西野 恒

最終更新日時: 2019/07/28 17:45:04

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
西野 恒/ニシノ コウ/Nishino, Ko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/知能情報学専攻知能メディア講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学情報学研究科知能情報学専攻画像メディア分野 Department of Intelligence Science and Technology, Graduate School of Kyoto University, Yoshida-Honmachi, Sakyo, Kyoto 606-8501, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-4891
電子メールアドレス
メールアドレス
kon @ i.kyoto-u.ac.jp
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
IEEE USA
ACM USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) Master of Engineering 東京大学 University of Tokyo
博士(理学) Doctor of Science 東京大学 University of Tokyo
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京大学 University of Tokyo 大学院工学系研究科電子情報工学専攻修士課程 School of Engineering Department of Information and Communication Engineering 修了
東京大学 University of Tokyo 大学院理学系研究科情報科学専攻博士課程 School of Science Department of Computer Science 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京大学 University of Tokyo 工学部電子情報工学科 Faculty of Engineering Department of Information and Communication Engineering 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2005/09/01〜2018/03/31 ドレクセル大学 Drexel University 教授 Professor
2002/09/01〜2005/08/31 コロンビア大学 Columbia University 博士研究員 Postdoctoral Research Scientist
2014/07/01〜 ペンシルベニア大学 University of Pennsylvania 客員教授 Adjunct Professor
2015/04/01〜 国立情報学研究所 National Institute of Informatics 客員教授 Adjunct Professor
個人ホームページ
URL
http://vision.ist.i.kyoto-u.ac.jp/
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-3534-3447
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023087
研究概要
(日本語)
本研究室では,コンピュータビジョン,すなわちコンピュータに視覚知能を与えるための理論的基盤とその実装,ならびに,そこから得られる知見の人間の視覚知能の解明への応用に関する研究をおこなっています.主に機械学習や光学を道具とし,単純に画像や映像を効率的に消費するための手段にとどまらない,ただ見るだけではなく,知覚として「視る」ためのコンピュータビジョンの実現を目指しています.特に「人を視る」「物を視る」「よりよく見る」、すなわち見た目に映された人の内面や考えを推し量るための視覚情報処理、物の見えから手繰りうる、行動を起こすための環境や物体属性の推定、さらには今まで得難かった視覚情報を復元抽出するための技術の開発を三つの柱として研究を進めています。
(英語)
Neural substrates dedicated to vision is said to occupy about 40 percent of the cerebral cortex. Realizing computer vision as a truly intelligent perceptual modality is fundamental for artificial intelligence, and would also inform our understanding of human visual intelligence. Towards computational visual intelligence, our research is focused on establishing the theoretical foundations and efficient implementations of computational methods for better understanding people, objects and scenes from their appearance in images and video, as well as the development of novel computational imaging systems that can see beyond what we see.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
コンピュータビジョン Computer Vision
視覚情報処理 Visual Information Processing
機械学習 Machine Learning
人工知能 Artificial Intelligence
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Hiroki Okawa, Mihiko Shimano, Yuta Asano, Ryoma Bise, Ko Nishino, Imari Sato Hiroki Okawa, Mihiko Shimano, Yuta Asano, Ryoma Bise, Ko Nishino, Imari Sato Estimation of Wetness and Color From A Single Multispectral Image Estimation of Wetness and Color From A Single Multispectral Image Estimation of Wetness and Color From A Single Multispectral Image IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First 2019/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Gabriel Schwartz and Ko Nishino Gabriel Schwartz and Ko Nishino Recognizing Material Properties from Images Recognizing Material Properties from Images Recognizing Material Properties from Images IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Online First 2019/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Thanh-Trung Ngo, Hajime Nagahara, Ko Nishino, Rin-ichiro Taniguchi and Yasushi Yagi Thanh-Trung Ngo, Hajime Nagahara, Ko Nishino, Rin-ichiro Taniguchi and Yasushi Yagi Reflectance and Shape Estimation with a Light Field Camera Under Natural Illumination Reflectance and Shape Estimation with a Light Field Camera Under Natural Illumination Reflectance and Shape Estimation with a Light Field Camera Under Natural Illumination International Journal of Computer Vision, First Online, 1-16 International Journal of Computer Vision, First Online, 1-16 International Journal of Computer Vision, First Online, 1-16 2019/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shijie Nie, Ilyes Kacher, Lin Gu, Art Subpa-asa, Imari Sato, Ko Nishino Shijie Nie, Ilyes Kacher, Lin Gu, Art Subpa-asa, Imari Sato, Ko Nishino Shijie Nie, Ilyes Kacher, Lin Gu, Art Subpa-asa, Imari Sato, Ko Nishino A Data-Driven Approach for Direct and Global Component Separation from a Single Image A Data-Driven Approach for Direct and Global Component Separation from a Single Image A Data-Driven Approach for Direct and Global Component Separation from a Single Image Asian Conference on Computer Vision Asian Conference on Computer Vision Asian Conference on Computer Vision 2018/12 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
Ko Nishino, Art Subpa-asa, Yuta Asano, Mihoko Shimano, and Imari Sato, Ko Nishino, Art Subpa-asa, Yuta Asano, Mihoko Shimano, and Imari Sato, Ko Nishino, Art Subpa-asa, Yuta Asano, Mihoko Shimano, and Imari Sato, Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera European Conference on Computer Vision European Conference on Computer Vision European Conference on Computer Vision 2018/09 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
