佐藤 夕紀

最終更新日時: 2019/06/18 19:12:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
佐藤 夕紀/サトウ ユキ/Sato, Yuki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/薬剤部/特定助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本医療薬学会 Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences
日本薬剤学会 The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan
日本薬物動態学会 The Japanese Society of Study of Xenobiotics
日本酸化ストレス学会 Society of Free Radical Research Japan
日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(生命科学) 北海道大学
博士(生命科学) 北海道大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
北海道大学 大学院生命科学院生命科学専攻修士課程 修了
北海道大学 大学院生命科学院生命科学専攻博士課程 退学
researchmap URL
https://researchmap.jp/yukis
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
佐藤夕紀 佐藤夕紀 学校薬剤師として実施した薬物乱用防止に関する授業の工夫例 学校薬剤師として実施した薬物乱用防止に関する授業の工夫例 道学薬, 15, 35-37 道学薬, 15, 35-37 , 15, 35-37 2019/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yonezawa A, Otani Y, Kitano T, Mori M, Masui S, Isomoto Y, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Hayakari M, Takaori-Kondo A, Matsubara K Yonezawa A, Otani Y, Kitano T, Mori M, Masui S, Isomoto Y, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Hayakari M, Takaori-Kondo A, Matsubara K Yonezawa A, Otani Y, Kitano T, Mori M, Masui S, Isomoto Y, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Hayakari M, Takaori-Kondo A, Matsubara K Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Pharmaceutical research, 36, 6, 82 Pharmaceutical research, 36, 6, 82 Pharmaceutical research, 36, 6, 82 2019/04 公開
Katada Y, Nakagawa S, Nishimura A, Sato YK, Taue H, Matsumura K, Yamazaki K, Minakata K, Yano I, Omura T, Imai S, Yonezawa A, Sato Y, Nakagawa T, Minatoya K, Matsubara K Katada Y, Nakagawa S, Nishimura A, Sato YK, Taue H, Matsumura K, Yamazaki K, Minakata K, Yano I, Omura T, Imai S, Yonezawa A, Sato Y, Nakagawa T, Minatoya K, Matsubara K Katada Y, Nakagawa S, Nishimura A, Sato YK, Taue H, Matsumura K, Yamazaki K, Minakata K, Yano I, Omura T, Imai S, Yonezawa A, Sato Y, Nakagawa T, Minatoya K, Matsubara K Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 2019/04 公開
Sato Y Sato Y Sato Y [Study of Formulation Development Based on the Pharmacokinetic Properties of Functional Food Components]. [Study of Formulation Development Based on the Pharmacokinetic Properties of Functional Food Components]. [Study of Formulation Development Based on the Pharmacokinetic Properties of Functional Food Components]. Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 139, 3, 341-347 Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 139, 3, 341-347 Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 139, 3, 341-347 2019 公開
Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 2018/09 公開
Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Biological & pharmaceutical bulletin, 41, 11, 1716-1721 Biological & pharmaceutical bulletin, 41, 11, 1716-1721 Biological & pharmaceutical bulletin, 41, 11, 1716-1721 2018/08 公開
Sato Y, Joumura T, Nashimoto S, Yokoyama S, Takekuma Y, Yoshida H, Sugawara M Sato Y, Joumura T, Nashimoto S, Yokoyama S, Takekuma Y, Yoshida H, Sugawara M Sato Y, Joumura T, Nashimoto S, Yokoyama S, Takekuma Y, Yoshida H, Sugawara M Enhancement of lymphatic transport of lutein by oral administration of a solid dispersion and a self-microemulsifying drug delivery system. Enhancement of lymphatic transport of lutein by oral administration of a solid dispersion and a self-microemulsifying drug delivery system. Enhancement of lymphatic transport of lutein by oral administration of a solid dispersion and a self-microemulsifying drug delivery system. European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V, 127, 171-176 European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V, 127, 171-176 European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V, 127, 171-176 2018/06 公開
佐藤夕紀 佐藤夕紀 佐藤夕紀 機能性食品成分ルテインの製剤化による吸収改善 機能性食品成分ルテインの製剤化による吸収改善 機能性食品成分ルテインの製剤化による吸収改善 アグリバイオ, 2, 4, 411‐413 アグリバイオ, 2, 4, 411‐413 アグリバイオ, 2, 4, 411‐413 2018/04 日本語 公開
