小林 優

最終更新日時:2017/04/15 08:58:45

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小林 優/コバヤシ マサル/Masaru Kobayashi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻分子細胞科学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwakecho, Sakyo, Kyoto 606-8502 JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6407
全学電子メールアドレス
kobayashi.masaru.8e @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本土壌肥料学会 Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition
日本植物生理学会 The Japanese Society of Plant Physiologists
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Society of Plant Biologists USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農芸化学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
鳥取県立鳥取西高等学校 とっとりけんりつとっとりにしこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1995/10/16〜1997/03/31 京都大学農学部 Faculty of Agriculture, Kyoto University 助手 Assistant Professor
1997/04/01〜2006/09/30 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助手 Assistant Professor
2003/05/01〜2005/04/30 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 海外特別研究員 JSPS Postdoctoral Fellow
2006/10/01〜2007/03/31 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2007/04/01〜 京都大学農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
1988年鳥取県立鳥取西高等学校卒業、1988年京都大学農学部農芸化学科入学、1992年同学科卒業。1992年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻入学、1994年同修士課程修了。1994年同専攻博士後期課程進学、1995年中途退学。1995年より京都大学農学部助手、農学研究科助手。2000年京都大学博士(農学)。2006年より京都大学大学院農学研究科助教授、2007年同准教授、現在に至る。この間2003年から2005年まで日本学術振興会海外特別研究員。
研究テーマ
(日本語)
植物におけるホウ素とカルシウムの生理機能 細胞壁ペクチンの生理機能と生合成機構 分子生物学的技術を援用した植物の栄養診断
(英語)
Function of boron and calcium in plants Function and biosynthesis of pectin in plant cell walls Biomarker-assisted nutritional diagnosis of plants
研究概要
(日本語)
植物の微量必須元素であるホウ素について、欠乏障害の発生機作、細胞による欠乏感知機構の解明を進めている。また細胞と外部環境の接点である細胞壁が細胞・個体のストレス耐性や環境適応に果す役割を明らかにすることを目的として、細胞壁ペクチンの機能・生合成について研究を行っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
植物栄養学 Plant Nutrition
植物生理学 Plant Physiology
細胞壁 Cell wall
無機栄養 Mineral nutrition
ホウ素 Boron
ペクチン Pectin
カルシウム calcium
栄養診断 nutritional diagnosis of plants
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
植物栄養学・土壌学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
小林 優 高等植物細胞壁結合型キナーゼと液胞型インベルターゼ : 植物の細胞外マトリックス-原形質相互作用の解明への糸口か? 化学と生物,43,11,704-706 2005/11/01 日本語
小林優、藤原徹 アポプラストと植物栄養 -無機元素を中心として- 2.アポプラストとホウ素: ホウ素輸送におけるアポプラストの役割とホウ素のアポプラストにおける機能 日本土壌肥料学雑誌 75: 269-274 2004 日本語
Ye Zhou, Tastuya Awano, Masaru Kobayashi, Toru Matoh, Keiji Takabe Immunocytochemical detection of rhamnogalacturonan II on forming cell plates in cultured tobacco cellses in cultured tobacco cells Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,81,5,899-905 2017 英語
Masaru Kobayashi, Tadatoshi Kinouchi In situ visualization of boron in plants using neutron capture radiography KURRI Progress Report,2014,12929 2014 英語
Y. Oiwa; K. Kitayama; M. Kobayashi; T. Matoh Boron deprivation immediately causes cell death in growing roots of Arabidopsis thaliana (L.) Heynh Soil Science and Plant Nutrition,59,4,621-627 2013/08/01 英語
T. Koshiba; M. Kobayashi; K. Matsuoka; T. Fujiwara; T. Matoh Boron nutrition of cultured tobacco BY-2 cells. VII. Rapid induction of metabolic dysfunction in cells deprived of boron as revealed by microarray analysis Soil Science and Plant Nutrition,59,2,189-194 2013/04/01 英語
