小川 正晃

最終更新日時: 2019/06/20 17:22:15

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小川 正晃/オガワ マサアキ/Ogawa, Masaaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/メディカルイノベーションセンター/特定准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society
日本神経精神薬理学会 The Japanese Society of Neuropsychopharmacology
日本生物学的精神医学会 The Japanese Society of Biological Psychiatry
日本生理学会 The Physiological Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) PhD (medicine) 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院医学研究科博士課程生理系専攻 Graduate school of medicine 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東北大学 Tohoku University 医学部医学科 Medical school 卒業
個人ホームページ
URL
http://www.sk.med.kyoto-u.ac.jp/
https://sites.google.com/view/ogawagroup/
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-4615-8412
researchmap URL
https://researchmap.jp/masaakiogawa_read
研究テーマ
(日本語)
げっ歯類モデルを用いた意欲を担う神経機構の神経科学的研究
(英語)
Neural basis of motivation
研究概要
(日本語)
意欲は、仕事、社会的関係などにおいて目標を達成するために重要な脳機能である一方、様々な精神疾患に共通して低下する。しかし、意欲を担う神経機構の詳細は不明で、その結果意欲障害症状の改善も困難である。我々は、意欲を担う神経機構を、動物心理学的行動モデル、最先端の遺伝学的技術、神経活動計測法などを融合した統合的アプローチによって明らかすることで、意欲障害症状の正確な理解やその治療につなげる。
(英語)
Motivation is an important brain function to achieve one's goals in work, social relationships, and so on. On the other hand, loss of motivation is a common syndrome observed across many psychiatric diseases. However, the neural basis of motivation is not well understood. This is why the treatment of loss of motivation has been difficult. Our research aims to address the neural basis of motivation by multidisciplinary approach utilizing behavioral models based on animal phycology, genetic methods such as genetically engineered rodents, and methods to measure neural activity such as electrophysiology and calcium imaging. We believe our research will also lead to better understanding of the mechanisms and treatments of loss of motivation.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
意欲 Motivation
学習 Learning
意思決定 Decision making
情動 Emotion
操作技術 Optogenetics
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ikeda K, Kaneko R, Yanagawa Y, Ogawa M, Kobayashi K, Arata S, Kawakami K, Onimaru H Ikeda K, Kaneko R, Yanagawa Y, Ogawa M, Kobayashi K, Arata S, Kawakami K, Onimaru H Ikeda K, Kaneko R, Yanagawa Y, Ogawa M, Kobayashi K, Arata S, Kawakami K, Onimaru H Analysis of the neuronal network of the medullary respiratory center in transgenic rats expressing archaerhodopsin-3 in Phox2b-expressing cells. Analysis of the neuronal network of the medullary respiratory center in transgenic rats expressing archaerhodopsin-3 in Phox2b-expressing cells. Analysis of the neuronal network of the medullary respiratory center in transgenic rats expressing archaerhodopsin-3 in Phox2b-expressing cells. Brain research bulletin Brain research bulletin Brain research bulletin 2018/11 公開
Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, Isomura Y, Kimura M Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, Isomura Y, Kimura M Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, Isomura Y, Kimura M Monitoring and Updating of Action Selection for Goal-Directed Behavior through the Striatal Direct and Indirect Pathways. Monitoring and Updating of Action Selection for Goal-Directed Behavior through the Striatal Direct and Indirect Pathways. Monitoring and Updating of Action Selection for Goal-Directed Behavior through the Striatal Direct and Indirect Pathways. Neuron Neuron Neuron 2018/08 公開
Ogawa M Ogawa M Ogawa M [Neural Mechanisms That Facilitate Adaptive Behavior Based on Acquired Stimulus-Outcome Information]. [Neural Mechanisms That Facilitate Adaptive Behavior Based on Acquired Stimulus-Outcome Information]. [Neural Mechanisms That Facilitate Adaptive Behavior Based on Acquired Stimulus-Outcome Information]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 11, 1241-1250 Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 11, 1241-1250 Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 11, 1241-1250 2017/11 公開