Takekuma Y, Mori A, Kobayashi M, Yamada Y, Sato Y, Narumi K, Furugen A, Sugawara M Takekuma Y, Mori A, Kobayashi M, Yamada Y, Sato Y, Narumi K, Furugen A, Sugawara M Takekuma Y, Mori A, Kobayashi M, Yamada Y, Sato Y, Narumi K, Furugen A, Sugawara M [Analysis by Using Roter Method of Interaction Process Analysis (RIAS) of the Ability of Pharmacy Students to Communicate after Clinical Training for Pharmacy]. [Analysis by Using Roter Method of Interaction Process Analysis (RIAS) of the Ability of Pharmacy Students to Communicate after Clinical Training for Pharmacy]. [Analysis by Using Roter Method of Interaction Process Analysis (RIAS) of the Ability of Pharmacy Students to Communicate after Clinical Training for Pharmacy]. Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 138, 12, 1579-1586 Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 138, 12, 1579-1586 Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 138, 12, 1579-1586 2018 公開
佐藤夕紀, 宮下元樹, 菅原満 佐藤夕紀, 宮下元樹, 菅原満 小学校の授業を通して見えてきたことと今後の課題 小学校の授業を通して見えてきたことと今後の課題 道学薬, 13, 37-40 道学薬, 13, 37-40 , 13, 37-40 2017/05 日本語 研究論文(研究会、シンポジウム資料等) 公開
Nashimoto S, Sato Y, Takekuma Y, Sugawara M Nashimoto S, Sato Y, Takekuma Y, Sugawara M Nashimoto S, Sato Y, Takekuma Y, Sugawara M Inhibitory effect of ezetimibe can be prevented by an administration interval of 4 h between α-tocopherol and ezetimibe. Inhibitory effect of ezetimibe can be prevented by an administration interval of 4 h between α-tocopherol and ezetimibe. Inhibitory effect of ezetimibe can be prevented by an administration interval of 4 h between α-tocopherol and ezetimibe. Biopharmaceutics & drug disposition, 38, 4, 280-289 Biopharmaceutics & drug disposition, 38, 4, 280-289 Biopharmaceutics & drug disposition, 38, 4, 280-289 2017/05 公開
佐藤夕紀 佐藤夕紀 佐藤夕紀 低吸収性機能性食品成分の吸収特性を考慮した消化管吸収改善のための製剤開発 低吸収性機能性食品成分の吸収特性を考慮した消化管吸収改善のための製剤開発 低吸収性機能性食品成分の吸収特性を考慮した消化管吸収改善のための製剤開発 アグリバイオ, 1, 4, 495‐498 アグリバイオ, 1, 4, 495‐498 アグリバイオ, 1, 4, 495‐498 2017/04 日本語 公開
Takekuma Y, Ishizaka H, Sumi M, Sato Y, Sugawara M Takekuma Y, Ishizaka H, Sumi M, Sato Y, Sugawara M Takekuma Y, Ishizaka H, Sumi M, Sato Y, Sugawara M Difference in the Dissolution Behaviors of Tablets Containing Polyvinylpolypyrrolidone (PVPP) Depending on Pharmaceutical Formulation After Storage Under High Temperature and Humid Conditions. Difference in the Dissolution Behaviors of Tablets Containing Polyvinylpolypyrrolidone (PVPP) Depending on Pharmaceutical Formulation After Storage Under High Temperature and Humid Conditions. Difference in the Dissolution Behaviors of Tablets Containing Polyvinylpolypyrrolidone (PVPP) Depending on Pharmaceutical Formulation After Storage Under High Temperature and Humid Conditions. Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences, 19, 4, 511-519 Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences, 19, 4, 511-519 Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences, 19, 4, 511-519 2016/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takekawa Y, Sato Y, Yamaki Y, Imai M, Noto K, Sumi M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M Takekawa Y, Sato Y, Yamaki Y, Imai M, Noto K, Sumi M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M Takekawa Y, Sato Y, Yamaki Y, Imai M, Noto K, Sumi M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M An Approach to Improve Intestinal Absorption of Poorly Absorbed Water-Insoluble Components via Niemann-Pick C1-Like 1. An Approach to Improve Intestinal Absorption of Poorly Absorbed Water-Insoluble Components via Niemann-Pick C1-Like 1. An Approach to Improve Intestinal Absorption of Poorly Absorbed Water-Insoluble Components via Niemann-Pick C1-Like 1. Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 3, 301-307 Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 3, 301-307 Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 3, 301-307 2016 公開
武隈 洋 , 高地 里佳 , 石坂 悠 , 佐藤 夕紀 , 鷲見 正人 , 菅原 満 武隈 洋 , 高地 里佳 , 石坂 悠 , 佐藤 夕紀 , 鷲見 正人 , 菅原 満 開封後のスタチン製剤の安定性に及ぼす光・温度・湿度の影響 開封後のスタチン製剤の安定性に及ぼす光・温度・湿度の影響 , 40, 3, 135-146 , 40, 3, 135-146 , 40, 3, 135-146 2014/03 公開
