桝田 哲哉

最終更新日時:2017/07/25 14:59:02

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
桝田 哲哉/マスダ テツヤ/Tetsuya Masuda
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品生命科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 農学研究科
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
味覚、なかでも甘味、苦味に焦点を絞り研究をしている。教育に関しては、研究室の学部学生、大学院生との共同研究の中で、自分で考え実践できる研究能力を身につけさせることを目指している。学術研究の成果を、日常の生活に活かせるよう日々邁進している。忙しい中ではあるが、各種委員会にも参加し、大学の環境改善に勤しんでいる。
(英語)
I am conducting research on taste, particulally in sweet taste and bitter taste. As for education, one of my goals is to help graduate students as well as under-graduate students acquire the practical skills needed to conduct joint research. I strive continuously to contribute to life. Furthermore, I take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university.
研究テーマ
(日本語)
甘味タンパク質の甘味発現機構、応用利用に関する研究
(英語)
Studies on the elicitation of sweetness of sweet-tasting protein and its application for food industry
研究概要
(日本語)
近年、肥満、糖尿病をはじめとする生活習慣病が社会問題となっており、ショ糖に代替できる甘味料が切望されている。タンパク質は一般的に無味であるが、例外的に甘味を呈するタンパク質が存在する。現在まで6種の甘味タンパク質の存在が確認されている。これら甘味タンパク質はショ糖に比べモル比で500倍から10万倍と強い甘味を呈する。しかしながらこれら甘味タンパク質間に共通して存在するアミノ酸配列や立体構造などの特徴は見出されていない。甘味タンパク質の特徴を見出すことにより、甘味タンパク質を糖代替物として利用が可能であると目論み研究を行っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
食品科学 Food Science
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Michihiro Sugahara, Takanori Nakane, Tetsuya Masuda, Mamoru Suzuki, Shigeyuki Inoue, Changyong Song, Rie Tanaka, Toru Nakatsu, Eiichi Mizohata, Fumiaki Yumoto, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Osamu Nureki, Keiji Numata, Eriko Nango, So Iwata Hydroxyethyl cellulose matrix applied to serial crystallography Scientific Reports,7 2017/12 英語
Tetsuya Masuda, Mamoru Suzuki, Shigeyuki Inoue, Changyong Song, Takanori Nakane, Eriko Nango, Rie Tanaka, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Bunzo Mikami, Osamu Nureki, Keiji Numata, So Iwata, Michihiro Sugahara Atomic resolution structure of serine protease proteinase K at ambient temperature Scientific Reports,7 2017/03 英語
Takanori Nakane, Shinya Hanashima, Mamoru Suzuki, Haruka Saiki, Taichi Hayashi, Keisuke Kakinouchi, Shigeru Sugiyama, Satoshi Kawatake, Shigeru Matsuoka, Nobuaki Matsumori, Eriko Nango, Jun Kobayashi, Tatsuro Shimamura, Kanako Kimura, Chihiro Mori, Naoki Kunishima, Michihiro Sugahara, Yoko Takakyu, Shigeyuki Inoue, Tetsuya Masuda, Toshiaki Hosaka, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Tsuyoshi Inoue, Osamu Nureki, So Iwata, Michio Murata, Eiichi Mizohata Membrane protein structure determination by SAD, SIR, or SIRAS phasing in serial femtosecond crystallography using an iododetergent Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,113,13039-13044 2016/11 英語
桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの甘味度強化 Bio Industry,33,8,70‐78 2016/08 日本語
Michihiro Sugahara, Changyong Song, Mamoru Suzuki, Tetsuya Masuda, Shigeyuki Inoue, Takanori Nakane, Fumiaki Yumoto, Eriko Nango, Rie Tanaka, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Osamu Nureki, Keiji Numata, So Iwata Oil-free hyaluronic acid matrix for serial femtosecond crystallography Scientific Reports,6,24484 2016/04 英語
