新熊 亮一

最終更新日時:2017/11/17 09:14:42

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
新熊 亮一/シンクマ リヨウイチ/Ryoichi Shinkuma
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/通信情報システム専攻通信システム工学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部 電気電子工学科
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501京都市左京区吉田本町 Yoshidahonmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501 Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
shinkuma @ i.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
電子情報通信学会 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers(IEICE)
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The Institute of Electrical and Electronics Engineers(IEEE) USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 大阪大学
博士(工学) 大阪大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
大阪大学 大学院工学研究科修士課程通信工学専攻 修了
大阪大学 大学院工学研究科博士後期課程通信工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
大阪大学 工学部電子情報エネルギー工学科 卒業
プロフィール
(日本語)
平12 阪大・工・電子情報エネルギー卒.平13 同大大学院工学研究科博士前期課程了.平15 同博士後期課程了.同年,京大大学院・情報学・通信情報システム専攻助手.現在准教授.平20-21 米国NJ 州Rutgers大WINLAB(Wireless Information Netwaork LABoratory) 客員研究員.ネットワークのモデリングとシステム設計に従事.特に,社会学・経済学的アプローチに取り組んでいる.平18 電子情報通信学会学術奨励賞,平19 エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード,平20・21 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞受賞.博士(工学).IEEE 会員.電子情報通信学会シニア会員.
(英語)
Ryoichi Shinkuma received the B.E., M.E., and Ph.D. degrees in Communications Engineering from Osaka University, Japan, in 2000, 2001, and 2003, respectively. In 2003, he joined the faculty of Communications and Computer Engineering, Graduate School of Informatics, Kyoto University, Japan, where he is currently an Associate Professor. He was a Visiting Scholar at Wireless Information Network Laboratory (WINLAB), Rutgers, the State University of New Jersey, USA, from 2008 Fall to 2009 Fall. His research interests include network modeling and system-design, particularly inspired by economic and social aspects. He received the Young Researchers' Award from IEICE in 2006 and the Young Scientist Award from Ericsson Japan in 2007, respectively. He is a member of IEEE and a senior member of IEICE, Japan.
個人ホームページ
URL
http://cube.kuee.kyoto-u.ac.jp/~shinkuma/
研究テーマ
(日本語)
ネットワークのモデリングとシステム設計.特に,社会学・経済学的アプローチ.
(英語)
Network modeling and system-design, particularly inspired by economic and social aspects.
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ryoichi Shinkuma, Yuki Sugimoto, and Yuichi Inagaki Weighted network graph for interpersonal communication with temporal regularity Springer Soft Computing 2018 英語
S. Kato and R. Shinkuma Priority Control in Communication Networks for Accuracy-Freshness Tradeoff in Realtime Road-Traffic Information Delivery IEEE Access 2017/10 英語
Liu, Wei, Yozo Shoji, and Ryoichi Shinkuma Logical Correlation-Based Sleep Scheduling for WSNs in Ambient-Assisted Homes IEEE Sensors Journal,17,10,3207-3218 2017/03 英語
加藤 槙悟, 新熊 亮一, 山口 和泰 センサクラウドのためのコンテキストを考慮した情報管理手法 電子情報通信学会和文論文誌B,Vol.J100-B,No.2 2017/02
高見文隆, 田嶋翔太, 朝香卓也, 高橋達郎, 新熊亮一, DTN における輻輳状態を考慮したデータ交換方式, 電子情報通信学会和文論文誌B,Vol.J99-B,No.6,397-407 2016/06
W. Liu, R. Hu, R. Shinkuma, and T. Takahashi, A Fair Resource Sharing Mechanism between Mobile Virtual Network Operators, IEICE Trans. Commun.,vol.E98-B,no.11,pp.2141-2150 2015/11
Q. Wu, R. Shinkuma, T Takahashi, Adaptive Communication System with Renewable Energy Source, IEICE Trans. Commun.,vol.E98-B,no.8,pp.1571-1579 2015/08
田仲理恵,新熊亮一,板谷聡子,小西琢,吉永直生,土井伸一,山田敬嗣,高橋達郎, ソーシャルネットワークにおけるクチコミに対するインセンティブ報酬を用いた行動促進手法, 情報処理学会論文誌,vol.56,no.7,pp.1549-1558 2015/07/11
W. Liu, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Opportunistic Resource Sharing in Mobile Cloud Computing, IEICE Trans. Commun.,vol.E97-B,no.12,pp.2668- 2679 2014/12
Z. Ding, Y. Omori, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Designing Mobility Models Based on Relational Graph, IEICE Trans. Inf. & Syst.,vol.E97-D,no.12,pp.3007- 3015 2014/12
W. Liu, R. Shinkuma, and T. Takahashi, A Local Resource Sharing Platform in Mobile Cloud Computing, IEICE Trans. Commun.,vol.E97-B,no.9,pp.1865-1874 2014/09
W. Liu, T. Nishio, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Adaptive resource discovery in mobile cloud computing, Computer Communications (Elsevier),vol.50,pp.119-129 2014/03
鈴木翔,新熊亮一,高橋達郎, 自然エネルギー発電量に応じたストアアンドフォワード方式, 電子情報通信学会和文論文誌B,vol.J97-B,no.2,pp.70- 77 2014/02
N. Maki, R. Shinkuma, and T. Takahashi, An Approximated Selection Algorithm for Combinations of Content with Virtual Local Server for Traffic Localization in Peer-Assisted Content Delivery Networks, IEICE Trans. Inf. & Syst.,vol.E96-D,no.12,pp.2684-2695 2013/12
熊谷崇,新熊亮一,久保広行,朝香卓也,高橋達郎, 端末の移動を考慮した利用可能スペクトル情報生成方式, 電気学会論文誌C,vol.133,no.12,pp.2190-2199 2013/12
N. Maki, T. Nishio, R. Shinkuma, T. Mori, N. Kamiyama, R. Kawahara and T. Takahashi, Traffic engineering of peer-assisted content delivery network with content-oriented incentive mechanism, IEICE Trans. Inf. & Syst.,vol.E95-D,no.12,pp.2860-2869 2012/12
