飯田 敦夫

最終更新日時: 2019/04/19 09:07:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
飯田 敦夫/イイダ アツオ/Iida, Atsuo
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/再生組織構築研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学専攻 再生増殖制御学 助教
医学研究科 医科学専攻 再生増殖制御学 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 Department of Growth Regulation, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University, Kawahara-cho 53, Shogo-in, Kyoto 606-8507, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
atsuo @ frontier.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
日本発生生物学会 The Japanese Society of Developmental Biologists
日本動物学会 The Zoological Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 名古屋大学
博士(理学) 名古屋大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
名古屋大学 大学院理学研究科博士課程前期生命理学専攻 修了
名古屋大学 大学院理学研究科博士課程後期生命理学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
名古屋大学 理学部生命理学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
名古屋市立向陽高等学校 なごやしりつこうようこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-0138-5366
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ゼブラフィッシュ、胎生魚、発生学 Zebrafish, Livebearer, Developmental biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Iida A Iida A Iida A Male-specific asymmetric curvature of anal fin in a viviparous teleost, Xenotoca eiseni Male-specific asymmetric curvature of anal fin in a viviparous teleost, Xenotoca eiseni Male-specific asymmetric curvature of anal fin in a viviparous teleost, Xenotoca eiseni Zoology, 134, 1-7 Zoology, 134, 1-7 Zoology, 134, 1-7 2019/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Rho SS, Kobayashi I, Oguri-Nakamura E, Ando K, Fujiwara M, Kamimura N, Hirata H, Iida A, Iwai Y, Mochizuki M, Fukuhara S* Rho SS, Kobayashi I, Oguri-Nakamura E, Ando K, Fujiwara M, Kamimura N, Hirata H, Iida A, Iwai Y, Mochizuki M, Fukuhara S* Rho SS, Kobayashi I, Oguri-Nakamura E, Ando K, Fujiwara M, Kamimura N, Hirata H, Iida A, Iwai Y, Mochizuki M, Fukuhara S* Rap1b Promotes Notch Signal-Mediated Hematopoietic Stem Cell Development by Enhancing Integrin-Mediated Cell Adhesion Rap1b Promotes Notch Signal-Mediated Hematopoietic Stem Cell Development by Enhancing Integrin-Mediated Cell Adhesion Rap1b Promotes Notch Signal-Mediated Hematopoietic Stem Cell Development by Enhancing Integrin-Mediated Cell Adhesion Developmental Cell, 49, 1-16 Developmental Cell, 49, 1-16 Developmental Cell, 49, 1-16 2019/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Gunawan F, Gentile A, Fukuda R, Tsedeke AT, Jimenez-Amilburu V, Ramadass R, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Stainier D* Gunawan F, Gentile A, Fukuda R, Tsedeke AT, Jimenez-Amilburu V, Ramadass R, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Stainier D* Gunawan F, Gentile A, Fukuda R, Tsedeke AT, Jimenez-Amilburu V, Ramadass R, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Stainier D* Focal adhesions are essential to drive zebrafish heart valve morphogenesis. Focal adhesions are essential to drive zebrafish heart valve morphogenesis. Focal adhesions are essential to drive zebrafish heart valve morphogenesis. Journal of Cell Biology, 218, 3, 1039-1054 Journal of Cell Biology, 218, 3, 1039-1054 Journal of Cell Biology, 218, 3, 1039-1054 2019 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A*, Wang Z, Hirata