Yohta Fukuda, Ka Man Tse, Takanori Nakane, Toru Nakatsu, Mamoru Suzuki, Michihiro Sugahara, Shigeyuki Inoue, Tetsuya Masuda, Fumiaki Yumoto, Naohiro Matsugaki, Eriko Nango, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Changyong Song, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Osamu Nureki, Michael E P Murphy, Tsuyoshi Inoue, So Iwata, Eiichi Mizohata Redox-coupled proton transfer mechanism in nitrite reductase revealed by femtosecond crystallography Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,113,2928-2933 2016/03 英語
Tetsuya Masuda, Keisuke Ohta, Naoko Ojiro, Kazuki Murata, Bunzo Mikami, Fumito Tani, Piero Andrea Temussi,, Naofumi Kitabatake A Hypersweet Protein: Removal of the Specific Negative Charge at Asp21 Enhances Thaumatin Sweetness Scientific Reports,6,20225 2016/02 英語
Tetsuya Masuda Studies on the structure-sweetness relationship of sweet-tasting proteins Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi,63,499-509 2016/01/01
Takanori Nakane, Changyong Song, Mamoru Suzuki, Eriko Nango, Jun Kobayashi, Tetsuya Masuda, Shigeyuki Inoue, Eiichi Mizohata, Toru Nakatsu, Tomoyuki Tanaka, Rie Tanaka, Tatsuro Shimamura, Kensuke Tono, Yasumasa Joti, Takashi Kameshima, Takaki Hatsui, Makina Yabashi, Osamu Nureki, So Iwata, Michihiro Sugahara Native sulfur/chlorine SAD phasing for serial femtosecond crystallography Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography,71,2519-2525 2015/01 英語
Sugahara M, Mizohata E, Nango E, Suzuki M, Tanaka T, Masuda T, Tanaka R, Shimamura T, Tanaka Y, Suno C, Ihara K, Pan D, Kakinouchi K, Sugiyama S, Murata M, Inoue T, Tono K, Song C, Park J, Kameshima T, Hatsui T, Joti Y, Yabashi M, Iwata S Grease matrix as a versatile carrier of proteins for serial crystallography. Nature methods,12,1,61-63 2015/01
Masuda T, Mikami B, Tani F Atomic structure of recombinant thaumatin II reveals flexible conformations in two residues critical for sweetness and three consecutive glycine residues. Biochimie,106,33-38 2014/07
Masuda T, Taguchi W, Sano A, Ohta K, Kitabatake N, Tani F Five amino acid residues in cysteine-rich domain of human T1R3 were involved in the response for sweet-tasting protein, thaumatin. Biochimie,95,1502-1505 2013/07
Masuda T, Ohta K, Mikami B, Kitabatake N, Tani F Atomic structure of the sweet-tasting protein thaumatin I at pH 8.0 reveals the large disulfide-rich region in domain II to be sensitive to a pH change. Biochemical and biophysical research communications,419,72-76 2012/03
Katagiri M, Masuda T, Tani F, Kitabatake N Changes in textural properties of Japanese tenobe somen noodles during storage. Journal of food science,76,S500-7 2011/11
Ohta K, Masuda T, Tani F, Kitabatake N Introduction of a negative charge at Arg82 in thaumatin abolished responses to human T1R2-T1R3 sweet receptors. Biochemical and biophysical research communications,413,41-45 2011/09
Masuda T, Ohta K, Tani F, Mikami B, Kitabatake N Crystal structure of the sweet-tasting protein thaumatin II at 1.27Å. Biochemical and biophysical research communications,410,457-460 2011/07
Masuda T, Ohta K, Mikami B, Kitabatake N High-resolution structure of the recombinant sweet-tasting protein thaumatin I. Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications,67,652-658 2011/06
KATAGIRI MINA, MASUDA TETSUYA, TANI FUMITO, KITABATAKE NAOFUMI Expression and Development of Wheat Proteins during Maturation of Wheat Kernel and the Rheological Properties of Dough Prepared from the Flour of Mature and Immature Wheat Food Sci Technol Res,17,2,111-120 2011/03 英語
