篠塚 健

最終更新日時: 2019/06/25 16:26:41

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
篠塚 健/シノヅカ ケン/Shinozuka, Ken
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(初期診療・救急科)/特定病院助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) Ph.D.,medicine 京都大学 Kyoto University
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000015961
研究テーマ
(日本語)
消化管出血による出血性ショックに対する大動脈遮断バルーン留置術の有効性と合併症の検討
(英語)
Efficacy and complications of aortic block balloon placement for hemorrhagic shock due to gastrointestinal bleeding
研究概要
(日本語)
内因性出血性ショックに対する大動脈遮断バルーン術を行い始めた2016年度からの院内、院外発症の消化管出血に対する大動脈遮断バルーンの治療方法、治療効果、合併症を後方視的に観察することで、有効性、不利益を明確にする。さらに、大動脈を遮断することによる、血行力学的変化、生理学変化を血管モデル、動物実験を用いて検討する。
(英語)
Retrospective single-center study evaluating effectiveness and complications of REBOA (Resuscitative Endovascular Balloon of the Aorta) for gastrointestinal bleeding,and examining hemodynamic changes and physiological changes by blocking the aorta using vascular models and animal experiments.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
出血性ショック IVR 大動脈遮断バルーン 消化管出血 Hemorrhagic shock IVR resuscitative Endovascular Balloon of the Aorta gastrointestinal bleeding
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
篠塚 健 篠塚 健 Ken Shinozuka, Toshiya Shibata, Rinpei Imamine, Masako Kataoka, Kaori Togashi. Effectiveness of Radiofrequency Ablation of Initial Recurrent Hepatocellular Carcinoma after Hepatectomy: Long-Term Results and Prognostic Factors. Effectiveness of Radiofrequency Ablation of Initial Recurrent Hepatocellular Carcinoma after Hepatectomy: Long-Term Results and Prognostic Factors. Effectiveness of Radiofrequency Ablation of Initial Recurrent Hepatocellular Carcinoma after Hepatectomy: Long-Term Results and Prognostic Factors. 京都大学, 7, 177-189 京都大学, 7, 177-189 Kyoto University, 7, 177-189 2017/07 英語 学位論文(博士) 公開
タイトル言語: