杉本 邦久

最終更新日時: 2019/06/16 12:59:03

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
杉本 邦久/スギモト クニヒサ/Sugimoto, Kunihisa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
高等研究院/物質-細胞統合システム拠点/特定准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府京都市左京区吉田本町 iCeMS Research Building, Yoshida-Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-9825
全学電子メールアドレス
sugimoto.kunihisa.4s @ kyoto-u.ac.jp
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) Master of Science 近畿大学 Kindai University
博士(理学) Doctor of Science 近畿大学 Kindai University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
近畿大学 Kindai University 大学院化学研究科化学専攻博士前期課程 Graduate School of Science and Engineering Chemistry 修了
近畿大学 Kindai University 大学院化学研究科化学専攻博士後期課程 Graduate School of Science and Engineering Chemistry 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
近畿大学 Kindai University 理工学部化学科 Faculty of Science and Engineering Department of Chemistry 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
京都府立鴨沂高等学校 きょうとふりつおうきこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2000/04/01〜2008/03/31 理学電機株式会社 Rigaku Corporation 研究員 Research Scientist
2005/04/01〜2007/03/31 マックスプランク固体物理学研究所 Max Planck Institute for Solid State Reseach 博士研究員 Postdoctoral Researcher
2008/04/01〜2018/03/31 高輝度光科学研究センター Japan Synchrotron Radiation Research Institute 研究員 Research Scientist
2008/04/01〜2016/03/31 理化学研究所 RIKEN SPring-8 Center 客員研究員 Visiting Resercher
2014/05/01〜 神戸大学大学院 Kobe University 客員准教授 Visiting Associate Professor
2018/04/01〜2018/10/31 高輝度光科学研究センター Japan Synchrotron Radiation Research Institute 主幹研究員 Sinior Researcher
2018/11/01〜 高輝度光科学研究センター Japan Synchrotron Radiation Research Institute チームリーダー・主幹研究員 Team Leader & Sinior Researcher
2019/01/01〜 京都大学 Kyoto University 特定准教授 Associate Professor
2019/04/01〜 東北大学 Tohoku University 客員教授 Visiting Professor
プロフィール
(日本語)
結晶性試料を用いた電子密度分布レベルの精密解析を駆使することにより、 機能・物性の起源の解明を目的とした研究・開発を行っています。
(英語)
I am conducting to understand an origin of functional materials through charge density study using synchrotron radiation X-ray.
researchmap URL
https://researchmap.jp/kunihisa_sugimoto
研究テーマ
(日本語)
放射光を用いた電子密度分布レベルの精密解析による実用材料の機能・物性の起源の解明
(英語)
Elucidation of origin of functional materials through charge density study using synchrotron radiation X-ray
研究概要
(日本語)
世の中で役に立つ物質をより良い性質にするためには、その構造を原子・分子のレベルで詳しく理解することが大変重要です。物質はX線で構造を決めることができ、シンクロトロン放射光がもたらす大強度のX線を使うことによって、目に見えない程度の小さい1粒の結晶から構造を知ることも可能です。放射光を使った精密な実験により実働下での電子の振る舞いを直接観察できる新しい構造計測・解析の手法の研究を行っています。
(英語)
To develop useful function materials in the world, it is so important to understand the details of structure in atomic scale. The structure of materials can determine using X-ray. Especially, high flux synchrotron radiation X-rays can visualize very tiny material grain like invisible by eyes. We are conducting research on a new measurement and analysis method that enables direct observation of electron behavior under actual operation by precise experiment using synchrotron radiation X-rays.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
X線結晶学 X-ray Crystallography
放射光科学 Synchrotron Science
金属錯体化学 Metal Coordination Chemistry
量子ビーム応用 Quantum Beam Application