Ohta K, Masuda T, Tani F, Kitabatake N The cysteine-rich domain of human T1R3 is necessary for the interaction between human T1R2-T1R3 sweet receptors and a sweet-tasting protein, thaumatin. Biochemical and biophysical research communications,406,435-438 2011/03
桝田哲哉, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書,16,40-45 2011/01/20 日本語
Ohue R, Hashimoto K, Nakamoto M, Furukawa Y, Masuda T, Kitabatake N, Tani F Bacterial heat shock protein 60, GroEL, can induce the conversion of naïve T cells into a CD4 CD25(+) Foxp3-expressing phenotype. Journal of innate immunity,3,605-613 2011
MASUDA TETSUYA, IDE NOBUYUKI, OHTA KEISUKE, KITABATAKE NAOFUMI High-yield Secretion of the Recombinant Sweet-Tasting Protein Thaumatin I Food Sci Technol Res,16,6,585-592 2010/11 英語
桝田哲哉, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書,15,85-90 2010/03/01 日本語
Ide N, Sato E, Ohta K, Masuda T, Kitabatake N Interactions of the sweet-tasting proteins thaumatin and lysozyme with the human sweet-taste receptor. Journal of agricultural and food chemistry,57,5884-5890 2009/07
Ohta K, Masuda T, Ide N, Kitabatake N Critical molecular regions for elicitation of the sweetness of the sweet-tasting protein, thaumatin I. The FEBS journal,275,3644-3652 2008/07
Ide N, Masuda T, Kitabatake N Effects of pre- and pro-sequence of thaumatin on the secretion by Pichia pastoris. Biochemical and biophysical research communications,363,708-714 2007/11
Ide N, Kaneko R, Wada R, Mehta A, Tamaki S, Tsuruta T, Fujita Y, Masuda T, Kitabatake N Cloning of the thaumatin I cDNA and characterization of recombinant thaumatin I secreted by Pichia pastoris. Biotechnology progress,23,1023-1030 2007/09
Masuda T, Kitabatake N Developments in biotechnological production of sweet proteins. Journal of bioscience and bioengineering,102,375-389 2006/11
内藤寛子, 川元麻衣子, 桝田哲哉, 北畠直文, 谷史人, 中野信吾 血糖値上昇抑制タンパク質(1)甘味タンパク質ソーマチンの効果 血糖値上昇抑制タンパク質(2)甘味タンパク質ソーマチンの作用機序 血糖値上昇抑制タンパク質(3)種々のタンパク質の効果 食品工業,49,18,72-73 2006/08/30 日本語
Masuda T, Ide N, Kitabatake N Structure-sweetness relationship in egg white lysozyme: role of lysine and arginine residues on the elicitation of lysozyme sweetness. Chemical senses,30,667-681 2005/10
Masuda T, Ide N, Kitabatake N Effects of chemical modification of lysine residues on the sweetness of lysozyme. Chemical senses,30,253-264 2005/03
Masuda T, Ueno Y, Kitabatake N High yield secretion of the sweet-tasting protein lysozyme from the yeast Pichia pastoris. Protein expression and purification,39,35-42 2005/01
桝田哲哉, 北畠直文 卵白リゾチームの甘味発現機構に関する研究 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書,10,84-89 2004/12 日本語
Masuda T, Tamaki S, Kaneko R, Wada R, Fujita Y, Mehta A, Kitabatake N Cloning, expression and characterization of recombinant sweet-protein thaumatin II using the methylotrophic yeast Pichia pastoris. Biotechnology and bioengineering,85,761-769 2004/03
Masuda T, Ueno Y, Kitabatake N Sweetness and Enzymatic Activity of Lysozyme, Journal of agricultural and food chemistry,49,4937-4941 2001/10 英語
Masuda T, Koseki-Yamaoka S, Yasumoto K, Kitabatake N Characterization of Anti-Irradiation-Denatured Ovalbumin Monoclonal Antibodies. Immunochemical and Structural Analysis of Irradiation-Denatured Ovalbumin Journal of agricultural and food chemistry,48,2670-2674 2000/07 英語
Masuda T, Yasumoto K, Kitabatake N Monitoring the Irradiation-induced Conformational Changes of Ovalbumin by Using Monoclonal Antibodies and Surface Plasmon Resonance Biosci. Biotechnol. Biochem.,64,710-716 2000/04 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
