友永 省三

最終更新日時:2017/07/09 17:48:58

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
友永 省三/トモナガ ショウゾウ/Shozo Tomonaga
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生物科学専攻動物機能開発学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 九州大学
博士(農学) 九州大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
九州大学 大学院生物資源環境科学府動物資源科学専攻(修士課程) 修了
九州大学 大学院生物資源環境科学府動物資源科学専攻(博士課程) 修了
プロフィール
(日本語)
2012年4月 - 現在 京都大学大学院農学研究科 応用生物科学専攻 動物栄養科学分野 助教 2011年10月 - 2012年3月 九州大学大学院農学研究院 動物・海洋生物資源学講座 代謝・行動制御学分野 助教 2009年10月 - 2011年9月 九州大学大学院農学研究院 動物・海洋生物資源学講座 高次動物生産システム学分野 助教 2008年4月 - 2009年10月 日本学術振興会特別研究員(PD) 2006年4月 - 2008年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
個人ホームページ
URL
http://researchmap.jp/tomonagashozo
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-0888-1407
研究テーマ
(日本語)
食肉に多く含まれるイミダゾールジペプチド(カルノシン、アンセリンおよびバレニンなど)を研究しています。動物のストレス反応などに着目した発達期栄養学の確立にも取り組んでいます。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
アミノ酸 Amino Acids
イミダゾールジペプチド Imidazole dipepitide
カルノシン Carnosine
バレニン Balenine
ストレス Stress
脳機能発達期の栄養学 Nutritional Science for Brain Development
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
畜産学・草地学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Goto T, Tomonaga S, Toyoda A. Effects of diet quality and psychosocial stress on the metabolic profiles of mice. Journal of Proteome Research,16,5,1857-1867 2017/05 英語
Abd Eldaim MA, Hashimoto O, Ohtsuki H, Yamada T, Murakami M, Onda K, Sato R, Kanamori Y, Qiao Y, Tomonaga S, Matsui T, Funaba M. Expression of uncoupling protein 1 in bovine muscle cells. Journal of Animal Science,94,12,5097-5104 2016/12 英語
Shigematsu M, Nakagawa R, Tomonaga S, Funaba M, Matsui T. Fluctuations in metabolite content in the liver of magnesium-deficient rats. British Journal of Nutrition,116,10,1694-1699 2016/11 英語
小林謙一、友永省三、藤田萌、飯塚宏和、伊勢瑛、後藤圭太、瀬崎沙織、武井史郎、福岡伸一、佐々木隆造、柴田克己、鈴木司、山本祐司 トリプトファン代謝中間産物キノリン酸の蓄積は腎糸球体濾過能を低下させる アミノ酸研究,9,2,91-94 2016/03 日本語
Qiao Y, Tomonaga S, Matsui T, Funaba M. Modulation of the cellular content of metabolites in adipocytes by insulin. Molecular and Cellular Endocrinology,424,71-80 2016/03 英語
Goto T, Tomonaga S, Okayama T, Toyoda A. Murine depression model and its potential applications for discovering foods and farm products with antidepressant-like effects. Frontiers in Neuroscience,10,72 2016/03 英語
Ikegami T, Takemura A, Choi E, Suda A, Tomonaga S, Badruzzaman M, Furuse M. Increase in telencephalic dopamine and cerebellar norepinephrine contents by hydrostatic pressure in goldfish: the possible involvement in hydrostatic pressure-related locomotion. Fish Physiology and Biochemistry,41,5,1105-1115 2015/10 英語
Qiao Y, Yamada T, Kanamori Y, Kida R, Shigematsu M, Fujimoto Y, Tomonaga S, Matsui T, Funaba M. Regulatory expression of components in the BMP pathway in white adipose tissues of cattle. Livestock Science,174,1,144-149 2015/04 英語
Ogino Y, Tomonaga S, Yoshida J, Nagasawa M, Furuse M. Central administration of glucose modifies brain amino acid metabolism in neonatal chicks. Journal of Poultry Science,52,1,28-33 2015/01 英語
Kanamori Y, Yamada T, Asano H, Kida R, Qiao Y, Abd Eldaim MA, Tomonaga S, Matsui T, Funaba M. Effects of vitamin A status on expression of Ucp1 and brown/beige adipocyte-related genes in white adipose tissues of beef cattle. Journal of Veterinary Medical Science,76,9,1261-1265 2014/10 英語
Nagasawa M, Otsuka T, Ogino Y, Yoshida J, Tomonaga S, Yasuo S, Furuse M. Orally administered whole egg demonstrates antidepressant-like effects in the forced swimming test on rats. Acta Neuropsychiatrica,26,4,209-217 2014/08 英語
Tsukahara T, Matsukawa N, Tomonaga S, Inoue R, Ushida K, Ochiai K. High-sensitivity detection of short-chain fatty acids in porcine ileal, cecal, portal and abdominal blood by gas chromatography-mass spectrometry. Animal Science Journal,85,4,494-498 2014/04 英語
Shibuya E, Murakami M, Kondo M, Kamei Y, Tomonaga S, Matsui T, Funaba M. Downregulation of Pgc-1α expression by tea leaves and their by-products. Cell Biochemistry and Function,32,3,236-240 2014/04 英語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Ikegami T, Erwan E, ;Ito K, Cockrem JF, Furuse M. Oxidative damage and brain concentrations of free amino acid in chicks exposed to high ambient temperature. Comparative Biochemistry and Physiology - A Molecular and Integrative Physiology,169,70-76 2014/03 英語
Takemoto S, Yamamoto A, Tomonaga S, Funaba M, Matsui T. Magnesium deficiency induces the emergence of mast cells in the liver of rats. Journal of Nutritional Science and Vitaminology,59,6,560-563 2013/12 英語
