藤原 幸一

最終更新日時:2017/08/06 17:50:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
藤原 幸一/フジワラ コウイチ/Kouichi Fujiwara
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/システム科学専攻人間機械共生系講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers
化学工学会 The Society of Chemical Engineers. Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
IEEE America
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程化学工学専攻 修了
京都大学 大学院工学研究科博士後期課程化学工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部工業化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2006/04/01〜2007/03/31 トヨタ自動車株式会社 TOYOTA MOTOR CORPORATION 技術員 Engineer
2008/04/01〜2009/03/31 日本学術振興会 The Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員DC2 Research Fellowships for Young Scientists (DC2)
2009/04/01〜2010/03/31 日本学術振興会 The Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員PD Research Fellowships for Young Scientists (PD)
個人ホームページ
URL
http://human.sys.i.kyoto-u.ac.jp/fujiwara/index.html
研究テーマ
(日本語)
医療デバイス開発,機械学習,生体信号処理,システム工学,制御工学
(英語)
Medical Device Development, Machine Learning, Bio-signal Processing, Systems Engineering, Control Engineering
研究概要
(日本語)
世の中には,ビッグデータや人工知能(AI)という言葉が溢れています.現在のAIは,正解データを機械に学習させることで,学習に用いていない未知のデータを識別するというフレームワークを採用しています. これは大量の正解データが低コストで得られることを前提としています.たとえば,インターネットには猫の画像が沢山あります.そして多くの人がこの画像は「猫」であると,正解ラベルを付けてくれています.したがって,このようなデータをインターネットから大量に収集して機械に学習させれば,AIが画像の中から猫を自動的に探してくれるようになります.これが「集合知」というもので,将来的にAIはひとりの人間が持っている知識よりも,大量の知識を持てるようになると言われています. しかし,ビッグデータの研究はすでにレッドオーシャンです.AI業界はもはや装置産業であり,大量のデータと高速な計算機,優秀なエンジニアを沢山抱えているところが必然的に勝てるようになっています.つまり,もはや資本力の勝負であり,ビッグデータの領域において本邦はもはやGoogleやFacebookに勝つことはできません. しかし,スモールデータの世界は違います.スモールデータとは,たとえばある装置の異常操業データなどデータの発生が稀だったり,ある疾患についての臨床データなど,たとえば倫理的な理由で収集するのが困難なデータのことを指します.したがって,スモールデータを対象として研究を行う場合は,データをクリーニングしフォーマットを揃え解析可能なデータセットを構築すること自体にも,すでに価値があります.スモールデータの研究には,まだまだブルーオーシャンが拡がっています. さらにスモールデータでは,専門家でないとデータの解釈が困難な場合が多く,ラベル付けも高コストであったりします.たとえば脳波異常を正確にラベリングするのは,判読医や専門技師でないと務まりません.したがって,スモールデータ解析においては,データの背後にある因果関係や物理,生理学についての知識,さまざまなケーススタディ,さらに専門家の持っているノウハウ・暗黙知などを積極的に取り込む必要があります. このようなスモールデータ解析は,理論研究の立場からすると,ad hocでアカデミックでないように感じられるかも知れません.しかし現実の複雑な問題の解決には,理論だけでは対処できず,どうしても試行錯誤を含みます.しかし,その試行錯誤の中でスモールデータ解析に関してのノウハウの蓄積はあり,いずれそのノウハウは体系化されるでしょう. 我々の研究室では,てんかんや睡眠障害,脳卒中などの主に中枢系の疾患を対象に,多くの病院,研究機関と連携して臨床データの収集を収集しています.さらに臨床で不足するデータは,自分たちで動物実験や被験者実験を行ってデータを収集し,その解析を通じて診断アルゴリズムと医療機器の開発を行っています.さらに,これらのデータ解析によって医学・生理学への貢献を目指します.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
多変量解析 Multivariate analysis
生体信号処理 Bio-signal processing
てんかん epilepsy
心拍変動解析 Heat rate variability analysis
最適化 Optimization
脳波解析 EEG analysis
脳卒中 Stroke
睡眠 Sleep
認知症 Dementia
機械学習 Machine Learning
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
リハビリテーション科学・福祉工学
医用システム
医療社会学
神経科学一般
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
M. Matsuo, F. Masuda, Y. Sumi, M. Takahashi, N. Yamada, M. H. Ohira, K. Fujiwara, T. Kanemura and H. Kadotani Comparisons of Portable Sleep Monitors of Different Modalities: Potential as Naturalistic Sleep Recorders Frontiers in Neurology 2016/06 英語
K. Fujiwara, M. Miyajima, T. Yamakawa, E. Abe, Y. Suzuki, Y. Sawada, M. Kano, T. Maehara, K. Ohta, T. Sasai-Sakuma, T. Sasano, M. Matsuura, and E. Matsushima Epileptic Seizure Prediction Based on Multivariate Statistical Process Control of Heart Rate Variability Features IEEE Transactions on Biomedical Engineering,63,1321-1332 2016/06 英語
