上髙原 浩

最終更新日時:2017/09/26 09:54:53

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
上髙原 浩/カミタカハラ ヒロシ/Hiroshi Kamitakahara
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/森林科学専攻生物材料機能学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwakecho, Sakyo-Ku, Kyoto 606-8502 Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本木材学会 The Japan Wood Research Society
セルロース学会 The Cellulose Society of Japan
高分子学会 The Society of Polymer Science, Japan
日本糖質学会 The Japanese Society of Carbohydrate Research
日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan
繊維学会 The Society of Fiber Science and Technology, Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Chemical Society アメリカ合衆国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程林産工学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科修士課程林産工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部林産工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
聖光学院高等学校 せいこうがくいんこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1996/04/01〜1997/01/31 理化学研究所 RIKEN 基礎科学特別研究員 Special Postdoctral Researcher
1997/02/01〜2012/09/30 京都大学 Kyoto University 助手 Assistant Professor
2002/02/〜2002/09/ アレキサンダー・フォン・フンボルト財団 Alexander von Humboldt Foundation フンボルトリサーチフェロー Humboldt Research Fellow
2012/10/01〜 京都大学 Kyoto University 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
1987年私立聖光学院高等学校卒業、1987年京都大学農学部林産工学科入学、1991年同学科卒業、1991年京都大学農学院林産工学専攻修士課程入学、1993年同修士課程修了、1996年同博士課程修了(博士(農学)取得)。1996年理化学研究所基礎科学特別研究員を経て、1997年 京都大学農学部助手、農学研究科助手、助教(名称変更)。2012年より准教授。一貫して、セルロースの化学合成およびセルロース誘導体の構造-物性相関について研究している。学生時代、京都大学交響楽団に所属し、クラリネット奏者および学生指揮者として活動。
研究テーマ
(日本語)
セルロース誘導体の精密合成、その構造-物性相関研究、生物材料の高度利用法の開発
(英語)
Synthesis of Cellulose Derivatives, Studies on Structure-Property-Performance relationship of cellulose derivatives, Development of Utilization of Biomaterials with high performance
研究概要
(日本語)
60℃付近でゲル化するメチルセルロースの構造-物性相関を調べるため、ゲル化架橋点近傍のメチルセルロースの化学構造をオリゴ糖あるいは低分子量セルロースレベルで予想し、化学合成している。その過程で、これまでに新規な糖のみからなる界面活性剤を調製する事が出来た。さらに、最近、2,3,6位がメチル化されたグルコースが一定数以上連なった化学構造がメチルセルロース水溶液のゲル化に必須であることを化学合成的に明らかにした。
(英語)
Dr. Kamitakahara has particular interest on structure-property relationships of methylcellulose. He is interested in novel methods to control and utilize the orientation of polysaccharides and derivatives, in particular the regioselective substitution reactions of cellulose derivatives.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生物材料化学 The Chemistry of Biomaterials
セルロース化学 Cellulose Chemistry
バイオマス由来界面活性剤 Detergents from Biomass
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林産科学・木質工学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Teruya, K., Oguma, A., Nishizawa, K., Kamitakahara, H., & Doh-ura, K. Pyrene conjugation and spectroscopic analysis of hydroxypropyl methylcellulose compounds successfully demonstrated a local dielectric difference associated with in vivo anti-prion activity PLOS ONE,12,9,e0185357 2017/09 英語
Sawamura, K., Tobimatsu, Y., Kamitakahara, H., & Takano, T. Lignin Functionalization through Chemical Demethylation: Preparation and Tannin-Like Properties of Demethylated Guaiacyl-Type Synthetic Lignins ACS Sustainable Chem. Eng.,5,6,5424-5431 2017/06 英語
Sannami, Y.; Kamitakahara, H.; Takano, T. TEMPO-mediated electro-oxidation reaction of non-phenolic β-O-4 type lignin model compounds Holzforschung,71,2,109-117 2017/02 英語
Teruya, K.; Oguma, A.; Nishizawa, K.; Kawata, M.; Sakasegawa, Y.; Kamitakahara, H.; Doh-ura, K. A Single Subcutaneous Injection of Cellulose Ethers Administered Long before Infection Confers Sustained Protection against Prion Diseases in Rodents PLoS Pathogens,12,12 2016/12 英語
Ogawa, Y.; Sakakibara, K.; Nakatsubo, F.; Kamitakahara, H.; Takano, T. Factors affecting photocurrent generation performances of Langmuir-Blodgett films of tetraphenylporphyrin-bound acyl celluloses Cellulose,23,6,3875-3883 2016/06 英語
Kamitakahara, H., Suhara, R., Yamagami, M., Kawano, H., Okanishi, R., Asahi, T., Takano, T. A versatile pathway to end-functionalized cellulose ethers for click chemistry applications Carbohydrate Polymers,151,88-95 2016 英語
Saito, Y., Kamitakahara, H., Takano, T. Preparation of a squaraine-bounded cellulose derivative for photocurrent generation system. Carbohydrate Research,421,40-45 2016 英語
Saito, Y., Kamitakahara, H., Takano, T. Preparation of (ruthenium (II) complex)-bound cellulose derivative for photocurrent generation system Journal of Wood Science,62,3,270-275 2016 英語
Yoshinaga, A., Kamitakahara, H., Takabe, K. Distribution of coniferin in differentiating normal and compression woods using MALDI mass spectrometric imaging coupled with osmium tetroxide vapor treatment Tree Physiology,36,643-652 2015 英語
Nishida, S., Shibano, M., Kamitakahara, H., Takano, T. Preparation of a near-infrared ray absorbtion film from N-phenylthiocarbamoyl chitosan derivative International Journal of molecular sciences,16,12,29093-29102 2015 英語
ロジャース有希子、上高原 浩、岩田 忠久 セルロースおよびキシランの誘導体の合成とその機能化 Cellulose Communications,22,3,131-136 2015 日本語
M. Ozawa; A. Fukutome; Y. Sannami; H. Kamitakahara; T. Takano Preparation and evaluation of the oxidation ability of hematin-appended 6-amino-6-deoxycellulose Journal of Wood Chemistry and Technology,34,4,262-272 2014/10/02 英語
上高原 浩 セルロース誘導体の置換位置制御と機能化 木材学会誌、60 (3), 144-168 (2014) 2014/05 日本語
Y. Saito; H. Kamitakahara; T. Takano Preparation of Langmuir-Blodgett monolayer films of (zinc(II) phthalocyanine)-containing cellulose derivative; the use of 2,3-di-O-myristyl cellulose as a scaffold Cellulose,21,3,1885-1896 2014 英語
