今井 啓雄

最終更新日時:2017/08/17 14:26:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
今井 啓雄/イマイ ヒロオ/Hiroo Imai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
霊長類研究所/ゲノム細胞研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 霊長類学講座 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒484-8506 愛知県犬山市官林41-2 41-2 Kanrin, Inuyama, Aichi 484-8506.Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0568-63-0577
電子メールアドレス
メールアドレス
imai @ pri.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本生物物理学会
日本動物学会
日本比較生理生化学会
日本進化学会
日本分子生物学会
日本神経科学会
日本霊長類学会
日本味と匂い学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院理学研究科修士課程生物物理学専攻 修了
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程生物物理学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
長野県諏訪清陵高校 ながのけんすわせいりょうこうこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/04/01〜2005/12/15 京都大学大学院理学研究科 1999-2005 Graduate School of Science, Kyoto Univarsity 助手 Assistant Professor
2005/12/16〜 京都大学霊長類研究所  2005- Primate Research Institute, Kyoto University 准教授 Associate Professor
個人ホームページ
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/bunshi/idenshi/index.html
研究テーマ
(日本語)
霊長類の個体や種の特性についての遺伝子・分子レベルの研究
(英語)
molecular and genetic basis of primate species and individuals.
研究概要
(日本語)
現在は、特に視覚・味覚・嗅覚などの環境との接点にあるGPCR型受容体について、分子レベルから行動・生態レベルの研究を行っています。
(英語)
Molecular biology of primate functional proteins mainly sensory receptors.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
分子生理生化学 molecular physiology and biochemistry
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
人類学
生物物理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Koga A, Tanabe H, Hirai Y, Imai H, Imamura M, Oishi T, Stanyon R, Hirai H Co-Opted Megasatellite DNA Drives Evolution of Secondary Night Vision in Azara's Owl Monkey. Genome biology and evolution,9,7,1963-1970 2017/07
Katayama K, Nonaka Y, Tsutsui K, Imai H, Kandori H Spectral Tuning Mechanism of Primate Blue-sensitive Visual Pigment Elucidated by FTIR Spectroscopy. Scientific reports,7,1,4904 2017/07
Fukuda K, Inoguchi Y, Ichiyanagi K, Ichiyanagi T, Go Y, Nagano M, Yanagawa Y, Takaesu N, Ohkawa Y, Imai H, Sasaki H Evolution of the sperm methylome of primates is associated with retrotransposon insertions and genome instability. Human molecular genetics 2017/06
Bunlungsup S, Imai H, Hamada Y, Matsudaira K, Malaivijitnond S Mitochondrial DNA and two Y-chromosome genes of common long-tailed macaques (Macaca fascicularis fascicularis) throughout Thailand and vicinity. American journal of primatology,79,2,1-13 2017/02
Purba LH, Widayati KA, Tsutsui K, Suzuki-Hashido N, Hayakawa T, Nila S, Suryobroto B, Imai H Functional characterization of the TAS2R38 bitter taste receptor for phenylthiocarbamide in colobine monkeys. Biology letters,13,1 2017/01
Nishi E, Tsutsui K, Imai H High maltose sensitivity of sweet taste receptors in the Japanese macaque (Macaca fuscata). Scientific reports,6,39352 2016/12
Tsutsui K, Otoh M, Sakurai K, Suzuki-Hashido N, Hayakawa T, Misaka T, Ishimaru Y, Aureli F, Melin AD, Kawamura S, Imai H Variation in ligand responses of the bitter taste receptors TAS2R1 and TAS2R4 among New World monkeys. BMC evolutionary biology,16,1,208 2016/10
Kawamura S, Kasagi S, Kasai D, Tezuka A, Shoji A, Takahashi A, Imai H, Kawata M Spectral sensitivity of guppy visual pigments reconstituted in vitro to resolve association of opsins with cone cell types. Vision research,127,67-73 2016/10
Yoshida K, Go Y, Kushima I, Toyoda A, Fujiyama A, Imai H, Saito N, Iriki A, Ozaki N, Isoda M Single-neuron and genetic correlates of autistic behavior in macaque. Science advances,2,9,e1600558 2016/09
Hiroo Imai, Nami Suzuki-Hashido, Yoshiro Ishimaru, Takanobu Sakurai, Lijie Yin, Wenshi Pan, Masaji Ishiguro, Katsuyoshi Masuda, Keiko Abe, Takumi Misaka, Hirohisa Hirai Amino acid residues of bitter taste receptor TAS2R16 that determine sensitivity in primates to β-glycosides Biophysics and Physicobiology,13,165-171 2016/07 英語
Carelli FN, Hayakawa T, Go Y, Imai H, Warnefors M, Kaessmann H The life history of retrocopies illuminates the evolution of new mammalian genes. Genome research,26,3,301-314 2016/03
今井 啓雄、西 栄美子 味覚受容体タンパク質の進化と多様性 生物科学,67,2,75-84 2016/02 日本語
Bunlungsup S, Imai H, Hamada Y, Gumert MD, San AM, Malaivijitnond S Morphological characteristics and genetic diversity of Burmese long-tailed Macaques (Macaca fascicularis aurea). American journal of primatology 2015/12
Suzuki-Hashido N, Hayakawa T, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Satta Y, Imai H Rapid Expansion of Phenylthiocarbamide Non-Tasters among Japanese Macaques. PloS one,10,7,e0132016 2015/07 英語
Katayama K, Okitsu T, Imai H, Wada A, Kandori H Identical Hydrogen-Bonding Strength of the Retinal Schiff Base between Primate Green- and Red-Sensitive Pigments: New Insight into Color Tuning Mechanism. The journal of physical chemistry letters,6,7,1130-1133 2015/04
筒井 圭、今井 啓雄 霊長類苦味受容体の機能的多様性 比較生理生化学,32,24-29 2015/04 日本語
Kishida T, Thewissen J, Hayakawa T, Imai H, Agata K Aquatic adaptation and the evolution of smell and taste in whales. Zoological letters,1,9 2015
Eo J, Cha HJ, Imai H, Hirai H, Kim HS Short communication: expression profiles of endogenous retroviral envelopes in Macaca mulatta (rhesus monkey). AIDS research and human retroviruses,30,996-1000 2014/10
Choi Y, Jung YD, Ayarpadikannan S, Koga A, Imai H, Hirai H, Roos C, Kim HS Novel variable number of tandem repeats of gibbon MAOA gene and its evolutionary significance. Genome / National Research Council Canada = Genome / Conseil national de recherches Canada,57,427-432 2014/08
Oishi T, Imai H, Go Y, Imamura M, Hirai H, Takada M Sporadic premature aging in a Japanese monkey: a primate model for progeria. PloS one,9,e111867 2014
今井啓雄, 筒井圭 7回膜貫通型 受容体の遺伝子:TAS2R 霊長類苦味受容体の多様化 生体の科学,64,5,430-431 2013/10/15 日本語
今井啓雄、筒井圭 霊長類苦味受容体の多様化 生体の科学 64, 430-431 2013/10 日本語
早川卓志,今井啓雄 チンパンジーにおける苦味感覚の地域差と進化 遺伝 : 生物の科学,67,4,418-424 2013/07 日本語
今井啓雄、鈴木南美 生息環境に応じた感覚受容体の機能進化 生物物理,53,4,194-197 2013 日本語
今井啓雄, 松井淳 サルでもフェロモンは感じるの? 「新しい霊長類学」 (京都大学霊長類研究所編) p.326-330 講談社ブルーバックス. 2009 日本語
今井啓雄 感覚受容体の退化と進化 「霊 長類進化の科学」 (京都大学霊長類研究所編) p.476-486 京都大学出版会 2007 日本語
今井 啓雄 視細胞外節膜におけるロドプシンとG蛋白質との相互作用.(共著) 蛋白質・核酸・酵素別冊「生命秩序を担う生体超分子」,50, 1220-1225. 2005 日本語
T. Morizumi, H. Imai, and Y. Shichida Two-Step Interaction Mechanism of Rhodopsin Intermediates with C-Terminal Region of Transducin α-Subunit. J. Biochem.(Tokyo) 134, 259-267 2003 日本語
今井 啓雄 錐体と桿体の光応答特性を生み出す視物質の性質とその分子内機構 比較生理生化学,16,1,15-24 1999/03/31 日本語
今井 啓雄;吉沢 透 色覚にかかわる視物質の分子機序--吸収波長制御と光情報伝達の機構 (あゆみ 色覚の分子機序) 医学のあゆみ,186,3,181-186 1998/07/18 日本語
七田芳則、今井 啓雄 時間分解低温分光法による蛋白質の構造変化解析(共著) 生物物理,213/,225-226 1997 日本語
Naka I, Patarapotikul J, Hananantachai H, Imai H, Ohashi J. Association of the endothelial protein C receptor (PROCR) rs867186-G allele with protection from severe malaria. Malar J. 13, 105 2014/03 英語
Y. Toda; T. Nakagita; T. Hayakawa; S. Okada; M. Narukawa; H. Imai; Y. Ishimaru; T. Misaka Two distinct determinants of ligand specificity in T1R1/T1R3 (the umami taste receptor) Journal of Biological Chemistry,288,52,36863-36877 2013/12/27 英語
S. Gonda; S. Matsumura; S. Saito; Y. Go; H. Imai Expression of taste signal transduction molecules in the caecum of common marmosets Biology Letters,9,4 2013/08/23 英語
W.K. Meyer; S. Zhang; S. Hayakawa; H. Imai; M. Przeworski The convergent evolution of blue iris pigmentation in primates took distinct molecular paths American Journal of Physical Anthropology,151,3,398-407 2013/07 英語
R. Miyagi; Y. Terai; M. Aibara; T. Sugawara; H. Imai; H. Tachida; S.I. Mzighani; T. Okitsu; A. Wada; N. Okada Correlation between nuptial colors and visual sensitivities tuned by opsins leads to species richness in sympatric Lake Victoria cichlid fishes Molecular Biology and Evolution,29,11,3281-3296 2012/11 英語
H. Imai; N. Suzuki; Y. Ishimaru; T. Sakurai; L. Yin; W. Pan; K. Abe; T. Misaka; H. Hirai Functional diversity of bitter taste receptor TAS2R16 in primates Biology Letters,8,4,652-656 2012/08/23 英語
T. Hayakawa; T. Sugawara; Y. Go; T. Udono; H. Hirai; H. Imai Eco-geographical diversification of bitter taste receptor genes (TAS2Rs) among subspecies of chimpanzees (Pan troglodytes) PLoS ONE,7,8 2012/08/16 英語
K. Katayama; Y. Furutani; H. Imai; H. Kandori Protein-bound water molecules in primate red- and green-sensitive visual pigments Biochemistry,51,6,1126-1133 2012/02/14 英語
Y. Ishimaru; M. Abe; T. Asakura; H. Imai; K. Abe Expression Analysis of Taste Signal Transduction Molecules in the Fungiform and Circumvallate Papillae of the Rhesus Macaque, Macaca mulatta PLoS ONE,7,9 2012 英語
Imai H Primate Genome Database In Monkeys, Apes, and Humans Primatology in Japan. Springer Briefs (Huffman M, Nakagawa N, Go Y, Imai H, Tomonaga M) pp35-40 (2012). 2012 英語
H. Nagai; Y. Terai; T. Sugawara; H. Imai; H. Nishihara; M. Hori; N. Okada Reverse evolution in RH1 for adaptation of cichlids to water depth in Lake Tanganyika Molecular Biology and Evolution,28,6,1769-1776 2011/06 英語
T. Sugawara; Y. Go; T. Udono; N. Morimura; M. Tomonaga; H. Hirai; H. Imai Diversification of bitter taste receptor gene family in western chimpanzees Molecular Biology and Evolution,28,2,921-931 2011/02 英語
N. Suzuki; T. Sugawara; A. Matsui; Y. Go; H. Hirai; H. Imai Identification of non-taster Japanese macaques for a specific bitter taste Primates,51,4,285-289 2010/10 英語
T. Matsuyama; T. Yamashita; H. Imai; Y. Shichida Covalent bond between ligand and receptor required for efficient activation in rhodopsin Journal of Biological Chemistry,285,11,8114-8121 2010/03/12 英語
T. Sugawara; H. Imai; M. Nikaido; Y. Imamoto; N. Okada Vertebrate Rhodopsin Adaptation to Dim Light via Rapid Meta-II Intermediate Formation Molecular Biology and Evolution,27,3,506-519 2010/03 英語
K. Katayama; Y. Furutani; H. Imai; H. Kandori An FTIR study of monkey green- And red-sensitive visual pigments Angewandte Chemie - International Edition,49,5,891-894 2010 英語
K. Tsutsui; H. Imai; Y. Shichida E113 is required for the efficient photoisomerization of the unprotonated chromophore in a UV-absorbing visual pigment Biochemistry,47,41,10829-10833 2008/10/14 英語
O. Seehausen; Y. Terai; I.S. Magalhaes; K.L. Carleton; H.D.J. Mrosso; R. Miyagi; I. Van Der Sluijs; M.V. Schneider; M.E. Maan; H. Tachida; H. Imai; N. Okada Speciation through sensory drive in cichlid fish Nature,455,7213,620-U23 2008/10/02 英語
K. Sakurai; A. Onishi; H. Imai; O. Chisaka; Y. Ueda; J. Usukura; K. Nakatani; Y. Shichida Physiological properties of rod photoreceptor cells in green-sensitive cone pigment knock-in mice Journal of General Physiology,130,1,21-40 2007/07 英語
M. Imafuku; I. Shimizu; H. Imai; Y. Shichida Sexual difference in color sense in a lycaenid butterfly, Narathura japonica Zoological Science,24,6,611-613 2007/06 英語
K. Tsutsui; H. Imai; Y. Shichida Photoisomerization efficiency in UV-absorbing visual pigments: Protein-directed isomerization of an unprotonated retinal Schiff base Biochemistry,46,21,6437-6445 2007/05/29 英語
S. Kurumada; A. Onishi; H. Imai; K. Ishii; T. Kobayashi; S.B. Sato Stage-specific association of apolipoprotein A-I and E in developing mouse retina Investigative Ophthalmology and Visual Science,48,4,1815-1823 2007/04 英語
H. Imai; V. Kefalov; K. Sakurai; O. Chisaka; Y. Ueda; A. Onishi; T. Morizumi; Y. Fu; K. Ichikawa; K. Nakatani; Y. Honda; J. Chen; K.-W. Yau; Y. Shichida Molecular properties of rhodopsin and rod function Journal of Biological Chemistry,282,9,6677-6684 2007/03/02 英語
T. Suzuki; M. Akimoto; H. Imai; Y. Ueda; M. Mandai; N. Yoshimura; A. Swaroop; M. Takahashi Chondroitinase ABC treatment enhances synaptogenesis between transplant and host neurons in model of retinal degeneration Cell Transplantation,16,5,493-503 2007 英語
T. Hirano; N. Fujioka; H. Imai; H. Kandori; A. Wada; M. Ito; Y. Shichida Assignment of the vibrational modes of the chromophores of iodopsin and bathoiodopsin: Low-temperature Fourier transform infrared spectroscopy of <sup>13</sup>C- and<sup>2</sup>H-labeled iodopsins Biochemistry,45,4,1285-1294 2006/01/31 英語
Y. Ueda; N. Tammitsu; H. Imai; Y. Honda; Y. Shichida Recovery of rod-mediated a-wave during light-adaptation in mGluR6-deficient mice Vision Research,46,10,1655-1664 2006 英語
Y. Terai; O. Seehausen; T. Sasaki; K. Takahashi; S. Mizoiri; T. Sugawara; T. Sato; M. Watanabe; N. Konijnendijk; H.D.J. Mrosso; H. Tachida; H. Imai; Y. Shichida; N. Okada Divergent selection on opsins drives incipient speciation in Lake Victoria cichlids PLoS Biology,4,12,2244-2251 2006 英語
