中谷 加奈

最終更新日時:2017/07/04 17:26:11

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
中谷 加奈/ナカタニ カナ/Kana Nakatani
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/森林科学専攻緑地環境保全学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 京都大学農学部 総合館 S344号室 Room S344, Faculty of Agriculture main Bldg.of Faculty of Agriculture, Kyoto University, Kitashirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502 JAPAN
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
砂防学会 Japan Society of Erosion Control Engineering
土木学会 Japan Society of Civil Engineers
日本自然災害学会 Japan Society for Natural Disaster Science
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2009/04/01〜2011/02/28 京都大学大学院 Graduate School of Kyoto University 日本学術振興会特別研究員 JSPS Research Fellow
2011/03/01〜 京都大学大学院 Graduate School of Kyoto University 助教 Assistant Professor
プロフィール
(日本語)
砂防、土石流に関する研究を行っている。山地から土砂がどのように動くか、効果的な防災対策はどのようなものかを実験や数値シミュレーション、フィールド調査を行うで具体的なイメージが掴めるよう目指している。砂防の研究や業務に携わる他大学やコンサルタントとも積極的に勉強会やセミナーを開催することによって、情報交換や連携を行い、研究成果を現場に活かせるよう日々邁進している。
(英語)
I am working on SABO (erosion control) , disaster mitigation on sediment disaster, especially on debris flow. From experiment, numerical simulation, and field research, we try to make the sediment movement mechanism clear and to find the effective countermeasures. Holding study meetings and a seminars actively with various researchers and engineers, we exchange information and have joint researches, and trying to apply our research results on actual use.
研究テーマ
(日本語)
土石流の流量予測・挙動解明、効果的な砂防構造物の検討、連続流砂観測による土砂動態把握
(英語)
Debris flow discharge prediction and behavior elucidation, effective sabo facilities, sediment movement clarification with observation
研究概要
(日本語)
土石流の流動・氾濫・堆積過程を数値シミュレーションや実験、災害が発生した時には現場で調査を実施して、そのメカニズムを検証する。降雨条件や地形条件、土石流の規模や含まれる土砂のサイズの違いによる下流への影響の差を、多様なシナリオを想定して検討を行う。土石流による被害を軽減するために、より効果的な砂防構造物の配置・形状・運用手法を、計算や水理実験、現地での運用状況を元にして検討する。
(英語)
We apply numerical simulations, and laboratory experiments on debris flow flooding and erosion/deposition process. When a disaster occurs, go for field investigation and get some detail information to explain the mechanism. The flowing condition and erosion/deposition process change depending on rainfall conditions, landform conditions, grain size distribution, and the peak discharge. We research on which condition has the most effective impact in variety of scenarios. To mitigate the damage caused by debris flow, how we construct and manage the sabo facilities location, size, shape and operation is important. Thus, we examine the effective solution using numerical simulations, laboratory experiments, and on-site operations data.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
砂防 Sabo
土石流 debris flow
数値シミュレーション numerical simulation
砂防構造物 sabo dam
流砂 sediment transportation
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林学・森林工学
自然災害科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
