野崎 優樹

最終更新日時:2017/05/30 12:28:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
野崎 優樹/ノザキ ユウキ/Yuki Nozaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
教育学研究科/教育科学専攻教育認知心理学講座/特定講師
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(教育学) 京都大学
博士(教育学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
社会-感情的な能力に関心があり,心理学実験や調査を通じて研究を行っています。
(英語)
I purses following lines of research. -Social function of emotional competence/emotional intelligence -Psychological mechanism of extrinsic emotion regulation
研究テーマ
(日本語)
情動知能/情動コンピテンスの社会的機能,他者の情動調整
(英語)
Social function of emotional intelligence / competence and extrinsic emotion regulation
研究概要
(日本語)
私たちが、他者と協調しながら社会生活を送る上で、自己と他者の情動を適切に認識し調整する能力は重要な役割を果たします。この能力は「情動知能 (emotional intelligence)」や「情動コンピテンス (emotional compentence)」として概念化がされており、教育や産業などからも注目が集められています。私の研究では、この能力が、日常場面でのどのような経験を積むことにより成長するのかを調査しています。これまで、ストレス経験時に生じたネガティブな情動を適切に調整する経験を通じて、情動知能や情動コンピテンスが成長することを明らかにしました。さらに、この能力が高い人は、対人的な葛藤が生じた場面でどのように振る舞うのかを検討するために、仲間はずれ(社会的排斥)が生じた状況での反応や行動との関連を、実験手法を用いて調べています。
(英語)
The regulation and understanding of one’s own and others’ emotions is pivotal to social interaction. However, there are individual differences in competence with respect to understanding and regulating one’s own and others’ emotions appropriately. This individual difference is conceptualized as emotional intelligence (EI) or emotional competence (EC). My research investigates social function of emotional intelligence / emotional competence. By using experimental paradigm, I investigates how emotionally competent individuals behave when an interpersonal conflict happenes.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
情動知能 Emotional intelligence
情動コンピテンス Emotional competence
情動調整 Emotion regulation
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
教育心理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
子安 増生・野崎 優樹 人口学リテラシー尺度の開発と分析 京都大学大学院教育学研究科紀要,62,57-77 2016/04 日本語
野崎 優樹・子安 増生 非専門家から見た多重知能理論内での情動コンピテンスの位置づけ 心理学研究,86,6,555-565 2016/02 日本語
Nozaki, Y & Koyasu, M. Can we apply an emotional competence measure to an eastern population?: Psychometric properties of the Profile of Emotional Competence in a Japanese population Assessment,23,1,112-123 2016/01 英語
Yuki Nozaki Emotional competence and extrinsic emotion regulation directed toward an ostracized person Emotion,15,6,763-774 2015/12 英語
野崎 優樹・子安 増生 情動コンピテンスプロフィール日本語短縮版の作成 心理学研究,86,2,160-169 2015/06
野崎 優樹 情動知能と情動コンピテンスの概念上の差異に関する考察 京都大学大学院教育学研究科紀要,61,271-283 2015/04
Nozaki, Y & Koyasu, M. Interpersonal emotional intelligence reduces the gap in anger regulation confidence caused by self-other dissimilarity Psychologia,58,1,49-60 2015/03 英語
野崎 優樹 情動知能の機能に関する実験研究の課題と展望 京都大学大学院教育学研究科紀要,60,481-493 2014/04
野崎 優樹 定期試験期間の自他の情動調整行動が情動知能の変化に及ぼす影響 教育心理学研究,61,4,362-373 2013/12
Nozaki, Y & Koyasu, M. The relationship between trait emotional intelligence and interaction with ostracized others' retaliation PLoS ONE,8,e77579 2013/10 英語
Nozaki, Y & Koyasu, M. Effects of emotional intelligence on inhibiting retaliation for ostracism in Cyberball Nozaki, Y & Koyasu, M.,56,3,167-178 2013/09 英語
野崎 優樹・子安 増生 大学入試に対する認知的評価とストレス対処が情動知能の成長感に及ぼす効果 パーソナリティ研究,21,3,231-243 2013/03
野崎 優樹 自己領域と他者領域の区分に基づいたレジリエンス及びストレス経験からの成長と情動知能の関連 パーソナリティ研究,20,3,179-192 2012/03

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
媒介分析と調整媒介分析 日本教育心理学会第56回総会 2014/11/08 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Emotional competence and satisfaction with university life among students and faculties 31st International Congress of Psychology 2016/07/28 英語
Dissimilarity of the target from the self lowers confidence and implementation of extrinsic anger regulation 17th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology 2016/01/29 英語
