井上 謙一

最終更新日時:2017/07/06 20:53:59

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
井上 謙一/イノウエ ケンイチ/Kenichi Inoue
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
霊長類研究所/神経科学研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 霊長類学講座 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 愛知県犬山市官林41-2 41-2 Kanrin, Inuyama, Aichi 484-8506, Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経科学会 The Japan Neuroscience Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(生命科学) 東北大学
博士(生命科学) 東北大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2006/4〜2009/9 独立行政法人 科学技術振興機構 (JST) Japan Science and Technology Agency 戦略的創造事業(CREST)研究員 Researcher
2009/9〜2013/6 京都大学霊長類研究所 Primate Rearch Institute, Kyoto University 特定助教 Assistant Professor
プロフィール
(日本語)
新規遺伝子導入・操作手法の開発と、高次脳機能解析や精神・神経疾患の克服研究への応用を目指し研究を行っています。
(英語)
Development of pathway-selective cell manipulation method and their application to studies on higher-order brain functions. Basic studies on the pathogenesis and the treatments in basal ganglia disorders.
個人ホームページ
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/sections/systems_neuroscience/
研究テーマ
(日本語)
・新規遺伝子導入・操作手法の開発と、高次脳機能解析や精神・神経疾患の克服研究への応用 ・大脳皮質ー大脳基底核連関、大脳皮質ー小脳連関の情報処理様式の解明
(英語)
Development of pathway-selective cell manipulation method and their application to studies on higher-order brain functions. Basic studies on the pathogenesis and the treatments in basal ganglia disorders.
研究概要
(日本語)
新規神経ネットワーク解析システムをを駆使して、大脳基底核を巡る神経ネットワークの構造と機能を明らかにする研究を行っています。大脳基底核の入力部である線条体には、大脳皮質や視床からのグルタミン酸作動性投射や黒質からのドーパミン作動性投射が複雑に入り交じって入力しており、その情報処理様式については未だ不明な点が多いのが実情です。一方で、古くからパーキンソン病などの運動疾患における線条体の機能異常が指摘されていますが、近年では、学習・意欲障害、あるいはうつ病、統合失調症など、多くの精神疾患で線条体の神経伝達異常が注目されています。これら多様な疾患病態の発現を説明する線条体のネットワーク機構についても詳細な解析はなされていません。そこで、私は新規に開発する研究手法を利用して大脳基底核における入出力情報処理様式を解析し、個別の投射系の動作原理と機能的役割を知ることによって、大脳皮質─大脳基底核連関が果たす高次脳機能の発現・制御機構を解明したいと考えています。また、大脳基底核神経回路の機能異常が関係する精神・神経疾患の病態解明や治療法の開発にも取り組んでいます。
(英語)
Development of pathway-selective cell manipulation method and their application to studies on higher-order brain functions. Basic studies on the pathogenesis and the treatments in basal ganglia disorders.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
神経科学 Neuroscience
大脳基底核 Basal ganglia
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
神経科学一般
神経解剖学・神経病理学
神経・筋肉生理学
認知科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tanabe S, Inoue KI, Tsuge H, Uezono S, Nagaya K, Fujiwara M, Kato S, Kobayashi K, Takada M The use of an optimized chimeric envelope glycoprotein enhances the efficiency of retrograde gene transfer of a pseudotyped lentiviral vector in the primate brain. Neuroscience research,120,45-52 2017/07
Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H High-Speed and Scalable Whole-Brain Imaging in Rodents and Primates. Neuron,94,6,1085-1100.e6 2017/06
Saga Y, Nakayama Y, Inoue K, Yamagata T, Hashimoto M, Tremblay L, Takada M, Hoshi E Visuomotor signals for reaching movements in the rostro-dorsal sector of the monkey thalamic reticular nucleus. European Journal Neuroscience,45,9,1186-1199 2017/05 英語
Nagai Y, Kikuchi E, Lerchner W, Inoue KI, Ji B, Eldridge MA, Kaneko H, Kimura Y, Oh-Nishi A, Hori Y, Kato Y, Hirabayashi T, Fujimoto A, Kumata K, Zhang MR, Aoki I, Suhara T, Higuchi M, Takada M, Richmond BJ, Minamimoto T PET imaging-guided chemogenetic silencing reveals a critical role of primate rostromedial caudate in reward evaluation. Nature communications,7,13605 2016/12
Kobayashi Kenta, Kato Shigeki, Inoue Ken-ichi, Takada Masahiko, Kobayashi Kazuto, Manfredsson FP Altering Entry Site Preference of Lentiviral Vectors into Neuronal Cells by Pseudotyping with Envelope Glycoproteins Methods in molecular biology,1382,175-186 2016/02 英語
