永田 知之

最終更新日時: 2019/02/08 18:43:14

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
永田 知之/ナガタ トモユキ/Tomoyuki Nagata
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
人文科学研究所/人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター/ /准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
文学研究科 共通 多元統合人文学 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8265 京都府京都市左京区北白川東小倉町47 47 Higashiogura-cho, Kitashirakawa, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8265
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本中国学会 The Sinological Society of Japan
東方学会 The Institute of Eastern Culture
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科修士課程文献文化学専攻中国語学中国文学専修 修了
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程文献文化学専攻中国語学中国文学専修 研究指導認定退学
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程文献文化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部文学科中国語学中国文学専攻 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
奈良県 畝傍高等学校 うねびこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2005/05/01〜2007/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 助手 Assistant Professor
2007/04/01〜2011/09/30 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 助教 Assistant Professor
2011/10/01〜2013/01/14 ハンブルク大学写本文化研究センター Centre for the Study of Manuscript Cultures, University of Hamburg 研究員 Research Associate
2013/01/15〜2013/03/31 ハンブルク大学写本文化研究センター Centre for the Study of Manuscript Cultures 研究員 Associated Researcher
2013/04/01〜 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 准教授 Associate Professor
研究テーマ
(日本語)
中国中世近世の文学理論
(英語)
Literary Theory in Medieval and Early Modern China
研究概要
(日本語)
 中国の文学理論は、近代に至るまで、西洋等のそれとは異なる、独自の展開を見せてきた。その様相を、実作たる古典詩文以外に、批評書などの諸文献を併せ用いて、明らかにしようと考えている。具体的には、唐宋期を中心として、夙に重視されてきた資料の他、例えば「詩格」と呼ばれる詩学文献や敦煌から発見された書簡作成法指南書である「書儀」にまで材料の範囲を広げて考察を進める。研究の過程では、本邦残存文献や日本の古典籍を利用することも必要になるだろう。これら各種文献の検討を通じて、「唐宋変革」と称される中国史上有数の大変革期を経て、文学理論・批評上の概念・手法・用語で変化したもの、継承されたものを解明していきたい。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
文学理論 literary theory
文学批評 literary criticism
詩学 poeticis
唐代 the Tang period
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
各国文学・文学論
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
永田 知之 永田 知之 NAGATA Tomoyuki Differences between Old Manuscripts and Printed Editions of the Han-shu: With a Focus on the Text of Tun-huang Manuscript and Editorial Glosses in a Southern Sung Edition. Differences between Old Manuscripts and Printed Editions of the Han-shu: With a Focus on the Text of Tun-huang Manuscript and Editorial Glosses in a Southern Sung Edition. Differences between Old Manuscripts and Printed Editions of the Han-shu: With a Focus on the Text of Tun-huang Manuscript and Editorial Glosses in a Southern Sung Edition. 国際東方学者会議紀要, 62, 22-40 国際東方学者会議紀要, 62, 22-40 , 62, 22-40 2017/12 英語 研究論文(その他学術会議資料等) 公開
永田 知之 永田 知之 詩序と書簡の間―唐代以前の贈答詩と古代日本文学との比較を通して 詩序と書簡の間―唐代以前の贈答詩と古代日本文学との比較を通して 日本中国学会報, 69, 19-34 日本中国学会報, 69, 19-34 , 69, 19-34 2017/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 中国文学理論の日本への影響 中国文学理論の日本への影響 大浦康介編『日本の文学理論 アンソロジー』, 350-365 大浦康介編『日本の文学理論 アンソロジー』, 350-365 , 350-365 2017/06 日本語 研究論文(その他学術会議資料等) 公開