T. Kanemura, H. Kadotani, M. Matsuo, F. Masuda, K. Fujiwara , M. Ohira and N. Yamada Evaluation of a Portable Two-channel Electroencephalogram Monitoring System to Analyze Sleep Stages Journal of Oral and Sleep Medicine,2,101-108 2016/05 英語
藤原 幸一 10年後の看 -ウェアラブデバイスが拓くヘルスモニタサービス- 化学工学,,80,2,91-95 2016/02 日本語
E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa and M. Kano Development of Drowsiness Detection Method by Integrating Heart Rate Variability Analysis and Multivariate Statistical Process Control SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,9,10-17 2016/01 英語
Takuya Miyano, Koichi Fujiwara, Manabu Kano, Hideaki Tanabe, Hiroshi Nakagawa, Tomoyuki Watanabe, Hidemi Minami Efficient wavenumber selection based on spectral fluctuation dividing and correlation-based clustering for calibration modeling Chemometrics and Intelligent Laboratory Systems,148,85-94 2015/09 英語
Koichi Fujiwara, Manabu Kano Efficient input variable selection for soft-senor design based on nearest correlation spectral clustering and group Lasso ISA Transactions 2015/01/21
H. Chigira, A. Maeda, M. Kobayashi, K. Fujiwara, T. Hiraoka, A. Tanaka, T. Tanaka A Study on Heart Rate Monitoring in Daily Life by Using a Surface-Type Sensor SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,8,74-78 2015/01 英語
M. Kano; K. Fujiwara Virtual sensing technology in process industries: Trends and challenges revealed by recent industrial applications Journal of Chemical Engineering of Japan,46,1,1-17 2013 英語
K. Fujiwara; H. Sawada; M. Kano Input variable selection for PLS modeling using nearest correlation spectral clustering Chemometrics and Intelligent Laboratory Systems,118,109-119 2012/08/15 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Development of correlation-based pattern recognition algorithm and adaptive soft-sensor design Control Engineering Practice,20,4,371-378 2012/04 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Correlation-based spectral clustering for flexible process monitoring Journal of Process Control,21,10,1438-1448 2011 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Development of correlation-based clustering method and its application to software sensing Chemometrics and Intelligent Laboratory Systems,101,2,130-138 2010/04/15 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe; A. Takinami Soft-sensor development using correlation-based just-in-time modeling AIChE Journal,55,7,1754-1765 2009/07 英語
藤原幸一, 加納学, 長谷部伸治 相関型 Just-In-Time モデリングによるソフトセンサの設計 計測自動制御学会論文集,44,4,317-324 2008/04/30 日本語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Correlation-based Just-In-Time modeling for soft-sensor design Computer Aided Chemical Engineering,25,471-476 2008 英語
藤原幸一;加納学;長谷部伸治;大野弘 ウェーブレット解析を用いたバッチプロセス操作プロファイルの最適化 計測自動制御学会論文集,42,10,1143-1149 2006/10/31 日本語
藤原幸一, 加納学, 長谷部伸治, 大野弘 運転データに基づく階層型品質改善システムの開発 : 品質制御のための操作変数選択 計測自動制御学会論文集,42,8,909-915 2006/08/31 日本語
加納学;藤原幸一;長谷部伸治;大野弘 運転データに基づく品質改善のための定性的品質情報の定量化 計測自動制御学会論文集,42,8,902-908 2006/08/31 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
H. Chigira, T. Hori, K. Fujiwara, T. Hiraoka and T. Tanaka Heart rate monitoring on steering wheel using surface type sensor ITS World Congress 2015/10