Ishida Hiroaki, Inoue Ken-ichi, Takada Masahiko, Hoshi Eiji Origins of multisynaptic projections from the basal ganglia to the forelimb region of the ventral premotor cortex in macaque monkeys European Journal of Neuroscience,43,2,258-269 2016/01
Kimura K, Inoue KI, Kuroiwa Y, Tanaka F, Takada M Propagated but Topologically Distributed Forebrain Neurons Expressing Alpha-Synuclein in Aged Macaques. PloS one,11,11,e0166861 2016
Inoue K, Takada M, Matsumoto M Neuronal and behavioural modulations by pathway-selective optogenetic stimulation of the primate oculomotor system. Nature communications,6,8378 2015/09
Ito T, Inoue K, Takada M Distribution of glutamatergic, GABAergic, and glycinergic neurons in the auditory pathways of macaque monkeys. Neuroscience 2015/09
Hiraoka M, Inoue K, Senoo H, Takada M Morphological study of the accommodative apparatus in the monkey eye. Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007),298,3,630-636 2015/03
Hirata Y, Miyachi S, Inoue K, Ninomiya T, Takahara D, Hoshi E, Takada M Dorsal area 46 is a major target of disynaptic projections from the medial temporal lobe. Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991),23,12,2965-2975 2013/12
T. Yoshida; S. Suzuki; Y. Iwasaki; A. Kaneko; A. Saito; Y. Enomoto; A. Higashino; A. Watanabe; J. Suzuki; K. Inoue; T. Kuroda; M. Takada; R. Ito; M. Ito; H. Akari Efficient in vivo depletion of CD8<sup>+</sup> T lymphocytes in common marmosets by novel CD8 monoclonal antibody administration Immunology Letters,154,1-2,12-17 2013/07 英語
S. Miyachi; Y. Hirata; K.-I. Inoue; X. Lu; A. Nambu; M. Takada Multisynaptic projections from the ventrolateral prefrontal cortex to hand and mouth representations of the monkey primary motor cortex Neuroscience Research,76,3,141-149 2013/07 英語
M. Hiraoka; T. Kuroda; K. Inoue; H. Senoo; M. Takada Developmental Anatomy in the Zonular Connection with Lens Capsule in Macaque Eye Anatomical Record,296,5,726-735 2013/05 英語
M. Takada; K.-I. Inoue; D. Koketsu; S. Kato; K. Kobayashi; A. Nambu Elucidating information processing in primate basal ganglia circuitry: A novel technique for pathway-selective ablation mediated by immunotoxin Frontiers in Neural Circuits,7,SEP,140 2013 英語
D. Takahara; K.-I. Inoue; Y. Hirata; S. Miyachi; A. Nambu; M. Takada; E. Hoshi Multisynaptic projections from the ventrolateral prefrontal cortex to the dorsal premotor cortex in macaques - anatomical substrate for conditional visuomotor behavior European Journal of Neuroscience,36,10,3365-3375 2012/11 英語
T. Ninomiya; H. Sawamura; K. Inoue; M. Takada Segregated pathways carrying frontally derived top-down signals to visual areas MT and V4 in macaques Journal of Neuroscience,32,20,6851-6858 2012/05 英語
Hiraoka M, Inoue K, Ninomiya T, Takada M Ischaemia in the Zinn-Haller circle and glaucomatous optic neuropathy in macaque monkeys. The British journal of ophthalmology,96,4,597-603 2012/04
M. Hiraoka; K. Inoue; H. Kawano; M. Takada Localization of Papillofoveal Bundles in Primates Anatomical Record,295,2,347-354 2012/02 英語
Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A, Takada M Immunotoxin-mediated tract targeting in the primate brain: selective elimination of the cortico-subthalamic "hyperdirect" pathway. PloS one,7,6,e39149 2012
T. Ninomiya; H. Sawamura; K.-i. Inoue; M. Takada Multisynaptic Inputs from the Medial Temporal Lobe to V4 in Macaques PLoS ONE,7,12,e52115 2012 英語