Erwan E, Tomonaga S, Ohmori T, Mutaguchi Y, Ohshima T, Nagasawa M, Yasuo S, Tamura Y, Furuse M. Oral administration of D-aspartate, but not of L-aspartate, reduces food intake in chicks. Journal of Poultry Science,50,2,165-171 2013/04 英語
Yamada S, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular injection of pyrithiamine on short-term memory and habituation learning in mice. Current Topics in Nutraceutical Research,11,1/2,47-54 2013/02 英語
Nishino R, Mikami K, Takahashi H, Tomonaga S, Furuse M, Hiramoto T, Aiba Y, Koga Y, Sudo N. Commensal microbiota modulate murine behaviors in a strictly contamination-free environment confirmed by culture-based methods. Neurogastroenterology and Motility,25,6,521-528 2013/01 英語
Nagasawa M, Murakami T, Tomonaga S, Sato M, Takahata Y, Morimatsu F, Furuse M. Impacts of acute imipramine treatment on plasma and brain amino acid metabolism in mice given graded levels of dietary chicken protein. Animal Science Journal,83,12,777-787 2012/12 英語
友永省三 食肉に含まれるカルノシン・アンセリン研究の最前線 食肉の科学,53,2,177-182 2012/11 日本語
Erwan E, Tomonaga S, Yoshida J, Nagasawa M, Ogino Y, Denbow DM, Furuse M. Central administration of L- and D-aspartate attenuates stress behaviors by social isolation and CRF in neonatal chicks Amino Acids,43,5,1969-1976 2012/11 英語
Nagasawa M, Ogino Y, Kurata K, Otsuka T, Yoshida J, Tomonaga S, Furuse M. Hypothesis with abnormal amino acid metabolism in depression and stress vulnerability in Wistar Kyoto rats Amino Acids,43,5,2101-2111 2012/11 英語
Tomonaga S, Matsumoto M, Furuse M. β-alanine enhances brain and muscle carnosine levels in broiler chicks Journal of Poultry Science,49,4,308-312 2012/10 英語
Yoshida J, Tomonaga S, Ogino Y, Nagasawa M, Kurata K, Furuse M. Intracerebroventricular injection of kynurenic acid attenuates corticotrophin-releasing hormone-augmented stress responses in neonatal chicks Neuroscience,220,142-148 2012/09 英語
Nagasawa M, Murakami T, Tomonaga S, Furuse M. The impact of chronic imipramine treatment on amino acid concentrations in the hippocampus of mice Nutritional Neuroscience,15,5,26-33 2012/09 英語
丸居篤、水野谷航、中野豊、城内文吾、友永省三、清水邦義、泉清隆、堀江ちひろ イノシシ肉ソーセージの理化学的特性および食味評価 日本暖地畜産学会報,55,2,177-180 2012/09 日本語
Tomonaga S, Yamasaki I, Nagasawa M, Ogino Y, Uotsu N, Teramoto S, Furuse M. Oral administration of L-serine increases L- and D-serine levels in the plasma and brain of fasted rats Letters in Drug Design and Discovery,9,7,663-667 2012/09 英語
Hamasu K, Kabuki Y, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Changes in brain monoamine metabolism of neonatal chicks under two different acute stress conditions. British Poultry Science,53,1,145-149 2012/07 英語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Nishimura S, Tabata S, Cockrem JF, Tsutsui K, Furuse M. Hypothalamic gonadotropin-inhibitory hormone precursor mRNA is increased during depressed food intake in heat-exposed chicks Comparative Biochemistry and Physiology - A Molecular and Integrative Physiology,162,3,227-233 2012/07 英語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Nishimura S, Tabata S, Furuse M. Physiological and behavioral responses of young chicks to high ambient temperature Journal of Poultry Science,49,3,212-218 2012/07 英語
Tomonaga S, Kawabata F, Yoshida J, Ogino Y, Tsuji T, Furuse M. Alaska pollack protein Decreases brain 3-methoxy-4-hydroxyphenylglycol levels in fasting chicks Journal of Poultry Science,49,3,171-177 2012/07 英語
Kurata K, Nagasawa M, Tomonaga S, Aoki M, Akiduki S, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Orally administered l-ornithine reduces restraint stress-induced activation of the hypothalamic-pituitary-adrenal axis in mice. Neuroscience Letters,506,2,287-291 2012/01 英語
Kurata K, Nagasawa M, Tomonaga S, Aoki M, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Orally administered L-ornithine elevates brain L-ornithine levels and has an anxiolytic-like effect in mice Nutritional Neuroscience,14,6,243-248 2011/11 英語
Yamada S, Oikawa D, Tomonaga S, Furuse M. Neurochemical and behavioral effects of excessive glucose intake in thiamine-deficient mice. Journal of Pet Animal Nutrition,14,1,1-12 2011/04 英語
Kurata K, Shigemi K, Tomonaga S, Aoki M, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. L-Ornithine attenuates corticotropin-releasing factor-induced stress responses acting at GABA <sub>A</sub> receptors in neonatal chicks Neuroscience,172,226-231 2011/01 英語