T. Uchimaru, K. Hazama, K. Fujiwara and M.Kano Correlation-based Group-wise Selection of Input Variables for PLS Regression and Its Applications to Chemical Processes SICE Annual Conference 2015/07
藤原 幸一 Nearest Correlation Louvain Method for Fast and Good Selection of Input Variables of Statistical Model ADCHEM 2015/06
K. Fujiwara and M. Kano Calibration Model Design based on Weighted Nearest Correlation Spectral Clustering ASCC 2015/05
T. Uchimaru, K. Hazama, K. Fujiwara and M. Kano Efficient Wavenumber Selection Based on Nearest Correlation Louvain Method for NIR Calibration Modeling ASCC 2015/05
T. Yamakawa, K. Fujiwara, M. Miyajima, E. Abe, M. Kano, Y. Ueda Real-Time Heart Rate Variability Monitoring Employing a Wearable Telemeter and a Smartphone APSIPA ASC 2014/12
E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa, M. Kano Development of Drowsy Driving Accident Prediction by Heart Rate Variability Analysis APSIPA ASC 2014/12
K. Fujiwara, E. Abe, Y. Suzuki, M. Miyajima, T. Yamakawa, M. Kano, T. Maehara, K. Ohta and T. Sasano Epileptic Seizure Monitoring by One-Class Support Vector Machine APSIPA ASC 2014/12
H. Hirotsugu, K. Fujiwara, S. Yoko, M. Miyajima, T. Yamakawa, M. Kano, T. Maehara, K. Ohta, T. Sasano, M. Matsuura, E. Matsushima Epileptic Seizure Monitoring by Using Multivariate Statistical Process Control The 12th symposium on Computer Applications in Biotechnology 2013/12
H. Hashimoto; K. Fujiwara; Y. Suzuki; M. Miyajima; T. Yamakawa; M. Kano; T. Maehara; K. Ohta; T. Sasano; M. Matsuura; E. Matsushima Heart rate variability features for epilepsy seizure prediction 2013 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2013 2013 英語
T. Yamakawa; K. Fujiwara; M. Kano; M. Miyajima; Y. Suzuki; T. Maehara; K. Ohta; T. Sasano; M. Matsuura; E. Matsushima Development of a wearable HRV telemetry system to be operated by non-experts in daily life 2013 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2013 2013 英語
K. Fujiwara; M. Kano Efficient input variable selection for calibration model design 2013 9th Asian Control Conference, ASCC 2013 2013 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Correlation-based spectral clustering for flexible soft-sensor design IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline),9,PART 1,703-708 2010 英語
K. Fujiwara; M. Kano; S. Hasebe Development of correlation-based pattern recognition and its application to adaptive soft-sensor design ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings,1990-1995 2009 英語
K. Fujiwara; Y. Mukai; M. Kano; S. Hasebe Development of a new pattern recognition method and its application to just-in-time modeling AIChE Annual Meeting, Conference Proceedings 2008 英語
M. Kano; K. Fujiwara; S. Hasebe; H. Ohno Operation profile optimization for batch process through wavelet analysis and multivariate analysis 2006 SICE-ICASE International Joint Conference,5749-5753 2006 英語
M. Kano; K. Fujiwara; S. Hasebe; H. Ohno Product quality improvement using multivariate data analysis IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline),16,175-180 2005 英語