Miyagawa, Y., Mizukami, T., Kamitakahara, H., Takano, T. Synthesis and fundamental HSQC NMR data of monolignol beta-glycosides, dihydromonolignol beta-glycosides and p-hydroxybenzaldehyde derivative beta-glycosides for the analysis of phenyl glycoside type lignin-carbohydrate complexes (LCCs) Holzforschung,68,7,757-760 2014 英語
KAMITAKAHARA Hiroshi, Baba, A., Yoshinaga, A., Suhara, R., Takano, T. Synthesis and crystallization-induced microphase separation of cellulose triacetate-block-poly(γ-benzyl-L-glutamate) Cellulose,21,5,3323-3338 2014 英語
Shibano M, Nishida S, Saito Y, Kamitakahara H, Takano T Facile synthesis of acyl chitosan isothiocyanates and their application to porphyrin-appended chitosan derivative Carbohydrate Polymers,113,279-285 2014
M. Shibano; H. Kamitakahara; T. Takano Tandem Staudinger/aza-Wittig reaction of 6-azido-6-deoxycellulose derivative Carbohydrate Research,382,25-29 2013/12/15 英語
T. Shiraishi; Y. Sannami; H. Kamitakahara; T. Takano Comparison of a series of laccase mediators in the electro-oxidation reactions of non-phenolic lignin model compounds Electrochimica Acta,106,440-446 2013/09/01 英語
S. Kiyoto; A. Yoshinaga; N. Tanaka; M. Wada; H. Kamitakahara; K. Takabe Immunolocalization of 8-5′ and 8-8′ linked structures of lignin in cell walls of Chamaecyparis obtusa using monoclonal antibodies Planta,237,3,705-715 2013/03 英語
上高原 浩 セルロース誘導体の精密合成 : 合成戦略と機能発現 (第37回糖質科学懇話会) 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌,3,3,205-209 2013 日本語
ロジャース 有希子;上高原 浩;高野 俊幸 セルロース,キシランおよびグルコマンナン誘導体の合成とその材料化 (特集号 持続可能な社会に向けた高分子Ⅰ) 高分子論文集 = Japanese journal of polymer science and technology,70,10,529-538 2013 日本語
Y. Saito; T. Takano; K. Sakakibara; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Synthesis of (zinc(II) phthalocyanine)-containing cellulose derivative using phthalocyanine-ring formation reaction Cellulose,19,6,2105-2114 2012/12 英語
A. Nakagawa; C. Ishizu; V. Sarbova; A. Koschella; T. Takano; T. Heinze; H. Kamitakahara 2- O -methyl- and 3,6-Di- O -methyl-cellulose from natural cellulose: Synthesis and structure characterization Biomacromolecules,13,9,2760-2768 2012/09 英語
A. Nakagawa; F. Steiniger; W. Richter; A. Koschella; T. Heinze; H. Kamitakahara Thermoresponsive hydrogel of diblock methylcellulose: Formation of ribbonlike supramolecular nanostructures by self-assembly Langmuir,28,34,12609-12618 2012/08/28 英語
A. Nakagawa; H. Kamitakahara; T. Takano Synthesis and thermoreversible gelation of diblock methylcellulose analogues via Huisgen 1,3-dipolar cycloaddition Cellulose,19,4,1315-1326 2012/08 英語
Y. Miyagawa; O. Takemoto; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Fractionation and characterization of lignin carbohydrate complexes (LCCs) of Eucalyptus globulus in residues left after MWL isolation. Part I: Analyses of hemicellulose-lignin fraction (HC-L) Holzforschung,66,4,459-465 2012/05 英語
T. Shiraishi; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on electrooxidation of lignin and lignin model compounds. Part 1: Direct electrooxidation of non-phenolic lignin model compounds Holzforschung,66,3,303-309 2012/03 英語
T. Shiraishi; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on electro-oxidation of lignin and lignin model compounds. Part 2: N-Hydroxyphthalimide (NHPI)-mediated indirect electro-oxidation of non-phenolic lignin model compounds Holzforschung,66,3,311-315 2012/03 英語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; A. Yoshinaga; T. Takano Comb-shaped graft copolymers with cellulose side-chains prepared via click chemistry Carbohydrate Polymers,87,3,2237-2245 2012/02/14 英語
H. Kamitakahara; K. Murata-Hirai; Y. Tanaka Synthesis of blockwise alkylated tetrasaccharide-organic quantum dot complexes and their utilization for live cell labeling with low cytotoxicity Cellulose,19,1,171-187 2012/02 英語
上高原 浩 セルロース系ブロックコポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現 Cellulose Communications, 19 (2), 57-62. 2012 日本語
A. Nakagawa; D. Fenn; A. Koschella; T. Heinze; H. Kamitakahara Synthesis of diblock methylcellulose derivatives with regioselective functionalization patterns Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry,49,23,4964-4976 2011/12/01 英語
N. Ichihara; T. Takano; K. Sakakibara; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparation of 6-azafulleroid-6-deoxy-2,3-di-O-myristoylcellulose Carbohydrate Research,346,15,2515-2518 2011/11/08 英語
A. Nakagawa; H. Kamitakahara Synthesis of blockwise alkylated (1→4) linked trisaccharides as surfactants: Influence of configuration of anomeric position on their surface activities Carbohydrate Research,346,13,1671-1683 2011/09/27 英語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; A. Yoshinaga; T. Takano Water-soluble low-molecular-weight cellulose chains radially oriented on gold nanoparticles Cellulose,18,4,929-936 2011/08 英語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; A. Yoshinaga; T. Takano Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives 4. Self-assembled nanoparticles of amphiphilic cellulose derivatives carrying a single pyrene group at the reducing-end Cellulose,18,4,1005-1014 2011/08 英語