Sato Y, Mutoh H, Suzuki M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M Sato Y, Mutoh H, Suzuki M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M Sato Y, Mutoh H, Suzuki M, Takekuma Y, Iseki K, Sugawara M Emulsification using highly hydrophilic surfactants improves the absorption of orally administered coenzyme Q10. Emulsification using highly hydrophilic surfactants improves the absorption of orally administered coenzyme Q10. Emulsification using highly hydrophilic surfactants improves the absorption of orally administered coenzyme Q10. Biological & pharmaceutical bulletin, 36, 12, 2012-2017 Biological & pharmaceutical bulletin, 36, 12, 2012-2017 Biological & pharmaceutical bulletin, 36, 12, 2012-2017 2013/12 公開
Sato Y, Kondo Y, Sumi M, Takekuma Y, Sugawara M Sato Y, Kondo Y, Sumi M, Takekuma Y, Sugawara M Intracellular uptake mechanism of lutein in retinal pigment epithelial cells Intracellular uptake mechanism of lutein in retinal pigment epithelial cells Jounal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, 16, 3, 494-501 Jounal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, 16, 3, 494-501 , 16, 3, 494-501 2013 公開
Sato Y, Suzuki R, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Suzuki R, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Yuki Sato Involvement of cholesterol membrane transporter Niemann-Pick C1-Like 1 in the intestinal absorption of lutein Involvement of cholesterol membrane transporter Niemann-Pick C1-Like 1 in the intestinal absorption of lutein Involvement of cholesterol membrane transporter Niemann-Pick C1-Like 1 in the intestinal absorption of lutein Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, 15, 2, 256-264 Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, 15, 2, 256-264 Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, 15, 2, 256-264 2012/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sato Y, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Yuki Sato Protective effect of lutein after ischemia-reperfusion in small intestine Protective effect of lutein after ischemia-reperfusion in small intestine Protective effect of lutein after ischemia-reperfusion in small intestine Food Chemistry, 127, 3, 893-898 Food Chemistry, 127, 3, 893-898 Food Chemistry, 127, 3, 893-898 2011/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sato Y, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Kobayashi M, Itagaki S, Hirano T, Noda T, Mizuno S, Sugawara M, Iseki K Pharmacokinetic properties of lutein emulsion after oral administration to rats and effect of food intake on plasma concentration of lutein. Pharmacokinetic properties of lutein emulsion after oral administration to rats and effect of food intake on plasma concentration of lutein. Pharmacokinetic properties of lutein emulsion after oral administration to rats and effect of food intake on plasma concentration of lutein. Biopharmaceutics & drug disposition, 32, 3, 151-158 Biopharmaceutics & drug disposition, 32, 3, 151-158 Biopharmaceutics & drug disposition, 32, 3, 151-158 2011/04 公開
Sato Y, Itagaki S, Kurokawa T, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Itagaki S, Kurokawa T, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Itagaki S, Kurokawa T, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K In vitro and in vivo antioxidant properties of chlorogenic acid and caffeic acid. In vitro and in vivo antioxidant properties of chlorogenic acid and caffeic acid. In vitro and in vivo antioxidant properties of chlorogenic acid and caffeic acid. International journal of pharmaceutics, 403, 1-2, 136-138 International journal of pharmaceutics, 403, 1-2, 136-138 International journal of pharmaceutics, 403, 1-2, 136-138 2011/01 公開
