三谷 羊平

最終更新日時:2016/07/30 05:09:47

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
三谷 羊平/ミタニ ヨウヘイ/Yohei Mitani
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/生物資源経済学専攻国際農林経済学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本経済学会
環境経済政策学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Economic Association
Association of Environmental and Resource Economists
European Association of Environmental and Resource Economists
Econometric Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(経済学) 早稲田大学
博士(経済学) 早稲田大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2010/10/01〜2012/09/30 Norwegian University of Life Sciences Lecturer
2008/04/01〜2010/09/30 University of Colorado, Boulder Research Associate
プロフィール
(英語)
Yohei Mitani is a tenured Lecturer in Division of Natural Resource Economics, Graduate School of Agriculture at Kyoto University. He also works as a guest lecturer in UMB School of Economics and Business at the Norwegian University of Life Sciences. Prior to coming to the Kyoto University, he worked as a researcher in UMB School of Economics and Business at the Norwegian University of Life Science and in the Institute of Behavioral Science at the University of Colorado, Boulder. His research interests include experimental and behavioral economics, environmental economics, and forest economics.
個人ホームページ
URL
https://sites.google.com/site/yoheimitani/
研究テーマ
(英語)
UNDERSTANDING HUMAN BEHAVIOR IN NON-MARKET SITUATIONS Primary field: experimental economics Secondary fields: environmental economics, applied econometrics, forest economics, public economics
研究概要
(英語)
My research objectives include exploring how people evaluate non-market environmental goods/services and how people behave and make their decisions regarding such situations. Measuring preferences for non-market environmental goods/services is essential for the efficient allocation of resources achieved through cost-benefit analysis. In addition, understanding human behavior in such situations is one of the major ongoing issues in environmental, experimental, and/or behavioral economics. I have mainly worked on two fields so far. First, I have worked on discrete choice modeling applied to choice experiment data sets, which attempt to evaluate ecosystem restoration activities. Second, I have worked on experimental economics techniques to understand subject’s behavior in non-market valuation and public goods game situations. My research strengths are in conducting laboratory economic experiment studies based on theoretical framework, implementing large sample survey research applied to a specific environmental problem, and employing applied micro-econometric analysis. My current/future research interests include donation behavior including payments for ecosystem, decision making under risk and uncertainty, voluntary contributions to environmental offsets, behavioral aspects of anonymity and conformity, and information effects on consumer behavior. My relatively new field of interests includes behavioral analysis of forest owner’s participation in incentive programs. A large part of the forest land is owned by nonindustrial private forest landowners. Voluntary incentives are the most common mechanism used to encourage conservation on privately owned land. I propose a behavioral economics approach to understanding private forest owner’s participation behavior.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
experimental economics
environmental economics
applied econometrics
forest economics
public economics
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Yohei Mitani and Henrik Lindhjem Forest owners’ participation in voluntary biodiversity conservation: What does it take to forego forestry forever? Land Economics,91,2,235-251 2015 英語
Yohei Mitani and Nicholas E. Flores Hypothetical Bias Reconsidered: Payment and Provision Uncertainties in a Threshold Provision Mechanism,” Environmental and Resource Economics Environmental and Resource Economics,59,3,433-454 2014 英語
鈴木康平・泉尚行・三谷羊平 ターゲットは誰か:参加行動の経済分析から 農業と経済,79,12,83-87 2013 日本語
三谷羊平 自発的参加を促す森林管理:インセンティブプログラムの提言 農業と経済,79,12,49-56 2013 日本語
三谷羊平・伊藤伸幸 環境経済学における実験研究の最新動向 環境経済・政策研究,6,2,26-40 2013 日本語
Artti Juutinen, Rauli Svento, Yohei Mitani, Erkki Mäntymaa, Yasushi Shoji, and Pirkko Siikamäki Modeling observed and unobserved heterogeneity in choice experiments Environmental Economics,3,2,57-65 2012 英語
Henrik Lindhjem and Yohei Mitani Forest owners’ willingness to accept compensation for voluntary conservation: A contingent valuation approach Journal of Forest Economics,18,4,290-302 2012 英語