K. Kobayashi; S. Kato; M. Kuramochi; K. Takasumi; K. Kobayashi; K.-I. Inoue; D. Takahara; S. Hitoshi; K. Ikenaka; T. Shimada; M. Takada Neuron-specific gene transfer through retrograde transport of lentiviral vector pseudotyped with a novel type of fusion envelope glycoprotein Human Gene Therapy,22,12,1511-1523 2011/12 英語
T. Ninomiya; H. Sawamura; K.-I. Inoue; M. Takada Differential architecture of multisynaptic geniculo-cortical pathways to V4 and MT Cerebral Cortex,21,12,2797-2808 2011/12 英語
S. Kato; K. Kobayashi; K.-I. Inoue; M. Kuramochi; T. Okada; H. Yaginuma; K. Morimoto; T. Shimada; M. Takada; K. Kobayashi A lentiviral strategy for highly efficient retrograde gene transfer by pseudotyping with fusion envelope glycoprotein Human Gene Therapy,22,2,197-206 2011/02 英語
Y. Saga; Y. Hirata; D. Takahara; K. Inoue; S. Miyachi; A. Nambu; J. Tanji; M. Takada; E. Hoshi Origins of multisynaptic projections from the basal ganglia to rostrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor area in macaques European Journal of Neuroscience,33,2,285-297 2011/01 英語
M. Hiraoka; K.-I. Inoue; C. Ohtaka-Maruyama; S. Ohsako; N. Kojima; H. Senoo; M. Takada Intracapsular organization of ciliary zonules in monkey eyes Anatomical Record,293,10,1797-1804 2010/10 英語
M. Hashimoto; D. Takahara; Y. Hirata; K.-I. Inoue; S. Miyachi; A. Nambu; J. Tanji; M. Takada; E. Hoshi Motor and non-motor projections from the cerebellum to rostrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor cortex in macaques European Journal of Neuroscience,31,8,1402-1413 2010/04 英語
Ohara S, Inoue K, Yamada M, Yamawaki T, Koganezawa N, Tsutsui KI, Witter MP, Iijima T. Dual transneuronal tracing in the rat entorhinal-hippocampal circuit by intracerebral injection of recombinant rabies virus vectors. Front Neuroanat. 3:1-11,3,1 2009 英語
Ohara S, Inoue K, Witter MP, Iijima T. Untangling neural networks with dual retrograde transsynaptic viral infection. Front Neurosci. 3:344-349.,3,3,344-349 2009 英語
S. Kato; K.-I. Inoue; K. Kobayashi; Y. Yasoshima; S. Miyachi; S. Inoue; H. Hanawa; T. Shimada; M. Takada; K. Kobayashi Efficient gene transfer via retrograde transport in rodent and primate brains using a human immunodeficiency virus type 1-based vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein Human Gene Therapy,18,11,1141-1151 2007/11 英語
M. Takayama-Ito; K.-i. Inoue; Y. Shoji; S. Inoue; T. Iijima; T. Sakai; I. Kurane; K. Morimoto A highly attenuated rabies virus HEP-Flury strain reverts to virulent by single amino acid substitution to arginine at position 333 in glycoprotein Virus Research,119,2,208-215 2006/08 英語
Khawplod P, Inoue K, Shoji Y, Wilde H, Ubol S, Nishizono A, Kurane I, Morimoto K A novel rapid fluorescent focus inhibition test for rabies virus using a recombinant rabies virus visualizing a green fluorescent protein. Journal of virological methods,125,1,35-40 2005/04
K.-I. Inoue; Y. Shoji; I. Kurane; T. Iijima; T. Sakai; K. Morimoto An improved method for recovering rabies virus from cloned cDNA Journal of Virological Methods,107,2,229-236 2003/02 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Inoue K, Miyachi S, Nishi K, Okado H, Nagai Y, Minamimoto T, Nambu A, Takada M Prevention of MPTP-induced parkinsonism by recruitment of calbindin into nigral dopamine neurons. The 12th International Basal Ganglia Society Meeting – IBAGS 2017 2017/03 英語
上園志織、柘植仁美、田辺創思、藤原真紀、長屋七奈、長屋清美、井上謙一、高田昌彦 狂犬病ウイルスベクターを用いた逆行性越シナプス的ラベル法によるマーモセット帯状皮質への入力様式の解明:大脳基底核からの入力について 第112回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017/03 日本語