Sato Y, Itagaki S, Oikawa S, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Itagaki S, Oikawa S, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K Sato Y, Itagaki S, Oikawa S, Ogura J, Kobayashi M, Hirano T, Sugawara M, Iseki K Protective effect of soy isoflavone genistein on ischemia-reperfusion in the rat small intestine. Protective effect of soy isoflavone genistein on ischemia-reperfusion in the rat small intestine. Protective effect of soy isoflavone genistein on ischemia-reperfusion in the rat small intestine. Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 9, 1448-1454 Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 9, 1448-1454 Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 9, 1448-1454 2011 公開
Itagaki S, Ogura W, Sato Y, Noda T, Hirano T, Mizuno S, Iseki K Itagaki S, Ogura W, Sato Y, Noda T, Hirano T, Mizuno S, Iseki K Itagaki S, Ogura W, Sato Y, Noda T, Hirano T, Mizuno S, Iseki K Characterization of the disposition of lutein after i.v. administration to rats. Characterization of the disposition of lutein after i.v. administration to rats. Characterization of the disposition of lutein after i.v. administration to rats. Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 10, 2123-2125 Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 10, 2123-2125 Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 10, 2123-2125 2006/10 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
佐々木真彩, 青山剛, 佐藤夕紀, 武隈洋, 菅原満 佐々木真彩, 青山剛, 佐藤夕紀, 武隈洋, 菅原満 佐々木真彩, 青山剛, 佐藤夕紀, 武隈洋, 菅原満 消化管活動性がニロチニブの吸収性に及ぼす影響 消化管活動性がニロチニブの吸収性に及ぼす影響 消化管活動性がニロチニブの吸収性に及ぼす影響 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 249 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 249 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 249 2018/06 日本語 公開
伊藤圭祐, 佐々木萌子, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 伊藤圭祐, 佐々木萌子, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 伊藤圭祐, 佐々木萌子, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールの輸送および代謝における光学異性体間相互作用の解析 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールの輸送および代謝における光学異性体間相互作用の解析 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールの輸送および代謝における光学異性体間相互作用の解析 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 4, ROMBUNNO.27C‐am03-51 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 4, ROMBUNNO.27C‐am03-51 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 4, ROMBUNNO.27C‐am03-51 2018/03 日本語 公開
平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 2018 日本語 公開
Aoyama T., Takekuma Y., Sumi M., Sato Y., Sugawara M. Aoyama T., Takekuma Y., Sumi M., Sato Y., Sugawara M. Aoyama T., Takekuma Y., Sumi M., Sato Y., Sugawara M. Continuous cytotoxic effects of BCR-ABL tyrosine kinase inhibitors (TKIs) after washout in human leukemic K562 cells. Continuous cytotoxic effects of BCR-ABL tyrosine kinase inhibitors (TKIs) after washout in human leukemic K562 cells. Continuous cytotoxic effects of BCR-ABL tyrosine kinase inhibitors (TKIs) after washout in human leukemic K562 cells. 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology 2017/09 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
佐々木萌子, 武隈洋, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 菅原満 佐々木萌子, 武隈洋, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 菅原満 佐々木萌子, 武隈洋, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 菅原満 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールのグルクロン酸抱合反応に及ぼす光学異性体相互作用の評価 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールのグルクロン酸抱合反応に及ぼす光学異性体相互作用の評価 肝遊離細胞サンドイッチ培養法を用いたカルベジロールのグルクロン酸抱合反応に及ぼす光学異性体相互作用の評価 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐am04-63 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐am04-63 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐am04-63 2017/03 日本語 公開
助畑歩, 武隈洋, 鷲見正人, 佐藤夕紀, 菅原満 助畑歩, 武隈洋, 鷲見正人, 佐藤夕紀, 菅原満 助畑歩, 武隈洋, 鷲見正人, 佐藤夕紀, 菅原満 慢性骨髄性白血病治療薬ダサチニブの消化管吸収に及ぼす消化管内pHおよびトランスポーターの影響 慢性骨髄性白血病治療薬ダサチニブの消化管吸収に及ぼす消化管内pHおよびトランスポーターの影響 慢性骨髄性白血病治療薬ダサチニブの消化管吸収に及ぼす消化管内pHおよびトランスポーターの影響 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐pm06S-66 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐pm06S-66 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.25I‐pm06S-66 2017/03 日本語 公開