H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Social Network based P2P Multicast Reducing Psychological Forwarding Cost in Mobile Networks, IEICE Trans. Inf. & Syst.,vol.E93-D,no.12,pp.3260- 3268 2012/12
K. Nishide, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Detecting Hidden and Exposed Terminal Problems in Densely Deployed Wireless Networks, IEEE Trans. Wireless Communications,vol.11,no.11,pp.3841- 3849 2012/11
T. Nishio, R. Shinkuma, F.D. Pellegrini, H. Kasai, K. Yamaguchi, T. Takahashi, Trigger detection using geographical relation graph for social context awareness, ACM/Springer Mobile Networks and Applications (MONET) Special Issue on Mobility and Social Networks Confluence,vol.17,no.6,pp.831-840 2012/09
熊谷崇,朝香卓也,新熊亮一,高橋達郎, Hierarchical Mobile IPv6を用いた移動放送受信ハンドオーバ方式, 映像情報メディア学会誌,vol.66,no.8,pp.J275- J286 2012/08
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and N. Mandayam, TXOP Exchange: A Mechanism for Cooperation in CSMA Networks, IEICE Trans. Commun.,vol.E95-B,no.6,pp.1944- 1952 2012/06
T. Kakehi, R. Shinkuma, T. Murase, G. Motoyoshi, K. Yamori, and T. Takahashi, Route Instruction Mechanism for Mobile Users Leveraging Distributed Wireless Resources, IEICE Trans. Commun.,vol.E95-B,no.6,pp.1965- 1973 2012/06
久保広行,新熊亮一,青木良,高橋達郎, 断続接続路車通信のためのコンテンツ配信システム, 電子情報通信学会論文誌B,vol.J94-B,no.10,pp.1303- 1312 2011/10
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and G. Hasegawa, TCP-based Window-size Delegation Method for TXOP Exchange in Wireless Local Area Networks, EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking Special Issue on Quality of Service in Wireless Networks,vol.2011,no.1,DOI:10.1186/1687-1499-2011-58 2011/08
K. Yogo, R. Shinkuma, T. Konishi, S. Itaya, S. Doi, K. Yamada, and T. Takahashi, Incentive-rewarding mechanism to stimulate activities in social networking services, International Journal of Network Management Wiley-Blackwell,vol.22,no.1,pp.1-11 2011/04
H. Narimatsu, H. Kasai, and R. Shinkuma, Area-Based Collaborative Distributed Cache System using Consumer Electronics Mobile Device, IEEE Trans. Consumer Electronics,vol.57,no.2,pp.564-573 2011/03
K. Nishide, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Virtual Multi-AP Access for Transport-level Quality Improvement in Wireless Local Area Networks with Hidden Stations, IEICE Trans. Inf. & Syst.,vol.E93-D,no.12,pp.3251- 3259 2010/12
H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Relay Ability Estimation and Topology Control Using Multi-dimensional Context Parameters for Mobile P2P Multicast, EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking,vol.2011,no.Article ID 389058 2010/12
D. Zhang, R. Shinkuma, and N. Mandayam, Bandwidth Exchange: An Energy Conserving Incentive Mechanism for Cooperation, IEEE Trans. Wireless Communications,vol.9,no.6,pp.2055- 2065 2010/06
K. Sato, R. Hashimoto, M. Yoshino, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive Mechanism for P2P Content Sharing over Heterogenous Access Networks, IEICE Trans. Commun.,vol.E91-B,no.12,pp.3821-3830 2008/12
久保広行,河村篤志,新熊亮一,高橋達郎, 無線マルチキャストのための端末再送信を用いたロス補償方式, 電子情報通信学会論文誌B,vol.J91-B,no.11,pp.1380-1392 2008/11
M. Yoshino, K. Sato, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive-rewarding Mechanism for User-position Control in Mobile Services, IEICE Trans. Commun.,vol.E91-B,no.10,pp.3132-3140 2008/10
R. Shinkuma, T. Yamada, and T. Takahashi, Frame Length Control for Wireless LANs in Fast Mobile Environments, IEICE Trans. Fundamentals,vol.E91-A,no.7,pp.1580- 1588 2008/07
M. Yamada, K. Sato, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive Service Differentiation for P2P Content Sharing by Wireless Users, IEICE Trans. Commun.,vol.E90-B,no.12,pp.3561- 3571 2007/12
寒川知生,吉野信,新熊亮一,高橋達郎, 電波環境に基づくユーザ位置制御のための効用とコストのモデル化とその応用, 電子情報通信学会論文誌B,vol.J90-B,no.12,pp.1263- 1273 2007/12
T. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Performance Evaluation of Inter-Vehicle Packet Relay for Road-Vehicle Communication in Fast Mobile Environment, IEICE Trans. Commun.,vol.E90-B,no.9,pp.2552- 2561 2007/09
河村篤志,寒川知生,新熊亮一,高橋達郎, 無線マルチキャストのための最適グルーピングアクセスポイント割当アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌B,vol.J90-B,no.5,pp.476- 489 2007/05
T. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Channel Quality Improvement by Inter-Vehicle Packet Relay in Road Vehicle Communication Systems, IEICE Trans. Commun.,vol.E90-B,no.2,pp.425- 428 2007/02
M. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Cooperative Networking Based on Infrastructure Multihop Architecture in Heterogeneous Mobile Networks, IEICE Trans. Commun.,vol.E89-B,no.10,pp.2763- 2773 2006/10
R. Shinkuma, J. Maeda, and T. Takahashi, Distributed Channel Access for QoS Control in Link Adaptive Wireless LANs, IEICE Trans. Commun.,vol.E89-B,no.6,pp.1846- 1855 2006/06