Tamada K, Tomonaga S, Hatanaka F, Nakai N, Takao K, Miyakawa T, Nakatani J, Takumi T. Decreased exploratory activity in a mouse model of 15q duplication syndrome; implications for disturbance of serotonin signaling. PLoS One,5,12,e15126 2010/12 英語
Yang JH, Wada A, Yoshida K, Miyoshi Y, Sayano T, Esaki K, Kinoshita MO, Tomonaga S, Azuma N, Watanabe M, Hamase K, Zaitsu K, Machida T, Messing A, Itohara S, Hirabayashi Y, Furuya S. Brain-specific Phgdh deletion reveals a pivotal role for l-serine biosynthesis in controlling the level of D-serine, an N-methyl-D-aspartate receptor co-agonist, in adult brain Journal of Biological Chemistry,285,53,41380-41390 2010/12 英語
Katayama S, Tomonaga S, Sato M, Yamane H, Tsuneyoshi Y, Denbow DM, Furuse M. Norepinephrine does not alter NPY and POMC mRNA expression in neonatal chicks Comparative Biochemistry and Physiology - A Molecular and Integrative Physiology,156,1,143-146 2010/05 英語
Tomonaga S, Sato M, Takahata Y, Morimatsu F and Furuse M. Oral administration of chicken breast extract activates serotonin metabolism in the hippocampus of rats. Journal of Animal and Veterinary Advances,8,11,2276-2279 2009/09 英語
Hamasu K, Shigemi K, Kabuki Y, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Central l-proline attenuates stress-induced dopamine and serotonin metabolism in the chick forebrain Neuroscience Letters,460,1,78-81 2009/08 英語
Tsuneyoshi Y, Sato M, Tomonaga S, Yamane H, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Oral administration of Excitin-1 (β-alanyl-Lleucine) alters behavior and brain monoamine and amino acid concentrations in rats Nutritional Neuroscience,12,4,175-182 2009/08 英語
Hamasu K, Haraguchi T, Kabuki Y, Adachi N, Tomonaga S, Sato H, Denbow DM, Furuse M. L-Proline is a sedative regulator of acute stress in the brain of neonatal chicks Amino Acids,37,2,377-382 2009/07 英語
Sato M, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Changes in carnosine and its related constituents during embryonic development in the breast muscle of layer and broiler chickens Journal of Poultry Science,46,3,229-233 2009/07 英語
Yamane H, Tomonaga S, Tsuneyoshi Y, Denbow DM, Furuse M. Reduced glutathione decreases energy expenditure in chicks exposed to separation stress Animal Science Journal,80,3,291-295 2009/06 英語
Nakatani J, Tamada K, Hatanaka F, Ise S, Ohta H, Inoue K, Tomonaga S, Watanabe Y, Chung YJ, Banerjee R, Iwamoto K, Kato T, Okazawa M, Yamauchi K, Tanda K, Takao K, Miyakawa T, Bradley A, Takumi T. Abnormal behavior in a chromosome-engineered mouse model for human 15q11-13 duplication seen in autism. Cell,137,7,1235-1246 2009/06 英語
Sato M, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Changes in free amino acids in the brain during embryonic development in layer and broiler chickens Amino Acids,36,2,303-308 2009/02 英語
Murakami T, Yamane H, Tomonaga S, Furuse M. Forced swimming and imipramine modify plasma and brain amino acid concentrations in mice European Journal of Pharmacology,602,1,73-77 2009/01 英語
友永省三、古瀬充宏 カルノシンの機能及び代謝に関する研究 食品加工技術,28,3,97-103 2008/12 日本語
Suenaga R, Tomonaga S, Yamane H, Kurauchi I, Tsuneyoshi Y, Sato H, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular injection of L-arginine induces sedative and hypnotic effects under an acute stress in neonatal chicks Amino Acids,35,1,139-146 2008/06 英語
Suenaga R, Yamane H, Tomonaga S, Asechi M, Adachi N, Tsuneyoshi Y, Kurauchi I, Sato H, Denbow DM, Furuse M. Central L-arginine reduced stress responses are mediated by L-ornithine in neonatal chicks Amino Acids,35,1,107-113 2008/06 英語
Tomonaga S, Yamane H, Onitsuka E, Yamada S, Sato M, Takahata Y, Morimatsu F, Furuse M. Carnosine-induced antidepressant-like activity in rats Pharmacology Biochemistry and Behavior,89,4,627-632 2008/06 英語
Tsuneyoshi Y, Yamane H, Tomonaga S, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Reverse structure of carnosine-induced sedative and hypnotic effects in the chick under acute stress Life Sciences,82,21-22,1065-1069 2008/05 英語
友永省三 カルノシンおよびその関連物質の機能に関する研究 栄養生理研究会報,52,1,37-44 2008/03 日本語
Asechi M, Kurauchi I, Tomonaga S, Yamane H, Suenaga R, Tsuneyoshi Y, Denbow DM, Furuse M. Relationships between the sedative and hypnotic effects of intracerebroventricular administration of L-serine and its metabolites, pyruvate and the derivative amino acids contents in the neonatal chicks under acute stressful conditions Amino Acids,34,1,55-60 2008/01 英語
Tsuneyoshi Y, Tomonaga S, Yamane H, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Central administration of L-Ser-L-His and L-Ile-L-His induced sedative effects under an acute stressful condition in chicks Letters in Drug Design and Discovery,5,1,65-68 2008/01 英語
