武田 俊一

最終更新日時: 2019/06/14 14:46:21

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
武田 俊一/タケダ シユンイチ/Takeda, Shunichi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻遺伝医学講座放射線遺伝学/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田近衛町 Yoshidakonoecho, Sakyo-ku, Kyoto-city, Kyoto 606-8501 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-4410/4411
電子メールアドレス
メールアドレス
stakeda @ rg.med.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
癌学会 The Japan Society of Cancer Biology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
医学博士 M.D. 大阪大学 Osaka University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
大阪大学 Osaka University 大学院医学研究科博士課程(生理系) Graduate School of Medicine 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
大阪大学 Osaka University 医学部医学科 School of Medicine 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1985/04/〜1986/04/ 京都大学大学院医学研究科医化学I Graduate School of Medicine, Kyoto University 特別研究員 PD
1986/05/〜1988/04/ 京都大学大学院医学研究科医化学I Graduate School of Medicine, Kyoto University 助手 Assistant
1988/05/〜1995/3 スイス・バーゼル免疫研究所 Basel Institute for Immunology, Switzerland 研究員 Research Fellow
1995/04/〜1998/11/ 京都大学大学院医学研究科寄附講座 Graduate School of Medicine, Kyoto University 客員教授 Affiliate professor
1998/12/〜 京都大学大学院医学研究科放射線遺伝学 Department of Radiation Genetics, Graduate School of Medicine, Kyoto University 教授 Professor
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語
個人ホームページ
URL
http://rg4.rg.med.kyoto-u.ac.jp/
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0080503
研究テーマ
(日本語)
逆遺伝学的手法を用いた発がんとがん治療の分子メカニズムの研究、遺伝子破壊細胞間のプロテオソームの比較、遺伝子破壊DT40細胞を使った抗がん治療薬シーズの検索
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
DNA修復、DNA組み換え、遺伝子治療、癌の化学療法、放射線生物学 DNA repair, DNA recombination, Gene therapy, Chemotherapy of cancer, Radiation Biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Sasanuma H, Tsuda M, Morimoto S, Saha LK, Rahman MM, Kiyooka Y, Fujiike H, Cherniack AD, Itou J, Callen Moreu E, Toi M, Nakada S, Tanaka H, Tsutsui K, Yamada S, Nussenzweig A, Takeda S Sasanuma H, Tsuda M, Morimoto S, Saha LK, Rahman MM, Kiyooka Y, Fujiike H, Cherniack AD, Itou J, Callen Moreu E, Toi M, Nakada S, Tanaka H, Tsutsui K, Yamada S, Nussenzweig A, Takeda S Sasanuma H, Tsuda M, Morimoto S, Saha LK, Rahman MM, Kiyooka Y, Fujiike H, Cherniack AD, Itou J, Callen Moreu E, Toi M, Nakada S, Tanaka H, Tsutsui K, Yamada S, Nussenzweig A, Takeda S BRCA1 ensures genome integrity by eliminating estrogen-induced pathological topoisomerase II-DNA complexes. BRCA1 ensures genome integrity by eliminating estrogen-induced pathological topoisomerase II-DNA complexes. BRCA1 ensures genome integrity by eliminating estrogen-induced pathological topoisomerase II-DNA complexes. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2018/10 公開
Hu X, Wu X, Liu H, Cheng Z, Zhao Z, Xiang C, Feng X, Takeda S, Qing Y Hu X, Wu X, Liu H, Cheng Z, Zhao Z, Xiang C, Feng X, Takeda S, Qing Y Hu X, Wu X, Liu H, Cheng Z, Zhao Z, Xiang C, Feng X, Takeda S, Qing Y Genistein-induced DNA damage is repaired by nonhomologous end joining and homologous recombination in TK6 cells. Genistein-induced DNA damage is repaired by nonhomologous end joining and homologous recombination in TK6 cells. Genistein-induced DNA damage is repaired by nonhomologous end joining and homologous recombination in TK6 cells. Journal of cellular physiology Journal of cellular physiology Journal of cellular physiology 2018/08 公開