S. Okada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, An Application of Uplink Common Channel to Packet Relay in CDMA Radio Access Networks, IEICE Trans. Fundamentals,vol.E88-A,no.7,pp.1800- 1808 2005/07
中村博志,新熊亮一,高橋達郎, マルチコードによるチャネル割当・伝送レート制御を行う無線P-MP伝送方式, 電子情報通信学会論文誌B,vol.J88-B,no.6,pp.1067- 1077 2005/06
新熊亮一,岡田実,塚本勝俊,小牧省三, 所要データ品質に基づく無線リソースマネジメントアルゴリズム, 電気学会論文誌C,vol.124,no.2,pp.453- 460 2004/02
R. Shinkuma, M. Okada, and S. Komaki, A New Resource Management Scheme for Multiple Video Transmission in Wireless Environment, IEICE Trans. Commun.,vol.E85-B,no.10,pp.2153- 2160 2002/10
R. Shinkuma, M. Okada, and S. Komaki, Adaptive Transmission Scheme for Web Prefetching in Wireless Environment, IEICE Trans. Electron.,vol.E85-C,no.3,pp.485- 491 2002/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ryoichi Shinkuma, Shingo Kato, Masahiro Kanbayashi, Yasuhiro Ikeda, Ryoichi Kawahara, and Takanori Hayashi System design for predictive road-traffic information delivery using edge-cloud computing IEEE CCNC 2018 2018/01 英語
Yuichi Inagaki and Ryoichi Shinkuma Authentication Control System for Mobile Device Sharing Based on Online Social Relationships IEEE Globecom 2017 2017/12 英語
Wei Liu, Yozo Shoji and Ryoichi Shinkuma Human Mobility Prediction Based on A Hierarchical Interest Model WPMC'17 2017/12 英語
Narushige Shiode, Shino Shiode, Ryoichi Shinkuma, Manuela Piasentin, Takashi Matsuura Analysing Cycle Accidents using a Relationship-Graph Technique Geocomputation 2017 2017/09 英語
Ryoichi Shinkuma and Yuki Goto Wireless multihop networks formed by unmanned aerial vehicles with separable access points and replaceable batteries IEEE Ubiquitous Computing, Electronics & Mobile Communication Conference (UEMCON),,1-6 2016/10 英語
Yusuke Tanaka, Ryoichi Shinkuma, Eiji Takahashi, and Takeo Onishi User cooperation mechanism for temporal traffic smoothing in mobile networks 17th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium (Networks 2016) 2016/09 英語
W. Liu, Y. Shoji, and R. Shinkuma, An Indoor-Movement Simulator for Ambient Assisted Living Systems, IEEE Globecom 2015 Workshop on Internet of Things for Ambient Assisted Living (IoTAAL),no.TW3 DOI:10.1109/GLOCOMW.2015.7414005 2015/12 英語
W. Liu, Y. Shoji, and R. Shinkuma, Logical Correlation-based Sleep Scheduling for Energy-efficient WSNs in Smart Homes, IEEE Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications 2015 (PIMRC 2015),pp.2216- 2221 2015/09 英語
M. Nakahara, R. Shinkuma, K. Yamaguchi, and K. Yamaguchi, Tradeoff between Privacy Protection and Network Resource in Community Associated Network Virtualization, IEEE Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications 2015 (PIMRC 2015),pp.2338- 2343 2015/09 英語
W. Zi, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Dynamic social influence modeling from perspective of gray-scale mixing process, Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU),pp.1- 6 2015/01 英語
W. Qishen, S. Suzuki, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Adaptive transmission control for communication systems with unstable renewable energy sources, Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU),pp.126- 131 2015/01 英語
W. Liu, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Opportunistic resource sharing in mobile cloud computing: The single-copy case, 2014 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS),DOI:10.1109/APNOMS.2014.6996110 2014/09 英語
Y. Sawada, R. Shinkuma, H. Kasai, K. Yamaguchi, and T. Takahashi, Contextual mail (CXM): an e-mail system for enabling dynamic information-based destination control, 2014 IEEE 11th Consumer Communications and Networking Conference (CCNC),pp.529-530 2014/01 英語
Q. Wu, S. Suzuki, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Feasibility Study of an Adaptive Communication System with Renewable Energy Source, 2014 IEEE 11th Consumer Communications and Networking Conference (CCNC),pp.531-532 2014/01 英語
Z. Ding, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Designing Temporally and Spatially Integrated Social Mobility Models for Wireless Network Researches, The 15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2013),no.TS4-2 pp.1-5 2013/09 英語
W. Liu, R. Shinkuma, and T. Takahashi, A Design of Energy-efficient Resource Sharing Overlay Network in Mobile Cloud Computing, The 15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2013),no.P3-14 pp.1-3 2013/09 英語
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and N. Mandayam, Service-Oriented Heterogeneous Resource Sharing for Optimizing Service Latency in Mobile Cloud, ACM Mobile Cloud'13 in Conjunction with MobiHoc 2013,pp.19-26 2013/07 英語
N. Maki, R. Shinkuma, T. Mori, N. Kamiyama, and R. Kawahara, A Periodic Combined-Content Distribution Mechanism in Peer-Assisted Content Delivery Networks, ITU Kaleidoscope 2013,no.P.7 2013/04 英語