友永省三、恒吉洋祐、古瀬充宏 β-アラニン関連ジペプチドの脳内機能 化学と生物,45,12,816-818 2007/12 日本語
Yamane H, Tomonaga S, Suenaga R, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular injection of glutathione suppresses food intake of neonatal chicks. Journal of Animal and Veterinary Advances,6,11,1247-1249 2007/11 英語
Furuse M, Yamane H, Tomonaga S, Tsuneyoshi Y, Denbow DM. Neuropeptidergic regulation of food intake in the neonatal chick: A review Journal of Poultry Science,44,4,349-356 2007/10 英語
Tomonaga S, Noda K, Suenaga R, Asechi M, Adachi N, Kino K, Nakamura A, Denbow DM, Furuse M. Stress responses in neonatal meat and layer Nagoya chicks Animal Science Journal,78,5,541-545 2007/10 英語
Adachi N, Choi YH, Suenaga R, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Green tea component, (-)-epigallocatechin gallate, but not L-theanine, has sedative effects in chick under acute stress conditions. Current Topics in Nutraceutical Research,5,2/3,107-110 2007/08 英語
Tomonaga S, Hayakawa T, Yamane H, Maemura H, Sato M, Takahata Y, Morimatsu F, Furuse M. Oral administration of chicken breast extract increases brain carnosine and anserine concentrations in rats Nutritional Neuroscience,10,3-4,181-186 2007/06 英語
Yamane H, Tomonaga S, Suenaga R, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular injection of glutathione and its derivative induces sedative and hypnotic effects under an acute stress in neonatal chicks Neuroscience Letters,418,1,87-91 2007/05 英語
Tsuneyoshi Y, Tomonaga S, Asechi M, Morishita K, Denbow DM, Furuse M. Central administration of dipeptides, beta-alanyl-BCAAs, induces hyperactivity in chicks BMC Neuroscience,8,37 2007/05 英語
Adachi N, Tomonaga S, Suenaga R, Denbow DM, Furuse M. Galloyl group is not necessary for a sedative effect of catechin through GABAergic system Letters in Drug Design and Discovery,4,3,163-167 2007/04 英語
Takagi S, Tomonaga S, Ito S, Oshima Y, Honjo T, Furuse M. Effects of in utero TPTCL exposure on the learned behaviors of mice after birth. Journal of Applied Animal Research,31,1,13-20 2007/03 英語
宮本浩徳、森本ゆり、友永省三、古瀬充宏 ジャンガリアンハムスターとロボロフスキーハムスターの行動特性. 畜産の研究,60,10,1087-1092 2006/10 日本語
Asechi M, Tomonaga S, Tachibana T, Han L, Hayamizu K, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular injection of l-serine analogs and derivatives induces sedative and hypnotic effects under an acute stressful condition in neonatal chicks Behavioural Brain Research,170,1,71-77 2006/06 英語
Emoto F, Tomonaga S, Tachibana T, Denbow DM, Furuse M. Effect of centrally administered sphingomyelin on food intake and HPA axis of chicks. Journal of Applied Animal Research,29,2,91-96 2006/06 英語
Adachi N, Tomonaga S, Tachibana T, Denbow DM, Furuse M. (-)-Epigallocatechin gallate attenuates acute stress responses through GABAergic system in the brain European Journal of Pharmacology,531,1-3,171-175 2006/02 英語
Tomonaga S, Kaneko K, Kaji Y, Kido Y, Denbow DM, Furuse M. Dietary β-alanine enhances brain, but not muscle, carnosine and anserine concentrations in broilers Animal Science Journal,77,1,79-86 2006/02 英語
Tomonaga S, Tachibana T, Takahashi H, Sato M, Denbow DM, Furuse M. Nitric oxide involves in carnosine-induced hyperactivity in chicks European Journal of Pharmacology,524,1-3,84-88 2005/11 英語
Koutoku T, Takahashi H, Tomonaga S, Oikawa D, Saito S, Tachibana T, Han L, Hayamizu K, Denbow DM, Furuse M. Central administration of phosphatidylserine attenuates isolation stress-induced behavior in chicks Neurochemistry International,47,3,183-189 2005/08 英語
Tomonaga S, Kaji Y, Tachibana T, Denbow DM, Furuse M. Oral administration of β-alanine modifies carnosine concentrations in the muscles and brains of chickens. Animal Science Journal,76,3,249-254 2005/06 英語
金子国雄、友永省三、荒木利芳、吉松隆夫、古瀬充宏 ニワトリにおける色落ちノリの飼料原料化の検討. 畜産の研究,59,4,487-488 2005/04 日本語
Saito ES, Kaiya H, Tachibana T, Tomonaga S, Denbow DM, Kangawa K, Furuse M. Inhibitory effect of ghrelin on food intake is mediated by the corticotropin-releasing factor system in neonatal chicks Regulatory Peptides,125,1-3,201-208 2005/02 英語
Tachibana T, Saito ES, Takahashi H, Saito S, Tomonaga S, Boswell T, Furuse M. Anorexigenic effects of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide and vasoactive intestinal peptide in the chick brain are mediated by corticotrophin-releasing factor Regulatory Peptides,120,1-3,99-105 2004/08 英語