Nakazato A, Kajita K, Ooka M, Akagawa R, Abe T, Takeda S, Branzei D, Hirota K Nakazato A, Kajita K, Ooka M, Akagawa R, Abe T, Takeda S, Branzei D, Hirota K Nakazato A, Kajita K, Ooka M, Akagawa R, Abe T, Takeda S, Branzei D, Hirota K SPARTAN promotes genetic diversification of the immunoglobulin-variable gene locus in avian DT40 cells. SPARTAN promotes genetic diversification of the immunoglobulin-variable gene locus in avian DT40 cells. SPARTAN promotes genetic diversification of the immunoglobulin-variable gene locus in avian DT40 cells. DNA repair, 68, 50-57 DNA repair, 68, 50-57 DNA repair, 68, 50-57 2018/08 公開
Saha LK, Kim S, Kang H, Akter S, Choi K, Sakuma T, Yamamoto T, Sasanuma H, Hirota K, Nakamura J, Honma M, Takeda S, Dertinger S Saha LK, Kim S, Kang H, Akter S, Choi K, Sakuma T, Yamamoto T, Sasanuma H, Hirota K, Nakamura J, Honma M, Takeda S, Dertinger S Saha LK, Kim S, Kang H, Akter S, Choi K, Sakuma T, Yamamoto T, Sasanuma H, Hirota K, Nakamura J, Honma M, Takeda S, Dertinger S Differential micronucleus frequency in isogenic human cells deficient in DNA repair pathways is a valuable indicator for evaluating genotoxic agents and their genotoxic mechanisms. Differential micronucleus frequency in isogenic human cells deficient in DNA repair pathways is a valuable indicator for evaluating genotoxic agents and their genotoxic mechanisms. Differential micronucleus frequency in isogenic human cells deficient in DNA repair pathways is a valuable indicator for evaluating genotoxic agents and their genotoxic mechanisms. Environmental and molecular mutagenesis, 59, 6, 529-538 Environmental and molecular mutagenesis, 59, 6, 529-538 Environmental and molecular mutagenesis, 59, 6, 529-538 2018/07 公開
Paddock MN, Buelow BD, Takeda S, Scharenberg AM Paddock MN, Buelow BD, Takeda S, Scharenberg AM Paddock MN, Buelow BD, Takeda S, Scharenberg AM Correction: The BRCT Domain of PARP-1 Is Required for Immunoglobulin Gene Conversion. Correction: The BRCT Domain of PARP-1 Is Required for Immunoglobulin Gene Conversion. Correction: The BRCT Domain of PARP-1 Is Required for Immunoglobulin Gene Conversion. PLoS biology, 16, 3, e1002621 PLoS biology, 16, 3, e1002621 PLoS biology, 16, 3, e1002621 2018/03 公開
Rakers C, Najnin RA, Polash AH, Takeda S, Brown JB Rakers C, Najnin RA, Polash AH, Takeda S, Brown JB Rakers C, Najnin RA, Polash AH, Takeda S, Brown JB Chemogenomic Active Learning's Domain of Applicability on Small, Sparse qHTS Matrices: A Study Using Cytochrome P450 and Nuclear Hormone Receptor Families. Chemogenomic Active Learning's Domain of Applicability on Small, Sparse qHTS Matrices: A Study Using Cytochrome P450 and Nuclear Hormone Receptor Families. Chemogenomic Active Learning's Domain of Applicability on Small, Sparse qHTS Matrices: A Study Using Cytochrome P450 and Nuclear Hormone Receptor Families. ChemMedChem, 13, 6, 511-521 ChemMedChem, 13, 6, 511-521 ChemMedChem, 13, 6, 511-521 2018/03 公開