A. Nakagawa; D. Fenn; A. Koschella; T. Heinze; H. Kamitakahara Physical properties of diblock methylcellulose derivatives with regioselective functionalization patterns: First direct evidence that a sequence of 2,3,6-tri-O-methyl-glucopyranosyl units causes thermoreversible gelation of methylcellulose Journal of Polymer Science, Part B: Polymer Physics,49,21,1539-1546 2011 英語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; A. Yoshinaga; T. Takano Radially oriented cellulose triacetate chains on gold nanoparticles Cellulose,17,5,923-936 2010/10 英語
T. Akagi; Y. Suzuki; A. Ikegami; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo; K. Yonemori Condensed tannin composition analysis in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit by acid catalysis in the presence of excess phloroglucinol Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,79,3,275-281 2010/07 英語
H. Kamitakahara; T. Funakoshi; S. Nakai; T. Takano; F. Nakatsubo Synthesis and structure/property relationships of regioselective 2-O-, 3-O- and 6-O-ethyl celluloses Macromolecular Bioscience,10,6,638-647 2010/06/11 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Reactivity of syringyl quinone methide intermediates in dehydrogenative polymerization I: High-yield production of synthetic lignins (DHPs) in horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of sinapyl alcohol in the presence of nucleophilic reagents Journal of Wood Science,56,3,233-241 2010/06 英語
H. Kamitakahara; F. Nakatsubo ABA- and BAB-triblock cooligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides: Syntheses and structure-solubility relationship Cellulose,17,1,173-186 2010/02 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerization of monolignol β-glycosides. Part 6: Monitoring of horseradish eroxidase-catalyzed polymerization of monolignol glycosides by GPC-PDA Holzforschung,64,2,173-181 2010/02 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Reactivity of syringyl quinone methide intermediates in dehydrogenative polymerization. Part 2: PH effect in horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of sinapyl alcohol Holzforschung,64,2,183-192 2010/02 英語
Y. Morikawa; A. Yoshinaga; H. Kamitakahara; M. Wada; K. Takabe Cellular distribution of coniferin in differentiating xylem of Chamaecyparis obtusa as revealed by Raman microscopy Holzforschung,64,1,61-67 2010/01 英語
H. Kamitakahara; T. Funakoshi; T. Takano; F. Nakatsubo Syntheses of 2,6-O-alkyl celluloses: Influence of methyl and ethyl groups regioselectively introduced at O-2 and O-6 positions on their solubility Cellulose,16,6,1167-1178 2009/12 英語
H. Kamitakahara; T. Funakoshi; S. Nakai; T. Takano; F. Nakatsubo Syntheses of 6-O-ethyl/methyl-celluloses via ring-opening copolymerization of 3-O-benzyl-6-O-ethyl/methyl-α-d-glucopyranose 1,2,4-orthopivalates and their structure-property relationships Cellulose,16,6,1179-1185 2009/12 日本語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Cellulosic graft copolymer: Poly(methyl methacrylate) with cellulose side chains Biomacromolecules,10,8,2110-2117 2009/08 英語
Y. Enomoto-Rogers; H. Kamitakahara; K. Nakayama; T. Takano; F. Nakatsubo Synthesis and thermal properties of poly(methyl methacrylate)-graft-(cellobiosylamine-C15) Cellulose,16,3,519-530 2009/06 英語
H. Kamitakahara; A. Yoshinaga; H. Aono; F. Nakatsubo; D. Klemm; W. Burchard New approach to unravel the structure-property relationship of methylcellulose Cellulose,15,6,797-801 2008/12 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerizations (DHPs) of monolignol β-glycosides: Part 4. Horseradish peroxidase-catalyzed copolymerization of isoconiferin and isosyringin Holzforschung,62,5,495-500 2008/09 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerization of monolignol β-glycosides: Part 5. UV spectroscopic monitoring of horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of monolignol glycosides Holzforschung,62,5,501-507 2008/09 英語
T. Takano; T. Murakami; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Mechanism of formaldehyde adsorption of (+)-catechin Journal of Wood Science,54,4,329-331 2008/08 英語
T. Takano; T. Murakami; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Formaldehyde adsorption by karamatsu (Larix leptolepis) bark Journal of Wood Science,54,4,332-336 2008/08 英語
H. Kamitakahara; A. Koschella; Y. Mikawa; F. Nakatsubo; T. Heinze; D. Klemm Syntheses and comparison of 2,6-Di-O-methyl celluloses from natural and synthetic celluloses Macromolecular Bioscience,8,7,690-700 2008/07/07 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Azide ion as a quinone methide scavenger in the horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of sinapyl alcohol Journal of Wood Science,54,1,87-89 2008/01 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 3: Horseradish peroxidase-catalyzed polymerizations of triandrin and isosyringin Journal of Wood Chemistry and Technology,28,2,69-83 2008 英語
上高原 浩、中坪 文明 セルロース系ポリマーのFDP 分野への応用の可能性を探る 月刊マテリアルステージ、8 (6), 43-45 2008 日本語
H. Kamitakahara; F. Nakatsubo; D. Klemm New class of carbohydrate-based nonionic surfactants: Diblock co-oligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides Cellulose,14,5,513-528 2007/10 英語
K. Sakakibara; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Redox-active cellulose Langmuir-Blodgett films containing β-carotene as a molecular wire Biomacromolecules,8,5,1657-1664 2007/05 英語
T. Takano; J. Ishikawa; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo The application of microwave heating to the synthesis of 6-amino-6-deoxycellulose Carbohydrate Research,342,16,2456-2460 2007 英語