Y. Terai; O. Seehausen; T. Sasaki; K. Takahashi; S. Mizoiri; T. Sugawara; T. Sato; M. Watanabe; N. Konijnendijk; H.D. Mrosso; H. Tachida; H. Imai; Y. Shichida; N. Okada Divergent selection on opsins drives incipient speciation in Lake Victoria cichlids. PLoS biology,4,12,e433 2006 英語
Y. Terai, O. Seehausen, T. Sasaki, K. Takahashi, S. Mizoiri, T. Sugawara, T. Sato, M. Watanabe, N. Konijnendijk, H.D. Mrosso, H. Tachida, H. Imai, Y. Shichida, and N. Okada. Parallelism of amino acid changes at the RH1 affecting spectral sensitivity among deep-water cichlids from Lakes Tanganyika and Malawi. PLoS Biol. 4, e433 2006 英語
A. Onishi; J. Hasegawa; H. Imai; O. Chisaka; Y. Ueda; Y. Honda; M. Tachibana; Y. Shichida Generation of knock-in mice carrying third cones with spectral sensitivity different from S and L cones Zoological Science,22,10,1145-1156 2005/10 英語
H. Kassai; A. Aiba; K. Nakao; K. Nakamura; M. Katsuki; W.-H. Xiong; K.-W. Yau; H. Imai; Y. Shichida; Y. Satomi; T. Takao; T. Okano; Y. Fukada Farnesylation of retinal transducin underlies its translocation during light adaptation Neuron,47,4,529-539 2005/08/18 英語
K. Terao; A. Mikami; A. Saito; S.-I. Itoh; H. Ogawa; O. Takenaka; T. Sakai; A. Onishi; M. Teramoto; T. Udono; Y. Emi; H. Kobayashi; H. Imai; Y. Shichida; S. Koike Identification of a protanomalous chimpanzee by molecular genetic and electroretinogram analyses Vision Research,45,10,1225-1235 2005/05 英語
S. Kuwayama; H. Imai; T. Morizumi; Y. Shichida Amino acid residues responsible for the meta-III decay rates in rod and cone visual pigments Biochemistry,44,6,2208-2215 2005/02/15 英語
T. Kodama, H. Imai, T. Doi, O. Chisaka, Y. Shichida and Y. Fujiyoshi. Expression and localization of human endothelin B receptor in the retinal rod cells of knockin mice. Exp. Eye Res. 80, 859-869 2005 英語
T. Morizumi, H. Imai, and Y. Shichida. Direct Observation of the Complex Formation of GDP-bound Transducin with Protonated Intermediate of Rhodopsin in Rod Outer Segments Membranes. Biology Letters 8, 652-656 2005 英語
H. Imai; S. Kuwayama; A. Onishi; T. Morizumi; O. Chisaka; Y. Shichida Molecular properties of rod and cone visual pigments from purified chicken cone pigments to mouse rhodopsin in situ Photochemical and Photobiological Sciences,4,9,667-674 2005 英語
T. Kodama; H. Imai; T. Doi; O. Chisaka; Y. Shichida; Y. Fujiyoshi Expression and localization of an exogenous G protein-coupled receptor fused with the rhodopsin C-terminal sequence in the retinal rod cells of knockin mice Experimental Eye Research,80,6,859-869 2005 英語
T. Morizumi; H. Imai; Y. Shichida Direct observation of the complex formation of GDP-bound transducin with the rhodopsin intermediate having a visible absorption maximum in rod outer segment membranes Biochemistry,44,29,9936-9943 2005 英語
H. Ueyama; S. Kuwayama; H. Imai; S. Oda; Y. Nishida; S. Tanabe; Y. Shichida; S. Yamade Analysis of L-cone/M-cone visual pigment gene arrays in Japanese males with protan color-vision deficiency Vision Research,44,19,2241-2252 2004 英語
T. Hirano; H. Imai; Y. Shichida Effect of Anion Binding on the Thermal Reverse Reaction of Bathoiodopsin: Anion Stabilizes Two Forms of Iodopsin Biochemistry,42,43,12700-12707 2003/11/04 英語
T. Morizumi; H. Imai; Y. Shichida Two-step mechanism of interaction of rhodopsin intermediates with the C-terminal region of the transducin α-subunit Journal of Biochemistry,134,2,259-267 2003 英語
S. Kuwayama; H. Imai; T. Hirano; A. Terakita; Y. Shichida Conserved proline residue at position 189 in cone visual pigments as a determinant of molecular properties different from rhodopsins Biochemistry,41,51,15245-15252 2002/12/24 英語
T. Hirano; I.T. Lim; D.M. Kim; X.-G. Zheng; K. Yoshihara; Y. Oyama; H. Imai; Y. Shichida; M. Ishiguro Constraints of opsin structure on the ligand-binding site: Studies with ring-fused retinals Photochemistry and Photobiology,76,6,606-615 2002/12 英語
H. Ueyama; S. Kuwayama; H. Imai; S. Tanabe; S. Oda; Y. Nishida; A. Wada; Y. Shichida; S. Yamadee Novel missense mutations in red/green opsin genes in congenital color-vision deficiencies Biochemical and Biophysical Research Communications,294,2,205-209 2002/06/07 英語
A. Onishi; S. Koike; M. Ida-Hosonuma; H. Imai; Y. Shichida; O. Takenaka; A. Hanazawa; H. Komatsu; A. Mikami; S. Goto; B. Suryobroto; A. Farajallah; P. Varavudhi; C. Eakavhibata; K. Kitahara; T. Yamamori Variations in long- and middle-wavelength-sensitive opsin gene loci in crab-eating monkeys Vision Research,42,3,281-292 2002/02 英語
Onishi A., Koike S., Ida-Hosonuma M., Imai H., Shichida Y., Takenaka O., Hanazawa A., Komatsu H., Mikami A., Goto S., Kitahara K., Farajallah A., Suryobroto B., Yamamori T. Color vision of dichromatic macaques. 1. DNA analyses. The XIXth Congress of the International Primatological Society (Aug. 2002, Beijing, China). 2002 英語
A. Wada; M. Tsutsumi; Y. Inatomi; H. Imai; Y. Shichida; M. Ito Retinoids and related compounds. Part 26.<sup>1</sup> Synthesis of (11Z)-8,18-propano- and methano-retinals and conformational study of the rhodopsin chromophore Journal of the Chemical Society. Perkin Transactions 1,19,2430-2439 2001/10/07 英語
H. Imai; T. Hirano; H. Kandori; A. Terakita; Y. Shichida Difference in molecular structure of rod and cone visual pigments studied by fourier transform infrared spectroscopy Biochemistry,40,9,2879-2886 2001/03/06 英語
T. Hirano; H. Imai; H. Kandori; Y. Shichida Chloride effect on iodopsin studied by low-temperature visible and infrared spectroscopies Biochemistry,40,5,1385-1392 2001/02/06 英語
A. Nakamura; D. Kojima; T. Okano; H. Imai; A. Terakita; Y. Shichida; Y. Fukada Regulatory mechanism for the stability of the meta II intermediate of pinopsin Journal of Biochemistry,129,2,329-334 2001/02 英語
B. Borhan; M.L. Souto; H. Imai; Y. Shichida; K. Nakanishi Movement of retinal along the visual transduction path Science,288,5474,2209-2212 2000/06/23 英語
H. Imai; A. Terakita; Y. Shichida Analysis of amino acid residues in rhodopsin and cone visual pigments that determine their molecular properties Methods in Enzymology,315,293-312 2000 英語
Y. Shichida; S. Tachibanaki; T. Mizukami; H. Imai; A. Terakita Heterogeneity of rhodopsin intermediate state interacting with transducin Methods in Enzymology,315,347-363 2000 英語
A. Onishi; S. Koike; M. Ida; H. Imai; Y. Shichida; O. Takenaka; A. Hanazawa; H. Konatsu; A. Mikami; S. Goto; B. Suryobroto; K. Kitahara; T. Yamamori Dichromatism in macaque monkeys Nature,402,6758,139-140 1999/11/11 英語