永田 知之 永田 知之 目録学の総決算―『四庫全書』をめぐって― 目録学の総決算―『四庫全書』をめぐって― 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター編『目録学に親しむ 漢籍を知る手引き』, 69-120 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター編『目録学に親しむ 漢籍を知る手引き』, 69-120 , 69-120 2017/03 日本語 研究論文(その他学術会議資料等) 公開
永田 知之 永田 知之 敦煌本『文心雕龍』研究事始―初期敦煌学の一齣 敦煌本『文心雕龍』研究事始―初期敦煌学の一齣 敦煌写本研究年報, 10, 1, 95-108 敦煌写本研究年報, 10, 1, 95-108 , 10, 1, 95-108 2016/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之(王夢玲・卞東波訳) 永田 知之(王夢玲・卞東波訳) 《吟窓雑録》新考―試探其作為詩学文献的特徴 《吟窓雑録》新考―試探其作為詩学文献的特徴 古典文献研究, 17, 下, 90-111 古典文献研究, 17, 下, 90-111 , 17, 下, 90-111 2015/06 中国語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 『文場秀句』補説―『敦煌秘笈』羽072と『和漢朗詠集私注』 『文場秀句』補説―『敦煌秘笈』羽072と『和漢朗詠集私注』 敦煌写本研究年報, 9, 57-71 敦煌写本研究年報, 9, 57-71 , 9, 57-71 2015/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 中国文学理論の日本への影響 中国文学理論の日本への影響 大浦康介編『日本の文学理論―アンソロジー(ベータ版)』, 273-289 大浦康介編『日本の文学理論―アンソロジー(ベータ版)』, 273-289 , 273-289 2015/03 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 NAGATA Tomoyuki Wenchang Xiuju 文場秀句 and Guang Wuyuntu 広五運図: A Textbook the Heir Apparent Used during the Tang Period Wenchang Xiuju 文場秀句 and Guang Wuyuntu 広五運図: A Textbook the Heir Apparent Used during the Tang Period Wenchang Xiuju 文場秀句 and Guang Wuyuntu 広五運図: A Textbook the Heir Apparent Used during the Tang Period 永田知之編『東アジアの写本と書写材料』京都大学人文科学研究所, 53-65 永田知之編『東アジアの写本と書写材料』京都大学人文科学研究所, 53-65 NAGATA Tomoyuki ed. Manuscripts and Writing materials, Institute for Research in Humanities, 53-65 2014/12 英語 公開
永田 知之 永田 知之 『唐詩類選』雑考―類書と唐人選唐詩 『唐詩類選』雑考―類書と唐人選唐詩 東方学研究論集刊行会編『高田時雄教授退職記念東方学研究論集』[日英文分冊]東方学研究論集刊会, 153-163 東方学研究論集刊行会編『高田時雄教授退職記念東方学研究論集』[日英文分冊]東方学研究論集刊会, 153-163 , 153-163 2014/06 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 陳寅恪論及敦煌文献続記―遺墨「敦煌研究」と講義「敦煌小説選読」 陳寅恪論及敦煌文献続記―遺墨「敦煌研究」と講義「敦煌小説選読」 敦煌写本研究年報, 8, 83-104 敦煌写本研究年報, 8, 83-104 , 8, 83-104 2014/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 『琉璃堂墨客図』覚書―句図・詩人番付と日本伝存資料 『琉璃堂墨客図』覚書―句図・詩人番付と日本伝存資料 敦煌写本研究年報, 7, 91-112 敦煌写本研究年報, 7, 91-112 , 7, 91-112 2013/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 Дх《鄭虔残札》雑考―“搨書”与“真迹”之間 Дх《鄭虔残札》雑考―“搨書”与“真迹”之間 高田時雄編『涅瓦河辺談敦煌』京都大学人文科学研究所, 65-79 高田時雄編『涅瓦河辺談敦煌』京都大学人文科学研究所, 65-79 , 65-79 2012/03 中国語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
永田 知之 永田 知之 陳寅恪論及敦煌文献雑記―利用経路を中心に 陳寅恪論及敦煌文献雑記―利用経路を中心に 敦煌写本研究年報, 6, 215-237 敦煌写本研究年報, 6, 215-237 , 6, 215-237 2012/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 敦煌書儀語言浅析―以与日本伝世書簡、詩序的比較為中心 敦煌書儀語言浅析―以与日本伝世書簡、詩序的比較為中心 Irina Popova・劉屹主編『敦煌学:第二個百年的研究視覚与問題』Institute of Oriental Manuscripts, Russian Academy of Sciences, 185-189 Irina Popova・劉屹主編『敦煌学:第二個百年的研究視覚与問題』Institute of Oriental Manuscripts, Russian Academy of Sciences, 185-189 , 185-189 2012 中国語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
永田 知之 永田 知之 『国清百録』管窺―書札文定型化の資料として 『国清百録』管窺―書札文定型化の資料として 敦煌写本研究年報, 5, 151-175 敦煌写本研究年報, 5, 151-175 , 5, 151-175 2011/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 『吟窓雑録』小考―詩学文献としての性格を探る試み― 『吟窓雑録』小考―詩学文献としての性格を探る試み― 東方学報(京都), 85, 303-337 東方学報(京都), 85, 303-337 , 85, 303-337 2010/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 書儀と詩格―変容する詩文のマニュアルとして 書儀と詩格―変容する詩文のマニュアルとして 敦煌写本研究年報, 4, 119-140 敦煌写本研究年報, 4, 119-140 , 4, 119-140 2010/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 