W. Liu, T. Nishio, and R. Shinkuma, System design and numerical analysis of adaptive resource discovery in wireless application networks, ITU Kaleidoscope 2013,no.S4.1 2013/04 英語
A. Kida, R. Shinkuma, T. Takahashi, K. Yamaguchi, H. Kasai, and O. Mayora, System Design for Estimating Social Relationships from Sensing Data, IEEE AINA 2013 AINA Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications,pp.27-32 2013/03 英語
N. Maki, T. Nishio, R. Shinkuma, T. Mori, N. Kamiyama, R. Kawahara, and T. Takahashi, Expected Traffic Reduction by Content-oriented Incentive in Peer-assisted Content Delivery Networks, 27th of the International Conference on Information Networking (ICOIN 2013),pp.450-455 2013/01 英語
R. Shinkuma, H. Kasai, K. Yamaguchi, and O. Mayora, Relational metric: A new metric for network service and in-network resource control, 2012 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2012),pp.352- 353 2012/01 英語
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and N. Mandayam, A heuristic solution for N-node bandwidth barter mechanism, 2012 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2012),pp.356- 357 2012/01 英語
H. Narimatsu, H. Kasai, and R. Shinkuma, Location-based distributed mobile storage using short-range wireless communication, Digest of Technical Papers - IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE),pp.237-238 2011/09 英語
R. Shinkuma, Y. Takata, T. Takahashi, N. Yoshinaga, S. Itaya, S. Doi, and K. Yamada, Toward future network systems boosting interactions between people in social networks, International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN),DOI:10.1109/ICCCN.2011.6006009 2011/08 英語
K. Yogo, A. Kida, R. Shinkuma, T. Takahashi, H. Kasai, and K. Yamaguchi, Extraction of hidden common interests between people using new social-graph representation, International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN),DOI:10.1109/ICCCN.2011.6005821 2011/08 英語
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and G. Hasegawa, TCP Window-size Delegation for TXOP Exchange in Wireless Access Networks, IEEE International Conference on Communications (ICC2011),DOI:10.1109/icc.2011.5963407 2011/06 英語
H. Kubo, R. Shinkuma, T. Takahashi, H. Kasai, and R. Yates, Demand Prediction Based on Social Context for Mobile Content Services, IEEE International Conference on Communications (ICC2011),DOI:10.1109/iccw.2011.5963585 2011/06 英語
R. Shinkuma, S. Jain, and R. Yates, In-network caching mechanisms for intermittently connected mobile users, 2011 34th IEEE Sarnoff Symposium (SARNOFF 2011),DOI:10.1109/SARNOF.2011.5876480 2011/05 英語
T. Nishio, R. Shinkuma, T. Takahashi, and N. Mandayam, TXOP exchange: A cooperation mechanism for wireless access networks, 2011 IEEE International Workshop Technical Committee on Communications Quality and Reliability (CQR 2011),DOI:10.1109/CQR.2011.5996081 2011/05 英語
T. Kakehi, R. Shinkuma, T. Takahashi, T. Murase, G. Motoyoshi, and K. Yamori, Route instruction mechanisms with longcut paths for mobile users, 2011 IEEE International Workshop Technical Committee on Communications Quality and Reliability (CQR 2011),DOI:10.1109/CQR.2011.5996083 2011/05 英語
T. Murase, T. Kakehi, G. Motoyoshi, K. Yamori, and R. Shinkuma, Optimal route planning in wireless networks for mobile users with incentive mechanism, 2011 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2011),pp.1114- 1115 2011/01 英語
H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Mobile P2P multicast based on social network reducing psychological forwarding cost, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2010),DOI:10.1109/GLOCOM.2010.5683911 2010/12 英語
K. Nishide, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Detecting hidden terminal problems in densely deployed wireless networks, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2010),DOI:10.1109/GLOCOM.2010.5683904 2010/12 英語
K. Yogo, R. Shinkuma, T. Takahashi, T. Konishi, S. Itaya, S. Doi, and K. Yamada, Differentiated incentive rewarding for social networking services, 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010),pp.169-172 2010/07 英語
Y. Takata, R. Hashimoto, R. Shinkuma, T. Takahashi, N. Yoshinaga, S. Itaya, S. Doi, and K. Yamada, Incentive rewarding method for information propagation in social networks, 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010),pp.173-176 2010/07 英語
R. Aoki, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Control of Transmission Timing Using Information on Predicted Movement in Opportunistic Roadside-to-Vehicle Communication, The 2nd International Conference on Ubiquitous and Future Networks (ICUFN 2010),no.4B-1 pp.262-267 2010/06 英語
H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Topology control using multi-dimensional context parameters for mobile P2P networks, IEEE Vehicular Technology Conference (VTC2010),DOI:10.1109/VETECS.2010.5493645 2010/05 英語