AIで視る[招待あり] AIで視る [招待あり] 工学部オープンセミナーおよび工学部公開講座 工学部オープンセミナーおよび工学部公開講座 2019/07/27 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
コンピュータでより良く見る[招待あり] コンピュータでより良く見る [招待あり] Seeing More with Computers [招待あり] 第六回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム 第六回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム 6th Kyoto University Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium 2019/06/29 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
水と光[招待あり] 水と光 [招待あり] 玉川大学 脳科学研究所 社会神経科学共同研究拠点研究会「世界と社会における色と質感」 玉川大学 脳科学研究所 社会神経科学共同研究拠点研究会「世界と社会における色と質感」 2019/05/29 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Estimating, Recognizing, and Capturing Real-World Materials[招待あり] Estimating, Recognizing, and Capturing Real-World Materials [招待あり] Estimating, Recognizing, and Capturing Real-World Materials [招待あり] STW 2019 STW 2019 STW 2019 2019/05/14 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Freeing Computer Vision from Its Fundamental Limits[招待あり] Freeing Computer Vision from Its Fundamental Limits [招待あり] Freeing Computer Vision from Its Fundamental Limits [招待あり] Computational Color Imaging Workshop 2019 Computational Color Imaging Workshop 2019 Computational Color Imaging Workshop 2019 2019/03/27 英語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
コンピュータで視る[招待あり] コンピュータで視る [招待あり] AIITイノベーションデザインフォーラム AIITイノベーションデザインフォーラム 2019/01/29 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
コンピュータで視る未来社会[招待あり] コンピュータで視る未来社会 [招待あり] 創設80周年記念産研テクノサロンスペシャル1 創設80周年記念産研テクノサロンスペシャル1 2018/11/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
コンピュータビジョンの限界突破[招待あり] コンピュータビジョンの限界突破 [招待あり] Freeing Computer Vision from Its Fundamental Limits [招待あり] 電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会 電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会 IEICE Technical Committee Submission System 2018/10/25 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera Variable Ring Light Imaging: Capturing Transient Subsurface Scattering with An Ordinary Camera European Conference on Computer Vision European Conference on Computer Vision European Conference on Computer Vision 2018/09/12 英語 ポスター発表 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
西野 恒、佐藤いまり、浅野祐太、鄭銀強 西野 恒、佐藤いまり、浅野祐太、鄭銀強 形状測定装置及び方法 形状測定装置及び方法 特許出願 特願PCT/JP2017/036510 2017/10/06 公開
タイトル言語:
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
物体表面の光伝搬、通常カメラで可視化 京大など 日刊工業新聞 科学技術・大学 2018/09/19
京大ら,可視光下で物体表層の光の伝搬過程を可視化 OPTRONICS ONLINE 2018/09/10
通常のカメラを用いた物体表層における光伝搬の可視化に成功/可変リングライト撮像による物体表層構造の可視化手法の開発 日本の研究 注目のプレスリリース 2018/09/07
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
国際共同研究加速基金(帰国発展研究) 代表 精緻で豊かな計算機視覚の実現に向けた認識と復元の統合 2018/04/01〜2021/03/31
新学術領域(領域提案型) 分担 コンピュータビジョンで実現する多様で複雑な質感の認識機構 2018/04/01〜2019/03/31
国際共同研究加速基金(帰国発展研究) 代表 精緻で豊かな計算機視覚の実現に向けた認識と復元の統合 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域(領域提案型) 分担 コンピュータビジョンで実現する多様で複雑な質感の認識機構 2019/04/01〜2020/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
Australian Research Council Discovery Project Barton Anderson Perceiving and misperceiving the causes of optical structure 2019/01/01〜2021/12/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
コンピュータビジョン Computer Vision 後期 情報学研究科 2019/04〜2020/03
ディジタル信号処理 Digital Signal Processing 後期 工学部 2019/04〜2020/03
情報科学基礎論 Introduction to Information Science 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
情報科学基礎論 Introduction to Information Science 前期 情報学研究科 2019/04〜2020/03
パターン認識特論 Pattern Recognition, Adv. 前期 情報学研究科 2019/04〜2020/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
教務委員会委員 2018/04/01〜2019/03/31
教務委員会委員長 2019/04/01〜2020/03/31
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
International Journal of Computer Vision Associate Editor 2010〜
IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence Associate Editor 2015〜
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications Associate Editor in Chief 2017〜
Machine Vision and Applications Associate Editor 2013〜2017
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications Associate Editor 2010〜2014
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
AFCV Asian Conference on Computer Vision General Chair 2020〜
IEEE/CVF International Conference on Computer Vision Area Chair 2019〜
IAPR International Conference on Machine Vision Applications Area Chair 2019〜
IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Area Chair 2018〜
IEEE/CVF International Conference on Computer Vision Area Chair 2017〜
IEEE/CVF Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Area Chair 2017〜
AFCV Asian Conference on Computer Vision Program Chair 2016〜
IEEE/CVF International Conference on Computer Vision Area Chair 2015〜
European Conference on Computer Vision Area Chair 2014〜
AFCV Asian Conference on Computer Vision Area Chair 2014〜
IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Area Chair 2012〜
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems Area Editor 2012〜
IEEE First Workshop on Modeling, Simulation and Visual Analysis of Large Crowds Program Chair 2011〜
IEEE Applications of Computer Vision in Archaeology Publications Chair 2010〜

  • <<
  • >>
  • 表示
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Jianbo Shi University of Pennsylvania Department of Computer and Information Science USA 2018/12/12〜2019/02/28
Todd Zickler Harvard University School of Engineering and Applied Sciences USA 2019/01/01〜2019/06/30
外国人訪問者受入れ
訪問者名 所属機関名 国名 期間
Barton Anderson University of Sydney Australia 2019/06/06〜2019/06/13