M. Kobayashi; N. Kouzu; A. Inami; K. Toyooka; Y. Konishi; K. Matsuoka; T. Matoh Characterization of arabidopsis CTP:3-deoxy-d-manno-2-octulosonate cytidylyltransferase (CMP-KDO synthetase), the enzyme that activates KDO during rhamnogalacturonan II biosynthesis Plant and Cell Physiology,52,10,1832-1843 2011/10 英語
T. Koshiba; M. Kobayashi; A. Ishihara; T. Matoh Boron nutrition of cultured Tobacco BY-2 Cells. VI. calcium is involved in early responses to Boron deprivation Plant and Cell Physiology,51,2,323-327 2010/02 英語
T. Koshiba; M. Kobayashi; T. Matoh Boron nutrition of tobacco BY-2 cells. V. Oxidative damage is the major cause of cell death induced by boron deprivation Plant and Cell Physiology,50,1,26-36 2009/01 英語
T. Koshiba; M. Kobayashi; T. Matoh Boron deficiency: How does the defect in cell wall damage the cells? Plant Signaling and Behavior,4,6,557-558 2009 英語
Kohorn, BD; Kobayashi, M; Johansen, S; Friedman, HP; Fischer, A; Byers, N Wall-associated kinase 1 (WAK1) is crosslinked in endomembranes, and transport to the cell surface requires correct cell-wall synthesis JOURNAL OF CELL SCIENCE,119,11,2282-2290 2006/06/01 英語
Kohorn, BD; Kobayashi, M; Johansen, S; Riese, J; Huang, LF; Koch, K; Fu, S; Dotson, A; Byers, N An Arabidopsis cell wall-associated kinase required for invertase activity and cell growth PLANT JOURNAL,46,2,307-316 2006/04 英語
M. Kobayashi; T. Mutoh; T. Matoh Boron nutrition of cultured tobacco BY-2 cells. IV. Genes induced under low boron supply Journal of Experimental Botany,55,401,1441-1443 2004/06 英語
K. Matsuura; I. Miyagawa; M. Kobayashi; D. Ohta; T. Matoh Arabidopsis 3-deoxy-D-manno-oct-2-ulosonate-8-phosphate synthase: cDNA cloning and expression analyses Journal of Experimental Botany,54,388,1785-1787 2003/07 英語
M. Kobayashi; H. Nakagawa; I. Suda; I. Miyagawa; T. Matoh Purification and cDNA cloning of UDP-D-glucuronate carboxy-lyase (UDP-D-xylose synthase) from pea seedlings Plant and Cell Physiology,43,11,1259-1265 2002/11 英語
T. Matoh; A. Matsuda; R. Akaike; Y. Hara; M. Kobayashi Increased supply of boron to swiss chard plants did not affect the level of boron in a cell wall-bound form: A possible application to the diagnosis of b nutrition of plants Soil Science and Plant Nutrition,47,4,779-784 2001 英語
T. Matoh; M. Takasaki; M. Kobayashi; K. Takabe Boron nutrition of cultured tobacco BY-2 cells. III. Characterization of the boron-rhamnogalacturonan II complex in cells acclimated to low levels of boron Plant and Cell Physiology,41,3,363-366 2000/03 英語
M. Kobayashi; H. Nakagawa; T. Asaka; T. Matoh Borate-rhamnogalacturonan II bonding reinforced by Ca<sup>2+</sup> retains pectic polysaccharides in higher-plant cell walls Plant Physiology,119,1,199-203 1999/01 英語
T. Matoh; M. Takasaki; K. Takabe; M. Kobayashi Immunocytochemistry of rhamnogalacturonan II in cell walls of higher plants Plant and Cell Physiology,39,5,483-491 1998/05 英語
T. Matoh; M. Kobayashi Boron and calcium, essential inorganic constituents of pectic polysaccharides in higher plant cell walls Journal of Plant Research,111,1101,179-190 1998/03 英語
M. Kobayashi; K. Ohno; T. Matoh Boron Nutrition of Cultured Tobacco BY-2 Cells. II. Characterization of the Boron-Polysaccharide Complex Plant and Cell Physiology,38,6,676-683 1997/06 英語