M. Yoshino, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Modeling user cooperation problem in mobile overlay multicast as a multi-agent system, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2009),DOI:10.1109/GLOCOM.2009.5425468 2009/12 英語
M. Yoshino, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Efficient radio-resource utilization by user position control with incentive rewards, 2009 14th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2009),ISBN 978-4-88552-232-1 2009/10 英語
D. Zhang, R. Shinkuma, and N. Mandayam, Bandwidth exchange for enabling forwarding in wireless access networks, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC),pp.2628-2632 2009/09 英語
H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Mobile overlay multicast using information on physical stability for robust video streaming, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC),pp.2960-2964 2009/09 英語
R. Shinkuma, S. Jain, and R. Yates, Network caching strategies for intermittently connected mobile users, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC),pp.1771-1775 2009/09 英語
K. Nishide, H. Kubo, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Transport-level fairness provisioning in wireless local area networks with hidden stations, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC),no.B4-3 pp.1158-1162 2009/09 英語
K. Sato, R. Hashimoto, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Experimental Study for Validating Effectiveness of Incentive Mechanism for P2P Content Sharing, International Conference on Information Networking (ICOIN 2009),vol.108 no.458(IN2008 132-221) pp.109-114 2009/02 英語
K. Sato, R. Hashimoto, M. Yoshino, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive mechanism considering variety of user cost in P2P content sharing, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2008),pp.2211-2215 2008/12 英語
M. Yoshino, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive-rewarding mechanism for radio resource control based on users' contributions, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2008),pp.5042-5046 2008/12 英語
Y. Li, K. Nishide, Ryoichi Shinkuma, and Tatsuro Takahashi, Interframe-Space Control for Fair Throughput Guarantee in Wireless LANs with Hidden Stations, 2008 14th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2008),pp.96-100 2008/10 英語
H. Kubo, A. Kawamura, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Loss compensation using route diversity in wireless multicast, 2008 14th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2008),pp.296-300 2008/10 英語
T. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Performance evaluation of inter-vehicle packet relay for fast mobile road-vehicle communication, 2008 5th IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2008),pp.212-216 2008/01 英語
R. Shinkuma, and T. Takahashi, Channel Access for Bandwidth Management in Link-adaptive WLANs with Hidden Stations, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2007),no.J09P02 pp.4888-4892 2007/11 英語
M. Yamada, K. Sato, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Incentive transfer-rate differentiation for P2P content sharing over wireless access networks, 2007 Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2007),pp.415-418 2007/10 英語
T. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Connectivity and throughput enhancement by inter-vehicle packet relay in road vehicle communication systems, IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2006),DOI:10.1109/GLOCOM.2006.898 2006/11 英語
R. Shinkuma, and T. Takahashi, Reduction of computation and control costs for opportunistic scheduling in slotted DS-CDMA uplinks, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2006),DOI:10.1109/PIMRC.2006.254226 2006/09 英語
M. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Cooperative networking in heterogeneous infrastructure multihop mobile networks, IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2006),DOI:10.1109/PIMRC.2006.254100 2006/09 英語
R. Kitamura, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Distributed scheduling for QoS control in uplink CDMA, 2005 Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2005),vol.2005 pp.97-101 2005/10 英語
R. Shinkuma, J. Maeda, and T. Takahashi, Distributed QoS control for link adaptive wireless LANs, 2005 Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2005),vol.2005 pp.362-366 2005/10 英語
S. Okada, M. Yamada, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Packet Relay through Uplink Common Channel in 3G Systems, Vehicular Technology Conference (VTC 2005 Fall),vol.1 pp.225-229 2005/09 英語
Y. Lou, R. Shinkuma, and T. Takahashi, Time-division DCF for a new 2-hop topology of Wireless LAN, First International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU04),pp.86-91 2004/01 英語
