井上 治久

最終更新日時: 2018/12/26 16:04:26

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
井上 治久/イノウエ ハルヒサ/Inoue, Haruhisa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/増殖分化機構研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
医学研究科/Graduate School of Medicine 医学専攻/Department of Medicine 幹細胞医学/Stem Cell Medicine 教授/Professor
医学研究科/Graduate School of Medicine 医科学専攻/Department of Medical Sciences 幹細胞医学/Stem Cell Medicine 教授/Professor
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経学会 Japanese Society of Neurology
日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society
日本老年医学学会 The Japan Geriatrics Society
日本内科学会 The Japanese Society of Internal Medicine
日本遺伝子細胞治療学会 The Japan Society of Gene and Cell Therpy
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The International Society for Stem Cell Research 米国
Society for Neuroscience 米国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) M.D., Ph.D. 京都大学 Kyoto University
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1992〜1993 京都大学医学部附属病院神経内科 Department of Neurology, Kyoto University Hospital 研修医 Resident
1993〜1997 財団法人住友病院神経内科 Department of Neurology, Sumitomo Hospital 研修医 Resident
1997〜1998 国立精神・神経センター神経研究所 National Institute of Neuroscience 研究生 Research Student
1997〜 ペイチ医科大学神経病理学教室 Laboratory for Neuropathology, University Medical School of Pecs, Hungary 研究員 Research Fellow
1998〜1999 国立精神・神経センター神経研究所 National Institute of Neuroscience 流動研究員
1999〜2004 理化学研究所脳科学総合研究センター Brain Science Institute, RIKEN at Wako 研究員 Staff Scientist
2004〜2005 ハーバード大学医学部マクリーン病院 Neuroregeneraion Laboratory, McLean Hospital/Harvard Medical School, Boston, MA, USA 博士研究員 Postdoctoral Fellow
2005〜2009 京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学 Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kyoto University 助手/助教 Assistant Professor
2009〜2010 京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター CiRA, iCeMS, Kyoto University 特定拠点准教授 Associate Professor
2010〜2014 京都大学iPS細胞研究所 CiRA, Kyoto University 准教授 Associate Professor
2014〜 京都大学iPS細胞研究所 CiRA, Kyoto University 教授 Professor
2017/04/01〜 理化学研究所バイオリソース研究センター iPS創薬基盤開発チーム RIKEN BioResource Research Center iPSC-based Drug Discovery and Development Team チームリーダー Team Leader
2017/11/01〜 理化学研究所 革新知能統合研究センター iPS細胞連携医学的リスク回避チーム RIKEN Center for Advanced Intelligence Project Medical-risk Avoidance based on iPS Cells Team 客員主管研究員 Senior Visiting Scientist

  • <<
  • >>
  • 表示
個人ホームページ
URL
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/inoue/e/
https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=55461444200
researchmap URL
https://researchmap.jp/InoueH
研究テーマ
(日本語)
幹細胞を用いた神経科学トレンスレーショナルリサーチ
(英語)
Translational neuroscience based on stem cells technology
研究概要
(日本語)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)やアルツハイマー病など、中枢神経系の細胞が変性・消失することで引き起こされる難治性神経変性疾患の治療法開発は、特に高齢化社会では喫緊の課題の一つとなっています。分子生物学的研究等の進展により、このような疾患に関して、その分子機構の理解は深まりつつあります。しかしながら、未だ根本的な予防・治療法は確立されていません。 私達の研究室では、iPS細胞作製技術の発見によって作り出すことが可能になった、これまでは手にいれることが全く不可能であった患者さん由来の細胞を用いることによって、分子機構のさらなる理解に基づく、ALSなど難治性神経変性疾患の制圧を目指しています。
(英語)
Molecular-biological analyses are advancing our understanding of intractable neurodegenerative diseases including amyotrophic lateral sclerosis (ALS), but radical care is still to be established. This laboratory aims to perform basic scientific research for further understanding of the disease mechanisms using patient-specific iPS cells, with the perspective of translating the findings into developing methods of treatment and/or prevention of the diseases.
