ドイル 恵美

最終更新日時: 2019/06/26 15:59:24

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
ドイル 恵美/ドイル エミ/Doyle, Emi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
経営管理研究部/国際メガ・インフラマネジメント政策(八千代エンジニヤリング)講座(寄附)/特定講師
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
土木学会 Japan Association of Civil Engineers
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) アジア工科大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
アジア工科大学 工学部建設マネージメント学科修士課程 修了
京都大学 大学院工学研究科博士後期課程都市社会工学専攻 研究指導認定退学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1994/04/01〜1997/12/31 藤木工務店 Fujiki Ltd. 構造設計士 Structural Engineer
1998/07/22〜2000/10/22 ラオス国立大学 National University of Laos 講師(構造設計) Lecturer
2001/01/10〜2002/01/11 国連東チモール暫定政府 United Nations Transitional Administration in East Timor 調達調査官・地方調整官 Procurement Officer・District Field Officer
1998/07/20〜2000/10/20 国際協力機構(ブータン事務所) Japan International Cooperation Agency インフラ企画調査員 Infrastructure Project Formulation Advisor
2014/02/10〜2013/12/20 国際協力機構 Japan International Cooperation Agency(Bhutan Office) インフラ企画調査員 Infrastructure Project Formulation Advisor
2019/04/01〜 国際協力機構(インド事務所) Japan International Cooperation Agency(India Office) 特定講師(プロジェクト マネジメント) Senior lecturer
2017/04/01〜 ノートルダム女子大学 Kyoto Nortre Dam University 非常勤講師(構造力学) Lecturer(Structural Analysis)
2014/02/10〜2019/03/31 京都大学経営管理大学院 Graduate School of Management, Kyoto University 特定研究員 Researcher
プロフィール
(日本語)
アジア工科大学修士課程終了(2005年)後、アジア諸国(国際協力機構)にてインフラ開発分野の企画調査を担当。京都大学大学院工学研究科博士課程修了(2015年)。工学博士(2018年)。 2014年より経営管理大学院経営管理センター研究員。2019年より現職。
(英語)
Worked as a researcher since 2014 at the Graduate School of Management, Kyoto University. Received Ph.D. (Engineering) from Graduate School of Engineering, Kyoto University in 2018. Before joining Kyoto University, served as an infrastructure project formulation advisor for the Japan International Cooperation Agency (JICA) in Sounth East and West Asia regions.
researchmap URL
https://researchmap.jp/e_doyle
研究テーマ
(日本語)
国際開発学、インフラプロジェクト計画・管理
(英語)
International development, Infrastructure Project (Planning and Management)
研究概要
(日本語)
インフラと技術革新への継続的な投資は、経済成長と社会開発には欠かせない要素である。特に途上国では、インフラ基盤が脆弱であり、レジリエントなインフラ構築が求められている。持続可能な開発達成に向けた包括的なアプローチを目指し、世界の課題解決にむけての実践研究を目指す。
(英語)
Investments in infrastructure and innovative technologies are indispensable factors for economic growth and social development. Resilient infrastructure is urgently required, especially in developing countries. Aiming towards a comprehensive approach for achieving the UN Sustainable Development Goals, we will work on practical research to contribute to solving the world's problems by utilizing Japanese infrastructure technology.
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
広橋 恵美, 中沢 欣幸, 国分 耕司, 福山 洋, 平石 久広 広橋 恵美, 中沢 欣幸, 国分 耕司, 福山 洋, 平石 久広 HIROHASHI EMI 23119 せん断破壊後の耐力低下防止を目的としたRC柱の構造性能 : その1 実験概要と補強強筋比の比較 23119 せん断破壊後の耐力低下防止を目的としたRC柱の構造性能 : その1 実験概要と補強強筋比の比較 Structural performances of RC colums planed to prevent dectreasing of strength after shear failure : Part 1. Outline and investigations by lateral reinforcement ratio 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 1996, 237-238 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 1996, 237-238 Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures, 1996, 237-238 1996/07/30 日本語 公開
広橋 恵美, 大場 新太郎 広橋 恵美, 大場 新太郎 HIROHASHI Emi, OHBA Shintaro 2560 人力加振実験による五重塔の振動特性 2560 人力加振実験による五重塔の振動特性 Dynamic Characteristics of a Five-storied Pagoda obtained from Man-excited Vibration Tests 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 1119-1120 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 1119-1120 Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. B, Structures I, 1994, 1119-1120 1994/07/25 日本語 公開
大場 新太郎, 広橋 恵美 大場 新太郎, 広橋 恵美 HIROHASHI Emi 2064 構造形式の異なる2基の五重塔の振動特性(構造) 2064 構造形式の異なる2基の五重塔の振動特性(構造) 2064 Dynamic Characteristics of Two Five-storied Pagodas of Different Constructions 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 34, 297-300 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 34, 297-300 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 34, 297-300 1994/06/07 日本語 公開
タイトル言語:
部局運営(役職等)
役職名 期間
経営管理大学院 寄附講座・共同研究講座専門委員会 委員 2019/04/01〜2020/03/31