R. Shinkuma, S.Komaki, and T. Takahashi, A Radio Resource Management Scheme for QoS Control in Wireless LAN Environments, The 6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC'03),vol.1 pp.330-334 2003/10 英語
N. Kido, R. Shinkuma, and S. Komaki, Proposal of Adaptive Web Prefetch Scheme for Road-Vehicle Wireless Communication Systems, 12th International Conference on ITS Telecommunications (ITST2002),pp.283-287 2002/11 英語
Y. Minoda, R. Shinkuma, K. Tsukamoto, and S. Komaki, Radio Resource Management Scheme for Road-to-Vehicle Spot Communication System, 12th International Conference on ITS Telecommunications (ITST2002),pp.367-372 2002/11 英語
R. Shinkuma, M. Okada, and S. Komaki, A New Radio Resource Management Scheme for Multiple Video Stream Transmission, IEEE Radio and Wireless Conference (RAWCON2002),pp.35-38 2002/08 英語
R. Shinkuma, M. Okada, and S. Komaki, Hierarchical Prefetching for Wireless WWW Access, 7th International Workshop on Mobile Multimedia Communications (MoMuC2000),no.4B-3 2000/10 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
オーガナイザ、座長 BP-2 最前線モバイルサービスに求められる通信品質とは 電子情報通信学会ソサイエティ大会 2013/09 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
2. 電子情報通信学会(監), 村田 正幸, 成瀬 誠(編) 情報ネットワーク科学入門 コロナ社 2015/10
R. Shinkuma, Y. Sawada, Y. Omori, K. Yamaguchi, H. Kasai, T. Takahashi, A Socialized System for Enabling the Extraction of Potential Values," Modeling and Optimization in Science and Technologies Springer International Publishing 2014/11
著者:浅見 徹 監修 電子情報通信学会 編 (編集幹事)黒川 章 原井 洋明 現代電子情報通信選書「知識の森」 将来ネットワーク技術 -次世代から新世代へ- 9-1 新世代ネットワークプロジェクト(国内) オーム社 2013/09 日本語
小牧 省三 (編) ワイヤレスエージェント技術 丸善 2008/07 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
2005年度学術奨励賞:コンテンツ人気度の偏りを利用した無線リソース制御方式による応答時間短縮効果,平成17年ソサエティ大会,B-5-144,pp.544 電子情報通信学会 2006/03/25
エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード「ユーザ体感品質に基づいた電波資源制御技術の研究」 エリクソン・ジャパン 2007/11/22
活動功労賞「MoMuC研究専門委員会幹事としての貢献」 電子情報通信学会通信ソサイエティ 2008/09/17
活動功労賞「通信ソサイエティ投稿論文の査読委員としての貢献」 電子通信情報学会 2009/09/16
「学際研究着想コンテスト」奨励賞 京都大学 2013/09/30
活動功労賞「関西支部庶務幹事としての貢献」 電子情報通信学会関西支部 2013/04/19
活動功労賞「研専運営会議/研専企画幹事としての貢献」 電子情報通信学会通信ソサイエティ 2012/09/12
Best Paper Award in Special Category of Storage Technology ICCE2011(IEEE 29th International Conference on Consumer Electronics) 2011/01/10
第31回電気通信普及財団賞テレコムシステム技術賞 (公財)電気通信普及財団 2016/03/28
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
距離感を反映する情報通信システム 環境ビジネス 2012年4月号 2012/02/25
EC利用者に情報提供 日刊工業新聞 20面 2013/01/25
関心度の変化予測 日刊工業新聞 Business&Technology面 2013/05/29
ビッグデータで好み予測 日経新聞 新興・中小企業面 2014/03/03
消費者興味持つ商品予測 日経産業新聞 デジタルトレンド面 2014/06/04
購買する可能性のある商品を予測 日経BigData p.34 2014/06/10
未来予測の実証実験 通販新聞 2014/06/19
つながりから未来の関係を予測する (独)科学技術振興機構産学官連携ジャーナル p15~16 2014/06/17
京都大学と凸版印刷が実証実験 日経BigData p.19 2015/07/10
読売新聞 経済 2015/09/06
国際家電見本市IFA2015商機狙う日系メーカー(下) 日刊工業新聞 2015/09/09

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 無線LAN におけるサービス品質管理のための電波資源利用高効 率化技術 2004〜2005
若手研究(B) 代表 空間的・時間的選択性を利用した高品質・高効率無線マルチキャスト 2007〜2008
若手研究(B) 代表 複雑な無線環境における学習を用いた周波数資源制御技術の研究 2009〜2012
基盤研究(C) 分担 30年後の同期型交換網のための研究 2013〜2015
若手研究(B) 代表 自然エネルギー発電と通信制御の統合システムの研究 2013〜2015
若手研究(B) 代表 自然エネルギー発電と通信制御の統合システムの研究 (平成26年度分) 2014/04/〜2015/03/
若手研究(B) 代表 自然エネルギー発電と通信制御の統合システムの研究 (平成27年度分) 2015/04/〜2016/03/
基盤研究(C) 分担 機会的無線アクセスをサポートする学習し進化するネットワークアーキテクチャ 2010/04/〜2013/03/
基盤研究(B) 代表 実空間ナレッジが求められる時代の新たなデータ重要度による通信制御 2017/04/〜2020/03/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
財団法人 テレコム先端技術研究支援センターSCAT研究助成 新熊 亮一 分散モバイルセンシングによる多層情報流通プラットホーム 2010〜2012
電気通信普及財団 海外渡航旅費援助 新熊 亮一 A New Radio Resource Manag e ment Scheme for Multiple Video Stream Transmission 2002/08/〜2002/08/
電気通信普及財団 海外渡航旅費援助 新熊 亮一 Reduction of Computation and Contro l Costs for Opportunistic Scheduling in Slotted DS-CDMA Uplinks 2006/09/〜2006/09/
大川情報通信基金研究助成 新熊亮一 モバイル通信サービスのためのインセンティブネットワーキング 2007〜2008
モバイルワイヤレス研究助成(財団法人近畿移動無線センター) 新熊 亮一 モバイルP2Pのための電波リソース制御に関する研究 2007〜2008
京都大学教育研究振興財団長期派遣助成 新熊 亮一 コグニティブ無線を用いた周波数資源制御技術の研究 2008〜2009
モバイルワイヤレス研究助成(財団法人移動無線センター) 新熊 亮一 モバイルユーザ間協力による動画ストリーミング配信の実現性検証 2009〜2011
文部科学省 イノベーションシステム整備事業 新熊 亮一 「関係性システム」を活用したレコメンドシステムの事業化 2013〜2015
文部科学省 イノベーションシステム整備事業 新熊 亮一 「関係性システム」を活用したレコメンドシステムの事業化 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2012/04〜2013/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2012/04〜2013/03
情報理論 Information Theory 後期 工学部 2013/04〜2014/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2013/04〜2014/03
電気電子工学概論 Introducion to Elecrical and Electronic Engineering 後期 工学部 2013/04〜2014/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2013/04〜2014/03
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
情報理論 Information Theory 後期 工学部 2014/04〜2015/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2014/04〜2015/03
電気電子工学概論 Introducion to Elecrical and Electronic Engineering 後期 工学部 2014/04〜2015/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2014/04〜2015/03
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