Sanada Y, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Masunaga SI Sanada Y, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Masunaga SI Sanada Y, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Masunaga SI Disruption of Hif-1α enhances cytotoxic effects of metformin in murine squamous cell carcinoma. Disruption of Hif-1α enhances cytotoxic effects of metformin in murine squamous cell carcinoma. Disruption of Hif-1α enhances cytotoxic effects of metformin in murine squamous cell carcinoma. International journal of radiation biology, 94, 1, 88-96 International journal of radiation biology, 94, 1, 88-96 International journal of radiation biology, 94, 1, 88-96 2018/01 公開
Ooka M, Abe T, Cho K, Koike K, Takeda S, Hirota K Ooka M, Abe T, Cho K, Koike K, Takeda S, Hirota K Ooka M, Abe T, Cho K, Koike K, Takeda S, Hirota K Chromatin remodeler ALC1 prevents replication-fork collapse by slowing fork progression. Chromatin remodeler ALC1 prevents replication-fork collapse by slowing fork progression. Chromatin remodeler ALC1 prevents replication-fork collapse by slowing fork progression. PloS one, 13, 2, e0192421 PloS one, 13, 2, e0192421 PloS one, 13, 2, e0192421 2018 公開
Çaglayan M, Prasad R, Krasich R, Longley MJ, Kadoda K, Tsuda M, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Copeland WC, Wilson SH Çaglayan M, Prasad R, Krasich R, Longley MJ, Kadoda K, Tsuda M, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Copeland WC, Wilson SH Çaglayan M, Prasad R, Krasich R, Longley MJ, Kadoda K, Tsuda M, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Copeland WC, Wilson SH Complementation of aprataxin deficiency by base excision repair enzymes in mitochondrial extracts. Complementation of aprataxin deficiency by base excision repair enzymes in mitochondrial extracts. Complementation of aprataxin deficiency by base excision repair enzymes in mitochondrial extracts. Nucleic acids research, 45, 17, 10079-10088 Nucleic acids research, 45, 17, 10079-10088 Nucleic acids research, 45, 17, 10079-10088 2017/09 公開
Tsuda M, Cho K, Ooka M, Shimizu N, Watanabe R, Yasui A, Nakazawa Y, Ogi T, Harada H, Agama K, Nakamura J, Asada R, Fujiike H, Sakuma T, Yamamoto T, Murai J, Hiraoka M, Koike K, Pommier Y, Takeda S, Hirota K Tsuda M, Cho K, Ooka M, Shimizu N, Watanabe R, Yasui A, Nakazawa Y, Ogi T, Harada H, Agama K, Nakamura J, Asada R, Fujiike H, Sakuma T, Yamamoto T, Murai J, Hiraoka M, Koike K, Pommier Y, Takeda S, Hirota K Tsuda M, Cho K, Ooka M, Shimizu N, Watanabe R, Yasui A, Nakazawa Y, Ogi T, Harada H, Agama K, Nakamura J, Asada R, Fujiike H, Sakuma T, Yamamoto T, Murai J, Hiraoka M, Koike K, Pommier Y, Takeda S, Hirota K ALC1/CHD1L, a chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair. ALC1/CHD1L, a chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair. ALC1/CHD1L, a chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair. PloS one, 12, 11, e0188320 PloS one, 12, 11, e0188320 PloS one, 12, 11, e0188320 2017 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
細野嘉史,関政幸,阿部拓也,石合正道,武田俊一,石井裕,高田穣,榎本武美 細野嘉史,関政幸,阿部拓也,石合正道,武田俊一,石井裕,高田穣,榎本武美 細野嘉史,関政幸,阿部拓也,石合正道,武田俊一,石井裕,高田穣,榎本武美 “RecQLS ヘリガーゼのDNA クロスリンク修復における役割” “RecQLS ヘリガーゼのDNA クロスリンク修復における役割” “RecQLS ヘリガーゼのDNA クロスリンク修復における役割” 第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 2012 日本語 公開
細野嘉史, 阿部卓也,石合正道,多田周右,武田俊一, 高田穣, 関政幸,榎本武美 細野嘉史, 阿部卓也,石合正道,多田周右,武田俊一, 高田穣, 関政幸,榎本武美 細野嘉史, 阿部卓也,石合正道,多田周右,武田俊一, 高田穣, 関政幸,榎本武美 「DNA ヘリカーゼRECQL5 のDNA 組換え・修復における機能の解析」 「DNA ヘリカーゼRECQL5 のDNA 組換え・修復における機能の解析」 「DNA ヘリカーゼRECQL5 のDNA 組換え・修復における機能の解析」 第33 回日本分子生物学会年会 2010 年12 月 第33 回日本分子生物学会年会 2010 年12 月 第33 回日本分子生物学会年会 2010 年12 月 2010 日本語 公開