Tachibana T, Saito ES, Saito S, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Comparison of brain arginine-vasotocin and corticotrophin-releasing factor for physiological responses in chicks Neuroscience Letters,360,3,165-169 2004/04 英語
Saito S, Takagi T, Koutoku T, Saito ES, Hirakawa H, Tomonaga S, Tachibana T, Denbow DM, Furuse M. Differences in catecholamine metabolism and behaviour in neonatal broiler and layer chicks British Poultry Science,45,2,158-162 2004/04 英語
Tomonaga S, Tachibana T, Takagi T, Saito ES, Zhang R, Denbow DM, Furuse M. Effect of central administration of carnosine and its constituents on behaviors in chicks Brain Research Bulletin,63,1,75-82 2004/03 英語
Tachibana T, Saito S, Tomonaga S, Takagi T, Saito ES, Nakanishi T, Koutoku T, Tsukada A, Ohkubo T, Boswell T, Furuse M. Effect of central administration of prolactin-releasing peptide on feeding in chicks Physiology and Behavior,80,5,713-719 2004/02 英語
Tachibana T, Tomonaga S, Oikawa D, Saito S, Takagi T, Saito ES, Boswell T, Furuse M. Pituitary adenylate cyclase activating polypeptide and vasoactive intestinal peptide inhibit feeding in the chick brain by different mechanisms Neuroscience Letters,348,1,25-28 2003/09 英語
Takagi T, Tachibana T, Saito ES, Tomonaga S, Saito S, Bungo T, Denbow DM, Furuse M. Central pipecolic acid increases food intake under ad libitum feeding conditions in the neonatal chick Neuroscience Letters,347,2,93-96 2003/08 英語
Takagi T, Bungo T, Tachibana T, Saito ES, Saito S, Yamasaki I, Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Intracerebroventricular administration of GABA-A and GABA-B receptor antagonists attenuate feeding and sleeping-like behavior induced by L-pipecolic acid in neonatal chicks Journal of Neuroscience Research,73,2,270-275 2003/07 英語
Tachibana T, Takagi T, Saito ES, Tomonaga S, Zhang R, Koga Y, Kido Y, Michael Denbow D, Furuse M. Beta 3-adrenergic receptor is involved in feeding regulation in chicks Comparative Biochemistry and Physiology - A Molecular and Integrative Physiology,135,3,403-409 2003/07 英語
Yamasaki I, Takagi T, Oikawa D, Koutoku T, Koga Y, Tomonaga S, Tachibana T, Denbow MD, Furuse M. Changes in catecholamines and dopaminergic metabolites in pigeon brain during development from the late embryonic stage toward hatch Zoological Science,20,5,551-555 2003/05 英語
Tachibana T, Saito S, Tomonaga S, Takagi T, Saito ES, Boswell T, Furuse M. Intracerebroventricular injection of vasoactive intestinal peptide and pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide inhibits feeding in chicks Neuroscience Letters,339,3,203-206 2003/03 英語
Tachibana T, Takagi T, Tomonaga S, Ohgushi A, Ando R, Denbow DM, Furuse M. Central administration of cocaine- and amphetamine-regulated transcript inhibits food intake in chicks Neuroscience Letters,337,3,131-134 2003/02 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tomonaga S, Matsuo K, Shiraishi J. Plasma levels of tryptophan and quinolinic acid in chicks 2015 International Society for Tryptophan Research Conference 2015/09 英語
Yano J, Tomonaga S. Effects of orally administered threonine on low-molecular-metabolite concentrations in plasma and tissues of growing rats 12th Asian Congress of Nutrition 2015/05 英語
Tomonaga S. EFFECTS OF ORALLY ADMINISTERED β-ALANINE ON IMIDAZOLE DIPEPTIDE LEVELS IN CHICKENS International Congress on Carnosine and Anserine 2014 2014/08 英語
Erwan E, Tomonaga S, Yoshida J, Nagasawa M, Ogino Y, Furuse M. Central administration of L- and D-aspartate attenuates stress behaviors in chicks The 8th lnternational AFAS Joint Symposium between Japan and Korea 2011/11 英語
Furuse M, Tomonaga S. Central functions of carnosine and its relatives International Conference and Exhibition on Nutraceutcal and Functional Foods 2011/11 英語
Ota N, Miyamoto M, Naoi M, Tokunaga M, Oda S, Furuse M, Tomonaga S, Yasuo S, Takahashi T. Crystalline cellulose and pectin in digesta decrease self-diffusion of glucose in the small intestinal lumen World Congress of Clinical Nutrition 2011/09 英語
Tomonaga S, Kaji Y, Matsumoto M, Murakami H, Kaneko K, Kido Y, Furuse M. Dietary β-alanine modifies dipeptide levels in the brain and breast muscle of chickens 3rd EAAP International symposium on Energy and Protein Metabolism and Nutrition 2010/09 英語
Tomonaga S, Furuse M. Studies on the dipeptides abundant in the breast meat of chickens The 14th Animal Science Congress of the Asian-Australasian Association of Animal Production Societies 2010/08 英語
