奥 公秀

最終更新日時:2017/05/02 15:18:41

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
奥 公秀/オク マサヒデ/Masahide Oku
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻応用微生物学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻 Div. of Applied Life Sciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Kitashirakawa-Oiwake、Sakyo, Kyoto 6068502, Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
平成9年3月京都大学理学部卒業。平成11年同大学院理学研究科修士課程修了。平成15年同大学院農学研究科博士学位取得、修了。同年10月まで同大学農学部教務補佐員。平成17年3月まで同大学院農学研究科COE研究員。平成20年3月まで日本学術振興会特別研究員(基礎生物学研究所)。同年7月まで京都大学大学院農学研究科特定研究員(産学連携)。同7月同大学院農学研究科助教就任。現在に至る。
個人ホームページ
URL
http://www.seigyo.kais.kyoto-u.ac.jp/
研究テーマ
(日本語)
真核微生物を主対象に、細胞内小器官の動態・細胞内酸化還元状態を制御する分子機構を解明すること
(英語)
Elucidation of molecular mechanism underlying intra-cellular organelle turnover and redox regulation
研究概要
(日本語)
真核生物における細胞内小器官の量調節には、自食作用(オートファジー)と呼ばれる分解作用が必須である。このオートファジーの分子機構を解明することで、細胞内小器官の量制御を可能にし、真核微生物細胞内での有用タンパク質・脂質の生産能向上を目指している。また、微生物タンパク質由来のセンサータンパク質を用いて、医学的にも重要な細胞内の酸化還元状態を検知する技術も開発している。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
応用微生物学
酵母
自食作用
酸化還元状態
細胞内小器官
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用微生物学
応用分子細胞生物学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
OKU Masahide Autophagy-independent function of Atg8 in lipid droplet dynamics in yeast Journal of Biochemistry,161,339-348 2017/01 英語
OKU Masahide A defect of the vacuolar putative lipase Atg15 accelerates degradation of lipid droplets through lipolysis Autophagy,11,8,1247-1258 2015/08 英語
奥 公秀 メチロトロフ酵母における多様なオートファジー経路とその生理機能 化学と生物,52,825-829 2014/12 日本語
N. Tamura; M. Oku; Y. Sakai Atg21 regulates pexophagy via its PI(3)P-binding activity in Pichia pastoris FEMS Yeast Research 2014 英語
M. Oku; J. Hoseki; Y. Ichiki; Y. Sakai A fluorescence resonance energy transfer (FRET)-based redox sensor reveals physiological role of thioredoxin in the yeast Saccharomyces cerevisiae FEBS Letters,587,6,793-798 2013/03/18 英語
寳関淳;寳関淳;奥公秀;阪井康能;阪井康能 Development of a novel sensor protein by applying redox-sensing machinery from yeast Fragr J,41,2,64-69 2013/02/15 日本語
M. Oku; Y. Ichiki; A. Shiraishi; T. Takahara; T. Maeda; Y. Sakai Hyper-activation of the target of rapamycin (Tor) kinase 1 decreases intracellular glutathione content in Saccharomyces cerevisiae as revealed by LC-MS/MS analysis Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,7,1608-1611 2013 英語
N. Tamura; M. Oku; M. Ito; N.N. Noda; F. Inagaki; Y. Sakai Atg18 phosphoregulation controls organellar dynamics by modulating its phosphoinositidebinding activity Journal of Cell Biology,202,4,685-698 2013 英語
M. Oku; Y. Sakai Assessment of physiological redox state with novel fret protein probes Antioxidants and Redox Signaling,16,7,698-704 2012/04 英語
奥 公秀、阪井康能 オートファジーによるペルオキシソームの選択的分解と生理機能 生体の科学, 63(5), 500-501 2012 日本語
K. Kawaguchi; H. Yurimoto; M. Oku; Y. Sakai Yeast methylotrophy and autophagy in a methanol-oscillating environment on growing Arabidopsis thaliana leaves PLoS ONE,6,9 2011/09/26 英語
C. Nishizaki; M. Nishikawa; T. Yata; T. Yamada; Y. Takahashi; M. Oku; H. Yurimoto; Y. Sakai; K. Nakanishi; Y. Takakura Inhibition of surgical trauma-enhanced peritoneal dissemination of tumor cells by human catalase derivatives in mice Free Radical Biology and Medicine,51,3,773-779 2011/08/01 英語