志村大智, 上田早希, 道端良之介, 小川剛伸, 桝田哲哉, 谷史人 ずり応力に対する消化管組織由来の細胞応答 日本バイオレオロジー学会誌(Web),31,2,147 (WEB ONLY) 2017/05/27 日本語
中山裕介, 山野上実希, 森島美千代, 小川剛伸, 桝田哲哉, 谷史人 消化管機能に対するセルロースナノファイバーの生体適合性 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2017,ROMBUNNO.3A03a09 (WEB ONLY) 2017/03/05 日本語
光本麻佑子, 大久保喬平, 三上文三, 谷史人, 桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2017,ROMBUNNO.2A04p10 (WEB ONLY) 2017/03/05 日本語
菅原道泰, 鈴木守, 桝田哲哉, 井上茂之, SONG Changyong, 中根崇智, 溝端栄一, 中津亨, 湯本史明, 南後恵理子, 登野健介, 沼田圭司, 岩田想 高粘度結晶輸送媒体を利用したXFEL施設SACLAでの連続フェムト秒結晶構造解析 日本結晶学会年会講演要旨集,2016,117 2016/11 日本語
中根崇智, 花島慎弥, 鈴木守, 斎木悠, 林太一, 垣之内啓介, 杉山成, 川竹悟史, 松岡茂, 松森信明, 南後恵理子, 小林淳, 島村達郎, 木村香菜子, 森千寿, 国島直樹, 菅原道泰, 高久陽子, 井上茂之, 桝田哲哉, 保坂俊彰, 登野健介, 城地保昌, 亀島敬, 初井宇記, 矢橋牧名, 井上豪, 濡木理, 岩田想, 村田道雄, 溝端栄一 膜蛋白質のSFXによる迅速位相決定を志向したヨウ素含有界面活性剤の開発 日本結晶学会年会講演要旨集,2016,112 2016/11 日本語
道端良之介, 上田早希, 桝田哲哉, 谷史人 ずり応力負荷に伴う消化管組織由来の細胞応答の解析 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,496th,43 2016/09/15 日本語
近藤宏哉, 前田仁美, 星澤奈央子, 西田空, 桝田哲哉, 谷史人 ビフィズス菌由来ストレスタンパク質による制御性T細胞の誘導に関する研究 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,496th,44 2016/09/15 日本語
大久保喬平, 三上文三, 谷史人, 桝田哲哉 高分解能X線結晶構造解析による甘味タンパク質ソーマチン変異体とサッカリンの相互作用に関する研究 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,496th,45 2016/09/15 日本語
桑名由紀, HYEJIN Namgung, 古江文美, 桝田哲哉, 谷史人 腸管上皮細胞の生体防御機能に対する乳脂肪球ブチロフィリンの作用 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,70th,299 2016/04/25 日本語
HYEJIN Namgung, 桑名由紀, 古江文美, 桝田哲哉, 谷史人 乳脂肪球膜ブチロフィリンは腸管上皮細胞株からのムチン産生を亢進させる 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,70th,299 2016/04/25 日本語
桝田哲哉, 太田圭介, 小代奈央子, 村田一輝, 三上文三, 谷史人, TEMUSSI Piero, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味強化 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2016,2E015 (WEB ONLY) 2016/03/05 日本語
Kaho Nishizawa, Tetsuya Masuda, Yasuyuki Takenaka, Hironori Masui, Fumito Tani, Yasuhiro Arii Precipitation of sword bean proteins by heating and addition of magnesium chloride in a crude extract Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,80,1623-1631 2016/01/01
山下恵太郎, 潘東青, 長谷川和也, 菅原道泰, 村井智洋, 小段篤史, 溝端栄一, 鈴木守, 桝田哲哉, 平田邦生, 加藤博章, 吾郷日出夫, 熊坂崇, 山本雅貴, 中津亨 シリアル結晶学における重原子誘導体を用いた位相決定 日本結晶学会年会講演要旨集,2015,89 2015/10 日本語
桝田哲哉 甘味タンパク質の構造と機能に関する研究 日本食品科学工学会大会講演集,62nd,8-9 2015/08/27 日本語
村田一輝, 桝田哲哉, 三上文三, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンAsp21変異体の構造活性相関 日本食品科学工学会大会講演集,62nd,111 2015/08/27 日本語
大久保喬平, 桝田哲哉, 三上文三, 谷史人 高分解能X線結晶構造解析による甘味タンパク質ソーマチンと苦味物質の相互作用解析 日本食品科学工学会大会講演集,62nd,111 2015/08/27 日本語
西澤果穂, 桝田哲哉, 有井康博 塩化マグネシウムで沈殿するナタマメタンパク質に対する塩の影響 日本食品科学工学会大会講演集,62nd,149 2015/08/27 日本語
桝田哲哉, 南後恵理子, 菅原道泰, 鈴木守, 登野健介, 城地保昌, 亀島敬, PARK Jaehyun, SONG Changyong, 初井宇記, 矢橋牧名, 大久保喬平, 三上文三, 北畠直文, 谷史人, 岩田想 甘味タンパク質ソーマチンの連続フェムト秒結晶構造解析 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,3C25P20 (WEB ONLY) 2015/03/05 日本語
田中智之, 南後恵理子, 菅原道泰, 鈴木守, 桝田哲哉, 山下鮎美, 田中里枝, 登野健介, 城地保昌, 亀島敬, PARK Jaehyun, SONG Changyong, 初井宇記, 矢橋牧名, 潘東青, 島村達郎, 溝端栄一, 北郷悠, 岩田想 SACLAにおけるシリアルフェムト秒X線結晶構造解析 日本結晶学会年会講演要旨集,2014,127 2014/11 日本語
岩田想, 木村香菜子, 島村達郎, 南後恵理子, 田中智之, 西澤知宏, 濡木理, 田中里枝, 鈴木守, 桝田哲哉, 菅原道泰, 登野健介, 城地保昌, 亀島敬, SONG Changyong, 初井宇記, 矢橋牧名, 山下恵太郎, 保坂俊彰, 田辺弘明, 羽藤正勝, 有馬登志, 染谷友美, 白水美香子, 潘東青, 中津亨, 加藤博章, 溝端栄一, 北郷悠, 高木淳一, 山中保明, 藤原孝彰, 山下鮎美, 小林淳 自由電子レーザーを用いた膜蛋白質の系統的構造解析 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),37th,2S15-6 (WEB ONLY) 2014/11 日本語