Ishino S, Takahashi S, Ogawa M, Sakurai Y Ishino S, Takahashi S, Ogawa M, Sakurai Y Ishino S, Takahashi S, Ogawa M, Sakurai Y Hippocampal-prefrontal theta phase synchrony in planning of multi-step actions based on memory retrieval. Hippocampal-prefrontal theta phase synchrony in planning of multi-step actions based on memory retrieval. Hippocampal-prefrontal theta phase synchrony in planning of multi-step actions based on memory retrieval. The European journal of neuroscience The European journal of neuroscience The European journal of neuroscience 2017/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Chuong AS, Miri ML, Busskamp V, Matthews GA, Acker LC, Sørensen AT, Young A, Klapoetke NC, Henninger MA, Kodandaramaiah SB, Ogawa M, Ramanlal SB, Bandler RC, Allen BD, Forest CR, Chow BY, Han X, Lin Y, Tye KM, Roska B, Cardin JA, Boyden ES Chuong AS, Miri ML, Busskamp V, Matthews GA, Acker LC, Sørensen AT, Young A, Klapoetke NC, Henninger MA, Kodandaramaiah SB, Ogawa M, Ramanlal SB, Bandler RC, Allen BD, Forest CR, Chow BY, Han X, Lin Y, Tye KM, Roska B, Cardin JA, Boyden ES Chuong AS, Miri ML, Busskamp V, Matthews GA, Acker LC, Sørensen AT, Young A, Klapoetke NC, Henninger MA, Kodandaramaiah SB, Ogawa M, Ramanlal SB, Bandler RC, Allen BD, Forest CR, Chow BY, Han X, Lin Y, Tye KM, Roska B, Cardin JA, Boyden ES Noninvasive optical inhibition with a red-shifted microbial rhodopsin. Noninvasive optical inhibition with a red-shifted microbial rhodopsin. Noninvasive optical inhibition with a red-shifted microbial rhodopsin. Nature neuroscience, 17, 1123-1129 Nature neuroscience, 17, 1123-1129 Nature neuroscience, 17, 1123-1129 2014/08 公開
Ogawa M, van der Meer MA, Esber GR, Cerri DH, Stalnaker TA, Schoenbaum G Ogawa M, van der Meer MA, Esber GR, Cerri DH, Stalnaker TA, Schoenbaum G Ogawa M, van der Meer MA, Esber GR, Cerri DH, Stalnaker TA, Schoenbaum G Risk-responsive orbitofrontal neurons track acquired salience. Risk-responsive orbitofrontal neurons track acquired salience. Risk-responsive orbitofrontal neurons track acquired salience. Neuron, 77, 2, 251-258 Neuron, 77, 2, 251-258 Neuron, 77, 2, 251-258 2013/01 公開
Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Reward prediction error signaling in posterior dorsomedial striatum is action specific. Reward prediction error signaling in posterior dorsomedial striatum is action specific. Reward prediction error signaling in posterior dorsomedial striatum is action specific. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 32, 30, 10296-10305 The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 32, 30, 10296-10305 The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 32, 30, 10296-10305 2012/07 公開
Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Stalnaker TA, Calhoon GG, Ogawa M, Roesch MR, Schoenbaum G Neural correlates of stimulus-response and response-outcome associations in dorsolateral versus dorsomedial striatum. Neural correlates of stimulus-response and response-outcome associations in dorsolateral versus dorsomedial striatum. Neural correlates of stimulus-response and response-outcome associations in dorsolateral versus dorsomedial striatum. Frontiers in integrative neuroscience, 4, 12 Frontiers in integrative neuroscience, 4, 12 Frontiers in integrative neuroscience, 4, 12 2010/05 公開
Ogawa M, Miyakawa T, Nakamura K, Kitano J, Furushima K, Kiyonari H, Nakayama R, Nakao K, Moriyoshi K, Nakanishi S Ogawa M, Miyakawa T, Nakamura K, Kitano J, Furushima K, Kiyonari H, Nakayama R, Nakao K, Moriyoshi K, Nakanishi S Ogawa M, Miyakawa T, Nakamura K, Kitano J, Furushima K, Kiyonari H, Nakayama R, Nakao K, Moriyoshi K, Nakanishi S Altered sensitivities to morphine and cocaine in scaffold protein tamalin knockout mice. Altered sensitivities to morphine and cocaine in scaffold protein tamalin knockout mice. Altered sensitivities to morphine and cocaine in scaffold protein tamalin knockout mice. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 37, 14789-14794 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 37, 14789-14794 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 37, 14789-14794 2007/09 公開