Tomonaga S, Hayakawa T, Oikawa D, Sato M, Takahata Y, Morimitsu F, Furuse M. Chicken breast extract and carnosine improve learning performance in mice. 53rd International Congress of Meat Science and Technology 2007/08 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
川邉翔子・岡田直樹・友永省三 成長期ラットにおけるα-アミノ酪酸の単回投与が血漿および肝臓の低分子代謝物質濃度に及ぼす影響の用量依存性 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017/05 日本語
鈴木実佳・友永省三・河田照雄・松井徹・舟場正幸 HB2褐色脂肪前駆細胞の分化過程における低分子代謝物質の変化 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017/05 日本語
冨士本有佑・橋本統・友永省三・松井徹・舟場正幸 β3アドレナリン受容体アゴニストが褐色脂肪組織および白色脂肪組織中の低分子代謝物質濃度に及ぼす影響 日本畜産学会第122回大会 2017/03 日本語
西浦誠・高橋秀之・衛藤哲次・塩塚雄二・藤野亮一・後藤貴文・舟場正幸・松井徹・友永省三 黒毛和種母牛の栄養不足が母仔の低分子代謝物質に及ぼす影響 第10回メタボロームシンポジウム 2016/10 日本語
松尾康平・岡田直樹・友永省三 ニワトリヒナの成長に伴う低分子代謝物質濃度の変化 第10回メタボロームシンポジウム 2016/10 日本語
友永省三・西浦誠・高橋秀之・衛藤哲次・塩塚雄二・藤野亮一・後藤貴文・舟場正幸・松井徹 黒毛和種牛の母乳、母牛血漿および仔牛血漿におけるメタボローム解析 第66回関西畜産学会大会 2016/10 日本語
冨士本有佑・友永省三・河田照雄・松井徹・舟場正幸 βアドレナリン受容体アゴニストが褐色脂肪細胞内低分子代謝物質濃度に及ぼす影響 第55回日本栄養・食糧学会近畿支部大会 2016/10 日本語
臼田賢人・福澤晋・川瀬貴博・塚原隆充・友永省三・渡辺元・永岡謙太郎 L型アミノ酸オキシダーゼ欠損マウスの海馬内神経伝達物質代謝変化と記憶・学習能の低下 日本アミノ酸学会10周年記念大会 2016/09 日本語
武本智嗣・友永省三・松井徹 長距離輸送におけるホルスタイン種の血清中低分子代謝物質濃度の網羅的解析 第54回肉用牛研究会佐賀大会 2016/09 日本語
川瀬貴博・友永省三・塚原隆充 UPLC-MS/MSを用いたキヌレニン経路代謝物質の低コスト分析方法の確立 日本アミノ酸学会10周年記念大会 2016/09 日本語
川邉翔子・矢野純司・岡田直樹・友永省三 成長期ラットのα-アミノ酪酸の急性投与における血漿および肝臓中低分子代謝物質の網羅的解析 日本アミノ酸学会10周年記念大会 2016/09 日本語
明石富美子・織田悠詩・小島早紀子・吉澤聡吾・清水いと世・友永省三・松井徹 展示飼育下のケープペンギンにおける趾瘤症発症と血漿中ビタミンA、ビタミンE、亜鉛濃度の関連 第33回日本微量栄養素学会学術集会 2016/06 日本語
岡田直樹・杉浦聡・北口公司・友永省三 マウスにおけるリポ多糖誘導性の代謝変化にカルノシンが及ぼす影響 第33回日本微量栄養素学会学術集会 2016/06 日本語
重松芽衣・中川良祐・友永省三・松井徹・舟場正幸 マグネシウム欠乏がラットの肝臓中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響 第70回日本栄養・食糧学会大会 2016/05 日本語
友永省三・矢野純司 α-アミノ酪酸の単回投与が成長期ラットのアミノ酸代謝に及ぼす影響 第70回日本栄養・食糧学会大会 2016/05 日本語
友永省三・奥山裕文・橘哲也・牧野良輔 慢性暑熱ストレス負荷ニワトリにおける血漿中低分子代謝物質の網羅的解析 日本畜産学会第121回大会 2016/03 日本語
喬宇航・村上賢・友永省三・舟場正幸・松井徹 黒毛和種去勢牛の脂肪組織由来間質脈管系細胞から分化した脂肪細胞はUCP-1を発現する 日本畜産学会第121回大会 2016/03 日本語
Wong Yun Li・友永省三・松井徹・舟場正幸 C2C12筋芽細胞の分化過程における低分子代謝物質の変動 日本畜産学会第121回大会 2016/03 日本語
重松芽衣・友永省三・舟場正幸・松井徹 マグネシウム欠乏が培養肝細胞ならびにマクロファージの低分子代謝産物量に及ぼす影響 第35回日本マグネシウム学会学術集会 2015/11 日本語
矢野純司・友永省三 成長期ラットにおけるトレオニン経口投与が脳内遊離アミノ酸含量に及ぼす影響 第54回日本栄養・食糧学会近畿支部大会 2015/10 日本語
川瀬貴博・塚原隆充・友永省三・井上亮・牛田一成 シカ肉の機能性評価-網羅的解析を用いた機能性成分評価およびマウス行動に及ぼす影響- 日本畜産学会第120回大会 2015/09 日本語
西浦誠・高橋秀之・矢野純司・衛藤哲次・塩塚雄二・藤野亮一・後藤貴文・舟場正幸・松井徹・友永省三 黒毛和種牛の初乳におけるメタボローム解析の検討 日本畜産学会第120回大会 2015/09 日本語
松井徹・後藤貴文・船津祥一郎・友永省三・舟場正幸 ウシ骨格筋中微量元素含量と筋繊維型の関係 日本畜産学会第120回大会 2015/09 日本語
友永省三・西浦誠・矢野純司 牛乳におけるガスクロマトグラフ質量分析計を用いたメタボローム解析の検討 第65回関西畜産学会大会 2015/09 日本語
友永省三・松尾康平・太田能之・白石純一 もみじとチャンキーにおける幼雛期の鶏種差に関連する血漿中低分子代謝物質の探索 日本家禽学会 2015年度春季大会 2015/03/30 日本語
友永省三・松尾康平・太田能之・白石純一 卵用鶏と肉用鶏における血漿中低分子代謝物質の網羅的解析 日本畜産学会 第119回大会 2015/03/29 日本語
友永省三・山本茜・舟場正幸・松井徹 L 型カルシウムチャネル阻害剤がマグネシウム欠乏ラットの血漿中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響 第34回 日本マグネシウム学会学術集会 2014/11/22 日本語
矢野純司・友永省三 成長期ラットにおけるトレオニン投与がトレオニン代謝に及ぼす影響 日本アミノ酸学会 第8回学術大会 2014/11/09 日本語
山本茜・矢野純司・友永省三・舟場正幸・松井徹 マグネシウム欠乏ラットの血漿中メタボローム解析 第53回 日本栄養・食糧学会近畿支部大会 2014/10/25 日本語
友永省三・後藤圭太・伊勢瑛・鈴木司・山本祐司・福岡伸一・佐々木隆造・柴田克己・小林謙一 QPRTノックアウトマウスの血清メタボローム解析 第36回日本トリプトファン研究会学術集会 2014/10/17 日本語
松尾康平・矢野純司・太田能之・白石純一・友永省三 もみじ種とチャンキー種における初期発育と血漿中遊離アミノ酸濃度の経日変化 日本家禽学会 2014年度秋季大会 2014/09/28 日本語
矢野純司・友永省三 ラットの成長過程における血漿および骨格筋中遊離アミノ酸濃度の変化 第68回 日本栄養・食糧学会大会 2014/05/31 日本語
友永省三・太田能之・白石純一 もみじ種とチャンキー種の鶏種差に関連する血漿中低分子代謝物質の探索 日本家禽学会 2014年度春季大会 2014/03/29 日本語
白石純一・坂田啓晃・友永省三・太田能之 もみじ種とチャンキー種における初期発育ならびにインスリン感受性の比較 日本家禽学会 2014年度春季大会 2014/03/29 日本語
中谷麻紗子・塚原隆充・松川典子 ・友永省三・福田菊人・井上亮 ・牛田一成 ほ乳仔豚の成長と,離乳による大腸内短鎖脂肪酸産生及び吸収の変化 日本畜産学会 第118回大会 2014/03/28 日本語
友永省三・丸山新・舟場正幸・松井徹 黒毛和種牛の肥育過程における多様な血漿中代謝産物濃度変化の解析 日本畜産学会 第118回大会 2014/03/28 日本語
友永省三・太田能之・白石純一 ニワトリヒナの鶏種と性に関連する血漿中低分子代謝物質の探索 日本畜産学会 第118回大会 2014/03/28 日本語
岡佳輝・水野谷航 ・後藤貴文 ・友永省三・中村真子・辰巳隆一・池内義秀 牛肉の筋線維タイプと遊離アミノ酸量の関係性 日本畜産学会 第118回大会 2014/03/27 日本語
矢野純司・西浦誠・舟場正幸・松井徹・友永省三 ラットにおける成長が血漿中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響 日本アミノ酸学会 第7回学術大会 2013/11/02 日本語
西浦誠・友永省三・矢野純司・舟場正幸・松井徹 ラットにおいてマグネシウム欠乏が血漿および組織中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響 第33回 日本マグネシウム学会学術集会 2013/09/28 日本語
友永省三・松川典子・塚原隆充・金森耀平・木田龍佑・舟場正幸・松井徹 UPLC/MS/MS による筋肉内ジペプチドおよび構成アミノ酸群分析の試み 日本畜産学会 第117回大会 2013/09/10 日本語
金森耀平・山田知哉・浅野宏輝・木田龍佑・喬宇航・友永省三・舟場正幸・松井徹 ウシ白色脂肪組織中における褐色脂肪細胞関連遺伝子の発現:ホールクロップサイレージ飼料給与の影響 日本畜産学会 第117回大会 2013/09/10 日本語
友永省三・矢野純司・西浦誠・舟場正幸・松井徹 GC/MS によるウシ尿中遊離アミノ酸迅速分析法の検討 関西畜産学会 第63回大会 2013/09/05 日本語
塚原隆充・松川典子・友永省三・牛田一成・落合邦康 微量分析系を用いた血管部位別の短鎖脂肪酸濃度と, 腸管内容物中濃度との比較 第17回 腸内細菌学会 2013/06/14 日本語
友永省三・金 己鉉・舟場正幸・松井徹 ラットにおけるマグネシウム欠乏が含硫アミノ酸代謝に及ぼす影響 第30回 日本微量栄養素学会学術集会 2013/06/08 日本語
山本茜・武本智嗣・友永省三・舟場正幸・松井徹 NMDAレセプターアンタゴニスト投与がマグネシウム欠乏ラットの肝臓における炎症反応に及ぼす影響 第30回 日本微量栄養素学会学術集会 2013/06/08 日本語
友永省三・武本智嗣・舟場正幸・松井徹 マグネシウム欠乏と高脂肪・高スクロース飼料がラットの血漿遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響 第67回 日本栄養・食糧学会大会 2013/05/26 日本語