通信システム工学特別セミナー Seminar on Communication Systems Engineering, Advanced 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in CCE I Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in CCE II Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報理論 Information Theory 後期 工学部 2015/04〜2016/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2015/04〜2016/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2015/04〜2016/03
通信システム工学特別セミナー Seminar on Communication Systems Engineering, Advanced 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
通信情報システム特別研究2 Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
通信情報システム特別研究1 Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
電気電子工学実習A Electrical and Electronic Engineering Advanced Practice A 前期 工学部 2015/04〜2016/03
電気電子工学実習B Electrical and Electronic Engineering Advanced Practice B 後期 工学部 2015/04〜2016/03
電気電子工学実験A Electrical and Electronic Engineering Practice A 前期 工学部 2015/04〜2016/03
電気電子工学実験B Electrical and Electronic Engineering Practice B 後期 工学部 2015/04〜2016/03
Advanced Study in CCE I Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Study in CCE II Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
情報理論 Information Theory 後期 工学部 2016/04〜2017/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2016/04〜2017/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2016/04〜2017/03
通信システム工学特別セミナー Seminar on Communication Systems Engineering, Advanced 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
通信情報システム特別研究2 Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
通信情報システム特別研究1 Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Study in CCE I Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Advanced Study in CCE II Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
情報ネットワーク Information Networks 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
情報理論 Information Theory 後期 工学部 2017/04〜2018/03
情報通信工学 Information and Communication Engineering 前期 工学部 2017/04〜2018/03
通信ネットワーク Telecommunication Networks 後期 工学部 2017/04〜2018/03
通信システム工学特別セミナー Seminar on Communication Systems Engineering, Advanced 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
通信情報システム特別研究2 Advanced Study in Communications and Computer Engineering II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
通信情報システム特別研究1 Advanced Study in Communications and Computer Engineering I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
電気電子工学実習 Advanced Practice of Electrical and Electronic Engineering 後期 工学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
Liu Wei Young Author Recognition (One of Two Best Ranked), System design and numerical analysis of adaptive resource discovery in wireless application networks ITU Kaleidoscope 2013 2013/04
鈴木 翔 電気関係学会関西連合大会奨励賞 電気関係学会関西連合大会 2013/04
西尾 理志 第28回テレコムシステム技術学生賞(佳作) 電気通信普及財団 2013/03
石原 健司 優秀ポスター賞 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究専門委員会 2014/01/24
西尾 理志 支部長賞「功労賞」学生会幹事としての貢献 電子情報通信学会関西支部 2013/03
澤田 泰治 支部長賞「功労賞」学生会幹事としての貢献 電子情報通信学会関西支部 2013/03
西尾 理志 学生研究奨励賞「TCP Window-size Delegation for TXOP Exchange in Wireless Access Networks」 IEEE関西支部 2011
久保 広行 VTC2010-Spring Young Researcher's Encouragement Award IEEE VTS Japan 2010/05
西尾 理志 若手研究奨励賞「動的無線アクセス環境のための帯域協調利用メカニズム」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2011/03
西出 皓一 若手研究奨励賞「無線LANにおけるAP間協調によるMACレベルでの品質劣化要因検出手法」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2010/01
橋本 遼 若手研究奨励賞「インセンティブ報酬付与による情報伝播制御可能性の検証」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2009/07
佐藤 健一朗 第24回テレコムシステム技術学生賞「Incentive Mechanism for P2P Content Sharing over Heterogenous Access Networks」 電気通信普及財団賞 2009/03
吉野 信 第24回テレコムシステム技術学生賞「Incentive-rewarding Mechanism for User-position Control in Mobile Services」 電気通信普及財団賞 2009/03
久保 広行 第24回テレコムシステム技術学生賞(佳作)「無線マルチキャストのための端末再送信を用いたロス補償方式」 電気通信普及財団賞 2009/03
久保 広行 若手研究奨励賞「無線マルチキャストのための端末再送信を用いたロス補償手法の検討」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2007/11
河村 篤志 若手研究奨励賞「メッシュネットワークにおける高品質・高効率マルチキャストのための経路制御法」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2007/09
河村 篤志 第23回テレコムシステム技術学生賞「無線マルチキャストのための最適グルーピングアクセスポイント割当アルゴリズム」 電気通信普及財団賞 2008/03
山田 貴之 若手研究奨励賞「高速モバイル環境における相対移動速度を考慮した通信品質改善手法」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2007/01
寒川 知生 若手研究奨励賞「モバイルサービスにおけるユーザ効用とユーザコストの定量化手法」 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 2006/07
山田 将人 支部長賞「3G-WLAN混合環境におけるパケットリレーによる連携ネットワーク制御の効果」 電子情報通信学会関西学生会発表講演会 2005/03
北村 遼 支部長賞「可変拡散率CDMAシステムにおける高効率スケジューリング方式」 電子情報通信学会関西学生会発表講演会 2004/03
前田 順平 支部長賞「電波リソースマネジメント方式によるDCFモード無線LANのQoS改善効果」 電子情報通信学会関西学生会発表講演会 2004/03
河合直人 第9回ICTイノベーション「人々や地球と親和する新たな通信ネットワーク」 京都大学大学院情報学研究科 2015/03/17
田中祐輔 第10回ICTイノベーション「センサクラウドによるナレッジの自動生成と人々の行動予測に基づいた配信」 京都大学大学院情報学研究科 2016/02/23

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
広報WG委員 2014/04/01〜2015/03/31
評価WG 2017/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
電子情報通信学会 IEICE 正員 Regular member 2003/06/01〜2010/05/