原田紹臣,高山翔揮,里深好文,水山高久,中谷加奈 不透過型砂防堰堤における鋼製部材を用いた流木対策工の捕捉機能に関する基礎的な実験 土木学会論文集B1(水工学),73,4,1351-1356 2017/03 日本語
中谷加奈,長谷川祐治,里深好文,水山高久 土石流の偏心角が鋼製透過型砂防堰堤の捕捉機能に及ぼす影響 土木学会論文集B1(水工学),67,4,1356-1362 2017/03 日本語
長谷川祐治,宮田秀介,今泉文寿,中谷加奈,堤大三 流砂の衝突回数を考慮したハイドロフォンデータによる解析手法の提案と現地への適用 土木学会論文集B1(水工学),73,4,523-528 2017/02 日本語
中谷加奈,小杉恵,里深好文,水山高久 家屋や道路が土石流の氾濫・堆積に及ぼす影響-2014年8月に発生した広島土砂災害を対象として- 砂防学会誌,69,5,3-10 2017/01 日本語
中谷加奈,天羽勝巳,藤本祥之,里深好文,藤田正治 京都府亀岡市千歳町を対象とした土石流による影響範囲とソフト対策の検討 自然災害科学,35,特別,65-78 2016/09 日本語
Nakatani, K., Kosugi, M., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Debris Flow Flooding and DebrDebris Flow Flooding and Debris Deposition Considering the Effect of Houses: Disaster Verification and Numerical Simulation Debris Flow Simulationis Deposition Considering the Effect of Houses: Disaster Verification and Numeri International Journal of Erosion Control Engineering,9,4,145-154 2016/09 英語
長谷川祐治,中谷加奈,里深好文,水山高久 流木を含む土石流による河道閉塞の形成および決壊に関する実験 砂防学会誌,69,2,19-23 2016/07 日本語
Yanagizaki, G., Aono, M., Takenaka, H., Tamura, M., Nakatani, K., Iwanami, E., Horiuchi, S., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Debris Flow Simulation by Applying the Hyper KANAKO System for Water and Sediment Runoff from Overtopping Erosion of a Landslide Dam International Journal of Erosion Control Engineering,9,2,43-57 2016/06 英語
原田紹臣,内藤秀弥,中谷加奈,里深好文,水山高久 道路盛土横断排水構造物の高機能化に関する研究 土木学会論文集B1(水工学),72,4,871-876 2016/03 日本語
中谷加奈,長谷川祐治,里深好文,水山高久 天然ダムの形成条件や河道条件が決壊規模に及ぼす影響 砂防学会誌,68,6,24-30 2016/03 日本語
Nakatani, K., Hayami, S., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Case study of debris flow disaster scenario caused by torrential rain on Kiyomizu-dera, Kyoto, Japan; using Hyper KANAKO system Journal of Mountain Science,13,2,192-206 2016/02 英語
中谷加奈,小杉恵,里深好文,水山高久 扇状地における家屋の存在が土石流の氾濫・堆積に及ぼす影響‐2013年10月伊豆大島土砂災害を対象として‐ 自然災害科学,34,特別,77-86 2015/09 日本語
原田紹臣・和田孝志・古谷智彦・中谷加奈・里深好文・水山高久 土石流先頭部における大粒子の集積過程に関する基礎的実験 砂防学会誌,68,1,39-43 2015/05 日本語
和田孝志,古谷智彦,中谷加奈,里深好文,水山高久 土石流先頭部における大粒子集積に影響を及ぼす要素に関する実験的検討 砂防学会誌,67,6,56-63 2015/03 日本語
中谷加奈,小杉恵,長谷川祐治,里深好文,水山高久 家屋が存在する扇状地における土石流の挙動に関する実験的検討,砂防学会誌 砂防学会誌,67,6,22-32 2015/03 日本語
中谷加奈,美土路哲也,堀内成郎,里深好文,水山高久 土石流数値シミュレーションの一次元計算領域と二次元計算領域の設定方法の検討−GISと連携したHyper KANAKOシステムを活用して− 自然災害科学,33,特別,13-26 2014/09 日本語
野田敦夫,堀内成郎,横田浩,杉井大輔,中谷加奈,判田乾一,石川一栄,宮澤和久 金山沢不安定土塊の移動実態把握と流動化した場合の影響予測について 砂防学会誌,67,3,22-28 2014/09 日本語
中谷加奈,里深好文,藤田正治,水山高久 平成24年7月に京都府亀岡市南条で発生した土石流の検討―構造物の影響を考慮して― 自然災害科学,33,1,17-27 2014 日本語
Uchida, T., Nishiguchi Y., Nakatani, K. , Satofuka, Y., Yamakoshi, T., Okamoto, A., Mizuyama, T. New Numerical Simulation Procedure for Large-scale Debris Flows (Kanako-LS) International Journal of Erosion Control Engineering,6,2,58-67 2013/12 英語
Jinfeng Liu, Nakatani, K., Mizuyama Effect assessment of debris flow mitigation works based on numerical simulation by using Kanako 2D Landslides, Springer-Verlag,10,2,161-173 2013/04 英語