T. Matoh; R. Akaike; M. Kobayashi A sensitive and convenient assay for boron in plant using chromotropic acid and HPLC Plant and Soil,192,1,115-118 1997/05 英語
M. Kobayashi; T. Matoh; J.-I. Azuma Two chains of rhamnogalacturonan II are cross-linked by borate-diol ester bonds in higher plant cell walls Plant Physiology,110,3,1017-1020 1996/03 英語
Toru Matoh, Sayaka Kawaguchi, Masaru Kobayashi Ubiquity of a borate-rhamnoglacturonan II complex in the cell walls of higher plants. Plant & Cell Physiology 37: 1135-1141 1996 英語
S. Murata; M. Kobayashi; T. Matoh; J. Sekiya Sodium stimulates regeneration of phosphoenolpyruvate in mesophyll chloroplasts of amaranthus tricolor Plant and Cell Physiology,33,8,1247-1250 1992/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大西優香、小林優、間藤徹 カルシウム欠乏植物における遺伝子発現の解析 –作物のカルシウム栄養診断への適用可能性の検討– 日本土壌肥料学会2015年度京都大会 2015/09 日本語
原朋美、王櫻霖、小林優、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究 −特異的構成糖KDOの合成経路とその変異株の解析− 日本土壌肥料学会2015年度京都大会 2015/09 日本語
小林優 植物のホウ素・カルシウム欠乏応答:細胞壁の異常はどう感知されるか? 第1回 植物の栄養研究会 2015/09
原朋美、王櫻霖、小林優、間藤徹 シロイヌナズナKDO-8-フォスファターゼ候補タンパク質の解析 日本植物生理学会第56回年会 2015/03
大西優香、北山香保理、小林優、間藤徹 カルシウム欠乏シロイヌナズナにおける遺伝子発現の解析:カルシウム栄養診断への適用可能性の検討 日本土壌肥料学会2014年度東京大会 2014/09 日本語
青木亮輔、小林優、間藤徹、岩元明敏、松永俊朗 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究 −特異的構成糖KDOの合成抑制株の解析− 日本土壌肥料学会2014年度東京大会 2014/09
木野内忠稔、小林優 中性子捕捉反応を利用した植物組織におけるホウ素のin situ可視化法 日本農芸化学会2014年度大会 2014/03 日本語
原朋美、王櫻霖、小林優、間藤徹 シロイヌナズナKDO-8-フォスファターゼ候補タンパク質の解析 日本植物生理学会第55回年会 2014/03
Ye Zhou, Tatsuya Awano, Keiji Takabe, Masaru Kobayashi, Toru Matoh Immunocytochemical detection of rhamnogalacturonan II on forming cell plates 日本植物生理学会第55回年会 2014/03
北山香保理、大岩優貴、小林優、間藤徹 ホウ素・カルシウム欠除に対するシロイヌナズナ初期応答の解析 日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会 2013/09
Kahori Kitayama, Yuki Oiwa, Masaru Kobayashi, Toru Matoh Mechanism of early responses of plant cells to boron deprivation: possible involvement of pectic network Boron 2013 2013/08 英語
青木亮輔、小林優、岩元明敏、松永俊朗、間藤徹 RG-II KDO残基の合成に必要な酵素CTP:KDOシチジリルトランスフェラーゼ発現抑制株の解析 日本植物生理学会第54回年会 2013 日本語
原朋美、王櫻霖、小林優、間藤徹 シロイヌナズナKDO-8-フォスファターゼ候補遺伝子のキャラクタリゼーション 植物細胞壁研究者ネットワーク2012年度定例会 2012 日本語
和下田将史、小林優、間藤徹 ゼニゴケにおけるラムノガラクツロナンII構成糖合成酵素の発現解析 植物細胞壁研究者ネットワーク2012年度定例会 2012 日本語
大岩優貴、北山香保理、小柴太一、小林優、間藤徹 シロイヌナズナにおけるホウ素欠乏初期応答の解析 日本植物生理学会第53回年会 2012 日本語
Yuki Oiwa, Kahori Kitayama, Taichi Koshiba, Masaru Kobayashi, Toru Matoh Early Responses of Arabidopsis Roots to Boron Deprivation International Symposium: Strategies of Plants against Global Environmental Change 2011/12 英語
小西由起、小林優、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:特異的構成糖KDOの欠損株を用いた解析 日本植物生理学会第52回年会 2011 日本語
大岩優貴、小柴太一、小林優、間藤徹 シロイヌナズナにおけるホウ素欠乏初期応答の解析 日本植物生理学会第52回年会 2011 日本語
大岩優貴、小柴太一、小林優、間藤徹 シロイヌナズナにおけるホウ素欠乏初期応答の解析 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会 2011 日本語
大岩優貴、小柴太一、小林優、間藤徹 ペクチン架橋因子ホウ素の欠乏に対するシロイヌナズナの応答の解析 植物細胞壁研究者ネットワーク2010年度定例会 2010 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞BY-2株のホウ素欠乏に対する応答 植物細胞壁研究者ネットワーク2010年度定例会 2010 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞BY-2株のホウ素欠乏に対する初期応答 日本植物生理学会第51回年会 2010 日本語
小林優、小西由起、王櫻霖、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:複合体の特異的構成糖KDO欠損株の解析 日本土壌肥料学会2010年度北海道大会 2010 日本語
小松直貴、藤田智史、深井恒太朗、高田美絵、小林優、間藤徹 タバコ細胞壁結合型キナーゼ様タンパク質のクローニングと生化学的解析 日本植物生理学会第50回年会 2009 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞におけるホウ素欠乏初期応答の解析 日本農芸化学会関西支部第463回講演会 2009 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞BY-2株のホウ素欠乏に対する初期応答 日本植物生理学会第50回年会 2009 日本語
