北脇 年雄

最終更新日時: 2019/06/04 15:00:52

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
北脇 年雄/キタワキ トシオ/Kitawaki, Toshio
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/血液内科/助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区聖護院川原町54 54 Shogoin-kawara-cho, Sakyo-ku, Kyoto
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4964
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本内科学会 The Japanese Society of Internal Medicine
日本血液学会 The Japanese Society of Hematology
日本造血細胞移植学会 The Japanese Society of Hematopoietic Cell Transplantation
日本免疫学会 The Japanese Society of Immunology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1996/05/16〜1997/05/31 京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital 内科研修医 Resident of Internal Medicine
1997/06/01〜1999/03/31 倉敷中央病院 Kurashiki Central Hospital 内科研修医 Resident of Internal Medicine
2003/04/01〜2003/10/31 京都大学医学部 Faculty of Medicine, Kyoto University 研修員 Reseacher
2003/11/01〜2008/03/31 京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital 助手(特任) Assistant Professor
2008/04/01〜2010/10/31 京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital 産官学連携研究員 Researcher
2010/11/01〜2015/01/31 京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital 特定助教 Assistant Professor
2015/02/01〜2015/07/31 大津赤十字病院 Otsu Red Cross Hospital 医長 Chief doctor
2015/08/01〜 京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital 助教 Assistant professor
プロフィール
(日本語)
血液・腫瘍内科医として日々,血液悪性腫瘍(白血病,悪性リンパ腫など)と戦っています.腫瘍と免疫系の相互作用を明らかにし,新たな治療法の開発につなげることが夢です.現在は特にヒト樹状細胞を用いた免疫療法の開発をテーマに研究しています.
(英語)
I am a doctor in the Department of Hematology and Oncology, Kyoto University Hospital. I am combating hematological malignancies, such as leukemia and malignant lymphoma, every day. My dream is to develop a novel therapy for hematological malignancies by elucidating the interactions between tumors and the immune system. Now, I am specifically working on clinical trials of dendritic cell-based immunotherapy for patients with leukemia and melanoma.
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009031
研究テーマ
(日本語)
ヒト樹状細胞を用いた免疫療法,ヒト樹状細胞の基礎生物学
(英語)
Human dendritic cell-based immunotherapy, Basic biology of human dendritic cells
研究概要
(日本語)
ヒト樹状細胞の機能を解明することにより,腫瘍に対する新たな免疫療法を開発したり,自己免疫疾患の治療標的を同定したりすることを目指して研究を行っている.腫瘍に対する免疫療法として,急性骨髄性白血病患者を対象に樹状細胞を用いた免疫療法の臨床試験を行った。また,自己免疫疾患の治療標的の探索のため,ヒト形質細胞様樹状細胞のインターフェロン産生機構を解析している.
(英語)
I am working on functional analysis of human dendritic cells, thereby aiming to develop a novel immunotherapy for malignancy, and to identify therapeutic targets of autoimmune diseases. We conducted clinical trials of dendritic cell-based immunotherapy for patients with acute myeloid leukemia. I am also analyzing mechanisms of interferon production by human plasmacytoid dendritic cells to explore therapeutic targets of autoimmune diseases.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
樹状細胞 Dendritic cells
免疫療法 Immunotherapy
インターフェロン Interferon
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ishiyama K, Kitawaki T, Sugimoto N, Sozu T, Anzai N, Okada M, Nohgawa M, Hatanaka K, Arima N, Ishikawa T, Tabata S, Onaka T, Oka S, Nakabo Y, Amakawa R, Matsui M, Moriguchi T, Takaori-Kondo A, Kadowaki N. Ishiyama K, Kitawaki T, Sugimoto N, Sozu T, Anzai N, Okada M, Nohgawa M, Hatanaka K, Arima N, Ishikawa T, Tabata S, Onaka T, Oka S, Nakabo Y, Amakawa R, Matsui M, Moriguchi T, Takaori-Kondo A, Kadowaki N. Ishiyama K, Kitawaki T, Sugimoto N, Sozu T, Anzai N, Okada M, Nohgawa M, Hatanaka K, Arima N, Ishikawa T, Tabata S, Onaka T, Oka S, Nakabo Y, Amakawa R, Matsui M, Moriguchi T, Takaori-Kondo A, Kadowaki N. Principal component analysis uncovers cytomegalovirus-associated NK cell activation in Ph+ leukemia patients treated with dasatinib. Principal component analysis uncovers cytomegalovirus-associated NK cell activation in Ph+ leukemia patients treated with dasatinib. Principal component analysis uncovers cytomegalovirus-associated NK cell activation in Ph+ leukemia patients treated with dasatinib. Leukemia Leukemia Leukemia 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
高齢者急性骨髄性白血病に対する樹状細胞療法 高齢者急性骨髄性白血病に対する樹状細胞療法 高齢者急性骨髄性白血病に対する樹状細胞療法 第6回北海道血液・腫瘍カンファレンス 第6回北海道血液・腫瘍カンファレンス 第6回北海道血液・腫瘍カンファレンス 北海道血液・腫瘍カンファレンス 北海道血液・腫瘍カンファレンス 2009/10/16 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 形質細胞様樹状細胞のエンドソーム時空間的制御に関する新規分子の網羅的探索と同定 Comprehensive exploration and identification of novel molecules involved in spatio-temporal regulation of endsomes in plasmacytoid dendritic cells 2011/04/01〜2013/03/31
若手研究(B) 代表 形質細胞様樹状細胞のエンドソーム時空間的制御に関与する新規分子の網羅的探索と同定 Comprehensive exploration and identification of novel molecules involved in spatio-temporal regulation of endsomes in plasmacytoid dendritic cells 2011〜2013
基盤研究(C) 代表 免疫修飾作用を持つ分子標的薬と免疫療法の併用療法における新機軸の開発 (平成26年度分) Development of innovative therapy combining molecularly targeted drugs and immunotherapy 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 免疫修飾作用を持つ分子標的薬と免疫療法の併用療法における新機軸の開発 (平成28年度分) Development of innovative therapy combining molecularly targeted drugs and immunotherapy 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 免疫修飾作用を持つ分子標的薬と免疫療法の併用療法における新機軸の開発 (平成29年度分) Development of innovative therapy combining molecularly targeted drugs and immunotherapy 2017/04/01〜2018/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
医学図書館図書連絡委員 2013/04/01〜2015/03/31