Tsuge H, Uezono S, Tanabe S, Fujiwara M, Sugawara M, Miwa M, Konoike N, Kato S, Nakamura K, Kobayashi K, Inoue K, Takada M The lentiviral vector pseudotyped with FuG-E glycoprotien is more suitable, compared with FuG-B2, for retrograde gene transfer in the cortical input system of primate brains. 2016/12 英語
Sugawara M, *Tanabe S, Uezono S, Tsuge H, Fujiwara M, Miwa M, Konoike N, Kato S, Nakamura K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K Differences in efficiency of retrograde gene transfer and cytotoxity between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains. 2016/12 英語
Ishida H, Inoue K, Takada M, Hoshi E Multisynaptic projections from the basal nucleus of the amygdala to the ventral premotor cortex in macaque monkeys. Neuroscience 2016 2016/11 英語
Fujiwara M, Tanabe S, Tsuge H, Uezono S, Nagaya K, Sugawara M, Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Takada M Use of an optimized chimeric envelope glycoprotein enhances the efficiency of retrograde gene transfer of a pseudotyped lentiviral vector in the primate brain. Neuroscience 2016 2016/11 英語
Suzuki M, Inoue K, Nakagawa H, Takada M, Isa T, Nishimura Y Motivation center in the ventral midbrain directly activates the descending motor pathways via the primary motor cortex. 2016/07 英語
Ishida M, Inoue K, Takada M, Hoshi E Origin of multisynaptic projections from the amygdala to the forelimb region of the ventral premotor cortex in macaque monkeys. 2016/07 英語
K.W. McCairn, Ninomiya T, Nagai Y, Go Y, Inoue K, Kimura K, Matsumoto M, Minamimoto M, Isoda M, Takada M Investigations of spontaneously naturally emerging parkinsonism-cerebellar syndromein an aged Japanese macaque (Macaca fuscata yakui): a potential analogue of multiplesystem atrophy. 2016/07 英語
Tsuge H, Uezono S, Tanabe S, Fujiwara M, Nagaya K, Sugawara M, Miwa M, Konoike N, Kato S, Nakamura K, Kobayashi K, Inoue K, Takada M Comparison of efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Cortical input system. 2016/07 英語
Tanabe S, Uezono S, Tsuge H, Fujiwara M, Nagaya K, Sugawara M, Miwa M, Konoike N, Kato S, Nakamura K, Kobayashi K, Inoue K, Comparison of the efficiency of retrograde gene transfer between lentiviral vectors pseudotyped with FuG-E and FuG-B2 glycoprotein in primate brains: Striatal input system. 2016/07 英語
Inoue K, Tanabe S, Tsuge H, Ueno T, Nagaya K, Fujiwara M, Sugawara M, Kato S, Kobayashi K, Takada M Use of an optimized chimeric envelope glycoprotein for enhancement of the efficiency of retrograde gene transfer of a pseudotyped lentiviral vector in the primate brain. 2016/07 英語
Seki K, S Wupuer, Umeda T, Inoue K, Kudo M, Takada M In vivo electrophysiological evaluation of chanelrhodopsin-2-expressed dorsal root ganglion neurons in adults rats. 2016/07 英語
Kudo M, S Wupuer, Inoue K, Takada M, Seki K Differential adeno-associated virus mediated gene transfer to dorsal root ganglion neurons with different size in common marmosets. 2016/07 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Studying the structure and function of primate brain by using viral vectors [Invited] The 7th International Neural Microcircuit Conference 2016/12/08 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ウイルスベクターを利用した霊長類における神経ネットワーク操作 [招待あり] 第6回 生理研-霊長研-脳研 合同シンポジウム 2017/03/10 日本語
Manipulation of primate neural networks by means of modified viral vectors [Invited] National Institute of Health, Chemogenetics Workshop 2016/12/01 英語
Primate models for elucidating the circuit pathology of nigrostriatal dopamine system [Invited] 2016/07/19 英語
Manipulation of primate neural networks by means of modified viral vectors. [Invited] 5th NIPS-CIN Joint Symposium 2015/11/05 英語