Nakatani, K., Okuyama, Y., Hasegawa, Y., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Influence of housing and urban development on debris flow flooding and deposition Journal of Mountain Science,10,2,273-280 2013/04 英語
中谷加奈,坂田拓朗,前田大介,里深好文,水山高久 土石流の合流角度が本川合流点の堆積に及ぼす影響 土木学会論文集B1(水工学),69,4,931-936 2013/03 日本語
中谷加奈,奥山悠木,長谷川祐治,里深好文,水山高久 扇状地における家屋が土石流の氾濫・堆積に与える影響 砂防学会誌,65,4,15-23 2012/11 日本語
松本直樹,和田孝志,中谷加奈,里深好文,水山高久 粒径変化を考慮した土石流氾濫予測手法に関する研究 砂防学会誌,65,3,3-11 2012/09 日本語
Jinfeng Liu, Nakatani, K., Mizuyama, T Hazard mitigation planning for debris flow based on numerical simulation using Kanako simulator Journal of Mountain Science,9,4,529-537 2012/08 英語
堀内成郎,岩浪英二,中谷加奈,里深好文,水山高久 LP データを活用した土石流シミュレーションシステム「Hyper KANAKO」の開発 砂防学会誌,64,6,25-31 2012/03 日本語
西口幸希,内田太郎,石塚忠範,里深好文,中谷加奈 細粒土砂の挙動に着目した大規模土石流の流下過程に関する数値シミュレーション ―深層崩壊に起因する土石流への適用― 砂防学会誌,64,3,11-20 2011/09 日本語
中谷加奈,柳金峰,里深好文,水山高久 Kanakoによる土石流対策工の機能評価(中国四川省紅橋谷を対象として) 土木学会論文集B1(水工学),55,709-714 2011/03 日本語
中谷加奈,里深好文,水山高久 砂防堰堤の最適解(位置と高さ)の探査ツール開発−Kanakoを活用して− 砂防学会誌,63,3,43-49 2010/09 日本語
中谷加奈,井元大希,里深好文,水山高久 数値シミュレーションを用いたシャッター付砂防堰堤の土砂調節効果の検討 砂防学会誌,Vol.63, No.6, pp.43-51 2010 日本語
Sumaryono, Nakatani, K., Satofuka, Y., Mizuyama, T. One-dimensional numerical simulation for sabo dam planning using Kanako (Ver. 1.40): A case study at Cipanas, Guntur Volcanoes International Journal of Erosion Control Engineering,2,1,22-32 2009/10 英語
中谷加奈,Sumaryono,里深好文,水山高久 汎用土石流シミュレータKanakoの実地形への適用 水工学論文集,53,703-708 2009/02 日本語
Nakatani, K., Wada, T., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Development of “Kanako 2D (Ver.2.00),” a user-friendly one- and two-dimensional debris flow simulator equipped with a graphical user interface International Journal of Erosion Control Engineering, Vol.1, No.2, pp.62-72,1,2,62-72 2008/12 英語
中谷加奈,里深好文,水山高久 GUIを実装した土石流一次元シミュレータ開発 砂防学会誌,61,2,41-46 2008/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Nakatani, K., Kosugi, M., Hasegawa, Y., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Experimental Study on Effect of Houses on Debris-Flow Flooding and Deposition in Debris Flow Fan Areas Proceedings of 13th Congress INTERPRAEVENT 2016, Luzern, Switzerland,378-386 2016/05 英語
Nishiguchi, Y., Uchida, T., Ishizuka, T., Satofuka, Y., Nakatani, K. Numerical simulation of debris flows induced by deep-seated catastrophic landslides Advances in River Sediment Research Fukuoka et al. (eds), CRC Press,119-127 2013/08 英語
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
長谷川祐治,中谷加奈,里深好文,藤田正治 山地河川における流木の流下と橋梁集積に関する検討 第8回土砂災害に関するシンポジウム論文集,8,133-138 2016/09 日本語
中谷加奈,柳崎 剛,長井 斎,里深好文,藤田正治,水山高久 隣接渓流から連続して発生する土石流の影響範囲 第8回土砂災害に関するシンポジウム論文集,8,205-210 2016/09 日本語
糸数哲,中谷加奈,山野井一輝,長谷川祐治,藤田正治 流路工等の構造物が土石流の氾濫範囲に及ぼす影響 第8回土砂災害に関するシンポジウム論文集,8,241-246 2016/09 日本語
原田紹臣,中谷加奈,里深好文,水山高久 小型ドローン空撮機及び数値解析モデルを活用した山地河川の土砂管理に関する一考察 河川技術論文集,22,103-108 2016/06 日本語
中谷加奈,小杉恵,内田太郎,里深好文,水山高久 土石流の氾濫・堆積に及ぼす家屋の影響−平成24年7月熊本県阿蘇市土井川で発生した土石流を対象として 第7回土砂災害に関するシンポジウム論文集,85-90 2014/09 日本語
原田紹臣,中谷加奈,里深好文,水山高久 地質の違いを考慮した山地渓流における河道幅の推定方法に関する研究 第7回土砂災害に関するシンポジウム論文集,7-12 2014/09 日本語