二村健太, 阿部賢太郎, 桝田哲哉, 松宮健太郎, 南部優子, 松村康生, 矢野浩之, 谷史人 非可食部に由来する不溶性多糖類ナノファイバーの物性解析 日本食品科学工学会大会講演集,61st,163 2014/08/28 日本語
村田一輝, 桝田哲哉, 三上文三, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンAsp21変異体の構造活性相関 日本食品科学工学会大会講演集,61st,81 2014/08/28 日本語
南後恵理子, 田中智之, 鈴木守, 桝田哲哉, 山下鮎美, 田中里枝, 登野健介, 城地保昌, 亀島敬, PARK Jaehyun, SONG Changyong, 初井宇記, 矢橋牧名, PAN Dongqing, 島村達郎, 溝端栄一, 北郷悠, 石谷隆一郎, 湯本史明, 岩田想 XFELを用いた創薬ターゲット蛋白質の迅速構造解析法の開発 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集,14th,122 2014/05/26 日本語
佐野文音, 村田一輝, 桝田哲哉, 三上文三, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,483rd,17 2014/01/31 日本語
古江文美, 桑名由紀, 桝田哲哉, 谷史人 ブチロフィリンの細胞外ドメインの発現と免疫調節機能 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,483rd,18 2014/01/31 日本語
桝田哲哉, 田口若奈, 佐野文音, 太田圭介, 北畠直文, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンと甘味受容体との応答特性 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,52nd,24 2013/10/01 日本語
星澤奈央子, 前田仁美, 橋本惠以, 桝田哲哉, 谷史人 ストレスタンパク質によるT細胞活性化抑制 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,52nd,31 2013/10/01 日本語
寺井織枝, 竹内杏理, 大植隆司, 桝田哲哉, 谷史人 自然免疫細胞によるストレスタンパク質Hsp70のC末端多様性の識別 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,52nd,32 2013/10/01 日本語
桝田哲哉, 村田一輝, 佐野文音, 三上文三, 北畠直文, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンの高分解能構造解析 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,481st,91 2013/09/05 日本語
竹内杏理, 寺井織枝, 桝田哲哉, 馬渡隆志, 谷史人 上皮細胞との接触による樹状細胞への制御性誘導 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,481st,98 2013/09/05 日本語
桝田哲哉, 塚原礼恵, 太田圭介, 北畠直文, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制作用 日本食品科学工学会大会講演集,60th,74 2013/08/29 日本語
二村健太, 阿部賢太郎, 桝田哲哉, 松宮健太郎, 南部優子, 松村康生, 矢野浩之, 谷史人 非可食部由来の不溶性多糖類の物性解析と消化管内挙動 日本食品科学工学会大会講演集,60th,176 2013/08/29 日本語
桝田 哲哉、佐野 文音、三上 文三、谷 史人、北畠 直文 甘味タンパク質ソーマチンの高分解能X線結晶構造解析 日本食品科学工学会 2012/08/31 日本語
片桐 実菜、平川 由紀、桝田 哲哉、谷 史人、北畠 直文 小麦粉加工食品に関する研究(2)小麦粉ドウの構造緩和に及ぼす内在性キシラナーゼとアミラーゼの影響 日本食品科学工学会 2012/08/30 日本語
佐野 文音、桝田 哲哉、三上 文三、谷 史人 高分解能X線結晶構造解析による甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 日本生化学会近畿支部例会 2012/05/19 日本語
橋本 惠以、星澤 奈央子、桝田 哲哉、谷 史人 腸間膜リンパ節のT細胞活性化機能に及ぼすストレスタンパク質の影響 日本農芸化学会 2012/03/23 日本語
桝田哲哉, 太田圭介, 三上文三, 北畠直文, 谷史人 高分解能X線結晶構造解析による甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 2J16P06 2012/03/05 日本語
田口若奈, 太田圭介, 佐野文音, 桝田哲哉, 北畠直文, 谷史人 点変異甘味受容体が甘味タンパク質ソーマチンとの相互作用に与える影響 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 2J16P05 2012/03/05 日本語
塚原礼恵, 桝田哲哉, 北畠直文, 谷史人 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の検討 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 2J16P07 2012/03/05 日本語
田口若奈, 太田圭介, 桝田哲哉, 谷史人, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンと甘味受容体の相互作用(2)点変異甘味受容体を用いた解析 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,114 2011/10/01 日本語
塚原礼恵, 桝田哲哉, 谷史人, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の検討 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,112 2011/10/01 日本語
橋本惠以, 桝田哲哉, 北畠直文, 谷史人 腸間膜リンパ節のT細胞活性化機能に及ぼすストレスタンパク質の影響 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,48 2011/10/01 日本語
大植隆司, 橋本惠以, 中元昌広, 古川祐一, 桝田哲哉, 北畠直文, 谷史人 大腸菌GroELによるCD4<sup>+</sup>CD25<sup>+</sup>Foxp3<sup>+</sup>制御性T細胞の産生誘導 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,50 2011/10/01 日本語
山下 知草、平川 由紀、桝田 哲哉、谷 史人、西津 貴久、北畠 直文 湿熱処理小麦粉を用いて調製した天ぷらのサクサ感評価;音響法による天ぷらのサクサ感定量測定とバッターの特性評価 日本食品科学工学会 2011/09/10 日本語
太田圭介, 桝田哲哉, 谷史人, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンと甘味受容体の相互作用(2)アルギニン残基の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/05 日本語
