赤木 剛士

最終更新日時:2016/06/07 11:35:33

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
赤木 剛士/アカギ タカシ/Takashi Akagi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻園芸科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院農学研究科 果樹園芸学研究室 Lab. Pomology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Kitashirakawa, Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto, Japan 606-8502
連絡先電話番号
種別 番号
職場 +81-75-753-6051
電子メールアドレス
メールアドレス
takashia @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
園芸学会 Japanese Society for Horticultural Science
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部資源生物科学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
修道高等学校 しゅうどうこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2011/04/01〜2011/06/30 京都大学 白眉プロジェクト Hakubi Center, Kyoto University 特定助教 Assistant Professor
2012/01/25〜2014/01/24 日本学術振興会(カリフォルニア大学デービス校) Japanese Society for the Promotion of Science (University of California Davis) 海外特別研究員 (客員研究員) Fellowship for Research Abroad (Visiting Scientist)
2011/07/01〜 京都大学 Kyoto University 助教 Assistant Professor
2015/12/1〜 科学技術振興機構 JST さきがけ研究員 PRESTO Fellow
研究テーマ
(日本語)
・カキ属の性決定機構に関する研究 ・キウイフルーツの性決定機構に関する研究 ・サクラ属のゲノム進化に関する研究 ・カキ属植物の全ゲノム解読および果実成熟に関するモデル構築
(英語)
・Study on the sex determination in Diospyros genus ・Study on the sex determination in kiwifruit ・Genomic evolution in Prunus genus ・Whole genome sequencing and construction of genome-wide model for fruit maturation in persimmons
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
果樹園芸学 Pomology
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Akagi T, Hanada T, Yaegaki H, Gradziel TM, Tao R Genome-wide view of genetic diversity reveals paths of selection and cultivar differentiation in peach domestication. DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes 2016/04
Akagi T, Henry IM, Morimoto T, Tao R Insights into the Prunus-specific S-RNase-based self-incompatibility system from a genome-wide analysis of the evolutionary radiation of S locus-related F-box genes. Plant & cell physiology 2016/04
T. Akagi; I.M. Henry; R. Tao; L. Comai A Y-chromosome–encoded small RNA acts as a sex determinant in persimmons Science,346,6209,646-650 2014/10 英語
T. Akagi; K. Kajita, T. Kibe, H. Morimura; T. Tsujimoto; S. Nishiyama; T. Kawai; H.Yamane; R. Tao Development of Molecular Markers Associated with Sexuality in Diospyros lotus L. and Their Application in D. kaki Thunb. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science ,83,3,214-221 2014/03 英語
T. Tsujimoto; T. Akagi; K. Yonemori; S. Kanzaki Development of EST-SSR markers derived from diospyros kaki Acta Horticulturae,996,133-138 2013 英語
T. Akagi; R. Tao; T. Tsujimoto; A. Kono; K. Yonemori Fine genotyping of a highly polymorphic ASTRINGENCY-linked locus reveals variable hexasomic inheritance in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) cultivars Tree Genetics and Genomes,8,1,195-204 2012/02 英語
T. Akagi; A. Katayama-Ikegami; S. Kobayashi; A. Sato; A. Kono; K. Yonemori Seasonal abscisic acid signal and a basic leucine zipper transcription factor, DkbZIP5, regulate proanthocyanidin biosynthesis in persimmon fruit Plant Physiology,158,2,1089-1102 2012 英語
R. Sasaki; H. Yamane; T. Ooka; H. Jotatsu; Y. Kitamura; T. Akagi; R. Tao Functional and expressional analyses of PmDAM genes associated with endodormancy in Japanese apricot Plant Physiology,157,1,485-497 2011/09 英語
T. Akagi; T. Tsujimoto; A. Ikegami; K. Yonemori Effects of seasonal temperature changes on DkMyb4 expression involved in proanthocyanidin regulation in two genotypes of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit Planta,233,5,883-894 2011/05 英語
A. Ikegami; S. Eguchi; T. Akagi; A. Sato; M. Yamada; S. Kanzaki; A. Kitajima; K. Yonemori Development of molecular markers linked to the allele associated with the non-astringent trait of the Chinese persimmon (Diospyros kaki Thunb.) Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,80,2,150-155 2011/04 英語
T. Akagi; A. Katayama-Ikegami; K. Yonemori Proanthocyanidin biosynthesis of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit Scientia Horticulturae,130,2,373-380 2011 英語
T. Akagi; A. Ikegami; K. Yonemori DkMyb2 wound-induced transcription factor of persimmon (Diospyros kaki Thunb.), contributes to proanthocyanidin regulation Planta,232,5,1045-1059 2010/10 英語
T. Akagi; Y. Suzuki; A. Ikegami; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo; K. Yonemori Condensed tannin composition analysis in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit by acid catalysis in the presence of excess phloroglucinol Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,79,3,275-281 2010/07 英語