松川典子・塚原隆充・友永省三・落合邦康 GC-MSを用いた体液中微量短鎖脂肪酸濃度測定法の検討 Hindgut Club Japan 2012/12/08 日本語
友永省三・金 己鉉・舟場正幸・松井徹 ラットにおけるマグネシウム欠乏が血漿遊離アミノ酸に及ぼす影響 第32回日本マグネシウム学会学術集会 2012/11/17 日本語
友永省三・金 己鉉・舟場正幸・松井徹 マグネシウム欠乏が血漿中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響 日本栄養・食糧学会第51回近畿支部大会 2012/10/20 日本語
小河匡・渡邉彰大・友永省三・平林義雄・高雄啓三・宮川剛・古屋茂樹 脳特異的Phgdh ノックアウトマウスにおける感覚運動ゲーティングと社会性行動異常 第35回日本神経科学大会 2012/09 日本語
吉田惇紀・友永省三・荻野ユミ・重村麻子・長澤麻央・古瀬充宏 トリプトファン代謝産物の脳室投与が単離ストレス下のニワトリヒナの行動に及ぼす影響 日本畜産学会 2012/03 日本語
重村麻子・荻野ユミ・吉田惇紀・長澤麻央・友永省三・古瀬充宏 鎮静・睡眠作用を有するL-ピペコリン酸は脳内モノアミンならびにアミノ酸代謝に影響を与えない 日本畜産学会 2012/03 日本語
長澤麻央・荻野ユミ・大塚剛司・吉田惇紀・友永省三・古瀬充宏 鶏卵の長期摂取はうつ病モデルラットに抗うつ様効果をもたらす 日本畜産学会 2012/03 日本語
チョードリ ビシュワジット・友永省三・西村正太郎・田畑正志・古瀬充宏 ニワトリにおける暑熱環境が酸化ストレスとアミノ酸含量に及ぼす影響 日本家禽学会 2012/03 日本語
吉田惇紀・友永省三・荻野ユミ・重村麻子・丸田えりか・古瀬充宏 D-トリプトファンの脳室内投与が単離ストレス下のニワトリヒナに及ぼす影響 日本トリプトファン研究会学術集会 2011/12 日本語
友永省三・吉田惇紀・荻野ユミ・古瀬充宏 キノリン酸の脳内投与によるストレス行動の鎮静効果 日本トリプトファン研究会学術集会 2011/12 日本語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Nishimura S, Tabata S, Tsutsui K, Furuse M. Hypothalamic Gonadotropin-Inhibitory Hormone Precursor mRNA is Increased during Depressed Food Intake in Heat-Exposed Chicks 鳥類内分泌研究会 2011/11 日本語
吉田惇紀・友永省三・荻野ユミ・長澤麻央・倉田幸治・古瀬充宏 脳内キヌレン酸が単離ストレス下のニワトリヒナの行動に及ぼす影響 日本アミノ酸学会 2011/11 日本語
渡邉彰大・小河匡・高雄啓三・友永省三・平林義雄・宮川剛・古屋茂樹 脳内L-Ser 合成不全が惹起する不安関連情動行動障害 日本アミノ酸学会 2011/11 日本語
長澤麻央・荻野ユミ・倉田幸治・大塚剛司・吉田惇紀・友永省三・古瀬充宏 Wistar Kyoto ラットに特異的なうつ様行動ならびにストレス脆弱性のメカニズム解明 日本アミノ酸学会 2011/11 日本語
友永省三・松本光史・古瀬充宏 β-アラニンの投与はブロイラーヒナの浅胸筋内カルノシン含量を増加させる 日本アミノ酸学会 2011/11 日本語
荻野ユミ・友永省三・吉田惇紀・長澤麻央・古瀬充宏 脳内グルコースの鎮静・催眠作用におけるアミノ酸の関与解明 日本アミノ酸学会 2011/11 日本語
渡邉彰大・和田晃・江崎加代子・友永省三・大島敏久・平林義雄・古屋茂樹 生後発達期におけるセリン合成不全疾患モデルマウスの脳内アミノ酸・遺伝子発現解析 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および 日本食品科学工学会西日本支部合同大会 2011/09 日本語
玉田紘太・友永省三・畠中史幸・中井信裕・内匠透 自閉症責任領域であるヒト染色体15q11-13領域重複マウスの解析 日本神経科学学会 2011/09 日本語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Nishimura S, Tabata S, Furuse M. Gonadotropin-inhibitory hormone mRNA expression is stimulated by heat stress in chicks 日本畜産学会 2011/08 日本語
濱野桃子・佐矢野智子・有本八潮・友永省三・小田裕昭・加藤久典・古屋茂樹 マウス肝癌細胞株Hepa1-6を用いたセリン欠乏応答解析 化学関連支部合同九州大会 2011/07 日本語
Chowdhury VS, Tomonaga S, Nishimura S, Tabata S, Furuse M. Heat stress enhances the gene expression of gonadotropin-inhibitory hormone in chicks 日本畜産学会 2011/03 日本語
吉田惇紀・友永省三・倉田幸治・荻野ユミ・長澤麻央・古瀬充宏 キヌレン酸の脳室投与が単離ストレス下のニワトリヒナの行動に及ぼす影響 日本畜産学会 2011/03 日本語
荻野ユミ・友永省三・吉田惇紀・長澤麻央・古瀬充宏 脳内グルコースによるストレス鎮静作用機序の解明 日本畜産学会 2011/03 日本語
吉田惇紀・友永省三・倉田幸治・荻野ユミ・長澤麻央・古瀬充宏 トリプトファン,キヌレニンおよびキヌレン酸の脳室投与が単離ストレス下のヒナの行動に及ぼす影響 日本トリプトファン研究会学術集会 2010/12 日本語
友永省三・江崎加代子・和田晃・佐矢野智子・梁廷訓 ・大島敏久 ・古瀬充宏・平林義雄・古屋茂樹 脳特異的Phgdhノックアウトマウスの生後発達期における脳内アミノ酸およびモノアミン含量解析 日本神経科学学会 2010/09 日本語
倉田幸治・長澤麻央・青木麻実・森下幸治・友永省三・古瀬充宏 L-オルニチン経口投与によるマウスのストレス制御 日本アミノ酸学会 2010/09 日本語
友永省三・松本光史・村上斉・古瀬充宏 肉用種ヒナにおけるβ-アラニンの投与が脳および浅胸筋内ジペプチド含量に及ぼす影響 日本畜産学会 2010/03 日本語
倉田幸治・重見和孝・友永省三・古瀬充宏 L-オルニチンによるストレス制御メカニズムの解明 日本畜産学会 2010/03 日本語
山田 賢・山根春香・及川大地・友永省三・古瀬充宏 アミノ酸含量の変化から見たチアミン欠乏による記憶・学習機能への影響 日本アミノ酸学会 2009/09 日本語
古屋茂樹・梁廷訓・三次百合香・友永省三・佐矢野智子・和田晃・Albee Messing・木下雅美・浜瀬健司・財津潔・渡辺雅彦・糸原重美・平林義雄 脳特異的Phgdh KOマウスを用いた脳内L-, D-セリン代謝連関の解析 日本神経科学会 2009/09 日本語
友永省三・古瀬充宏 β-アラニン関連ジペプチドの脳内機能 日本農芸化学会2009年度大会シンポジウム 2009/03 日本語
佐藤桃香・友永省三・古瀬充宏 鶏胚の発達中における脳内アミノ酸含量の変化 家畜栄養生理研究会 2008/10 日本語
片山佐知子・友永省三・佐藤桃香・山根春香・恒吉洋佑・古瀬充宏 ノルエピネフリンがニワトリヒナの脳内摂食調節因子の遺伝子発現に及ぼす影響 日本獣医学会 2008/09 日本語
村上達郎・山根春香・友永省三・古瀬充宏 脳および血漿アミノ酸濃度におけるうつ様状態ならびに抗うつ薬の影響 日本獣医学会 2008/09 日本語
山田賢・山根春香・及川大地・友永省三・古瀬充宏 チアミン欠乏時のグルコース過剰摂取が学習行動に及ぼす影響 日本ペット栄養学会 2008/07 日本語
山根春香・友永省三・恒吉洋佑・古瀬充宏 単離ストレス状況下のニワトリヒナのエネルギー消費量に及ぼす還元型グルタチオンの影響 日本家禽学会 2008/03 日本語
古瀬充宏・末永理絵・友永省三・山根春香・蔵内勇夫・恒吉洋祐 L-アルギニンの脳室投与は急性ストレス下のヒナに鎮静・催眠を誘導する 日本アミノ酸学会 2007/11 日本語
山根春香・末永理絵・友永省三・阿世知麻里・足立奈美・恒吉洋祐・蔵内勇夫・古瀬充宏 ヒナにおいて中枢L-アルギニンが抑制するストレス反応はL-オルニチンを介する 日本アミノ酸学会 2007/11 日本語
山根春香・友永省三・末永理絵・古瀬充宏 グルタチオン脳室投与によるニワトリヒナへの催眠・鎮静効果 鳥類内分泌研究会 2007/11 日本語
恒吉洋佑・山根春香・友永省三・古瀬充宏 β-アラニン関連ジペプチドの中枢投与はニワトリヒナの行動に影響を及ぼす 鳥類内分泌研究会 2007/11 日本語
友永省三・山根春香・鬼塚英一郎・山田聡・佐藤三桂子・高畑能久・森松文毅 胸肉抽出物およびカルノシンの単回投与が強制水泳におけるラットのうつ行動に与える影響 日本畜産学会 2007/09 日本語
恒吉洋佑・友永省三・阿世知麻里・森下幸治・古瀬充宏 β-alanineを有するジペプチドの新規機能性探索−特に行動に及ぼす効果について 日本畜産学会 2007/03 日本語
友永省三・早川徹・山根春香・前村公彦・佐藤三佳子・高畑能久・森松文毅・古瀬充宏 トリ胸肉抽出物(CBEX)の経口投与がラットの脳内カルノシンおよびアンセリン含量に及ぼす影響 日本畜産学会 2007/03 日本語
阿世知麻里・蔵内勇夫・友永省三・恒吉洋祐・古瀬充宏 ニワトリヒナにおけるL-セリンのストレス行動鎮静効果とピルビン酸への代謝との関係 日本家禽学会 2006/09 日本語
山根春香・友永省三・古瀬充宏 グルタチオンの脳室投与がニワトリヒナのストレス反応に及ぼす影響 日本家禽学会 2006/09 日本語
足立奈美・友永省三・末永理絵・古瀬充宏 カテキン類のガロイル基はニワトリヒナの鎮静作用に必要ではない 日本家禽学会 2006/09 日本語
友永省三・野田賢治・末永理絵・阿世知麻里・足立奈美・木野勝敏・中村明弘・古瀬充宏 名古屋種ヒナにおける肉用型と卵用型のストレス反応の差異 日本家禽学会 2006/09 日本語