塚原礼恵, 太田圭介, 桝田哲哉, 谷史人, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の検討 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/05 日本語
桝田哲哉, 太田圭介, 谷史人, 三上文三, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,84 2011/03/05 日本語
田口若奈, 太田圭介, 桝田哲哉, 谷史人, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンと甘味受容体の相互作用(1)リジン残基の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/05 日本語
桝田哲哉, 太田圭介, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの大量発現系の構築 日本食品科学工学会大会講演集,57th,67 2010/09/01 日本語
桝田哲哉, 木子理美, 太田圭介, 三上文三, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンのX線結晶構造解析(2)アルギニン82の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,31 2010/03/05 日本語
木子理美, 太田圭介, 桝田哲哉, 三上文三, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンのX線結晶構造解析(1)リジン残基の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,31 2010/03/05 日本語
太田圭介, 木子理美, 井出信幸, 桝田哲哉, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの部位特異的変異による甘味活性部位の解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,55 2009/03/05 日本語
木子理美, 太田圭介, 井出信幸, 桝田哲哉, 三上文三, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンのX線結晶構造解析(1)甘味活性におけるリジン残基の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,55 2009/03/05 日本語
桝田哲哉, 木子理美, 太田圭介, 井出信幸, 三上文三, 北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンのX線結晶構造解析(2)甘味活性におけるアルギニン残基の重要性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,55 2009/03/05 日本語
桝田哲哉;片桐実菜;小原雅子;北畠直文 小麦登熟過程における種子タンパク質遺伝子の発現量に関する研究 日本食品科学工学会大会講演集,55th,125 2008/09/05 日本語
桝田 哲哉、Chen C, Monica、Sinnett-Smith, James、Rozengurt, Enrique フェニルチオカルバミド(PTC)に対するSTC-1細胞の応答 日本農芸化学会 2008/03/27 日本語
佐藤 枝里子、井出 信幸、桝田 哲哉、北畠 直文 甘味タンパク質の甘味に対するNaClおよび甘味阻害剤ラクチゾールの影響 日本農芸化学会 2008/03/27 日本語
井出 信幸、桝田 哲哉、北畠 直文 培養細胞上に発現させたヒト甘味受容体の甘味タンパク質への応答 日本農芸化学会 2008/03/27 日本語
谷口哲一;川元麻衣子;桝田哲哉;北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンによる血糖値上昇抑制効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2008,125 2008/03/05 日本語
桝田 哲哉、井出 信幸、北畠 直文 リゾチームの甘味特性 日本食品科学工学会、関西支部大会 2007/11/09 日本語
川元麻衣子;谷口哲一;桝田哲哉;北畠直文 塩基性タンパク質による血糖値上昇抑制効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,282 2007/03/05 日本語
太田 圭介、小代 奈央子、井出 信幸、桝田 哲哉、北畠 直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味活性に影響を与えるアミノ酸残基 日本農芸化学会 2007/03 日本語
太田 圭介, 井出 信幸, 桝田 哲哉, 北畠 直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味に対するクレフト部位に存在するアルギニン, リジン残基の影響 日本農芸化学会、関西支部会 2006/10 日本語
内藤寛子;桝田哲哉;谷史人;北畠直文 血糖値上昇抑制タンパク質(2)甘味タンパク質ソーマチンの作用機序 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,57 2006/03/05 日本語
北畠直文;中野信吾;桝田哲哉;内藤寛子 血糖値上昇抑制タンパク質(3)種々のタンパク質の効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,57 2006/03/05 日本語
内藤寛子;川元麻衣子;桝田哲哉;北畠直文 血糖値上昇抑制タンパク質(1)甘味タンパク質ソーマチンの効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,57 2006/03/05 日本語
井出信幸;桝田哲哉;北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンの分泌発現におけるソーマチンプレプロ配列の影響 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,58 2006/03/05 日本語
太田 圭介、井出 信幸、桝田 哲哉、北畠 直文 甘味タンパク質ソーマチンの甘味活性に関する研究 (1)アルギニン残基とリジン残基の役割 日本農芸化学会 2006/03 日本語
桝田 哲哉、井出 信幸、北畠 直文 卵白リゾチームの甘味発現機構 日本農芸化学会 2006/03 日本語
井出 信幸、桝田哲哉、北畠直文 甘味タンパク質ソーマチンIのPichia pastoris による分泌発現 日本農芸化学会、関西・中四国・西日本合同大会 2005/09 日本語
村上裕子、藤田由紀、桝田哲哉、杵川洋一、北畠直文 食品タンパク質及びタンニンの渋味と細胞増殖に与える影響 日本食品科学工学会 2004/09 日本語
桝田哲哉, 浜野恭子, 井出信幸, 北畠直文 タンパク質の味(2)卵白リゾチームの甘味発現部位の特定 日本農芸化学会大会講演要旨集,2004,227 2004/03/05 日本語
井出信幸, 桝田哲哉, 北畠直文 タンパク質の味(1)タンパク質の塩基性度と甘味活性 日本農芸化学会大会講演要旨集,2004,227 2004/03/05 日本語
安本 光秀、桝田 哲哉、北畠 直文 牛乳乳清β-ラクトグロブリンと卵白リゾチームの加熱分子複合体形成 日本農芸化学会 2004/03 日本語