M. Karakawa; S. Nakai; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Preparation of highly regioregular O-methylcelluloses and their water solubility Cellulose Chemistry and Technology,41,9-10,569-573 2007 英語
S. Toda; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Surface acetylation of a regenerated cellulose film Cellulose Chemistry and Technology,41,9-10,563-567 2007 英語
R. Katahira; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Alkaline nitrobenzene oxidation of phenolic and non-phenolic dimeric, trimeric and oligomeric β-O-4 lignin model compounds Cellulose Chemistry and Technology,41,9-10,529-536 2007 英語
H. Kamitakahara; F. Nakatsubo; D. Klemm Block co-oligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides as model compounds for methylcellulose and its dissolution/gelation behavior Cellulose,13,4,375-392 2006/08 英語
Y. Enomoto; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 3. Cellulose derivatives carrying a single pyrene group at the reducing-end and fluorescent studies of their self-assembly systems in aqueous NaOH solutions Cellulose,13,4,437-448 2006/08 英語
K. Sakakibara; S. Ifuku; Y. Tsujii; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Langmuir - Blodgett films of a novel cellulose derivative with dihydrophytyl group: The ability to anchor β-carotene molecules Biomacromolecules,7,6,1960-1967 2006/06 英語
T. Nasuno; T. Takano; T. Yoshimura; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparation of acetoacetylated wood meal and its properties. Part 1. Preparation of parameter and preliminary evaluation of the antifungal activity Holzforschung,60,2,201-205 2006 英語
T. Nasuno; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparation of acetoacetylated wood meal and its properties. Part 2. Copper ion fixation by acetoacetylation Holzforschung,60,2,206-209 2006 英語
R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Synthesis of β-O-4 type oligomeric lignin model compound by the nucleophilic addition of carbanion to the aldehyde group Journal of Wood Science,52,3,255-260 2006 英語
Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 2: Horseradish peroxidase-catalyzed dehydrogenative polymerization of isoconiferin Holzforschung,60,5,513-518 2006 英語
T. Takano; Y. Tobimatsu; T. Hosoya; T. Hattori; J. Ohnishi; M. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 1. Syntheses of monolignol β-glycosides, (E)-isoconiferin, (E)-isosyringin, and (E)-triandrin Journal of Wood Chemistry and Technology,26,3,215-229 2006 英語
H. Furuno; T. Takano; S. Hirosawa; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Chemical structure elucidation of total lignins in woods. Part II: Analysis of a fraction of residual wood left after MWL isolation and solubilized in lithium chloride/N,N-dimethylacetamide Holzforschung,60,6,653-658 2006 英語
R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Stability of α-ether substructures in lignins under TIZ reaction conditions Cellulose Chemistry and Technology,40,1-2,19-34 2006 英語
S. Hirosawa; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Neutral sugar analysis (alditol acetate procedure) of wood assisted by microwave irradiation Cellulose Chemistry and Technology,40,5,319-323 2006 英語
S. Ifuku; Y. Tsujii; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Preparation and characterization of redox cellulose Langmuir-Blodgett films containing a ferrocene derivative Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry,43,21,5023-5031 2005/11/01 英語
H. Kamitakahara; Y. Enomoto; C. Hasegawa; F. Nakatsubo Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 2. Characterization and thermal properties of cellulose triacetate-block-oligoamide-15 Cellulose,12,5,527-541 2005/10 英語
S. Ifuku; H. Kamitakahara; T. Takano; Y. Tsujii; F. Nakatsubo Preparation and characterization of 6-O-(4-stearyloxytrityl)cellulose acetate Langmuir-Blodgett films Cellulose,12,4,361-369 2005/08 英語
S. Ifuku; S. Nakai; H. Kamitakahara; T. Takano; Y. Tsujii; F. Nakatsubo Preparation and characterization of monolayer and multilayer Langmuir-Blodgett films of a series of 6-O-alkylcelluloses Biomacromolecules,6,4,2067-2073 2005/07 英語
Y. Matsui; J. Ishikawa; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Facile synthesis of 6-amino-6-deoxycellulose Carbohydrate Research,340,7,1403-1406 2005/05/23 英語
H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 1. Model study with azidoalkyl carboxylic acid and cellobiosylamine derivative Cellulose,12,2,209-219 2005/04 英語
N. Nishio; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparation of high regioselectively mono-substituted carboxymethylcelluloses Cellulose Chemistry and Technology,39,5-6,377-387 2005 英語
S. Ifuku; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Tanaka; F. Nakatsubo Preparation of 6-O(4-alkoxytrityl)celluloses and their properties Organic and Biomolecular Chemistry,2,3,402-407 2004/02/07 英語
S. Ifuku; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparation of novel reagents 4-alkoxytrityl chlorides and their reaction with methyl α-D-glucoside Journal of Wood Science,50,3,248-252 2004 英語
上高原 浩;中坪 文明 解説・主張 化学合成セルロースの果たす役割 Cellulose communications,11,1,2-6 2004 日本語
R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo Novel syntheses of β-O-4 type oligomeric lignin model compounds by nucleophilic addition of carbanion to the aldehyde group Journal of Wood Science,49,6,553-554 2003 英語