宮下真美, 横山さや香, 佐藤夕紀, 武隈洋, 吉田英人, 菅原満 宮下真美, 横山さや香, 佐藤夕紀, 武隈洋, 吉田英人, 菅原満 宮下真美, 横山さや香, 佐藤夕紀, 武隈洋, 吉田英人, 菅原満 卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25I‐pm13S 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25I‐pm13S 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25I‐pm13S 2017 日本語 公開
本間直幸, 山日千明, 面すみれ, 佐藤夕紀, 菅原満, 森山隆則 本間直幸, 山日千明, 面すみれ, 佐藤夕紀, 菅原満, 森山隆則 本間直幸, 山日千明, 面すみれ, 佐藤夕紀, 菅原満, 森山隆則 可溶性ローヤルゼリー蛋白質MRJP1の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 可溶性ローヤルゼリー蛋白質MRJP1の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 可溶性ローヤルゼリー蛋白質MRJP1の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 日本未病システム学会学術総会抄録集, 22nd, 119-119 日本未病システム学会学術総会抄録集, 22nd, 119-119 日本未病システム学会学術総会抄録集, 22nd, 119-119 2015/09/10 日本語 公開
本間直幸, 山日千明, 面すみれ, 佐藤夕紀, 菅原満, 村田清志, 山口喜久二, 森山隆則 本間直幸, 山日千明, 面すみれ, 佐藤夕紀, 菅原満, 村田清志, 山口喜久二, 森山隆則 本間 直幸, 山日 千明, 面 すみれ, 佐藤 夕紀, 菅原 満, 村田 清志, 山口 喜久二, 森山 隆則 ローヤルゼリー機能性成分の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 ローヤルゼリー機能性成分の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 ローヤルゼリー機能性成分の腸管透過性評価と吸収成分の生理機能の解析 第12回日本機能性食品医用学会, 8, 5, 436-436 第12回日本機能性食品医用学会, 8, 5, 436-436 機能性食品と薬理栄養, 8, 5, 436-436 2014/12 日本語 研究発表要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
田澤佑基, 武隈洋, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 笠師久美子, 井関健, 菅原満 田澤佑基, 武隈洋, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 笠師久美子, 井関健, 菅原満 TAZAWA YUKI, TAKEKUMA YO, SATO YUKI, SUMI MASATO, KASASHI KUMIKO, ISEKI KEN, SUGAWARA MITSURU 中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析による投与量の最適化に関する検討 中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析による投与量の最適化に関する検討 中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析による投与量の最適化に関する検討 医療薬学フォーラム講演要旨集, 22nd, 242 医療薬学フォーラム講演要旨集, 22nd, 242 医療薬学フォーラム講演要旨集, 22nd, 242 2014/06 日本語 公開
佐藤 夕紀 佐藤 夕紀 機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究(Postdoctoral Award受賞講演,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究(Postdoctoral Award受賞講演,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23 , 23 2013/08/28 日本語 公開
高地里佳, 石坂悠, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 高地里佳, 石坂悠, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 TAKACHI RIKA, ISHIZAKA YU, SATO YUKI, SUMI MASATO, TAKEKUMA YO, SUGAWARA MITSURU 一包化調剤時におけるスタチン製剤の保存安定性 一包化調剤時におけるスタチン製剤の保存安定性 一包化調剤時におけるスタチン製剤の保存安定性 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29PMF-389-153 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29PMF-389-153 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29PMF-389-153 2013/03 日本語 公開
高田一輝, 田澤佑基, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 高田一輝, 田澤佑基, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 菅原満 TAKADA KAZUTERU, TAZAWA YUKI, SATO YUKI, SUMI MASATO, TAKEKUMA YO, SUGAWARA MITSURU ヌクレオシドトランスポーターの基質輸送に及ぼすエトポシドの影響 ヌクレオシドトランスポーターの基質輸送に及ぼすエトポシドの影響 ヌクレオシドトランスポーターの基質輸送に及ぼすエトポシドの影響 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM13S-78 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM13S-78 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM13S-78 2013/03 日本語 公開
小林正紀, 山田勇磨, 佐藤夕紀, 井関健 小林正紀, 山田勇磨, 佐藤夕紀, 井関健 小林正紀, 山田勇磨, 佐藤夕紀, 井関健 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 221 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 221 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 221 2012/10/10 日本語 公開
臼窪一平, 田澤佑基, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 柴山良彦, 武隈洋, 菅原満 臼窪一平, 田澤佑基, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 柴山良彦, 武隈洋, 菅原満 USUKUBO IPPEI, TAZAWA YUKI, SATO YUKI, SUMI MASATO, SHIBAYAMA YOSHIHIKO, TAKEKUMA YO, SUGAWARA MITSURU P糖蛋白質(P‐gp)発現白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果に及ぼす影響 P糖蛋白質(P‐gp)発現白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果に及ぼす影響 P糖蛋白質(P‐gp)発現白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果に及ぼす影響 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 200-200 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 200-200 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 200-200 2012/03/05 日本語 公開