末永理絵・友永省三・橘 哲也・古瀬充宏 アルギニンの脳室投与がニワトリヒナのストレス行動に及ぼす影響 日本家禽学会 2006/03 日本語
阿世知 麻里・友永 省三・橘 哲也・古瀬 充宏 L-セリンの脳室投与によりニワトリヒナのストレス行動は軽減される 日本畜産学会 2005/09 日本語
足立 奈美・友永 省三・橘 哲也・古瀬 充宏 脳内エピガロカテキンガレートはGABAシステムを介して急性ストレスを改善する 日本畜産学会 2005/09 日本語
吉松隆夫・友永省三・古瀬充宏・金子国雄・酒本秀一・荒木利芳 ニワトリ幼雛およびブロイラー飼料へのアマノリプロトプラストの添加効果 日本水産学会 2005/04 日本語
友永省三・梶雄次・金子国男・橘哲也・高橋広和・佐藤桃香・木戸康博・古瀬充宏 β-アラニンの給与がブロイラーの脳および筋肉のジペプチド含量に及ぼす影響 日本家禽学会 2005/03 日本語
友永省三・橘哲也・高橋広和・佐藤桃香・古瀬充宏 ニワトリヒナにおけるカルノシン中枢投与による自発運動量亢進は一酸化窒素合成酵素阻害剤によって抑制される 日本畜産学会 2005/03 日本語
古瀬充宏・神徳朋之・高橋広和・友永省三・及川大地・橘 哲也 ホスファチジルセリンの中枢投与はヒナのストレス行動を緩和する 日本家禽学会 2004/09 日本語
友永省三・梶 雄次・古瀬充宏 βアラニンの経口投与がヒナの浅胸筋および脳のカルノシン含量に及ぼす影響 日本家禽学会 2004/03 日本語
高橋広和・橘 哲也・友永省三・神徳朋之・古賀優祐・古瀬充宏 TRHの脳室投与は甲状腺ホルモンの作用を介さずにニワトリヒナの直腸温度を上昇させる 日本家禽学会 2004/03 日本語
齋藤映介・海谷啓之・橘哲也・友永省三・寒川賢治・古瀬充宏 ニワトリヒナにおけるグレリン脳室投与による摂食抑制機序 日本神経内分泌学会 2003/09 日本語
友永省三・橘哲也・高木智・斉藤映介・張蓉・古瀬充宏 カルノシンおよびアンセリンの中枢投与はヒナの摂食行動を抑制する 日本栄養・食糧学会 2003/05 日本語
橘哲也・齊藤真・友永省三・高木智・齋藤映介・古瀬充宏 VIPとPACAPの脳室投与はニワトリヒナの摂食量を減少させる 日本畜産学会 2003/03 日本語
山崎いづみ・高木 智・及川大地・神徳朋之・古賀優祐・友永省三・橘 哲也・古瀬充宏 ハトの孵化前および艀化直後における脳内カテコールアミンとその代謝産物の変化 日本家禽学会 2003/03 日本語
橘 哲也・齊藤 真・友永省三・高木 智・齋藤映介・大久保武・古瀬充宏 ニワトリヒナの摂食行動はプロラクチン放出ペプチドの脳室投与によって亢進する 日本家禽学会 2003/03 日本語
橘哲也・高木智・友永省三・古瀬充宏 アドレナリンβ3受容体作動薬はニワトリヒナの摂食を抑制する 日本家禽学会 2002/10 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
友永省三・白石純一 畜産学研究におけるメタボローム解析の可能性 Umetrics 日本ユーザー会2014 2014/08 日本語
友永省三 ニワトリとラットにおけるカルノシン・アンセリン(ランチョンセミナー「多機能性ペプチド~カルノシン・アンセリン~」) 第68回 日本栄養・食糧学会大会 2014/06 日本語
友永省三 アミノ酸代謝と各種ストレスの関連性 獣医生理学セミナー(東京農工大学) 2013/05/17 日本語
友永省三 食肉中に多く含まれるジペプチド 第65回 応用動物科学セミナー(広島大学) 2012/12/17 日本語
友永省三 食肉中有効成分の機能性 第一回農医連携セミナー 2011/12 日本語
古瀬充宏・友永省三 カルノシンの機能性について 平成21年度日本大学生物資源科学部食品加工実習所シンポジウム 2009/11 日本語
友永省三・古瀬充宏 鶏肉の健康への有効性−特に精神機能への効果について 日本家禽学会 2007/09 日本語
友永省三 ニワトリの脳におけるカルノシンの機能について 第1回カルノシン・アンセリン研究会 2007/05 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Tomonaga S, Erwan E, Denbow DM, Furuse M. Tyrosine and Aspartic Acid: Properties, Sources and Health Benefits NOVA Science Publishers Inc. 2012/06 英語
Tomonaga S, Denbow DM, Furuse M. Arginine Amino Acid NOVA Science Publishers Inc. 2011/01 英語
Furuse M, Adachi N, Tomonaga S, Yamane H, Denbow DM. Handbook of Green Tea and Health Research EAAP Publication 2009/03 英語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本家禽学会大会優秀発表賞 日本家禽学会 2005/03/30
日本畜産学会大会優秀発表賞 日本畜産学会 2007/09/26
九州大学生物資源環境科学府賞 九州大学大学院生物資源環境科学府 2008/03/25
日本畜産学会奨励賞 日本畜産学会 2008/03/27
第32回日本マグネシウム学会学術集会会長賞 日本マグネシウム学会 2012/11/17
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ニワトリ幼雛における脳内興奮性神経伝達を介した代謝制御機構解明 2010/04/01〜2012/03/31
若手研究(A) 代表 生後脳機能発達期における栄養学の確立 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 分担 肥育牛脂肪組織における褐色脂肪細胞/Brite細胞分化機構の究明 2014/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 幼雛期のニワトリにおけるキヌレニン経路の生理的意義の解明 2016/04/01〜2019/03/31
挑戦的萌芽研究 分担 フォアグラを廃鶏につくらせる-ニワトリにおける肝臓中脂質代謝改変- 2016/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 幼雛期のニワトリにおけるキヌレニン経路の生理的意義の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
動物栄養科学演習 Seminar in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物栄養科学専攻実験 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物栄養科学演習 Seminar in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
動物栄養科学専攻実験 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
動物栄養科学専攻実験1 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物栄養科学専攻実験 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物栄養科学演習1 Seminar in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物栄養科学演習 Seminar in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物栄養学 Animal Nutrition 前期 農学部 2016/04〜2017/03
動物栄養科学専攻実験1 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養科学専攻実験2 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養科学専攻実験 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養科学演習1 Seminar in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養科学演習2 Seminar in Nutritional Science of Animals2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養科学演習 Seminar in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物栄養学 Animal Nutrition 前期 農学部 2017/04〜2018/03
動物栄養科学専攻実験1 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物栄養科学専攻実験2 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物栄養科学専攻実験 Laboratory Course in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物栄養科学演習1 Seminar in Nutritional Science of Animals1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物栄養科学演習2 Seminar in Nutritional Science of Animals2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物栄養科学演習 Seminar in Nutritional Science of Animals 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会 委員 2013/04/01〜2019/03/31