谷 徹也

最終更新日時:2017/06/16 11:51:52

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
谷 徹也/タニ テツヤ/Tetsuya Tani
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/歴史文化学専攻歴史文化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-2788
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本史研究会
史学研究会
史学会
大阪歴史学会
歴史学研究会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科修士課程日本史学専攻 修了
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程日本史学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部人文学科 卒業
研究テーマ
(日本語)
豊臣政権の研究/近世成立期の権力・民衆の関係史
研究概要
(日本語)
豊臣政権の意思決定過程の分析を基盤として、最近では政治権力と在地社会との関係について、広く中近世移行期の社会変動をとらえる視座から研究を進めている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
日本近世史
中近世移行期
織豊期
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
日本史
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷 徹也 近世的領主・領民関係の構築過程 日本史研究,655,59-83 2017/03 日本語
谷 徹也 豊臣氏奉行発給文書考 古文書研究,82,20-40 2016/12 日本語
谷 徹也 豊臣政権の「喧嘩停止」と畿内・近国社会 歴史学研究,942,1-16 2016/02 日本語
谷 徹也 朝鮮出兵時の国内政策―次舟・人留・人掃― ヒストリア,251,1-28 2015/08 日本語
谷 徹也 豊臣政権の訴訟対応―畿内・近国の村落出訴を中心に― 史林,98,2,37-69 2015/03 日本語
谷 徹也 豊臣政権の算用体制 史学雑誌,123,12,37-60 2014/12 日本語
谷 徹也 秀吉死後の豊臣政権 日本史研究,617,1-30 2014/01 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
谷 徹也(共著) 秀吉の虚像と実像(堀新・井上泰至編) 笠間書院 2016/07
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第12回「徳川奨励賞」 公益財団法人 德川記念財団 2014/12/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 中近世移行期権力の法と経済 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 分担 中世後期守護創建禅院の基礎的研究―国菩提寺と京菩提寺 2016/04/01〜
研究活動スタート支援 代表 16・17世紀における近世法形成の動態分析 2016/08/26〜2018/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
博物館実習(文化史) Practical Training at Museum (Cultural History) 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
日本史学(実習) Japanese History (Seminars) 前期 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(実習) Japanese History (Seminars) 後期 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2017/04〜2018/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
総合博物館連携教員 2016/07/28〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本史研究会 研究委員 2013/10/〜2015/10/
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
史学研究会 『史林』 2015/03/〜