A. Nakamura; D. Kojima; H. Imai; A. Terakita; T. Okano; Y. Shichida; Y. Fukada Chimeric nature of pinopsin between rod and cone visual pigments Biochemistry,38,45,14738-14745 1999/11/09 英語
Y. Imamoto; T. Hirano; H. Imai; H. Kandori; A. Maeda; T. Yoshizawa; M. Groesbeek; J. Lugtenburg; Y. Shichida Effect of anion binding on iodopsin studied by low-temperature Fourier transform infrared spectroscopy Biochemistry,38,36,11749-11754 1999/09/07 英語
H. Imai; T. Hirano; A. Terakita; Y. Shichida; R.S. Muthyala; R.-L. Chen; L.U. Colmenares; R.S.H. Liu Probing for the threshold energy for visual transduction: Red-shifted visual pigment analogs from 3-methoxy-3-dehydroretinal and related compounds Photochemistry and Photobiology,70,1,111-115 1999/07 英語
Y. Shichida; H. Imai Visual pigment: G-protein-coupled receptor for light signals Cellular and Molecular Life Sciences,54,12,1299-1315 1998/12 英語
S. Tachibanaki; H. Imai; A. Terakita; Y. Shichida Identification of a new intermediate state that binds but not activates transducin in the bleaching process of bovine rhodopsin FEBS Letters,425,1,126-130 1998/03/20 英語
A. Wada; N. Fujioka; H. Imai; Y. Shichida; M. Ito Stereoselective synthesis of 11Z-9-demethyl-9-benzyl- and 9-phenyl-retinals and their interaction with bovine opsin Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters,8,5,423-426 1998/03/03 英語
S. Tachibanaki; H. Imai; T. Mizukami; T. Okada; Y. Imamoto; T. Matsuda; Y. Fukada; A. Terakita; Y. Shichida Presence of two rhodopsin intermediates responsible for transducin activation Biochemistry,36,46,14173-14180 1997/11/18 英語
H. Imai; A. Terakita; S. Tachibanaki; Y. Imamoto; T. Yoshizawa; Y. Shichida Photochemical and biochemical properties of chicken blue-sensitive cone visual pigment Biochemistry,36,42,12773-12779 1997/10/21 英語
T. Yoshizawa; H. Imai; A. Terakita; Y. Imamoto; Y. Shichida Photobleaching process of chicken blue-sensitive cone visual pigment Investigative Ophthalmology and Visual Science,38,4,S596 1997 英語
S. Tachibanaki; Y. Imamoto; H. Imai; Y. Shichida Effect of chloride on the thermal reverse reaction of intermediates of iodopsin Biochemistry,34,40,13170-13175 1995/10/10 英語
H. Imai Difference in molecular properties between chicken green and rhodopsin as related to the functional difference between cone and rod photoreceptor cells Biochemistry,34,33,10525-10531 1995/08/22 英語
A. Wada; M. Tsutsumi; Y. Inatomi; H. Imai; Y. Shichida; M. Ito Synthesis of 11Z-8,18-propano- and methano-retinals and their interaction with bovine opsin Chemical and Pharmaceutical Bulletin,43,8,1419-1421 1995/08 英語
D. Kojima; H. Imai; T. Okano; Y. Fukada; F. Crescitelli; T. Yoshizawa; Y. Shichida Purification and low temperature spectroscopy of gecko visual pigments green and blue 1 Biochemistry®,34,3,1096-1106 1995/01/24 英語
H. Imai; T. Mizukami; Y. Imamoto; Y. Shichida Direct observation of the thermal equilibria among lumirhodopsin, metarhodopsin I, and metarhodopsin II in chicken rhodopsin Biochemistry,33,47,14351-14358 1994/11/29 英語
Y. Imamoto; H. Imai; T. Yoshizawa; Y. Shichida Thermal recovery of iodopsin from its meta I-intermediate FEBS Letters,354,2,165-168 1994/11/07 英語
Y. Shichida; H. Imai; Y. Imamoto; Y. Fukada; T. Yoshizawa Is chicken green-sensitive cone visual pigment a rhodopsin-like pigment? A comparative study of the molecular properties between chicken green and rhodopsin Biochemistry,33,31,9040-9044 1994/08/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
今井 啓雄 サルの味覚を追ってフィールドに フィールドプラス,15,22-23 2016/01 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
河本悠吾, 河本悠吾, 西栄美子, 鈴木(橋戸)南美, 早川卓志, 早川卓志, 赤尾大樹, 松村秀一, 田代靖子, 橋本千絵, 五百部裕, 今井啓雄 同所的に生息するグエノン類3種における苦味受容体TAS2R16の機能解析 霊長類研究,32,Supplement,60 2016/06/20 日本語
鈴木(橋戸)南美, 早川卓志, 早川卓志, 辻大和, PURBA Laurentia Henrieta P S, NILA Sarah, WIDAYATI Kanthi Arum, SURYOBROTO Bambang, 今井啓雄 葉食適応を果たしたコロブス類の苦味受容体はどのように進化しているか 霊長類研究,32,Supplement,58 2016/06/20 日本語
筒井圭、尾頭雅大、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Barbara J. Welker、Filippo Aureli、Colleen M. Schaffner、Linda M. Fedigan、河村正二、今井啓雄 新世界ザルの苦味受容体応答の種間差 第59回プリマーテス研究会 2015/01
筒井圭、尾頭雅大、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Barbara J. Welker、Filippo Aureli、Colleen M. Schaffner、Linda M. Fedigan、河村正二、今井啓雄 Interspecific Variation of Ligand Sensitivity and Evolution of Bitter Taste Receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World Monkeys. 第52回日本生物物理学会 2014/09
福田渓, 一柳健司, 永野昌志, 柳川洋二郎, 高江洲昇, 今井啓雄, 佐々木裕之 霊長類の生殖細胞エピゲノムの進化 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集,86th,96 2014/08/31 日本語
筒井圭、尾頭雅大、櫻井児太摩、鈴木-橋戸南美、早川卓志、Barbara J. Welker、Filippo Aureli、Colleen M. Schaffner、Linda M. Fedigan、河村正二、今井啓雄 Functional Diversity of Bitter Taste Receptors in New World Monkeys. 第25回国際霊長類学会 2014/08
今村公紀, LIN Yu‐Ching, 西原浩司, 日下部央里絵, 岡野James洋尚, 今井啓雄, 平井啓久, 岡野栄之 ヒト特異性を探るツールとしてのチンパンジーiPS細胞 霊長類研究,30,Supplement,53 2014/06/20 日本語
西栄美子, 筒井圭, 今井啓雄 ヒトとニホンザルにおける甘味感受性の違い 霊長類研究,30,Supplement,43 2014/06/20 日本語
今井啓雄 分子系統学と霊長目の適応進化-サルの味覚の地域変異の謎- 日本哺乳類学会2014年度大会自由集会「哺乳類分子系統学のこれから」 2014
Hiroo Imai Intra-species difference in the taste receptors of primates. International Union of Anthropological and Ethnological Sciences 2014. “Local differences in ecology and behavior of non-human primates: genetic variation or culture?” 2014
北島龍之介, 林ユーチン, 岡野洋尚, 岡野洋尚, 平井啓久, 今井啓雄, 今村公紀, 岡野栄之 霊長類研究ツールとしてのiPS細胞技術の利用 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),37th,3LBA-23 (WEB ONLY) 2014 日本語
和田昭盛, 藤岡直子, 伊藤允好, 今井啓雄, 七田芳則 9位置換11Z‐レチナールアナログを用いたロドプシンアナログのコンホメーション解析 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,57th,312-314 2013/10/05 日本語
早川卓志, 井上英治, KOOPS K, 大東肇, 松沢哲郎, 今井啓雄 野生チンパンジーにおける苦味受容体遺伝子の地域差と生態適応 霊長類研究,29,Supplement,97 2013/09/06 日本語
尾頭雅大, 筒井圭, 櫻井児太摩, 鈴木(橋戸)南美, 早川卓志, AURELI F, SCHAFFNER C M, FEDIGAN L M, 今井啓雄, 河村正二 色覚・食性の異なる新世界ザル種間における苦味受容体TAS2R1及び4のリガンド感受多様性 霊長類研究,29,Supplement,243 2013/09/06 日本語
権田彩, 松村秀一, 斉藤正一郎, 郷康広, 今井啓雄 マーモセット盲腸における味覚情報伝達分子群の発現解析 霊長類研究,29,Supplement,241 2013/09/06 日本語
鈴木(橋戸)南美, 辻大和, 早川卓志, NILA S, ARUM WIDAYATI K, YIN L, PAN W, SURYOBROTOQ B, 今井啓雄 葉食適応を果たしたコロブス類の苦味受容体はどのように進化しているか 霊長類研究,29,Supplement,98 2013/09/06 日本語
櫻井啓輔, 大西暁士, 今井啓雄, 千坂修, 山下高廣, 中谷敬, 七田芳則 ニワトリ緑色感受性錐体視物質を桿体視細胞に発現させたノックインマウスの単一視細胞応答 日本動物学会大会予稿集,84th,127 2013/08/12 日本語
小島大輔, 今井啓雄, 森卓, 深田吉孝 ニホンザルOpn5遺伝子の発現パターン 日本動物学会大会予稿集,84th,126 2013/08/12 日本語