北畠直文, 高浜絵梨奈, 藤田由紀, 桝田哲哉 タンパク質の味 (1) 塩基性タンパク質の味刺激能 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,71 2003/03/05 日本語
桝田哲哉, 高浜絵梨奈, 北畠直文 タンパク質の味 (3) リゾチームの甘味発現に関するリジン残基の影響 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,71 2003/03/05 日本語
浜野恭子, 桝田哲哉, 北畠直文 タンパク質の味 (4) リゾチームの甘味発現に関するアルギニン残基の影響 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,72 2003/03/05 日本語
高浜絵梨奈, 桝田哲哉, 北畠直文 タンパク質の味 (2) 甘味,渋味,苦味,あと味 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,71 2003/03/05 日本語
T. Masuda, Y. Ueno, N. Kitabatake Sweetness and enzymatic activity of lysozyme Journal of Agricultural and Food Chemistry,49,4937-4941 2001/11/01
桝田哲哉, 北畠直文 <i>Pichia pastoris</i> による鶏卵リゾチ-ムの高発現 日本農芸化学会 2001/03 日本語
玉置しのぶ, 和田律子, 藤田由紀, 金子涼輔, 桝田哲哉, 北畠直文 酵母によって発現した甘味タンパク質の特性 日本農芸化学会 2001/03 日本語
桝田哲哉, 北畠直文 鶏卵リゾチ-ムの甘味特性 日本農芸化学会, workshop 2000/03 日本語
上野有紀, Metha Alka, 桝田哲哉, 北畠直文 ニワトリ卵白リゾチ-ムの <i>pichia pastoris</i> における発現 日本農芸化学会 1999/03 日本語
桝田 哲哉,安本教傳,北畠直文 抗照射卵白アルブミン抗体の抗原結合能 日本農芸化学会 1999/03 日本語
メータ アルカ, 和田律子, 桝田哲哉, 丸山伸之, 内海成, 河野比良夫, 北畠直文 牛乳乳清タンパク質の機能特性 TA cloningおよびメタノール資化性酵母Pichia pastorisを用いたβ‐lactoglobulin発現系の溝築 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,407th,6 1998/12 日本語
Ojiro, N., Ohta, K., Ide, N., Masuda, T., and Kitabatake, N. Sweetness of Sweet-tasting protein, Thaumatin. American Oil Chemist Society, Quebec 2007/05 英語
Kitabatake, N., Tukazoe, M., Masuda, T., Kinekawa, Y. Astringency of Soybean Protein American Oil Chemist Society, Quebec 2007/05 英語
Masuda, T., and Kitabatake, N. Sweetness of lysozyme ISOT/JASTS, Kyoto 2004/07 英語
Kitabatake, N., Kaneko, R., and Masuda, T. Structure-sweetness relationship in thaumatin ISOT/JASTS, Kyoto 2004/07 英語
Kitabatake, N., Masuda, T. Taste Functionality of Food Proteins (1) Sweet, bitter, and astringent proteins. American Oil Chemist Society. Kansas City 2003/05 英語
Masuda, T. Whether or not the Sweet Activity in Hen Egg Lysozyme Is in Relation to its Enzymatic Activity. PACIFCHEM2000 2000/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の解明 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書,20,44-47 2014/12 日本語
桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の解明 日本食品化学研究振興財団研究成果報告書,19,87-91 2013/12 日本語
Masuda T, Sano A, Ohta K, Taguchi W, Tsukahara A, Tani F, Kitabatake N Properties of the sweet-tasting protein, thaumatin World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress 2012/10 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
SACLAにおける原子分解能解析 [招待あり] 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2017/05 日本語
非凍結結晶を用いたタンパク質X線結晶構造解析 [招待あり] 日本食品科学工学会大会講演集 2016/08/25 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
卵白リゾチームの甘味特性 食品酵素化学研究会 2014/08/30 日本語
Structure-sweetness relationships in the sweet-tasting protein, thaumatin Food Structure Functionality Symposium 2014/04/01 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
桝田哲哉 甘味タンパク質の構造機能相関、ソーマチンから見えてきたこと 化学と生物 2014/01 日本語
桝田 哲哉、谷 史人 甘味タンパク質ソーマチンと甘味受容体との応答特性 生体の科学、増大特集 細胞表面受容体 2013/10 日本語
Masuda T., and Kitabatake N. 甘味タンパク質ソーマチンおよびリゾチームの微生物生産 FFIジャーナル編集委員会 2006 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
北畠直文、桝田哲哉、内藤寛子 血糖値上昇抑制組成物 特許公開 特開2005-033225
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
奨励賞 日本食品科学工学会 2015/08/27
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
神の眼レベル…酵素の構造を解析、体内と同じ常温・原子分解能で 京大・理研など、X線自由レーザーで 産経新聞 産経WESTWEB 2017/04/11
酵素の立体構造回析 X線レーザーで成功 科学新聞 4面 2017/04/03
遺伝子を組み換え甘味料甘み1.7倍に 産経新聞 27面 2016/02/23