中谷加奈,里深好文,水山高久 透過型砂防堰堤の設置位置・形状に着目した最適解探査 第6回土砂災害に関するシンポジウム論文集,161-166 2012 日本語
西口幸希,内田太郎,石塚忠範,里深好文,中谷加奈,水山高久 深層崩壊に起因する土石流の流下過程に関する数値シミュレーション 第6回土砂災害に関するシンポジウム論文集,167-172 2012 日本語
中谷加奈,前田大介,里深好文,水山高久 平成21年7月に山口県防府市石原地区及び八幡谷渓流で発生した土石流の検討 第5回土砂災害に関するシンポジウム論文集,81-86 2010 日本語
中谷加奈,前田大介,里深好文,水山高久 数値シミュレーションを用いた2005年9月6日広島県宮島で発生した土石流災害防止策の検討 歴史都市防災論文集,4,107-114 2010 日本語
中谷加奈,和田孝志,里深好文,水山高久 数値シミュレーションを用いた文化財が存在する山麓地域における土石流災害防止に関する検討 歴史都市防災論文集,3,135-142 2009 日本語
中谷加奈,和田孝志,里深好文,水山高久 GUIを実装した汎用土石流シミュレータ開発 第4回土砂災害に関するシンポジウム論文集,81-86 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
中谷加奈、古谷智彦、里深好文、水山高久 格子法を用いた火山地域における土石流の影響範囲の推定手法 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
中谷加奈、天野唯子、堤大三、里深好文 山地渓流を対象とした流砂観測データを用いた河床変動計算の検証 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
糸数哲、中谷加奈、山野井一輝、長谷川祐次、藤田正治 家屋等の構造物が土石流の流下方向および堆積範囲に及ぼす影響 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
和田孝志、中谷加奈、里深好文、水山高久 土石流の合流を考慮したモデルの開発 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
古谷智彦、中谷加奈、小杉賢一朗、長谷川祐治、里深好文、水山高久 火山地域の大規模土砂移動による被害範囲の推定手法の検討 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
古谷智彦、楠田夏子、日浦幹、中谷加奈、長谷川祐治、里深好文、水山高久 土石流渓流における分級現象及び透過型砂防堰堤の捕捉機能に関する検討 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
日浦幹、中谷加奈、長谷川祐治、里深好文、水山高久 土石流から掃流砂領域における構造物が下流への流木の流出に及ぼす影響 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
荒川尚一郎、中谷加奈、小杉賢一朗、里深好文、藤田正治 土石流による氾濫および堆積被害が拡大する複合要因の検討-材料・地形・構造物を対象として- 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
里深好文、原田紹臣、中谷加奈、内藤秀弥、水山高久 高速道路盛土部における盛土ポケット空 間を活用した土石流対策に関する研究 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
酒井佑一、堀田紀文、長谷川祐治、中谷加奈、嶋大尚、黒田章雄、鈴木拓郎、内田太郎 微細土砂が混合粒径土石流の応力構造に及ぼす影響について 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
今泉文寿、逢坂興宏、堤大三、宮田秀介、中谷加奈、権田豊、福山泰治郎、篠原慶規、水野秀明、原田紹臣、水野正樹 大規模土砂移動の影響範囲の予測と対策手法の整理 平成28年度(公社)砂防学会研究発表会 2016/05
Hasegawa, Y., Nakatani, K., Mitsunaga, T., M., Mizuyama, T. Experimental study on debris flow deposit dam formation and overflow process on large scale physical model 13th Congress INTERPRAEVENT 2016, Luzern, Switzerland 2016/05 英語
Nakatani, K., Amano, Y., Tsutsumi, D., Nonaka, M., Mizuyama, T. Study of pipe hydrophone thickness and installation on bedload transport measurement Gravel Bed River 8: Kyoto and Takayama, Japan 2015/09 英語
Wada, T., Furuya, T., Nakatani, K., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Sorting Processes During Transport of Sediment Mixtures in Torrent Channels 6th International Conference on Debris-Flow Hazards Mitigation: Mechanics, Prediction and Assessment, Tsukuba, Japan 2015/06 英語
小杉恵,中谷加奈,水山高久,長谷川祐治,里深好文 家屋の存在が土石流の氾濫・堆積に及ぼす影響‐2014年8月広島土砂災害を対象として 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
酒井佑一,堀田紀文,長谷川祐治,中谷加奈,嶋 大尚,鈴木拓郎,黒田章雄,内田太郎 平衡濃度と抵抗係数を用いた混合粒径土石流中の微細土砂の挙動に関する実験的検討 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
日浦幹,古谷智彦,中谷加奈,水山高久,長谷川祐治,里深好文 透過型砂防堰堤の形状が捕捉機能に及ぼす影響-緩勾配領域に着目して- 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
