土畑 重人

最終更新日時:2017/11/17 08:37:27

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
土畑 重人/ドバタ シゲト/Shigeto Dobata
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生物科学専攻植物保護科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(学術) 東京大学
博士(学術) 東京大学
研究テーマ
(日本語)
社会性進化の数理モデル化と昆虫での実証
(英語)
Social evolution in insects: theoretical and empirical approaches
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
進化生態学 Evolutionary Ecology
社会進化 Social evolution
協力の進化 Evolution of Cooperation
社会性昆虫 Social Insects
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
生態・環境
進化生物学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Wataru Suehiro, Fujio Hyodo, Hiroshi O Tanaka, Chihiro Himuro, Tomoyuki Yokoi, Shigeto Dobata, Benoit Guénard, Robert R Dunn, Edward L Vargo, Kazuki Tsuji, Kenji Matsuura Radiocarbon analysis reveals expanded diet breadth associates with the invasion of a predatory ant Scientific Reports,7,1,15016 2017/11 英語
Eisuke Hasegawa, Nobuaki Mizumoto, Kazuya Kobayashi, Shigeto Dobata, Jin Yoshimura, Saori Watanabe, Yuuka Murakami, Kenji Matsuura Nature of collective decision-making by simple yes/no decision units Scientific Reports,7,1,14436 2017/10 英語
水元惟暁, 土畑重人 自己組織化から拓く社会性昆虫の生態学 日本ロボット学会誌,35,6,448-454 2017/07 日本語
藤澤隆介, 土畑重人 ロボティクスと昆虫行動学の親和性 日本ロボット学会誌,35,6,459-462 2017/07 日本語
Nagaya, N., Mizumoto, N., Abe, M. S., Dobata, S., Sato, R., and Fujisawa, R. Anomalous diffusion on the servosphere: a potential tool for detecting inherent organismal movement patterns PLoS ONE,12,6,e0177480 2017/06 英語
Mizumoto, N., Abe, M. S., and Dobata, S. Optimizing mating encounters by sexually dimorphic movements Journal of The Royal Society Interface,14,130,20170086 2017/05 英語
Gotoh, A., Dansho, M., Dobata, S., Ikeshita, Y., and Ito, F. Social structure of the polygynous ant, Crematogaster osakensis Insectes Sociaux,64,1,123-131 2017/02 英語
Fujisawa, R., Nagaya, N., Okazaki, S., Sato, R., Ikemoto, Y. & Dobata, S. Active modification of the environment by a robot with construction abilities ROBOMECH Journal,2,9 2015/04 英語
Fujisawa, R., Dobata, S., Sugawara, K. & Matsuno, F. Designing pheromone communication in swarm robotics: Group foraging behavior mediated by chemical substance Swarm Intelligence,8,227-246 2014/08 英語
Dobata, S. & Tsuji, K. Public goods dilemma in asexual ant societies Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,110,40,16056-16060 2013/10 英語
Dobata, S. Arms race between selfishness and policing: two-trait quantitative genetic model for caste fate conflict in eusocial Hymenoptera Evolution,66,12,3754-3764 2012/12 英語
Dobata, S. & Tsuji. K Intragenomic conflict over queen determination favours genomic imprinting in eusocial Hymenoptera Proceedings of the Royal Society B,279,1738,2553-2560 2012/07 英語
Dobata, S., Shimoji, H., Ohnishi, H., Hasegawa, E. & Tsuji, K. Paternally inherited alleles in male body parts of an ant (Diacamma sp.) sex mosaic: implication for androgenetic male production in the Hymenoptera Insectes Sociaux,59,1,55-59 2012/01 英語
Sasakawa, K., Ikeda, H., Sutou, M., Dobata, S. & Ito, M. Parasitism of adult Poecilus versicolor (Coleoptera: Carabidae) by hymenopteran larvae The Canadian Entomologist,143,211-223 2011 英語
Tsuji, K. & Dobata, S. Social cancer and the biology of the clonal ant Pristomyrmex punctatus (Hymenoptera: Formicidae) Myrmecological News,15,91-99 2011 英語
Dobata, S., Sasaki, T., Mori, H., Hasegawa, E., Shimada, M. & Tsuji, K. Persistence of the single lineage of transmissible "social cancer" in an asexual ant Molecular Ecology,20,3,441-455 2011 英語
Dobata, S., Sasaki, T., Mori, H., Hasegawa, E., Shimada, M. & Tsuji, K. Cheater genotypes in the parthenogenetic ant Pristomyrmex punctatus Proceedings of the Royal Society B,276,1656,567-574 2009/02 英語
Molecular Ecology Resources Primer Development Consortium (incl. Dobata, Hasegawa & Tsuji) Permanent Genetic Resources added to Molecular Ecology Resources database 1 January 2009-30 April 2009 (incl. Molecular Ecology Resources,9,5,1375-1379 2009 英語