Kitano J, Nishida M, Itsukaichi Y, Minami I, Ogawa M, Hirano T, Mori Y, Nakanishi S Kitano J, Nishida M, Itsukaichi Y, Minami I, Ogawa M, Hirano T, Mori Y, Nakanishi S Kitano J, Nishida M, Itsukaichi Y, Minami I, Ogawa M, Hirano T, Mori Y, Nakanishi S Direct interaction and functional coupling between metabotropic glutamate receptor subtype 1 and voltage-sensitive Cav2.1 Ca2+ channel. Direct interaction and functional coupling between metabotropic glutamate receptor subtype 1 and voltage-sensitive Cav2.1 Ca2+ channel. Direct interaction and functional coupling between metabotropic glutamate receptor subtype 1 and voltage-sensitive Cav2.1 Ca2+ channel. The Journal of biological chemistry, 278, 27, 25101-25108 The Journal of biological chemistry, 278, 27, 25101-25108 The Journal of biological chemistry, 278, 27, 25101-25108 2003/07 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
特異的な刺激ー報酬間関係に基づく推論における前頭前野眼窩部の役割 特異的な刺激ー報酬間関係に基づく推論における前頭前野眼窩部の役割 Contribution of the orbitofrontal cortex to inference based on specific stimulus-reward relationships 第41回日本神経科学大会 第41回日本神経科学大会 2018/07/26 英語 ポスター発表 公開
意思決定における前頭前野・眼窩部の役割 〜げっ歯類を用いた研究からわかること〜[招待あり] 意思決定における前頭前野・眼窩部の役割 〜げっ歯類を用いた研究からわかること〜 [招待あり] 京都大学 人間・環境学研究科セミナー 京都大学 人間・環境学研究科セミナー 2018/06/19 日本語 公開
意思決定における前頭前野・眼窩部の役割 〜げっ歯類を用いた研究からわかること〜[招待あり] 意思決定における前頭前野・眼窩部の役割 〜げっ歯類を用いた研究からわかること〜 [招待あり] 京都大学理学部 生物物理系セミナー 京都大学理学部 生物物理系セミナー 2018/05/21 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
刺激ー報酬間関係のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割 刺激ー報酬間関係のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割 The causal role of the orbitofrontal cortex in updating stumulus-outcome relatioships 第95回日本生理学会大会(シンポジウム) 第95回日本生理学会大会(シンポジウム) 2018/03/30 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
条件刺激ー報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割 条件刺激ー報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会 2017/09/28 日本語 口頭発表(一般) 公開
条件刺激-報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割[招待あり] 条件刺激-報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割 [招待あり] 京都大学 精神科 オープンイノベーション勉強会 京都大学 精神科 オープンイノベーション勉強会 2017/09/22 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
条件刺激-報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割[招待あり] 条件刺激-報酬間関係のアップデートにおける前頭前野眼窩部の因果的役割 [招待あり] 生理学研究所部門公開セミナー 生理学研究所部門公開セミナー 2017/09/20 日本語 公開
刺激ー報酬間関係のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割 刺激ー報酬間関係のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割 The causal role of the orbitofrontal cortex in updating stimulus-outcome relationships. 第40回日本神経科学大会(シンポジウム) 第40回日本神経科学大会(シンポジウム) Neuroscience2017 2017/07/20 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
条件刺激—報酬間関係情報のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割[招待あり] 条件刺激—報酬間関係情報のアップデートにおける眼窩前頭皮質の因果的役割 [招待あり] 日本生理学会 第109回 近畿生理学談話会 日本生理学会 第109回 近畿生理学談話会 2016/11/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
How will you (and I) be able to do “original” work in neuroscience?[招待あり] How will you (and I) be able to do “original” work in neuroscience? [招待あり] How will you (and I) be able to do “original” work in neuroscience? [招待あり] 京都大学医学研究科 神経科学コース 京都大学医学研究科 神経科学コース 2016/07/25 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
報酬学習における眼窩前頭皮質の因果的役割[招待あり] 報酬学習における眼窩前頭皮質の因果的役割 [招待あり] 第5回大脳基底核機能研究会 第5回大脳基底核機能研究会 2016/03/18 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
意思決定における眼窩前頭皮質の役割[招待あり] 意思決定における眼窩前頭皮質の役割 [招待あり] 第22回日本行動医学会学術総会 第22回日本行動医学会学術総会 2015/10/16 日本語 公開
報酬に基づく連合学習における眼窩前頭皮質の役割[招待あり] 報酬に基づく連合学習における眼窩前頭皮質の役割 [招待あり] 大阪市立大学医学部 神経生理学教室セミナー 大阪市立大学医学部 神経生理学教室セミナー 2015/04/17 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
不確実な報酬学習における眼窩前頭皮質の活動[招待あり] 不確実な報酬学習における眼窩前頭皮質の活動 [招待あり] 京都大学 神経科学セミナー 京都大学 神経科学セミナー 2014/02/03 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons[招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] 玉川大学 脳科学研究科 セミナー 玉川大学 脳科学研究科 セミナー 2013/11/25 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