H, Sehara-Fujisawa A Iida A*, Wang Z, Hirata H, Sehara-Fujisawa A Iida A*, Wang Z, Hirata H, Sehara-Fujisawa A Integrin β1 activity is required for cardiovascular formation in zebrafish. Integrin β1 activity is required for cardiovascular formation in zebrafish. Integrin β1 activity is required for cardiovascular formation in zebrafish. Genes to Cells, 12641 Genes to Cells, 12641 Genes to Cells, 12641 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Itou J, Tanaka S, Li W, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Sato F, Toi M Itou J, Tanaka S, Li W, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Sato F, Toi M Itou J, Tanaka S, Li W, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Sato F, Toi M The Sal-like 4 - integrin α6β1 network promotes cell migration for metastasis via activation of focal adhesion dynamics in basal-like breast cancer cells The Sal-like 4 - integrin α6β1 network promotes cell migration for metastasis via activation of focal adhesion dynamics in basal-like breast cancer cells The Sal-like 4 - integrin α6β1 network promotes cell migration for metastasis via activation of focal adhesion dynamics in basal-like breast cancer cells BBA Molecular Cell Research, 1864, 76-88 BBA Molecular Cell Research, 1864, 76-88 BBA Molecular Cell Research, 1864, 76-88 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Inoue T†, Iida A†, Maegawa S, Sehara-Fujisawa A, Kinoshita M Inoue T†, Iida A†, Maegawa S, Sehara-Fujisawa A, Kinoshita M Inoue T†, Iida A†, Maegawa S, Sehara-Fujisawa A, Kinoshita M Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages Development, Growth & Differentiation, 58, 12324 Development, Growth & Differentiation, 58, 12324 Development, Growth & Differentiation, 58, 12324 2016/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tokumasu Y†, Iida A†, Wang Z, Ansai S, Kinoshita M, Sehara-Fujisawa A Tokumasu Y†, Iida A†, Wang Z, Ansai S, Kinoshita M, Sehara-Fujisawa A Tokumasu Y†, Iida A†, Wang Z, Ansai S, Kinoshita M, Sehara-Fujisawa A ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects Development, Growth & Differentiation, 58, 12286 Development, Growth & Differentiation, 58, 12286 Development, Growth & Differentiation, 58, 12286 2016/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Nishimaki T, Sehara-Fujisawa A. Iida A, Nishimaki T, Sehara-Fujisawa A. Iida A, Nishimaki T, Sehara-Fujisawa A. Prenatal regression of the trophotaenial placenta in a viviparous fish, Xenotoca eiseni Prenatal regression of the trophotaenial placenta in a viviparous fish, Xenotoca eiseni Prenatal regression of the trophotaenial placenta in a viviparous fish, Xenotoca eiseni Scientific Reports, 5, 7855 Scientific Reports, 5, 7855 Scientific Reports, 5, 7855 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Sakaguchi K, Sato K, Sakurai H, Nishimura D, Iwaki A, Takeuchi M, Kobayashi M, Misaki K, Yonemura S, Kawahara A, Sehara-Fujisawa A. Iida A, Sakaguchi K, Sato K, Sakurai H, Nishimura D, Iwaki A, Takeuchi M, Kobayashi M, Misaki K, Yonemura S, Kawahara A, Sehara-Fujisawa A. Iida A, Sakaguchi K, Sato K, Sakurai H, Nishimura D, Iwaki A, Takeuchi M, Kobayashi M, Misaki K, Yonemura S, Kawahara A, Sehara-Fujisawa A. Metalloprotease-Dependent Onset of Blood Circulation in Zebrafish Metalloprotease-Dependent Onset of Blood Circulation in Zebrafish