M. Kano; K. Fujiwara; S. Hasebe; H. Ohno Data-driven approach for product quality/yield improvement: How to specify target of qualitative quality variables AIChE Annual Meeting, Conference Proceedings,7727- 2004 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Satoyama, K. Fujiwara, M. Kano Fujiwara Variable Elimination-based Fault Identification PSE Asia2016 2016/07 英語
K. Hata, K. Fujiwara, M. Kano, T. Inoue, S. Nomura, H. Imoto, M. Suzuki CFD-based Design of Focal Brain Cooling Device for Preventing Epileptic Seizures PSE Asia2016 2016/07 英語
Y. Satoyama, K. Fujiwara, M. Kano Fujiwara Variable Elimination-Based Contribution for Accurate Fault Identification DYCOPS-CAB 2016 2016/06 英語
E. Abe, H. Chigira, K. Fujiwara, T. Yamakawa, M. Kano Development of Photoplethysmogram Sensor-embedded Video Game Controller IEEE ICCE 2016 2016/01 英語
T. Yamakawa, R. Kinishita, K. Fujiwara, M. Kano, M. Miyajima, T. Sakata, Y. Ueda Accuracy Comparison of Two Microcontroller-embedded R-wave Detection Methods for Heart-rate Variability Analysis APSIPA ASC 2015 2015/12 英語
E. Abe, H. Chigira, T. Yamakawa, K. Kano Heart Rate Monitoring by Pulse Sensor Embedded Game Controller APSIPA ASC 2015 2015/12 英語
K. Kamata, K. Fujiwara, T. Kodama, M. Kano, T. Yamakawa, N. Kobayashi, F. Shimizu Development of Stroke Detection Method by Heart Rate Variability Analysis and Support Vector Machine APSIPA ASC 2015 2015/12 英語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
C. Nakayama, K. Fujiwara, M. Matsuo, M. Kano, and H. Kodotani Development of sleep apnea syndrome screening method by using heart rate variability analysis and support vector machine EMBC 2015/08 英語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
[Invited] 2015/07 英語
Heart Rate Variability Analysis for Epileptic Seizure Prediction APSIPA BioSiPS Workshop APSIPA 2013/03/28 英語
NCスペクトラルクラスタリングを用いたソフトセンサ設計と入力変数選択 [招待あり] 第189回委員会・平成24年度第4回研究会 日本学術振興会プロセスシステム工学第143委員会 2012/12/07 日本語
An efficient Input Wavelength Selection for a NIR Calibration Model using NC Spectral Clustering [Invited] SPO2012 Academy of Science for Higher Education of Ukraine 2012/10/25 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
リアルタイム心拍変動解析技術を用いたドライバ状態推定 – 発作・居眠り運転による事故を防ぐ [招待あり] CEATEC JAPAN 2016 自動運転コンファレンス企画 2016/10/07 日本語
Application of Process Data Analysis Techniques to Health Monitoring Device Development [Invited] PSE Asia2016 2016/07/26 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
[Invited] 2016/07/08 英語
運転環境と睡眠 [招待あり] 日本睡眠学会定期学術集会 2015/07 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
心拍変動(HRV)解析を用いたヘルスモニタサービスの開発 [招待あり] JST 京都大学新技術説明会 2016/05/24 日本語
心拍変動解析によるヘルスモニタリング [招待あり] 自動車技術会シンポジウム「自動車開発における人間工学の理論と実践」 2015/09 日本語
リアルタイムてんかん発作兆候監視アルゴリズムおよび監視装置 [招待あり] ウェアラブルEXPO 2015/01 日本語
心拍変動解析に基づくてんかん発作兆候モニタリングデバイス [招待あり] 国際バイオテクノロジー展 2014/05 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
藤原 幸一,須山敬之 予測モデル構築装置、方法、及びプログラム、並びに発電量予測装置、及び方法 特許登録 特許5661594
藤原幸一, 仲山千佳夫, 加納学 無呼吸識別システム及びコンピュータプログラム 特許出願 特願2015-101782
山川俊貴,藤原幸一,平岡敏洋,阿部恵里花 眠気検出方法及び眠気検出装置 特許出願 特願2014-114093
加納 学,藤原 幸一 てんかん性発作兆候検知装置、てんかん性発作兆候検知モデル生成装置、てんかん性発作兆候検知方法、てんかん性発作兆候検知モデル生成方法、てんかん性発作兆候検知プログラムおよびてんかん性発作兆候検知モデル生成プログラム 特許出願 特願2013-258494
加納学, 藤原幸一 プラント制御情報生成装置及び方法、並びにそのためのコンピュータプログラム 特許登録 特許5457737
加納学, 藤原幸一 変数決定方法、変数決定装置、プログラム及び記録媒体 特許公開 特開2007-060862 2007/05/29
加納学, 藤原幸一 操作変数選択装置,操作変数選択方法,操作変数選択プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 特許公開 特開2006-323523 2006/11/30
