市瀬 夏洋

最終更新日時:2017/11/17 17:15:59

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
市瀬 夏洋/イチノセ ナツヒロ/Natsuhiro Ichinose
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/知能情報学専攻脳認知科学講座/助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都市左京区吉田本町 Yoshida-Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, JAPAN
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(工学)                         東京大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京大学 大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程 修了
東京電機大学 大学院工学研究科電子工学専攻修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京電機大学 工学部第一部電子工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
生命情報学、特にDNA配列解析および遺伝子ネットワークに関する研究に従 事。記号力学系を用いたプロモータ配列からのモチーフ抽出法の開発を行っ た。また、遺伝子ネットワークの力学系モデルを提案し、発現データからネッ トワークを再構成を再構成する手法を開発した。近年は、ゲノムのコンテンツ 情報の視覚化や、遺伝子ネットワークの数理的解析に関する研究を行っている。
(英語)
His research interests include bioinformatics, especially DNA sequence analysis and gene networks. He developed a method of motif discovery based on symbolic dynamics. He proposed a dynamical model of gene networks and developed a reconstruction method of networks from real expression data. Currently, he works on visualization of genome-content information, and mathematical analysis of gene networks.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
バイオインフィマティクス Bioinformatics
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用ゲノム科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
ICHINOSE N, YADA T, WADA H Estimating optimal sparseness of developmental gene networks using a semi-quantitative model PLOS ONE,12,4,e0176492 2017 英語
Ichinose N, Komuro M Delayed feedback control and phase reduction of unstable quasi-periodic orbits. Chaos (Woodbury, N.Y.),24,3,033137 2014/09
Ichinose N, Yada T, Gotoh O Tetrahedral gray code for visualization of genome information. PloS one,9,1,e86133 2014
Ueshima T, Kawamoto T, Honda KK, Noshiro M, Fujimoto K, Nakao S, Ichinose N, Hashimoto S, Gotoh O, Kato Y Identification of a new clock-related element EL-box involved in circadian regulation by BMAL1/CLOCK and HES1. Gene,510,2,118-125 2012/12
Ichinose N, Yada T, Gotoh O Large-scale motif discovery using DNA Gray code and equiprobable oligomers. Bioinformatics (Oxford, England),28,1,25-31 2012/01
Tsukada M, Ichinose N, Aihara K, Ito H, Fujii H Dynamical Cell Assembly Hypothesis - Theoretical Possibility of Spatio-temporal Coding in the Cortex. Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society,9,8,1303-1350 1996/11
N. Ichinose; T. Yada; O. Gotoh; K. Aihara Reconstruction of transcription-translation dynamics with a model of gene networks Journal of Theoretical Biology,255,4,378-386 2008/12/21 英語
N. Ichinose; K. Aihara; K. Judd Extending the concept of isochrons from oscillatory to excitable systems for modeling an excitable neuron International Journal of Bifurcation and Chaos in Applied Sciences and Engineering,8,12,2375-2385 1998 英語
Natsuhiro Ichinose; Kazuyuki Aiharai Analysis of pulse propagation dynamics in asynchronous chaotic neural networks Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi),78,11,52-59 1995 英語
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ichinose N, Komuro M Multiple delayed feedback control of discrete-time quasi-periodic orbits IFAC-PapersOnLine,48,18,211-214 2015 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Natuhiro Ichinose; Kazuyuki Aihara; Yoichi Okabe Analysis of coincidence detector networks IEEE International Conference on Neural Networks - Conference Proceedings,3,1525-1529 1995 英語
Natsuhiro Ichinose; Kazuyuki Aihara; Makoto Kotani Analysis on dynamics of pulse propagation networks Proceedings of the International Joint Conference on Neural Networks,3,2315-2318 1993 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
萌芽研究 代表 転写制御の符号論的理解  2008〜2010
基盤B 分担 転写制御ネットワークの頑健性と柔軟性、相転移の実験的検証 2015〜2018
基盤B 分担 大量シークエンシング時代に向けた新規配列比較法の開発 2010〜2012
特別領域 分担 遺伝子・タンパク質系ダイナミクスの非線形システム的理解 2000〜2004
奨励研究A 代表 神経回路網を基にしたスパイク列による複合通信に関する研究 2000〜2001
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
最先端研究開発支援プログラム 合原一幸 複雑系数理モデル学の基礎理論構築とそ の分野横断的科学技術応用 2009〜2013
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生命情報学基礎論 Introduction to Bioinformatics 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
システム運用WG 2017/04/01〜2018/03/31
情報セキュリティWG 2017/04/01〜2018/03/31