Metalloprotease-Dependent Onset of Blood Circulation in Zebrafish Current Biology, 20, 1110-1116 Current Biology, 20, 1110-1116 Current Biology, 20, 1110-1116 2010 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Shimada A, Shima A, Takamatsu N, Hori H, Takeuchi K, Koga A. Iida A, Shimada A, Shima A, Takamatsu N, Hori H, Takeuchi K, Koga A. Iida A, Shimada A, Shima A, Takamatsu N, Hori H, Takeuchi K, Koga A. Targeted reduction of the DNA methylation level with 5-azacytidine promotes excision of the medaka fish Tol2 Targeted reduction of the DNA methylation level with 5-azacytidine promotes excision of the medaka fish Tol2 Targeted reduction of the DNA methylation level with 5-azacytidine promotes excision of the medaka fish Tol2 Genetical Research, 87, 187-193 Genetical Research, 87, 187-193 Genetical Research, 87, 187-193 2006 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koga A, Iida A, Hori H, Shimada A, Shima A. Koga A, Iida A, Hori H, Shimada A, Shima A. Koga A, Iida A, Hori H, Shimada A, Shima A. Vertebrate DNA Transposon as a Natural Mutator: The Medaka Fish Tol2 Element Contributes to Genetic Variation without Recognizable Traces. Vertebrate DNA Transposon as a Natural Mutator: The Medaka Fish Tol2 Element Contributes to Genetic Variation without Recognizable Traces. Vertebrate DNA Transposon as a Natural Mutator: The Medaka Fish Tol2 Element Contributes to Genetic Variation without Recognizable Traces. Molecular biology and evolution, 23, 1414-1419 Molecular biology and evolution, 23, 1414-1419 Molecular biology and evolution, 23, 1414-1419 2006 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Takamatsu N, Hori H, Wakamatsu Y, Shimada A, Shima A, Koga A. Iida A, Takamatsu N, Hori H, Wakamatsu Y, Shimada A, Shima A, Koga A. Iida A, Takamatsu N, Hori H, Wakamatsu Y, Shimada A, Shima A, Koga A. Reversion mutation of i(b) oculocutaneous albinism to wild-type pigmentation in medaka fish Reversion mutation of i(b) oculocutaneous albinism to wild-type pigmentation in medaka fish Reversion mutation of i(b) oculocutaneous albinism to wild-type pigmentation in medaka fish Pigment Cell Research, 18, 382-384 Pigment Cell Research, 18, 382-384 Pigment Cell Research, 18, 382-384 2005 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Inagaki H, Suzuki M, Wakamatsu Y, Hori H, Koga A. Iida A, Inagaki H, Suzuki M, Wakamatsu Y, Hori H, Koga A. Iida A, Inagaki H, Suzuki M, Wakamatsu Y, Hori H, Koga A. The tyrosinase gene of the i(b) albino mutant of the medaka fish carries a transposable element insertion in the promoter region The tyrosinase gene of the i(b) albino mutant of the medaka fish carries a transposable element insertion in the promoter region The tyrosinase gene of the i(b) albino mutant of the medaka fish carries a transposable element insertion in the promoter region Pigment Cell Research, 17, 158-164 Pigment Cell Research, 17, 158-164 Pigment Cell Research, 17, 158-164 2004 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iida A, Tachibana A, Hamada S, Hori H and Koga A. Iida A, Tachibana A, Hamada S, Hori H and Koga A. Iida A, Tachibana A, Hamada S, Hori H and Koga A. Low transposition frequency of the medaka fish Tol2 transposable element. element may be due to extranuclear localization of its transposase Low transposition frequency of the