綿貫宏史朗, 落合知美, 西村剛, 今井啓雄, 伊谷原一, 友永雅己, 松沢哲郎 大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の活動紹介:WEBによる情報発信と遺体の有効活用 日本野生動物医学会大会・講演要旨集,19th,152 2013 日本語
高江洲昇, 柳川洋二郎, 永野昌志, 兼子明久, 今井啓雄, 岡本宗裕, 下鶴倫人, 坪田敏男 尿道カテーテル法を応用したニホンザルの精液採取 日本野生動物医学会大会・講演要旨集,19th,72 2013 日本語
Imai H Bitter taste receptors of primates In Evolution and Senses: Opsins, Bitter Taste, Olfaction Springer Briefs (Shichida Y, Yamashita T, Imai H, Kishida T) pp23-34. 2013 英語
Huffman MA, Nakagawa N, Go Y, Imai H, Tomonaga M Monkyes, apes, and humans: Primatology in Japan 52 pp (+ viii), Tokyo: Springer. 2012 英語
Hayakawa T, Sugawara T, Go Y, Udono T, Hirai H, Imai H Eco-Geographical Differences of the Sense of Bitter Taste in Chimpanzees The 1st International Seminar on Biodiversity and Evolution (2012/09/26, Kyoto). 2012 英語
Hayakawa T, Sugawara T, Go Y, Udono T, Hirai H, Imai H Geography and evolution of bitter taste receptor genes in chimpanzees 第 10 回国際シンポジウム「味覚嗅覚の分子神経機構」(2012/11/02-03, Fukuoka). 2012 英語
Imai H Functional evolution of bitter taste receptors of Asian primates. The 3rd International Symposium On Southeast Asian Primates (2012/08/28, Churaloncon University, Thailand). 2012 英語
Suzuki N, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Imai H Identification of PTC “non-taster” Japanese macaques caused by TAS2R38 dysfunction. XVI International Symposium on Olfaction and Taste (2012/06/23-27, Stockholm, Sweden). 2012 英語
Imai H, Suzuki N, Ishimaru Y, Sakurai T, Lijie Yin, Wenshi Pan, Abe K, Misaka T, Hirai H Functional diversity of bitter taste receptor TAS2R16 in primates to natural ligands. XVI International Symposium on Olfaction and Taste (2012/06/23-27, Stockholm, Sweden). 2012 英語
Uesaka M, Nishimura O, Uno K, Ueda HR, Oishi T, Imai H, Agata K, Imamura T Species-specific pseudogene insertions generate cis-acting RNA for promoter demethylation in the macaque. 第34回日本分子生物学会年会 (2011/12/16, 横浜). 2011 英語
Imai H Functional evolution of primate TAS2Rs, シンポジウム「環境適応の最前線:感覚受容体の機能進化」Adaptive molecules: functional evolution of sensory receptors. 日本進化学会第13回大会 (2011/07/30, 京都). 2011 英語
Suzuki N, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Imai H Region specific dysfunction of bitter taste receptor TAS2R38 in Japanese macaques. The 9th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (2011/11/06, Fukuoka). 2011 英語
Ochiai-Ohira T, Uchikoshi M, Imai H, Go Y, Nishimura T, Idani G, Matsuzawa T Activity of the Great Ape Information Network (GAIN): a web site promoting animal welfare. International Conference on Environmental Enrichment (2011/08/14-19, Benson Hotel, Oregon, USA). 2011 英語
Yoshida T, Okamoto M, Akari H, Suzuki J, Miyabe-Nishiwaki T, Hayakawa T, Imai H, Matsui A, Watanebe A, Kaneko A, Hirai H Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese macaques. The Unlimited World Microbes International Union of Microbiological Societies 2011 Congress XV International Congress of Virology. (2011/09, Sapporo, Japan). 2011 英語
Imai H "Sensory receptors as a probe for the adaptation of diverse animal physiology and behaviors." Ophthalmology & Visual Sciences Seminar Washington University School of Medicine. 2010/04/26 英語
Imai H, Suzuki N, Sugawara T, Matsui A, Go Y, Hirai H Polymorphism in Bitter Taste Receptors of Primates Association for Chemoreception Sciences 2010 annual meeting (2010/04/22, St. Petersberg, USA). 2010 英語
N. Suzuki, T. Sugawara, A. Matsui, Y. Go, H. Hirai, H. Imai Region-specific distribution of non-taster Japanese macaques International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010. 2010年9月,京都. 2010 英語
Imai H IPS BITTER TASTE RECEPTORS OF PRIMATES. International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/09/13, Kyoto). 2010 英語
Go Y., Sugawara T., Suzuki N., Hayakawa T., Matsui A., Hirai H., Imai H. Evolutionary dynamics of bitter taste receptor gene repertoires in primates. (2010)European Chemoreception Research Organization XXth CONGRESS (2010/09, Avignon, France). 2010 英語
T. Hayakawa, T. Sugawara, Y. Go, T. Udono, H. Hirai, H. Imai Intrasubspecific polymorphisma and intersubspecific divergenece of bitter taste recepter genes in chimpanzees. International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010.2010年9月,京都. 2010 英語
Suzuki N, Sugawara T, Matsui A, Go Y, Hirai H, Imai H Polymorphism in the bitter taste receptor gene of Japanese and rhesus macaques. The 3rd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project (2009/07, Kyoto). 2009 英語
T. Sugawara; Y. Terai; H. Imai; G.F. Turner; S. Koblmüller; C. Sturmbauer; Y. Shichida; N. Okada Parallelism of amino acid changes at the RH1 affecting spectral sensitivity among deep-water cichlids from Lakes Tanganyika and Malawi Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,102,15,5448-5453 2005/04/12 英語
Shichida, Y;Imai, H Amino acid residues controlling the properties and functions of rod and cone visual pigments. Novartis Foundation symposium,224,142-53; discussion 153-7 1999 英語
H. Imai; D. Kojima; T. Oura; S. Tachibanaki; A. Terakita; Y. Shichida Single amino acid residue as a functional determinant of rod and cone visual pigments Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,94,6,2322-2326 1997/03/18 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
西栄美子、筒井圭、今井啓雄 ヒトとニホンザルにおける甘味感受性と甘味受容体機能の比較 第49回日本味と匂学会大会 2015/09 日本語
北島龍之介, LIN Zachary Yu‐Ching, 馬場庸平, 西原浩司, 今井啓雄, 平井啓久, 岡野栄之, 今村公紀 霊長類Evo‐Devo研究ツールとしてのチンパンジーiPS細胞の利用 第 31 回日本霊長類学会大会,31,Supplement,99-100 2015/07/20 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
霊長類味覚受容体の遺伝子・タンパク質・個体レベルの解析 [招待あり] 東京農業大学 先端研究プロジェクト「消化管幹細胞を用いた新規培養系の確立と消化管機能解析」中間報告会 東京農業大学 先端研究プロジェクト 2016/01/20 日本語
霊長類における苦味感覚の多様性 [招待あり] 生理学研究所 研究会 生物学的階層構造をまたぐセルセンサー情報伝達に関する戦略的研究開発 2015/09/14 日本語
Next-generation sequencing analysis of Indonesian colobine genome. [Invited] The IVth International Symposium of Southeast Asian Primates 2014/08/18 英語
コモンマーモセット盲腸における味覚受容関連タンパク質の発現 第10回宮崎ほ乳類セミナー 宮崎大学農学部 2014/03/22 日本語
霊長類の感覚:色覚と味覚 名古屋工業大学 オプトバイオテクノロジー研究センター設立シンポジウム 名古屋工業大学 2013/12/26 日本語
マーモセット盲腸における味覚情報伝達分子群の発現 第3回日本マーモセット研究会大会シンポジウム 日本マーモセット研究会 2013/12/12 日本語
コモンマーモセット盲腸における味覚情報伝達分子の発現 生理研研究会「細胞センサーの分子機構・相互関連・ネットワーク研究会」 生理学研究所 2013/11/28 日本語
霊長類味覚受容体の機能解析  分子研研究会「ロドプシン研究の故きを温ねて新しきを知る」 分子科学研究所 2013/11/19 日本語