目から入る中国古典詩―「練字」の系譜 目から入る中国古典詩―「練字」の系譜 冨谷至編『漢字の中国文化』 昭和堂, 313-345 冨谷至編『漢字の中国文化』 昭和堂, 313-345 , 313-345 2009/04 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 『杜家立成雑書要略』初探―敦煌書儀等との比較を通して 『杜家立成雑書要略』初探―敦煌書儀等との比較を通して 敦煌写本研究年報, 3, 37-57 敦煌写本研究年報, 3, 37-57 , 3, 37-57 2009/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 今人も古に及ぶ―皎然の文学史観― 今人も古に及ぶ―皎然の文学史観― 中唐文学会報, 15, 17-42 中唐文学会報, 15, 17-42 , 15, 17-42 2008/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 摘句と品第―皎然『詩式』の構造― 摘句と品第―皎然『詩式』の構造― 東方学報(京都), 82, 1-68 東方学報(京都), 82, 1-68 , 82, 1-68 2008/03 日本語 研究論文(大学、研究機関紀要) 公開
永田 知之 永田 知之 『文場秀句』小考―「蒙書」と類書と作詩文指南書の間 『文場秀句』小考―「蒙書」と類書と作詩文指南書の間 敦煌写本研究年報, 2, 111-134 敦煌写本研究年報, 2, 111-134 , 2, 111-134 2008/03 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 相同相異―皎然《詩式》与唐代的文学理論 相同相異―皎然《詩式》与唐代的文学理論 相同相異‐皎然《詩式》与唐代的文学理論 京都大学人文科学研究所主編『日本東方学』, 1, 133-164 京都大学人文科学研究所主編『日本東方学』, 1, 133-164 , 1, 133-164 2007/08 中国語 公開
永田 知之(共著) 永田 知之(共著) 孫国棟著『唐代中央重要文官遷転途径研究』問題点と補訂 孫国棟著『唐代中央重要文官遷転途径研究』問題点と補訂 京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター編集『東洋学へのコンピュータ利用 第18回研究セミナー』京都大学21世紀COE「東アジア世界の人文情報学研究教育拠点」, 55-64 京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター編集『東洋学へのコンピュータ利用 第18回研究セミナー』京都大学21世紀COE「東アジア世界の人文情報学研究教育拠点」, 55-64 , 55-64 2007/03 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 唐代喪服儀礼の一斑―書儀に見える「禫」をめぐって‐ 唐代喪服儀礼の一斑―書儀に見える「禫」をめぐって‐ 敦煌写本研究年報, 1, 91-118 敦煌写本研究年報, 1, 91-118 , 1, 91-118 2007/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之(共著) 永田 知之(共著) 相関ルールによる唐代官僚遷転の分析 相関ルールによる唐代官僚遷転の分析 情報処理学会編『文化情報学のパースペクティブ-デジタルアーカイブへの新地平-』情報処理学会, 1-8 情報処理学会編『文化情報学のパースペクティブ-デジタルアーカイブへの新地平-』情報処理学会, 1-8 , 1-8 2006/12 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 詩人と伝記作者―盧蔵用が抱いた文学観と陳子昂の形象化― 詩人と伝記作者―盧蔵用が抱いた文学観と陳子昂の形象化― 中国文学報, 64, 1-33 中国文学報, 64, 1-33 , 64, 1-33 2002/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
永田 知之 永田 知之 先達の姿―唐人の意識下に於ける陳子昂― 先達の姿―唐人の意識下に於ける陳子昂― 中唐文学会報, 8, 1-22 中唐文学会報, 8, 1-22 , 8, 1-22 2001/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
永田 知之 永田 知之 敦煌本『文心雕龍』研究事始―初期敦煌学の一齣 敦煌本『文心雕龍』研究事始―初期敦煌学の一齣 敦煌学国際学術研究討会Kyoto2015 敦煌学国際学術研究討会Kyoto2015 2015/01 日本語 公開
永田 知之 永田 知之 NAGATA Tomoyuki 王梵志詩と敦煌寺学の教材―『敦煌秘笈』羽30号文書を材料として 王梵志詩と敦煌寺学の教材―『敦煌秘笈』羽30号文書を材料として The Poems of Wang Fanzhi 王梵志and the Educational Materials in Dunhuang 敦煌 Temples: An Analysis of Dunhuang manuscript Hane 羽30 Prospects for the Study of Dunhuang Manuscripts: The Next 20 Years, Conference on Chinese Manuscript Treasures, Princeton University Prospects for the Study of Dunhuang Manuscripts: The Next 20 Years, Conference on Chinese Manuscript Treasures, Princeton University Prospects for the Study of Dunhuang Manuscripts: The Next 20 Years, Conference on Chinese Manuscript Treasures, Princeton University 2014/09 中国語 公開
永田 知之 永田 知之 NAGATA Tomoyuki 『文場秀句』と『広五運図』―唐代の皇太子が用いた教科書 『文場秀句』と『広五運図』―唐代の皇太子が用いた教科書 Wenchang Xiuju 文場秀句 and Guang Wuyuntu 広五運図: A Textbook the Heir Apparent Used during the Tang Period 東アジアの写本と書写材料, 京都大学人文科学研究所 東アジアの写本と書写材料, 京都大学人文科学研究所 Documents and Writing materials in East Asia Workshop, Institute for Research in Humanities, Ky 2013/11 英語 公開
永田知之(共著) 永田知之(共著) 孫国棟『唐代中央文官遷転途径研究』問題点と補訂 孫国棟『唐代中央文官遷転途径研究』問題点と補訂 東洋学へのコンピュータ利用,第18回研究セミナー,pp.55-64. 東洋学へのコンピュータ利用,第18回研究セミナー,pp.55-64. 2007/03/22 日本語 公開