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Kondo T, Imamura K, Funayama M, Tsukita K, Miyake M, Ohta A, Woltjen K, Nakagawa M, Asada T, Arai T, Kawakatsu S, Izumi Y, Kaji R, Iwata N, Inoue H. Kondo T, Imamura K, Funayama M, Tsukita K, Miyake M, Ohta A, Woltjen K, Nakagawa M, Asada T, Arai T, Kawakatsu S, Izumi Y, Kaji R, Iwata N, Inoue H. Kondo T, Imamura K, Funayama M, Tsukita K, Miyake M, Ohta A, Woltjen K, Nakagawa M, Asada T, Arai T, Kawakatsu S, Izumi Y, Kaji R, Iwata N, Inoue H. iPSC-Based Compound Screening and In Vitro Trials Identify a Synergistic Anti-amyloid β Combination for Alzheimer’s Disease iPSC-Based Compound Screening and In Vitro Trials Identify a Synergistic Anti-amyloid β Combination for Alzheimer’s Disease iPSC-Based Compound Screening and In Vitro Trials Identify a Synergistic Anti-amyloid β Combination for Alzheimer’s Disease Cell Reports, 21, 8, 2304-2312 Cell Reports, 21, 8, 2304-2312 Cell Reports, 21, 8, 2304-2312 2017/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Imamura K, Izumi Y, Watanabe A, Tsukita K, Woltjen K, Yamamoto T, Hotta A, Kondo T, Kitaoka S, Ohta A, Tanaka A, Watanabe D, Morita M, Takuma H, Tamaoka A, Kunath T, Wray S, Furuya H, Era T, Makioka K, Okamoto K, Fujisawa T, Nishitoh H, Homma K, Ichijo H, Julien JP, Obata N, Masato H, Akiyama H, Kaneko S, Ayaki T, Ito H, Kaji R, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H. Imamura K, Izumi Y, Watanabe A, Tsukita K, Woltjen K, Yamamoto T, Hotta A, Kondo T, Kitaoka S, Ohta A, Tanaka A, Watanabe D, Morita M, Takuma H, Tamaoka A, Kunath T, Wray S, Furuya H, Era T, Makioka K, Okamoto K, Fujisawa T, Nishitoh H, Homma K, Ichijo H, Julien JP, Obata N, Masato H, Akiyama H, Kaneko S, Ayaki T, Ito H, Kaji R, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H. Imamura K, Izumi Y, Watanabe A, Tsukita K, Woltjen K, Yamamoto T, Hotta A, Kondo T, Kitaoka S, Ohta A, Tanaka A, Watanabe D, Morita M, Takuma H, Tamaoka A, Kunath T, Wray S, Furuya H, Era T, Makioka K, Okamoto K, Fujisawa T, Nishitoh H, Homma K, Ichijo H, Julien JP, Obata N, Masato H, Akiyama H, Kaneko S, Ayaki T, Ito H, Kaji R, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H. The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis. The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis. The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis. Science Translational Medicine, 9, 391 Science Translational Medicine, 9, 391 Science Translational Medicine, 9, 391 2017/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shi Y*, Inoue H*, Wu J, Yamanaka S. Shi Y*, Inoue H*, Wu J, Yamanaka S. Shi Y*, Inoue H*, Wu J, Yamanaka S. Induced pluripotent stem cell technology: a decade of progress. Induced pluripotent stem cell technology: a decade of progress. Induced pluripotent stem cell technology: a decade of progress. Nature Reviews Drug Discovery, 16, 115-130 Nature Reviews Drug Discovery, 16, 115-130 Nature Reviews Drug Discovery, 16, 115-130 2017/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Imamura K, Sahara N, Kanaan N.M, Tsukita K, Kondo T, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Kawakami K, Hotta A, Yawata S, Watanabe D, Hasegawa M, Trojanowski J.Q, Lee V.M.-Y, Suhara T, Higuchi M, Inoue H. Imamura K, Sahara N, Kanaan N.M, Tsukita K, Kondo T, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Kawakami K, Hotta A, Yawata S, Watanabe D, Hasegawa M, Trojanowski J.Q, Lee V.M.-Y, Suhara T, Higuchi M, Inoue H. Imamura K, Sahara N, Kanaan N.M, Tsukita K, Kondo T, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Kawakami K, Hotta A, Yawata S, Watanabe D, Hasegawa M, Trojanowski J.Q, Lee V.M.-Y, Suhara T, Higuchi M, Inoue H. Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons. Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons. Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons. Scientific Reports, 6, 34904 Scientific Reports, 6, 34904 Scientific Reports, 6, 34904 2016/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kondo T, Funayama M, Tsukita K, Hotta A, Yasuda A, Nori S, Kaneko S, Nakamura M, Takahashi R, Okano H, Yamanaka S, Inoue H. Kondo T, Funayama M, Tsukita K, Hotta A, Yasuda A, Nori S, Kaneko S, Nakamura M, Takahashi R, Okano H, Yamanaka S, Inoue H. Kondo T, Funayama M, Tsukita K, Hotta A, Yasuda A, Nori S, Kaneko S, Nakamura M, Takahashi R, Okano H, Yamanaka S, Inoue H. Focal transplantation of human iPSC-derived glial-rich neural progenitors improves lifespan of ALS mice. Focal transplantation of human iPSC-derived glial-rich neural progenitors improves lifespan of ALS mice. Focal transplantation of human iPSC-derived glial-rich neural progenitors improves lifespan of ALS mice. Stem Cell Reports, 3, 1-8 Stem Cell Reports, 3, 1-8 Stem Cell Reports, 3, 1-8 2014/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
CiRA賞 CiRA Award 京都大学iPS細胞研究所 Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University 2014/01/06
第21回読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞受賞 21st Yomiuri Techno Forum Gold Medal 読売テクノ・フォーラム Yomiuri Techno Forum 2015/04/16
第8回臨床薬理研究振興財団研究大賞 8th Japan Research Foundation for Clinical Pharmacology Research Award 公益財団法人 臨床薬理研究振興財団 Japan Research Foundation for Clinical Pharmacology 2016/02/10
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究(A)→若手研究(B) 独立行政法人日本学術振興会 代表 抗アポトーシス分子を用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法に関する研究 2001〜2002
若手研究(B) 独立行政法人日本学術振興会 代表 抗アポトーシス分子を用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法に関する研究 2003〜2004
分子イメージング研究プログラム 独立行政法人 科学技術振興機構 代表 タウオパチー型認知症の治療とモニタリング技術の開発 2007〜2009
厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 分担 パーキンソン病および類縁疾患患者iPS細胞を用いた病態解明 2009〜2009
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST 代表 「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術」研究領域 iPS細胞を駆使した神経変性疾患病因機構の解明と個別化予防医療開発 2009〜2015
新学術領域研究 独立行政法人日本学術振興会 代表 シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成 人工多能性幹細胞作製技術を応用した神経変性疾患細胞機能・回路異常病理の解明 2010〜2115
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業・障害者対策総合研究事業) 分担 筋萎縮性側索硬化症患者由来疾患モデル細胞を用いた病態解明と治療法開発 2009〜2011
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 分担 疾患特異的iPS細胞を用いた難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究 2009〜2011
文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C) 代表 患者由来誘導多能性幹細胞を用いた家族性筋萎縮性側索硬化症治療法の開発 2009〜2011
文部科学省 再生医療の実現化プロジェクト 分担 京都大学iPS細胞研究統合推進拠点 ヒトiPS細胞を用いた神経再生医療実現化のための技術開発 2010〜2012
精神・神経疾患研究開発費研究事業 分担 精神・神経疾患のiPS細胞を用いた診断・治療法の開発に関する戦略的研究 2012〜2014
再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患特異的iPS 細胞を活用した難病研究」 代表 高品質な分化細胞・組織を用いた神経系および視覚系難病のin vitroモデル化と治療法の開発 2012〜2015
医療施設運営費等補助金(臨床研究拠点等整備事業) 代表 iPS細胞を利用した創薬研究支援事業 2012〜2012
厚生労働省科学研究費補助金(難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業) 代表 難治性疾患創薬シーズの探索と薬剤安全性評価法の開発 2013〜2018
平成26年度厚生労働科学研究委託費(難治性疾患等実用化研究事業) 分担 ジストニアの分子病態解明と新規治療法開発 2014〜2014
平成29年度第二期GAPファンドプログラム 代表 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスにおけるボスチニブ有効血中濃度の同定 2017〜2018
平成30年度 再生医療実用化研究事業(二次公募) 代表 ドラックリポジショニングによるALS治療薬開発のための薬物動態評価 2018〜2019
平成30年度再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療用iPS 細胞ストック開発拠点 分担 初期化メカニズムの解明、安全性の確立 2018〜2019
平成30年度京都大学「橋渡し研究戦略的推進プログラム」シーズA 代表 タウタンパク質を標的とした認知症治療薬の開発 2018〜2019
平成30年度科学研究費助成 基盤研究B 代表 生体内リプログラミングによるALS 神経再生研究 2018〜2020
平成30年度 臨床研究・治験推進研究事業(一次公募) 代表 患者レジストリを活用した筋萎縮性側索硬化症治療薬開発のための医師主導治験 2018〜2020
平成30年度科学研究費助成 挑戦的研究(萌芽) 代表 Deep learningによる神経変性画像解析の研究 2018〜2020

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
組換えDNA実験安全委員会1号委員、委員長
安全衛生委員会1号委員、衛生管理者
発明委員会1号委員 2015/04/01〜2019/03/31
人権委員会 2015/04/01〜2016/03/31