田澤佑基, 松村一仙, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 重松明男, 笠師久美子, 山田武宏, 田中淳司, 橋野聡, 井関健, 今村雅寛, 菅原満 田澤佑基, 松村一仙, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 重松明男, 笠師久美子, 山田武宏, 田中淳司, 橋野聡, 井関健, 今村雅寛, 菅原満 TAZAWA YUKI, MATSUMURA KAZUNORI, SATO YUKI, SUMI MASATO, TAKEKUMA YO, SHIGEMATSU AKIO, KASASHI KUMIKO, YAMADA TAKEHIRO, TANAKA JUNJI, HASHINO SATOSHI, ISEKI KEN, IMAMURA MASAHIRO, SUGAWARA MITSURU 中等量VP‐16/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析 中等量VP‐16/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析 中等量VP‐16/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンにおけるVP‐16のPK/PD解析 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 34th, 224 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 34th, 224 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 34th, 224 2012/02/01 日本語 公開
佐藤 夕紀, 武隈 洋, 井関 健, 菅原 満 佐藤 夕紀, 武隈 洋, 井関 健, 菅原 満 佐藤 夕紀, 武隈 洋, 井関 健, 菅原 満 抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 機能性食品と薬理栄養, 7, 1, 89-89 機能性食品と薬理栄養, 7, 1, 89-89 機能性食品と薬理栄養, 7, 1, 89-89 2011/12 日本語 公開
田澤佑基, 松村一仙, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 重松明男, 笠師久美子, 山田武宏, 井関健, 今村雅寛, 菅原満 田澤佑基, 松村一仙, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 重松明男, 笠師久美子, 山田武宏, 井関健, 今村雅寛, 菅原満 TAZAWA YUKI, MATSUMURA KAZUNORI, SATO YUKI, SUMI MASATO, TAKEKUMA YO, SHIGEMATSU AKIO, KASASHI KUMIKO, YAMADA TAKEHIRO, ISEKI KEN, IMAMURA MASAHIRO, SUGAWARA MITSURU 同種造血幹細胞移植時における中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンの検討~VP‐16のPK/PD解析および培養細胞系を用いたVP‐16/CY曝露順序の検討~ 同種造血幹細胞移植時における中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンの検討~VP‐16のPK/PD解析および培養細胞系を用いたVP‐16/CY曝露順序の検討~ 同種造血幹細胞移植時における中等量エトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)/全身放射線(TBI)前処置レジメンの検討~VP‐16のPK/PD解析および培養細胞系を用いたVP‐16/CY曝露順序の検討~ TDM研究, 28, 3, S203-s203 TDM研究, 28, 3, S203-s203 TDM研究, 28, 3, S203-s203 2011/06/10 日本語 公開
田澤佑基, 松村一仙, 笠師久美子, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 井関健, 菅原満 田澤佑基, 松村一仙, 笠師久美子, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 井関健, 菅原満 TAZAWA YUKI, MATSUMURA ISSEN, KASASHI KUMIKO, SATO YUKI, SUMI MASATO, TAKEKUMA YO, ISEKI KEN, SUGAWARA MITSURU 白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果への影響 白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果への影響 白血病由来細胞を用いたエトポシド(VP‐16)/シクロホスファミド(CY)曝露順序の殺細胞効果への影響 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 178-178 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 178-178 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 178-178 2011/03/05 日本語 公開
川守田 渉, 堀田 雄也, 佐藤 夕紀, 鷲見 正人, 武隈 洋, 菅原 満 川守田 渉, 堀田 雄也, 佐藤 夕紀, 鷲見 正人, 武隈 洋, 菅原 満 川守田 渉, 堀田 雄也, 佐藤 夕紀, 鷲見 正人, 武隈 洋, 菅原 満 テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 165-165 2011/03 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
機能性食品成分ルテインとコエンザイムQ10の製剤学的工夫による消化管吸収改善 機能性食品成分ルテインとコエンザイムQ10の製剤学的工夫による消化管吸収改善 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2018/09 日本語 口頭発表(一般) 公開
日本人リウマチ患者の服薬アドヒアランスが薬物治療の効果に及ぼす影響 日本人リウマチ患者の服薬アドヒアランスが薬物治療の効果に及ぼす影響 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2018/09 日本語 口頭発表(一般) 公開
小腸オルガノイドを利用した排出系トランスポーターの基質関与探索ツールの構築 小腸オルガノイドを利用した排出系トランスポーターの基質関与探索ツールの構築 . 第13回トランスポーター研究会年会 第13回トランスポーター研究会年会 The 13th Meeting of the Japan Transporter Research Association 2018/07/21 日本語 ポスター発表 公開
小学校での薬物乱用防止教室を通して見えてきたことと今後の課題 小学校での薬物乱用防止教室を通して見えてきたことと今後の課題 北海道薬剤師会学薬部会(第65回北海道薬学大会) 北海道薬剤師会学薬部会(第65回北海道薬学大会) 2018/05/13 日本語 口頭発表(一般) 公開
オキサ酸を用いた乳剤化によるクルクミンの吸収改善と消化管への影響の評価 オキサ酸を用いた乳剤化によるクルクミンの吸収改善と消化管への影響の評価 日本薬学会北海道支部第145回例会(第65回北海道薬学大会) 日本薬学会北海道支部第145回例会(第65回北海道薬学大会) 2018/05/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10乳剤の性質とその消化管吸収性 オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10乳剤の性質とその消化管吸収性 オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10乳剤の性質とその消化管吸収性 日本薬学会第138年会 日本薬学会第138年会 日本薬学会年会要旨集 2018/03 日本語 口頭発表(一般) 公開
テアニンの製剤に含有される成分によるテアニンの消化管吸収増大機構の解明 テアニンの製剤に含有される成分によるテアニンの消化管吸収増大機構の解明 テアニンの製剤に含有される成分によるテアニンの消化管吸収増大機構の解明 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 2018 日本語 公開