電子情報通信学会 IEICE シニア会員 Senior member 2010/05/17〜
電子情報通信学会 IEICE 関西支部庶務幹事 2011/05〜2013/05
電子情報通信学会 IEICE 通信ソサイエティ研専運営会議企画幹事(通ソ大会委員兼任) 2010/05/22〜2012/05
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
電子情報通信学会 「Special Section on Mobile Multimedia Communications」英文論文小特集 編集委員 2005/10/07〜2006/10/01
電子情報通信学会 「Special Section on Next-Generation Mobile Multimedia Communications」英文論文小特集 編集幹事 2007/10〜2008/10/01
電子情報通信学会 「Special Section on Information and Communication Technologies for Next-generation Mobile Multimedia Life」英文論文小特集 編集幹事 2010/06/03〜2011
電子情報通信学会 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集委員 2009/10/20〜2010
電子情報通信学会 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集委員 2010/10/20〜2011
電子情報通信学会 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集委員 2012/01/10〜2012
電子情報通信学会 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集委員 2012/09/05〜2013
ACM/Springer Mobile Networks and Applications (MONET) Journal Special Issue on Mobility and Social Networks Confluence Guest (co-)editor 2011〜2012/10
電子情報通信学会 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集委員 2013/12/13〜2014
電子情報通信学会 IEICE 「Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking」英文論文小特集 編集幹事 2014/12/02〜2015
電子情報通信学会 和文論文誌B「IoT/5Gの進展を担うモバイルネットワークとアプリケーション」 編集委員 2017/08/01〜2018/05/01

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
電子情報通信学会 IEICE 通信ソサイエティ論文誌 IEICE Transactions on Communications 2007/05/25〜
IEEE Globecom 2010 Workshop FutureNet III 〜2010/12
ICUFN 2010 (The 2nd International Conference on Ubiquitous and Future Networks) 〜2010/06
IEEE CCNC 2011 Workshop SocNets (1st International Workshop on Social Networking) 〜2011/01
IEEE ICC 2011 CQRM 〜2011/06
IEEE ICC 2011 NGNI 〜2011/06
IEEE ICC 2011 Workshop FutureNet IV 〜2011/06
SIMNA 2011 (1st Workshop on Social Interactive Media Networking and Applications) Jointly withICCCN 2011 〜2011/08
IEEE Globecom 2011 CQRM 〜2011/12
goSMART 2012 (The First International IEEE International Workshop on Global Trends in SMART Cities) 〜2012
IEEE Globecom 2012 NGNI 〜2012/12
IEEE ICC 2012 NGNI 〜2012/06
IEEE ICC 2012 CQRM 〜2012/06
IEEE CCNC 2012 SNTV Workshop (International Workshop on Social Networks and TV) 〜2012/01
IEEE ICC 2013 NGNI 〜2013/06
IEEE ICC 2013 CQRM 〜2013/06
IEEE Globecom 2013 CQRM 〜2013/12
IEEE Globecom 2013 NGN 〜2013/12
IEEE ICC 2014 NGNI 〜2014/06
IEEE ICC 2014 CQRM 〜2014/06
ICUFN 2014 (The 6th International Conference on Ubiquitous and Future Networks) 〜2014/07
goSMART 2014 (The Third International IEEE International Workshop on Global Trends in SMART Cities) 〜2014
IEEE Globecom 2014 NGN 〜2014/12
IEEE Globecom 2014 NGNI 〜2014/12
IEEE ICC 2015 NGNI 〜2015/06
IEEE ICC 2015 CQRM 〜2015/06
IEEE ICC 2015 CQRM 〜2015/06
IEEE ICC 2015 NGNI 〜2015/06
IEEE PIMRC2015 (The annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications) 〜2015/09
IEEE CQR (International Communications Quality and Reliability Workshop) 2015 〜2015/05
IEEE Globecom 2015 CQRM 〜2015/12
IEEE Globecom 2015 NGN 〜2015/12
IEEE ICC 2016 CQRM 〜2016/05
IEEE ICC 2016 NGN 〜2016/05
IEEE Globecom 2016 SAC-CN (Selected Areas in Communications: Cloud Networks) 〜2016/12
IEEE Globecom 2017 CQRM 〜2017/12
IEEE Globecom 2017 NGNI 〜2017/12

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
電子情報通信学会 モバイルマルチメディア通信研究専門委員会(MoMuC) 専門委員 2004/05/29〜2005/05/26
電子情報通信学会 通信行動工学時限研究専門委員会(CBE) 専門委員 2011/05〜
電子情報通信学会 ネットワーク仮想化時限研究専門委員会(NV) 専門委員 2011/05〜
電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究専門委員会 専門委員 2010/05/22〜2015/05/
電子情報通信学会 モバイルマルチメディア通信研究専門委員会(MoMuC) 専門委員 2008/05/27〜2013/05
電子情報通信学会 モバイルマルチメディア通信研究専門委員会(MoMuC) 幹事 2006/05/27〜2008/05
電子情報通信学会 モバイルマルチメディア通信研究専門委員会(MoMuC) 幹事補佐 2005/05/28〜2006/05/19
電子情報通信学会 ソサイエティ大会 プログラム編成委員 2006/07〜2006/09/22
NBiS2011 (The 14-th International Conference on Network-Based Information Systems) Area (co-)chair (Social Networks Track) 2011/09〜
EU-Japan Joint Workshop on Challenges and Opportunities of Online Social Networks and Physical Sensing Integration (Supported by NextMedia) Co-chair 2011/06〜
電子情報通信学会 モバイルネットワークとアプリケーション研究専門委員会(MoNA) 副委員長 2015/06/04〜2017/05/31
電子情報通信学会 モバイルネットワークとアプリケーション研究専門委員会(MoNA) 委員長 2017/06/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
PIMRC PIMRC 2009 (20th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications) 2009/09
IEEE IEEE CQR 2011 (International Communications Quality and Reliability Workshop) 2011/05
IEEE IEEE ICC 2011 (IEEE International Conference on Communications) NGNI (Next Generation Networking and Internet Symposium) 2011/06
ICUFN ICUFN 2010 (The 2nd International Conference on Ubiquitous and Future Networks) 2010/06
IEEE IEEE PIMRC 2016 2015/09/
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
株式会社神戸デジタル・ラボ 顧問(技術指導) 2012〜
その他活動:その他
活動名 内容 期間
モバイルソーシャライズシステムフォーラム 代表発起人、会長 2011/09/30〜
第4世代移動通信システムにおけるモバイルQoS制御技術の研究開発に関する調査検討会 情報通信研究機構による検討会 2008/03/14〜2008
新世代ネットワーク推進フォーラム 会員