Manipulation of primate neural networks by means of modified viral vectors. [Invited] the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists, the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2015/03/23 英語
神経路選択的な遺伝子導入による神経ネットワークの機能操作 [招待あり] 生理研シンポジウム・グローバルネットワークによる脳情報処理 2014/01/01 日本語
霊長類脳研究に資する遺伝子導入技術の開発 [招待あり] 「霊長類認知ゲノミクス」キックオフワークショップ 2013/10/01 日本語
Manipulation of primate neuronal circuits by the use of modified lentiviral vector with enhanced retrograde transport. [Invited] NIPS Mini-International Symposium "Frontiers in Neural Control of Actions" 2013/06/17 英語
神経路選択的な遺伝子導入による神経ネットワークの機能操作 [招待あり] 第9回ナショナルバイオリソースプログラム「ニホンザル」公開シンポジウム ナショナルバイオリソースプログラム「ニホンザル」 2012/11/09 日本語
ウィルスベクターを用いた霊長類神経系への高効率な遺伝子導入手法の開発とその応用 第13回予防衛生協会セミナー 予防衛生協会 2009/12 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
霊長類におけるウイルスベクターを利用した神経回路の光操作 ルミノジェネティクス研究会 2016/07/23
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
井上謙一、高田昌彦 ウイルスベクターを用いた神経回路への機能介入法 中外医学社. Clinical Neuroscience 32:, 「脳のゆらぎ・同期・オシレーション」 2014/07
Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K Vectors for highly efficient and neuron-specific retrograde gene transfer for gene therapy of neurological diseases. Gene Therapy-Tools and Potential Applications. (ed. Francisco Martin Molina) InTech 2013/02
Takada M, Hoshi E, Saga Y, Inoue K, Miyachi S, Hatanaka N, Inase M, Nambu A Organization of Two Cortico–Basal Ganglia Loop Circuits That Arise from Distinct Sectors of the Monkey Dorsal Premotor Cortex. Basal Ganglia - An Integrative View. (ed. Fernando A. Barrios and Clemens Bauer) InTech 2013/01
Kato S, Kuramochi M, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K. Highly efficient retrograde gene transfer for genetic treatment of neurological diseases. Viral Gene Ther. (ed.Ke Xu) InTech 2011/07
高田昌彦、井上謙一、宮地重弘 狂犬病ウイルスによる多シナプス性神経路の解析法 医学書院、Brain and Nerve, 62:3,「特集 神経回路解析法の最近の進歩」 2010/03
高田昌彦、井上謙一 高次脳機能の解明と精神・神経疾患の克服のためのサルモデル 医学書院、生体の科学,61:1,「特集 脳科学のモデル実験動物」 2010/01
Takada M, Inoue K, Miyachi S, Okado H, Nambu A. Prevention of calbindin recruitment into nigral dopamine neurons from MPTP-induced degeneration in Macaca fascicularis. Springer, The Basal Ganglia IX 2009/09
高田昌彦、井上謙一 サル類モデル アドスリー、老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック 日本基礎老化学会編 2008/10 日本語
広瀬秀顕、井上謙一、一條宏、小金澤紀子、大場健嗣、大原慎也、筧慎治、飯島敏夫 光計測法による神経回路の機能的解剖 電子情報通信学会誌、87:4,「小特集 最大のフロンティア「脳」の解明に挑む―神経生理計測と神経科学―」 2004/04
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
井上謙一、大原慎也、森本金次郎、倉根一郎、筧慎治、飯島敏夫 神経回路選択的な外来遺伝子導入ベクターの製造方法 特許公開 特開2006-81509 2006
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
社団法人 予防衛生協会 研究奨励賞 社団法人 予防衛生協会 2008/11/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 新規逆行性越シナプストレーシング法による大脳皮質-大脳基底核ループ回路の解析 2008/04/1〜2010/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 改変狂犬病ウイルスベクターによる新しい神経回路トレーシング手法の開発 2010/04/01〜2012/03/31
新学術領域研究(公募研究) 代表 霊長類における神経路選択的な機能分子発現制御法の開発 2011/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 代表 ウイルスベクターを用いた入出力解析法による、中脳ドーパミン細胞の機能的差異の解析 2012/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ウイルスベクターを利用した霊長類の全脳的遺伝子導入法の開発 2015/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(公募研究) 代表 神経回路の選択的可視化と操作を実現するウイルスベクターシステムの開発 2015/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(計画研究) 分担 動物モデルへの双方向性計測操作による発振現象の理解 2015/04/01〜
基盤研究(C) 代表 霊長類遺伝子改変モデルを利用したパーキンソン病の進行・発症機序の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(公募研究) 代表 神経回路の選択的可視化と操作を実現するウイルスベクターシステムの開発 2017/04/01〜
新学術領域研究(公募研究) 代表 行動選択の回路モデル構築のための前頭前野―大脳基底核・小脳連関の構築様式の解明 2017/04/01〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