和田孝志,糸数哲,小杉賢一朗,中谷加奈,水山高久 林地残材及び立木を起源とする流木の発生量に関する検討 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
古谷智彦,中谷加奈,水山高久,長谷川祐治,里深好文 火山地域の大規模土砂異動による被害範囲の推定手法の検討 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
長谷川祐治,中谷加奈,内田太郎,堀田紀文 細粒土砂の堆積機構に関する実験的検討 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
笠原拓造,松村和樹,長谷川祐治,中谷加奈,鈴木崇 兵庫県丹波市で発生した土石流の特徴及び砂防堰堤の機能検証 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
中谷加奈,古谷智彦,水山高久,長谷川祐治,里深好文 天然ダムの形成条件や河道条件が決壊規模に及ぼす影響 平成27年度(公社)砂防学会研究発表会 2015/05 日本語
Wada, T., Furuya, T., Nakatani, K., Mizuyama, T., Satofuka, Y. Experimental study of accumulation of larger particles at the front of debris flow International Debris Flow Workshop, Tainan, Taiwan 2014/10 英語
Hida, Y., Kimura, K., Mori, K., Nakatani, K., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Case study on sabo dam designing for debris flow torrent using Hyper KANAKO system International Debris Flow Workshop, Tainan, Taiwan 2014/10 英語
Nakatani, K., Midoro, T., Horiuchi, S., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Large-sale debris flow simulation with the Hyper KANAKO system using Laser Profiler data 5th International Workshop on Multimodal Sediment Disasters, Tainan, Taiwan 2014/10 英語
Hasegawa, Y., Uchida, T., Nakatani, K., Hotta, N. Experimental study on fine sediment sheet flowing and deposition 5th International Workshop on Multimodal Sediment Disasters, Tainan, Taiwan 2014/10 英語
Nakatani, K., Imaizumi, F., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Characteristics of debris flows on volcanic island Izu Oshima, Tokyo, Japan, caused by Typhoon No. 26 in October 2013 Cities on Volcanoes 8, Yogyakarta, Indonesia 2014/09 英語
中谷加奈,小杉恵,今泉文寿,里深好文,水山高久 平成25年10月台風26号により伊豆大島で発生した土石流災害の検討 土木学会全国大会 第69回年次学術講演会 2014/09 日本語
梶山敦司,竹中宏徳,玉村正幸,岸上直之,柳崎 剛,岩浪英二,堀内成郎,里深好文,中谷加奈,水山高久 真名川砂防管内における大規模土砂災害危機管理システムの構築 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
柳崎 剛,岩浪英二,堀内成郎 里深好文,中谷加奈,水山高久 天然ダム決壊解析機能を実装した土石流シミュレーョンステムの開発 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
美土路哲也,筒井胤雄,中谷加奈 レーザデータを活用した屈曲渓流における大規模土砂災害シミュレーション事例 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
西口幸希,内田太郎,里深好文,中谷加奈,水山高久 深層崩壊に起因する土石流計算における細粒土砂の設定 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
中谷加奈,小杉恵,長谷川祐治,里深好文,水山高久 扇状地における巨礫を含む土石流の氾濫・堆積に関する実験 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
小杉恵,中谷加奈,長谷川祐治,里深好文,水山高久 扇状地における家屋が土石流の氾濫・堆積に及ぼす影響 -家屋の破壊までを考慮して- 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
中谷加奈,小杉恵,里深好文,水山高久 家屋の存在が土石流災害に及ぼす影響―被害状況の検証と解析― 平成26年度(公社)砂防学会研究発表会 2014/05 日本語
中谷加奈,中尾友亮,速見智,里深好文,水山高久 那智川の土石流の市街地への氾濫・堆積シミュレーション 平成25年度土木学会全国大会 2013/09 日本語
野田敦夫,判田乾一,石川一栄,宮澤和久,中谷加奈,堀内成郎,横田 浩,杉井大輔 地上型レーザスキャナによる金山沢不安定土塊の移動実態把握と流動化した場合の影響予測について 平成25年度(公社)砂防学会研究発表会 2013/05 日本語
中谷加奈,福崎温子,里深好文,水山高久 土石流の合流角度が本川合流点に及ぼす影響 平成25年度(公社)砂防学会研究発表会 2013 日本語
増野祐一郎,中谷加奈,長谷川祐治,里深好文,水山高久 扇状地における構造物が土石流挙動に及ぼす影響 平成25年度(公社)砂防学会研究発表会 2013 日本語
大塚亮介,里深好文,中谷加奈,岩浪英二 清水寺周辺における集中豪雨時の流出解析 平成25年度(公社)砂防学会研究発表会 2013 日本語