タンパク質の甘さ1・7倍に 京大、新甘味料に期待 京都新聞 23面 2016/02/04
京大、ソーマチンのアミノ酸構造を変換し甘味強度を1.7倍に高めることに成功 日刊工業新聞 24面 2016/02/09
理研など、たんぱく質の3次元結晶構造解析で試料を1ケタ低減する手法開発 日刊工業新聞 25面 2014/11/21
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 甘味タンパク質の構造と呈味発現、苦味抑制機構の解析 Studies on the elicitation of sweetness and effect on the masking of bitterness by protein 2013〜2015
基盤研究(C) 代表 甘味タンパク質の機能発現に関する構造生物学的解析 Elucidation of the structure-function relationships in sweet-tasting proteins by x-ray analysis at atomic resolution 2010〜2012
若手研究(B) 代表 タンパク質の甘味発現機構に関する研究 Studies on the elicitation of sweetness of sweet-tasting proteins 2007〜2009
若手研究(B) 代表 甘味タンパク質リゾチームに関する研究 Studies on the sweet protein Lysozyme 2002〜2004
萌芽研究 分担 唾液タンパク質と食品成分の相互作用ならびにその生理的意義に関する研究 2005〜2007
基盤研究(B) 分担 タンパク質の味刺激能に関する研究 Studies on the taste stimulating ability of food proteins 2003〜2005
基盤研究(B) 分担 食品タンパク質の熱処理による新規調理特性・加工特性をもつ食品素材の創製と開発 Development and creation of food materials having novel characteristics by thermal treatment of food proteins 1999〜2000
基盤研究(C) 代表 甘味タンパク質の構造と呈味発現、苦味抑制機構の解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 甘味タンパク質の構造と呈味発現、苦味抑制機構の解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本食品化学研究振興財団 桝田哲哉 卵白リゾチームの甘味発現機構に関する研究 Studies on the elicitation of sweetness of lysozyme 2003〜2004
日本食品化学研究振興財団 桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの甘味発現機構の解明 Studies on the elicitation of sweetness of thaumatin 2008〜2010
ソルト・サイエンス研究財団 北畠直文 甘味タンパク質の味質に及ぼす塩の影響 2002〜2003
熱帯生物資源研究助成 桝田哲哉 シコクビエの食糧資源としての有用性に関する研究 Studies on availability of finger millet of food environmental resources 2002〜2003
日本食品化学研究振興財団 桝田哲哉 甘味タンパク質ソーマチンの苦味抑制機構の解明 2012〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
食環境学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
食環境学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
環境農学論(A群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
環境農学論(B群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04〜2012/03
環境農学論(B群) Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品の感性科学を考える Organoleptic Science of Foods 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品の感性科学を考える Organoleptic Science of Foods 前期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品化学実験及び実験法 Laboratory Course in Food Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験2 Experimental Course in Food and Environmental Sciences2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻実験 Experimental Course in Food and Environmental Sciences 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習2 Food and Environmental Sciences Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食環境学専攻演習 Food and Environmental Sciences Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食品生化学実験及び実験法(II) Laboratory Course in Food Biochemistry (II) 前期 農学部 2017/04〜2018/03
食環境学専攻実験1 Experimental Course in Food and Environmental Sciences1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻実験2 Experimental Course in Food and Environmental Sciences2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻演習1 Food and Environmental Sciences Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
食環境学専攻演習2 Food and Environmental Sciences Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
宇治キャンパス公開2011実行委員会 委員 2011/01/01〜2011/12/31
放射線障害予防小委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
宇治研究所本館共同RI実験施設運営委員会 2014/04/01〜3000/03/31
放射線障害防止委員会 委員 2014/04/01〜2019/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間