Emulsification using oxa acids for oral administration and improvement of intestinal absorption of Coenzyme Q10. Emulsification using oxa acids for oral administration and improvement of intestinal absorption of Coenzyme Q10. Emulsification using oxa acids for oral administration and improvement of intestinal absorption of Coenzyme Q10. 8th Joint Meeting for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10 8th Joint Meeting for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10 8th Joint Meeting for Free Radical Research Australasia and Japan with International Symposium on Coenzyme Q10 2017/12 英語 ポスター発表 公開
ルテインの製剤化による消化管吸収改善 ルテインの製剤化による消化管吸収改善 日本薬学会北海道支部第144回例会(第64回北海道薬学大会) 日本薬学会北海道支部第144回例会(第64回北海道薬学大会) 2017/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
低吸収性を示す機能性食品成分の消化管吸収機構の解明と吸収特性を考慮した製剤開発[招待あり] 低吸収性を示す機能性食品成分の消化管吸収機構の解明と吸収特性を考慮した製剤開発 [招待あり] 日本薬学会北海道支部第144回例会(第64回北海道薬学大会) 日本薬学会北海道支部第144回例会(第64回北海道薬学大会) 2017/05 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10の乳剤化と消化管吸収改善 オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10の乳剤化と消化管吸収改善 オキサ酸を乳化剤として用いたCoenzyme Q10の乳剤化と消化管吸収改善 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 2017/03 日本語 公開
卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 卵黄レシチンを用いた自己乳化製剤によるクルクミンの消化管吸収改善 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 2017/03 日本語 公開
テアニン錠剤(速放錠・徐放錠)の溶出性および吸収性の変動要因 テアニン錠剤(速放錠・徐放錠)の溶出性および吸収性の変動要因 テアニン錠剤(速放錠・徐放錠)の溶出性および吸収性の変動要因 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 2017/03 日本語 公開
機能性食品コエンザイムQ10とルテインの消化管吸収改善 機能性食品コエンザイムQ10とルテインの消化管吸収改善 日本薬剤学会 第7回経口吸収フォーカスグループ合宿討論会 日本薬剤学会 第7回経口吸収フォーカスグループ合宿討論会 2016/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
脂質異常症治療薬エゼチミブによるα-トコフェロールの消化管吸収抑制とその回避策-ラットおよびヒト血漿中濃度推移からのアプローチ-. 脂質異常症治療薬エゼチミブによるα-トコフェロールの消化管吸収抑制とその回避策-ラットおよびヒト血漿中濃度推移からのアプローチ-. 第30回北海道TDM研究会研究発表会 第30回北海道TDM研究会研究発表会 2016/11 日本語 口頭発表(一般) 公開
正しい手の洗い方に関する授業を通して感じた工夫の必要性と今後の課題 正しい手の洗い方に関する授業を通して感じた工夫の必要性と今後の課題 第96回北海道医学大会 学校保健分科会 第51回北海道学校保健学会 第96回北海道医学大会 学校保健分科会 第51回北海道学校保健学会 2016/10 日本語 口頭発表(一般) 公開
クロスポビドンを含む錠剤の製剤処方による溶出性の違い クロスポビドンを含む錠剤の製剤処方による溶出性の違い 第26回日本医療薬学会年会 第26回日本医療薬学会年会 2016/09 日本語 口頭発表(一般) 公開
食品成分の吸収評価と改善[招待あり] 食品成分の吸収評価と改善 [招待あり] ライフサイエンスセミナー シーズ公開会 ライフサイエンスセミナー シーズ公開会 2016/07 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
コレステロールを含有する乳剤によるコエンザイムQ10の吸収改善 コレステロールを含有する乳剤によるコエンザイムQ10の吸収改善 コレステロールを含有する乳剤によるコエンザイムQ10の吸収改善 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 2016/05 日本語 公開
小学校での授業を通して見えてきたことと今後の課題 小学校での授業を通して見えてきたことと今後の課題 北海道薬剤師会学薬部会(第63回北海道薬学大会) 北海道薬剤師会学薬部会(第63回北海道薬学大会) 2016/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
脂質異常症治療薬エゼチミブによるα‐トコフェロールの消化管吸収抑制とその回避策 脂質異常症治療薬エゼチミブによるα‐トコフェロールの消化管吸収抑制とその回避策 脂質異常症治療薬エゼチミブによるα‐トコフェロールの消化管吸収抑制とその回避策 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2016/03 日本語 公開
小腸コレステロールトランスポーターNPC1L1 (Niemann-Pick C1-Like 1)を介したCoenzyme Q10の消化管吸収改善 小腸コレステロールトランスポーターNPC1L1 (Niemann-Pick C1-Like 1)を介したCoenzyme Q10の消化管吸収改善 第13回日本コエンザイムQ協会研究会 第13回日本コエンザイムQ協会研究会 2016/02 日本語 口頭発表(一般) 公開
機能性食品成分の吸収特性を考慮した製剤開発[招待あり] 機能性食品成分の吸収特性を考慮した製剤開発 [招待あり] 宮崎大学 農工連携製剤研究会 宮崎大学 農工連携製剤研究会 2016/01 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
α-トコフェロールの吸収動態に及ぼすエゼチミブの影響 α-トコフェロールの吸収動態に及ぼすエゼチミブの影響 第27回ビタミンE研究会 第27回ビタミンE研究会 2016/01 日本語 口頭発表(一般) 公開
乳剤化によるコエンザイムQ10の消化管吸収改善 乳剤化によるコエンザイムQ10の消化管吸収改善 乳剤化によるコエンザイムQ10の消化管吸収改善 日本薬剤学会第30年会 日本薬剤学会第30年会 日本薬剤学会年会講演要旨集 2015/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
エゼチミブ(ゼチーア®)が機能性食品成分α-トコフェロールの吸収に与える影響 エゼチミブ(ゼチーア®)が機能性食品成分α-トコフェロールの吸収に与える影響 エゼチミブ(ゼチーア)が機能性食品成分α-トコフェロールの吸収に与える影響 日本薬剤学会第30年会 日本薬剤学会第30年会 日本薬剤学会年会講演要旨集 2015/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
Niemann-Pick C1 Like-1 (NPC1L1)を標的とした乳剤化による難吸収性物質の吸収改善 Niemann-Pick C1 Like-1 (NPC1L1)を標的とした乳剤化による難吸収性物質の吸収改善 Niemann‐Pick C1Like‐1(NPC1L1)を標的とした乳剤化による難吸収性物質の吸収改善 日本薬学会第135年会 日本薬学会第135年会 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2015/03 日本語 口頭発表(一般) 公開
トランスポーターを介した低吸収性成分の吸収改善の可能性[招待あり] トランスポーターを介した低吸収性成分の吸収改善の可能性 [招待あり] ノーステック財団「研究開発助成事業」研究開発事例報告会 ノーステック財団「研究開発助成事業」研究開発事例報告会 2015/02 公開