Nakatani, K., Iwanami, E., Horiuchi, S, Satofuka, Y., Mizuyama, T. Development of "Hyper KANAKO", a debris flow simulation system based on Laser Profiler data INTERPRAEVENT 2012 International Research Society 2012 英語
Nakatani, K., Okuyama, Y., Hasegawa, Y., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Study on influence of houses existence on debris flow flooding and deposition 2012 International Debris-Flow Workshop 2012 英語
中谷加奈,前田大介,坂田拓朗,里深好文,水山高久 支川合流を考慮した土石流数値シミュレーション手法の検討 平成24年度(社)砂防学会研究発表会 2012 日本語
奥山悠木,水山高久,中谷加奈,正沢勝幸,長谷川祐治 家屋破壊を考慮した土石流氾濫に関する研究 平成24年度(社)砂防学会研究発表会 2012 日本語
藤本将光,水山高久,里深好文,中谷加奈,山川陽祐 平成21年7月山口県防府市土砂災害地における水文・水質特性 平成24年度(社)砂防学会研究発表会 2012 日本語
堀内成郎,岩浪英二,照沼利浩,中谷加奈,水山高久,里深好文 GISと連携した土石流シミュレーションシステムの開発 平成24年度(社)砂防学会研究発表会 2012 日本語
中谷加奈,前田大介,坂田拓朗,里深好文,水山高久 支川からの土石流が本川との合流点に及ぼす影響 平成24年度土木学会全国大会 第67回年次学術講演会 2012 日本語
Nakatani, K., Sakata, T., Maeda, D., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Effect of junction angle in debris flow confluences The 3rd International Workshop on Multimodal Sediment Disasters –Challenge to Huge Sediment Disaster Mitigation- 2012 英語
Nakatani, K., Wada, T., Matsumoto, N., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Development and application of GUI equipped1-D and 2-D debris flow simulator, applied to mixed-size grains 5th International Conference on Debris-Flow Hazards Mitigation: Mechanics, Prediction and Assessment 2011 英語
中谷加奈,里深好文,水山高久 汎用土石流シミュレータKanakoを活用した透過型砂防堰堤の最適解(形状・位置)探査 平成23年度(社)砂防学会研究発表会 2011 日本語
前田大介,中谷加奈,里深好文,水山高久 支川合流を考慮した土石流の一次元数値シミュレーション手法の検討 平成23年度(社)砂防学会研究発表会 2011 日本語
奥山悠木,中谷加奈,水山高久,正沢勝幸,長谷川祐治 土石流氾濫に与える家屋の影響に関する実験的研究 平成23年度(社)砂防学会研究発表会 2011 日本語
藤本将光,水山高久,里深好文,中谷加奈,山川陽祐 平成21年7月山口県防府市土砂災害地における水文・水質特性 平成23年度(社)砂防学会研究発表会 2011 日本語
中谷加奈,奥山悠木,杉浦信男,長谷川祐治,里深好文,水山高久 扇状地における家屋の土石流の氾濫・堆積へ与える影響に関する検討 平成23年度土木学会全国大会 第66回年次学術講演会 2011 日本語
中谷加奈,前田大介,里深好文,水山高久 平成21年7月山口県防府石原地区で発生した土石流災害の検討-汎用土石流シミュレータKANAKOを用いて- 平成22年度土木学会全国大会 第65回年次学術講演会 2010 日本語
中谷加奈,和田孝志,松本直樹,里深好文,水山高久 混合粒径に対応した汎用土石流1次元・2次元シミュレータの開発と適用 平成22年度(社)砂防学会研究発表会 2010 日本語
Nakatani, K., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Development of user friendly debris flow simulation system equipped with semi-automatic sabo solution suggesting function -Planning effective sabo dams with user friendly debris flow simulator “KANAKO”- INTERPRAEVENT 2010, International Symposium in Pacific Rim 2010 英語
Nakatani, K., Wada, T., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Studies on development and application of general-purpose debris flow simulation system equipped with GUI International Workshop on Multimodal Sediment Disasters Triggered by Heavy Rainfall and Earthquake and the Countermeasures 2009 英語
中谷加奈,和田孝志,松本直樹,里深好文,水山高久 多粒径に対応した汎用土石流1次元・2次元シミュレータ開発 平成21年度土木学会全国大会 第64回年次学術講演会 2009 日本語
中谷加奈,里深好文,水山高久 砂防えん堤の設置位置に着目した土砂調節効果の評価法 -Kanakoを活用して- 平成21年度(社)砂防学会研究発表会 2009 日本語
Nakatani, K., Wada, T., Satofuka, Y., Mizuyama, T. Development of ‘KANAKO’, a wide use 1-D and 2-D debris flow simulator equipped with GUI Debris Flow 2008 2008 英語