Artti Juutinen, Yohei Mitani, Erkki Mäntymaa, Yasushi Shoji, Pirkko Siikamäki, and Rauli Svento Combining Ecological and Recreational Aspects in National Park Management: A Choice Experiment Application Ecological Economics,70,6,1231-1239 2011 英語
Ito, N., Takeuchi, K., Kuriyama, K., Shoji, Y., Tsuge, T., and Mitani, Y. The Influence of Decision-making Rules on Individual Preferences for Ecological Restoration: Evidence from an Experimental Survey Ecological Economics,68,2426-2431 2009 英語
Mitani, Y. and Flores, N. E. Demand Revelation, Hypothetical Bias, and Threshold Public Goods Provision Environmental and Resource Economics,44,231-243 2009 英語
庄子康・八巻一成・三谷羊平・柘植隆宏・栗山浩一 選択型実験による北海道の国立公園に対する目的地選択の把握 ランドスケープ研究,71,5,635-638 2008 日本語
Shoji, Y., Mitani, Y., Mieno, T., and Kuriyama, K. Providing quality recreation experiences in Japan Economics Bulletin,17,7,1-11 2008 英語
Mitani, Y., Shoji, Y., and Kuriyama, K. Estimating Economic Values of Vegetation Restoration with Choice Experiments: A Case Study of Endangered Species in Lake Kasumigaura, Japan Landscape and Ecological Engineering,4,103-113 2008 英語
Mitani, Y. and Flores, N. Does Gender Matter for Demand Revelation in Threshold Public Goods Experiments? Economics Bulletin,3,27,1-7 2007 英語
庄子康・栗山浩一・三谷羊平・柘植隆宏・宮原紀壽・竹内憲司 環境評価研究の動向と今後の課題:自然公園管理への応用を中心に ,11,148-162 2006 日本語
三谷 羊平・栗山浩一 自然再生と環境評価-霞ヶ浦におけるアサザの植生回復を事例として- 環境経済・政策学会年報,10,60-72 2005 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Yohei Mitani, Kohei Suzuki, Kana Moriyama, and Nobuyuki Ito Describing Local Community Characteristics in Japanese Rural Villages: A community survey result and its application to explaining non-industrial private forest owners’ behavior Natural Resource Economics Review,20,85-95 2015 英語
Yohei Mitani, Naoyuki Izumi, and Kohei Suzuki Does incentive really matter for forestry-management incentive programs? An evidence from NIPF landowners’ re-enrollment decisions to a joint thinning program in Ehime, Japan Natural Resource Economics Review,18,1-14 2013 英語
三谷羊平 潜在クラスモデルを用いた選好の多様性の把握:文化遺産の利用活用対策評価を事例として 早稲田経済学研究,64,29-48 2007 日本語
三谷 羊平 選択型実験を用いた文化遺産の利用・活用対策評価~碓氷峠鉄道施設を事例として 早稲田経済学研究,59,61-78 2004 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
三谷 羊平 The Routledge Handbook of Environmental Economics in Asia Routledge 2015
三谷羊平・庄子康 生態学と社会科学の接点 共立出版 2014
三谷 羊平 the Economics of Ecosystem Services and Biodiversity edited by Paulo A.L.D. Nunes, Pushpam Kumar, and Tom Dedeurwaerdere Edward Elgar 2014
三谷羊平・栗山浩一・庄子康 栗山浩一・庄子康編著『環境と観光の経済評価―国立公園の維持と管理―』 勁草書房 2005 日本語
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
柘植隆宏・栗山浩一・三谷羊平 環境評価の最新テクニック:表明選好法・顕示選好法・実験経済学 勁草書房 2011
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
奨励賞 SEEPS Young Achievement Award 環境経済政策学会 Society for Environmental Economics and Policy Studies 2015/09/20
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 分担 自然再生事業の経済的評価と環境政策への適用-環境評価と合意形成の融合 2006〜2008
特別研究員奨励費 代表 実験経済アプローチによる表明選好法の検討と自然再生評価への適用 2009〜2009
若手研究(B) 代表 自発的参加型森林保全プログラムにおけるインセンティブ設計に関する研究 2013〜2015
科研費 若手B 代表 自発的参加型森林保全プログラムにおけるインセンティブ設計に関する研究 2013/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 自発的参加型森林保全プログラムにおけるインセンティブ設計に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 自発的参加型森林保全プログラムにおけるインセンティブ設計に関する研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
環境省環境技術開発等推進費 高村典子(国環研) 「健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発」 2005/07/〜2008/03/
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
森林経済学 Forest Economics 後期 農学部 2013/04〜2014/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2013/04〜2014/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2013/04〜2014/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2013/04〜2014/03
森林資源経済学 Forest and Resources Economics 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
情報基礎演習[農学部] Practice of Basic Informatics(Faculty of Agriculture) 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
特殊講義-実験経済学 Experimental Economics 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
食料環境基礎社会・経済論 Basic Sociology and Economics for Food and Environment 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林経済学 Forest Economics 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林資源経済学 Forest and Resources Economics 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林経済学 Forest Economics 前期 農学部 2016/04〜2017/03
森林資源経済学B Forest and Resources EconomicsB 後期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
Journal of Economic Surveys 2010〜
Environment & Behavior 2010〜
Ecological Economics 2011〜
Environmental Economics & Policy Studies 2012〜
Environmental & Resource Economics 2010〜
Journal of Association for Environmental and Resource Economists 2015〜