medaka fish Tol2 transposable element. element may be due to extranuclear localization of its transposase Low transposition frequency of the medaka fish Tol2 transposable element. element may be due to extranuclear localization of its transposase Genes Genetics Systems, 79, 119-124 Genes Genetics Systems, 79, 119-124 Genes Genetics Systems, 79, 119-124 2004 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koga A, Iida A, Kamiya M, Hayashi R, Hori H, Ishikawa Y, Tachibana A. Koga A, Iida A, Kamiya M, Hayashi R, Hori H, Ishikawa Y, Tachibana A. Koga A, Iida A, Kamiya M, Hayashi R, Hori H, Ishikawa Y, Tachibana A. The medaka fish Tol2 transposable element can undergo excision in human and mouse cells The medaka fish Tol2 transposable element can undergo excision in human and mouse cells The medaka fish Tol2 transposable element can undergo excision in human and mouse cells Journal of Human Genetics, 48, 231-235 Journal of Human Genetics, 48, 231-235 Journal of Human Genetics, 48, 231-235 2003 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
飯田敦夫 飯田敦夫 グーデア科胎生魚における胎仔の栄養供給機構 グーデア科胎生魚における胎仔の栄養供給機構 比較内分泌学, 44, 164, 82 比較内分泌学, 44, 164, 82 , 44, 164, 82 2018/05 日本語 研究論文 公開
飯田 敦夫 飯田 敦夫 Atsuo Iida, Atsuko Sehara-Fujisawa ADAM8による血液循環開始の制御 ADAM8による血液循環開始の制御 ADAM8-dependent onset of blood circulation in zebrafish 生化学, 82, 10, 921-930 生化学, 82, 10, 921-930 Seikagaku, 82, 10, 921-930 2010 日本語 研究論文 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
赤ちゃんを産む魚「グーデア科胎生魚」の話 赤ちゃんを産む魚「グーデア科胎生魚」の話 城西大学コロキウム 城西大学コロキウム 2018/04 公開
自分の研究にユニーク生物を採用し、同志を募って研究会を作った話[招待あり] 自分の研究にユニーク生物を採用し、同志を募って研究会を作った話 [招待あり] 第42回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(若手企画シンポジウム) 第42回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(若手企画シンポジウム) 2017/11 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
小型魚類ゼブラフィッシュを使った発生機構の研究 小型魚類ゼブラフィッシュを使った発生機構の研究 第2回次世代生命科学の研究会 第2回次世代生命科学の研究会 2017/07 日本語 公開
グーデア科胎生魚の研究を1人で0から始めてみた話 グーデア科胎生魚の研究を1人で0から始めてみた話 北里大学『特別講義Ⅱ』 北里大学『特別講義Ⅱ』 2017/07 公開
ゼブラフィッシュを用いた血管・血球分化の研究 ゼブラフィッシュを用いた血管・血球分化の研究 第3回血管生物若手研究会 第3回血管生物若手研究会 2017/03 日本語 公開
Analysis of non-mammalian viviparous vertebrate using a livebearer fish Xenotoca eiseni Analysis of non-mammalian viviparous vertebrate using a livebearer fish Xenotoca eiseni 第22回国際動物学会 第87回日本動物学会 合同大会 第22回国際動物学会 第87回日本動物学会 合同大会 2016/11 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
クラウドファンディングってなんだろう?[招待あり] クラウドファンディングってなんだろう? [招待あり] 早稲田大学理工学術院総合研究所 アーリーバードプログラム 早稲田大学理工学術院総合研究所 アーリーバードプログラム 2016/02 日本語 公開
Prenatal regression of trophotaenial placenta is regulated by apoptosis in a livebearer fish, Xenotoca eiseni. Prenatal regression of trophotaenial placenta is regulated by apoptosis in a livebearer fish, Xenotoca eiseni. BMB2015 BMB2015 2015/12 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて非哺乳類で獲得された胎生形質を探る グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて非哺乳類で獲得された胎生形質を探る 第2回脳科学セミナー(青山学院大学) 第2回脳科学セミナー(青山学院大学) 2015/10 公開
グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて、非哺乳類で獲得された胎生形質を探る グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて、非哺乳類で獲得された胎生形質を探る IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 2015/06 公開
グーデア科胎生魚で見られた栄養リボンのアポトーシス グーデア科胎生魚で見られた栄養リボンのアポトーシス 日本動物学会近畿支部会 研究発表会 日本動物学会近畿支部会 研究発表会 2015/05 日本語 口頭発表(一般) 公開
グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniの胎仔が持つ『へその緒ではない』構造物の話 グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniの胎仔が持つ『へその緒ではない』構造物の話 甲南大学統合ニューロバイオロジー研究所セミナー 甲南大学統合ニューロバイオロジー研究所セミナー 2015/03 公開
真胎生魚ハイランドカープの胎仔発生 真胎生魚ハイランドカープの胎仔発生 日本動物学会 第85回仙台大会 日本動物学会 第85回仙台大会 2014/09 日本語 口頭発表(一般) 公開
透明の魚でピカピカ光る細胞を視る! 透明の魚でピカピカ光る細胞を視る! 武蔵野美術大学『自然科学』 武蔵野美術大学『自然科学』 2014/06 公開
胎生魚Xenotoca eiseniの初期発生と交尾事情 胎生魚Xenotoca eiseniの初期発生と交尾事情 大阪大学大学院理学研究科セミナー 大阪大学大学院理学研究科セミナー 2014/06 公開
A transmembrane metalloprotease ADAM10a regulates behaviors of primitive erythroblasts and vascular formation in zebrafish development.[招待あり] A transmembrane metalloprotease ADAM10a regulates behaviors of primitive erythroblasts and vascular formation in zebrafish development. [招待あり] 第36回日本血栓止血学会学術集会 学術推進委員会(SPC)シンポジウム 第36回日本血栓止血学会学術集会 学術推進委員会(SPC)シンポジウム 2014/05 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
メダカのトランスポゾンTol2の内在性転移について メダカのトランスポゾンTol2の内在性転移について 奈良先端科学技術大学院大学セミナー 奈良先端科学技術大学院大学セミナー 奈良先端科学技術大学院大学 奈良先端科学技術大学院大学 2013/07 日本語 公開
遺伝子組換えゼブラフィッシュを使って体の構造を生きたまま観察する 遺伝子組換えゼブラフィッシュを使って体の構造を生きたまま観察する 武蔵野美術大学『自然科学IA/IB』 武蔵野美術大学『自然科学IA/IB』 2013/06 公開
膜型プロテアーゼADAM8による血液循環開始の制御 膜型プロテアーゼADAM8による血液循環開始の制御 IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム 名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム 2012/06 日本語 公開
小型魚類をモデルとした血液循環開始のライブイメージング 小型魚類をモデルとした血液循環開始のライブイメージング 京都大学・ライカマイクロシステムズイメージングセンター開設記念セミナー 京都大学・ライカマイクロシステムズイメージングセンター開設記念セミナー ライカマイクロシステムズ、京都大学再生医科学研究所 ライカマイクロシステムズ、京都大学再生医科学研究所 2011/06 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
飯田敦夫(神田真司 編) 飯田敦夫(神田真司 編) 遺伝子から解き明かす「魚」の不思議な世界 遺伝子から解き明かす「魚」の不思議な世界 一色出版 一色出版 2019/05 分担執筆 公開
飯田敦夫(平田普三&飯田敦夫 編) 飯田敦夫(平田普三&飯田敦夫 編) Atsuo Iida (eds. Hirata H & Iida A) Zebrafish, Medaka, and Other Small Fishes ; New Model Animals in Biology, Medicine, and Beyond Zebrafish, Medaka, and Other Small Fishes ; New Model Animals in Biology, Medicine, and Beyond Zebrafish, Medaka, and Other Small Fishes ; New Model Animals in Biology, Medicine, and Beyond Springer Springer Springer 2018/11 共編者 公開
飯田敦夫 飯田敦夫 実験医学『連載「私の実験動物、やっぱり個性派です!」』 実験医学『連載「私の実験動物、やっぱり個性派です!」』 羊土社 羊土社 2018/02 監修 公開
飯田敦夫 飯田敦夫 実験医学『連載「私の実験動物、個性派です!」』 実験医学『連載「私の実験動物、個性派です!」』 羊土社 羊土社 2016/02 監修 公開
飯田敦夫(近藤寿人&黒岩厚 編) 飯田敦夫(近藤寿人&黒岩厚 編) Atsuo Iida (Kondo H & Kuroiwa A, eds.) New Principles in Developmental Processes New Principles in Developmental Processes New Principles in Developmental Processes Springer Springer Springer 2014/03 分担執筆 公開
飯田敦夫, 瀬原淳子 飯田敦夫, 瀬原淳子 Iida A & Sehara A ADAM8プロテアーゼによる血液循環開始の制御 ADAM8プロテアーゼによる血液循環開始の制御 ADAM8-dependent onset of blood circulation. [Article in Japanese] 日本臨床増刊号 冠動脈疾患(上)-診断と治療の進歩- 日本臨床増刊号 冠動脈疾患(上)-診断と治療の進歩- Nihon Rinsho 2011/09 共著 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
血管生物医学若手優秀賞 日本血管生物医学会 2017/03/04
日本細胞生物学会若手優秀発表賞 日本細胞生物学会 2011
日本病態プロテアーゼ学会 若手奨励賞 Young Researchers Award 日本病態プロテアーゼ学会 Japan Society for Proteases in Pathophysiology 2010
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
「栄養リボン」仕組み解明 科学新聞 2面 2015/02/13
母体で育つ稚魚 へその緒状の管 日本経済新聞 夕刊14面 2015/01/21
子供で生まれる魚「へその緒」実は・・・ 産経新聞 朝刊27面 2015/01/20
親の栄養”リボン”で吸収 京都新聞 朝刊28面 2015/01/20
血液循環 赤血球切り離され開始 朝日新聞 夕刊4面 2010/06/10
血流開始 酵素が決め手 毎日新聞 2面 2010/06/04
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
第2回”帰ってきた”ムシvs.サカナ 2017/09/29
第3回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会 2017/08/25
第2回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会 2016/08/21
