ishizaki T, Oshima H, Oshima M, Noda Y, Matsumura F, Taketo MM, Narumiya S. 2) Shimizu Y*, Thumkeo D*, Keel J, Ishizaki T, Oshima H, Oshima M, Noda Y, Matsumura F, Taketo MM, Narumiya S. ROCK-I regulates closure of the eyelids and ventral body wall by inducing assembly of actomyosin bundles. ROCK-I regulates closure of the eyelids and ventral body wall by inducing assembly of actomyosin bundles. ROCK-I regulates closure of the eyelids and ventral body wall by inducing assembly of actomyosin bundles. Journal of Cell Biology (2005), 168(6): 941-53. Journal of Cell Biology (2005), 168(6): 941-53. Journal of Cell Biology (2005), 168(6): 941-53. 2005 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
3) Thumkeo D, Keel J, Ishizaki T, Hirose M, Nonomura K, Oshima H, Oshima M, Taketo MM, Narumiya S. 3) Thumkeo D, Keel J, Ishizaki T, Hirose M, Nonomura K, Oshima H, Oshima M, Taketo MM, Narumiya S. 3) Thumkeo D, Keel J, Ishizaki T, Hirose M, Nonomura K, Oshima H, Oshima M, Taketo MM, Narumiya S. Targeted disruption of the rho-associated kinase 2 (mROCK-II) gene results in intrauterine growth retardation and fetal death. Targeted disruption of the rho-associated kinase 2 (mROCK-II) gene results in intrauterine growth retardation and fetal death. Targeted disruption of the rho-associated kinase 2 (mROCK-II) gene results in intrauterine growth retardation and fetal death. Molecular and Cellular Biology (2003), 23(14): 5043-5055 Molecular and Cellular Biology (2003), 23(14): 5043-5055 Molecular and Cellular Biology (2003), 23(14): 5043-5055 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 T細胞活性化におけるmDiaの機能とその分子作用機序の解明 2013〜2014
若手研究(B) 代表 T細胞活性化におけるmDiaの機能とその分子作用機序の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 T細胞受容体シグナルにおけるmDiaの活性制御機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 T細胞受容体シグナルにおけるmDiaの活性制御機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 制御性T細胞の分化におけるアクチン重合因子mDiaの機能解析 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31