M. Karakawa; Y. Mikawa; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Preparations of regioselectively methylated cellulose acetates and their <sup>1</sup>H and <sup>13</sup>C NMR spectroscopic analyses Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry,40,23,4167-4179 2002/12/01 英語
M. Karakawa; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo The utility of a 3-O-allyl group as a protective group for ring-opening polymerization of α-D-glucopyranose 1,2,4-orthopivalate derivatives Biomacromolecules,3,3,538-546 2002/05 英語
H. Kamitakahara; F. Nishigaki; Y. Mikawa; M. Hori; S. Tsujihata; T. Fujii; F. Nakatsubo Sulfated glycofuranans as inhibitors of melanoma lung metastasis Journal of Wood Science,48,3,204-209 2002 英語
M. Matsunaga; K. Sakai; H. Kamitakahara; K. Minato; F. Nakatsubo Vibrational property changes of spruce wood by impregnation with water-soluble extractives of pernambuco (Guilandina echinata Spreng.) II: Structural analysis of extractive components Journal of Wood Science,46,3,253-257 2000 英語
H. Kamitakahara; T. Suzuki; N. Nishigori; Y. Suzuki; O. Kanie; C.-H. Wong A lysoganglioside/poly-L-glutamic acid conjugate as a picomolar inhibitor of influenza hemagglutinin Angewandte Chemie - International Edition,37,11,1524-1528 1998/06/19 英語
M. Hori; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Substituent effects of the orthoester group on ring-opening polymerization of α-D-glucopyranose 1,2,4-orthoester derivatives Macromolecules,30,10,2891-2896 1997/05/19 英語
H. Kamitakahara; M. Hori; F. Nakatsubo Substituent effect on ring-opening polymerization of regioselectively acylated α-D-glucopyranose 1,2,4-orthopivalate derivatives Macromolecules,29,19,6126-6131 1996/09/09 英語
H. Kamitakahara; F. Nakatsubo Substituent effect on ring-opening polymerization of regioselectively acylated 1,4-anhydro-α-D-glucopyranose derivatives Macromolecules,29,4,1119-1122 1996/02/12 英語
F. Nakatsubo; H. Kamitakahara; M. Hori Cationic ring-opening polymerization of 3,6-di-O-benzyl-α-D-glucose 1,2,4-orthopivalate and the first chemical synthesis of cellulose Journal of the American Chemical Society,118,7,1677-1681 1996 英語
KAMITAKAHARA, H; NAKATSUBO, F; MURAKAMI, K SYNTHESES OF 1,4-ANHYDRO-ALPHA-D-GLUCOPYRANOSE DERIVATIVES HAVING ACYL-GROUPS MOKUZAI GAKKAISHI,40,3,302-307 1994 英語
Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Koji Murakami Ring-opening polymerization of 1,4-anhydro-α-D-glucopyranose derivatives having acyl groups and synthesis of (1→5)-β-D-glucofuranan Macromolecules,27,21,5937-5942 1994 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Takano, T.; Kamitakahara, H Creation of the Paradigm of Sustainable Use of Tropical Rainforest by the Intensive Forest Management and Advanced Utilization of Forest Resources Workshop for Indonesia-Japan Joint Project Japan Science and Technology Agency Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology (SCF) Program、京都大学稲盛財団記念館 2011/05 英語
ロジャース有希子、上高原浩、吉永新、高野俊幸 クリックケミストリーによるセルロースを枝鎖に有するグラフトコポリマーの合成とその超分子構造 第61回日本木材学会大会(京都) 2011 日本語
上高原 浩 フラーレン化セルロース誘導体の調製とその性質 第61回日本木材学会大会(京都) 2011 日本語
上高原 浩 MWL抽出残渣からのLCC解析用フラクションの探索 第61回日本木材学会大会(京都) 2011 日本語
上高原 浩 MWL抽出残渣の分画と分析 (II) –Xylan-Lignin fraction (XL)のキャラクタリゼーション- 第55回リグニン討論会 2010/10 日本語
上高原 浩 リグニンモデル化合物の間接電解酸化反応(3) – β-O-4モデルオリゴマーのNHPI間接電解 – 第55回リグニン討論会 2010/10 日本語
上高原 浩、吉永 新、今井 友也、杉山 淳司、高野 俊幸 ブロック的メチル化セロオリゴ糖水溶液の構造—物性相関 第60回日本木材学会大会(宮崎) 2010/03 日本語
Hiroshi Kamitakahara Synthesis and Cellular Uptake of Blockwise Alkylated Tetrasaccharide/ Hydrophobic Dye Complexes: Evaluation as Probes for a Novel Drug Delivery System 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010) 2010 英語
石津智世、上高原 浩、高野 俊幸、中坪 文明 位置特異的かつブロック的メチル化セロビオース誘導体の合成とそのアルカリ分解挙動解析 セルロース学会第16回年次大会 2009 日本語
Nakagawa A., Koschella A., Fenn D., Heinze Th., Kamitakahara H. 
Novel Sophisticated Diblock Copolymers from Cellulose Derivatives with Regioselective Functionalization Pattern
 Frontiers in Polymer Science 2009 日本語
上高原 浩 β-O-4結合の新規な選択的開裂法:   β-PSE法の検討 (1) –開裂条件の最適化– 第54回リグニン討論会 2009 日本語
上高原 浩 リグニンモデル化合物の間接電解酸化反応(2) –mediatorの検討- 第54回リグニン討論会 2009 日本語
中川 篤、上高原 浩、高野 俊幸、中坪 文明 ブロック的メチル/エチル化三糖の界面活性能:α/β-グリコシド混合比と表面張力の関係 セルロース学会第15回年次大会 2008 日本語
上高原 浩 モノリグノール配糖体によるシリンギル型DHPの生成挙動の解析(II) –pHの影響- 第53回リグニン討論会 2008 日本語
上高原 浩 β-O-4結合の新規な選択的開裂法 –β-phenoxy sulfone elimination method (β-PSE)法– 第53回リグニン討論会 2008 日本語
Nakatsubo F., S. Ifuku, Y. Tsujii, S. Nakai, H. Kamitakahara, T. Takano Preparation of regioselectivly 6-O-alkylated cellulose derivatives and characterization of their Langmui-Blodgett films Proceedings of 233rd ACS national meeting & Exposition, 2007/3/25-29, シカゴ, CELL 9 2007 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Andria Agusta1, Dewi Wulansari1, Yuliasri Jamal1, Praptiwi1, Ahmad Fathoni1, Hiroshi Kamitakahara2 and Toshiyuki Takano2 Genetic Resources Potentiality for Human Health International Workshop "Forestry and Local People: Toward A Joint Use and Management of Tropical Rainforest, Indonesia" 2013/03 英語
T. Takano, H. Kamitakahara, Y. Jamal, Praptiwi, A. Fathoni and A. Agusta Diversity of sustainable biomaterials in Central Kalimantan SABH2012 (International symposium on sustainable development and human security in Southeast Asia through biorefinery and low cost house), Uji, Kyoto, Japan 2012/12 英語
2012/10 英語
KAMITAKAHARA Hiroshi Cellulosic diblock copolymers with fascinating properties European-Japanese Workshop "Cellulose and Functional Polysaccharides" 2012/10 英語