小西由起、小林優、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:複合体の特異的構成糖KDO欠損株の解析 日本土壌肥料学会2009年度京都大会 2009 日本語
小柴太一;小林優;間藤徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本土壌肥料学会講演要旨集,54,71 2008/09/09 日本語
小林優、小柴太一、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:特異的構成糖KDOの欠損株を用いた検討 日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 2008 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞BY-2のホウ素欠乏応答:ホウ素欠乏は酸化障害を引き起こす 日本植物生理学会第49回年会 2008 日本語
小林優、高津渚、田島洋、間藤徹 シロイヌナズナCMP-KDO合成酵素のキャラクタリゼーション 日本植物生理学会第49回年会 2008 日本語
稲見明奈、小林優、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:特異的構成糖KDOの欠損が花粉の機能に及ぼす影響の解析 日本土壌肥料学会2007年度東京大会 2007 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本植物生理学会第48回年会 2007 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本土壌肥料学会2007年度東京大会 2007 日本語
小林優、稲見明奈、高津渚、田島洋、間藤徹 ホウ素ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究:特異的構成糖KDOの欠損株は雄性不稔である 日本植物生理学会第48回年会 2007 日本語
小林優、稲見明奈、高津渚、田島洋、間藤徹 ホウ素-ラムノガラクツロナンII複合体の機能に関する研究 日本土壌肥料学会2006年度秋田大会 2006 日本語
小林優、高津渚、田島洋、間藤徹 シロイヌナズナCMP-KDO合成酵素のキャラクタリゼーション 日本植物生理学会第47回年会 2006 日本語
小柴太一、小林優、間藤徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本土壌肥料学会2006年度秋田大会 2006 日本語
小柴太一、武藤隆、小林 優、間藤 徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本土壌肥料学会2005年度島根大会 2005 日本語
大屋文代、小林優、間藤徹 高等植物UDP-D-グルクロン酸4-エピメラーゼのcDNAクローニング 日本植物生理学会第44回年会 2003 日本語
武藤隆、小林 優、間藤 徹 タバコ培養細胞のホウ素欠乏に対する応答 日本植物生理学会第44回年会 2003 日本語
Masashi Wageta, Masaru Kobayashi, Toru Matoh Expression of Genes Involved in the Synthesis of Rhamnogalacturonan II-related Monosaccharides in Marchantia polymorpha: Implications for the Function of Pectin Gels in Land Plants International Marchantia Workshop 2012 2012/11 英語
Masaru Kobayashi, Toru Matoh Boron Nutrition in Higher Plants The Seventh International Symposium on Mineral Nutrition of Fruit Crops 2012/05/22 英語
Masaru Kobayashi, Ryosuke Aoki, Yuki Konishi, Kiminori Toyooka, Toru Matoh Characterization of Arabidopsis CTP:KDO Cytidylyltransferase, the Enzyme that Activates KDO During Rhamnogalacturonan II Biosynthesis The 4th Conference on Cell Wall Biosynthesis 2011/10/03 英語
Masaru Kobayashi, Akina Inami, Nagisa Kozu, Hiroshi Tajima, Toru Matoh Molecular Characterization of Arabidopsis CMP-KDO synthetase, the enzyme required for making rhamnogalacturonan II Gordon Research Conference on Plant Cell Walls 2006/07/31 英語
Masaru Kobayashi, Taichi Koshiba, Takashi Mutoh, Toru Matoh Responses of Cultured Tobacco Cells to Boron Deprivation Third International Symposium on all Aspects of Plant and Animal Boron Nutrition 2005/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
細胞壁ペクチンの生理機能 —ホウ素・カルシウム栄養を手がかりとして 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会 日本土壌肥料学会 2010/02/17 日本語
細胞壁構築におけるホウ素の機能と欠乏障害 第164回 生存圏シンポジウム「リグノセルロースの超分子構造をどうやって見るか」 京都大学生存圏研究所 2010 日本語
細胞壁ペクチンの生理機能 -ホウ素・カルシウム栄養を手がかりとして- 生命科学系特別セミナー 台湾國立成功大学 生命科学系 2010/12/14 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
小林優 植物栄養学 第2版(6-2章 ホウ素 分担執筆) 文永堂出版 2010 日本語
Masaru Kobayashi, Toru Matoh Boron Nutrition of cultured tobacco BY-2 cells. In Biotechnology in Agriculture and Forestry. Vol 53. Tobacco BY-2 cells. Springer-Verlag 2004 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究(A) 代表 ホウ素欠乏ストレスで誘導される遺伝子の単離と機能解析 Identification and functional characterization of boron deificiency stress-inducible genes 1999/04〜2001/03/