北尾洋之,ナンタインドラジッド,木野村愛子,山添光芳,シュミットマイケル,武田俊一,吉永敬士, 前原喜彦,高田穣 北尾洋之,ナンタインドラジッド,木野村愛子,山添光芳,シュミットマイケル,武田俊一,吉永敬士, 前原喜彦,高田穣 北尾洋之,ナンタインドラジッド,木野村愛子,山添光芳,シュミットマイケル,武田俊一,吉永敬士, 前原喜彦,高田穣 「ヘリカーゼ欠損により生じるゲノム不安定性表現型」 「ヘリカーゼ欠損により生じるゲノム不安定性表現型」 「ヘリカーゼ欠損により生じるゲノム不安定性表現型」 第67 回日本癌学会学術総会 2008 年10 月 名古屋市 第67 回日本癌学会学術総会 2008 年10 月 名古屋市 第67 回日本癌学会学術総会 2008 年10 月 名古屋市 2008 日本語 公開
田野恵三,Paul Chastain,園田英一朗,永田憲司,足立典隆,小山秀機,武田俊一,渡邉正己,中村純 田野恵三,Paul Chastain,園田英一朗,永田憲司,足立典隆,小山秀機,武田俊一,渡邉正己,中村純 田野恵三,Paul Chastain,園田英一朗,永田憲司,足立典隆,小山秀機,武田俊一,渡邉正己,中村純 Fen-1欠損細胞における酸化塩基損傷修復過程の単鎖切断修復能および脱塩基サイトの修復能とカスペース依存的な細胞死について Fen-1欠損細胞における酸化塩基損傷修復過程の単鎖切断修復能および脱塩基サイトの修復能とカスペース依存的な細胞死について Fen-1欠損細胞における酸化塩基損傷修復過程の単鎖切断修復能および脱塩基サイトの修復能とカスペース依存的な細胞死について 第28回日本分子生物学会年会 第28回日本分子生物学会年会 第28回日本分子生物学会年会 2005 日本語 公開
タイトル言語:
産業財産権 (特許)
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
発明者 武田俊一、廣田耕志(独立行政法人農業生物資源研究所) 発明者 武田俊一、廣田耕志(独立行政法人農業生物資源研究所) 発明者 武田俊一、廣田耕志(独立行政法人農業生物資源研究所) 遺伝的に改変された細胞を製造する方法 遺伝的に改変された細胞を製造する方法 遺伝的に改変された細胞を製造する方法 特許出願 特願特願2009-138902 2009/06/10 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(S) 代表 遺伝子破壊細胞を使った、化学物質の生物効果をハイスループットに解析するシステム 2011/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 次世代プロテオミクスを使った、ユビキチン化によるDNA修復制御機構の生化学的解析 2011/04/01〜2013/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 高効率で簡易な遺伝子ターゲッティング技術の開発 2013〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 高効率で簡易な遺伝子ターゲッティング技術の開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(S) 代表 遺伝子破壊細胞を使った、化学物質の生物効果をハイスループットに解析するシステム (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(S) 代表 遺伝子破壊細胞を使った、化学物質の生物効果をハイスループットに解析するシステム (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト細胞のゲノム全体でDNA複製の全起点と終結点を解析する国際共同研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(A) 代表 ヒトゲノム編集細胞を使った、化学物質の薬理作用・有害性を解析するシステムの構築 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(S) 代表 ヒトゲノム編集細胞を使った、化学物質の薬理作用・有害性を解析するシステムの構築 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
化学物質リスク研究事業 代表 化審法で規定された変異原性検出試験(チミジンキナーゼ試験)を改善する手法での開発(平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト細胞のゲノム全体でDNA複製の全起点と終結点を解析する国際共同研究 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(S) 代表 ヒトゲノム編集細胞を使った、化学物質の薬理作用・有害性を解析するシステムの構築 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
化学物質リスク研究事業 代表 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
化学物質リスク研究事業 代表 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(S) 代表 ヒトゲノム編集細胞を使った、化学物質の薬理作用・有害性を解析するシステムの構築 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
JST戦略的国際科学技術協力推進事業 武田俊一 DNA損傷応答機構の遺伝子破壊株を使った、プロテオソーム解析による抗がん治療の為の標的分子の同定 2010/04/01〜2013/03/31
研究拠点形成事業 A.先端拠点形成型 武田 俊一 ビッグデータ解析による診断・治療法開発の国際共同研究ネットワーク (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
研究拠点形成事業 A.先端拠点形成型 武田 俊一 ビッグデータ解析による診断・治療法開発の国際共同研究ネットワーク (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
研究拠点形成事業 A.先端拠点形成型 武田 俊一 ビッグデータ解析による診断・治療法開発の国際共同研究ネットワーク (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基礎医学生物学
放射線生物学
B8 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2013/04〜2014/03
放射線生物学 Radiation Biology 前期不定 医学研究科 2013/04〜2014/03
体験的医学研究入門 Hands-on medical research experience 前期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2014/04〜2015/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2014/04〜2015/03
放射線生物学 Radiation Biology 前期不定 医学研究科 2014/04〜2015/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries 通年集中 医学研究科 2014/04〜2015/03