Hiroshi Kamitakahara, Akihiro Baba, Arata Yoshinaga, Toshiyuki Takano Design, synthesis, and nanostructure of cellulose triacetate-block-poly(γ-benzyl L-glutamate) International Cellulose Conference 2012 2012/10 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
岡西諒子、上高原浩、高野俊幸 単糖あるいはオリゴ糖を分子末端に有するメチル化多糖の合成とその構造―物性相関 セルロース学会第23回年次大会 2016/07 日本語
朝日智之, 上高原浩, 高野俊幸 温度応答性ジブロック型メチルセルロース類縁体のガラス基板への固定化 セルロース学会第23回年次大会 2016/07 日本語
三木健太郎、飛松裕基、上高原浩、高野俊幸 未利用バイオマスの新規分子構造変換法 -木質ナノ材料への展開- 第66回日本木材学会大会(名古屋) 2016/03 日本語
有賀哲、飛松裕基、鈴木史朗、Eric Allen、John Ralph、上高原浩、梅澤俊明、高野俊幸 合成モノリグノールプローブを活用した細胞壁リグニンの蛍光生体標識 第60回リグニン討論会 2015/09 日本語
上高原 浩、山上 真緒、須原 遼、吉永 新、高野 俊幸 分子末端機能化メチルセルロースからなる熱応答性超分子ヒドロゲル:生体模倣ミネラリゼーションの3次元足場として セルロース学会第22回年次大会、北海道大学、札幌 2015/07 日本語
岡西諒子,飛松裕基,上高原浩,高野俊幸 親水部としてグルコース・マンノースを有する分子末端機能化メチルセルロースの合成とその性質 第65回木材学会・東京 2015/03 日本語
三木健太郎,飛松裕基,上高原浩,高野俊幸 カラマツ鋸屑からの両親媒性ナノ粒子の調製 第65回木材学会・東京 2015/03 日本語
上高原浩、須原遼、山上真緒、川野陽子、吉永新、田中義正、高野俊幸 両親媒性末端機能化セルロース誘導体: ゲル化を誘導する構造因子と超分子ヒドロゲルの性能評価 セルロース学会第21回年次大会、鹿児島大学、鹿児島 2014/07 日本語
齋藤靖子、上高原浩、高野俊幸 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換能評価(3)混合LB法による光電変換薄膜の構築 セルロース学会第21回年次大会、鹿児島大学、鹿児島 2014/07 日本語
上高原浩、須原遼、山上真緒、川野陽子、吉永新、田中義正、高野俊幸 分子末端機能化メチルセルロース誘導体の合成と構造-物性-機能相関 第64回日本木材学会大会 2014/03 日本語
上高原浩、須原遼、山上真緒、川野陽子、吉永新、田中義正、高野俊幸 分子末端機能化メチルセルロース誘導体の合成と構造-物性-機能相関 第64回日本木材学会大会、愛媛大学、松山 2014/03 日本語
齋藤靖子、上高原浩、高野俊幸 青色色素導入セルロース誘導体の光電変換能評価 第64回日本木材学会大会、愛媛大学、松山 2014/03 日本語
上髙原 浩 新しいセルロース誘導体の合成 —精密重合, 連結反応, 位置選択的置換反応- 第83回高分子材料セミナー(第167回高分子材料部門委員会(公開)) 2013/09 日本語
須原 遼、上高原 浩、高野 俊幸 オリゴペプチド鎖を分子末端に有するメチルセルロース誘導体からなるヒドロゲルの調製 第32回日本糖質学会年会 大阪国際交流センター 2013/08 日本語
須原 遼、上高原 浩、高野 俊幸 オリゴペプチド鎖を分子末端に有するメチルセルロース誘導体の合成 セルロース学会第20回年次大会 京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ 2013/07 日本語
山上 真緒、上高原 浩、高野 俊幸 アミノ基を有するブロック的メチル化セルロース類縁体の合成 セルロース学会第20回年次大会、京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ 2013/07 日本語
齋藤靖子、上高原 浩、高野俊幸 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換機能評価 (2) セルロース学会第20回年次大会、京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ 2013/07 日本語
上高原 浩 細胞表面糖脂質の構造からヒントを得た糖のみからなる界面活性剤の開発 ネイチャー・インダストリー・アワード 〜若手研究者からの発信〜 2012/11 日本語
上髙原 浩 セルロース誘導体の精密合成:合成戦略と機能発現 第37回糖質科学懇話会, KKR江ノ島ニュー向洋 2012/11 日本語
上高原 浩、須原 遼 セルロース系ジブロックコポリマーの合成と機能開拓 [第10回]積水化学 自然に学ぶものづくりフォーラム, イイノホール&カンファレンスセンター、東京 2012/10 日本語
上髙原 浩 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換能評価 セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館 2012/07 日本語
馬場啓弘、○上高原 浩、高野俊幸 セルロース誘導体とオリゴペプチド誘導体からなるジブロックコポリマーの合成とその 性質 セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館 2012/07 日本語
須原 遼、上高原 浩、高野俊幸 アミノ酸含有セロビオースエーテル誘導体の合成と水中での会合挙動 セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館 2012/07 日本語
○吉永 新、上高原 浩、高部 圭司 MALDI/TOF/MS imagingによるモノリグノール配糖体分布の可視化(1)針葉樹分化中木部におけるコニフェリンの分布 第62回日本木材学会大会(札幌) 2012/03 日本語
(宇都宮大農)李 智慧、鈴木 拡、(京大院農)吉永 新、上高原 浩、 (宇都宮大農)石栗 太、飯塚和也、吉澤伸夫、○横田信三 カバノアナタケIO-U1株に感染したシラカンバ幼植物体No. 8の横断面切片上におけるペルオキシダーゼ分布解析の試み 第62回日本木材学会大会(札幌) 2012/03 日本語
中川 篤、上高原浩、高野俊幸 Huisgen 反応によるジブロック型メチルセルロース類縁体の合成とその熱ゲル化能 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
齋藤靖子、上高原浩、高野俊幸、中坪文明 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその性質 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
柴野匡哉、上高原浩、高野俊幸 イソチオシアネート基を持つセルロース誘導体の合成 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
ロジャース有希子、上高原浩、吉永 新、高野俊幸 水分散性のセルロース自己組織化金ナノ粒子 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
ロジャース有希子、上高原浩、吉永 新、高野俊幸 還元性末端にピレンを有する両親媒性セルロースの自己組織化ナノ粒子 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
馬場啓弘、上高原浩、高野俊幸 セロオリゴ糖誘導体とオリゴペプチド誘導体からなるジブロック体の合成 セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部 2011/07 日本語
上髙原 浩 セルロース系コポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現 セルロース学会関西支部主催 セルロース学会第16回ミクロシンポジウム「よくわかる! セルロース誘導体のすべて」 2011/01 日本語
Hiroshi Kamitakahara, Kaoru Hirai, and Yoshimasa Tanaka Syntheses of Amphiphilic Tetrasaccharides as Drug Carriers for Hydrophobic Compounds BIT's 1st Annual World Congress of NanoMedicine 2010 2010/10 英語
上髙原 浩 思いどおりのものをつくる セルロース学会関西支部 せとうちの若手セミナー「セルロース誘導体 長い歴史とそのチカラ」兵庫県赤穂市 2010/09 日本語
ロジャース有希子、上高原浩、吉永新、高野俊幸 金ナノ粒子上におけるセルローストリアセテート分子鎖の配向制御 セルロース学会第17回年次大会 香川さぬき市 2010/07 日本語
中川篤、石津智世、上高原 浩、高野俊幸、Velina Sarbova, Andreas Koschella, Thomas Heinze 天然セルロースからの2-O-methyl-及び3,6-di-O-methyl-celluloseの合成 セルロース学会第17回年次大会 香川さぬき市 2010/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
End-functionalization of cellulose derivatives: design, synthesis, properties, and functions [Invited] 252nd ACS national meeting American Chemical Society 2016/08/21 英語
新しいセルロース誘導体の合成 -精密重合、連結反応、位置選択的置換反応- 第83回高分子材料セミナー 日本材料学会 2013/09/20 日本語
セルロース誘導体の精密合成:合成戦略と機能発現 第37回糖質科学懇話会 日本応用糖質学会 2012/12/01 日本語
"Cellulosic diblock copolymers with fascinating properties" European-Japanese Workshop "Cellulose and Functional Polysaccharides" 2012/10/03 英語
Structure-property relationships of cellulose ethers with regioselective and blockwise substituent patterns 241st ACS National Meeting, American Chemical Society 2011 英語
Syntheses of Amphiphilic Tetrasaccharides as Drug Carriers for Hydrophobic Compounds BIT's 1st Annual World Congress of NanoMedicine 2010 2010 英語
Syntheses of amphiphilic cello-oligosaccharide derivatives with blocky structures and their self-assembled structures in water 239th ACS National Meeting American Chemical Society 2010 英語
セルロース系コポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現 セルロース学会関西支部主催 セルロース学会第16回ミクロシンポジウム「よくわかる! セルロース誘導体のすべて」 セルロース学会 2010 日本語
思いどおりのものをつくる セルロース学会関西支部 せとうちの若手セミナー「セルロース誘導体 長い歴史とそのチカラ」 セルロース学会 2010 日本語
New synthetic methodology for cellulosic diblock copolymers with regioselective functionalization patterns EPNOE 2009 Polysaccharides as a Source of Advanced Materials EPNOE 2009 英語