眼窩前頭皮質神経細胞は、リスクではなく、学習によって獲得されるサリエンスを表象する[招待あり] 眼窩前頭皮質神経細胞は、リスクではなく、学習によって獲得されるサリエンスを表象する [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] 日中韓合同 神経生物学・神経情報学 ワークショップ 2013 日中韓合同 神経生物学・神経情報学 ワークショップ 2013 Workshop on Neurobiology and Neuroinformatics (NBNI) 2013 2013/11/19 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons[招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] 生理学研究所 International Workshop 2013, Frontiers of Cognitive Neuroscience: Metacognition and Uncertainty 生理学研究所 International Workshop 2013, Frontiers of Cognitive Neuroscience: Metacognition and Uncertainty NIPS International Workshop 2013, Frontiers of Cognitive Neuroscience: Metacognition and Uncertainty 2013/10/19 英語 公開
Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons[招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] International symposium on Prediction and Decision Making(新学術領域: 予測と意思決定) International symposium on Prediction and Decision Making(新学術領域: 予測と意思決定) International symposium on Prediction and Decision Making 2013/10/14 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
眼窩前頭皮質神経細胞は、リスクではなく、学習によって獲得されるサリエンスを表象する[招待あり] 眼窩前頭皮質神経細胞は、リスクではなく、学習によって獲得されるサリエンスを表象する [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] 理研・脳科学総合研究センター フォーラム 理研・脳科学総合研究センター フォーラム RIKEN BSI Forum 2013/08/27 英語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons[招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] Tracking salience acquired through associative learning, not risk, in orbitofrontal neurons [招待あり] 名古屋大学環境医学研究所セミナー 名古屋大学環境医学研究所セミナー 2013/08/26 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
不確実な報酬予測に対する眼窩前頭皮質神経細胞の反応ーリスク?もしくはサリエンス? 不確実な報酬予測に対する眼窩前頭皮質神経細胞の反応ーリスク?もしくはサリエンス? Risk-responsive orbitofrontal neurons track acquired salience 第36回日本神経科学大会 第36回日本神経科学大会 Neuro 2013 2013/06/21 英語 口頭発表(一般) 公開
Risk-responsive orbitofrontal neurons track salience acquired through associative learning       [招待あり] Risk-responsive orbitofrontal neurons track salience acquired through associative learning        [招待あり] Risk-responsive orbitofrontal neurons track salience acquired through associative learning        [招待あり] 生理学研究所 Mini-international symposium: “Frontiers in neural control of actions” 生理学研究所 Mini-international symposium: “Frontiers in neural control of actions” NIPS Mini-international symposium: “Frontiers in neural control of actions” 2013/06/17 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
リスキーな報酬学習における眼窩前頭皮質の活動—リスクもしくはサリエンス? リスキーな報酬学習における眼窩前頭皮質の活動—リスクもしくはサリエンス? 福島県立医科大学 生体情報伝達研究所セミナー 福島県立医科大学 生体情報伝達研究所セミナー 2013/06/14 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
リスキーな報酬学習における眼窩前頭皮質の活動ーリスクもしくはサリエンス?[招待あり] リスキーな報酬学習における眼窩前頭皮質の活動ーリスクもしくはサリエンス? [招待あり] 第16回 東北大学 脳神経科学コアセンターセミナー 第16回 東北大学 脳神経科学コアセンターセミナー 2013/06/13 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Reward risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience[招待あり] Reward risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience [招待あり] Reward risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience [招待あり] MIT Tonegawa lab seminar MIT Tonegawa lab seminar MIT Tonegawa lab seminar 2012/07/03 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience[招待あり] Risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience [招待あり] Risk-responsive orbitofrontal neurons signal acquired salience [招待あり] Princeton University CAMAL meeting Princeton University CAMAL meeting Princeton University CAMAL meeting 2012/06/14 英語 口頭発表(招待・特別) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
サロン・ド・脳 2018/10/12
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 困難を乗り越える意志力を駆動する神経基盤の解明 2019/04/01〜2021/03/31
若手研究(A) 代表 報酬に基づく連合学習で獲得される注意の神経機構 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 状況特異的な報酬学習記憶の高次制御機構 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 過去の学習記憶を未来の適応行動に活かす神経機構 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 複数の入力源による動的神経活動生成機構解明にむけた技術開発 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(A) 代表 報酬に基づく連合学習で獲得される注意の神経機構 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 状況特異的な報酬学習記憶の高次制御機構 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 過去の学習記憶を未来の適応行動に活かす神経機構 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31