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
計測自動制御学会関西支部奨励賞 計測自動制御学会関西支部 SICE 2013/02/07
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2014 奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2014 優秀論文賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
計測自動制御学会 第1回制御部門マルチシンポジウム 部門大会賞 計測自動制御学会 制御部門 2015/03/08
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015 優秀論文賞 自動制御学会 システム・情報部門 2015/11/20
計測自動制御学会 技術賞 計測自動制御学会 2016/09/22
第49回市村学術賞功績賞 新技術開発財団 2017/04/26
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
てんかん発作兆候検知システムについて 日経産業新聞 2015/01/21
心拍変動解析を用いた研究について 産経新聞 2014/10/10
てんかん発作兆候検知システムについて MBS ちちんぷいぷい 2014/08/27
眠気検知システムについて 産経新聞 2014/08/13
てんかん発作兆候検知システムについて NHK,産経新聞,京都新聞,共同通信 2014/07/30
眠気検知システムの実証実験開始について 産経新聞 2016/03/18
眠気検知システムの実証実験開始についてのプレスリリース NTTドコモプレスリリース 2016/05/10
眠気検知システムについて MBS ちちんぷいぷい 2016/05/12
てんかん発作予知システムについて 京都新聞 朝刊一面 2016/05/18
眠気検知システムについて テレビ東京 モーニングチャージ 2016/06/02
てんかん発作予知システムについて 朝日放送 キャスト 2016/06/06

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員 代表 製品品質改善及び操業安定化のための生産プロセスのモデル化・最適化手法の開発 Development of process modeling and optimization methods for product quality improvement and operation stabilization 2008/04/01〜2010/03/31
若手研究(B) 代表 迷走神経刺激療法有効性事前判定のためのてんかん発作軽減効果予測手法の開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 迷走神経刺激療法有効性事前判定のためのてんかん発作軽減効果予測手法の開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 迷走神経刺激療法有効性事前判定のためのてんかん発作軽減効果予測手法の開発 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
JST A-Step シーズ顕在化タイプ 山川俊貴 ネックレス型心拍数ワイヤレス計測デバイスを用いた小型・低コストな車載用居眠り検知システムの基盤技術開発 2013/01/01〜2013/12/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
品質管理 Quality Control 前期 工学部 2013/04〜2014/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2014/04〜2015/03
品質管理 Quality Control 前期 工学部 2014/04〜2015/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2015/04〜2016/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 前期 工学部 2016/04〜2017/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2016/04〜2017/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 前期 工学部 2017/04〜2018/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2017/04〜2018/03
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
阿部恵里花 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2014 奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
阿部恵里花 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2014 優秀論文賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
阿部恵里花 ICTイノベーション優秀研究賞 京都大学 2015/03/17
鎌田啓輔 システム制御情報学会学術講演会 SCI 16 学生賞 システム制御情報学会 2016/05/25
内田剛志 システム制御情報学会学術講演会 SCI 16 学生賞 システム制御情報学会 2016/05/25
阿部恵里花 IEEE ICCE 2016 IEEE CE East Japan Chapter Young Scientist Award IEEE CE East Japan Chapter 2016/01/08
仲山千佳夫 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015 優秀論文賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2015/11/20
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティWG委員 2016/04/01〜2017/03/31
システム運用WG委員 2016/04/01〜2017/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
Asia Pacific Signal and Information Processing Association BioSIP Technical Committee member 2013/10/01〜
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
鹿児島県西之表市認知症セミナー 2016/07/23
その他活動:その他
活動名 内容 期間
研究者・メディア交流会 昨今の科学報道の現状を鑑みて,研究者とメディアの間での意思疎通が不十分であることから,関西ウォーカーの玉置編集長と共催で,研究者とメデイア関係者との間での交流会を企画した. 2012/12/21〜2016/07/25