霊長類脳科学基礎論Ⅰ Fundamental Primate Brain Science I 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類脳科学基礎論Ⅱ Fundamental Primate Brain Science II 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
神経解剖学実習 Practice on Neuroanatomy 後期集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅠA Seminar on Primate Systems Neuroscience IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅠB Seminar on Primate Systems Neuroscience IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅡA Seminar on Primate Systems Neuroscience IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅡB Seminar on Primate Systems Neuroscience IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類システム神経学特論 Advanced Primate Systems Neuroscience 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類脳神経科学への招待 Introduction to Primate Brain Science 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
神経解剖学実習 Practical on Neuroanatomy 後期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類システム神経学特論 Advanced Primate Systems Neuroscience 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅠA Seminar on Primate Systems Neuroscience IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅠB Seminar on Primate Systems Neuroscience IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅡA Seminar on Primate Systems Neuroscience IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類システム神経科学ゼミナールⅡB Seminar on Primate Systems Neuroscience IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類脳神経科学への招待 Introduction to Primate Brain Science 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
霊長類脳科学基礎論Ⅱ Fundamental Primate Brain Science II 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類脳科学基礎論Ⅰ Fundamental Primate Brain Science I 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
神経科学実習 Practical on Neuroscience 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類学総合ゼミナール Interdisciplinary Seminar on Primatology 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類神経科学基礎論 I Fundamental Primate Neuroscience I 前期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類神経科学基礎論II Fundamental Primate Neuroscience II 前期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類統合脳システムゼミナールA Seminar on Primate Systems Neuroscience A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類統合脳システムゼミナールB Seminar on Primate Systems Neuroscience B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類統合脳システムゼミナールC Seminar on Primate Systems Neuroscience C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類統合脳システムゼミナールD Seminar on Primate Systems Neuroscience D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類統合脳システム特論 Advanced Primate Systems Neuroscience 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
神経科学実習 Practical on Neuroscience 後期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類神経科学基礎論 I Fundamental Primate Neuroscience I 前期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類神経科学基礎論II Fundamental Primate Neuroscience II 前期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類統合脳システムゼミナールA Seminar on Primate Systems Neuroscience A 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類統合脳システムゼミナールB Seminar on Primate Systems Neuroscience B 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類統合脳システムゼミナールC Seminar on Primate Systems Neuroscience C 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類統合脳システムゼミナールD Seminar on Primate Systems Neuroscience D 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類統合脳システム特論 Advanced Primate Systems Neuroscience 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示