裏出 令子

最終更新日時:2015/05/19 12:29:07

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
裏出 令子/ウラデ レイコ/Reiko Urade
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻品質科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 京都大学農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Gokasho, Uji 611-0011 Kyoto,Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3760
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本脂質生化学会 The Japanese Conference on the Biochemistry of Lipids
日本油化学協会 Japan Oil Chemists' Society
日本細胞生物学会 Japan Society for Cell Biology
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The American Oil Chemist's Society USA
American Society of Plant Biologists USA
American Chemical Society USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 大阪府立大学
農学博士 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
京都大学食糧科学研究所では、動物細胞の生体膜リン脂質の脂肪酸側鎖と生理機能との関係を研究した。その過程で、動物細胞の小胞体でのタンパク質の構造形成と品質管理に作用するER-60を発見した。食糧科学研究所から農学研究科に移行後は、人類が利用している主要な植物性タンパク質である種子貯蔵タンパク質の食品加工特性と構造との関係および小胞体での種子貯蔵タンパク質の構造形成機構と品質管理に焦点をあてた研究を行っている。
研究テーマ
(日本語)
食品タンパク質の高次構造形成機構および食品タンパク質の構造と品質との相関関係の解明
研究概要
(日本語)
植物性食品タンパク質の改変による、高品質化タンパク質の開発をおこなうための基礎研究を行っている。タンパク質含量がきわめて高いダイズおよび特異な食品加工特性を有するコムギに着目し、小胞体での種子貯蔵タンパク質の構造形成、品質管理、集積の分子機構の解明に取り組んでいる。また、コムギタンパク質やダイズタンパク質の構造と、これらのタンパク質がもつ食品加工特性および生理機能性との関係を研究している。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
食品生化学 Food Biochemistry
ダイズ Soybean
小胞体 Endoplasmic reticulum
タンパク質 Protein
コムギ Wheat
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
論文 > 論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
裏出 令子 ダイズ小胞体におけるPDIファミリー複合体 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会 2010 日本語
裏出 令子 肝臓特異的ER-60ノックアウトの小胞体機能への影響 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会 2010 日本語
裏出 令子 生地作製過程でのグルテニンマクロポリマーの脱重合に対するプロテインジスルフィドイソメラ―ゼ阻害剤の影響 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
裏出 令子 ダイズ小胞体におけるPDIファミリー複合体の解析 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
裏出 令子 ダイズ種子貯蔵タンパク質の高次構造形成におけるプロテインジスルフィドイソメラ―ゼファミリーの役割 日本農芸化学会関西支部例会(第463回講演会) 2010 日本語
裏出 令子 レプチンによる肝臓小胞体分子シャペロンの発現調節 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
裏出 令子 レプチンによる小胞体分子シャペロンの発現調節 第82回日本生化学会大会 2009 日本語
裏出 令子 アミロイドβの細胞毒性に対する小胞体ER-60の抑制作用 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
裏出 令子 ヒトER-60によるアミロイドβペプチド線維形成の抑制 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語
裏出 令子 分子シャペロン活性を有する新規PDIファミリーGmPDIL-3a及びGmPDIL-3bの同定と機能解析 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語
裏出 令子 銅イオンとヌクレオチド共存下で誘導されるプリオンタンパク質の凝集に対するERシャペロンの影響 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会 2008 日本語
裏出 令子 小胞体分子シャペロンER-60によるアミロイドベータの細胞毒性の抑制 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会 2008 日本語
裏出 令子 レプチン欠損マウスの肝臓および脳における小胞体分子シャペロンの発現 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会 2008 日本語
裏出 令子 タンパク質架橋剤を用いたコムギ粉グルテンネットワーク形成への食塩の影響の解析 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語
reiko Urade Complexes of PDI Family Proteins in the Endoplasmic Reticulum of Soybean Contyledon Cell 6th APOCB Congress 2010 英語
reiko Urade Thiol Oxidoreductases Involved in Soybean Storage Protein Biogenesis 34th FEBS congress 2009 英語
Kanekiyo, T.; Okazaki, I.; Urade, Y.; Urade, R. Human ER-60 prevents fibril formation of amyloid beta FEBS JOURNAL,275,197-197 2008/06 英語
KITO M;URADE R Role of Novel Microsomal Cysteine Proteases. Proc Jpn Acad Ser B,71,6,189-192 1995/06 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