H. Yurimoto; M. Oku; Y. Sakai Yeast methylotrophy: Metabolism, gene regulation and peroxisome homeostasis International Journal of Microbiology 2011 英語
N. Tamura; M. Oku; Y. Sakai Atg8 regulates vacuolar membrane dynamics in a lipidation-independent manner in Pichia pastoris Journal of Cell Science,123,23,4107-4116 2010/12/01 英語
T. Yano; M. Oku; N. Akeyama; A. Itoyama; H. Yurimoto; S. Kuge; Y. Fujiki; Y. Sakai A novel fluorescent sensor protein for visualization of redox states in the cytoplasm and in peroxisomes Molecular and Cellular Biology,30,15,3758-3766 2010/08 英語
M. Oku; Y. Sakai Peroxisomes as dynamic organelles: Autophagic degradation FEBS Journal,277,16,3289-3294 2010/08 英語
T. Yata; M. Nishikawa; C. Nishizaki; M. Oku; H. Yurimoto; Y. Sakai; Y. Takakura Control of hypoxia-induced tumor cell adhesion by cytophilic human catalase Free Radical Biology and Medicine,47,12,1772-1778 2009/12/15 英語
S.-I. Yamashita; H. Yurimoto; D. Murakami; M. Yoshikawa; M. Oku; Y. Sakai Lag-phase autophagy in the methylotrophic yeast Pichia pastoris Genes to Cells,14,7,861-870 2009/07 英語
M. Asakura; S. Ninomiya; M. Sugimoto; M. Oku; S.-I. Yamashita; T. Okuno; Y. Sakai; Y. Takano Atg26-mediated pexophagy is required for host invasion by the plant pathogenic fungus colletotrichum orbiculare Plant Cell,21,4,1291-1304 2009/04 英語
M. Oku; Y. Sakai Pexophagy in Pichia pastoris. Methods in enzymology,451,217-228 2008 英語
S.-I. Yamashita; M. Oku; Y. Sakai Functions of PI4P and sterol glucoside are necessary for the synthesis of a nascent membrane structure during pexophagy Autophagy,3,1,35-37 2007 英語
S.-I. Yamashita; M. Oku; Y. Wasada; Y. Ano; Y. Sakai PI4P-signaling pathway for the synthesis of a nascent membrane structure in selective autophagy Journal of Cell Biology,173,5,709-717 2006 英語
Y. Sakai; M. Oku; I.J. van der Klei; J.A.K.W. Kiel Pexophagy: Autophagic degradation of peroxisomes Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research,1763,12,1767-1775 2006 英語
M. Oku; T. Nishimura; T. Hattori; Y. Ano; S.-I. Yamashita; Y. Sakai Role of Vac8 in formation of the vacuolar sequestering membrane during micropexophagy Autophagy,2,4,272-279 2006 英語
Y. Ano; T. Hattori; M. Oku; H. Mukaiyama; M. Baba; Y. Ohsumi; N. Kato; Y. Sakai A sorting nexin PpAtg24 regulates vacuolar membrane dynamics during pexophagy via binding to phosphatidylinositol-3-phosphate Molecular Biology of the Cell,16,2,446-457 2005 英語
W.A. Dunn Jr.; J.M. Cregg; J.A. Kiel; I.J. van der Klei; M. Oku; Y. Sakai; A.A. Sibirny; O.V. Stasyk; M. Veenhuis Pexophagy: the selective autophagy of peroxisomes. Autophagy,1,2,75-83 2005 英語
M. Oku; D. Warnecke; T. Noda; F. Müller; E. Heinz; H. Mukaiyama; N. Kato; Y. Sakai Peroxisome degradation requires catalytically active sterol glucosyltransferase with a GRAM domain EMBO Journal,22,13,3231-3241 2003 英語
H. Mukaiyama; M. Oku; M. Baba; T. Samizo; A.T. Hammond; B.S. Glick; N. Kato; Y. Sakai Paz2 and 13 other PAZ gene products regulate vacuolar engulfment of peroxisomes during micropexophagy Genes to Cells,7,1,75-90 2002 英語
H. Ishiwata; S.B. Sato; S. Kobayashi; M. Oku; A. Vertut-Doï; K. Miyajima Poly(ethylene glycol) derivative of cholesterol reduces binding step of liposome uptake by murine macrophage-like cell line J774 and human hepatoma cell line HepG2 Chemical and Pharmaceutical Bulletin,46,12,1907-1913 1998/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
