高島 宏明

最終更新日時: 2019/06/12 14:59:37

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
高島 宏明/タカシマ ヒロアキ/Takashima, Hiroaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
総合生存学館/ /特定教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
国際開発学会 The Japan Society For International Development
日本評価学会 The Japan Evaluation Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(経済学) 法政大学
プロフィール
(日本語)
2015年、国連は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。そこに掲げられた17の持続可能な開発目標(SDGs)は2030年に向かって国際社会が取り組むべき指針です。世界の約200の国々の3/4は開発途上国であり、2000年以降、経済発展やミレニアム開発目標(MDGs)への努力により貧困削減や教育・保健分野で大きな進展がみられましたが、多くの国はまださまざまな課題を抱えています。途上国4か国(パプア・ニューギニア、タイ、ラオス、アフガニスタン)での駐在を含む長年の国際協力機構(JICA)での経験を活かして、国際社会がどのように開発の問題に向き合っていくのか、日本社会の現状や課題にも思いを巡らしながら、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
(英語)
In 2015, the United Nations adopted the "The 2030 Agenda for Sustainable Development". The 17 Sustainable Development Goals (SDGs) listed there are guidelines that the international community should act towards 2030. 3/4 of the world's 200 countries are developing countries. Although there has been significant progress in poverty alleviation and education and health fields through economic development and efforts to the Millennium Development Goals (MDGs) since 2000, many countries still have various challenges. I would like to study with you how international society faces development issues, thinking about the current situation and issues of Japanese society also, with my many years of experience at the Japan International Cooperation Agency (JICA) including assignments in 4 developing countries (Papua New Guinea, Thailand, Lao PDR and Afghanistan).
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023071
研究テーマ
(日本語)
国際協力(開発援助、評価、市民参加)、開発教育
(英語)
International Cooperation(Development Assistance, Evaluation, Civil Participation), Development Education
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
高島 宏明 高島 宏明 「変革の10年」を迎えたアフガニスタンの現状と課題 「変革の10年」を迎えたアフガニスタンの現状と課題 歴史文化研究会(茨城), 3 歴史文化研究会(茨城), 3 , 3 2016/07 日本語 公開
高島 宏明; 三好皓一 高島 宏明; 三好皓一 援助を巡る環境変化と援助実施機関の対応―国際協力事業団の組織改革を事例として― 援助を巡る環境変化と援助実施機関の対応―国際協力事業団の組織改革を事例として― 国際開発研究, 9, 2 国際開発研究, 9, 2 , 9, 2 2000/11 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
国外サービスラーニングの実践と学修効果 国外サービスラーニングの実践と学修効果 大学教育研究フォーラム 大学教育研究フォーラム 2019/03/24 日本語 口頭発表(一般) 公開
Japan'sODA and the Roles and Responsiblitiy of MOFA, JICA, and other Players Japan'sODA and the Roles and Responsiblitiy of MOFA, JICA, and other Players Japan'sODA and the Roles and Responsiblitiy of MOFA, JICA, and other Players TICA-JICA Seminar "What can TICA learn from Japan's International Cooperation-JICA Model" TICA-JICA Seminar "What can TICA learn from Japan's International Cooperation-JICA Model" TICA-JICA Seminar "What can TICA learn from Japan's International Cooperation-JICA Model" 2015/09/17 英語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
三好皓一、高島 宏明 三好皓一、高島 宏明 国際協力論を学ぶ人のために 国際協力論を学ぶ人のために 世界思想社 世界思想社 2005/02 日本語 分担執筆 公開
タイトル言語:
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
国際開発・マネジメント政策論 International Development and Management Policy 前期 総合生存学館 2019/04〜2020/03
熟議A Juku-giA 前期 総合生存学館 2019/04〜2020/03
熟議B Juku-giB 後期 総合生存学館 2019/04〜2020/03
特別研究Ⅱ(含海外インターンシップ) Special Research Seminar II 通年 総合生存学館 2019/04〜2020/03
産官連携特別セミナー(熟議)Ⅱ Special lectures and discussion for leadership (Juku-gi)II 通年 総合生存学館 2019/04〜2020/03
総合生存学概論 Introduction to Advanced and Integrated Studies in Human Survivability 前期 総合生存学館 2019/04〜2020/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
総合生存学館企画委員会委員 2018/04/01〜2019/03/31
総合生存学館入試委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31
総合生存学館教務委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31
総合生存学館国際委員会委員 2018/04/01〜2020/03/31