新納 和樹

最終更新日時:2016/07/20 17:08:56

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
新納 和樹/ニイノウ カズキ/Kazuki Niino
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/先端数理科学専攻応用数理学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(情報学) 京都大学
博士(情報学) 京都大学
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
工学基礎
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
新納 和樹 周期多重極境界要素法を用いたナノポーラスゴールドの光起電力解析 計算数理工学論文集,15,85-90 2015/12 日本語
野瀬 大一郎,新納 和樹,西村 直志 周期単位の一部に欠陥を有する領域における2次元Helmholtz方程式の境界値問題の数値解法について 計算数理工学論文集,14,85-90 2014/12 日本語
松本 安弘,新納 和樹,西村 直志 H行列演算を用いた2次元Helmholtz方程式の1周期境界値問題の高速直接解法について 計算数理工学論文集,14,79-84 2014/12
新納和樹 Maxwell方程式に対するPMCHWT定式化におけるHdiv内積を用いた離散化について 計算数理工学論文集 2013/12 日本語
飯盛 浩司, 新納 和樹, 吉川 仁, 西村 直志 3次元動弾性学の周期多重極法におけるCalderonの式に基づく前処理について 計算数理工学論文集,10,45-50 2010/12 日本語
新納和樹 Helmholtz方程式のGalerkin法を用いた周期多重極法におけるCalderonの式に基づく前処理について 計算数理工学論文集,10,39-44 2010/12 日本語
新納和樹 2次元Helmholtz 方程式の1周期境界値問題に対するCalderon の式に基づく前処理について 計算数理工学論文集 2009/12 日本語
K. Niino; N. Nishimura Preconditioning based on Calderon\\'s formulae for periodic fast multipole methods for Helmholtz\\' equation Journal of Computational Physics,231,1,66-81 2012/01/01 英語
H. Isakari; K. Niino; H. Yoshikawa; N. Nishimura Calderon\\'s preconditioning for periodic fast multipole method for elastodynamics in 3D International Journal for Numerical Methods in Engineering,90,4,484-505 2012 英語
K. Niino; N. Nishimura Calderón preconditioning approaches for PMCHWT formulations for Maxwell\\'s equations International Journal of Numerical Modelling: Electronic Networks, Devices and Fields,25,5-6,558-572 2012 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
新納和樹 On the Muller formulation for periodic electromagnetic wave scattering problems Waves2013 2013/06 英語
新納和樹 On the boundary element methods with Muller's formulation for electromagnetic scattering problems in periodic domains EMTS 2013/05 英語
K. Niino; N. Nishimura On the BEMs with the Müller formulation and the Nyström method for periodic electromagnetic scattering problems IEEE Antennas and Propagation Society, AP-S International Symposium (Digest),71-72 2013 英語
K. Niino; N. Nishimura On the boundary element methods with Müller\\'s formulation for electromagnetic scattering problems in periodic domains 2013 International Symposium on Electromagnetic Theory, EMTS 2013 - Proceedings,139-142 2013 英語
新納和樹 Calderon's preconditioning with roof top basis for Maxwell's equations ECCOMAS 2012/09 英語
K. Niino; N. Nishimura New preconditioning methods based on Calderón\\'s formulae for PMCHWT formulation IEEE Antennas and Propagation Society, AP-S International Symposium (Digest) 2012 英語
新納和樹 On the Calderon preconditioners for periodic fast multipole methods in wave problems Int. Workshop on application of iterative methods to engineering and its mathematical element 2011/10 英語
新納和樹 Preconditioning based on Calderon's formulae with the Galerkin method for periodic boundary value problems for Helmholtz' equation Waves2011 2011/07 英語
新納和樹 On the use of IDR(s) in periodic FMMs for Maxwell's equations International Krylov-Forum on Krylov Subspace method 2008/09 英語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Hdiv内積を用いた3次元電磁波動散乱問題の数値解法 [招待あり] 電子情報通信学会総合大会 2014/03 日本語
Preconditioning based on Calderon's formulae in the periodic FMM with the Galerkin method for Helmholtz' equation in 3D [Invited] The 1st Kyoto University--SNU Joint Seminar on Numerical Computation and Applied Analysis 2011/02 英語
Preconditioners based on Calderon's formulae for 1 periodic boundary value problems for Helmholtz' equation [Invited] Taiwan-Japan Joint Workshop on Numerical Analysis and Scientific Computation 2009/11 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
On discretisation methods with the Hdiv scalar product for boundary element methods for the Maxwell equations [Invited] Japan-Taiwan joint workshop on numerical analysis and scientific computation 2014/04 英語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本計算数理工学会講演賞 日本計算数理工学会 JASCOME 2009
電磁界理論研究会学生優秀発表賞 電子情報通信学会 ieice 2011
若手優秀講演賞 日本応用数理学会 JSIAM 2011
電気学会 優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰) 電気学会 2014/08/21
日本計算数理工学会論文賞 日本計算数理工学会 JASCOME 2014/09/27
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 周期領域におけるMaxwell 方程式の形状最適化問題の数値解法 2011〜2011
科研(若手B) 代表 境界要素法による周期電磁波動散乱問題の高精度、高速な数値解法の開発 2014/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 境界要素法による周期電磁波動散乱問題の高精度、高速な数値解法の開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 境界要素法による周期電磁波動散乱問題の高精度、高速な数値解法の開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
システム工学実験 System Analysis Laboratory 後期 工学部 2014/04〜2015/03
システム工学実験 System Analysis Laboratory 後期 工学部 2015/04〜2016/03
システム工学実験 System Analysis Laboratory 後期 工学部 2016/04〜2017/03