萌える生物学 –不思議な生物&生命現象を調べ尽くす人々- 2015/09/21
ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会 2015/08/19
医学・生物系研究の実験モデル動物がタイマン対決「ムシ vs. サカナ」 2017/08/29
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究B 代表 細胞接着を基盤とした赤芽球の血管内侵入機構の解析 2016/04/01〜2019/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 真胎生魚をモデルとして一次造血機構の意義と進化を探る 2012〜2013
新学術領域研究/公募班 代表 赤血球ー血管内皮細胞の相互作用に基づいた血液循環の成立機構を解明する 2011〜2012
若手研究(B) 代表 外部刺激に応答した魚類の感覚器の形成・維持機構の解明 2008〜2009
若手研究(B) 代表 細胞接着を基盤とした赤芽球の血管内侵入機構の解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 細胞接着を基盤とした赤芽球の血管内侵入機構の解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
藤原記念財団 少壮研究者奨励金 飯田 敦夫 形態形成および疾患における膜型プロテアーゼADAMの機能を小型魚類ゼブラフィッシュを用いて解析する 2015〜2016/__/__
上原記念生命科学財団 研究奨励金 飯田敦夫 赤血球を起源とする新規の血管新生制御機構 2012〜2012
国際科学技術財団研究助成 飯田敦夫 初期発生で血液循環が始まるまでの血管・血球の相互作用の解明 2011〜2011
京都大学若手研究者ステップアップ研究費 飯田敦夫 個体を用いたライブイメージングを基盤として血管新生に必要な細胞間クロストークを解明する 2011〜2011
京都大学若手研究者スタートアップ研究費 飯田敦夫 血液循環の開始機構を生きた脊椎動物で解析する 2010〜2010
成茂動物科学振興基金 飯田敦夫 発生における血液循環が始まる仕組みの解明 2010〜2010
京都大学若手研究者スタートアップ研究費 飯田敦夫 神経伸長に関わる増殖因子の細胞外領域切断の制御機構に関する研究 2006〜2006
部局運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2016/10/01〜
国際交流委員会 委員
化学物質管理委員会 委員 2016/10/01〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本発生生物学会 2013年秋期シンポジウム プログラム委員 2013/11/18〜2013/11/20
小型魚類研究会 The 18th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting プログラム委員 2013/09/20〜2013/09/21
小型魚類研究会 The 18th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting 事務 2012/09/22〜2012/09/23
新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成」 第1回若手の会 実行委員 2012/03/17〜2012/03/18
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
日本動物学会 第88回 富山大会 ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会のシンポジウム〜その動物種でしか解明できない現象がそこにある〜 2017/09/21
ICZ22 ZSJ87 joint meeting Non-conventional animal models surfing the new waves of cutting-edge technologies 2016/11/18
BMB2015 ワークショップ「Frontier fish sciences」 2015/12/02
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
日本動物学会 第88回 富山大会 動物学ひろば「水の中に住んでいる面白い生き物たち 〜おさかな&プランクトン研究の紹介〜」 2017/09/23〜
第 38回日本分子生物学会年会、第 88回日本生化学会大会 合同大会 BMB2015 フォーラム「経験もお金も人脈も無い若手が自分の妄想を企画化するにはどうしたらいいのだろうか?」 2015/12/03〜
日本動物学会 第85回 仙台大会 動物学ひろば 2014/09/〜
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
京都大学アカデミックデイ「座談会」 研究者の本音、メディアの事情、市民の視線 〜科学記事をめぐる3者協議〜 2017/09/30
京都大学アカデミックデイ「ポスター対話」 サカナを使った蛍光イメージング 2017/09/30
やさしい科学技術セミナー(JAPAN PRIZE) 光る魚で細胞を”視”る〜蛍光イメージングってなんだろう?〜 2017/09/02
やさしい科学技術セミナー(JAPAN PRIZE) 光る魚で細胞を”視”る〜蛍光イメージングってなんだろう?〜 2016/07/30
ワークショップ「どう活かす?新しい研究のすすめ方 オープンサイエンス」 市民が科学者に資金的に協力する〜では『市民』とは誰か?〜 2016/01/08
京都大学アカデミックデイ「ポスター対話」 赤ちゃんを産む!魅惑の胎生魚ワールド 2015/10/04
第2回博物ふぇすてぃばる! 魚が妊娠して、赤ちゃんを産む 2015/08/08
京都大学アカデミックデイ「ポスター対話」 お腹の中で子供を育てるサカナ 2014/09/
京都大学アカデミックデイ「ポスター対話」 魚の“ 細胞 ”や“ 組織 ”を覗き見しよう 2013/12/21
NASCサイエンスカフェ 透明で光る魚をつかって体の仕組みを探る 2013/07/
WEcafe vol.29「魚夜~サカナイト~」 受精卵から魚のかたちができるまで 2012/10/27
京都大学アカデミックデイ「ポスター対話」 魚を使って体の仕組みを探る 2012/09/02
福井県立若狭高等学校『学問体験講座』 光る魚で細胞を"視"る~からだの仕組みを探る蛍光観察~ 2012/07/13
第211回やさしい科学技術セミナー(国際科学技術財団) 光る魚で細胞を"視"る 〜ライブイメージングの最前線〜 2011/08/03

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
ガクモンからエンタメ☆優秀賞 第2回博物ふぇすてぃばる! 2015/08/09
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
腹のなかで子供を育てる魚の生態の一端を解明 月刊化学2015年3月号 化学掲示板 2015/02/13
「光る魚で細胞を視る」 京大で科学技術セミナー 京都新聞 京日記 2011/08/04
生きた個体で観察する血球の起源 実験医学2105年1月号 News & Hot Paper 2011/01/