若手研究(B) 代表 ホウ素による細胞壁と細胞膜のクロストーク Studies on boron-mediated cell wall-plasma membrane interaction 2002/04〜2003/03
若手研究(B) 代表 ホウ素欠乏応答の分子機構 Molecular mechanisms of boron-deficiency stress signaling in plants 2006/04〜2008/03/
特定領域研究 代表 植物の養分吸収における細胞壁の意義 2006/04〜2008/03/
基盤研究(C) 代表 ホウ素欠乏応答の分子機構解明 Molecular mechanisms of boron-deficiency stress signaling in plants 2008/04〜2011/03/
特定領域研究 代表 植物の養分吸収における細胞壁の意義 2008/04〜2010/03/
新学術領域研究 代表 植物の環境応答における細胞壁ペクチンの機能解明 2011/04〜2013/03
基盤研究(C) 代表 ホウ素欠乏応答の分子機構解明 Molecular mechanisms of boron-deficiency stress signaling in plants 2011/04〜2014/03
基盤研究(C) 代表 植物細胞壁におけるホウ素の生理機能解明 Function of boron in plant cell walls 2014/04/〜2017/03/
新学術領域研究(公募研究) 代表 ペクチン質多糖ラムノガラクツロナンII合成関連遺伝子の新規同定 Identification of novel genes involved in rhamnogalacturonan II biosynthesis 2015/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ペクチン質多糖ラムノガラクツロナンII合成関連遺伝子の新規同定 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 植物細胞壁におけるホウ素の生理機能解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
植物生化学I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
植物生化学実験 前期 農学部 2011/04〜2012/03
植物栄養学 前期 農学部 2011/04〜2012/03
Plant Nutrients -Function and Acquisition- 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物栄養学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物栄養学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物栄養学 Plant Nutrition 前期 農学部 2012/04〜2013/03
植物生化学I Plant Biochemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
植物生化学実験 Laboratory Course in Plant Biochemistry and Physiology 前期 農学部 2012/04〜2013/03
植物栄養学 Plant Nutrition 前期 農学部 2013/04〜2014/03
植物生化学I Plant Biochemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
植物生化学実験 Laboratory Course in Plant Biochemistry and Physiology 前期 農学部 2013/04〜2014/03
植物栄養学講義 Plant Nutrients -Function and Acquisition- 前期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物栄養学専攻演習 Plant Nutrition Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物栄養学専攻実験 Experimental Course of Plant Nutrition 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物は何を食べているか? What is the nutrients for plants? Let's try hydroponic culture of vegetable. 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
植物は何を食べているか? What is the nutrients for plants? Let's try hydroponic culture of vegetable. 前期 全学共通科目(少人数教育科目) 2010/04/〜2011/03/
植物栄養学 Plant Nutrition 前期 農学部 2014/04〜2015/03
植物生化学I Plant Biochemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
植物生化学実験 Laboratory Course in Plant Biochemistry and Physiology 前期 農学部 2014/04〜2015/03
植物栄養学講義 Plant Nutrients -Function and Acquisition- 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
植物栄養学専攻演習 Plant Nutrition Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
植物栄養学専攻実験 Experimental Course of Plant Nutrition 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
京野菜の栽培を習う Practice cultivating traditional Kyoto vegetables 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
京野菜の栽培を習う Practice cultivating traditional Kyoto vegetables 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
植物栄養学 Plant Nutrition 前期 農学部 2015/04〜2016/03
