内記 理

最終更新日時:2017/07/20 11:48:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
内記 理/ナイキ サトシ/Satoshi Naiki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文化財総合研究センター/ /助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8501
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本オリエント学会 The Society for Near Eastern Study in Japan
西南アジア研究会 The Society for Western and Southern Asiatic Studies
美術史学会 The Japan Art History Society
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
European Association for South Asian Archaeology and Art ヨーロッパ
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科修士課程歴史文化学専攻 修了
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程歴史文化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部人文学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
岐阜県立斐太高等学校 ぎふけんりつひだこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2010/04/01〜2013/03/31 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員 Research Fellow
研究テーマ
(日本語)
ガンダーラの考古学
(英語)
Archaeology in Gandhara
研究概要
(日本語)
ガンダーラ地方(現在のパキスタン・ペシャーワル盆地)を中心とする西北インドでは、紀元前後から数百年間に渡って仏教文化が栄えた。当時の仏教文化を復元する試みとして、ガンダーラ彫刻を用いた研究がこれまでになされてきたが、肝心の「ガンダーラ彫刻が作られた時期」については、不明な点が多い。私の研究目的は、この、ガンダーラ彫刻の制作時期を特定することである。 私はこれまで、 ①考古学による発掘調査成果を用いたガンダーラ彫刻の美術様式の年代の考察。 ②美術様式ではなく、「技術」的な観点からのガンダーラ彫刻の年代の考察。 ③年代の刻まれたガンダーラ彫刻と、碑文資料とを用いた、彫刻の年代の考察。 をおこなってきた。 現在は、ガンダーラ彫刻の出土した「遺構」の年代から、ガンダーラ彫刻の制作時期を求める方法はないかを模索している。
(英語)
The purpose of my study is to construct the chronology of Gandharan sculptures. I have tried to construct it from three kinds of information. 1, the relationships between the archaeological data and the date of stylistic characters of sculptures. 2, the technical aspects of sculptures. 3, the sculptures with inscriptions including dates. Now, I am trying to find the chronological benchmarks from the relationship between the architectural remains and sculptures.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ガンダーラ Gandhara
考古学 Archaeology
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
内記 理 ガンダーラ地方チャナカ・デリーの丘の歴史 東方學報,90,243-276 2015/12 日本語
内記理 ガンダーラ紀年銘彫刻の製作年代 美術史, 176, Vol. LXIII, No.2 2014/03/28 日本語
内記理 ガンダーラ彫刻の腕の接合方法 西南アジア研究,78,1-30 2013 日本語
内記理 スワート地方とペシャーワル盆地におけるガンダーラ美術様式の年代 仏教芸術,325,43-68,図巻頭2p 2012/11 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Four Gandhāran Sculptures with Inscriptions Including Dates. [Invited] The Second Oriental Renaissance 2016/12/04 英語
关于四个犍陀罗铭文雕刻佛像的年代学 [招待あり] 中亚佛教美术新识从巴米扬到犍陀罗 2016/12/03 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
考古資料からみた幕末の京大キャンパス 京都大学総合博物館平成28年度特別展『文化財発掘Ⅲ―激動の幕末と京大キャンパス―』関連講演会 2017/03/25 日本語
The chronological order of the Gandhāran sculptures with inscriptions including dates. The 23rd Conference of European Association for South Asian Archaeology and Art, 2016, Cardiff 2016/07/05 英語
ガンダーラ地方チャナカ・デリー遺跡の検討 日本オリエント学会第57回大会 2015/10/18 日本語
The Arm Joints on Gandharan Sculptures [Invited] International Workshop on Pre-Modern Kashmir 2015 2015/09/24 英語
The chronological changes of stylistic features of Gandharan sculptures. [Invited] Hazara University Lecture Department of Archaeology, Hazara University 2015/07/09 英語
Research on sculptures in Gandhara from a technical perspective [Invited] The 2nd Kyoto-Bordeaux Symposium 2015 2015/05/22 英語
The transition of the style of Gandharan sculptures in the 3rd century CE 22nd Conference of the European Association for South Asian Archaeology and Art 2014/07/03 英語
The Masonryand the Gandhāran Sculptures [Invited] Exploring the Past and Envisaging the Future. Current Issues in the Ancient History of Afghanistan Institute for Research in Humanities, Kyoto University 2013/11/27 英語
ガンダーラ地方における石積の年代 日本オリエント学会第55回大会 2013/10/27 日本語
紀年銘をもつガンダーラ彫刻の年代について 美術史学会第66回全国大会 2013/05/10 日本語
考古学成果から得られるガンダーラ美術様式年代学のベンチマーク 日本オリエント学会第54回大会 2012/11/25 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
内記 理 宮治昭編『アジア仏教美術論集 中央アジアⅠ ガンダーラ~東西トルキスタン』 中央公論美術出版 2017/02
内記 理 ガンダーラ彫刻と仏教 京都大学学術出版会 2016/03
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
三島海雲学術賞 公益財団法人 三島海雲記念財団 Mishima Kaiun Memorial Foundation 2017/07/07
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
Japanese Scholars visit Hazara University Business Recorder 2015/07/11
京大研助教を学術賞に選出 三島海雲記念財団 京都新聞 地域・総合 2017/07/08
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 ガンダーラ美術の系譜ー製作技法からせまる中央アジアからインドの彫刻研究 2010/04/01〜2013/03/31
若手研究(B) 代表 西北インドにおける仏教文化の展開過程に関する考古学的研究 2014/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 西北インドにおける仏教文化の展開過程に関する考古学的研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 西北インドにおける仏教文化の展開過程に関する考古学的研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 西北インドにおける仏教文化の展開過程に関する考古学的研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 後期 文学研究科 2017/04〜2018/03
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 後期 文学部 2017/04〜2018/03
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
ウィーン大学 歴史文化学部 ガンダーラ美術 オーストリア 2011/04/05〜2012/03/01