永田知之(共著) 永田知之(共著) 中国古典学知識ベースにおける信頼性評価モデルの一試案 中国古典学知識ベースにおける信頼性評価モデルの一試案 東洋学へのコンピュータ利用,第17回研究セミナー,pp.65-73. 東洋学へのコンピュータ利用,第17回研究セミナー,pp.65-73. 2006/03/24 日本語 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
永田 知之 永田 知之 唐代の文学理論―「復古」と「創新」 唐代の文学理論―「復古」と「創新」 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2015/03 単著 公開
永田 知之 永田 知之 NAGATA Tomoyuki 東アジアの写本と書写材料 東アジアの写本と書写材料 Documents and Writing materials in East Asia 京都大学人文科学研究所 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 2014/12 編者 公開
永田 知之 永田 知之 『工具書について―漢籍の整理―』 『工具書について―漢籍の整理―』 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター 2009/09 日本語 編者 公開
永田 知之 永田 知之 王邦維「洛州無影―『南海寄帰内法伝』中の一文に関する新考察―」 王邦維「洛州無影―『南海寄帰内法伝』中の一文に関する新考察―」 京都大学人文科学研究所編『中国宗教文献研究』 臨川書店 pp.43-58. 京都大学人文科学研究所編『中国宗教文献研究』 臨川書店 pp.43-58. 2007/02 日本語 単訳 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第19回財団法人橋本循記念会蘆北賞(論文部門) The Rohoku Prize 財団法人橋本循記念会 2009
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
東アジアの写本と書写材料 2013/11/21
中国中古の学術と文献 2014/02/01
敦煌学国際学術研究討会Kyoto2015(実行委員) 2015/01/30
藤塚鄰博士遺品展示会・講演会 東アジア近世の書籍文化交流(共催) 2015/02/22
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 分担 ロシアに所蔵される敦煌吐魯番等発見漢文文献の研究 Resaerch in the Chinese texts which were discovered in Dunhuang, Turfan etc. and now kept in Russia 2009/04/01〜2013/03/31
基盤研究(A) 代表 漢籍学の国際化に向けての総合研究 2015/04/01〜2020/03/31
基盤研究(B) 分担 日本近代における文学理論的言説の総合的研究――西洋理論の移入と伝統的文学観の変容 2014/04/01〜2017/03/31
基盤研究(A) 分担 中国典籍日本古写本の研究 2013/04/01〜2018/03/31
基盤研究(A) 代表 漢籍学の国際化に向けての総合研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(A) 代表 漢籍学の国際化に向けての総合研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(A) 代表 漢籍学の国際化に向けての総合研究 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(A) 代表 漢籍学の国際化に向けての総合研究 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
漢文学II The Chinese Classics II 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
漢文学I The Chinese Classics I 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
中国哲学史(特殊講義) History of Chinese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2018/04〜2019/03
中国哲学史(特殊講義) History of Chinese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2018/04〜2019/03
中国哲学史(特殊講義) History of Chinese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
中国哲学史(特殊講義) History of Chinese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
中国語学中国文学(特殊講義) Chinese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学研究科 2018/04〜2019/03
中国語学中国文学(特殊講義) Chinese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学部 2018/04〜2019/03
中国語学中国文学(特殊講義) Chinese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
中国語学中国文学(特殊講義) Chinese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
漢文学II The Chinese Classics II 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
漢文学I The Chinese Classics I 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
講演委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
部局選任衛生管理者 2017/04/01〜2018/03/31
安全衛生委員会 委員 2017/04/01〜2018/03/31
研究計画委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
部局安全衛生管理担当者 2017/04/01〜2018/03/31
点検・評価委員会 委員 2018/04/01〜2019/03/31
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
敦煌写本研究年報 副主編 2015/12/01〜