森本 裕子

最終更新日時: 2019/06/26 17:08:14

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
森本 裕子/モリモト ヒロコ/Morimoto, Hiroko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻遺伝医学講座分子遺伝学/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(生命科学) 京都大学
博士(生命科学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000010464
研究テーマ
(日本語)
精子幹細胞の増殖、及び分化のメカニズム。活性酸素(ROS)が精子幹細胞の増殖に与える影響について。
(英語)
Influences of the ROS to growth and division of spermatogonial stem cells.
研究概要
(日本語)
一般に活性酸素(ROS)の増加は幹細胞機能に悪影響を与えるものとされている。しかし我々は精子幹細胞の自己複製分裂にはNox1が産生するROSが必須であることを見いだした。ROS産生が低下した精子幹細胞はその増殖が抑制されるが、適度な量の過酸化水素は増殖を促進する。精子幹細胞がどのように酸素レベルを感知し、ROSの量を維持しているのか、酸素応答がどのように精子幹細胞に代謝や自己複製に影響を与えるのかは明らかになっていない。
(英語)
Reactive oxygen species (ROS) generation is implicated in stem cell self-renewal in several tissues but is thought to be detrimental for spermatogenesis as well as SSCs. We show that ROS are generated via the AKT and MEK signaling pathways. SSCs depleted of ROS stopped proliferating, but they showed enhanced self-renewal when ROS levels were increased by the addition of hydrogen peroxide, which induced the phosphorylation of stress kinases p38 MAPK and JNK. Moreover, ROS depletion in vivo decreased SSC number in the testis, and Nox1-deficient SSCs exhibited reduced self-renewal division upon serial transplantation. ROS generated by Nox1 play critical roles in SSC self-renewal via the activation of the p38 MAPK and JNK pathways.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
細胞分化 cell differentiation
幹細胞 stem cell
生殖細胞 germ cell
活性酸素 reactive oxygen species
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 精子幹細胞の放射線による細胞死誘導の分子メカニズムの解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 精子幹細胞における活性化酸素産生の転写制御機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31