短期海外インターンシップ Internship in foreign countries 通年 工学研究科 2014/04〜2015/03
体験的医学研究入門 Hands-on medical research experience 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2015/04〜2016/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2015/04〜2016/03
放射線生物学 Radiation Biology 前期不定 医学研究科 2015/04〜2016/03
短期海外インターンシップ Internship in foreign countries 通年 工学研究科 2015/04〜2016/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries 通年集中 医学研究科 2015/04〜2016/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2016/04〜2017/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2016/04〜2017/03
放射線生物学 Radiation Biology 前期不定 医学研究科 2016/04〜2017/03
短期海外インターンシップ Internship in foreign countries 通年 工学研究科 2016/04〜2017/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries 通年集中 医学研究科 2016/04〜2017/03
B2b 生化学実習 Laboratory Course in Biochemistry 前期 医学部 2017/04〜2018/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2017/04〜2018/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2017/04〜2018/03
放射線生物学 Radiation Biology 前期不定 医学研究科 2017/04〜2018/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries (LIMS) 通年集中 医学研究科 2017/04〜2018/03
B2b 生化学実習 Laboratory Course in Biochemistry 前期 医学部 2018/04〜2019/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2018/04〜2019/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2018/04〜2019/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries (LIMS) 通年集中 医学研究科 2018/04〜2019/03
B2b 生化学実習 Laboratory Course in Biochemistry 前期 医学部 2019/04〜2020/03
B8a 放射線生物学 Radiation Biology 前期 医学部 2019/04〜2020/03
B8b 放射線生物学実習 Laboratory Course in Radiation Biology 前期 医学部 2019/04〜2020/03
短期海外インターンシップ(LIMS) Internship in Foreign Countries (LIMS) 通年集中 医学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
衛生学・公衆衛生学 大阪医科大学 2019/04/01〜2020/03/31
金沢大学
全学運営(役職等)
役職名 期間
教務体制委員
放射性同位元素等管理委員会 委員 2008/04/01〜2011/02/28
教育制度委員会 委員 2008/04/01〜2011/03/31
教養教育専門委員会 委員 2009/04/01〜2011/03/31
国際交流推進機構協議会・幹事
医学部で申請した組織的若手派遣プログラムのコーディネータ
外国人留学生奨学金等選考委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
国際交流推進機構協議会 2011/04/01〜2013/03/31
国際交流推進機構協議会・幹事会 2011/04/01〜2013/03/31
京都大学公開講座等企画委員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
京都大学公開講座等企画委員会 委員 2013/04/01〜2014/03/31
国際交流推進機構協議会・幹事会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
外国人留学生奨学金等選考委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
京都大学国際交流推進機構協議会 協議員 2011/04/01〜2013/06/17
京都大学国際交流推進機構協議会幹事会 協議員 2011/04/01〜2013/06/17
国際関係危機管理体制検討ワーキング 委員 2014/09/19〜
外国人留学生奨学金等選考委員会 3号委員 2015/04/01〜2017/03/31
国際教育委員会留学生受入専門委員会外国人留学生奨学金等選考小委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員 2017/04/01〜2018/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会交換留学小委員会 委員 2018/04/01〜2019/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2019/04/01〜2021/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員 2019/04/01〜2020/03/31
放射性同位元素等専門委員会 委員 2019/04/01〜2021/03/31
放射性同位元素総合センター共同利用検討委員会 2018/04/01〜2020/03/31
国際学生交流委員会 2019/04/01〜2021/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
教育体制委員会・委員
教育制度委員会・委員
医学研究科医科学専攻運営委員会・委員長
医の倫理委員会小委員会・委員
国際交流委員会・委員 〜2020/09/30
医の倫理委員会(親委員会)・委員
動物実験施設運営委員会
医学研究科・医学部放射性同位元素等管理委員会
医学研究科等安全衛生委員会 2013/04/01〜2020/03/31
医学研究科運営委員会 〜2014/09/30
医学部学務委員会 2012/05/10〜2018/03/31
放射性同位元素等管理委員会
環境安全保健機構附属放射性同位元素総合センター共同利用検討委員会 2016/04/01〜2018/03/31
放射線障害防止委員会

  • <<
  • >>
  • 表示