Expression of taste signal transduction molecules in the cecum of common marmosets. [Invited] The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception. 2013/10/31 英語
遺伝子とタンパク質機能から霊⻑類モデルをみつける 「霊長類認知ゲノミクス」キックオフワークショップ 自然科学機構新分野創成センター 2013/09/30 日本語
ゲノム多型の機能解析:霊長類 第二回脳表現型の分子メカニズム研究会 脳表現型の分子メカニズム研究会 2011/11/19 日本語
霊長類バイオリソースの現状と展望 熊本大学第16回遺伝子実験施設セミナー「バイオリソース最前線」 熊本大学遺伝子実験施設 2011/10/12 日本語
霊長類苦味受容体から何がわかるか 分子研研究会 「拡がるロドプシンの仲間から”何がわかるか””何をもたらすか”」 分子科学研究所 2010/03/24 日本語
遺伝子で食べ物の好き嫌いがわかる? 第24回全国飼育の集い 全国飼育の集い 2008/12/09 日本語
受容体から見たノックインマウスと霊長類の視覚. 霊長類研究所共同利用研究会「霊長類ゲノムと脳・感覚研究の最前線」 霊長類研究所共同利用研究会 2007/09 日本語
光受容タンパク質:ニワトリ、ノックインマウス、霊長類. 第36回ホミニゼーション研究会「見る、聞く、話すの進化」 ホミニゼーション研究会 2006/11 日本語
視物質部位特異的変異体ノックインマウスの作製 SCS 視覚研究会 SCS 視覚研究会 2006/06 日本語
ノックインマウスを用いた光情報伝達の解析. 分子研研究会「ロドプシンの仲間・G蛋白質共役型レセプターの機能と構造」 分子科学研究所 2005/06 日本語
視物質ノックインマウスの生理応答. 第82回日本生理学会大会シンポジウム「網膜神経回路解析法の進歩と電気生理学:分子生物学的解析から行動解析まで」 日本生理学会 2005/05 日本語
ロドプシンノックインマウスを用いた視細胞内光情報伝達のkinetics解析. 分子研研究会「物理化学から生命科学を展望する-分子組織体から細胞へ-」 分子科学研究所 2004/12 日本語
ノックインマウスを用いた視細胞光情報伝達機構の解析. 大阪大学蛋白質研究所セミナー「バイオロジカルタイミングと光」 大阪大学蛋白質研究所 2002/06 日本語
光受容蛋白質からみた視覚の二元説 基生研研究会「光受容メカニズムの分子生理」 基礎生物学研究所 1995/03 日本語
時間分解低温分光法による錐体・桿体光受容蛋白質の光反応・熱反応過程の解析. 理研シンポジウム第10回生命現象のダイナミクス-生体メカニズムの測定法- 理化学研究所 1995/01 日本語
Functional evolution of bitter taste receptors of Asian primates. THE 3RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SOUTHEAST ASIAN PRIMATES: Churaloncon University 2012/08/28 英語
霊長類味覚受容体の進化 日本生理学会大会第89回大会シンポジウム 日本生理学会 2012/03/31 英語
Differences in bitter taste receptors and behaviours in species and sub-species of primates: Identification of non-taster Japanese macaques for a specific bitter taste. European Chemoreception Research Organization XXth CONGRESS European Chemoreception Research Organization 2010/09/18 英語
"Sensory receptors as a model system of post-genome primatology" 生物多様性国際会議「霊長類のゲノム多様性研究」 2010/03/06 英語
Functional amino acid residues of rod and cone visual pigments in vitro and in vivo. "Evolution and biological function of seven trans-membrane receptors" 2005/11 英語
Correlation between the Intermediate States of Visual Pigments and Response of Photoreceptor Cells Revealed by Rhodopsin Mutant Knock-in Mouse. 14th International Congress on Photobiology Photobiology Society 2004/06/10 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
霊長類グリアアセンブリの関連遺伝子変異探索 [招待あり] 第40回日本神経科学大会シンポジウム 2017/07/20 日本語
Functional diversity of primate GPCR-type sensory receptors. [Invited] International Symposium on Biophysics of Rhodopsin 2017/05/12 英語
霊長類味覚受容体の分子生理学 [招待あり] 日本生理学会第94回大会シンポジウム 2017/03/28 日本語
Functional evolution of primate taste receptors. In symposium “Learning from Sensory Molecules [Invited] Impact on Physiology and Evolution” The joint meeting of the 22nd International Congress of Zoology and the 87th Meeting of the Zoological Society of Japan 2016/09/18 英語
分子系統学と霊長目の適応進化-サルの味覚地域変異の謎- [招待あり] 日本哺乳類学会2014年度大会 2014/09/04 日本語
Intra-species difference in the taste receptors of primates [Invited] 2014/05/18 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ヒトとサルの味覚と遺伝子 [招待あり] 夏の学び舎 2017/07/25 日本語
ヒトとニホンザルにおける甘味感受性の比較 霊長類研究 2016/06/20 日本語
繁殖期のワオキツネザルのオスは臭腺分泌物質をどのような目的で利用しているのか 第60回プリマーテス研究会 2016/01/30 日本語
Genetic and functional variation of bitter taste receptor TAS2R38 in primates [Invited] The 13th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception. 2015/11/03 英語
霊長類の生殖細胞エピゲノムの進化とゲノム進化の相互作用 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集 2015/09/10 日本語
Functional analysis of bitter and sweet receptors of primates by cellular and behavioral Experiments [Invited] 2015/08/21 英語
行動実験と分子実験によるヒトとニホンザルの甘味感受性比較 第 31 回日本霊長類学会大会 2015/07/18 日本語
ニホンザルにおけるPTC味盲多型の急速な拡がり 第 31 回日本霊長類学会大会 2015/07/18 英語
Functional identification of gene encoding receptor of PTC bitter taste compound in leaf-eating monkeys 2015/07/18 英語
Subspecific hybridization between Macaca fascicularis fascicularis and Macaca fascicularis aurea 2015/07/18 英語
Interspecific Variation of Ligand Sensitivity and Evolution of Bitter Taste Receptors TAS2R1 and TAS2R4 in New World Monkeys. 第12回国際シンポジウム「味覚嗅覚の分子神経機構」 2014/11
Interspecific Variation in Ligand Sensitivity of G-Protein-Coupled Bitter Taste Receptors in New World Monkeys. 第16回レチナール蛋白国際会議 2014/10
樹液を飲み、盲腸で味わう?サル-ブラジルでのマーモセット観察の報告 京大モンキー日曜サロン 2014/08/31 日本語
新世界ザル苦味受容体機能の種間差 第30回日本霊長類学会大会 2014/07/04 日本語
霊長類色覚視物質のレチナールシッフ塩基の振動モード解析 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集 2012/11/10 日本語
新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の多様性と採食果実の香気成分分析 霊長類研究 2012/07/01 日本語
ニホンザル味盲多型はどのようにして集団中に拡がったか 霊長類研究 2012/07/01 日本語
全反射赤外分光法によるサル緑感受性視物質のクロライドイオン結合機構解析 生体分子科学討論会講演要旨集 2012/06/08 日本語
アカゲザル味覚関連遺伝子群の茸状・有郭乳頭味蕾における発現解析 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2012/03/05 日本語
マカクザル特異的偽遺伝子挿入に由来する非コードRNAによる遺伝子プロモーターのDNA脱メチル化 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2012 日本語
大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の活動紹介 第 35 回日本分子生物学会年会 特別企画 NBRP 実物つきパネル展示「バイオリソース勢ぞろい」(2012/12/11-14, マリンメッセ福岡) 2012 日本語
大型類人猿情報ネットワーク(GAIN)の10年の活動を振り返って 第28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/06-08, 椙山女学園大学) 2012 日本語
類人猿の飼育履歴:GAIN ウェブサイトの紹介 第 15 回 SAGA シンポジウム (2012/11/07-08, 札幌市立大学). 2012 日本語
遺伝子変異によって生じた霊長類の味覚多様性 DNA多型学会第 21 回学術集会・公開シンポジウム「DNAが明かす生き物の謎」(2012/11/07, 京都). 2012 日本語
マーモセット消化管における味覚情報伝達物質の発現解析 第 2 回日本マーモセット研究会大会(2013/02/27, 東京). 2012 日本語
コモンマーモセットにおける消化管での味覚受容体及び味覚情報伝達物質の発現 日本味と匂学会第 46 回大会 (2012/10/03, 大阪). 2012 日本語
チンパンジーの苦味感覚の地域差 日本味と匂学会第 46 回大会 (2012/10/03, 大阪) 2012 日本語
真主齧類における苦味受容体の進化 日本進化学会第 14 回東京大会 (2012/08/21-22, 東京). 2012 日本語
霊長類味覚受容体レパートリーの進化史 第28回日本霊長類学会大会(2012/07/07, 名古屋). 2012 日本語
部位特異的変異体による霊長類苦味受容体 TAS2R16 の機能解析 第 28 回日本霊長類学会大会(2012/07/08, 名古屋). 2012 日本語
ニホンザル味多型はどのようにして集団中に拡がったか 第28回日本霊長類学会大会(2012/07/07、名古屋) 2012 日本語
Exomeデータを利用した霊長目の嗅覚受容体遺伝子の比較解析 第14回日本進化学会大会 (2012/08/21-22, 東京). 2012 日本語
ニホンザルエクソーム解析~実験動物化にむけた遺伝的バックグラウンドの解明 第27回日本霊長類学会大会 2011/07/16 日本語
ニホンザルにおける地域特異的な苦味感受性変異. 日本進化学会第13回大会 (2011/07/30, 京都) 2011 日本語
苦味受容体TAS2R16 感受性の種間差と分子機構 第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/17, 犬山) 2011 日本語
霊長類ゲノムスクリーニングによる自然発生的遺伝子変異モデルの探索 第34回日本神経科学会大会シンポジウム (2011/09/18, 横浜) 2011 日本語
チンパンジー3亜種における苦味受容体遺伝子ファミリーの分子進化 第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/17, 犬山) 2011 日本語
マカクザルにおける偽遺伝子由来promoter-associated noncoding RNA (pancRNA) による種特異的転写活性化 第104回日本繁殖生物学会大会 (2011/09/16, 盛岡) 2011 日本語