裏出令子、河野光登 高純度大豆タンパク質の食品生理機能 大豆たん白質研究13: 30-36 2010 日本語
Urade R Fortification of bread with soy proteins to normalize serum cholesterol and triacylglycerol levels Flour and breads and their fortification in health and disease prevention, London: Academic Press, pp.417-427 2010 英語
Kamiya Y, Kamiya D, Urade R, Suzuki T, Kato K Sophisticated modes of sugar recognition by intracellular lectins involved in quality control of glycoproteins Glycobiology Research Trends, New York: Nova Science Publishers, Inc., pp. 27-40 2009 英語
裏出 令子 Protase Activity of 1,10-Phenanthroline-Copper Systems Metal Ions In Biological Systems Probing of Proteins by Mrtal Ions and Their Low-Molecular-Weight Complexes,38, 188-196 2000 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
農芸化学奨励賞 1993
アサヒビール生活科学研究賞 1998
安藤スポーツ・食文化振興財団2010年度食創会第15回安藤百福賞優秀賞 2010
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 小胞体タンパク質フォールディング酵素 ER-60のジーンターゲッティング解析  2006〜2008
基盤研究(B) 代表 臓器特異的ジーンターゲッティング法による小胞体ER-60の生理機能に関する研究 2009〜2011
基盤研究(B) 代表 遺伝子操作と結晶構造解析による主要小胞体分子シャペロンER-60の機能解析 2013〜2015
挑戦的萌芽研究 代表 植物性食品タンパク質のナノ構造形成に関する研究 2014/04/01〜2016/03/31
萌芽研究 代表 ダイズタンパク質の生産を調節する小胞体品質管理機構に関する研究 2006/04/01〜2008/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
不二たん白質研究振興財団 裏出令子 高純度大豆タンパク質の生理機能 2009/4〜2011/3
財団法人タカノ農芸化学研究助成財団助成金 裏出令子 コムギ粉の特性とタンパク質のジスルフィド結合形成酵素との 2011/04/01〜2012/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
品質設計開発学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
品質科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
品質科学 前期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学概論I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
品質設計開発学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
品質設計開発学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
品質設計開発学特論 農学研究科 2011/04〜2012/03
品質科学 Food Quality Science 前期 農学部 2012/04〜2013/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
品質設計開発学 Food Quality Design and Development 後期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2013/04〜2014/03
品質科学 Food Quality Science 前期 農学部 2013/04〜2014/03
品質設計開発学 Food Quality Design and Development 後期 農学部 2013/04〜2014/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
品質設計開発学特論 Food Quality Design and Development (Advanced Course) 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2014/04〜2015/03
品質科学 Food Quality Science 前期 農学部 2014/04〜2015/03
品質設計開発学 Food Quality Design and Development 後期 農学部 2014/04〜2015/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
品質科学 Food Quality Science 前期 農学部 2015/04〜2016/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
品質設計開発学 Food Quality Design and Development 後期 農学部 2015/04〜2016/03
品質設計開発学専攻実験1 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学演習1 Food Quality Design and Development Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学特論 Food Quality Design and Development (Advanced Course) 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学優秀女性研究者賞選考委員会 委員 2012/04/01〜2013/03/01
京都大学優秀女性研究者選考委員会 委員 2013/04/01〜2014/03/31
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2013/08/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
人権問題対策委員会委員長 2013/04/01〜2015/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
日本学術振興会科学研究費補助金審査委員 2008〜2008
不二たん白質研究振興財団研究助成選考委員 2008〜2008
日本学術振興会科学研究費補助金審査委員 2009〜2009
不二たん白質研究振興財団研究助成選考委員 2009〜2009