Dobata, S. & Tsuji, K. A cheater lineage in a social insect: Implications for the evolution of cooperation in the wild Communicative & Integrative Biology,2,2,67-70 2009 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Fujisawa, R., Dobata, S., Sasaki, Y., Takisawa, R. & Matsuno, F. Collision-induced “priority rule” governs efficiency of pheromone-communicating swarm robots Swarm Intelligence (ANTS2010 Proceedings) Lecture Notes in Computer Science,6234,228-235 2012/09 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
土畑重人 分担執筆 (担当箇所: 自己組織化,ベナール対流,ベロウソフ・ジャボチンスキー反応,スティグマジー,単純経験則,青写真,集合知,公共財ゲーム).上田恵介ら(共編)『行動生物学辞典』 東京化学同人 2013/11/30 日本語
土畑重人 分担翻訳 (担当箇所: "Biophilia", "Ethology", "Social Darwinism", "TREAT, Mary").. 科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会(監修, 翻訳). 『科学・技術・倫理百科事典』 丸善出版 2012 日本語
土畑重人 社会性昆虫の進化生物学 海游舎 2011/09 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本生態学会第53回大会 優秀ポスター賞(行動・社会生態分野) Poster award, The 53rd Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 日本生態学会 The Ecological Society of Japan 2006/03/
日本生態学会 第54回大会 最優秀ポスター賞(進化分野) Best poster award, The 54th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 日本生態学会 The Ecological Society of Japan 2007/03/
日本生態学会 第53回大会 優秀ポスター賞(行動・社会生態分野) Poster award, The 41st Symposium of the Society for the Study of Species Biology 種生物学会 The Society for the Study of Species Biology 2009/12/
日本動物行動学会賞 Japan Ethological Society Award 日本動物行動学会 Japan Ethological Society 2014/11/02
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
オスとメスの効率的な出会い 互いに別の動きをするのが最適 科学新聞 4面 2017/06/02
京都大学ら、オスとメスが異なる動きをすると効率的に出会えることを発見 マイナビニュース 2017/05/11
京大など、オスとメスが互いに探索しあう状況を想定した理論モデルを構築 日本経済新聞 2017/05/10
働かないアリは長生き 琉大・辻教授ら研究チーム発見 琉球新報 朝刊 2013/09/18
働かないアリと働きアリ 辻教授,米科学誌に掲載 沖縄タイムス 朝刊 2013/09/17
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
繁殖様式多様性の進化生態学 日本生態学会第64回全国大会 2017/03/14
エコロジカル・エピジェネティクス:可塑性メカニズムの適応・進化的意義を探る(荒木希和子・土畑重人) 第44回種生物学シンポジウム 2012/12/09
動物行動学の新しいアプローチ:構成論的手法による社会性昆虫の理解(土畑重人・藤澤隆介) 第28回日本道物行動学会ラウンドテーブル 2009/11/29
社会性昆虫学の来た道,行く道(企画:松浦健二・土畑重人) 第24回個体群生対学会大会公募シンポジウム 2008/10/18
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 実験進化による非社会性昆虫への利他性創出 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 実験進化による非社会性昆虫への利他性創出 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
研究活動スタート支援 代表 社会的ジレンマによる進化的分岐とその反復様式の解明:社会進化と種分化の接点を探る (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 代表 統合された社会とその敵:社会性昆虫アミメアリにおけるコロニー内拮抗関係とその解消 2010/04/01〜2013/03/31
科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 代表 アミメアリにおける複数レベル淘汰と社会構造:利己者と利他者の拮抗的共存 2006/04/01〜2009/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
英国王立協会Biology Letters誌 Top Referees 2013 選出 論文査読者として 2013〜2013
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
昆虫生態学専攻演習 Seminar in Insect Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
昆虫生態学専攻実験 Research in Insect Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
昆虫生態学専攻実験1 Research in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
昆虫生態学専攻実験 Research in Insect Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
昆虫生態学専攻演習1 Seminar in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
昆虫生態学専攻演習 Seminar in Insect Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
昆虫生態学専攻実験1 Research in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻実験2 Research in Insect Ecology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻実験 Research in Insect Ecology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻演習1 Seminar in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻演習2 Seminar in Insect Ecology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻演習 Seminar in Insect Ecology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
昆虫生態学専攻実験1 Research in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
昆虫生態学専攻実験2 Research in Insect Ecology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
昆虫生態学専攻実験 Research in Insect Ecology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
昆虫生態学専攻演習1 Seminar in Insect Ecology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
昆虫生態学専攻演習2 Seminar in Insect Ecology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
昆虫生態学専攻演習 Seminar in Insect Ecology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示