植物栄養学専攻実験1 Experimental Course of Plant Nutrition1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物栄養学専攻実験 Experimental Course of Plant Nutrition 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物栄養学専攻演習1 Plant Nutrition Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物栄養学専攻演習 Plant Nutrition Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物栄養学講義 Plant Nutrients -Function and Acquisition- 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物生化学I Plant Biochemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03
植物生化学実験 Laboratory Course in Plant Biochemistry and Physiology 前期 農学部 2015/04〜2016/03
京野菜の栽培を習う Practice cultivating traditional Kyoto vegetables 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
情報基礎演習[農学部] Practice of Basic Informatics (Faculty of Agriculture) 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
植物栄養学 Plant Nutrition 前期 農学部 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻実験1 Experimental Course of Plant Nutrition1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻実験2 Experimental Course of Plant Nutrition2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻実験 Experimental Course of Plant Nutrition 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻演習1 Plant Nutrition Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻演習2 Plant Nutrition Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学専攻演習 Plant Nutrition Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物栄養学講義 Plant Nutrients -Function and Acquisition- 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物生化学I Plant Biochemistry 後期 農学部 2016/04〜2017/03
植物生化学実験 Laboratory Course in Plant Biochemistry and Physiology 前期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
京都府立大学 2011/04/〜
全学運営(役職等)
役職名 期間
オープンキャンパス委員会 委員 2008/04/01〜2011/03/31
広報委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
広報委員会 楽友編集専門部会 2011/04/01〜2013/03/31
環境管理専門委員会無機廃液管理小委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
環境・安全・衛生委員会 委員 2014/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本植物生理学会 The Japanese Society of Plant Physiologists 会計幹事 Treasurer 2008/01/01〜2009/12/31
日本土壌肥料学会 Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 代議員 2012〜2013
日本植物生理学会 The Japanese Society of Plant Physiologists 選挙管理委員 Elections Administration Committee Member 2014/01/01〜2015/12/31
日本土壌肥料学会 Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 第4部門(植物栄養)副部門長 2015〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本土壌肥料学会 Japanese Society of Soil Science and Plant Nutirion Soil Science and Plant Nutirion Editor 2012〜2017/09/30
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本土壌肥料学会 2009年度京都大会 大会運営委員 2009〜2009
日本農芸化学会 2011年度大会(京都) 大会実行委員 2010〜2011
日本農芸化学会 2012年度大会(京都) 大会実行委員 2011〜2012
Fourth Conference in Plant Cell Wall Biosynthesis Organizing Committee 2011〜2011
日本農芸化学会 2017年度京都大会 大会実行委員 2015/12/03〜
日本土壌肥料学会 2015年度京都大会 大会運営委員 2013/11/〜2015/12/
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
日本土壌肥料学会 2006年度秋田大会 2006/09/05
日本植物生理学会 2007年度年会 2007/03/28
日本土壌肥料学会 2010年度北海道大会 2010/09/09
日本土壌肥料学会 2013年度名古屋大会 2013/09/12
日本土壌肥料学会 2014年度東京大会 2014/09/09
日本土壌肥料学会 2015年度京都大会 2015/09/11
日本土壌肥料学会 2016年度佐賀大会 2016/09/20
日本農芸化学会 2017年度大会 2017/03/20
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
科学研究費補助金審査委員表彰 日本学術振興会 2012/11/
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
科学研究費委員会 専門委員 日本学術振興会 2010/12/〜2012/11/
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Bowdoin College Biology Department Biochemical characterization of cell wall-associated kinases in Arabidopsis United States of America 2003/05/03〜2005/05/02