京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査 第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京) 2011 日本語
GAINウェブサイトの紹介:類人猿に関する情報収集 第14回SAGAシンポジウム (2011/11/12-13, 熊本市動植物園) 2011 日本語
大型類人猿情報ネットワーク(GAIN) の活動:ウェブサイトでの情報管理 第27 回日本霊長類学会(2011/7, 犬山) 2011 日本語
霊長類色覚視物質の赤外分光解析? 高次π空間の創発と機能開発 第三回公開シンポジウム講演 (2010/03, 名古屋) 2010 日本語
苦味受容体遺伝子の多型解析による味覚変異ニホンザルの発見 2010年9月8-10日,日本味と匂い学会大会,北九州 2010 日本語
チンパンジー亜種集団間における苦味受容体遺伝子配列の比較解 2010年8月2-5日,日本進化学会大会,東京 2010 日本語
霊長類苦味受容体の遺伝子・分子・行動解析 京阪奈生物学セミナー,2010年5月17日,京都 2010 日本語
霊長類苦味受容体の遺伝子多型解析 第7回国際シンポジウム「味覚嗅覚の分子神経機構」 2009/11 日本語
霊長類感覚受容体の遺伝子多型解析とデータベースの構築 第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋). 2009 日本語
チンパンジー苦味受容体の種内変異解析 第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原) 2009 日本語
霊長類苦味受容体の多型解析 第47回日本生物物理学会年会 (2009/11, 徳島) 2009 日本語
ニホンザルにおける苦味受容体遺伝T2R38の変異と苦味受容機能との関連 第12回 SAGA シンポジウム (2009/11, 福岡). 2009 日本語
ニホンザル・アカゲザルにおける苦味受容体遺伝子T2R38の多型解析 第25回日本霊長類学会 (2009/07, 各務原). 2009 日本語
霊長類色覚視物質の赤外分光解析 第49回生物物理若手の会夏の学校 (2009/08, 千歳) 2009 日本語
低温赤外分光解析による霊長類色覚視物質の研究 平成20年度生物物理学会中部支部講演会 (2009/03, 名古屋) 2009 日本語
ノックインマウスと霊長類のGPCR型感覚受容 第46回日本生物物理学会大会シンポジウム 日本生物物理学会 2008/12/04 日本語
脊椎動物の紫外光感受性視物質における高効率な光異性化の機構 第46回日本生物物理学会年会 (2008/12, 福岡) 2008 日本語
東アフリカ産カワスズメ科魚類におけるロドプシンの適応的進化 日本分子生物学会第31回年会 (2008/12, 神戸) 2008 日本語
活性状態の生成におけるロドプシンとレチナールの共有結合の役割 第46回日本生物物理学会年会 (2008/12, 福岡) 2008 日本語
霊長類感覚受容体の遺伝子多型 第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京). 2008 日本語
霊長類G蛋白質共役型感覚受容体の遺伝子多型 日本動物学会第79回大会 (2008/09, 福岡) 2008 日本語
チンパンジー苦味受容体の遺伝子多型解析 第42回日本味と匂学会大会 (2008/09, 富山). 2008 日本語
霊長類光受容タンパク質の性質 ―ヒドロキシルアミン感受性と視細胞ノイズに関する考察― 視覚科学フォーラム第12回大会 (2008/08, 豊中) 2008 日本語
霊長類ロドプシンから見た光受容蛋白質のヒドロキシルアミン安定性の違い 日本生物物理学会第45回年会 (2007/12, 横浜) 2007 日本語
紫外光感受性視物質における高効率な光異性化の機構 日本動物学会第78回大会 (2007/09, 弘前) 2007 日本語
部位特異的変異ロドプシンノックインマウス視細胞中におけるロドプシンの性質と生理応答 視覚フォーラム第11回大会 (2007/10, 岡崎) 2007 日本語
錐体光受容蛋白質分子の性質と視細胞応答 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻セミナー (2006年3月, 東京) 2006 日本語
旧世界ザルと類人猿の色覚異常 日本進化学会第6回大会 (2004年8月, 東京) プログラム・講演要旨集 : 42 2004 日本語
ノックインマウスを用いて機能進化を分子レベルで検証する. 日本比較生理生化学会第13回大会シンポジウム 日本比較生理生化学会 2002/08 日本語
ノックインマウスを用いた光受容蛋白質の機能解析. 日本生物物理学会第39回年会シンポジウム「ゲノム・構造時代のGPCR研究」 日本生物物理学会 2001/10 日本語
Searching for spontaneous mutations in primates by genomic screening. 日本神経科学会第34回大会シンポジウム「ゲノム科学的脳高次機能研究の現在と将来」  日本神経科学会 2011/09/17 英語
Functional evolution of primate TAS2Rs. 日本進化学会シンポジウム 日本進化学会 2011/07/30 英語
Genetic Polymorphism in Sensory Receptor Genes of Primates The 4th International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project Biodiversity and Evolution Global COE 2010/09/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
鈴木-橋戸南美, 今井啓雄 霊長類の味覚(おいしさの科学的評価・測定法と応用展開) シーエムシー出版 2016/10
今井 啓雄 光と生命の事典 朝倉書店 2016/01
今井啓雄 ポストゲノム霊長類学 「新・霊長類学のすすめ」(京都大学霊長類研究所編)分担執筆, pp162-177 丸善出版 京大人気講義シリーズ. 2012 日本語
今井啓雄 霊長類の味覚にゲノムから挑む。生き物たちのつづれ織り 京都大学グローバルCOE広報冊子)第二巻,43-46 2009 日本語
今井啓雄、松井淳 視覚・嗅覚はサルとヒトでどう違う?サルでもフェロモンは感じるの? 「新しい霊長類学」pp323-330(京都大学霊長類研究所編)分担執筆, 講談社ブルーバックス 2009 日本語
今井啓雄 感覚受容体の退化と進化「霊長類進化の科学」(京都大学霊長類研究所編) 京都大学出版会,/,476-486 2007 日本語
Y. Shichida, S. Tachibanaki, H. Imai, and A. Terakita Heterogeniety of Rhodopsin Intermediate State Interacting with Transducin. (共著) in Methods in Enzymology Academic Press.,315/,347-363 2000 日本語
H. Imai, A. Terakita and Y. Shichida Analysis of Amino Acid Residues in Rhodopsin and Cone Visual Pigments that Determine their Molecular Properties. (共著) in Methods in Enzymology Academic Press,315/,293-312 2000 日本語
今井啓雄、七田芳則 昼と夜での見る仕組みの違い. 光が拓く生命科学第1巻「生物の光環境センサー」(津田基之編) 共立出版,/,1-12 1999 日本語
七田芳則、今井啓雄 見る感覚(光のセンサー;視物質)、生物物理から見た生命像4「感覚情報ー生物の巧みなシグナルのやり取り」(津田基之編) 吉岡書店,/,10-15 1997 日本語
Y. Shichida, T. Yamashita, H. Imai, T. Kishida Evolution and Senses: Opsins, Bitter Taste, Olfaction. Springer Briefs 2013 英語
Huffman MA, Nakagawa N, Go Y, Imai H, M. Tomonaga Monkeys, Apes, and Humans: Primatology in Japan. Springer Brief. 2012 英語
T. Sugawara and H. Imai*. Post genome biology of primates focusing on taste perception. (in Post Genome Biology of Primates) Springer 2012 英語
Y. Shichida and H. Imai Amino Acid Residues Controlling Properties and Functions of Rod and Cone Visual Pigments. (共著) in Rhodopsins and Phototransduction Wiley.,/,142-153 1999 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Hirai H, Imai H, Go Y Post-Genome Biology of Primates, Primatology Monographs. Post-Genome Biology of Primates, Primatology Monographs. 2012 英語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
吉田奨励賞 日本比較生理生化学会 1998
井上学術奨励賞 井上科学振興財団 1998
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
苦い経験 忘れぬこと大切 信濃毎日新聞 1面 山ろく清談 2017/08/07
サル味覚研究 故郷で初講演 信濃毎日新聞 朝刊 2017/06/09
京大、葉を食べるサルの謎解明 苦味を感じないように進化 産経新聞 11面 2017/03/13
サルの味覚変化から見えてくる私たちの生命進化 ヘルシスト 241, pp8-11 2017/01/10
猿は麦芽糖の甘み感知 毎日新聞 27面 2016/12/21
おサルさん甘味に敏感 朝日新聞 夕刊8面 2016/12/17
サル「甘さに敏感」感度、人の10倍 産経新聞 26面 2016/12/17
ニホンザルには葉が甘味 中日新聞 29面 2016/12/17
ニホンザル甘味に敏感 麦芽糖は人の10倍 京都新聞 朝刊23面 2016/12/17
「苦味」の進化論 読売新聞 科学欄 2016/12/04
苦味検知 退化? 読売新聞 33面 2016/01/10
和歌山のサルは柑橘類を食べるために味覚を変化させたってホント? 産経新聞 おやこ新聞 2015/08/23
和歌山のサルミカン食べ続け?苦味疎く 京都新聞 夕刊8面 2015/08/19
紀州のサル苦味感じにくい 読売新聞 朝刊14面 2015/08/03
和歌山のサル、苦味感じず 日経新聞 夕刊16面 2015/07/24
和歌山のサル苦味感じず 中日新聞 朝刊29面 2015/07/23
コモンマーモセット、盲腸にも味覚 産経新聞 夕刊10面 2013/07/10
「おなかすいた」盲腸で察知? 中日新聞 朝刊3面 2013/07/11
南米サル盲腸に味覚? 読売新聞 夕刊12面 2013/07/11
盲腸で味わうサル 朝日新聞 夕刊37面 2013/07/11
ブラジルの小型サル 盲腸でも「甘い」「苦い」 京都新聞 夕刊1面 2013/07/10
アミノ酸1個で夜目利いた 朝日新聞 夕刊 1997/04/25
遺伝暗号で性能も変わる 朝日新聞 夕刊 2007/11/05
赤と緑識別の謎解明・サルで目のタンパク質解析 中日新聞 夕刊 2009/12/17
かんきつ類で味覚変わる?紀伊のサル、苦味OK 読売新聞 夕刊 2011/07/27
チンパンジー、生息地で味覚異なる 読売新聞 中部版朝刊 2011/12/28
ニホンザル苦味に強い 京都新聞 朝刊 2012/03/16
ニホンザル苦味に鈍感 朝日新聞 朝刊 2012/03/23
ニホンザルは苦味に強い!? 日刊工業新聞 朝刊 2012/03/27
ニホンザル、苦味に鈍感 産経新聞 朝刊 2012/04/10
チンパンジー味覚に地域差 朝日新聞 夕刊9面 2012/08/17
チンパンジーの「苦味」感じ方に差、遺伝子由来 京都新聞 夕刊1面 2012/08/17
苦味の遺伝子 生息地で差異 産経新聞 夕刊8面 2012/08/17
チンパンジー味覚に地域差 中日新聞 夕刊12面 2012/08/17
チンパンジーの味覚 生息地域で差 日本経済新聞 夕刊14面 2012/08/17
チンパンジー味覚に地域差 毎日新聞 夕刊10面 2012/08/17

  • <<
  • >>
  • 表示
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
生物多様性国際会議「霊長類のゲノム多様性研究」 霊長類研究所共同利用研究会 2010/03/06
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
挑戦的萌芽研究 代表 低分子と受容体の相互作用を基盤とした霊長類フェロモン受容機構解明の試み Trial for the pheromone discovery in primates 2008/04/01〜2010/03/31
基盤研究(B) 代表 ゲノム多様性を基盤とした霊長類の種内・種間感覚特性の解明 Elucidation of the intra- and inter- species characteristics ofsensory functions based on the genome divergence 2009/04/01〜2011/03/31