Coenzyme Q10の消化管吸収改善 Coenzyme Q10の消化管吸収改善 日本コエンザイムQ協会第11回研究会 日本コエンザイムQ協会第11回研究会 2014/01 日本語 口頭発表(一般) 公開
土-10-O14-09 乳剤化による難吸収性物質の吸収改善 : コレステロール輸送担体NPC1L1の利用(薬物動態,一般演題(口頭)14,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 土-10-O14-09 乳剤化による難吸収性物質の吸収改善 : コレステロール輸送担体NPC1L1の利用(薬物動態,一般演題(口頭)14,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 第23回日本医療薬学会年会 第23回日本医療薬学会年会 2013/09 日本語 口頭発表(一般) 公開
機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究(Postdoctoral Award受賞講演,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)[招待あり] 機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究(Postdoctoral Award受賞講演,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) [招待あり] 第23回日本医療薬学会年会 第23回日本医療薬学会年会 2013/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究 機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究 機能性食品成分の体内動態特性を考慮した製剤開発に関する研究 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2013/08/28 日本語 公開
乳剤化による難吸収性物質の吸収改善~コレステロール輸送担体NPC1L1の利用~ 乳剤化による難吸収性物質の吸収改善~コレステロール輸送担体NPC1L1の利用~ 乳剤化による難吸収性物質の吸収改善~コレステロール輸送担体NPC1L1の利用~ 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2013/08/28 日本語 公開
ルテインの機能性とその活用について[招待あり] ルテインの機能性とその活用について [招待あり] 第4回「食と健康」研究会 第4回「食と健康」研究会 2013/06 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
黄斑色素成分ルテインのヒト網膜上皮細胞内への取り込み機構の解明 黄斑色素成分ルテインのヒト網膜上皮細胞内への取り込み機構の解明 黄斑色素成分ルテインのヒト網膜上皮細胞内への取り込み機構の解明 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web) 2013/04/26 日本語 公開
S1I-2-4 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動(シンポジウム S1I-2 薬学・薬剤師教育の充実、薬剤師職能の向上、医療薬学の発展のために臨床系・実務家教員は何をすべきか?,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)[招待あり] S1I-2-4 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動(シンポジウム S1I-2 薬学・薬剤師教育の充実、薬剤師職能の向上、医療薬学の発展のために臨床系・実務家教員は何をすべきか?,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) [招待あり] 第22回日本医療薬学会年会 第22回日本医療薬学会年会 2012/10 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 抗酸化作用を有する食品成分ルテインの乳化による消化管吸収改善 機能性食品と薬理栄養 機能性食品と薬理栄養 機能性食品と薬理栄養 2011/12/10 日本語 公開
機能性食品成分ルテインの乳化による消化管吸収の改善 機能性食品成分ルテインの乳化による消化管吸収の改善 機能性食品成分ルテインの乳化による消化管吸収の改善 医療薬学フォーラム講演要旨集 医療薬学フォーラム講演要旨集 医療薬学フォーラム講演要旨集 2011/07 日本語 公開
ルテインの乳化による消化管吸収改善 ルテインの乳化による消化管吸収改善 ルテインの乳化による消化管吸収改善 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 2011/03/05 日本語 公開
テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター テアニンの消化管吸収に関与するトランスポーター 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 日本薬学会年会要旨集 2011/03/05 日本語 公開
ルテインの消化管における吸収挙動:トランスポータの関与 ルテインの消化管における吸収挙動:トランスポータの関与 ルテインの消化管における吸収挙動:トランスポータの関与 薬剤学 薬剤学 薬剤学 2009/04/30 日本語 公開
ルテインの吸収・分布動態の解明 ルテインの吸収・分布動態の解明 第23回日本薬物動態学会年会 第23回日本薬物動態学会年会 2008/10 日本語 公開
ルテイン長期投与による肺蓄積機構の解明 ルテイン長期投与による肺蓄積機構の解明 ルテイン長期投与による肺蓄積機構の解明 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2008/09/01 日本語 公開
21I-13 ルテイン長期投与による肺蓄積機構の解明(薬物動態(基礎・臨床・遺伝子多型),来るべき時代への道を拓く) 21I-13 ルテイン長期投与による肺蓄積機構の解明(薬物動態(基礎・臨床・遺伝子多型),来るべき時代への道を拓く) 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2008/09/01 日本語 公開
ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に対する検討 ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に対する検討 ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に対する検討 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2007/09/01 日本語 公開
29-C1-10-4 ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に対する検討(薬物相互作用・薬物動態,社会の期待に応える医療薬学を) 29-C1-10-4 ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に対する検討(薬物相互作用・薬物動態,社会の期待に応える医療薬学を) 日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会年会講演要旨集 2007/09/01 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
菅原満, 佐藤夕紀, 武隈洋, 丸山真吾 菅原満, 佐藤夕紀, 武隈洋, 丸山真吾 吸収促進剤およびその利用 吸収促進剤およびその利用 特許出願 特願2017-40896 2017/03/03 公開
佐藤夕紀, 武隈洋, 菅原満, 櫻田剛史, 中川公太, 本城政稔 佐藤夕紀, 武隈洋, 菅原満, 櫻田剛史, 中川公太, 本城政稔 テアニンの吸収性が改善された組成物 テアニンの吸収性が改善された組成物 特許公開 特開2018-118928 2018/08/02 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 抗酸化作用を持つ低吸収性機能性食品成分の吸収改善と効果改善に向けた製剤開発 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
病院薬学特論 Advanced Hospital Pharmacy 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬剤・薬理学概論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示