中谷加奈,和田孝志,里深好文,水山高久 GUIを実装した土石流1次元・2次元シミュレータ「kanako Ver.2.00」開発 平成20年度(社)砂防学会研究発表会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
平成25年10月台風26号で発生した伊豆大島土砂災害 [招待あり] 立命館大学防災フロ ンティア研究会2014年度第1回セミナー「-激化する豪雨災害-」 2014/07/18 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
山下祐一、佐藤創、伊藤英之、鹿江宏明、吉井厚志、大井英臣、大町利勝、上田進、原田照美、瀧本浩一、太田英将、納谷宏、木下篤彦、中谷加奈、北山祐希 土砂災害と防災教育 ―命を守る判断・行動・備え―檜垣大助・緒續英章・井良沢道也・今村隆正・山田孝・丸山知己編 朝倉書店 2016/02
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
平成21年度土木学会全国大会第64回年次学術講演会優秀講演者賞 2009
砂防学会賞(技術賞)受賞 社団法人 砂防学会 Japan Society of Erosion Control Engineering 2010
平成22年度砂防学会研究発表会若手優秀発表賞 2010
河川整備基金助成事業平成24年度優秀成果(平成23年度助成課題) 財団法人 河川環境管理財団 River Foundation 2012/08/28
第33回自然災害学会学術講演会 優秀発表賞 日本自然災害学会 Japan Society for Natural Disaster Science 2014/09/24
第34回自然災害学会学術講演会 優秀発表賞 日本自然災害学会 Japan Society for Natural Disaster Science 2015/09/24
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 砂防ソリューション提案機能を実装した汎用土石流シミュレータ開発          2009〜2010
若手研究(B) 代表 扇状地の構造物が土石流の氾濫・堆積に及ぼす影響-効果的な整備による防災対策検討- Study on influence of structures existence on debris flow flooding and deposition 2012/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 土石流による氾濫・堆積被害が拡大する複合要因―材料・地形・構造物を対象として― Study on debris flow influence area considering material, landform and structures in residential area 2015/04/01〜2018/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
財団法人河川環境管理財団 河川整備基金 中谷加奈 山地河川における効果的な砂防構造物の形状・規模・配置および管理・ 運用手法の提案システム開発 Study on effective sabo structures in mountainous rivers focus on shape, size, installation position and maintenance 2011/04/01〜2012/03/31
財団法人砂防・地すべり技術センター 研究開発助成事業 中谷加奈 支川合流を考慮した土石流の一次元シミュレーション手法の検討 Study of debris flow simulation method considering river confluence 2011/04/01〜2012/03/31
財団法人河川環境管理財団 河川整備基金 中谷加奈 流域特性に応じた土石流ピーク流量の推定手法の検討 Analysis of the estimation of debris flow peak discharge 2012/04/01〜2013/03/31
財団法人河川財団 河川整備基金 中谷加奈 混合粒径材料からなる土石流の流下・氾濫過程での粒径変化に関する研究 Study on debris flow flooding and deposition considering the change of grain size distribution 2013/04/01〜2014/03/31
一般財団法人砂防・地すべり技術センター研究開発助成事業 中谷加奈 流域特性に応じた透過型砂防堰堤の捕捉機能に関する検討 Study of the sediment trap function of open-type steel sabo dam 2014/04/01〜2015/03/31
財団法人河川財団 河川整備基金 中谷加奈 連続した天然ダムの形成条件や河道条件が決壊規模に及ぼす影響 Effect on conditions of landslide dam formation and rivers on peak discharge at landslide dam outburst 2014/04/01〜2015/03/31
財団法人河川財団 河川整備基金 中谷加奈 山地河川を対象とした流砂観測データを用いた河床変動計算の検証 Simulation of riverbed variation using observation data in mountainous river 2015/04/01〜2016/03/31
財団法人河川財団 河川整備基金 中谷加奈 観測データを活用した土石流流量の推定手法に関する研究 Study on estimation method of debris flow discharge using observation data 2016/04/01〜2018/03/31
東日本高速道路株式会社 NEXCO東日本技術研究助成 中谷加奈 高速道路盛土における土石流対策(閉塞軽減工)に関する基礎的研究 Study on new countermeasure structures for debris flow on highway road banking 2016/01/01〜2016/12/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