奥 公秀 Pichia 酵母のオートファジーにおけるSNAREタンパク質の局在解析」 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
奥 公秀 プロテアソーム機能障害による細胞内レドックス動態の可視化と解析 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
奥 公秀 ペルオキシソーム形成不全細胞のメタボローム解析 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
奥 公秀 オートファジー新生膜へのSNAREタンパク質局在機構 第6回オートファジー研究会 2011 日本語
奥 公秀 「Pichia 酵母ペキソファジーにおける PpAtg17 の機能 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
松井展;松本星隆;矢野泰介;奥公秀;阪井康能 酵母の窒素飢餓誘導における細胞内レドックス変化の可視化 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,76 2010/03/05 日本語
奥 公秀 酵母Pichia pastoris Atg17のミクロペキソファジーにおける機能 酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010 日本語
奥 公秀 出芽酵母のグリセロール培養時における脂肪滴の動態 酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010 日本語
Masahide Oku A new fluorescent probe to assess intra-cellular and intra-organellar redox states Yeast Genetics & Molecular Biology Meeting 2010 英語
Masahide Oku Physiological roles of phosphoinositides and sterol glucoside in peroxisome dynamics 第27回内藤コンファレンス 2010 英語
奥 公秀 Lag-phase autophagy におけるイノシトールリン脂質と Atg 分子群の機能解析 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
奥公秀;大隅良典;阪井康能 ストレス耐性に寄与するミクロオートファジーの分子機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,246 2009/03/05 日本語
Masahide Oku Monitoring of intracellular redox state under stress conditions by use of Redoxfluor, a FRET-based redox sensor 第61回日本細胞生物学会大会 2009 英語
Masahide Oku Molecular machinery required for microlipophagy in the yeast Saccharomyces cerevisiae” The 5th International Symposium on Autophagy 2009 日本語
奥 公秀 ペキソファジーにおける PpAtg11 の役割 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
奥 公秀 ストレス条件下でのミクロオートファジーに機能する因子群の同定と解析 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Searching for lipid-body autophagy and its physiological role in Saccharomyces cerevisiae” The 1st Sino-Japan Autophagy Symposium 2010 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 オートファジー分子を利用したC1酵母によるタンパク質・脂質生産のための基盤研究 2012〜2013
若手研究(B) 代表 オートファジー分子を利用したC1酵母によるタンパク質・脂質生産のための基盤研究 2012/04/〜2014/03/
若手研究(B) 代表 脂質動態のオルガネラレベルでの調節機構解明とその応用 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 脂質動態のオルガネラレベルでの調節機構解明とその応用 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 オルガネラの健常性を支えるオートファジー・脂質代謝の分子機構解明 Elucidation of molecular mechanisms of autophagy and lipid metabolism supporting organellar soundness 2016/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
応用微生物学実験 後期 農学部 2011/04〜2012/03
制御発酵学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
制御発酵学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
制御発酵学研究論 農学研究科 2011/04〜2012/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2012/04〜2013/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2013/04〜2014/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2014/04〜2015/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻実験1 Experimental Course of Microbial Biotechnology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻演習1 Microbial Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻実験1 Experimental Course of Microbial Biotechnology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻実験2 Experimental Course of Microbial Biotechnology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習1 Microbial Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習2 Microbial Biotechnology Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
放射線障害防止委員会 委員