Water-soluble nano capsules based on blockwise methylated cello-oligosaccharides 237th ACS Natioal Meeting American Chemical Society 2009 英語
Self-assembly of blockwise methylated cello-oligosaccharides in aqueous solution 8th International Symposium “Alternative Cellulose – Manufacturing, Forming and Properties” TITK 2008 英語
Regioselective functionalization of cellulose with two kinds of alkyl groups and the structure-property relationships 235th ACS National Meeting American Chemical Society 2008 英語
セルロース学会奨励賞受賞講演 セルロース学会第15回年次大会 セルロース学会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
未利用木質バイオマスから両親媒性マテリアルへの新規化学変換法 [招待あり] バイオマス利用研究会第89回研究会 2016/09/16 日本語
木質バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応の開発とその応用 [招待あり] 日本木材学会バイオマス変換研究会夏季講演会 2015/07/11 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Thermoresponsive supramolecular hydrogels of end-functionalized methylcelluloses as three-dimensional scaffolds for bio-inspired mineralization 251st ACS national meeting 2016/03/16 英語
Thermo-responsive supramolecular hydrogels of end-functionalized methyl celluloses ISWFPC 2015 (18th International Symposium on Wood, Fibre, and Pulping Chemistry) 2015/09/10 英語
Thermoresponsive supramolecular hydrogels based on end-functionalized methylcellulose derivatives IAWPW2015, Tokyo, Japan 2015/03 英語
Thermoresponsive supramolecular hydrogels based on diblock methylcellulose derivatives [Invited] 249th ACS national meeting, Denver 2015/03 英語
Synthesis and properties of end-functionalized methyl cellulose derivatives; bridging the gap between oligo- and polysaccharides [Invited] 249th ACS national meeting, Denver 2015/03 英語
Synthetic strategies for cellulosic diblock copolymers [Invited] 249th ACS national meeting, Denver 2015/03 英語
Design, synthesis, and self-assembly of end-functionalized polysaccharide derivatives based on natural resources 247th ACS Spring meeting at Dallas 2014/03 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
上高原 浩 セルロースから作る新しいノニオン性界面活性剤 「セルロースのおもしろ科学とびっくり活用」p. 194-195、セルロース学会編、講談社、2012年 2012 日本語
Hiroshi Kamitakahara, Fumiaki Nakatsubo, and Dieter Klemm Synthesis of methylated cello-oligosaccharides Chapter 11, pp 199-211, Polysaccharide Materials: Performance by Design ACS Symposium Series 1017, Edited by Kevin Edgar, Thomas Heinze and Charles Buchanan 2009 英語
[Kirk, Othmer著] ; 日本化学会監訳 カーク・オスマー化学技術・環境ハンドブック : グリーン・サステイナブルケミストリー 2009年7月発行 2009 日本語
上高原 浩 セルロースの化学合成と特徴 「セルロース利用技術の最先端」第6章、p 70 – 76、磯貝明監修、シーエムシー出版 2008 日本語
上髙原 浩 第11章、11.12 化学的なセルロース合成 朝倉書店「セルロースの科学」,163-166 2003 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
オリゴ糖からなる界面活性剤
糖結合スフィンゴシンを含有するポリマー化合物
(1,5)-β-グルコフラナン誘導体,およびその製造方法
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第14回井上研究奨励賞 Inoue Research Award for Young Scientists 井上科学振興財団 Inoue Foundation for Science 1997
国際Schwarza-Lyocell賞2002 Internationaler SCHWARZA-LYOCELL Nachwuchspreis 2002 2002
平成20年度セルロース学会奨励賞 The Cellulose Society of Japan Progress Award for 2008 セルロース学会 The Cellulose Society of Japan 2008
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究(A) 代表 疎水認識によるセルロース誘導体の高機能化 1999/04/01〜2001/03/31
若手研究(B) 代表 オルトゴナルグリコシル化法を用いたブロックタイプセロオリゴ糖誘導体の精密合成 2001/04/01〜2003/03/31
若手研究 (B) 代表 開環重合とグリコシル化法を組み合わせたブロックタイプセロオリゴ糖の精密合成 Chemical Synthesis of Block copolymer consisting of cello-oligosaccharide derivative 2003/04/01〜2006/03/31
若手研究(A) 代表 セロオリゴ糖からなる外部環境応答性ナノ粒子の構築と動的機能制御  Preparation of stimuli-responsive nano particles consisting of cello-oligosaccharides and dynamic control of their functions 2006/04/01〜2009/03/31
基盤研究(C) 代表 セルロース系ブロックコポリマーの精密合成と超分子構造に基づく機能発現 Precise synthesis of cellulosic block copolymers with novel functions based on their supramolecular structure 2009/04/01〜2012/03/31
基盤研究(C) 分担 樹木細胞におけるリグニン前駆物質の分布 2010/04/01〜2013/03/31
基盤研究 (B) 代表 超分子構造を惹起するバイオマスハイブリッド材料の開発と新規機能開拓 Development and new functions of biomass hybrid materials with supramolecular structures 2012/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 セルロース系単層カーボンナノチューブ分散材料の開発と透明薄膜トランジスタ応用 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 分担 カバノアナタケ菌に感染したシラカンバ幼植物体に生成する特異的タンパク質の画像分析 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応を基盤とした高付加価値医療材料の開発 2015/04/01〜2019/03/31
基盤研究 (A) 分担 細胞壁マトリックス成分の合成・梱包・輸送と堆積のダイナミクス 2015/04/01〜2020/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 セルロース系単層カーボンナノチューブ分散材料の開発と透明薄膜トランジスタ応用 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 超分子構造を惹起するバイオマスハイブリッド材料の開発と新規機能開拓 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応を基盤とした高付加価値医療材料の開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 セルロース系単層カーボンナノチューブ分散材料の開発と透明薄膜トランジスタ応用 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 リチウムイオン電池の安全性向上に寄与する温度応答性バイオマスオルガノゲルの創成 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応を基盤とした高付加価値医療材料の開発 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
京都大学学術研究奨励金 上高原 浩 セルロース誘導体の自己組織化による配向制御と天然セルロース分子配向の証明 1997〜
日本学術振興会二国間交流事業 中坪文明 高位置選択的置換セルロース誘導体-調製、構造と機能、展望- High-Regioselectively Substituted Cellalose Derivatives-Preparation, Stracture and Function, Future Prospects- 1999〜2001
積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム 上高原 浩 樹木の防御機構に学ぶ樹皮成分固定化セルロース系ブロックコポリマー薄膜の創出 2004/10/01〜2005/09/30
日本学術振興会 二国間交流事業 共同研究 上高原 浩 位置特異的かつブロック的置換セルロース誘導体の新規調製法の開発とその構造-物性相関 2007/10/01〜2009/09/30
日本学術振興会国際学会等派遣事業 上高原 浩 第241回アメリカ化学会年次大会 2010〜