S. Kanzaki; T. Akagi; T. Masuko; M. Kimura; M. Yamada; A. Sato; N. Mitani; N. Ustunomiya; K. Yonemori SCAR markers for practical application of marker-assisted selection in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) breeding Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,79,2,150-155 2010/04 英語
T. Akagi; Y. Takeda; K. Yonemori; A. Ikegami; A. Kono; M. Yamada; S. Kanzaki Quantitative genotyping for the astringency locus in hexaploid persimmon cultivars using quantitative real-time PCR Journal of the American Society for Horticultural Science,135,1,59-66 2010/01 英語
T. Akagi; A. Ikegami; T. Tsujimoto; S. Kobayashi; A. Sato; A. Kono; K. Yonemori DkMyb4 is a Myb transcription factor involved in proanthocyanidin biosynthesis in persimmon fruit Plant Physiology,151,4,2028-2045 2009/12 英語
T. Akagi; A. Ikegami; Y. Suzuki; J. Yoshida; M. Yamada; A. Sato; K. Yonemori Expression balances of structural genes in shikimate and flavonoid biosynthesis cause a difference in proanthocyanidin accumulation in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit Planta,230,5,899-915 2009/10 英語
A. Ikegami; T. Akagi; D. Potter; M. Yamada; A. Sato; K. Yonemori; A. Kitajima; K. Inoue Molecular identification of 1-Cys peroxiredoxin and anthocyanidin/flavonol 3-O-galactosyltransferase from proanthocyanidin-rich young fruits of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) Planta,230,4,841-855 2009/09 英語
T. Akagi; S. Kanzaki; M. Gao; R. Tao; D.E. Parfitt; K. Yonemori Quantitative real-time PCR to determine allele number for the astringency locus by analysis of a linked marker in Diospyros kaki Thunb Tree Genetics and Genomes,5,3,483-492 2009/07 英語
K. Yonemori; T. Akagi; S. Kanzaki Construction of a reliable PCR marker for selecting pollination constant and non-astringent (PCNA) type offspring among breeding population of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) Acta Horticulturae,839,625-629 2009 英語
A. Ikegami; T. Akagi; K. Yonemori; A. Kitajima; M. Yamada Analysis of differentially expressed genes in astringent fruit using suppression subtractive hybridization Acta Horticulturae,833,151-156 2009 英語
K. Yonemori; S. Kanzaki; C. Honsho; T. Akagi; D.E. Parfitt Phylogeny and cultivar development of Diospyros kaki: A survey based on molecular analyses Advances in Horticultural Science,22,4,261-268 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
植物で初、雌雄異株性の性決定因子を柿において発見 朝日新聞(11月1日夕刊 9面)、京都新聞(10月31日 30面)、中日新聞(10月31日 32面)、日刊工業新聞(10月31日 23面)、読売新聞(11月1日 4面)および科学新聞(11月14日 4面) 2014/10/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 カキの甘渋性に関する研究                             Study on persimmon astringency 2009〜2010
研究活動スタート支援 代表 モモ亜属の栽培化に伴うゲノム進化機構の解明 Evolutional Mechanisms for Domestication Path in Amygdalus 2011〜2012
若手研究(A) 代表 カキ果実の生育・成熟機構に関する全ゲノムワイドモデルの構築 Construction of the whole-genome-wide model for development and maturation of persimmon fruits 2014/04/01〜2018/03/31
萌芽研究 代表 カキ属のゲノム倍化に伴う重要形質多様化機構の解明 2015/04/01〜2017/03/31
二国間共同研究 代表 倍数体カキにおける性決定機構の変化に関する研究 Study on the flexible sex determination mechanisms in polyploid persimmon 2015/07/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
さきがけ 赤木剛士 カキ属をモデルとした環境応答性の性表現多様化機構の解明 2015/12/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
果樹園芸学演習 Pomology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
果樹園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Pomology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
果樹園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Pomology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
果樹園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Pomology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
果樹園芸学演習1 Pomology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
果樹園芸学演習 Pomology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
果樹ゲノム情報の活用 Utilization of Genomic Information in Fruit Trees 前期集中 全学共通科目 2015/04〜2016/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2016/04〜2017/03
果樹園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Pomology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
果樹園芸学専攻実験2 Special Laboratory Work in Pomology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
果樹園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Pomology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
果樹園芸学演習1 Pomology Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
果樹園芸学演習2 Pomology Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
果樹園芸学演習 Pomology Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示