対象との性格の類似性が自他の怒り調整の自信と実行に及ぼす影響 日本社会心理学会第56回大会 2015/10/31 日本語
非専門家から見た多重知能理論内での情動コンピテンスの位置 (2) -能力の自己評定の観点から- 日本心理学会第79回大会 2015/09/22 日本語
非専門家から見た多重知能理論内での情動コンピテンスの位置 (1) -社会での重要性の観点から- 日本教育心理学会第57回総会 2015/08/26 日本語
情動コンピテンスと排斥観察時の代理的情動との関連 日本パーソナリティ心理学会第24回大会 2015/08/22 日本語
The location of emotional competence in the multiple intelligences theory seen from laypersons The International Society for the Study of Individual Differences 2015 Conference 2015/07/29 英語
Measurement and structural invariance of the Profile of Emotional Competence across Japanese and Belgian Populations 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology 2015/02/27 英語
日本語版Profile of Emotional Competence作成の試み (2) -基準関連妥当性と増分妥当性の検証- 日本教育心理学会第56回総会 2014/11/09 日本語
情動コンピテンスと被排斥者の悲しみを調整する行動との関連 日本パーソナリティ心理学会第23回大会 2014/10/04 日本語
日本語版Profile of Emotional Competence作成の試み (1) -因子構造の国際比較- 日本心理学会第78回大会 2014/09/10 日本語
Emotionally competent people can relieve ostracized other’s sadness without target’s explicit emotional expression 17th European Conference on Personality 2014/07/18 英語
Emotionally intelligent people confidently regulate dissimilar others’ anger nearly as well as their own anger 17th European Association of Social Psychology General Meeting 2014/07/09 英語
情動知能が社会的排斥経験後の報復行動に及ぼす影響 -報復の意図の高低に応じた検討- 日本パーソナリティ心理学会第22回大会 2013/10/12 日本語
Effects of trait emotional intelligence on regulation of ostracized others’ retaliation 4th International Congress on Emotional Intelligence 2013/09/10 英語
Effects of emotional intelligence on inhibiting retaliation for ostracism 18th Conference of the European Society for Cognitive Psychology 2013/08/30 英語
Are bi-mora frequency effects position-specific? Accumulation and implementation of long-term phonological knowledge for serial ordering 18th Conference of the European Society for Cognitive Psychology 2013/08/30 英語
定期試験期間の自他の情動調整行動が情動知能の変化に及ぼす影響 日本教育心理学会第55回総会 2013/08/18 日本語
長期音韻知識が非単語の短期保持を支えるメカニズム 第10回ワーキングメモリ学会大会 2012/12/08 日本語
大学入試に対する認知的評価とストレス対処が情動知能の成長感に及ぼす効果 日本教育心理学会第54回総会 2012/11/25 日本語
情動知能が社会的排斥経験後の報復の抑制に及ぼす影響 日本心理学会第76回大会 2012/09/11 日本語
自己領域と他者領域の区別に基づいたレジリエンス及びストレス経験からの成長が情動知能に及ぼす影響 日本心理学会第75回大会 2011/09/15 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
野崎 優樹 情動コンピテンスの成長と対人機能 −社会的認知理論からのアプローチ− ナカニシヤ出版 2017/03
野崎 優樹 計量パーソナリティ心理学 ナカニシヤ出版 2017/01
Nozaki, Y Emotional intelligence: Current evidence from psychophysiological, educational and organizational perspectives Nova Science Publishers 2015/01
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
京都大学大学院教育学研究科長賞 Distinguished Student Award 京都大学大学院教育学研究科 Graduate School of Education, Kyoto University 2014/11/20
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 情動知能が社会的排斥経験後の報復の抑制に及ぼす影響 2013/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2017/04〜2018/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2017/04〜2018/03
心理デザイン研究法演習 Seminar on Research Methods in Psychology and Design Studies 前期 教育学研究科 2017/04〜2018/03
心理デザイン研究法演習 Seminar on Research Methods in Psychology and Design Studies 前期 教育学部 2017/04〜2018/03
心理デザイン研究法特論 Advanced Studies: Research Methods in Psychology and Design 前期 教育学研究科 2017/04〜2018/03
心理デザイン研究法特論 Advanced Studies: Research Methods in Psychology and Design 前期 教育学部 2017/04〜2018/03
教育認知心理学研究I Colloquium on Cognitive Psychology in Education I 前期 教育学研究科 2017/04〜2018/03
教育認知心理学研究II Colloquium on Cognitive Psychology in Education II 後期 教育学研究科 2017/04〜2018/03
認知デザイン特論 Advanced Studies: Cognition and Design Studies 前期 教育学研究科 2017/04〜2018/03
認知デザイン特論 Advanced Studies: Cognition and Design Studies 前期 教育学部 2017/04〜2018/03