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 堂浦克美 プリオン病予防の実用化に関する研究 2010/04/01〜2013/03/31
文部科学省科学技術戦略推進費 神崎護 熱帯多雨林における集約的森林管理と森林資源の高度利用における持続的利用パラダイムの創出 2010/04/01〜2013/03/31
松籟科学技術振興財団 上高原 浩 バイオマス資源由来多糖のみからなる低毒性界面活性剤の開発 2011〜
厚生労働科学研究委託費 堂浦 克美 プリオン病の予防治療薬開発促進研究 2014/06/01〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
森林科学実習II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
バイオマス化学実験及び実験法I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
北海道東部の厳冬期の自然環境 Natural Environment of Cold Winter Period of East Hokkaido 後期集中 全学共通科目 2011/04〜2012/03
木本植物を分析しよう! Analyses of woody plants 前期集中 全学共通科目 2011/04〜2012/03
森林基礎化学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04〜2012/03
研究林実習IV 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物材料化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
生物材料化学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
科学英語演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2012/04〜2013/03
北海道東部の厳冬期の自然環境 Natural Environment of Cold Winter Period of East Hokkaido 後期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2012/04〜2013/03
研究林実習IV Practice in University Forest IV 後期 農学部 2012/04〜2013/03
リグニン化学 Lignin Chemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2013/04〜2014/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2013/04〜2014/03
研究林実習IV Practice in University Forest IV 後期 農学部 2013/04〜2014/03
科学英語演習 Scientific Writing and Presentation in English 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物材料化学演習 Seminar in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物材料化学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
北海道東部の厳冬期の自然環境 Natural Environment of Cold Winter Period of East Hokkaido 後期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
リグニン化学 Lignin Chemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2014/04〜2015/03
研究林実習 IV Practice in University Forest IV 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生物材料化学 II Biomaterials Chemistry II 後期 農学研究科 2014/04〜2015/03
科学英語演習 Scientific Writing and Presentation in English 前期 農学研究科 2014/04〜2015/03
生物材料化学演習 Seminar in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生物材料化学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
北海道東部の厳冬期の自然環境 Natural Environment of Cold Winter Period of East Hokkaido 後期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
リグニン化学 Lignin Chemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2015/04〜2016/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生物材料化学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物材料化学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物材料化学演習1 Seminar in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物材料化学演習 Seminar in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
研究林実習 IV Practice in University Forest IV 後期 農学部 2015/04〜2016/03
科学英語演習 Scientific Writing and Presentation in English 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
リグニン化学 Lignin Chemistry 後期 農学部 2016/04〜2017/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2016/04〜2017/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2016/04〜2017/03
生物材料化学 II Biomaterials Chemistry II 後期 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学専攻実験2 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学演習1 Seminar in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学演習2 Seminar in Biomaterials Chemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物材料化学演習 Seminar in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
研究林実習 IV Practice in University Forest IV 後期 農学部 2016/04〜2017/03
科学英語演習 Scientific Writing and Presentation in English 前期 農学研究科 2016/04〜2017/03
リグニン化学 Lignin Chemistry 後期 農学部 2017/04〜2018/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2017/04〜2018/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2017/04〜2018/03
生物材料化学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学専攻実験2 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学演習1 Seminar in Biomaterials Chemistry1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学演習2 Seminar in Biomaterials Chemistry2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学演習 Seminar in Biomaterials Chemistry 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物材料化学特論2 Biomaterials Chemistry 2 後期 農学研究科 2017/04〜2018/03
研究林実習IV Practice in University Forest IV 後期集中 農学部 2017/04〜2018/03
科学英語演習 Scientific Writing and Presentation in English 前期 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
石津 智世 セルロース学会第16回年次大会ポスター賞 セルロース学会 2009/07/03
榎本 有希子 Poster Award for The Japanese-European Workshop in Cellulose and Functional Polysaccharides The Japanese-European Workshop in Cellulose and Functional Polysaccharides 2005/09/14
三木健太郎 第65回日本木材学会年次大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2015/03/18
全学運営(役職等)
役職名 期間
低温物質科学研究センター寒剤供給管理運営委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
低温物質科学研究センター寒剤供給管理運営委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
人権問題対策委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本木材学会バイオマス変換研究会 幹事 2010〜2014
第55回リグニン討論会 世話人 2010〜2010
第61回日本木材学会京都大会 会場運営補助 2011〜2011
日本木材学会バイオマス変換研究会 代表幹事 2015/04/01〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本木材学会 The Japan Wood Research Society 木材学会誌 Journal of Wood Science 編集委員 2011/04/01〜2015/03/31
Cellulose Editorial Board 2013/01/01〜
Cellulose Chemistry and Technology Advisory Board 2014/01/01〜
Carbohydrate Polymers Editorial Board 2014/04/01〜
一般社団法人 繊維学会 The Society of Fiber Science and Technology, JAPAN 繊維学会誌「報文」 Sen'i Gakkaishi 「報文」編集委員 2015/06/01〜