仙波 一彦

最終更新日時: 2013/10/28 11:29:05

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
仙波 一彦/センバ カズヒコ/Semba, Kazuhiko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
工学研究科/材料化学専攻有機材料化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
遷移金属触媒を用いる反応開発の研究をしている。教育に関しては、研究室の大学院生との共同研究の中で、自立した研究者を育てることを目指している。実験指導などによる学部教育も行っている。
(英語)
I am conducting research on transition-metal catalyzed reactions. As for education, one of my goals is to help graduate students become independent researchers. Furthermore, I take part in a lesson of chemical experiments for undergraduate students.
researchmap URL
7000009366
研究テーマ
(日本語)
異なる二つの金属協働触媒を用いた反応開発
(英語)
Development of organic transformations catalyzed by dual catalysis
研究概要
(日本語)
遷移金属触媒反応は有機合成化学の分野において現在広く用いられる、強力な手法である。これまでの遷移金属触媒反応は単一の金属触媒を用いたものが大部分であった。そこで、私は異なる二つの遷移金属の協働触媒作用を用いることで、これまでは達成困難であった分子変換反応が開発できるのではないかと考え研究を行っている。
(英語)
Transition-metal catalyzed reaction is a powerful tool in synthetic chemistry. Most of previous reactions were catalyzed by a single catalysis. Therefore, I am trying to develop new reactions which are catalyzed by dual catalysis.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
有機金属化学 Organometallic Chemistry