挑戦的萌芽研究 分担 比較認知ゲノム科学の確立に向けて─比較認知科学と比較ゲノム科学のクロストーク─ Toward the rise of comparative cognitive genomics: 2010/04/01〜2012/03/31
基盤研究(B)一般 代表 霊長類化学感覚の分子・細胞メカニズム Molecular and cellular mechanisms of chemical senses of primates 2012/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B)海外 代表 ゲノムと微量成分に注目した霊長類採食活動の再考 Investigation of feeding behaviors of primates from the genomic and micro-chemical points of views 2012/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ターゲット遺伝子法によるグリアネットモデルサルの同定と繁殖の試み (平成26年度分) Screening for the glial net model primates by target gene strategies 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類採食活動多様性の感覚的基盤 (平成27年度分) Sensory mechanisms of various types of primate feeding behaviors 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ターゲット遺伝子法によるグリアネットモデルサルの同定と繁殖の試み (平成27年度分) screening for the glial net model primates by target gene strategies 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類採食活動多様性の感覚的基盤 (平成28-29年度分) Sensory mechanisms of various types of primate feeding behaviors 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ターゲット遺伝子法によるグリアネットモデルサルの同定と繁殖の試み (平成28-29年度分) Screening for the glial net model primates by target gene strategies 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
光科学技術研究振興財団研究助成金 今井啓雄 「可視光」受容機構の分子メカニズム
財団法人武田科学振興財団 今井啓雄 霊長類苦味受容の分子・細胞・個体研究
財団法人医科学応用研究財団 今井啓雄 霊長類の苦味受容体をプローブとした生理活性物質探索
二国間交流事業共同研究・セミナー 今井 啓雄 多様なインドネシア産霊長類の分子生態研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
二国間交流事業共同研究・セミナー 今井 啓雄 多様なインドネシア産霊長類の分子生態研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
ポストゲノムの霊長類学(ポケットゼミナール)
生物科学特殊講義12 前期集中 理学研究科 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(A群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(B群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(B群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
ゲノム科学 Genome Science 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 通年 理学部 2013/04〜2014/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
霊長類学のすすめ Topics in Primatology 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
ゲノム科学 Genome Science 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 後期集中 理学部 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化基礎論 Fundamental Primate Genome Evolution 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム進化実習 Practice on Genome Evolution 後期集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠA Seminar on Primate Genome Evolution IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠB Seminar on Primate Genome Evolution IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡA Seminar on Primate Genome Evolution IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡB Seminar on Primate Genome Evolution IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物科学特殊講義12 Special Lecture on Biological Science 12 通年集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム科学実習B Laboratory Works in Genome Science B 後期集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
霊長類学の現在 Primatology Today 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 後期集中 理学部 2015/04〜2016/03
生物科学特殊講義12 Special Lecture on Biological Science 12 通年集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム科学 Genome Science 後期 理学部 2015/04〜2016/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
ゲノム科学実習B Laboratory Works in Genome Science B 後期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム進化実習 Practical on Genome Evolution 後期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類学概論 Introduction to Primatology 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類学の現在 Primatology Today 前期集中 全学共通科目 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠA Seminar on Primate Genome Evolution IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠB Seminar on Primate Genome Evolution IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡA Seminar on Primate Genome Evolution IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡB Seminar on Primate Genome Evolution IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化基礎論 Fundamental Primate Genome Evolution 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 前期集中 理学部 2016/04〜2017/03
生物科学特殊講義12 Special Lecture on Biological Science 12 通年集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム科学実習B Laboratory Works in Genome Science B 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム細胞学実習 Practical on Cellular and Molecular Biology 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類学入門II Introduction to Primatology II 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞基礎論 Fundamental Primate Cellular and Molecular Biology 前期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Lectures in Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 前期集中 理学部 2017/04〜2018/03
生物科学特殊講義12 Special Lecture on Biological Science 12 通年集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム科学実習B Laboratory Works in Genome Science B 後期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム細胞学実習 Practical on Cellular and Molecular Biology 後期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム細胞基礎論 Fundamental Primate Cellular and Molecular Biology 前期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology A 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology B 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology C 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology D 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Lectures in Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
早川卓志 日本霊長類学会第28回大会優秀発表賞 日本霊長類学会 2012/07/07
片山耕大 第3回育志賞 日本学術振興会 2012/12/
橋戸南美 第3回竹腰賞 京都大学大学院理学研究科 2013/06/
早川卓志 第5回育志賞 日本学術振興会 2015/03/04
橋戸南美 17th International Symposium on Olfaction and Taste, Young Investigator Award International Symposium on Olfaction and Taste 2016/06/
西栄美子 17th International Symposium on Olfaction and Taste, Young Investigator Award International Symposium on Olfaction and Taste 2016/06/
橋戸南美 日本霊長類学会第32回大会 ポスター発表優秀賞受賞 日本霊長類学会 2016/07/
西栄美子 日本霊長類学会第32回大会 口頭発表優秀賞受賞 日本霊長類学会 2016/07/
糸井川壮大 第62回プリマーテス研究会優秀発表賞 日本モンキーセンター 2017/01/
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
視覚フォーラム 運営委員 2007/01/01〜2011/12/31
視覚フォーラム 運営委員 2015/01/01〜2016/12/31
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本生物物理学会 会誌編集委員
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
「働く人の話を聞く会」講師 研究者の仕事に関する講演 犬山市立城東中学 愛知県 2014/03/12