山地保全学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
山地保全学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2012/04〜2013/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2013/04〜2014/03
山地保全学演習 Seminar in Erosion Control 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
山地保全学専攻実験 Laboratory Works in Erosion Control 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2014/04〜2015/03
山地保全学演習 Seminar in Erosion Control 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
山地保全学専攻実験 Laboratory Works in Erosion Control 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
山地保全学専攻実験1 Laboratory Works in Erosion Control1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
山地保全学専攻実験 Laboratory Works in Erosion Control 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
山地保全学演習1 Seminar in Erosion Control1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
山地保全学演習 Seminar in Erosion Control 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2015/04〜2016/03
砂防学II Theory of Erosion Control, Part 2 後期 農学部 2015/04〜2016/03
山地保全学専攻実験1 Laboratory Works in Erosion Control1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学専攻実験2 Laboratory Works in Erosion Control2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学専攻実験 Laboratory Works in Erosion Control 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学演習1 Seminar in Erosion Control1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学演習2 Seminar in Erosion Control2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学演習 Seminar in Erosion Control 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
山地保全学特論 Theory of Erosion Control 後期 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2016/04〜2017/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2016/04〜2017/03
砂防学II Theory of Erosion Control, Part 2 後期 農学部 2016/04〜2017/03
山地保全学専攻実験1 Laboratory Works in Erosion Control1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
山地保全学専攻実験2 Laboratory Works in Erosion Control2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
山地保全学専攻実験 Laboratory Works in Erosion Control 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
山地保全学演習1 Seminar in Erosion Control1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
山地保全学演習2 Seminar in Erosion Control2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
山地保全学演習 Seminar in Erosion Control 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
情報基礎演習[農学部] Practice of Basic Informatics (Faculty of Agriculture) 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
森林水文・砂防学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest Hydrology and Erosion Control 後期 農学部 2017/04〜2018/03
砂防学II Theory of Erosion Control, Part 2 後期 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
若手農林水産研究者表彰 農林水産技術会議 2016/12/14
優秀女性研究者奨励賞 京都大学 2017/03/03
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
流域治水推進審議会 委員 滋賀県 2015/09/01〜2017/08/31
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
(一財)防災研究協会 非常勤研究員 2011/04/01〜